Posts tagged Jetty

ミンパン・テペコン

0

本日は、他店のお手伝いで潜ってきました。
たまにこういうのも、新鮮です。

天気だけが残念・・・。
小雨がぱらついたり、曇っていることが多い一日でした。

1本目 ミンパン岩礁(上級者向け)
流れもなく穏やか、透明度18m、水温28℃。

エントリーから、魚影は濃かったです。

 

次から次へと・・・。

 

ひぇー

 

カンムリブダイや小さなウミガメなども定位置に。

2本目 テペコン
前半流れあり、透明度18m、水温28℃

最初はアゲンストで頑張り、後半はのんびりダイビング。
ここはムスジコショウダイすぎる。
混じりものなしの100%、同じサイズがぱっと見150匹とはお見事。

 

 

 

そして、サンゴ群生がすばらしい。

3本目 桟橋 Jetty
釣り人20名ほど、流れ水底で少し、透明度18m、水温24℃~28℃
びっくりしたのは、Jettyにしては美しかったこと。
そして冷たい・・・。

ついに倒れちゃったんだ・・。

 

 

ここはかなり多種のフグを見ることができます。

 

いろんな色のヨウジウオもわんさか。

 

まだ小さなコクテンハギ

 

イッポンテグリやっと1匹。
イッポンテグリ、セミホウボウ、カエルアンコウ・・・また消えた。

 

????

 

透明度はかなり良いのですが、水底は凍えます。
水深5mは28℃、水深13mは24℃。
たった8mだけど・・。

 

???

 

ハナツノハギ

 

花ひとつ、癒されちゃう。
ほっとしますー。
皆様、ご一緒させて頂きありがとうございました。

桟橋Jetty&パダンバイ ファンダイブ

0

スラバヤのリピーター様・K夫妻がやってきました。
K氏も奥様Mさんも大きなカメラ。

晴天の中にアグン山!

 

本日の桟橋Jetty、穏やかですが8m前後と透明度がいまいち。

 

トゲトゲウミウシが安全なところでお休み中。

 

この子は誰なのでしょう??
サカナくん~!!

 

ハナミノカサゴがあちこち。

 

ツバメウオ幼魚、最近は水底グループあり。

 

まだ小さくて安全なところに隠れています。
ベテランリピーターとは、ロングダイブに・・・。
水温28℃でも寒い。

 

休憩中はイルカ6匹の群れ。
エグザイル状態。

パダンバイの海況、波なし、流れ少し、透明度8m~12m。
3本目は濁りが・・・。水温27℃。

コクテンハギのペア

 

ハタタテハゼのペア

 

コウメウミウシのでかい子。約6cm。

 

祝・ホウセキカサゴ ピンク!

 

むしゃむしゃ捕食

 

Mさんは、カメラの調整でした。

 


ハナヒゲウツボの叫び
濁りが入って生物たちは大喜び。
グルクマの群れやミナミイケカツオもびゅんびゅん。

休憩中、イルカやサルが見られるパダンバイは素敵です。
ラッキーすぎました。
K氏もMさんの写真が楽しみです。
いつもありがとうございます!
楽しかったです~。

桟橋Jetty&ブルーラグーン

0

今日は、店主のサンデーダイビング。
バディは、デンパサール在住のYH氏。
今年初ですね~。
お互いに共通しているのは、アムック湾でのダイビングが好きということ。

チャンディダサから出航は波があると大変・・。

1本目、桟橋 Jettyへ。
波なし、流れなし、一部うねり、水温28℃、透明度3m~10m。
普段、透明度がマシな桟橋先端がお味噌汁。
釣り人30名ほど、ダイバーは結構入っていました。

ツマジロオコゼがよったよた。

 

普段見ないハナツノハギ。
小さく群れていました。

 

桟橋下をはいずりまわっていて、顔を上げるとなんじゃ~この群れは!
透明度が悪いのが残念・・・・30匹ぐらいが桟橋下を行ったり来たり。
顔はロウニンアジですがちょい細身(1m弱)、ヒレが黄色、尾ひれ先端に黒い斑点。
イトウオニヒラアジという大型アジでした。
和名は、2007年につけられたらしいです。
透明度の良い時に、また会いたいな。

