Posts tagged 日本

ただいま~バリ到着

0

11月1日に札幌入りして、昨夜バリ島に戻ってきました。
早朝出発で札幌と気温差30℃。
マレーシア辺りからじとーーーっとしだし、デンパサール空港へ到着すると湿度の高さで久々に汗をかきました。
早く靴下脱いでサンダルに履き替えたい衝動。
雨上がりのせいか、バリは夜中なのに空気がモイスチャー。
それでも、寒さよりは暑さの方が店主はいいなぁ。
札幌滞在中は、気温が3℃~17℃ぐらいでしたが、風邪は引かずに済みました。
13年ぶりに雪がしんしんと降るのを見たかったのですが、一度も叶わずでした。
これはちょっと残念。

日本へ帰る時、今回は荷物なしだったので(スーツケースを日本で買いたかった)身軽でした。
GOJEK(アプリで呼ぶバイクタクシー)でデンパサール空港へ行ってみました。
サヌールから空港までなんとRp.26,000(約220円)。
荷物がなければ、ほんと安い移動です。

荷物がなかったのでバス停から自宅まで歩けました。
札幌を流れる豊平川。
秋色ですね。

 

脂のりのりのシマホッケ

 

妹夫婦宅でリクエストさせて頂きました。
ラム肉のしゃぶしゃぶ!!
店主は大根担当。

 

クー太は、車でどこでも行きます。

 

秋の北海道は本当においしい。

 

 

これは普通のホッケ。
今回の滞在、ホッケ、シャケ、秋刀魚、ニシン・・魚リクエストばかりしてしまいました。

 

 

突然の帰国だったのに集まってくれた同級生。
40年ぶりの人もいたり・・。
同級生のお店 music&bar Folkie にお邪魔しました。
ススキノでゆっくり呑む時は、ぜひぜひ。
中央区南6条西3丁目第2桂和ビル3F
ここのオーナー松川氏、かなり面白いです。

 

寒いので狸小路を歩いてみると、外国人観光客ばかり。
中国語、韓国語、タイ語・・・すごいな。

 

 

この市電、初めて見た!

 

札幌中央警察、建物がかわいい。
来年3月に日本の運転免許が切れるので、今回更新してきました。
平成34年の誕生日まで。元号が変わるので、要注意な店主です。
(以前、平成の数え間違えで免許が切れちゃってた経験あり)

 

 

クリスマスツリーというか、イルミネーションが新鮮でした。

 

外でも家でも、お魚尽くし。
食べ物満喫の合間に、健康診断も受けました。
ガン健診の結果はまだですが、その他基本的なものは問題なさそうです。
「体重はこれ以上、増えない方がいいね~」とおじいちゃんドクター。
はい、了解っす。

 

恒例行事ですが、近所の神社へ。
今回は大吉、「商い」は「利益薄し」
妙に納得・・ははは~。
今年はアグン山問題がありましたが、来年は何も起こらないことを祈ってきました。

 

 

りくちゃん作の手作りケーキ。
店主、黒いけど似てるわぁ。
ホットケーキミックスでスポンジが焼けるとは!

 

 

最後の車中、クー太がなぜか店主のところに。うるるるっ。
慣れない自撮りです。
高齢で、夜は犬用パンパースをしているのです。
来年も元気に再会しようね。

 

 

ただいまー。
お留守番をしていたDAKOちゃんとやっと会えました!!
一時帰国は楽しいですが、13歳を越えたDAKOのことはやはり気になります。

勝手に住みついている野良猫ハミルがいるので、今回はそれほど寂しくなかったかも。
なぜか太っていたし・・・笑。

 

税関が先月辺りから厳しくなっているとの話があり、どきどきでした。
心配だったのは、ジンギスカンと新米。
あとひっかかりそうなものはなし。
最後まで持っていくかいかないか迷いましたが、開けられないことを祈り、食べたいという欲に負け持ち込んでみました。
でも、店主は必ずスーツケースを開けられちゃうんですよね。
スーツケースのX線検査時点で、どうも事前に開けることが決まっているねーあれは。
まずスーツケースにつけられていた、見たことない赤い結束バンド。
切りたいけど、ハサミもナイフも持っているわけがなくあたふた。
ライターを持っていたので、焼き切ろうと試みましたが持ち手が溶けそうだったので諦めました。

