Posts tagged 体験ダイビング

トランベン 体験ダイビング

0

静岡よりお越しのH氏&Yさん、はじめまして!
本日はリクエストで沈船トランベンへ。
渋滞DAYだと分かっていたので、それを承諾の上、ご参加いただきました。

まずは、スランガン辺りで大渋滞。
20分ほど遅れてサヌールを出発。

そして、ゴアラワ寺院かなり手前から大渋滞。
全然進めず、片側二車線なのに五車線まで膨らみ、もうぐちゃぐちゃ。
バリのお葬式セレモニーの一つでゴアラワに人がびっしり。
大物が亡くなったようです。ここでは30分ぐらいロスタイム。

トランベンへやっと到着!

ですが、他店がまだ全然到着していません。
皆さん、渋滞で遅れているようで・・・苦笑

トランベンの海況
波あり、流れ少し、透明度5m~15m(浅瀬白く濁り)、水温27℃
朝出発前に現地に波確認したにも関わらず、到着すると波があり。
「波ない」と言ってたのにな・・。

I氏とYさんは、体験ダイビングですが、両者とも何度か体験ダイビングの経験あり。
そのお陰で奇跡的にスムーズにエントリー。

コガネアジ・・・シルバーと黄化個体!!

水中も余裕のお二人。
水中カメラでがんがん写真を撮っていました。

ウェイト1キロずつ減らして、2本目GO。

 

インドネシアの誕生日おめでとう~!

 

沈船リバティ号

 

船内をパチリ。
体験ダイビングに見えません。笑

 

簡単なコンディションではなかったですが、上手に潜っていました。
講習受けたらいいダイバーになりそうなお二人。

 

コショウダイたちと記念撮影。
思い出になりますように。
体験でしたが、せっかくなのでがっつり潜って頂きました。
奇跡的に2ダイブとも転倒者なし。

 

途中、ライステラスで記念撮影。

 

気持ちよく寝ていたのですが、マンギス村辺りで運転手に起こされました。
独立記念行進大会・・・45km行進が来た来た来た。
対向車線なので、次から次へとやってくる行進を見ることができました。
約50チーム以上?
予定していたより、渋滞はそれほどでもなかったです。
意外とのろのろでも進む。
ヨカッタ・・。
若いお二人は、この行進を興味ありありで見ていました。
「こういう愛国心っていいねー、こういうの日本にないねー」と。
店主も同感です。

結局帰路は3時間半。
今日は想定内。

H氏&Yさん、今日はありがとうございました。
あんなに潜れるなら、伊豆でライセンスとってください。
またバリでお待ちしています。
濃厚な一日でした。

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

東京よりお越しの3女子チーム。
皆さん、はじめまして。

 

幼稚園の先生チームです。
朝からノリがいい~。
皆さん、覚えましたね!
イ語:Guru TK 【ぐる てーかー】

 

本日のパダンバイ
波あり、流れあり、透明度8m~15m、水温22℃~27℃。
なかなか難しい海況!
しかし、女子は明るい。

店主は1本目、KさんとSさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
ブイがないとエントリーが難しい状況でしたが、ちょっと遠い。とほほ。
女子頑張って水面移動。
「一人ずつボートからボートへ渡る」、と言ったものの聞かない女子が約1名。笑

そして、ブイまでたどり着くと、みんな手が痛い。
なんとブイの水面下に白ガヤが・・・。

その後、「一人ずつエントリー」と言ったものの聞かない女子が約1名。
一人エントリーさせて、もう一人迎えに行こうと思ったら、振り返るとなんと一人で無理やり潜行してきてる!
BCDの空気を抜いてないのに2mぐらいまで降りて、満面の笑みでOKサイン。
すごーい、笑える~。

