Posts tagged 観光

タンパクシリン&ウブド観光

0

年末年始の一時的な繁忙期が終わり、やっと妹夫婦と観光日がやってきました。
新婚さんの邪魔しない程度に、同行。行っていいのかな~?
全員お疲れなので、遅めにサヌールを出発。

 

まずはぺジェン村のレスタリさん宅へ突撃。
昨日はわざわざ下山してきてくれてありがとう!

IMG_0784バリ伝統お菓子で迎えてくれました。

 

IMG_0787

息子たちミランとカデが飲み物を運んでくれます。

 

 

IMG_0790

JCOのドーナツはサヌールからのお土産。

 

 

IMG_0794

庭からココナツをとって、割ってもらいます。

 

 

IMG_0798

中にはココナツ水が切り口までいっぱい、そしてココナツはスプーンですくって食べます。

 

 

IMG_0800

子供たちの成長も見れたし、大満足。
またねー。

 

次は新郎みの氏が沐浴したいというので、すぐ近くのティルタエンプルへ。
大統領宮殿なんかもあるところです。

IMG_0813

みの氏だけマンディするのかと思いきや、出た~~運転手。
浴びる気満々スタイル。

 

IMG_0841

運転手に付いて行き、一緒に水を浴びるみの氏。
水温はかなり冷たいです。

 

ティルタエンプル付近のおいしいバリ屋台で遅めのランチをとり、次はウブドへ。
ウブドは、新婚さんは3時間の自由行動。
店主ら同行組は買い物で歩き回りたくないので、その辺でまったり過ごすことにしました。

IMG_0863

ウブドだし、何となくデトックスジュースを注文。
店主は黄色ジュースは、ウコン、しょうが、はちみつ。
さわやかでおいしい!体に染み渡る気が・・・。

その後は、1時間のマッサージを受けて撃沈。
うかつにも寝てしまいました。
ウブドのマッサージ屋は、サヌールより若干高めですね・・。

 

 

IMG_0867そして久しぶりにバリ舞踊。
レゴンダンスやバロンダンス・・・・お決まりですが、何度見ても店主は好きです。

夜ご飯は、バリ舞踊の後、ウブドでそのまま食べてサヌールへ。
ウブドはおしゃれなレストランがたくさんあって、本当に迷います。
13時間濃厚ツアー終了。
でもでも、たまに観光もリフレッシュになりいいかも。

スラバヤ珍道中

0

2泊3日の観光付きスラバヤ出張から戻りました。今回は最近バリ島に入ったガルーダの子会社シティリンクを初使用。安いし遅れもなく、快適でした。バリ島デンパサール—ジャワ島スラバヤはたった50分間のフライト。でも、1時間時差があります。機内でパンと水ぐらい出るかと思っていた店主ですが、何も出されず。腹ペコでスラバヤ到着。ありがたいことに、3日間お世話になるスラバヤ在住K氏がお迎えに来てくださってました。

 

Y氏も合流して、遅いランチに連れて行ってもらったのが日本人経営のカレーハウス。

辛さがレベル1〜レベル7まであり選べます。店主は、レベル4でカツカレーを注文。

カレー自体は日本の味で最高においしかったのですが、レベル4は辛すぎでした・・・涙。

次回はレベル2で再チャレンジしたいと思います。

カレーハウス(日本食スーパーパパヤ2階、ダイソー隣)

 

 

その後、お仕事でHotel Bumi Surabaya(旧ハイアット)へ。予定より早く着いてしまったので、ホテル見学。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロビーに入ると、ジャワ風の重厚感ある調度品があちこち。バリとは違い感動が大でした。               ステキなロビーで記念撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           パーティーが始まりました。豪華な日本食がたーくさん!!

 

 ホテル売店で付け毛を勧められましたが買わず。                          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 偶然ですが、日系新聞社の清水さん!!お世話になっています。 

                                                   店主、ラッキードロー抽選会で日本米『錦』2.5kgが当りました!