小さなカッターの刃だけでも、財布に忍ばせておけばよかった・・。
ここで(恥ずかしくて)書けないことも試みましたが、結束バンドごときが切れない・・・・。
仕方ないので、びょーんと伸びている部分をくるくる丸めて、他のベタベタ張られているタグで見えないようにして通ることに。
案の定、スーツケース開扉検査官の方へどんどん誘導されていく店主。
あぁあぁ、ジンギスカンと新米、別れを覚悟。

スーツケースにびっしり詰めたものをひとつひとつ開けて見ていく検査官。
全部、手に取り「これは何だ?」なんですね。
知ってどうすんのかね????
とろろ昆布、すりゴマ、高野豆腐、味噌汁の説明。
検査官:料理するのか?
そば、うどん、カレー、シチューの説明。
検査官:カルフールにもあるぞ。
店主:輸入品だからここでは高いの。
洋服、チョコレート、塗り絵、チャージャー・・・・見ればわかるものまでいちいち聞いてくる!
タバコ・・・・開けて匂い嗅ぐし。
ついに、下の方に隠しておいた、新米やジンギスカンも見つかった!冷汗
コチコチ真空パック2キロで米に見えないと思いましたが、「米だね」・・・すごい当たり!
そして、「これは肉だね」たれ付パックで中身見えないのに当てた。あぁぁぁ。
でも、それだけだったのです。
あまりにも食べ物ばかりだったので
検査官:売るのか?
店主:売らない。1年で食べる。

お肉もお米も、なぜか問題なしでした!
わーーーい。
ただ、注意されたのは、申告書の中で「食べ物を持ち込む」のところにNOにチェックを入れてた店主。
それは虚偽になるから、駄目だよと。
目をつけられたくないから、いつもNOにチェックしてた店主。
没収されないなら、食べ物YESで出すべきなのか。

あとはお決まりの、質問。
どこに住んでいる、何年インドネシアに住んでいる、職業は何だ、家族はいるのかetc.
検査官:ダイビングのライセンスとりたい。
店主:うちより、インドネシア人のインストラクターがいる他店の方がいいですよっ。と、かわしておきました。

ふーーーっ、むしむし暑い中での冷汗でしたが無事通過。
現時点では、食品の規制より、薬物やポルノ物などの禁止品に力を注いでいるのかな。
そんな気がしました。
ってか、検疫とかできるのかな?
元々、お肉やお米はOKなのかな?
インドネシアの税関・検疫に詳しい方、教えてください。

いろいろありましたが、リフレッシュできました。
ダイビングしたいよー。

ちょっと日本へ

0

数日前、やっとビザの延長が無事に終了して、パスポートが手元に戻ってきました。
今回はちょっと面倒でした。
インドネシアの就労ビザは世界一ひどいんじゃないかな。
高くて時間がかかりすぎる。

またキタスの形が変わった。
小さいペラペラな紙。
よく利用する近所のお食事処・店主がこれ持っていなくて捕まっちゃったようなので、皆様お気をつけください。
会社設立からビザまで、もっとスムーズに簡単に各所で手続きができれば、いわゆる《不法就労》はもっと減ると思われます。
このご時世、ビザを持ちたい人がほとんどのはずですから!

 

パスポートが手元に戻ってきたので、ちょっとだけ札幌へ帰ってきます。
即効、エアチケット買いました。
今回は、去年から飛び始めたエアアジアで札幌へ。
いつも使う大韓航空の半額。
毎年5月~6月の帰省なので、今年は寒さが心配です。
もう初雪は降ったらしいし、服も靴もない・・・。
北海道の寒さは13年ぶりかな?

今回の大まかな目的は
・運転免許の更新(来年の3月切れちゃう・・・昔、切れてて大変なことになった経験あり)
・税金の手続き(しないと、国民健康保険が馬鹿高)
・予約がとれれば、健康診断や鼻から胃カメラ
・恒例プチ同窓会(幹事:大久保ありがとう)

日本からバリ島への持込規制が厳しくなっているそうなので、ジンギスカン大量持込はもう無理かな。

ダイビングのお問い合わせは通常通り受け付けております。
では、ちょっと行ってきます。

グリコのアイス

0

3月中旬、グリコのアイスが売られていると聞き早速ゲット。
やっときた~。
3,4年前、江崎グリコ勤務の友人より「社長がインドネシアでアイスを始めたい」との噂を聞きました。
その頃はオーストラリアのアイス『マグナム』が国籍問わず売れまくっていましたね。

