Posts tagged ヌサペニダ

ヌサペニダ ファンダイブ

0

ジャカルタのリピーターK氏が、北海道の親戚を連れて遊びに来てくださいました。
寒いところからいらっしゃいませ。
親戚の中より一名、前日キャンセル。
まあ、気を取り直して行きましょう

ヌサペニダの海況は、昨日より崩れたようで、マンタポイントへは道中高波で行けず。
クリスタルも見ましたが、ぐちゃぐちゃ・・なので、PEDへ。
ボートがたくさん。
波なし、流れ少し、透明度15m、水温28℃。
全員ファンダイブですが、2つに分かれてスタート。
店主は、ジャカルタK氏と娘Mちゃん(14歳)を担当させて頂きました。

おやすみ~

 

娘と父、ウミガメになる。

3匹くらいウミガメを見かけました。

☆記念撮影ぱちり☆
船酔いをこらえていたK氏以外の4名は、ボートから飛び込み遊びなど、休憩中も元気すぎる。

2本目はSD。
波なし、流れ少し、透明度15m、水温28℃
ゆるーいドリフトを楽しめました。

北海道のY家、Y氏、長男Y君(21歳)、次男S君(16歳)、いってらっしゃーい。

 

 

Mちゃんが「ワニみたいな魚」と言っていたトラギス。
こういうのが好みらしい。

 

 

サザナミフグがMちゃんの方へ。

 

気持ちよさそうにサザナミヤッコペア

 

そして、父K氏が絶叫していたロウニンアジ。
珍しくホバリングしてクリーニング中だったのかな。
こんな近くまで寄らせてくれました。
父K氏によると、これまでのダイビングでこのロウニンアジが一番感動したそうです。

 

2本目は、お二人とも安定して、上手にドリフトダイビングを楽しむことができました。

Mちゃんは水泳もやるので、水が怖くないんですよね。
修学旅行でマナドも潜り済みだとか。
その若さでうらやましい・・。

 

いつまでもこの美しい珊瑚が残りますように。

 

サヌールのビーチへ戻ると、すでにK氏一族がわんさか待っておりました。
北海道より大勢、こんなにバリ島入りしていたんですね・・。
ご希望によりランチ不要のツアーでしたが、なぜか、最後は逆に店主がランチをご馳走されることになっちゃった(ご馳走様です!)。
K氏一家、Y一家、ありがとうございました。

本日はまだ続く→

ーー

バリ島 ブルーパラダイス お問い合わせは、コチラ

バリ島 ブルーパラダイス ファンダイブは、コチラ

バリ島 ブルーパラダイス 体験ダイビングは、コチラ

 

ヌサペニダ ファンダイブ

0

今日はヌサペニダへ。
2日目の北海道K氏、中国在住のA氏、Aさん&Tさんカップル、そして潜り倒しのリピーターK氏。

三桁台のベテラン組とビギナー組と2つに分かれます。

本日のヌサペニダ、全体的に海況よし。
流れちょっと、透明度15m、水温、27℃。
マンタポイントの水面だけが波あり。

1本目マンタポイントへ
波酔いしやすい波があり・・・さくさくっと入る予定でしたがトラブル発生。
水面すったもんだ・・・。
やっとエントリーした瞬間、天国へ。
水中が明るく透明度よし、うねりも何もなく穏やかすぎ。
そして、暖かい。

最近棲みついているマダラトビエイのお子ちゃま。

 

そしてすぐにマンタが出てくる出てくる出てくる。
何枚いるんだってほど。

 

Aさん、後ろから来てますぜ。
このブラックマンタは臨月。
お腹も背中もぱんぱん。

 

いつマンタが途切れるのでしょう。
多分、15枚ほどのマンタ乱舞。

 

 

 

 

今日はアオウミガメもタイマイも見ました。
大きなイソマグロが3匹悠々と通ってゆきます。

 

3本目は、ほどよくドリフト。
Aさんが船酔いだったので、T氏とマンツーマン。
姿勢やコントロールがかなり安定して急成長。

 

傷がたくさん・・かわいそう。
天敵は誰?

