バリ島で初の耳鼻科へ

ダイビング

実は、ここ2-3ヶ月、耳の調子が良くありませんでした。
この前、日本へ帰省した際、以前お世話になった耳鼻科に行きたかったのですが、時間がなく行けないままバリ島に戻るはめに。

ダイビング時の耳抜きは、問題なくスパスパ抜けます。
全然痛みもなし。

ただ、ダイビング後、右耳の水が抜けず聞こえない状態。
乾くと、また普通に聞こえます。
最初は1時間ぐらいで聞こえるようになっていたのですが、昨日から今日にかけてダイビング後20時間ぐらい詰まった感じ・・。
困るのは、ダイビング中のゲストとの会話が聞きづらいこと。→重要です!!

ちょうど5年前、実は同じ症状でダイバー受け入れ耳鼻科(札幌)へ行きました
その時は、水が抜けないのは「もしかしてサーファーズイアかも」と思い受診したのですが、全然違いました。
「海の仕事、つもり積もったものがあるね~」と笑いながらドクター。
そして、耳の奥から何かをピリピリっと剥がしました。
何かは教えてくれませんでしたが、感覚としては乾いた海草ぽいものたち?
それらが海水を含んで、乾くまで右耳が聞こえなくなっていたのでした。

今回も同じ症状だったので、耳の掃除ならバリ島の耳鼻科でも大丈夫だろうと思い、先ほど行ってきました。
バリ島で耳鼻科受診は初めてだったので、どうなるかと思いましたが・・。

4907-001ドクターが耳を覗くと、やはり5年前と同じだったようで、「鼓膜の外にいろいろあるから洗浄します」と。
暖かいお湯みたいなものを耳に入れ、ゴミ?をふやかす。
そして、くるくるドリルみたいな細いものを差し込みそれがまわりだしました。
ひぇーっ、鳥肌。
心の中では「鼓膜を破かないでくれよー」と祈るだけ。
次は、細いものを入れ、今度はギュンギュン吸引?
もう、鼓膜手前でそれをやられているので、鳥肌が止まりません。
日本の耳鼻科と違うのは、「こんなの出てきたよ」と全部見せてくれたこと。
水中で浮遊していそうなものばかり・・・。
小さな石ぽいものとか、海草ぽいものだったり、びっくりしたのは卵の殻ぽいものも数枚。
最後に消毒液みたいなものを入れられ、無事終了。

診察料35,000ルピア+処置250,000ルピア=285,000ルピア(約2,200円)なり。
いやー、すっきりしました。
また行こう。
でも、なぜ右耳だけなんだろう?
フードも被っているんですけどね・・。

4906-001近所の24時間クリニックです(Jl.Sekuta Sanur)。
健康保険BPJSは使えませんが、かなり便利(煩わしさなし)。
デング熱の血液検査でも通っていたので、今年は何回も来ています。
耳鼻科はTHTと言います。耳=telinga
耳鼻科ドクターが19時にクリニック入りするというので、19時に予約。
夜はいろいろなドクターが集まるので、かなりの患者さんで混んでいます。

Posted by 店主