ピンクのカエルアンコウ。
その手で握られたいよ。
オオモンカエルアンコウは3,4匹。

 

残圧計を一式買い替えて安心ですね。

 

オウムガイ・・・・無理ですが生きてるのを見たい。

 

いつも食欲旺盛ですね。

 

Jettyではそこらじゅうにいるオトヒメエビ。

 

安全停止は、小アジの大群がびゅんびゅん。
釣り針に関心ゼロ。
どっぷり潜ってしまいました。

 

 

2本目は、美しさを求めてブルーラグーンへ。
残念なことに、店主が使うタンク、エアが少ないではないですか!!!
タンク内洗浄したせい?
あぁ、ロングダイブできないよー。

波なし、流れ少し、透明度10m、水温28℃。

立派なヒメオニオコゼ。
顔に『キケン』と書いてあります。

 

すぐ傍にはクモウツボがなんやら顔を長いこと突っ込んで捕食中でした。
おいしかった?

 

オオウミウマは、3匹いるはずですが今日は2匹。
どっちも体に藻が付いちゃって・・・笑
本当の馬みたい。

 

ツユベラ稚魚・・・無事育ちますように。

 

ブルーラグーンもたくさんダイバーでにぎわっていました。
このほかにも、オオモンカエルアンコウのペアやハダカハオコゼあり。

 

デバスズメダイの産卵。
産卵中もデバの動き。

 

ランチは、バリらしい魚づくしのレセハン。

移動中はぐっすり眠り、サヌールの器材屋で預けていた器材を受け取り、サウナ&ジャグジーへ。
普段、海に浸かってもバスタブに浸かることのないバリ生活。
あああぁぁぁ、極楽。

ディナーは、和食処NAGOYA。
お弁当味噌汁付でRp.38.000(320円)は、素晴らしい。

店主の充電終了!
また明日から頑張ろう。

桟橋Jetty ファンダイブ

0

本日はデンパサール在住YH氏とJettyへ。
店主のお楽しみダイビングDAY。
本日のJetty、海況抜群。
波なし、流れなし、うねりなし、透明度15m、水温28℃、釣り人少なし。
先週は子ジンベイが出たそうなので、ちょっと期待もしつつ。

YH氏は、出だしからダイブコンピュータも壊れちゃって、最後はファーストステージもおかしい。
そんな訳で、いつもは放置ですが今日は『なんとなく一緒に潜る』ことに・・。
そして二人とも、立派なゴマモンガラより猛攻撃を受けます。
にげよう・・・。

至福のエントリー、わーーーーーーっ今日はきれいだ!!!

 

タイワンカマスの群れと本日のバディYH氏(イントラ)。

 

きゃーーーーっ、アカククリ幼魚とミナミハコフグ幼魚。
幸福物質出ます。

 

今、増えているヒメオニオコゼ。砂の中に潜っているところ。

この後、砂かぶって完全に消えます。

 

今日の透明度、Jettyにしては抜群!!

 

 

タコはシーズンであちこち。

 

ツマジロオコゼも、たーくさんいます。

 

アジの群れ~

 

ステキな配色のワカヨウジ

 

先月から突然カエルアンコウがいなくなっちゃいましたが、本日の1匹目はピンク。

 

またまた群れーーー
ロングダイブになっちゃう。

まったり水面休憩は、おいしいパン。
YH氏の差し入れでスラバヤ土産。
ありがとうございます。
釣り人は少ないし、穏やかで最高なダイビングDAY。

2本目は若干透明度が落ちたものの、流れなし。

親子アカホシカニダマシ

そして、水中で迎えた11:31頃、とんでもないものを発見。
んっ??
なんじゃーこれ・・・・。
まさか・・・。
なんで水中に???
ダイビング歴23年ですが、初めて遭遇。
この先も遭遇することはないでしょう。
頭グルグルしながら、ダイビング続行。

