Posts tagged Jetty

Jetty ファンダイブ

0

今日は、Jettyへ行ってきました。
自分のための楽しいダイビングです!
たまにこういうダイビングを入れていかないとねっ。
本日のバディは、デンパサール在住のYH氏。
大昔、インストラクターだったので頼れます。ふふっ。
ポイントは、YH氏が大好きなJettyへ。
サヌールから1時間ちょっととアクセスよし。

img_5529

本日の海況穏やかでよし。
釣り人10名ぐらい、流れなし、透明度8m~12m、水温28℃、2本目若干うねり。
水面休憩中は、イルカの群れがパダンバイ・ジェプンの方へ元気に泳いでいきました。

 

img_5546

太りすぎて泳げないワモンフグ。

 

img_5556

コロダイ、定着してきたようです。釣られないでね。

 

img_5562

ヨウジウオがうじゃうじゃです。茶色、オレンジ、ピンク、黄色・・・カラーバリエーションは豊富。
動きが遅いのに撮りにくい種類の一つ。

img_5569

このキリンミノも着底で、全く動かず。
不思議が多いJettyです。

 

img_5584

相変わらず、桟橋から落ちるゴミがいっぱい。
ビニール袋につかまりゆらゆら。
1.5cmのオセザキリュウグウウミウシ。

 

img_5625

しばらく、動きの激しいヒメオニオコゼたちを観察していました。
後ろのオス?は前のメスにぞっこんです。
逃げても、砂に身を隠しても、ぴったりくっつきます。
きっと愛の季節なのでしょう。

 

img_5662

オオモンカエルアンコウの大あくび。
口から更に口が出てくる感じです。
二段階になっていて、普段は折りたたまれた形になっています。
こんなに大きく開くなら、ミノカサゴなど一飲みできちゃうわけです。
1本目これが2匹目のオオモンカエルアンコウ。
この子は、両足を使わず、両腕だけでぶらさがっていたので面白いなと撮っていたら、ゆっくり大あくびをしてくれました。
ラッキー。
口も大きいけど、腕力も相当のようで・・。

 

img_5663

で・・・・、長くなってきたので、そろそろ浮上しようと顔を久々に上げると、目の前をカエルアンコウが泳いでいった・・・。

シャッターを切ると、『バッテリーを交換してください』表示。
あどぅーーーーー。なんで今?

 

img_5671

なんとかバッテリーを振り絞って、1枚。
黄色のカエルアンコウでした。
柱から柱への移動。かわいいよー。

 

本日の休憩は、イルカを見ながらYH氏差し入れのアップルパイ。
ありがとうございまーす。

店主はブラックサンダーを差し入れ。
水面では更に格別。

 

img_5679

2本目もJetty。
カエルアンコウ(オレンジ)からスタート。
この子は、完全に寝ています。
腕が疲れちゃった?
YH氏筋によると、1本目、西洋人ダイバーがこの子を撮りやすいところに無理に移動させ、撮るだけとって、方向転換の際、フィンで蹴飛ばして行ったそうな。
無理やり連れ出されて、撮られて、蹴飛ばされて・・・人間社会なら警察沙汰ですよっ。

もっと生物に敬意を払ってほしいものです!怒

 

img_5680

バディはYH氏。(水中は別行動

 

img_5695

イロウミウシの仲間で、ヒプセロドリス・エンマ

 

img_5705

ツマジロオコゼもらぷらぶでした。
カミソリウオもらぶらぶでした。

 

img_5726-001

最後の安全停止は、ちょうどよいところにカエルアンコウ(ピンク)。
ときめきます~。
だけど、レモンイエロー2匹の消息はつかめず・・生きてますように。

 

img_5730

アグン山くっきり。
ダイビング、楽しかった~!!!!!

 

img_5731

バリらしさ満載。ユニークですね。
ハイビスカス、フランジパニの花びらをばらして、真ん中の緑はパンダンハルムというお供え物に入ってる香る草を使用。

 

img_5733
ランチはいつものレセハン。
バリ島ぽいランチです(全部、魚)。
ここのサンバルマタはかなり美味。
なぜかというと、ココナツオイル使用だから。

いや~、やっぱり水中面白い。

桟橋Jetty&パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

本日は、パダンバイです。
先週に引き続きスラバヤ在住のK夫妻。
おとといトランベンへご案内した茨城S子さんとお孫ヒロキ(9歳)
どうやら、ヒロキはダイビングにはまりそうです・・。はやっ。
すごく楽しみにして参加です。