                                                   JFC International Inc様ありがとうございます。

                                                   大切に頂きます。                                   

 

 

出張の目的を初日で終えて、完全ホリデーモードです。店主の遅い正月休みかな・・笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K氏の高層アパートに2晩お世話になりました。                             朝食も純和風。料理上手のK氏は本当にまめです。

夜景がステキ。スラバヤってやはり大都会です。                             Y氏の淹れてくださるコーヒーはプロ級。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3人でスラバヤ散策。買出しを終えて、美容室へ。クリームバスをしてきました。

インドネシア伝統頭皮マッサージ。髪の毛がつやつやになります。

今回お邪魔したのは、スーパーコスモ並びにある、ヘアースタジオPrincess。

頭も肩のマッサージもかなり上手でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉ホームパーティー!スラバヤチームが終結。                           夜は徹夜で真剣にカード。こういうのたまに楽しい!!

買出しであちこちまわって知りましたが、スラバヤは高級肉が安い。     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今朝の朝食。味噌汁の香りで目覚めるって贅沢です。シャケ&ししゃも。                  地上へ下りてプールで泳ごう! 

 

 

プールでぷかぷか浮くとこんな景色が・・・。

店主がお世話になったのは、こんな高層アパートなんですよー。バリ島で存在しません。

久しぶりにエレベーターに乗ると、耳が詰まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと冷たいプールに店主も入りました。シンクロ選手ぽい?                     空中に写っている球は、実は重い椰子の実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        ジャワ島らしさ漂う移動式屋台。少なくともバリ島では見ないタイプ。

                                        かっこいい!

 

その後、かなり楽しみにしていた『中村整体』へ。ここのマッサージに去年、はまりました。                

通常2時間Rp.110.000ですが、ハッピーアワーが適用されてなんと Rp.90.000(760円)。

信じられない料金です。極楽すぎて店主は撃沈&溶けました。

恐るべし、中村整体。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のランチ。和食レストラン『大庭Oba』のTaka Specialを注文。

プロサッカー・内田宝寿選手のお気に入りだったことからできたメニュー。

一昨年、体験ダイビングをしたことが懐かしく思いだされます。                                                     

                                                             チョコレート専門店『Dapur Cokelat』でお買い物。

                                                             スラバヤ最後のスイーツはティラミスで。大満足。

                                                             『Dapur Cokelat』は、スラバヤ、ジャカルタ、

                                                             マカッサルに展開中。まだバリ島にはないお店。

 

スラバヤ上陸もあっという間に終わり帰路、空港へ。ちょっと雨が降って、市内一部冠水。

バイク気をつけてねー。まるでバリ島の自分を見ているようです。

 

去年に引き続き、スラバヤに行く機会に恵まれ本当にありがたいことです。

そして、最初から最後まで温かく迎えてくださったスラバヤT潜水チームの皆様、在住者の皆様に感謝です。

スラバヤのよいところを短時間で満喫させて頂きました。

心身共にリフレッシュ完了の店主は、また明日からバリ島で頑張りますー。

東ジャワの皆様、ありがとうございました。

 

店主、出張で不在

0

天気は、雨や風で不安定な日が続いているバリ島です。陸上の仕事が少しずつ動いています。

プラス、旧正月行事、バリ島のお盆ガルンガンなど目まぐるしく時間が過ぎていきます。

カレンダーを見れば、あっという間に2月突入。2012年、12分の1が終わってしまった。

早くないですか???!!!

今日は節分(立春大晦日?)なので、今夜は節分ディナーが予定されています。

今年は北北西を向いて、太巻きを1本かぶりつきます。

邪気祓い。ふふふー。

 

さて、恒例のジャワ島スラバヤ市出張へ明日出ます。

メールでの回答は7日になります。

スラバヤ行きですが、仕事ちょっと、フリータイムたくさん。

スラバヤの皆様にお会いできるのが楽しみです。

まずは中村マッサージでほぐされたい・・。

去年のスラバヤ出張

 

では、行ってきます!よい節分を。

 

先日のゲストから頂いた、鬼のお面。

 

 

ごめん、ダコ。でも、面白い・・・笑。

 

パダンバイ 体験&ファン

0

曇り&雨パラパラでパダンバイへ出発。本日のゲストは、札幌からお越しの幼稚園教諭4人(店主も札幌)。店主第一声『みんな白くてかわいいーーーーーーーーっ』と言ってしまいました。24歳ですよ!!大学の仲間で、現在は札幌市内の幼稚園にてそれぞれが活躍中。卒業してもみんな仲がよくて羨ましいですね。共通した雰囲気は『和み系』。子供好きだから和み系になるのか、和み系だから幼稚園の先生になったのか・・・?インドネシアでダイビングインストラクターをやっている店主からすると、別世界の女子たち。笑 同じ大和なでしこなんですけどねぇ。

 

なぜかダイブマスターコースを終えたKくんがいる!!