 

でかーい、ふとーい、ドクウツボ。

 

キカモヨウウミウシがもう一匹とらぶらぶ。

 

マゴチ泳ぐ、ワニゴチもいたそうです。

 

ラストのカエルアンコウは最後の最後に深緑ちゃん。
本日は2匹だけ。

エキジットしてからは、さっき遭遇したものについて話し合い!!
ランチは恒例チャンディダサのレセハン。
今日のプレッチン・カンクンは辛すぎて、店主が残してしまうほど・・。
辛くても、テーマはさっき遭遇したものについてどうするか。
もう頭がそのことでグルグル。
バリ人たちには反対されましたが、YH氏と店主は日本人。

 


ランチの後は、反対を押し切り、マンギス村警察署へ。
日本人だったら、警察へ通報するのが当たり前なのですよー。
昔、あることで被害者として警察に通報した時は何時間も事情聴取されましたが、
今回は、被害者ではないのであっさりとしたもの。
そしてこのようにのんびりしている警察署員たち。
全く動く様子なし。もう帰る時間だしね・・。

YH氏と頭グルグルのまま帰ることができず、夕飯は和食NAGOYAへ。
カツ丼ほお張りながら、話し合い。→日本人はホント真面目!!
さて明日もう少し動いてみよう・・。

桟橋Jetty ファンダイブ

0

本日は国内リピーター様のリクエストで、桟橋JettyへGO。
スラバヤのK氏&奥様Mさん、ジャカルタのM子さんです。
ジャカルタのA氏は、昨夜、飛行機に乗り遅れてバリ島へ飛べず・・・急遽キャンセル(涙)。
長引いたミーティング、豪雨、渋滞・・・・出張先のスラバヤ空港は遠かった。
国内連休だとかで、その後のフライトも満席だったそうな。
バスで来れば?』と告げたかったですが、さすがにジェントルマン駐在員には言えませんでした。

本日のダイビング、海況が思っていたよりもGOOD。
なんせ、雨続きなもので。
3本とも、波なし、流れなし、透明度8m~15m、水温29℃。
どんよりしていた空でしたが、たまに太陽が出たり、雨には当たらず。

1本目は引き潮だったので、とりあえずジェプンへ。
M子さんの耳抜きが今日はスムーズ!!

 

起立

 

昔、インストラクターだったMさんが今日撮りたかったもの。
結果は祈ります・・。

 

 

ピンクスクワットロブスター。えび!

アカヒメジの整列

 

 

 

M子さんが見つけた出歩くクモウツボ。

 

キリンミノ目線

 

 

2本目は幸せホルモン『セロトニン』を増やして、桟橋Jettyへ。
休憩にバナナをもりもり食べるリピーター様たち。
釣り人、少なくてよかった~。
レベル的には中上級者向け、カメラ派、マクロ派、生物派にオススメポイント。
ゴミ、たくさんです。

なぜか、ムレハタタテダイが増殖中。

 

コロダイやヨスジフエダイ、お子様組。

 

イッポンテグリやセミホウボウは、そこらじゅうにいます。

 

目立つから、あまり出歩かない方がいいよ~。

 

巨大ヒラメを撮りたかったK氏ですが、今日はマゴチでした。

 

シマウミヘビとM子さん。
どうしても、ロングダイブになってしまいます。

船上でもりもりランチを食べ、パイナッポーまで食べて3本目。
誰も酔うことなく、やはり在住邦人はタフですね!

水面下は群れがいっぱい。

 

 

ここに何百本生息しているか分からないワカヨウジ。

 

トゲトゲウミウシは、個体数だいぶ減りました。

 

2本目にK氏が見つけたカエルアンコウ。全然動いてないし。笑

 

活発なチリメンウミウシ、すぐ上にはハダカハオコゼがおりました。

 

タコのシーズン、たくさん見ました。
M子さん&Mさんは、アカククリの幼魚も撮ってましたね。
いいな~、店主見てない!