とどめに、彼女のフィンがなくなりました。
そこは視界が悪くフィンが見えない。どこだ??
水面ですぐに見つかったので良かったです。
船頭さん、ありがとう。

二人とも水中では落ち着いてとても上手でした。
視界が悪い浅瀬で、流れが変わりまくり、あっちへ行ってこっちへ戻ってのダイビング。

 

 

寝ているスジモヨウフグ、ニモ、クマノミ、ハナビラクマノミ、アオヤガラ、ヘラヤガラなどを観察。
二人とも「これ好き」ハンドシグナルの出しまくりでした。

女子はたくましい。

ファンダイブのA子さんは、写真を撮る気満々だったのに20枚ぐらいしか撮れなかったそうな・・・。
なんと「メモリーがいっぱいです」表示。
リクエストだったミナミハコフグの幼魚を見たのに、撮れずだったそうです。
深場は22℃まで冷えたそうな・・。

水面移動中、3人のリクエストだったウミガメ発見。
呼吸をしに水面で顔を出していました。

2本目は波が小さくなったブルーラグーンへ。
水面がばたばたしている割には、暖かくて、透明度もなかなか。

3女子で水中記念

 

休憩中に100枚ほどデータ削除をしたA子さん。
今度はがんがん撮ってください。

 

オジサンもクリーニングされます。

 

ハダカハオコゼが、らぶらぶ中。
根の中は、砂山ができてしまい狭くなってしまいました。
ハダカハオコゼたちはみんな外にいました。
最近の大波続きで、あちこち砂紋もいっぱい。

 

ドロップオフの深場で大きなコブシメ。

 

流れもなく穏やかなウォールでした。

 

深度を上げていくと体験ガールズ。
上手に潜ってますね。
ウミガメを見たそうな。

 

下はハナタカサゴの群れ。上はグルクマの群れ。

 

ウミヘビちゃん

 

またまた大きなコブシメ。
子供コブシメもいました。

 

小さなゴンズイ。クロユリハゼも撮れたかな・・?
お疲れ様でした。マンツーマンがっつりダイブ。

 

 

お疲れ様でした!
本日はダブルA子。

まだギリ島行きスピードボートが出発できないので、パダンバイの道路はがらがら。
いつもこうだと良いですが・・。

パダンバイが渋滞じゃなくても、幹線道路へ出るとやはり大渋滞。
大きなお葬式に遭遇して、20分~30分は動けず。
車から降りて、写真撮影。

 

うわー、これは何?

海での武勇伝、笑えますわ。
1本目は難しい海況でしたが、無事終了。
笑う場面いっぱいで、楽しかったです。
皆様、今日はありがとうございました。

 

パダンバイ 体験ダイビング

0

埼玉よりお越しのI氏とO氏で、リクエストのパダンバイへ。
パダンバイに入ると、いつも大渋滞なのに、スピードボート客がいないため道路はガラガラ。
最高!道路、こんなに広かったのね~。
天気も良くて気持ちいい。

I氏はCカードをお持ちだったので、O氏の体験講習からスタート。
海況が悪い予想でしたが(バリ島全土)、本日パダンバイは意外と良し。
波少し、うねり少し、流れなし、透明度8m~12m、水温27℃。

すんなり入ったI氏とO氏でしたが、ダイバーであるI氏が不調を訴えて来たのでお休みすることに。
体験の方の訴えと、ダイバーの訴えは違います。
ってことで、O氏と二人でGO。

入った直後、ニモと写真を撮ってくれというO氏。
今、初めてダイビングしたとは思えません。

 

インド洋固有種のイエローリボンスイートリップ(コショウダイの仲間)。
バリ島では、よく見られますね。

 

ケショウフグ幼魚~とけそう・・かわいい。
最近ずっとここにいます。

 

 

最後は手を離してみます。
体験ダイビングとは思えないO氏。
アオヤガラ、ヤッコエイ、オヤビッチャ、カスミアジ群れ、大きなナマコなど観察。

 

まったり水面休憩。
水温27℃&太陽で、全く寒くない。
欠席だったI氏、体調不良に加え酔いも来て本当はヘロヘロ状態です。

 