とりあえず、チョコモナカを選んでみました。
日本と同じモナカアイス。
バニラアイスが甘すぎずおいしい。
コーヒーとぴったり。
バリ人はモナカが線通りに手でちぎれることに驚いていました。

ただ、HAKU の意味がわかりません。
値段もお手ごろ、マグナムと同じRp.12.000(約100円)。


他にもいろんなアイスがありました。
一通り試してみたいと思います。
glicowings・・・江崎グリコとこの国のウィングスグループの合弁会社のようですね。
応援しよう。

売られている場所が、どうやら大きなスーパーより、そこらへんの小さなお店なんですね。
冷凍庫がある小さなお店をチェックしてみましょう。
グリコのターゲットは、インドネシア国民(庶民)なんだなぁと感じます。
インドネシアの市場は未知数。
日本人の2倍はいますしね。

人生初のUFO焼きそば

0

インドネシア在住日本人の間で、最近ぽちぽち話題にあがるNISSINのUFO焼きそば。
立て続けに2つの味が発売されました。
嬉しいことに、在住者より頂くことができて食べ比べてみました。
麺類大好き~。

今年6月に発売された日本ソース味(Rasa Saus Jepang)。
スラバヤのK夫妻より頂きました。
スパイシーマヨネーズはどうかなと思いましたが、濃すぎずおいしかったです。

今年10月に発売された カレー味(Rasa Kari Pedas)。
デンパサールのTさんより頂きました。
Tさんの評価が『イマイチ』だったので、期待せずに食べてみました。
店主は、まあまあの評価です。まずくはない。
ただ、焼きそばがカレー味じゃなくてもよいと思います。
焼きそばはソースで、カレーはカレーライスで食べたいと思います。

蓋を開けてびっくりでした。
これでもかってほどの薬味たち。
最終的には麺と交じり合い消えましたが・・・冷汗

そして、お湯を捨てる『湯きりシート』が蓋を開けた時に一緒にめくれちゃった~。
不覚でした。
改良の余地あるかもです。
Rp.10.000(約90円)ぐらい?で、リーズナブル。

店主の中で、カップ焼きそばの王様はこれ。
マルちゃんの『やきそば弁当』。
この写真は当時店主が買っていた頃のパッケージ写真(30年以上前)。

『大判』が出てきたら、もちろん大判を買っていました。
当時、部活で腹ペコでしたからね。
捨てるお湯が中華スープになるのも、当時嬉しかったです。

実はこれ、北海道限定商品だったということは知りませんでした。
この前、K夫妻から聞いて驚きましたよっ。
なので、日本でUFO焼きそばを食べたことがないのです。
上記の2つが人生初のUFO焼きそば!!

パン、お茶、カップ麺など、大手日系企業が現地向けに、ここインドネシアでも頑張ってくれています。
日本人として、応援してゆきます。

2017年バリカレンダー

0

バリ島に住んだら、必須の『バリのカレンダー』。
スーパーで2017年バリカレンダーを買ってきました。
今年はRp.8.000。
インドネシアの祝日+バリ島の祝日・祭事が入っているので、在住者には必須アイテム。
因みに赤丸は満月、黒丸は新月。

 

2017年バリ新年ニュピは、3月28日。
外出できない一日になりますので、観光客の皆様はお気をつけください。
ブルパラも休み。
27日、29日はダイビング予約お受けできます。

さてさて・・・2017年はどんな感じ?

バリの祭事はいつなんだろう。
イスラムの断食明け大祭はいつなんだろう。
それを知らないと、来年の状況が分からないのです。
それぞれ別の暦で動いていて、毎年、日にちが変わります。
日本だったら、お盆や祝日が決まっていますよね。
3月27日  大晦日オゴオゴ祭り(夜は渋滞)
3月28日  新年ニュピ(外出禁止)
4月5日    お盆ガルンガン
6月25日・26日 イスラム断食明け大祭 (ってことは、5月末から断食スタート)
11月1日   お盆ガルンガン

 