 

ここの珊瑚を破壊しているのは、ウミガメ。
これは仕方ないですね。

 

今日は皆様ありがとうございました。
それにしても、マンタすごかった。

バリ島 ブルーパラダイス お問い合わせは、コチラ

バリ島 ブルーパラダイス ファンダイブは、コチラ

バリ島 ブルーパラダイス 体験ダイビングは、コチラ

ヌサペニダ ファンダイブ

0

ジャカルタ在住のリピーターA氏がやってきてくださいました。
お久しぶりです。
どうやら、バリ島最後のダイビングになりそうなので、今日はのんびり楽しみましょう。

本日のヌサペニダ、海況よし。
波なし、流れ少し、うねりなし、透明度10m~15m、水温26℃~28℃

1本目マンタへ行きましたが、前半はマンタなし。

後半出てきました~。

 

ブラックマンタと一緒に。よかった・・。

 

マンタがウンチを噴射していくと、魚たちが群れます。
かけられたくないなっ。

 

 

マンタ3枚と思ったら、一番下はA氏でした。

 

 

 

クリーニングステーションでぐーるぐる。

 

やはり、でかいです。

 

2本目はクリスタルベイへ。
アカヒメジとノコギリダイが一緒だ・・。
ウミガメ、ヒメフエダイ群れ、オビテンスモドキ幼魚、オニカサゴ、タテキン幼魚、ウミウシ、パウダーブルーサージョンフィッシュ、子供ナポレオン2匹。

 

お腹満たして、ラストダイブです。
毎回、A氏がガイドのよう・・。
A氏は、ベテランダイバー。

 

3本目はSDポイントで、結構速いドリフトをしたかったのですが、前半はほとんど流れず。
途中から流れ始めました~、やった~!!
ちょっと透明度が残念でしたが、楽しいドリフトダイビング。

 

今日もウミガメたくさん。

 

クマザサハナムロの群れが長かった。

 

ハナダイ地区

ロウニンアジやら、ツバメウオの群れも通りすぎます。

 

A氏とここ何年かの思い出話に花が咲きました。
お世話になりました。
またいつか一緒に潜りましょう。
ありがとうございました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バリ島 ブルーパラダイス お問い合わせは、コチラ

バリ島 ブルーパラダイス ファンダイブは、コチラ

バリ島 ブルーパラダイス 体験ダイビングは、コチラ

マンタ ファンダイブ

0

今日もパソコンでブログ作業ができません。

なぜパソコンだけ???
小さなスマホで何とか・・。東京M夫妻の2日目は、ヌサペニダへ。
マンタ狙い。
奥様Sさんは、どこのマンタポイントに行っても会えないという。
さて、今日はどうでしょう?本日のヌサペニダは、波少し、流れ少し、うねりあり、透明度5~20m、水温28℃

1本目はSDポイント
ゆるーいドリフトダイビングとなりました。
今日もウミガメがいっぱい。
この子だけアオウミガメでした。
珊瑚いきいき
うまくスピードコントロール中のM氏とSさん。
M氏が感動していたデバスズメダイ
いい夫婦バディ

マンタポイントは、大きなうねりが入り、透明度が悪い・・・。

すが、マンタはいっぱい(時々見えない)。

 

写真は全滅でしたが、Sさんのムービーは美しく撮れているではありませんか!なぜ?

ストロボが使えない日・・。

エキジットは大波になっていて大変でしたが、お二人とも落ち着いていました。

あっぱれ、船酔いもせず。
念願のマンタを至近距離で見られて良かったです!
2日間ありがとうございました。
夫婦で同じ趣味があるのはいいですね。

 

 

 

バリ島 ブルーパラダイス お問い合わせは、コチラ

バリ島 ブルーパラダイス ファンダイブは、コチラ

バリ島 ブルーパラダイス 体験ダイビングは、コチラ

ヌサペニダ ファンダイブ

0

Hさんの2日目は、ヌサペニダへ。
ローシーズンですっかり閑散としちゃっているスマワンビーチから出発。
人が少ないと、待ち時間なしでそのまま乗船でいいな~。

本日のヌサペニダ、波少し、流れ少し、透明度10m~15m、水温26℃~27℃。
満月の割りに、穏やか。
透明度はいまいちですが、この季節は仕方ありません。
マンタポイントは最悪透明度らしく、北部でのんびりドリフト3ダイブです。
天気もじりじり暑くて、いい感じ。

ヒメサツマカサゴ2cm、小さいけど存在感ありあり。

 

逃げないクロユリハゼ

 

サンゴがほんと美しい。

 

ウミガメを見ているHさん。

 

モヨウフグ、寝すぎ!!

