渋滞すぎる

ダイビング

日本から友人夫妻がやってきました。ウブド滞在を終え、昨日サヌールで再会しました。2000年ジャカルタから始まったご縁って・・・あの頃みんな若かった(笑)。貴重なお時間ですが、半日ご一緒させてもらいました。

14:30 バリマンダラ病院でPCR検査

以前ブログでPCRについて書きましたが少し変更点ありです。
病院ロビーを入って直接4番カウンターで受付(パスポート持参・予約不要)。すぐ終わるので、一度外へ出て右手に進むと地下に入っていく駐車場があります。こんなところ?と思いますが、地下に入ってから左手奥に進むとPCR検査場が見えてきます。そこで鼻ぐりぐり検査。待つこともなくすぐに終わります。QRコード受け取り。

15:00前にバリマンダラを出て、次はクタのビーチウォーク(ショッピングモール)へ。クタに入る前から渋滞で1時間かかってしまいました。

一緒にお買い物をしたり、ピカチュウを見たり、ラクダを触ったり・・。結構ローカルが買い物しています。クタビーチも何年かぶりに見ましたよ!!ビーチ自体は思っていたより人はいないのですが、道路は車とバイクで全く動かず。次はジェンガラ・ファクトリー・アウトレット(Jl.サンセット)。ビーチウォークからジェンガラまで1時間・・・涙。歩いた方が早いレベル。

サヌールのジェンガラアウトレットがなくなったので、店主もこれからここに来ようと思います。広くて種類が多い。かわいいものがいっぱい。

18:30ジェンガラを出ます。
奥様Aさん、本当は並びのカルフール(スーパー)にも寄りたかったのですが、この異常な渋滞であきらめました。次はジンバランのシーフードでディナー・・・・と思ってジェンガラを出発したのですが、全く車が進まず。ヌサドゥア方面もひどい大渋滞と情報があったので、ジンバランを止めてイカンバカールムティアラへ変更(Jl.セセタン)。

あ、PCR検査後5時間ぐらい経ってる。渋滞の中、おそるおそるPCRの結果をチェック。まじドキドキしますねー。もし陽性って出たらね・・・帰れない(涙)。お二人ともまだお仕事しているので職場に何と言う?あーだこーだ言いながら、番号入れて、生年月日入れて緊張のポチっ。
お二人とも陰性(Negative)!!!これで安心してバリ滞在を楽しめます。

サンセットのジェンガラからムティアラまで2時間。もう車中で心が折れちゃいました。だって、エアコンで体は冷えるわ、トイレは行きたいわ、お腹は空くわ、スマホのバッテリーは切れるわ・・。シンパンシウールを抜けるまでが地獄です。

20:30過ぎムティアラ到着。
うわー、席がほぼ満席。店主たちはたどり着くまで2時間でしたが、3時間かかったという在住者もいました。もうムンジャンガン行けちゃうね。

ムティアラもお客さんの入りが遅かったのでキッチンは大変な混乱?腹ペコなのに、全然料理が出てこない・・・。21時頃に最初の料理出てきて最後の料理が出てくるのは22:15。渋滞が招いたキッチンの混乱。でも、新メニューも増えてて、一品一品おいしいですね。友人夫妻は、日本土産にカラスミも忘れずにゲッツ。

23:00、サヌールのバリマンダラ病院到着。
日本入国時、PCR結果はスマホの英語版PDFで良いらしいです(Aさんが日本で問い合わせ済)。なので、わざわざ紙版を取りに行く必要はなかったのですが、通り道だし念のため寄ることに。
地下の検査場へ直接行きましょう。

さっきもらったQRコードを渡すと、このようにPCR結果をもらえます(英語と日本語2通)。
本人確認をしないので、誰でも引き取りに行けそうです。
また23時までと聞いていましたが、検査場のお兄さんに聞くと24時間いつでもお渡しできるそうです。本当に便利。

しかし、なんでこんなに渋滞なの?サヌールークタ往復で4時間も乗ってました。
ヌサドゥア以外道路工事をやっているわけじゃない、大雨で冠水しているわけじゃない、バリ人の祭事があるわけじゃない。子供の休みシーズンでローカル客が多いとはいえ、海外からの観光客は全然戻ってない。なんでこんなにひどいの??海外からの観光客が戻ったら、クタ・スミニャック・チャングー方面は身動きとれなくなるのでは・・・。これ、かなり不安要素です。ダイバーの皆さんは渋滞のないサヌールにお泊りすることをお勧めします。

友人夫妻もびっくり渋滞でしたが店主も・・普段サヌールから北上しかしないので衝撃でした。残りのバリ島滞在を楽しんでいってくださいね。そして来年札幌?で会いましょう。

Related Posts

Posted by 店主