1本目は桟橋Jettyへ。
流れちょっと、透明度12m、水温27℃。
Jettyにしてはとてもきれい!
店主はファンダイブ組を担当させて頂きましたが・・・・・カメラが作動しないというハプニング。
あぁぁぁぁ、せっかくステキなJettyなのに。
古いバッテリーがいかれちゃったことが原因でした。
オオモンカエルアンコウ2匹、グレーのカエルアンコウ1匹、セミホウボウ、イッポンテグリ、ツマジロオコゼ、ヒメオニオコゼなどなど。
そして桟橋中層をびゅんびゅん行き交う小アジの大群。
ファンダイブ組、がっつりロングダイビング。

9歳ヒロキも、桟橋下で小アジの群れを間近に体験ダイビングできました。
44分間!

IMG_1

水面休憩中の一コマ。
水面でスラバヤのおじちゃんとヒロキ。
ヒロキはただただ泳いでいます。
バッテリー持ちいいなぁ。
遊びながらも、ヒロキは水底に落ちているウェイトを見つけてくれました。
ありがとう!!!

2本目は穏やか、透明度18m、水温28℃。
最高です。

IMG_1831

潜水艦オデッセイ号がまた来た~。
S子さん、逃げます。
昨日から、ダイバーに敵意むき出しの運転・・・怒。
わざとに向って来る気がしますね。

 

IMG_1832

店主も戦いに挑むと、この近さで撮れちゃいました。

 

IMG_1836

叫ぶハナヒゲウツボ

 

IMG_1838

リピーターの皆様、3桁、4桁のログ本数保持者たち。
自分で楽しめます。

 

IMG_1852

ヒロキもきれいに潜ってる。
潜水艦も遠目で見れたようです。
2日間で、プール、リバティ号沈船、桟橋下、サンゴ&潜水艦オデッセイ号・・・・・濃すぎる体験ダイビングですよ。

 

 

IMG_1857

ヒロキ、もっと深く潜りたくてたまりません。苦笑

 

IMG_1860

茨城S子さんとスラバヤMさん。

そしてメインイベントだったコブシメの産卵を撮りに・・・皆様、初めてでワクワク。
昨日とは違うサンゴ(近所)で、産卵が行なわれているところをお邪魔しました。
昨日のサンゴには、もう卵がびっしりで埋めこむ場所なし。

IMG_1875

事前にブリーフィングで観察の注意点をお知らせしていたので、皆様、きれいに写真撮影会。
感動的なシーン。涙

 

IMG_1886

産みたてほやほや卵たち。
一つでも多く孵化しますように。

 

IMG_1899

メスが産卵している間、オスは完璧に見守ります。
他のオスが1匹来ましたが、追い払っていました。
奥の黒く見えるのがオス。

 

IMG_1913

連続だと3分間に1つぐらい産卵してゆきます。
涙ぐましい。

 

IMG_1926

オスとETタッチしたいMさん。

 

IMG_1936

ダイバーなんか気にしません。
こうして200個ぐらい産むといわれています。

 

IMG_1937

コブシメの裏側、乳牛の乳搾り前のオッパイみたい。
乳腺が張っているみたい。
これ見ているだけでも、全身全霊・必死度が伝わってきます。
本当に感動シーンでした。

 

IMG_1952

あーーー、すごかった。

 

IMG_1955

そして、3本目はスラバヤK夫妻だけゆきます。
いってらっしゃーい。
先週に引き続き、目的はホウセキカサゴ&ハナイカ。
先週は見つかりませんでした。
今回は、ハナイカ あり!!!
いろいろ見れたそうで、大満足のK夫妻。
ただ、水温は24℃。つめたいね・・。

 

IMG_1957

ヒロキ9歳とお婆ちゃんS子さん
楽しかったね~。
ボート上で船頭の仕事も手伝ってくれたヒロキ。
いろんな経験したね~。

リピーターの皆様、ありがとうございました。
超・季節限定コブシメの産卵、その感動を共有できてよかった。

Jetty&ブルーラグーン ファンダイブ

0

本日は、リピーター様と桟橋Jettyへ。
中上級者向けのマクロポイント。
ジャカルタH子さん2日目、サヌール在住Y氏は年越ダイビング以来というからブランク半年。
このお二人、去年も一緒にJettyを潜っていたんですね。
リピートすると海仲間が増えてゆきます。