 

ドリフト中なので、このような景色がだーっと流れてゆきます。

 

2日目でかなり成長中のHさん。

 

今日は、大小ウミガメがいっぱい。
8匹くらいかな??

 

何これーーーというぐらい皆さんかたまっています。

 

癒しの安全停止

 

エキジットしたいですが、ロウニンアジ4匹が珍しくホバリング中。

 

エキジットしたいですが、またまた大きなナポレオン。

 

とどめにウミガメ見て、やっとエキジットです。
Hさんのこの喜び。
お疲れ様でした~。
今日も元気いっぱいありがとうございました。

ファンダイブ ヌサペニダ

0

ジャカルタT氏の2日目は、マンボウ狙いでヌサペニダです。
最近、ヌサ方面の海況がイマイチなのでどうかな~という感じで出発。

明け方、スコールが降りましたが、ダイビング時にはもう晴れ!
本日のヌサペニダ、波なし、流れ一時あり、水温21℃~26℃、透明度10m~15m
先週から、未だにヌサペニダらしい透明度に回復しません。

 

1本目、マンタポイントで、マンタもマンボウもでませんでした。
残念。(3本目に行ったチームによると、マンタは見れたようです)

 

 

2本目、クリスタルもマンボウなし。
ダイビング前半はアゲンストの結構な流れ(まだ進める)。
途中で流れは止まりました。
水温は、全体的に21℃。

透明度がまだ濁っていてすっきりしません。

 

 

最後だけ少しクリアーに。

 

T氏は、この度、新しいフィンです。

 

根から吹き出るダイバーたちのはいたバブル。

 

ウズベキスタンのK子女史、香港のM女史、皆さん元気ですか?
共通点は、皆さんマンボウ見れてない・・・。
ーby T氏&店主ー

 

3本目、昨日マンボウがいたというPEDへ。
最初から結構な流れ。

ドリフトダイビングスタート。

 

 

最初は透明度が悪かったですが、途中からましになりました。

 

珊瑚がほんと美しい。

 

ウミガメは3匹くらい。ロウニンアジも2匹すれ違いました。
マンボウはなし。aduh—-
T氏、来年も挑戦してください。

 

サヌールに無事到着。
T氏、今回は終始元気に3ダイブ。
8月はかなり波酔いでぐったりでしたが、今回はボート上ランチもぺろり!
良かったです!
打ち上げは、リクエストでワルンメガ。うまーい。
N記者もいたらなぁ。
T氏、楽しい2日間をありがとうございました。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

O氏3日目は、ヌサペニダへ。
ベテランO氏は、「マンボウが見られたらいいな~」ぐらいのご希望。

本日のヌサペニダ、海況いまいち。
波なし、流れなし、水温22℃~26℃、透明度が10m~15mとヌサペニダにしては濁り気味。
水の動きがないと穏やかですが、水がよどみますね・・。

 

マンボウは残念。

あっ、ウミヘビ。

透明度が残念でした。

 

 

2本目、軽いドリフトを期待しましたがほぼ流れなし。
根の下でくつろぎ中のウミガメと目が合いお邪魔しました。
昨日のS氏にお見せしたかった・・。

 

一部、ハマクマノミだらけでした。

 

 

O氏は、水に身を委ね写真を楽しんでいます。

 

イソギンチャクの色が目を引きました。

 

さんご礁の上をのんびり進みます。
(もう少し流れてほしかった)

 

ツノダシ、逃げません。

 

ダイビング中、突然、O氏が店主のフィンをぐいぐい引っ張りました。
何かあったのかと振り返ると、ゴマモンガラ!
すごい力ですよ。魚の力とは思えない・・・。
負けず嫌いなゴマちゃん、個人的には好きです
雨季到来・今シーズン初の格闘スタート。
5-6回攻撃をを受けました。
肘鉄&足蹴りで交わします。
攻撃がしつこいので、作戦変更。
スーパー中性浮力・仰向け完全静止作戦
これでゴマの攻撃は終わります。
何故だかまだわかりません。
見えないのかな・・?
ゴマは店主への攻撃を諦め、恐れをなして遠くに逃げていたO氏に攻撃目標を変えました。
お気の毒なO氏。人生初のゴマアタックだったそうです。

