左官屋職人

ダイビング

駐輪スペースをセメントで埋めることにしました。

今まではその部分だけ土。しかも低いため、どしゃ降りになると湖のように雨がたまる場所でもありました。

もう雨季入り。今年は何とかせねばと思い立ちました。

本来、大家のお仕事でもありますが、お金が絡むことは逃げ腰。

面倒なので、100%自腹を切ることに。その代わり好きにやらせてもらいます。

 

紹介された働き者の左官屋職人。先週の打ち合わせでは、本日18時より4-5時間で終わりそうだと。

昼間は他の現場があるので、夜しか時間がないお方なのです。

 

14:30 今から材料配達屋が下見に行くよー、と電話あり。(まあ、なんて親切な!)

15:00 配達屋が置き場を確認にくる。 (仕事が丁寧!)

15:30 すぐ配達屋が来る。(ほんと、すぐ来た!)

 

こんなにくると思っていなかったので、驚き。

そこに置くのかーーーーーー。涙

下見の意味が分かっていなかった店主。

 

 

バイクで出られません。軽く軟禁状態。

 

 

砂(トラック半分)    Rp.100.000

小石(トラック半分) Rp.100.000

セメント2袋            Rp.100.000

配送料込みなので、材料費は、Rp.300.000で済みました。

きれいな砂山なので、ネコに遊ばせようと思いましたが怖くて逃げてしまいました。

 

17:00 左官屋職人が現場の仕事を終え直行できてくれる。(1時間早く来てくれてありがたい!)

食事持参で、とりあえず食べていました。だって、お疲れですよね。

 

17歳の息子も一緒にアシスタントで参加。砂とセメントを混ぜます。 

 

 

測ってからは、小石をあっという間に敷き詰め、階段部分の土台つくり。

 

 

 高さを微調整しながら、セメントを埋め込んでいきます。

 

 

階段部分が平らになってきました。

 

 

暗くなり夜間工事突入。

休まず、しゃべらず、黙々と働く職人です。

 

 

そして20時に完成。

3時間で終了。

乾燥するまで3日間。

この場所は立ち入り禁止。

雨が降らなきゃいいですが・・。

 

この職人、バリ語を話すのでてっきりバリ人だと思っていたら、お隣ロンボク人(西ロンボク)でした。宗教はイスラム。

なんでバリ語を話せるのか聞いてみると、1996年からバリに住んでいるためだそうです。

バリではこの息子君と出稼ぎで住んでいるそうです。奥様とお兄さんはロンボク在住。

店主、こういう労働者の話にとても弱い・・・。

日当ももちろん払いましたが、店主がもう着ない男の子OKのジャケットなどもあげました。

また何かあれば、うちの仕事を頼みますー。

 

またまたありえない早さ、丁寧なお仕事ができる職人と出会えました。

とても気持ちよい一日です。日本人にとって『待たされる』ことは、ホント苦痛・・。

 

 

 

Posted by 店主