2本目も残念ながらダイバーI氏は欠席。
O氏とマンツーマン体験ダイビングへ。

1本目より更に海は穏やかに。

キンセンフエダイの群れ。

このようなさんご礁があちこちに点在しています。

 

サザナミヤッコ、たくさん見ました。
ほかにタテジマキンチャクダイ、アデヤッコも。
下の方には立派なアカククリも。

 

ムレハタタテダイ来た~~。

 

さすがスポーツマン。体が鉄タイプ。
ウェイトを4キロにしてもまだ沈む・・。
こんなに潜れるならライセンス講習を受講した方がいいです。

うひゃー。タコやクギベラもいました。

 

最後はアカヒメジ群れ。残念ながら、今日はウミガメ不在。
暖かいので、ついついロングダイブ。
お疲れ様でした。
I氏は、浜でだいぶ回復していました。
良かった!

 

まだ道路には大型トラックが並びますが、渋滞にはなりません。
週末まで高波は続きそうです。

I氏、O氏、今日はありがとうございました。
また一緒に潜りましょう。

 

 

ヌサペニダ ファンダイブ 祝エンリッチ/パダンバイ 体験

0

昨日に引き続き、皆さんの2日目。
ファンダイブ組は、ヌサペニダへ。
体験ダイビング組は、パダンバイへ。
店主は、ヌサペニダを担当させて頂きました。

1本目 マンタポイント
波少し、うねり少し、透明度8m~15m
マンタポイントにしては良いコンディション。
ただ、冷たい~。水温21℃。
本日も皆さん、ナイトロックスで潜ります。

エントリー直後にブラックマンタが通ってゆきました。
皆さん、興奮。
いやー、K氏、ショートでしたがウェットスーツを着てくれて良かったです。
さすがにK氏も寒かったとのこと。

 

浅瀬にマンタが全然現れないので、深場へ。

ヨスジフエダイの群れ。

20mを行ったり来たり。

 

今日のマンタはほぼ不在でした。

さすがに皆さん寒かったようで、エキジット後は震えました。
天気が良かったので、ぎらぎら太陽と熱い日本茶で割とすぐに回復。

2本目、マンボウ探しに行こうかと思いましたが、流れがあったのと冷たそうなのは想像がついたので暖かいポイントへ変更。
ということで、SDへ。
波なし、流れ中程度、透明度18m、水温28℃。
温泉みたいです。シアワセ。
K氏は、本日も2本目は欠席。

クマザサハナムロびゅーーーーーーーん

 

 

大きなナポレオンにカスミアジがくっついています。

 

 

快適なスピードのドリフトダイビング。
E氏とS氏も流れに乗りながら、写真や動画撮影。

 

ハナダイもスズメダイもうじゃうじゃ。
珊瑚びっしりです。

 

いつまでもこの珊瑚が元気でありますように。

 

7,8分に1回は、ウミガメと遭遇でした。
タイマイとアオウミガメが、交互に現れてくれました。

 

顔はロウニンアジ、でも体が小さい?・・・・3匹。

 

E氏&S氏、上がりましょうか。
こういう海はストレスなし。
お疲れ様でした!

 

~ ビーチのわんこ ~
暖まりたい気持ち分かるわぁぁぁ。
最近、朝晩冷えるし。

サヌールのビーチに戻って、3名様はエンリッチドエアダイバーSPの筆記試験でした。
もちろん、皆さんハイスコアで難なく合格。
おめでとうございます。

 

2日間ありがとうございました。

 

もう一組は・・

体験ダイビング2日目のK氏とE子さんご夫妻。
波少し、流れ2本目、透明度15m、水温24℃~
1本目は潜水時間47分でしたが、2本目は寒さで30分で切り上げたそうです。
E子さんは平気だったようですが、K氏には寒すぎたようです。
でも、K氏の大きなコブシメ(コウイカの仲間)写真ばっちりでした。
雄雌並んでいる写真も!
今、ちょうどコブシメシーズンです。
お土産、大切に頂きます・・・。

皆様、2日間ありがとうございました。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング エンリッチドエアSP

0

早朝発で、二組のゲストをトランベンへご案内しました。
埼玉よりお越しのK氏&E子さん夫妻。
会社の同僚組は、E氏、S氏、K氏です。
皆様、はじめまして!