3月~4月、新年とお盆が重なってしまい、バリ人、金欠状態が予想されます。

 
2017年は、6月中旬からそのままハイシーズンが始まりそうですね。
4月末から5月初めは、ゴールデンウィーク。
8月は日本が夏休み。
店主のビザ更新は10月なので、8月~10月は手元にパスポートがない。
来年の一時帰国はいつしよう。
ダイビングが暇な11月がベスト?
ただ、店主は『寒い北海道は避けたい』のが本音。
または、ゴールデンウィーク終了直後に、短めに帰省するか・・。
免許更新はよしとして、日本の税金ものは6月に決まるから早すぎるか・・。
んーーーーーーーー、決められない。
やはり、寒さ我慢して、11月が濃厚かな。
バリカレンダーと今年の実績を見て、もう少し悩もう。

雨季 ○○の季節

0

今年初めからずっと気候がおかしかったのですが、雨季には通常通り入ったようです。
バリ島は完全に雨季入りしました。
ここ数日天気がぱっとしません。

雨季に入るとフルーツがいろいろ出てきておいしいです。
大好きなマンゴーやマンゴスチンがたくさん出回ります。
一方、デング熱が流行る季節でもあります。

今朝、まだ薄暗い5:30。
かなり近くで爆音が聞こえてきたので、外へ出てみるとこんな感じです。
バリ島に越してきたばかりの日本人夫婦が、『戦争が始まったのかと思った』と昔言っていました。笑

img_5523

全身黒づくめで、顔も覆っているのでまるでテロリスト。
バズーカ砲ではありません。
殺虫剤散布の真っ最中でございます。

 

img_5531

ゆっくり下水溝沿いにまいてゆきます。
もちろん、家のドアが開いていると家の中も真っ白になります。
これで蚊やゴキブリは死にます。
池の魚などは問題なし。
人体にも多少影響あるのでしょうが、デング熱になるよりは良いと思います。
散布のお仕事してくれている方に感謝。
ありがとうございまーす。
村役場のお仕事なのかな?

 

 

img_5537

あっという間に真っ白。
散布は通常、デングの蚊が活動を始める夜明けで風が吹いてない日がベストです。
今朝はコンディションばっちりだったと思います。
今朝は、あっちの区画をやっていましたが、先日20日(日)はこっちの区画を散布していました。
これでかなり安心です。

10年ぐらい前、店主はデング熱にかかりました。
急激に39℃まで熱が上がりフラフラ。
いろんな症状がありますが、店主の場合、ひどい筋肉痛・関節痛・悪寒で寝込みました(トイレまで移動できず)。
通常、入院するそうですが拒否。
デングの薬はないので店主は自宅療養をしました。
その年は、デング熱流行年ということで近所で多くの方が発症。
今思うと軽いデングだったんだと思います。
ただ、デング2回目になると重症化することが多いらしいので、『もうデングになれない』という気持で生活しています。

大切なのは2点だけ!!
・昼間の蚊に刺されないようにする
・免疫・体力をつけておく

デング熱は、ネッタイシマカやヒトスジシマカが媒介になります。
夜明けから日没まで、太陽が出ている間に活動する蚊です。
昼間の蚊には神経質になる店主です。
蚊が好む膝下を重点的に虫除けローションを塗ります。

デング熱などの感染症は、免疫が高ければ発症しないこともあるようです。
異常に疲れていたり寝不足だったりすると、体内で負けちゃうんでしょうね。
日々、心身ともに良い状態を保つことは大切です。

日本ではデング熱患者が出たと大騒ぎしていましたが、日本だって戦前はあったわけです。
飛行機や荷物にくっついて蚊が日本に入り込むことは、容易です。
スーツケースの中に入っているかもしれないし。
こちらでデング熱は珍しいことではありません。
そんなに恐れることはありません。
最近、ワクチンがついに出来たそうですし。
恐れるより、蚊に刺されない努力を!

 

 

ただいま、バリ島

0

日付変わって今日の真夜中、無事にバリ島へ帰ってきました。
直前で大韓航空機エンジンから火が吹くニュースで、ぞーーーーっとしてましたが。
フライトは、すこぶる快適でした。

ぶっちゃけ、やはりこちらの方がほっとする店主です。
札幌にいましたが、28℃で皆さん暑いとこぼしていますが、店主にとっては全く暑くないんですね。
湿度が違うだけで体感温度は全然違います。

IMG_5059

今回、気に入ったもの。
いつもと違うSIMを使ってみました。
データ通信専用SIM(プリペイド)、1GB、30日間有効、2,700円だったかな?
事前にネットで買って実家へ送っておいたので、すぐ使えました。
今まで使っていたのは、開通手続きを電話でしなければならなかったのですが、これは不要!
セッティング等全く要らず、SIM挿入しただけでサクサクつながりました。
もう少し安くなるとありがたいんですが。

