わいわいアメッド

ダイビング

お仕事がキャンセルになってしまったので、昨日は急遽調査ダイブに行くことに・・。パダンバイの予定でしたが、水温が低いらしく急遽アメッドに変更。物事は柔軟さが大切!お客さんなしのインストラクター号でにぎやかに出発。南部は曇りでしたが、やはり峠を越えると快晴。

アメッドの海況はべた凪。流れ一時、透明度15m、水温28℃(時々冷たいの上がってくる)。マクロポイントは独占でした。

まずは、忙しそうなカンナツノザヤウミウシから。
フジエラミノウミウシ属の一種?かな?

レンベフロッグフィッシュ(1.5cm)、写真だと背びれの日輪マーク見えますね!

そして、お次は草色のベニカエルアンコウ!スズメダイに突かれながらも生活しているようです。
お初のウミウシは、Baeolidia moebii (ワグシミノウミウシ)?のおチビ。

いなくなったと噂されていたミジンベニハゼ。一瞬黄色が・・・・見えたかも!引越しされただけだったようで良かった。わーい、しかも妊婦さん。

この他にもニシキフウライウオ、子供セミホウボウ、ヒレナガネジリンボウ、ハチマキダテハゼ、イレズミウミヘビ、コマチコシオリエビ、クロエリオオメワラスボ、子供ムラサメハゼ、シマヒメヤマノカミ黄色、赤のタテジマウミウシ(アカイオトメウミウシ?)、クモガニ、ロングテイルドラゴネッコ、コブシメ、立派なアオウミガメ(コバンザメ付き)など。店主は見ませんでしたがオレンジドットのカエルアンコウもいたそうです。

店主のランチは、ナシゴレン。店主だけテイクアウトにしてもらい帰りの車の中で頂きました。15:00頃なんですけど、なんとこれが一日の初食事という(笑)。同じインストラクターでも、食べたり潜ったりするペースが全然違うのでこうなります。

水中以外はあーだこーだ情報交換。物価上昇のこととか円安のこととか・・コロナが終わっても悩みは尽きませぬ・・・。皆様ありがとうございました。

Related Posts

Posted by 店主