 

小耳にはさんでいましたが、今日は火葬が多い日。
田舎へ行くほど、道が混みはじめました。

 

あ、子牛のドナドナ~♪

 

朝は、まだ準備段階で道路はましでした。夕方の方がぞっとします。

 

アグン山がやっと見えてきました!トランベン着。
久しぶりにこの青い空を見ました。
現在、南部は天気が悪いです。

 

店主は、同僚3人組を担当します。
ファンダイブですが、エンリッチSP講習の一環でもあります。

皆さん、ダイブコンピュータ・カメラ持参。

ミノウミウシ2匹ですね。
交接中!?

 

沈船内部にアカエイかな?
大きなエイでした。
沈船では、初めて見ました。

 

ウミガメちゃん、そんな食べ方・・・笑

 

撮りにくいところですが、K氏、上手にアプローチ。
(ウェットスーツ着て頂けませんでした)

 

シマキンチャクフグたち。
ジョーフィッシュ、チョウチョウコショウダイ幼魚、メラネシアンアンティアス、タテジマキンチャクダイ幼魚などを観察しました。

 

安全停止も安定です。

 

2本目、K氏はお休みでお見送り。

 

カミソリウオ・・まだ白っぽい。

 

 

船首周りで群れまみれ。

 ササムロやカスミアジ連帯が行ったり来たり。

 

また腹ペコのウミガメちゃん&S氏。
体験K氏&E子ご夫妻も、2本目はばっちり見られたそうです!
K氏の写真も素敵でした。
ベテラン体験ダイバーで、水中カメラ、マスクは持参。

 

アヤコショウダイとムスジコショウダイが混じります。

同僚チーム3名は、3本目行ってらっしゃい。
店主は、エンリッチドエアSP宿題チェックなどでお休み。
行ってらっしゃい。
本日のトランベン海況よし。
波なし、流れなし、透明度10m~18m、水温28℃。

初めてナイトロックス32%を使った同僚組の感想は、『疲労感が少ない』でした。

 

さて、恐る恐る南部へ出発。
チュリック辺りから、チャンディダサ辺りまで、お葬式だらけ。
大渋滞ですよ・・・とほほ。
ライステラスで集合写真を撮る予定でしたが、時間がかかりすぎて全員爆睡。
店主に皆さんを起こす勇気はありませんでした。

 

そんなわけで、サヌール着が18:30と遅くなってしまいましたが、体験のK氏とM子さん。
リクエストだったウミガメが撮れて良かったです。
ヌサドゥア地区の同僚組は、きっと19:30をまわったことでしょう・・。
皆様、朝早くからお疲れ様でした。
今日は、沈船満喫ツアー(&お葬式行進)、ありがとうございました。

体験ダイビング パダンバイ

0

群馬と長崎よりお越しのAさん&Mさんです。
はじめましてー。
何つながり?と思ったら、鹿児島県奄美大島で同級生だったそうな。
奄美大島、行ってみたいー。

今日も南部はどんより厚い雲の中、出発。
パダンバイでは、大型トラックがフェリー出港できずに長蛇のパーキング。
ってことで大渋滞。しかもパダンバイに入ると大雨。
とほほ・・・しかも、Aさん&Mさんは雨女。
笑うしかありません。

天気を文句言っても仕方ないので、レストランで雨宿り時間は体験ダイビング講習をみっちり。
お二人とも、アクシデント環境適応能力が高そう。これ大事!
Aさん、実はダイバーでした。
ブランクがあるのでゆっくり行きましょう。
雨が小降りになったので、海へ出ます。