 

普段あまり見ないイシガキフグ。
お休み中です。

 

 

 

 

お疲れ様です。ドリフトにならずのんびりダイビング。

 


2ダイブだとあっという間にサヌール到着です。
この見慣れたサヌールの景色を見て、ほっとする瞬間。
無事終了。

O氏、今日もありがとうございました。

 

祝400本 ヌサペニダ ファンダイブ

0

S隊長率いるシンガポール組の2日目は、リクエストでヌサペニダへ。
本日は、昨日の体験組とは別行動で、ダイバーの皆様だけのご参加。
早朝が干潮だったために、1時間ほどビーチで待つことになりましたが、無事出発。
海外在住が皆さん長いため、こういうことも想定内のようで助かりました。
こちらは冷や冷やですが。

本日のヌサペニダ、天気も海況もよし。
波なし、流れ通常レベル、うねり通常レベル、透明度8m~20m、水温20℃~27℃

1本目、クリスタルベイ
店主はビギナーのAさん担当。
流れ経験もなく、中性浮力が危うそうだったので、前半は姿勢や中性浮力のコツを伝授。

イエローリボンスイートリップ

 

 

次から次へと

 

群れが来ます。

もうAさんは大丈夫そうなので、後半ベテラン組と合流。
その時には、もうベテラン組はマンボウを見ていたそうな。
同時に、店主の担当がY氏になりました。
Aさんはベテラン組に託します。

 

Y氏と店主はらぶらぶ状態。
一緒に観察したウミガメとタテジマキンチャクダイ。

 

 

ベテラン組にAさん付いて行けていますね。
この直後、またマンボウを見たそうです。

後から他のガイドに聞いたのですが、この辺りにオナガザメがいたそうな!

見たい。

2本目、マンタポイント
ちょっと温かくなり水温24℃。

祝・400本!!
S隊長、おめでとうございます。
この瞬間に立ち会えたことに感謝。

 

さて、一枚目はブラックマンタから。やった~。

 

浅瀬へ移動すると、次から次へ。
これは切り込み傷があるマンタ。

 

これは妊娠マンタ。もう産まれそう。

 

ぐるぐるマンタ乱舞
(マンタステーションは濁っていました)

 

店主のバディAさんも四方八方気にしながら、上手に潜れていますよ。

 

頭上行きます。

 

妊娠マンタとN氏

安全停止に入ると、ピンククラゲがいっぱい。
皆さん気をつけながら無事にエキジット。

今日は、出発のビーチからずいぶん一般警察官・海警察官が多いな~、海警察の潜水実習でもあるのかなと思っていたら・・・違いました。
バリ州警察本部長の奥様がファンダイブ。
水中では、派手派手ウェット&アニマル耳つきフードを被っていました。

それをずっと護衛する海警察ボートと海警察官。
一般市民のためにもこれぐらいお仕事してくれればいいのですが・・。

お腹を満たして、リクエストでドリフトダイビング。
3本目、SD。
ゆるーい流れで、のんびりドリフトダイビング。

大きなアラレフグ

 

景色がどんどん変わります。

 

珊瑚びっしり・・ずっと残りますように。

 

ウミガメが多かったです。
この後、S隊長たちはずっとウミガメと共にドリフトダイビング。

 

 

おいしい海なのでしょう。

 

デバの世界
皆さん、きれいにエキジット。
お疲れ様でした。
Aさん、2日間で急成長。

 

マンボウ、マンタ、ウミガメ、そして400本記念おめでとうございます。
皆さん、2日間ありがとうございました。
残りのバリ島時間を楽しんでいってください。

 

 

ヌサペニダ ファンダイブ

0

横浜・東京よりお越しのC氏とRさん、はじめまして!
最近まで大学のダイビングサークルに所属していたため、経験本数はこの若さで三桁台。
リクエストでヌサペニダへ。
「珍しく」スムーズにサヌールからボートで出発。