IMG_1347

快晴で凪!!!
釣り人はたったの約10名、流れなし、透明度15m、水温29℃。
この4点が、満点海況。

 

 

IMG_1353

ホップ・ステップ・ジャンプしてますカエルアンコウ(オレンジ)。

 

IMG_1362

上手に柱を登って、H子さんと記念ショット。
かわいいー。

 

IMG_1364

今日はオオモンカエルアンコウ2匹。

 

IMG_1365

またまた元気に走り回っていましたカエルアンコウ(きいろ)。
生きててくれて嬉しいよ。

 

IMG_1374

Y氏も撮ります。

 

IMG_1403

Y氏は柱を散策。

 

IMG_1405

桟橋にいっぱいいるカサゴ類

 

IMG_1408

ゴンズイ玉がまた復活中

 

IMG_1412

ヒゲハギ2匹でした。

 

IMG_1432

今日はばらけていたツバメウオ

お二人とも何度かJettyを潜ってましたが、『こんなに楽なJetty』を経験したことがなかったので、今回はとても喜んで頂けました。
海は、潜る日、潜る時間で様々な顔を持ちますね。
ロングダイビングになってしまいます。

このダイブでY氏が一つ実証してくれたことがあります。
ダイビング中、ダイブコンピュータのベルトが切れていることに途中で気づいたそうです。
本来なら腕から落ちてしまって、今頃泣いていたはず。
(今日のJettyなら、回収可能だったかもしれませんが)
ところが、ゴム1本でぶらぶら腕に付いていたのです。
Y氏はダイブコンピュータを装着後、ゴムも腕に絡めます(ベルト側にゴムを通してある)。
ベルトとゴムの二重だったので、落とさずに済んだのでした。
店主も長年二重設定なのですが、Y氏はそれを真似をしていたそうです。
実行していることを知らなかった・・・笑。
店主はダイビング中にベルトが切れたことはまだありませんが、改めてゴムで救われる例を今回見ちゃいました。
落とさなくてよかったですね。

IMG_1435

再会シリーズ

 

IMG_1448

ブルーラグーンの海況も抜群。
波なし、流れなし、透明度18m、水温29℃。
水がクリアー。
深場をウミガメが通ってゆきました。

 

IMG_1460

あまり行かないサンゴを覗くと、奥に小さめのハダカハオコゼ。

 

 

IMG_1471-001

ベテラン同士、いいバディです。

 

IMG_1508

お魚パラダイス

 

IMG_1509

Y氏はサンゴが大好き。
またウミガメがいました。

 

IMG_1515

パダンバイでは、本日火葬に向う行列と遭遇。

リピーター様たちとまったりダイブ終了。
ありがとうございました。
穏やかな海況に感謝。

桟橋 Jetty

0

不安定な天気の中、とりあえずチャンディダサへ出発してみる日曜日早朝。
いつも通り、どこを潜るのか決めぬまま・・・・YH隊長とダイビングだけは決行。
在住歴が長い方は、こういう大枠だけ決めて、内容は臨機応変なところがいいです。

行ってみると、結局海況がよかったので桟橋Jettyで潜ることにしました。

IMG_0821

縁起のよい日が週半ばまで続くバリ島、釣り人は10名程度。
桟橋Jettyはまだ雨が来ていません。
南部の空は真っ黒、マンギス村辺りもこの空だと降ってそうな、ヌサペニダは太陽が降り注いでいました。
全然、天気が違いますね。

Jettyの海況抜群、海水はJettyなのに青く透けてる!
透明度1本目15m、2本目10m
幸せ水温29℃
1本目穏やかすぎ、2本目最初だけ若干流れ
そして、本日網漁はなし。
他のダイバーは、二組ほど。
水中では誰にも会わず!

さて、ワクワク集中タイムの始まり。

IMG_0826

いろんな色のワカヨウジいっぱいいます。

 

IMG_0848

ガンガゼの中にミツボシスズメダイ幼魚たち。
いい隠れ家ですわ。

 

IMG_0850

きれいな色のシマヒメヤマノカミ

 

IMG_0866

桟橋住人オオモンアエルアンコウ黒

 

IMG_0885

あーーー、いた。忙しそう・・。
まだいてくれて良かった。
初めて動画を試みましたが、四苦八苦。

IMG_0916

やっぱ写真で。
先日のカエルアンコウ黄色ちゃんです。
とけそうなほどかわいいよ~。
動き回ってます。

 

IMG_0926

太くて大きくて怖い顔。存在感がありすぎるモヨウタツウミヘビ。この後、砂地に引っ込んでしまいました。

 