フライトを1日延ばして、幼稚園の先生たちとダイビングご一緒できたらよかったのですが・・。

嗚呼、無念。挨拶のみ。

 

緊張する、どうしよーなんて言ってた皆さんでしたが、結局はみんなスムーズにエントリー。

大雨だったはずですが、透明度は落ちておらず穏やか。

 

幼稚園の先生たち、無事にエントリー。

水中でもガールズの声が聞こえてきそうでした。

 

真ん中のY先生は、ブルパラリピーターで、去年アドバンス取得。

仲間の面倒をみてあげて、かっこよかったですね。

 

幼稚園の先生は絵が上手!N先生作。

今日の顔。

特徴つかんでますね・・・。笑

 

 

無事に終了して、記念撮影。

ゲストがかわいいので、うちのバリ人らは終始ご機嫌でした。

とても分かりやすいバリ人。

 

サヌールに戻ってから、ガールズたちと一緒に足裏マッサージへ行くことになりました。

5つしかないマッサージチェアーを全部占領。

気持ちよすぎて、全員溶けて撃沈。

 

その後、ガールズたちのお土産ショッピングにお付き合い。

みんなスーパーで、お菓子、コーヒー、ラーメン、ローションなどを大人買い。

ガールズたち『スーパーって楽しい!』

 

夕食時間だったので、そのままマッシーモレストランへ向かいました。

が、予想通り、満席で座れず。

もちろんその場合の代案もありました。

『カフェジェプン』へGO。

雰囲気もよく、ステキなレストラン。そしておいしい。

『箸が転んでもおかしい年頃』・・・・・こういうのいいですね。

店主も歳を忘れて、ガールズたちと楽しいひと時を過ごすことができました。

札幌へ帰省した際には、再会したいものです。

 

丸一日、楽しい時間をありがとうございました。

エネルギーを頂いて、若返ったかも!?

 

 PS 札幌からたくさんのお土産をありがとうございました(Yさんのお母様)。

 

バリ島ディープな観光&滞在

0

店主、バリ島在住になってから、『バリ島観光』は極力避けていました。しかし、この度、妹を含めた知人らが会いに来てくれたからには、少しでも一緒にいたい!ということで、久々に同行させていただきました。妹は何度もバリに来たことがありますが、お友達は初バリ。

【1日目】

イタリアン『マッシーモ』でランチ 

→ インドネシア料理に疲れたら、ここは絶対行くべき!!

シデメン村アキコさんに来て頂いて、手相鑑定

→ 典型的な『さらわれて来た姫タイプ』の手相といわれてた妹。アキコさんの助言、店主にはよく理解できました。

ハーディーズ3階で足裏マッサージ1時間 

→ 気持ちよすぎて4人並んで爆睡。チップ入れても500円。店主は三叉神経部位が痛かった・・。

プラザバリでスアールアグンの『ジェゴク』観賞 

→ スウェントラ団長は相変わらずファンキー。公演終了後、妹たちを紹介し、サインもらって記念撮影。ヌガラで聞くのもいいけど、プラザバリでもかなりよかったです。

マイケルイントラと妹再会

→ 久しぶりでも金星人同士なので、波長が合う二人。

【2日目】

タンパクシリンのペジェン村へバリ人宅訪問(L子) 

