お金返してもらった

ダイビング

フローレス島の方で大きな地震がありましたね・・涙
店主の第二の故郷・南スラウェシもパニックだったようです。
被災され避難中の皆さんを思うと本当にお気の毒です。
この地震ニュースの第一報が、NY在住の友人からだったのがびっくり。
先日のバリ島地震第一報は、ジュネーブ在住の友人からでしたし。
世界は小さくなっている・・・。

8月18日にバリ人女性にRp.200.000(1,600円)貸したのです。
道端で挨拶しかしたことないおばちゃん。
唯一店主のこと「ニョニャ」って呼ぶおばちゃん。
それが12月12日、無事に完済されました!!!!
期待していなかったので、めでたし~。
ただ、2,3週間で返すという約束だったのに、結局7回に分けて4ヶ月かかりました。
1回がRp.10,000の時もある始末。80円ぐらい。
ま、通り道なので通るたび、「お金は?」と尋ねていたのですが、言い訳が
・バイクでこけて働けない →本当に足が腫れてた
・物が売れない →コロナが終わって病院に来る客が減った→事実
・祭事続きの11月はほぼキオス閉めてた →事実
・3人続けて身内が死んで忙しい →不明
バリヒンズーの人たちは祭事が優先なので、このおばちゃん本当にこの4ヶ月半分も働けてないです。
大きな子供たちも無職になっちゃっているらしくどうやって生活しているのか。

借金取り立ても嫌な気持ちになるので、やはりこの人にはもう貸しません。
おばちゃんの頑張りは認めます!
もう1回貸したから、次回は堂々と断れます。
あげるほどの関係性はないのであげません。
だって観光関係のバリ人はみんな大変なんだもん。

動画をUPしました。

3日前のアメッドダイビングより、ムラサメハゼ(ブラックシュリンプゴビー)の動画です。
黒と黄色が同じ巣穴に同居。
水中世界は分からないことばかり。

Posted by 店主