 


皆様、がっつり3ダイブお疲れ様でした。
いつもありがとうございます!
(ジャカルタA氏は、また来年)

Jetty ファンダイブ

0

スラバヤからお越しのリピーターTさんをリクエストでJettyへご案内しました。
バリ島に置いて行ったレギュレーターは、美しくオーバーホール済み。
呼吸が楽しくなりますね~。

早朝サヌールは、大雨でどうなることかと思いましたが、パダンバイ・マンギス方面は晴れ!
暑かった・・。
桟橋Jettyの海況は、水温29℃・・・・あつい!
透明度10m前後、一時流れ少し、基本2ダイブとも穏やかでした。
釣り人は、平日のせいか10名~20名と少ない。
ただ、使われない桟橋のはずなのに、割と大きな船が停泊してるのが気になるだけ。
あなた方は誰?
税金で作った桟橋が、釣り人とダイバー以外に使われているのを初めて見たのでした。

 

img_6062

特大ハナミノカサゴがホバリング。
たまには顔上げよう。
気をつけてね~。

 

img_6075

小さなニシキフウライウオ

 

img_6079

蛍光ブルーが少なすぎる(?)シマウミスズメ

 

img_6085

ステキなブルー、サザナミヤッコ幼魚。
今、このサイズよく見られます。

 

img_6090

活発なヒメオニオコゼ・・・今日はなぜかサンダルが多かったな。

 

img_6092

Jettyのシマヒメヤマノカミはホバリングもします。
個体数増えてます。
黄色個体探しましたが、おらず。

 

img_6108

オニカサゴにトゲトゲウミウシが・・・・・・・・・・・・・・・乗ってる。
プライドはないのか??
トゲトゲウミウシ、この辺り群れています。

 

img_6123

みんな集まってるのですが、何を食べているんだか。
気になるけど近寄れない・・。
桟橋下、ゴマも増えてるし。
まだ凶暴ではありません。

 

img_6129

あの船、まだいる!
全長25mぐらい。
船には<KPLP>の文字と<イルカのロゴ>
政府ぽい。
船頭によるともう4日間ぐらい停泊しているらしい。

調べてみると、KPLP=Kesatuan Penjagaan Laut dan Pandai Indonesia (英語 Indonesia Sea Coast Guard)
日本の海保が、Japan Coast Guardだから、一番近い?
KPLPが沿岸警備ためにあと100隻は必要で、今年はとりあえず30隻入札済み。
1隻250億ルピアって、これ円でいくらなんですかね・・・。
かけることの30隻?
どこにそんなにお金があったのでしょうか。
すごいね~、インドネシア。
でもでも、防衛は大切。

img_6132

2ダイブ目は、ニシキウミウシから。
美しい。

 

img_6134

Tさん、ばっちりとれてました!

 

img_6145

今日は群れが少なかったかな。

 

img_6148

ツマジロオコゼも増えてますね。

 

img_6158

最近見るこの子、分かりそうで分からないので調査中。
ウツボもまだまだ未分類があるようです。

 

img_6160

これはでかくて怖かった。1mぐらいですよ。
Tさんと震え上がりました。
歯が怖すぎ。
顔的にはカレイですが、歯的にはヒラメ。
オヒョウだったら納得なんですが、形が違う気がするし。

 

img_6177

サザナミヤッコの稚魚!まだまだ模様が単純。

 

img_6185

Tさん、ロングダイブ2本お疲れ様です!
釣り糸にかかることなく、美しく無事終了。
ってか、カエルアンコウ系1匹も見なかったぞっ。
何処へ?
やはり、水中は気持いいなぁ。

Jetty ファンダイブ

0

今日は、Jettyへ行ってきました。
自分のための楽しいダイビングです!
たまにこういうダイビングを入れていかないとねっ。
本日のバディは、デンパサール在住のYH氏。
大昔、インストラクターだったので頼れます。ふふっ。
ポイントは、YH氏が大好きなJettyへ。
サヌールから1時間ちょっととアクセスよし。

img_5529

本日の海況穏やかでよし。
釣り人10名ぐらい、流れなし、透明度8m~12m、水温28℃、2本目若干うねり。
水面休憩中は、イルカの群れがパダンバイ・ジェプンの方へ元気に泳いでいきました。