IMG_0930

撮らずにはいられないツマジロオコゼ(白ピンク)。
長生きしてね。

 

IMG_0935

隊長も黄色にメロメロです。

 

IMG_0943

これは別の個体!!黄色2号。
バディと喜び拍手。

 

IMG_0980

サザナミヤッコ幼魚・・右側面と左側面の模様が違った。

 

IMG_0996

今日のツバメウオ群れ、すごーい。

 

IMG_1013

正面顔は縦線

 

IMG_1016

きゅっとまとまります。2本目はやや分散でした。

長いこと水中にいましたが、予想に反してエキジットしても、まだ雨は降っておらず。ラッキー!
水面休憩は、持ち寄り豪華スイーツ&コーヒー。
糖分&水分補給はばっちり。
最近、内輪で盛り上がっている日本のドラマ『花咲舞』『民王』。
民王に関しては、スペシャル、スピンオフ、番外編サイコー。
公設第一秘書・貝原さん面白くてかっこよすぎ。
ドラマ総括で、窒素抜きも完了。
じゃ、2ダイブ目いこー。

IMG_1030

シロクラベラ・・・・ベラ類最大だとか。でか~っ。

 

IMG_1066

若干流れていますが、また1号が走ってきた。
活動範囲広いな。

 

IMG_1092

何百匹いるか分からないハリセンボン。

 

IMG_1101

コクテンハギもめちゃめちゃ増えてます。
桟橋の子達はダイバーに寄ってきます。
ヒゲハギも1匹いますが、逃げる逃げる。

 

IMG_1124

アカククリはツバメウオの群れに交わりませんね。
ネズミフグとつるみます。

最後に、釣り糸に引っかかり半径30cmで動けなくなっているトラギスをハサミで切り離してあげました。
生存競争が激しい環境、少しでも生きてね。
この他にも、あまり見ないモバウツボ、バラクーダ群れ、コバンザメ群れなど面白かったです。
YH隊長は、カエルアンコウ赤も見たそうな。

 

IMG_1137

チャンディダサといえば、最近お気に入りのLESEHAN。
ココナツオイルのサンバルマタだけでご飯が進みます。

 

 

IMG_1142

遅いランチ中、スコールがはじまった~。
涼しくて気持ちいいマイナスイオン!
残念、すぐ止んじゃった。

 

IMG_1145

帰路バイパスが一部閉鎖で迂回させられました・・・。
このげんこつマークはバリ人のデモです。
外資による南部ブノア湾埋め立て反対を訴えております。
店主も反対です。

天気は雨で不安定。
バリ人は朝から縁起のいい日で海へ。
デモもある。
イスラム教徒の人たちは、ただ今断食中。
日が暮れてモスクからコーランが流れ、お祈りして、ご飯を食べる。
日本とは全然違う景色。

 

IMG_1147

またまた、サウナ&ジャグジーに寄り道。
全身潮抜き。
久々にお湯に漬かり、全身が温まりポカポカ。
リフレッシュ完了、夜は撃沈店主でした。

桟橋 Jetty

0

Wifiが金曜日から不通で、やっと使えるようになったと思ったら、今朝から停電。
えっ???
ブレーカーがなぜか落ちていて、上げてもまた落ちちゃう。
これって漏電の可能性あり?
あ~あ~。

昨日、海仲間のYH隊長と桟橋Jettyへ行ってきました。
完全にプライベート。
今回は、なんとなくチャンディダサ発。
ボートに乗ってからもまだ、右(Jetty方面)へ行こうか左(ミンパン)へ行こうか、まだ迷っていましたが結局右折。
潮が良さげだったので、どっちでもよかったのですが・・ミンパンはもうちょっと先にとっておきましょう。

桟橋 Jettyの海況は抜群。
白人の誰かが『3日前は視界3m』などと言っていましたが、透明度は10m以上。
水温29℃~30℃。
2本とも流れなしでラッキー。
ただ、朝は釣り人が100名ほどいたので釣り糸注意。

IMG_0180

ワヌケヤッコ・・・・蛍光ブルーきれい。

    IMG_0193

コブシメ子供たちが2匹。
無事育ってね。
子供たちは、今あちこちいます。

    IMG_0207

かわいいオニカサゴ

    IMG_0208対照的なヒメオニオコゼ

IMG_0273これはかわいすぎる!!
跳ねてやってきました。
目立つわぁぁ。

IMG_0357

もう1匹茶色カエルアンコウやってきた~。
勢いつきすぎて前のめり。

    IMG_0375

黄色の子は、黄緑に一直線でしたね。
なぜ居場所が分かるのかな~、不思議。
3匹並ぶのではないかと辛抱強く待ちましたが、茶色君はすぐそこにいるものの交わりませんでした。