移動中、波は妙に穏やか。
天気もよし。

マンタポイントは、本日緑色!!グリーン。
残念なことにマンタもマンボウも見られませんでした。
水温は21℃で、透明度は5m~8m。
波もなく穏やかなんですけどね・・。

2本目、リクエストだったマンボウ。
昨日はマンボウ祭りだったようですが、海況はすこぶる悪かったそうな。
ダウンカレント&洗濯機。
本日は、穏やか。
波なし、流れなし、透明度20m、水温22℃。

無事にゲッツ。
事前の打ち合わせ通り、マンボウフォーメーションで写真におさめましたよ。
なんと、C氏、ハウジングを忘れたという・・。

 

2本目だったので、ダイバーも多かったです。

 

最後はのんびり安全停止。

 

 

当初より2ダイブか3ダイブかで迷っていたお二人。
一応3ダイブ予定で準備してゆきましたが、マンボウをゲットしたので3ダイブ目はお休みということに。
海況がよく、マンボウがまだいそうな感じだったので、店主だけ3ダイブ目行くことに。
今日はまだ水温が温かく、元気な店主。
さすがに一人ダイブは危険なので、他店のマンツーマンダイブ組に混ぜて頂き「店主プライベートダイブ」となりました。

2本目より若干流れがありましたが、まだ進めます。
水温は変わらず22℃。

 

 

最近いてくれているハダカハオコゼ・ピンク。
ニライカサゴやウミガメもいました。

 

そしてマンボウスタート。
3本目でもダイバーが結構います。

 

いえーい。

 

人気者ですね。

 

逃げても、また止まるいい子ちゃんでした。
寄生虫がいっぱい付いているようです。

 

皆さん、興奮中です。

 

クリーニング中、お邪魔しました。
気持ち良さげなマンボウ。
ちょっと短め35分でしたが、店主満喫させて頂きました。
ありがとう、マンボウ。
安全停止の時は、中層に渦があちこち発生していました。
よけながらタイミングよくエキジット。
洗濯機は嫌ですからね。

 

Rさん、C氏、今日はありがとうございました。
さすがダイビングサークルの潜りぷりでした。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

早朝より中部スラウェシ地震の安否メールを頂いています。
ご心配おかけして申し訳ございません。
ここバリ島は中部スラウェシより遠いので、大丈夫です。
全く揺れず、日本からのメールを今朝頂くまで知らなかったぐらいです。
それにしても、インドネシアも日本も自然災害が多いですね!
地球、どうしちゃったんでしょう。

切り替えて、今日もダイビングです。
5月にご来店頂いた埼玉A氏が、また来てくださいました!
今年、ダイバーになったばかりのそうですが、もうログ本数は50本。
はやいー。

朝は干潮だったため、少し出遅れましたが後はスムーズ。
天気もよく気持ちいい。

1本目 マンタポイント
波少し、うねりあり、透明度5m~12m、水温冷たい。

エントリー直後、すぐに通って行った!
最初からブラックマンタのようです。

そして浅いマンタの根では、マンタたちがぐるぐる。
ダイバーもいっぱい。

 

水温は21℃。
マンタを見たので33分で上がります。
さぶい。

水面に上がると、何かが起こったような気配・・・。
深刻・・・だ・・・な・・。

 

2本目 クリスタルベイ
波少し、流れ少し、透明度20m、水温は冷たい。
ダイバーが多いので、バブルではぐれないように・・。

 

マンボウ探しながら進みます。
冷たいのが来る来る~。
水温は17℃ →北海道の秋の水温に近づいてきました。
さぶい・・。
結局、ちらっとマンボウは通っただけのようです。

今日は極寒ダイブですが、ボートに上がれば太陽ぎらぎらで温まれるのは良いことでした。

 

3本目もクリスタルベイ
A氏、寒さに強いな~。

ムレハタタテダイも通る。
そして、水温は上がらず、18℃
さぶい。

 

 

オオモンカエルアンコウもいる~。
イソマグロも通る。

 

最後はツノダシに癒されました。

 

A氏、お疲れ様でした。
あれだけ潜れれば、先輩ダイバーです。
マンタはばっちりでした。
また来年、マンボウはリベンジしましょう。
今日はお仕事でお忙しいところ、ありがとうございました。

 

 

ページのトップへ