日本で税金手続き関係、健康診断などスムーズにことが進んでいたのですが、最後の最後に大きな失態を・・。
昨日、新千歳空港へ向う途中、なんと荷物を一つ最寄のバス停に置き忘れました・・・。
スーツケースはバスの中に入れてもらったのですが、大きな袋を一つを置き去りに。
言い訳すると、JRの快速エアポートに飛び込んだ人(自殺)がいて、JR運休と重なっていた時間帯だったんですね。
もちろん店主はそんなこと知りません。
店主のバス停は始発でなかったため、満席のバスしか通らず・・・・空港へ行けない旅行者がわんさか並びます。
いつも、閑散としたバスなのにおかしい・・・皆さんも焦っている様子。

何台目かのバスが『一人なら補助席で乗れます!』と運転手の声が。
順番的には店主でしたが、後ろのおばさんも手を挙げてる。
そんな日本的な静かな騒然とした感じが繰り広げられ、なんとか店主は最後55人目の補助席ゲット。
急がされスーツケースだけ渡して、もう一つの荷物を置き忘れたのでした。
乗車して20分ぐらいで気付き、車内で運転手にそのことを伝え無線等でやり取りしましたが、結果から言うと搭乗時間までに見つからず。

その中身が辛い・・。
日本で購入した店主の衣類 → これはまだ許せる。
食料品 → これも許せる。
スタッフへのお土産一部 → これも他でカバーできる。
母が朝から作ってくれたお弁当 → これは残念。母には電話で丁重に謝りました。『事故に遭うよりいい』と言ってもらえました。
水中カメラのハウジング → これが凹みます。今回、キャノンでサービス修理してもらったばかり。カメラだけ残ってしまいどうしよう・・。買うにももう販売してないし。

札幌では、あまり人身事故の被害に遭うことがなかったのですが。
今回、こんな感じで大損害です。
飛行機に乗れなかった人もたくさん出たと思います。
なぜ電車に飛び込むという選択肢をするのか、飛行機の中で頭ぐるぐる。

一応できることはしたいので、バス会社2社にメール連絡、札幌の警察にも電子紛失申請というのを初めてしてみました。
ハウジングだけでも戻らんかな~。

それはさておき、
日本で遊んでくださった皆様ありがとうございました。
また不在中、ダイビングでご一緒できなかったゲストの皆様ありがとうございました。
バリ島で潜るぞ!

日本へ一時帰国

0

ちょっと札幌へ里帰りしてきます。
おいしいものたくさん食べて、ぷくぷくに太ってバリ島に戻る予定です。

予約等は通常通り、受け付けています。
不在中、ご一緒できないゲストの皆様、申し訳ありません。

では、行ってきます。

 

IMG_4933

スーツケース見ると、帰国だと察するダコ。
まだスーツケース見せてないのに、昨夜、気づいてしまったようです。
気配で察するんですね・・・冷汗
動物ってすごい。

ヨーグルト作り

0

日本にいる頃は、毎日必ず牛乳かヨーグルトを摂っていましたが、この国でそれは難しいです。
暑い国なので、まず乳牛がいない・・。
バンドンの方にはいるそうですが。
そんな訳で乳製品が少ない。
あっても高いのです。
暑いので、常温へっちゃら加工牛乳はありますけど味がとても残念・・。
なので、牛乳なし生活を16年送っています。
乳製品は、ピザやパスタのチーズぐらい?

日本に帰国してしまうRさんより、数日前にヨーグルトを頂きました。
彼女は、ヨーグルトを育てていたんです。
ここ数年、インドネシア在住日本人の間で流行っている自家製ヨーグルト。
ヨーグルトに牛乳足せば、ヨーグルトになりますしね~。
これまで3人ぐらいに『欲しい?』と言われたことがありましたが、ヨーグルトは毎日食べたいですが断っていました。
なぜなら
『ヨーグルト菌という生き物相手に、自分がその時家にいなかったら腐るのではないか?』
『日本に一時帰国の時、誰が面倒みる?』

帰国してしまうRさんがもう家まで持って来てくれちゃったもんで、試しに今回は挑戦してみることにしました。
ただ、作り方を聞くのを忘れちゃったので、元スラバヤ在住だったヨーグルト博士ダイバーにアドバイスを求めました。
『牛乳8:ヨーグルト2、又は牛乳9:ヨーグルト1。8時間放置』