    IMG_0391

2本目、釣り人が減った!
暑いもんね。
因みに今日は流れがなかったせいか網漁をやっていませんでした。
網漁の残骸はあちこち見られましたが。怒
東側のイソバナは壊滅的。

    IMG_0396

モンハナシャコが交尾?攻撃?
絡まっています。

    IMG_0400

Jettyにもいたイソモンガラ。
このブルーいいな。

    IMG_0406

ヘロヘロに疲れているように見えるハリセンボン。
どうしたんだ?

    IMG_0411

イッポンテグリ、珍しく黄色!

    IMG_0438

ツマジロオコゼはらぶらぶ。
後ろに茶色君。

    IMG_0464さっきのらぶらぶカエルアンコウは、まだ定位置に。
で、踏まれているトゲトゲウミウシ2匹を発見。

不覚にも最近SDカードの整理を怠っていたため、メモリーがいっぱい。
まだ水底にいたかった・・・
時間がない時に限ってこんなことが・・・。お馬鹿さん。
残りの時間は浅瀬で過ごします。

IMG_0489

すごい群れが浅場を行き交う。

    IMG_0490

速いっ

    IMG_0493

うわーっ

    IMG_0499

また来たっ

      IMG_0506

圧倒されました。
網漁に引っかからないようにね。祈

  IMG_0542チャンディダサのLesehanへ。
最近お気に入り店。
締めに、サウナ&ジャグジー。
贅沢な日曜日でした!

海はいいなぁ・・・でも

0

体調も完全に戻り、確定申告もろもろ終わったので海へ遊びに行ってきました。
ただ、筋違いで首が右に向かないだけ・・寝違い通り越す痛さ。
右が駄目なら、左で振り向けばいいだけ。
本日のバディは、遊び仲間のH隊長。
大の大人が平日から遊んでいて、すみません・・。

本日のJetty、あったかーい。
21℃想定だったので、完全にウェット間違えました。
水温29℃、透明度10m前後、1本目穏やか(2本目流れ)

1-IMG_4256

クモウツボがささやきあってます。

 

1-IMG_4285

コクテンハギ、増えてます。

1-IMG_4294

移動中のツマジロオコゼ。よたよた感がたまらない。

 

1-IMG_4312

これ3匹目のオオモンカエルアンコウ。
めちゃめちゃ大急ぎで走ってます。

 

1-IMG_4325

また小さめのカエルアンコウがこちらに向って突進!
カメラの上、ジャンプ!
手足(鰭)下からショット。
こんななってるんですね。

 

1-IMG_4328

最高のジャンプだ~!

どうやら柱を登りたいようです。

 

1-IMG_4335

手足フルに使ってふんばります。
かわいすぎる!!!!

 

1-IMG_4359

今日は群れ群れ。

 

1-IMG_4375

えっ!トラフシャコ?がエビを産卵?と思いきや・・・・。
そんな訳絶対にないないと頭が否定。
じゃ、何これ??
自分に自信を持ってから、静かに半透明な膜をつつくと膜ごとエビたちが簡単に落ちた。
やばっ!そして、シャコは奥へ隠れてしまいました。
半透明な膜をよく見ると、明らかに人間が結んだ結び目が。
ビニール袋に入ったえびちゃん3匹でした。
桟橋上には釣り人がたくさんいて、釣りの仕掛けに使う餌(エビ)をそのまま落としてしまったと思われます。
運よくエビ袋をゲットしたシャコが巣穴に持ち込もうとしていたんですね。
ごめんね、邪魔して。
変な光景がたくさんある桟橋Jettyのダイビング。

 

1-IMG_4388

ロングダイブでエキジット。

 