→ 普通のバリ人生活を垣間見ることができます。親族が敷地に一緒に住むこと、台所やトイレが遠いこと、日本人には興味深々。 

セバトゥ抜けてテガラランのライステラスで田園ランチ 

→ 長いテガララン通りを上から下ってみました。絶景ポイントのカフェ『アランアラン』でランチ。座敷タイプで気持ちよかったー。

ウブドを歩く 

→ プリサレン宮殿→モンキーフォーレスト通り→ハノマン通り→ラヤウブド通りと長方形を歩いてみました。店主にはきつかった!!!けど、歩いたことでお店をしっかり把握することができました。

レゴンダンス・ラマヤナ観賞

→ バリ舞踊は、何回見ても好きです。

【3日目】

サヌールで3時間スパ(2500円弱) 

→ 個室なのにこんなに安くてご一行驚き。店主も便乗、とけました。

ワルンポジョック(屋台)で最後の晩餐 

→ それぞれに今後の生き方を話し合う。みんなバリをきっかけに何か変わること祈ります。

そして、妹のお友達らはそのまま帰国 別れ際にお手紙を頂き、ちょっとうるるん滞在記。

→ もっといてほしかった!!

【4日目】

まだいる妹と店主、ぐったり撃沈。猫含めて『川の字』就寝始まる。 

→ ダイビングも疲れますが、観光はもっと疲れるようです。

妹のリクエストでパダン料理をテイクアウト&ビールビンタン持って、お世話になっている近所のダイバーT夫妻宅訪問。 

→ 話し込んで夜中まで。バリ島へプチ移住生活を見てもらいました。

【5日目】

サヌールの新しいベーカリーでランチ。 

→ 近所に日本人のベーカリー!!嬉しすぎます。涙 おいしいのでオススメ。

お土産買い物同行して、店主、少し具合悪くなる。 

→ 最近、ハーディーズのエアコンが効いてないのはなぜでしょうか。空気がよどんでる。あんなんだと、熱中症になってしまいます。

マイケルイントラ、妹とクタのミラクルベジタリアンレストランへ。 

→ アスパラガススープうますぎ。器が大きいので、それとご飯だけでも十分な気がします。

カルフールに寄り、お土産買い物。 

→ 品揃えが豊富なので、妹も大喜び。

どしゃぶりの中、サヌールの『コピバリ』へ移動して、アイスカプチーノ。生き返る。

→ 久々の豪雨。妹も雨の迫力に驚いていました。

【6日目】

デンパサール郵便局へ小包受け取り 

→ またどしゃぶりで郵便局で雨宿り。貴重なスイスからのチーズの贈り物が、とんでもないことに・・驚。スイスチョコレートは再冷却で生き返ると思います。

ダイビングでバリ入りしたお客様にご挨拶 

→ 来週からのスラウェシ島遠征ダイビング、宜しくお願いいたします。 

タンブリンガン通り最後の買い物散策 いい店発見『レッドカミリア』 

→ ちょっと高級ですが、ステキな洋服や小物をゲットするにはいい店。灯台下暗し、知りませんでした。やはりボスは日本人。

ワルンポジョック(屋台)で食事

→ 250円でステーキは安いです。

2時間マッサージ+1時間クリームバス(1800円) 

→ 大満足の妹。最終日の締めは、やっぱクリームバスでしょ。女性なら『髪の毛つやつや』で帰国したいですよね。

最後の夕食がリクエストでパダン料理  

→ これでもかーっというぐらいパダンのおかずをてんこ盛り。炭火焼鳥はあっさりテイストで満足度高し。店主はいつも通り、牛干し肉のデンデン。

T夫妻・マイケルイントラが見送りお茶会 

→ 夜遅い出発前お茶会にこんなに集まってもらい、幸せ者の妹です。

前半はお友達らもいたので、観光に力が入りましたが、後半は店主のバリ島生活・潜るだけじゃなく裏の雑務など、妹も同行して理解してくれたようです。しかし、妹をどこに連れて行っても『肌の白さ』に驚かれていました。店主だって、昔は白かったんですけどね・・・。『本当の妹?』『同じお母さん?』の質問には笑えました。店主から母へのお土産は、ラーメン72袋(6種類×12袋)&バリコーヒー・トラジャコーヒー1キロ。運ぶのは妹。こんな店主ですが、懲りずにまたバリ島に遊びに来てくださいな!!