 

img_5546

太りすぎて泳げないワモンフグ。

 

img_5556

コロダイ、定着してきたようです。釣られないでね。

 

img_5562

ヨウジウオがうじゃうじゃです。茶色、オレンジ、ピンク、黄色・・・カラーバリエーションは豊富。
動きが遅いのに撮りにくい種類の一つ。

img_5569

このキリンミノも着底で、全く動かず。
不思議が多いJettyです。

 

img_5584

相変わらず、桟橋から落ちるゴミがいっぱい。
ビニール袋につかまりゆらゆら。
1.5cmのオセザキリュウグウウミウシ。

 

img_5625

しばらく、動きの激しいヒメオニオコゼたちを観察していました。
後ろのオス?は前のメスにぞっこんです。
逃げても、砂に身を隠しても、ぴったりくっつきます。
きっと愛の季節なのでしょう。

 

img_5662

オオモンカエルアンコウの大あくび。
口から更に口が出てくる感じです。
二段階になっていて、普段は折りたたまれた形になっています。
こんなに大きく開くなら、ミノカサゴなど一飲みできちゃうわけです。
1本目これが2匹目のオオモンカエルアンコウ。
この子は、両足を使わず、両腕だけでぶらさがっていたので面白いなと撮っていたら、ゆっくり大あくびをしてくれました。
ラッキー。
口も大きいけど、腕力も相当のようで・・。

 

img_5663

で・・・・、長くなってきたので、そろそろ浮上しようと顔を久々に上げると、目の前をカエルアンコウが泳いでいった・・・。

シャッターを切ると、『バッテリーを交換してください』表示。
あどぅーーーーー。なんで今?

 

img_5671

なんとかバッテリーを振り絞って、1枚。
黄色のカエルアンコウでした。
柱から柱への移動。かわいいよー。

 

本日の休憩は、イルカを見ながらYH氏差し入れのアップルパイ。
ありがとうございまーす。

店主はブラックサンダーを差し入れ。
水面では更に格別。

 

img_5679

2本目もJetty。
カエルアンコウ(オレンジ)からスタート。
この子は、完全に寝ています。
腕が疲れちゃった?
YH氏筋によると、1本目、西洋人ダイバーがこの子を撮りやすいところに無理に移動させ、撮るだけとって、方向転換の際、フィンで蹴飛ばして行ったそうな。
無理やり連れ出されて、撮られて、蹴飛ばされて・・・人間社会なら警察沙汰ですよっ。

もっと生物に敬意を払ってほしいものです!怒

 

img_5680

バディはYH氏。(水中は別行動

 

img_5695

イロウミウシの仲間で、ヒプセロドリス・エンマ

 

img_5705

ツマジロオコゼもらぷらぶでした。
カミソリウオもらぶらぶでした。

 

img_5726-001

最後の安全停止は、ちょうどよいところにカエルアンコウ(ピンク)。
ときめきます~。
だけど、レモンイエロー2匹の消息はつかめず・・生きてますように。

 

img_5730

アグン山くっきり。
ダイビング、楽しかった~!!!!!

 

img_5731

バリらしさ満載。ユニークですね。
ハイビスカス、フランジパニの花びらをばらして、真ん中の緑はパンダンハルムというお供え物に入ってる香る草を使用。

 

img_5733
ランチはいつものレセハン。
バリ島ぽいランチです(全部、魚)。
ここのサンバルマタはかなり美味。
なぜかというと、ココナツオイル使用だから。

いや~、やっぱり水中面白い。

桟橋Jetty&パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

本日は、パダンバイです。
先週に引き続きスラバヤ在住のK夫妻。
おとといトランベンへご案内した茨城S子さんとお孫ヒロキ(9歳)
どうやら、ヒロキはダイビングにはまりそうです・・。はやっ。
すごく楽しみにして参加です。