近所のスーパーに生乳がなく、結局ハーディーズで『SUSU segar』1リットルをゲット(約200円)。
冷たい牛乳を常温に戻しておきます。
適当な容器は家にあった!
容器とスプーンを熱湯で殺菌。
だけど不覚にも計量カップがなかった・・・・・ので、定規でなんとなく8:2の割合にしてみます。
で、混ぜ混ぜ。
ヨーグルト菌は生きているそうなので、空気が通りやすいよう紙ナプキンと輪ゴムでフタ。
そのまま直射日光を避け、常温放置8時間。
夜は気温26℃ぐらい?昼間は30℃越えで、ヨーグルトにはいい感じの気温。

8時間のことを考えずに作ってしまい、今朝目覚ましをかけて、ヨーグルトのために早起き。
あー、なんてお馬鹿さん。
しかし、起きてみると全く固まっておらず・・。
『えーーーっ、全工程が無駄だったのか??』と悲しくなりました。
またヨーグルト博士に連絡(お忙しいところホント申し訳ない)。
昨日は『8時間』と言った博士、今度は『24時間ぐらい気長に待ってみてください』と。
それ聞いて、かなり安心したのでした。
ヨーグルト菌が繁殖してくれるのをじっくり待つことに。
しかし、今日も暑いよー。

 

1-S__34299907

これサヌールの気温で18時間もの。
これで完成としました。
酸味前でまろやかな味わい。
日本の市販ヨーグルトよりはゆるいですが、ほわほわ状態。
写真撮って、すぐに冷蔵庫に入れてしまいました。

これはいい!
牛乳を買いにハーディーズへ行くのが面倒ですが、ヨーグルト生活を続けたいと思います。
ゴールデンウィーク明けに、店主の札幌帰省がありますが、ヨーグルト菌の冷凍保存も可能だとか・・。
冷凍しても死なないんだ。
恐るべしっっ。
ヨーグルト博士、Rさんありがとうございました。

締めは役員会 ヌサドゥア

0

本日の冷たいダイビングを終えて、熱いシャワーを長めに浴びて準備準備。
怒涛の9月、最後のお仕事は、バリ日系安全協会の役員会参加。
K会長、O副会長、会計S子さん、そして書記店主の4名。
役員会の場所が、ヌサドゥアのMダイバーズS子邸。
一年を通じて、ほとんどサヌールから南下することがない店主。
19:00にヌサドゥアのMダイバーズS子邸に到着できるのか。

IMG_3869うちの運転手がなぜか場所を知っていたので、細かく説明してもらいました。
なんせ海上高速道路ができてから、バイクで一人でヌサドゥアへ行くのは今晩が初めて!
『ヌサドゥアの高速降りたら左に曲がる→信号機のある大きな交差点を右に曲がる→しばらく行くと信号機のない交差点があり直進→割とすぐ右手にある小道を入っていくとある』
地図見ながら、これを暗記して、ガソリン入れてドキドキ出発。
その説明通りに行くと、本当に一発で行けた!
素晴らしい説明だった、うちの運転手。
海上高速道路(バイク専用レーン)を走った感想は、『狭くて・怖くて・分かりにくい』。

 

ちょっと遅れちゃったけど、到着すると素晴らしいディナーが・・・。
ダイビング後は腹ペコなので、感謝&感激!

IMG_3872S子イントラのご主人Sイントラの手料理。
豚チャーシュー、自分で作るとは・・・尊敬!
おいしすぎるっ。
ありがとうございます。

 

この後、持ち寄った日本製ドリンクや日本製おつまみ片手に、真面目にミーティング開始。
ダイビング保険のこと、緊急連絡網のこと、クリシスネットワークのこと、日系安全協会ガイドライン原案・・。
たくさん議題はあるある。
9月は動きが多かった。

副会長は、途中でバッテリー切れ。
そろそろお開きですね、皆さんお疲れ様です。
なんせ、怒涛の9月があと30分で終わるんだから。

IMG_3875ボビー、夜遅くまでお邪魔してごめんよ。
純粋まなこで癒されちゃった。

帰りは、あっという間にサヌール到着。
夜中だと、ヌサドゥアーサヌールが近く感じました。
高速道路、やはり便利!

ページのトップへ