妹に感謝

0

もうすぐ日本はゴールウィーク。札幌在住、店主の妹が3年ぶりにバリ島にやってきます。もちろん、ホテルには泊まらず店主宅に泊まります。

JALが直行便を廃止したので、札幌からどういう経路で来るのかと思いきや・・・。

【チャイナエアライン】

千歳発14:35 − 台北着 17:40

台北発 20:05 − デンパサール着 01:20

デンパサール発02:10 − 台北着07:25

台北発08:40 − 千歳着 13:30

少し前まで、台北1泊だった気がするのですが、これだと素晴らしい接続。店主もこれでたまには帰省しようと思えました。

妹の来訪は嬉しいですが、時期がゴールデンウィーク。店主にダイビングサファリが入ってしまったら・・・、やはり仕事が優先です。でも、大震災後でいつもと違うゴールデンウィークであることは間違いありません。意外と妹に付き合う時間があるかもと思っていたら・・・・潜り倒しのリピーター様からチケットがとれたので、2泊3日のサファリ希望予約が入りました。ありがたいですね!!しかし、それは妹がバリ島入りする前に、店主はトランベン入りしていまうってこと。さて、店主がサヌールにいない。どうしよう・・・。誰がお迎えに行って、その後、1−2日、妹は一人でどう過ごすんだ?店主に会いに来るのに・・。

で、ちょっと酷かなと思いましたが、ヒラメキました。

『夜中到着だけど、空港に運転手を行かせるから、それに乗ってトランベンに直行してくれる?姉ちゃんは、トランベンで待っている。』と妹へ電話してみました。妹はペーパーダイバーですが、トランベンは、昔、潜ったことがあるので距離は知っています。空港から2時間40分。

『ははははーーーーーーーーーーーーっ、冗談でしょ?私、2時ごろ空港出るんだよ。そこから走るの?』

『そう。サヌールで一人ぽつんといるより、トランベンで姉ちゃんらと一緒にいたいでしょ?眠けりゃコテージで寝てればいいし、ダイビング思い出したかったら復習するし、絶対楽しいよ!目の前が海!』

で、妹折れました。

札幌 → 台北 → デンパサール → トランベン 直行

さすが店主の妹!!トライアスロン移動。

かわいそうだから、車中眠れるように枕と毛布ぐらい準備してあげよう。

スミニャックって・・

0

今日はペジェン村のバリ娘L子が、久々に下りて来ました。乳飲み子をご主人の職場に預けて。さすがですね。

本日はスミニャック地区で探しもの。というか、前々から頼まれたお店探し。『石屋』。これ大変でした。ビンタンスーパーにバイクを止めて、徒歩で聞き込みしながら予想される地域を探しましたが『知らない』の返事ばかり。店名も分からず、住所も分からず・・・でも見つけなければならない。恐らく左手にある全部の小道を入りましたが、見つけられずクロボカンに入ってしまったので、また歩いてスーパーまで戻る。もう汗ダラダラ。脱水症状になってはいけない。スーパー前のワルンKOPIで、遅いランチをとりました。オレンジジュースをがぶ飲み、エスチャンプル(フルーツカキ氷)をL子と半分ずつ。いやー、生き返ります!!エスチャンプルで元気が出ました。

あるお店の美しい店員にこういうお店を探してるんだけどと尋ねると『聞いたことがある。多分、自分が知っているところかもしれない』と言って、地図を描いてもらいました。そして半信半疑ながら歩いて、そこと思われる小道を入っていくと『やっと見っけーーーー!!』。もう小道の奥の奥でした。もろ民家。しかし、知る人ぞ知るお店なのでしょう。たくさん買いに来ている。何を聞いてもしっかりした答えが返ってくるし、スタッフの対応も素晴らしい。いいお店見つけました。

それにしても、スミニャックってすごい観光地ですね。のどかなサヌールから行くと、別世界に入った感じです。似たようなお店がだーーーーっと続いていて訳分かりません。外人がたくさんバイクに乗っているし、裸で歩いている外人も多い。メイン通りが狭くて、しかも工事してるところも多く、渋滞。今日は2−3時間、歩道を歩きましたが、歩道だってバイクが逆走してくる。危険だー。あんなところお金もらっても住みたくないですね。