1本目は桟橋Jettyへ。
流れちょっと、透明度12m、水温27℃。
Jettyにしてはとてもきれい!
店主はファンダイブ組を担当させて頂きましたが・・・・・カメラが作動しないというハプニング。
あぁぁぁぁ、せっかくステキなJettyなのに。
古いバッテリーがいかれちゃったことが原因でした。
オオモンカエルアンコウ2匹、グレーのカエルアンコウ1匹、セミホウボウ、イッポンテグリ、ツマジロオコゼ、ヒメオニオコゼなどなど。
そして桟橋中層をびゅんびゅん行き交う小アジの大群。
ファンダイブ組、がっつりロングダイビング。

9歳ヒロキも、桟橋下で小アジの群れを間近に体験ダイビングできました。
44分間!

IMG_1

水面休憩中の一コマ。
水面でスラバヤのおじちゃんとヒロキ。
ヒロキはただただ泳いでいます。
バッテリー持ちいいなぁ。
遊びながらも、ヒロキは水底に落ちているウェイトを見つけてくれました。
ありがとう!!!

2本目は穏やか、透明度18m、水温28℃。
最高です。

IMG_1831

潜水艦オデッセイ号がまた来た~。
S子さん、逃げます。
昨日から、ダイバーに敵意むき出しの運転・・・怒。
わざとに向って来る気がしますね。

 

IMG_1832

店主も戦いに挑むと、この近さで撮れちゃいました。

 

IMG_1836

叫ぶハナヒゲウツボ

 

IMG_1838

リピーターの皆様、3桁、4桁のログ本数保持者たち。
自分で楽しめます。

 

IMG_1852

ヒロキもきれいに潜ってる。
潜水艦も遠目で見れたようです。
2日間で、プール、リバティ号沈船、桟橋下、サンゴ&潜水艦オデッセイ号・・・・・濃すぎる体験ダイビングですよ。

 

 

IMG_1857

ヒロキ、もっと深く潜りたくてたまりません。苦笑

 

IMG_1860

茨城S子さんとスラバヤMさん。

そしてメインイベントだったコブシメの産卵を撮りに・・・皆様、初めてでワクワク。
昨日とは違うサンゴ(近所)で、産卵が行なわれているところをお邪魔しました。
昨日のサンゴには、もう卵がびっしりで埋めこむ場所なし。

IMG_1875

事前にブリーフィングで観察の注意点をお知らせしていたので、皆様、きれいに写真撮影会。
感動的なシーン。涙

 

IMG_1886

産みたてほやほや卵たち。
一つでも多く孵化しますように。

 

IMG_1899

メスが産卵している間、オスは完璧に見守ります。
他のオスが1匹来ましたが、追い払っていました。
奥の黒く見えるのがオス。

 

IMG_1913

連続だと3分間に1つぐらい産卵してゆきます。
涙ぐましい。

 

IMG_1926

オスとETタッチしたいMさん。

 

IMG_1936

ダイバーなんか気にしません。
こうして200個ぐらい産むといわれています。

 

IMG_1937

コブシメの裏側、乳牛の乳搾り前のオッパイみたい。
乳腺が張っているみたい。
これ見ているだけでも、全身全霊・必死度が伝わってきます。
本当に感動シーンでした。

 

IMG_1952

あーーー、すごかった。

 

IMG_1955

そして、3本目はスラバヤK夫妻だけゆきます。
いってらっしゃーい。
先週に引き続き、目的はホウセキカサゴ&ハナイカ。
先週は見つかりませんでした。
今回は、ハナイカ あり!!!
いろいろ見れたそうで、大満足のK夫妻。
ただ、水温は24℃。つめたいね・・。

 