本日のパダンバイ、波少し、流れ少し、うねり浅瀬あり、透明度8m~15m、水温26℃。
深場はそこそこ抜けています。
Aさんはダイバーなので、すぐに勘を取り戻しました。
体験Mさんは、水面でびびりましたが、水中に入るとすぐにリラックス。

潜水艦オデッセイ号、仏像、クマノミ、サザナミヤッコ、ツノダシ、ウミウシ、スジモヨウフグ、タコなど観察。
ここは、コブシメ(イカ)の卵がいっぱい詰まっています。

 

また大きなコブシメがじーっとしていました。
ブリーフィングでお伝えしておいたので、ETをやりました。

 

奄美大島時代の同級生、いいですね~。

水面休憩は、雨は止んだものの太陽は全く姿を見せず。
Aさん、酔い止め服用していましたが、酔ってしまいました(酔いやすいんだとか)。

ゴージャス珊瑚

 

 

波酔いだったAさん、2本目も普通にエントリー。
水中では酔いも消え元気いっぱい。ヨカッタ!

 

2本目ともなると慣れて、積極的に生物観察。

 

大きなネズミフグ。

 

みんなで探していたウミガメ様。
いてくれて感謝。やっほ~!!

 

ウミガメ様、気をつけるんだよ~!と水中で叫びました。
今朝出発前に読んだ悲しすぎるニュース

閲覧注意:店主は直視できません。涙

 

 

みんなのアイドル ニモ(カクレクマノミ)

 

アカヒメジの群れ

 

同級生二人でじっくり潜れてよかった~。
ウミガメはラッキーでしたね。

 

アメニモマケズ、ジュウタイニモマケズ、ヨイニモ、カンキノサムサニモマケナイ、ジョウブナカラダヲモチ・・・・
そんな、たくましいガールズでした。
さわやかな若者で、日本の未来は明るい。
今日は同じ時間&感動を共有できて良かったです。
ありがとうございました。

 

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

おはようございます。
皆さん、はじめまして。

リクエストでトランベンへ。

皆さんの目覚めはアグン山。
今日も静かです。

本日のトランベン、到着時は満潮で波あり。
入ってしまえば、水中はGOOD。
流れなし、透明度12m~18m、水温28℃

うわぁ、波の割りにはきれい!

 

 

ファンダイブ組は、東京よりお越しのMさんとK氏。
まだビギナー本数ですが、問題なく潜っていますね。

 

店主は体験ダイビング担当。
福岡よりお越しのC子さんとYさん。
去年、タンジュンブノアで体験ダイビングをやったそうですが、Yさんがとても怖かったそうで・・。
言葉の面などトラウマを持ったままの、再度体験ダイビングに挑戦。
ってか、怖い思いをしたのに、また体験ダイビングに挑戦することに店主は理解ができませんでした。笑
確かに、マスククリアのこと、レギュレータークリアのこと何も知らなかったですもんね・・。

大波で水面びびるかな~と思ったので、今日はすぐに入れてしまいました。
それが功を奏して、すんなりエントリー。
C子さんも耳抜きが心配でしたが、今回は全く問題なし。
1本目から40分超え体験ダイビング。

 

 

運転手は、ぐっすりお昼寝中。

 

2本目は波がなくなり楽チンエントリーでした。
(波がないのに水面で軽く溺れたYさん、唇引き締めてやり直し!)
意気投合した皆さんで水中記念パチリ。

 

これカイメンです。

 

2本目も、体験C子さんとYさんを担当。
楽しそうに潜っています。

 

2本目は透明度が落ちましたが、群れがいっぱい。

 

ここでお魚まみれになりました。

 

えっ、入り込まれた・・。

 

ムスジコショウダイ並びます。
モンツキアカヒメジやオヤビッチャの群れも流れてゆきます。
なんと怖がっていたお二人が、潜水時間50分以上。
ライセンスとってはいかがですか?