1-IMG_4404

今日は桟橋上にも釣り人が20名~30名。
まあ、釣り糸は気をつければよしとして。

最悪だったのは、網を使って魚を獲り始めたこと。
やっているのは、桟橋のある地元民です。
今までも網漁の形跡はありましたが、桟橋から離れた根でやっていたようでした。
今日は、堂々と桟橋の柱に10mほどの網を貼り付けて網漁をやっているではありませんか。
流れを利用してうまくやってるー。
2本目エントリーしてびっくり、かなりの魚たちがます目の小さな透明網に中層で引っかかってしまってる!
狙いと思われるアジ以外にも、柱の生物ミナミゴンベまで引っかかってる始末。
さすがに見過ごすことができず、引っかかってる魚たちを逃がしてやりました。
なるべく体を傷つけないようにナイフで網目を切りたいのですが、食い込んでるし・・。
店主は20匹ぐらいは離してやりましたが、もう泳げず水底に落ちていくものもあり。
すでに潜水時間15分が過ぎていたし、やってもやっても網にはどんどん魚がかかっていくので、ちょっと切り込み入れるぐらいが精一杯。
H隊長は結局30分ほど続けたそうです。
確かに目の前であの光景は見過ごせなかったです。

桟橋の柱を覆って船に乗ってきた数名が網を張ってたくさんとっていく。
その上の一本釣りの人たちにとっては、大迷惑行為だと思うんですよね・・・。
この件が問題になって、地元民同士でうまく話し合ってもらえるといいなぁ。
漁師の住み分けは難しいのかな。
さらに、ダイビングの観光資源の側面なんて絶対に分かってもらえないだろうなぁ。
皆さん、それぞれに生活がかかっている訳で・・・でもこの手の問題は、この国ではまだ難しい。
ただただ、ダイバーがこういう光景を見るのはしんどいです。
少なくとも、H隊長も店主も、とても残念な悲しい気持ちになりました。

この他にも、引き上げられなかった網があちこりに放置されていて、ひどいところは大きなゴンズイ150匹ぐらいが網の中でほとんど死んでました。
多分、いつものゴンズイ玉が丸まま引っかかってしまったのでしょう。
まだ動いているのは切って出してあげましたけど。

ナイフ作業をやっている間に時間が経ち、流れが始まってました。
きりがないので2本目ダイブ。
流れているので、中層は厳しい。

1-IMG_4433

流れている時は、みんな集まって並びます。

 

1-IMG_4452

流れて、益々すごい群れなんだけど、今日は網漁でかなり引っかかっちゃったね。涙

 

1-IMG_4455

流れの中でもオニカサゴもらぶらぶ。
きれいなグリーンのヒゲハギがいたのですが、手が離せず撮れず。

 

1-IMG_4471

そろそろ上がらなければ!
鯉のぼり状態でツバメウオたちと安全停止。
下のダイバーたち、エントリーしたばかりですがこのまますぐエキジット。

 

 

1-IMG_4481

バリといえば、大好物 Lesehanセット。
いろいろ考えさせられた海でした。
網漁だけは何とかしたいなぁ・・。
あっ、首がだいぶ動くようになってる。
さすが、krim otot.

桟橋Jetty ファンダイブ&スノーケリング

0

現在、バリ島に里帰り中のTさんを桟橋Jettyへご案内しました。
先日のJetty が、気に入って頂けたようです。
リクエストは『変なものがみたい』。
90年代に伊豆でバリバリ潜っていた彼女はたくましい。

そして、近所の水嫌いなSKちゃんを誘うと『参加する!』と返事が・・。
実は、お互いにお友達だったんですね~。
そんな訳で、不思議な3ガールズでサヌールを北上。

IMG_3841

途中で渋滞・・・今日は満月なので祭事?
この周辺の方々は海へ向っていました。

本日のJetty、海況抜群。

釣り人は少し。
先日より透明度は上がって10~20m。
流れはほとんどなく穏やか。
ただ、冷えたところは水温22℃!!!
冷えているところは、すこーんと抜けてます。
久しぶりに冷水でしたが、陸が暑すぎるので耐えられますね。

IMG_3854

今日は、魚影が濃い。
そして見える。

 

IMG_3856

新参者?ツマリテングハギの小部隊。

 

IMG_3864

先日のオオモンカエルアンコウらぶらぶペアは、まだらぶらぶ。
今日のオオモンカエルアンコウは4匹。

 

IMG_3874

見上げると・・・

 

IMG_3875

ぐるぐる回っています。うっとり。

 

IMG_3877

Tさんが『ジュディオングみたいな魚』と言ってた、セミホウボウ。確かに。

 

IMG_3881

今日はゆっくり観察できたサラサハタの幼魚!
やはりタコ穴の近く。

 

IMG_3889

Tさんらしい、スナップです。笑

 

IMG_3901

この柱・・・・・前はまっすぐに立っていた気がする・・・・。
んっ???