IMG_1957

ヒロキ9歳とお婆ちゃんS子さん
楽しかったね~。
ボート上で船頭の仕事も手伝ってくれたヒロキ。
いろんな経験したね~。

リピーターの皆様、ありがとうございました。
超・季節限定コブシメの産卵、その感動を共有できてよかった。

Jetty&ブルーラグーン ファンダイブ

0

本日は、リピーター様と桟橋Jettyへ。
中上級者向けのマクロポイント。
ジャカルタH子さん2日目、サヌール在住Y氏は年越ダイビング以来というからブランク半年。
このお二人、去年も一緒にJettyを潜っていたんですね。
リピートすると海仲間が増えてゆきます。

IMG_1347

快晴で凪!!!
釣り人はたったの約10名、流れなし、透明度15m、水温29℃。
この4点が、満点海況。

 

 

IMG_1353

ホップ・ステップ・ジャンプしてますカエルアンコウ(オレンジ)。

 

IMG_1362

上手に柱を登って、H子さんと記念ショット。
かわいいー。

 

IMG_1364

今日はオオモンカエルアンコウ2匹。

 

IMG_1365

またまた元気に走り回っていましたカエルアンコウ(きいろ)。
生きててくれて嬉しいよ。

 

IMG_1374

Y氏も撮ります。

 

IMG_1403

Y氏は柱を散策。

 

IMG_1405

桟橋にいっぱいいるカサゴ類

 

IMG_1408

ゴンズイ玉がまた復活中

 

IMG_1412

ヒゲハギ2匹でした。

 

IMG_1432

今日はばらけていたツバメウオ

お二人とも何度かJettyを潜ってましたが、『こんなに楽なJetty』を経験したことがなかったので、今回はとても喜んで頂けました。
海は、潜る日、潜る時間で様々な顔を持ちますね。
ロングダイビングになってしまいます。

このダイブでY氏が一つ実証してくれたことがあります。
ダイビング中、ダイブコンピュータのベルトが切れていることに途中で気づいたそうです。
本来なら腕から落ちてしまって、今頃泣いていたはず。
(今日のJettyなら、回収可能だったかもしれませんが)
ところが、ゴム1本でぶらぶら腕に付いていたのです。
Y氏はダイブコンピュータを装着後、ゴムも腕に絡めます(ベルト側にゴムを通してある)。
ベルトとゴムの二重だったので、落とさずに済んだのでした。
店主も長年二重設定なのですが、Y氏はそれを真似をしていたそうです。
実行していることを知らなかった・・・笑。
店主はダイビング中にベルトが切れたことはまだありませんが、改めてゴムで救われる例を今回見ちゃいました。
落とさなくてよかったですね。

IMG_1435

再会シリーズ

 

IMG_1448

ブルーラグーンの海況も抜群。
波なし、流れなし、透明度18m、水温29℃。
水がクリアー。
深場をウミガメが通ってゆきました。

 

IMG_1460

あまり行かないサンゴを覗くと、奥に小さめのハダカハオコゼ。

 

 

IMG_1471-001

ベテラン同士、いいバディです。

 

IMG_1508

お魚パラダイス

 

IMG_1509

Y氏はサンゴが大好き。
またウミガメがいました。

 

IMG_1515

パダンバイでは、本日火葬に向う行列と遭遇。

リピーター様たちとまったりダイブ終了。
ありがとうございました。
穏やかな海況に感謝。

桟橋 Jetty

0

不安定な天気の中、とりあえずチャンディダサへ出発してみる日曜日早朝。
いつも通り、どこを潜るのか決めぬまま・・・・YH隊長とダイビングだけは決行。
在住歴が長い方は、こういう大枠だけ決めて、内容は臨機応変なところがいいです。

行ってみると、結局海況がよかったので桟橋Jettyで潜ることにしました。

IMG_0821

縁起のよい日が週半ばまで続くバリ島、釣り人は10名程度。
桟橋Jettyはまだ雨が来ていません。
南部の空は真っ黒、マンギス村辺りもこの空だと降ってそうな、ヌサペニダは太陽が降り注いでいました。
全然、天気が違いますね。

Jettyの海況抜群、海水はJettyなのに青く透けてる!
透明度1本目15m、2本目10m
幸せ水温29℃
1本目穏やかすぎ、2本目最初だけ若干流れ
そして、本日網漁はなし。
他のダイバーは、二組ほど。
水中では誰にも会わず!