 

皆さん、お疲れ様でした(関係ないガイドが含まれていますが)。

 

神様、ただいま~。
サヌール到着。
明るいゲストで、帰りは皆さんずーっと喋ってましたね。
今日はありがとうございました。
バリ島滞在を楽しんでいってください。

パダンバイ 体験ダイビング

0

東京よりお越しのMさん、Gさん、Hさん、はじめまして。
今日は、三女子をパダンバイへご案内しました。

群馬時代の同級生だそうです。
みんな明るい~。

 

 

皆さん体験ダイビングの経験がいっぱい。
なので、1本目からバックロールエントリー。

水は全く怖くないのですが、約2名、事前に聞いていた通り、耳抜きに苦労。
でも、無事エントリー。
本日のパダンバイ、波少し(昼にかけて大きく)、流れなし、透明度15m、水温28℃。

 

耳抜きに苦労したGさん、Hさんは浅めに進んでいましたが、結局は10mぐらいまで潜れていました。
店主は、GOプロを持ち込んだMさんと、じっくり生物観察に集中です。
あたたかいっていいわぁ。

 

クリーニングされて気持ちよさげ。

 

キンセンフエダイの群れ。

 

耳抜けてよかったですね。

 

最後は、久々のゼブラウツボ。
三女子はヘビだと思ったそうです。

2本目も水面は、少々ばたばたしていましたが、水中は穏やか。

店主のバディ、GOプロのMさん。
体験なのに、この安定感です。

 

 

2本目、Gさんの耳抜きが益々大変になり、一度は入りましたがやめておくことにしました。
ってことで、あれはHさん。
Hさんも潜行に時間がかかりますが、時間かければ潜れるタイプ。

 

うひゃー、オヤビッチャの群れ~

 

たたずむツバメウオ

 

 

噂していた潜水艦オデッセイ号と至近距離でした。

 

今、ちょうど時期ですが、コブシメの産卵と遭遇。
これはラッキーでした。
ここ数年、連続で毎年見れているかも・・。
オスも近くにいて見守っているんです。

 

タマゴびっしり。
がんばってるねー。
店主はこういうの見ると感動で泣きそう・・。

このうち何匹育つのでしょうね。

ここのポイントはニモ(カクレクマノミ)だらけ。

 

 

ヘリゴイシウツボ!

 

オオスジヒメジのクリーニング中。

 

Mさん、海が大好きなんだそうです。
ものすごい安定感。
ってことで、がっつり潜って頂きました。
時間がとれれば、ライセンスをとりたい皆さんでした。

無事終了☆ビーチきらきら記念
のんびりしすぎて、南部着はいつもより1時間遅れ・・。
皆様、今日はありがとうございました。
楽しかった。
滞在中、困ったことがあったら連絡くださいね。

 

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

福岡よりお越しのYさん、大阪よりお越しのA氏、シンガポールよりお越しのIさん&J氏。
皆さん、はじめましてー。
今日は皆さんをパダンバイへご案内しました。
デンパサール在住のMさんは病欠。
皆さん初対面なのに、最初から寄せ集め家族のように、和気あいあい。

本日のパダンバイ海況GOOOOOOD。
波少し、流れ一部少し、透明度10m~20m、水温28℃~29℃

店主は、体験ダイビングのYさんを担当です。
水面で急に怖くなって、しばらく自分と戦っていたYさん。
ギブアップしそうな感じでしたが、何とか水中へ。
水深2mも入ると、安堵スマイル。
言ったでしょー、水面より水中の方が呼吸しやすいのですよ。
耳抜きも上手でした。

 

途中で、ファンダイブ組と会えました。
アメリカ人J氏は、ログ8本でしたが安定しています。
本人の希望で、ウェットスーツ着てもらえませんでした・・。
確かに今日は温水だったから良かったですが。

