ダイビング女子はトランベンへ

ダイビング

なんだか毎日早いですよね・・。
昨日、3月最初の定例ダイビングはトランベンへ。

早朝、南部を出発する時は「これでもか」ってほど激しく雨がたたきつけていたのですが、2時間北上すると現地は・・・

こんなんでした。全然違いますねっ。
波少し、流れ終始少し、透明度15m、水温28℃、ダイバーなし
バリ島はお日柄が良かったようで、結婚式やらお祈りDAYで忙しい日でした。
なので、ポーターすらいません。

モデル立ちのエンマカクレエビ。海のウサギちゃんフチドリウサギウミウシ。

わかりにくいですがクビナガアケウス(カニの仲間)。半透明のホヤ!中にはうっすらホヤカクレエビが数個体。

赤くて大きくなるアザハタがいます。幼魚の姿がこれ。尾ひれの蛍光ブルーが特徴です。全然違いますね。ぱっと見はスズメダイです。お隣はスズメダイ幼魚ですが、多分ウェッジスポットダムゼル(ソラスズメダイの仲間)。すぐに隠れてしまうのでこの1枚だけ。

謎のウツボ。1.5mぐらいでこのまま動かない~。SNSで質問していますが、アラシウツボ属Yellow-spotted moray (Echidna xanthospilos)ではないかという回答が1件。スケッチは出てきますが、ぴったり来る画像にヒットしません。これなのかな?そして、ダスキースリーパーゴビー(サルハゼSP)がずっとホバリング!顔が大きくてかわいい。

この他にも、大きなヒラツヅレウミウシ、大きすぎるブッシュドノエルウミウシ、セスジミノウミウシ、アカネコモンウミウシ、ミミズサイズのサビウツボ!、コウワンテグリ、ゴシキエビ、カスリヘビギンポ、ホンカクレエビSP、ニジギンポ、シマタレクチベラ幼魚などなど。

実は1本目、まだお目にかかってないある生物を女子で探してみたのですが、見つからず。ま、99%見つかるとは思ってなかったですが。きっといつか!でも、海況も良くてお腹いっぱいの海でした。

Posted by 店主