帰りは、L子と共通の友人A氏のお見舞い。59歳のジャワ人のおじさん。先月、脳梗塞(症状を聞いた感じでは)?で、突然、体に力がはいらなくなり、右半身麻痺。そして言葉のろれつがまわらない状態で自宅で横になっているところをお邪魔してきました。年末会った時には元気だったので、ある種のショックを受けました。意識ははっきりしているので、店主らが入って挨拶すると、少し涙が光ってました。元気な時はうざいなーと思うおじさんでしたが、痩せて横になっている姿を見るとやはり何ともいえない気持ちになります。奥様も献身的に付き添い介護をしていました。このおじさん、日本語が堪能。ろれつがまわらなくても、一生懸命、日本語で話をしてきたことには驚きました。ある意味、すごいなーと見直しました。麻痺している右半身のリハビリにエールを送り、サヌールへ。右ひざを立てるぐらいまでになっていたので、回復すること祈ります。がんばれー、A氏。

バリ島で手相

0

数日前、ダイビングの合間をぬって手相をみてもらいました。最近、話題になっているシデメン村在住のアキコさんの手相です。

シデメンはガイドブックには載っていないアグン山が目の前で見られる絶景の村です。観光客といえばフランス人がほとんどのシデメン村。銀糸を入れた刺繍布ソンケットシデメンは有名ですね。店主は4年前、シデメンの美しさに感動し、パタールキキアンという宿に1泊泊まって来たほどです。なぜかこの宿は、ミックジャガー、デビットボウイ、メガワティ元大統領など、有名な人たちが泊まる宿。シデメンの奥にはイサという村があり、そこにはバリ島芸術を作った男として有名なシュピースの元アトリエなどがまだあります。シュピースファンの店主は、そのアトリエに入れてもらえたのでした。ラッキー!

本当は久しぶりにシデメンまで行きたかったのですが、時間がないのでサヌールまで来て頂きました。そして海仲間4人で手相をみてもらいました。1人30分。料金は1人Rp.150.000(約1500円)。来てもらう場合は出張料として、別途Rp.200.000です。4人で割れば一人500円。

手相を見てもらい、この手相のタイプなどをだーーーーーーーーーーーっともちろん日本語で簡潔に述べてくれるのですが、結構当たってます。初めて会う人に自分のこをと指摘されるのでびっくりしました。手相は『脳の鏡』なんだそうです。もちろん、手相は変わるものです。過去やこのまま進むとどうなるかという未来を手相から見ていただきました。店主、バリ島と縁があるらしく、まだまだバリにいるようです。これは嬉しいですね。その他、具体的な質問などもできて、手相からいえること、見えることをアドバイスとしてもらいます。店主、『教えること』は適職なんだそうです。講習で教えることが大好きなので妙に納得してしまいました。

自分の未来は自分で切り開くものだと思います。ただ、自分一人だけでできる・生きていると思い込むのはどうもエゴのような気がしています。日常の物事・現実には、やはり見えない力も働いている訳で、そういう守ってくれている存在を意識できると、より強力に・幸運に物事が運ぶのではないかと。手相に関して、『ただの占いだ。自分は信じない。』と頭から否定する人もいるかもしれませんが、店主は気づける部分もあったので見てもらってよかったなと思っています。人生に迷っている方に是非オススメです。シデメンのアキコさん、ステキな女性です。やはりオーラがあります。

先日のお客様も、早速、日本から予約を入れてバリ入り。結果はどうだったのでしょうか。車チャーターしてシデメン村で手相を見てきてもらうとのことでした。アキコさんに手相を見てもらいたい人が多く、なかなか予約がとりにくいようです。早めの予約が必要です。

アキコさんの連絡先 

松原亜希子さん

ブログ:http:songket.exblog.jp

メール:nami_yasa@yahoo.co.jp

携帯 :+62 81338459907

スラバヤ報告

0

21日〜23日まで2泊3日、店主スラバヤへ出張に行って来ました。参加する用事は夜だったため、昼間は痛風潜水チームのエスコートで市内めぐり。お付き合い頂きありがとうございました。

戻った直後から店主発熱。昨夜、久しぶりに39.8度まで上がりました。今朝は平熱。なんですかね・・。

スラバヤ昼間のフリータイム報告。

店主最後のスラバヤは2002年。                        一番大きなモスク

すっかり大都会になったスラバヤ。びっくりしました。

バリと違い高層建築がいっぱい。

アーミーグッズ店で魅力あるカッパ発見。Rp.110.000(1100円)!!