 

IMG_3907

最後は黒のカエルアンコウ発見。
この他にもツバメウオの群れ、ツマジロオコゼ、コブシメ、コクテンハギの小部隊、ハリセンボン幼魚部隊、タコ、ムスジコショウダイの幼魚、ヘラヤガラの群れなどを観察。
冷えたけど、ロングダイブになってしまいました。あはっ。

 

IMG_3918

SKちゃん、なんと桟橋下でずっとスノーケリングをしていました。
水嫌いと聞いていたのに、バリバリ泳いで来た~!
あんだけイワシの群れが水面下で巻いていたので、楽しかったようです。

 

IMG_3927

2本目はプルーラグーンへ。
透明度12m、流れところどころ、水温26℃~27℃。

 

IMG_3929

非日常の世界へ行ってらっしゃい。

 

IMG_3938

Tさんは、クマノミも好きだとか。

 

IMG_3959

もじゃもじゃオランウータンクラブ。

 

IMG_3975

ウミガメ様、いらっしゃいました。

 

IMG_3978

ウミガメは振り切ろうとしましたが、コバンザメに乗られちゃいました。
お気の毒・・。

 

IMG_3985

今日もデバスズメダイたちは群れ群れ。

 

IMG_3993

オジサン、うっとりクリーニング中。

このほかには、ウミヘビ、アカホシカニダマシ、ガンガゼエビ、シラヒゲウニ、コロダイ幼魚、ハダカハオコゼ、ハナヒゲウツボ幼魚、ウツボ、アカヒメジの群れなどを観察。
がっつりで、楽しかったー。
そして、まさかこの3ガールズで海へ行けるとは思ってなかったけど、何となく実現。
ご縁を感じます。
ありがとうございました。

 

桟橋Jetty ファンダイブ

0

神戸チームO氏とMさんは、早いことにもう最終日。

そして、東京よりお越しのTさんご無沙汰していますー。

2年前の年越ダイブ以来ですね!

元スラバヤ&バリ島在住者のTさん、物価の値上がりに驚いています。

この先、インドネシアルピアはどうなってしまうのでしょうか。

天気は快晴、海況もだいぶよくなってきています。

 

1本目ジェティは、波なし、流れなし、透明度8m前後、水温28℃、釣り人は10名ぐらい。

流れにぶつからず、助かりました。

Tさんは2年ぶりのダイビングとなりましたが、元々ログ本数が多いので問題なし。

 

 

IMG_3744

ニライカサゴがらぶらぶ。

  IMG_3748

O氏が撮影しているものは・・・

  IMG_3759

オオモンカエルアンコウがらぶらぶなところ。

接吻もしていましたし、抱擁もしていましたし、もう片時も離れたくないようでした。

 

  IMG_3765

ゴンズイに巻かれる皆様。

  IMG_3770

Tさん、このポイントを気に入ってくれました。
ゴミも釣り糸も多いけど、面白いんです。

 

  IMG_3777

浅瀬は群れがいっぱいです。

バラクーダの群れ、ハリセンボンの群れ、タコ・モンハナシャコ、ヨウジウオはあちこち。

タコと一緒にサラサハタ幼魚!

一瞬でしたが、これ嬉しいなぁ。

ロングダイブになってしまいました・・。

 

  IMG_3779

2本目Jettyは流れそうだったので、とりあえずブルーラグーンへ移動。

天気はサイコー、透明度もおとといよりマシになっています。

流れ一部、透明度12m、水温28℃。

 

  IMG_3781

ラストダイブ、楽しみましょう。

 

  IMG_3791

シライトウミウシ

 

  IMG_3795

ドロップオフでTさんは、開放感。

ほんと気持ちよさげ。

 

IMG_3797

ウォールでモンハナシャコがらぶらぶ。

 

  IMG_3799

O氏&Mさん組、いいバディです。

 

  IMG_3810

このサインはもしかして・・。

 

  IMG_3813

オオウミウマと久しぶりの対面。

まだいたんだねー!

大きくなって立派になりました。

 

  IMG_3826

浅いところは太陽が入り明るい。

 

  IMG_3828

ちょっと長めにまったり安全停止。

 

  IMG_3836

お疲れ様でした!

