マンタ ファンダイブ

ダイビング

本日は、リクエストでヌサペニダです。
名古屋よりお越しのH氏&Mさんご夫妻。
そして、ジャカルタよりお越しのI氏。
皆様、はじめまして~!

干潮で歩くことになりましたが、待つことなくスムーズ乗船。
天気も海況もよさげでわくわくです。

1本目:SD
波なし、流れなし、透明度18m、水温25℃
いつもはドリフトダイビングになるはずが、潜水48分間まったく流れず。
でも、1本目だったので流れなくて良かったです。

IMG_2311

偶然、皆様、名古屋が共通点でした。
後方関所は、ベテランダイバーI氏がしっかりガード。

IMG_2335腹ペコのウミガメでした。
この後、水面へ。

IMG_2337ここのサンゴや群れは、美しいです。

IMG_2339オニカサゴ、泳ぐウツボ、卵持ちクマノミ、見ただけですがシモフリタナバタウオ!

IMG_2341最後、浅瀬の安全停止は・・・

IMG_2345天国みたいです。

2本目:マンタポイント
波なし、流れなし、うねりなし、透明度8m~12m、水温21℃
遅めに行ったせいかボートはまばら、そしてマンタポイントなのに凪状態。

IMG_2358

マンタはこの根でぐるぐる旋回してくれていたのですが、マンタの真上から素潜りの外国人が延長ポールカメラでマンタを割ってがんがん入って来る!!
それを注意するガイドがガンガン指示棒叩く。けたたましい・・・。
マンタたちは逃げてゆきました。怒

仕方なく、深場へマンタを探しに行きましたがおらず。
もう一度浅瀬の根を見に行くと、マンタが一枚戻っていました。

IMG_2364っが、今度はサイドマウントの西洋人が2名が根に乗ってる・・・。
店主も注意しましたが、西洋人客のバリ人ガイドも下から注意していました。
っが、サイドマウント西洋人たちは全く降りません。
気づいていますが、完全無視なんですね~。
ダイバーが邪魔だし、うるさいせいか、マンタはまた逃げてしまいました。怒
自分たちだけが近くでマンタを見られれば良いんですよね~。
ほとんどのダイバーはガイドの指示を聞いて、ルールを守ってマンタを見ています。
こういう、「言うこと聞かないダイバー」はどうすれば良いでしょう?
ガイドなしで、延長ポールカメラでマンタを割って上から入って来るスノーケラーはどうすれば良いでしょう?
マンタがいなくなってしまう・・。

IMG_2378安全停止中、マンタが通りすぎました。
本日のゲストたちは、マンタに手を振ってお別れしていたのが印象的でした。
Mさん、小柄なのに水温21℃、潜水40分間には驚きでした。
たくましい。

IMG_2384皆様、今日はありがとうございました。
バリ島でのんびり休暇をお楽しみください。

Posted by 店主