さて、ワクワク集中タイムの始まり。

IMG_0826

いろんな色のワカヨウジいっぱいいます。

 

IMG_0848

ガンガゼの中にミツボシスズメダイ幼魚たち。
いい隠れ家ですわ。

 

IMG_0850

きれいな色のシマヒメヤマノカミ

 

IMG_0866

桟橋住人オオモンアエルアンコウ黒

 

IMG_0885

あーーー、いた。忙しそう・・。
まだいてくれて良かった。
初めて動画を試みましたが、四苦八苦。

IMG_0916

やっぱ写真で。
先日のカエルアンコウ黄色ちゃんです。
とけそうなほどかわいいよ~。
動き回ってます。

 

IMG_0926

太くて大きくて怖い顔。存在感がありすぎるモヨウタツウミヘビ。この後、砂地に引っ込んでしまいました。

 

IMG_0930

撮らずにはいられないツマジロオコゼ(白ピンク)。
長生きしてね。

 

IMG_0935

隊長も黄色にメロメロです。

 

IMG_0943

これは別の個体!!黄色2号。
バディと喜び拍手。

 

IMG_0980

サザナミヤッコ幼魚・・右側面と左側面の模様が違った。

 

IMG_0996

今日のツバメウオ群れ、すごーい。

 

IMG_1013

正面顔は縦線

 

IMG_1016

きゅっとまとまります。2本目はやや分散でした。

長いこと水中にいましたが、予想に反してエキジットしても、まだ雨は降っておらず。ラッキー!
水面休憩は、持ち寄り豪華スイーツ&コーヒー。
糖分&水分補給はばっちり。
最近、内輪で盛り上がっている日本のドラマ『花咲舞』『民王』。
民王に関しては、スペシャル、スピンオフ、番外編サイコー。
公設第一秘書・貝原さん面白くてかっこよすぎ。
ドラマ総括で、窒素抜きも完了。
じゃ、2ダイブ目いこー。

IMG_1030

シロクラベラ・・・・ベラ類最大だとか。でか~っ。

 

IMG_1066

若干流れていますが、また1号が走ってきた。
活動範囲広いな。

 

IMG_1092

何百匹いるか分からないハリセンボン。

 

IMG_1101

コクテンハギもめちゃめちゃ増えてます。
桟橋の子達はダイバーに寄ってきます。
ヒゲハギも1匹いますが、逃げる逃げる。

 

IMG_1124

アカククリはツバメウオの群れに交わりませんね。
ネズミフグとつるみます。

最後に、釣り糸に引っかかり半径30cmで動けなくなっているトラギスをハサミで切り離してあげました。
生存競争が激しい環境、少しでも生きてね。
この他にも、あまり見ないモバウツボ、バラクーダ群れ、コバンザメ群れなど面白かったです。
YH隊長は、カエルアンコウ赤も見たそうな。

 

IMG_1137

チャンディダサといえば、最近お気に入りのLESEHAN。
ココナツオイルのサンバルマタだけでご飯が進みます。

 

 

IMG_1142

遅いランチ中、スコールがはじまった~。
涼しくて気持ちいいマイナスイオン!
残念、すぐ止んじゃった。

 

IMG_1145

帰路バイパスが一部閉鎖で迂回させられました・・・。
このげんこつマークはバリ人のデモです。
外資による南部ブノア湾埋め立て反対を訴えております。
店主も反対です。

天気は雨で不安定。
バリ人は朝から縁起のいい日で海へ。
デモもある。
イスラム教徒の人たちは、ただ今断食中。
日が暮れてモスクからコーランが流れ、お祈りして、ご飯を食べる。
日本とは全然違う景色。

 

IMG_1147

またまた、サウナ&ジャグジーに寄り道。
全身潮抜き。
久々にお湯に漬かり、全身が温まりポカポカ。
リフレッシュ完了、夜は撃沈店主でした。

ページのトップへ