バリ島にまだないシェルスタンド。さすが都会だ。

ランチは日本食レストランOBAへ。

オムライスカレー、ボリューム満点店主ニコニコ。      シャケチャーハン。うますぎ。

このOBA、バリと違って安くて、量が多くて、なんせおいしい。大満足。

 

ペイントされたやどかり?モールで発見。かわいそうですね。

整体の中村マッサージ。こちら1時間Rp.60.000(600円)。雰囲気もよく、素晴らしい腕を持つスタッフたち。

店主とけました。時間があれば3時間ぐらい受けたいです。最高!

夕食は和食レストランIKI。ブロックM界隈のようなところにありました。新年らしくおせちとお雑煮。何年ぶり??涙

 

2006年に起きたシドアルジョの泥火山。まだ泥を噴出し中。       もう沼みたいで屋根が生々しく残っています。

18年は出続けるとか。20村ぐらい消えました。ひどい人災。

スラバヤからわずか30分のところです。      

 

バリとスラバヤを往復した今回の飛行機ウイングエア。ライオンエアの系列のようです。プロペラあって小さくまとまっています。80人乗り。近いので乗ってる時間は50分弱。往復Rp.650.000(6500円)でした。遅れもせずスムーズでした。

スランガン島のカメ保護センター

0

一日中、シトシト、ザーザーの雨でした。ゴミ回収車は出動できず、ゴミ持って行ってくれず。満月だったのですが、バリ人らのお供えも雨のため午後。 そんな中、今日はサヌールから20分のところにあるカメの保護センターへ。獣医のM女史、マイケルイントラ、店主の3人で久しぶりにスランガン島へ行ってきました。

数年前に行った時のことを思い出し質問・・・。甲羅が奇形のため、まっすぐ泳げないアオウミガメがいたのですがその後?亡くなったそうです。また、当時センターにいた白いかわいい犬は?、車に轢かれて死んだそうです。生死が激しい・・。涙

センターにある仕切りされたプールには、アオウミガメとオリーブヒメウミガメの2種類がいて、3,4ヶ月齢〜生まれたてほやほやの3日の赤ちゃんまで見ることができました。人懐こくてかわいい!日本のペットショップで癒されるような感覚。

3日前に生まれて元気いっぱい動きまわる!

小さくてかわいい。手足の力が結構あります。(左手で撮ったためボケてます)

ですが、よく見ると元気のないカメ、傷だらけのカメ、全く動かずただ浮遊してるだけのカメ(瀕死)もいるんですねー。悲しくなる光景ですが、これはしょうがないこと。ローカルガイドとM女史の話を総合して聞くことができたので納得できました。子ガメは元々弱いらしいです。そして、まだまだ病気の原因が解明されてないとのこと(日本でも)。この保護センターは、ヨウドチンキをつけるぐらいしかできないみたいです。センターのカメ死亡率は25%。海で立派に大人のカメになる確率が1%以下なので、それでもまだセンターにいた方がよいということになります。頑張れカメ!

スランガン島、なんだかゴミだらけですごく汚い。外から来た人はびっくりしますね。店主も驚きました。別名『タートルアイランド』なんだし、どうにかならないんですかね。隣がゴミ集積地だから?村も入り江もゴミだらけ。エコツーリズムとか言う前に、ゴミ落ちてちゃいけないでしょう。ゴミポストはあるのですが、どこもあふれ返っています。そのゴミを牛、ヤギ、犬、ニワトリたちが食べています。M女史曰く、牛がブンクスペーパー(ご飯を包む紙)やプラスチックを食べて、内臓に詰まって病気になるそうです。牛は独特の胃腸ですから。病気で死ぬ前に食用で売買されて人の口に入るんでしょうね・・・。

ページのトップへ