 

大阪A氏は、初GOプロ撮影。
コンデジも持参です。

体験Yさん、初めての体験ダイビングで小さなウミガメちゃん。
至近距離でした。

 

小さなサザナミフグ

 

 

ヘラヤガラ黄色

 

2本目、ブルーラグーンへ。
チンアナゴいましたね・・。
体験Yさんと生物観察。
姿勢も素晴らしい(最初の水面がうそのよう・・)。

 

シンガポール組はベテラン250本ダイバーのIさんとこれが10本目のJ氏。
いいバディでした。

 

オオモンカエルアンコウ ピンクと黒の2匹

 

ドリー1匹、順調に育っています。

 

アカヒメジうじゃうじゃ

 

ツノハタタテダイやフタスジタマガシラ
素敵なクリーニングステーション。

 

アヤコショウダイ集合
Yさん、かなりリラックスして水中散策を終えました。
いやー、穏やかできれいでした。

今日は皆様ありがとうございました。
無事終了。

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

本日のゲストは、スラバヤよりお越しの紳士4名様ご一行です。
皆様、はじめまして~。
やっとお会いできました。
実は、前回の予約は空港閉鎖(アグン山)のためキャンセルでした。
今回は、先週のスラバヤ・テロ事件でまたどうなるかなと心配していましたが、今朝、飛んで来てくださいました。
スラバヤも、すっかり落ち着きを取り戻しているそうです。

ということで、空港ピックアップでそのままパダンバイへ移動です。
無駄な時間が全くありません。
みなさん、元気すぎっ。

K氏以外は、皆さん体験ダイビング。
体験ダイビングの説明をじっくりします。
そして、GOエントリー。
本日のパダンバイ、通常より1時間半遅れのスケジュールでしたが、海況よし。
波少し、流れ少し、透明度12m~18m、水温29℃ あたたかや~

みんな一緒に潜れました!
実は水面で、ラグビー部UC氏がまさかのギブアップ宣言をしましたが、却下です。
まだ、潜ってないし・・。
運動神経もよく、やはりすぐに潜れました。
1本目、店主のバディで様子見させて頂きます。

この直後、店主のタンクがはずれてしまいました。
直してもらいたいのですが、頼めるのはこのUC氏しかおらず・・。
試しに、期待せずに、<タンク直して>とサインを送ると・・なんと直してくれたのです!
さすが、工学男子。
体験ダイバーに通じたのは、初めて!
てりまかし、ぱっUC。

 

のんびり水中散策開始。スジモヨウフグちゃん。

 

振り返ると・・
レスキューダイバーのK氏は、自由に写真を撮っています。
体験のF氏とUN氏も上手に潜っていますね。

 

サザナミヤッコの幼魚

 

大きくなると、あれになります。

 

アカヒメジの群れ

 

アオヤガラ、ウツボ、クマノミ、ウミウシなどを見て上がります。

 

2本目、水面キラキラスマイル記念。
店主、本日珍しく “紅一点DAY” だ!

 

2本目、午後からブルーラグーンがきれいでした。
たまたま干潮だったこともありますが、穏やかっ。
UC氏とUN氏ですね。
2本目、店主のバディはF氏(グーとパーで決めました)。

 

ダイバーK氏は放置ですが、自分で楽しめます。

 

午後なのに、素晴らしい透明度。

 

愉快な仲間たち、こういうの気になります。

 

ライセンスをとりたくなっているUN氏。

 

K氏、やっと会えましたね。

 

 

サンゴもりもり

 

2本目は、小さなウミガメが2匹並んでいました。
動かないので、長いこと観察できました。

 

ははは~、小さなウミガメに紳士5名。

 


カメちゃん、ありがとうね。

皆さん、一緒に潜れてよかったです。
皆さん最後まで元気、笑ったな・・楽しかったです。
今日は早朝便で飛んできてくださり、ありがとうございます。

 

 

ページのトップへ