陸も水中も楽しいお時間でした。

 

  IMG_4793

帰り道、地酒トゥアックを買いたいと言い出したTさん。

そう、この乳白色の飲み物。

椰子の樹液から作るお酒(蒸留するとアラックになります)。

みんなで降りて、みんなで試飲。

おいしいねーっ。

やはり、アラックより全然安くて、1本Rp.12.000(100円)でした。

その後、サヌールまで全員爆睡。

あっという間に到着。

O氏、Mさん、Tさん、ありがとうございました。

 

<

p style=”text-align: center;”> 

オープンウォーターダイバー講習 & Jetty ファンダイブ

0

本日は東ジャワ・スラバヤ組です。
2015年下期は、極寒水中フォトウェディング夫婦でマンボウでお世話になったK氏とMさんご夫妻。
お久しぶりです。
そして、今回お友達を連れてきてくださいました。
Aさん、はじめまして!
彼女は、ダイバーになるためオープンウォーターダイバー講習受講です。

12494985_963702813706220_68045790830133171_n

K氏とMさん夫妻、カメラが更に大きくなってる?
車の座席3シートの大きなカメラが2台並んでいました。
二人はJettyで本日2ダイブ。笑
流れもなく、穏やかだったそうです。
カエルアンコウがいっぱい。

夫妻とカメラ2台を見送った後、店主はサヌールでAさんの講習スタートです。
古いOW教材をスラバヤで読んでいたらしく、知識は結構入っていました。
サクサクと半分以上学科は進みます。
今日のプールは意外と混んでた~。

 

午後からプールが独占になり、器材セッティングからスキル等をやってもらいました。
口呼吸の違和感→克服
うつぶせになれない→かなり成長
フィンキックが推進力につながらない→努力中
マスククリア全水でパニクる→完全克服
頑張っているAさん!
耳抜きは問題ないし、中性浮力の感じもつかめてきてます。

明日は動きのあるしょっぱい水です。
きっと今日より楽なはず。
カラフルなお魚がAさんを待っています。

IMG_4429
後片付けも、日本人らしくきびきび動き。
初日は終了。
Aさん、お疲れ様でした。
よく頑張りました。

店主のファンダイブ ジェティ

0

チャンディダサへ最後のマンボウ狙いに行こうかと思いましたが、昨日もおとといも出てないという情報を聞き、結局ジェティへ。
今日はH隊長がバディです。

IMG_2428

釣り人がまばら。

1本目、まだ潜ったことのない深場の根に行ってみます。
かなり広いので、ゆっくり見たいけどダイブコンピュータが気になる深度。
そこにも魚の群れがきていました。
オオモンカエルアンコウなんかも。
やはり、マクロならもう少し浅めがいいなぁ。

本日の海況、若干うねり。
流れはなし。
透明度は濁りがあり10m弱。
水温が23℃~26℃。
水に動きがあるせいか、体感温度はもっと低く感じます。
ロングダイブだし。笑
そして、カメラの調子がイマイチ・・・・。
言うこときかないことが多かった。

IMG_2472

合掌

 

IMG_2501

名物ハリセンボン子供たちの群れ。

 

IMG_2515-001

今日はカエルアンコウ10匹ぐらい。

 

IMG_2525

うねりと一緒にとどまれないツマジロオコゼ。
かわいい~。

 

IMG_2544

今日も浅いところに群れてます。
釣られないようにね。

 

IMG_2548

顔をふと上げると、よくこんな光景があちこち。

 

IMG_2559

今日も群れ群れ。H隊長の頭に3匹ぐらいぶつかってきたそうな。

 

IMG_2563

オオモンカエルアンコウカップルを撮っています。

 

IMG_2581

ふと顔を上げると、こんなことも。
もし、よけなかったら、ダイバーはどうなるのでしょうか。
よけてくれるのかな?

 

IMG_2583

透明度が悪いのはゴンズイのせいもあります。
各地でゴンズイがまくまく・・・。

 

IMG_2590

らぶらぶ中・・・・奥の個体かっこいい。

 

 

 

IMG_2653-001

このカエルアンコウたちは、かわいかった!
いいところ住んでいるね。
写真、とりにくかったよーっ。

 

 

IMG_2674遅めのランチは、デンパサールの中華屋にて(東ジャワ・マラン本店)。
香港風チャーハン、太めのビーフン焼きそば、湯葉春巻き。
今流行りのGOJEKもお仕事なのか(?)テイクアウトしていました。
素晴らしくおいしい!大満足。

水中は寒かったけど、陸上は暑いなぁ。
水中に戻りたくなるほど。
昨日はついに雨季の到来か、サヌールも雨が降りました。
少し暑さもマシになるはず。

ページのトップへ