Posts tagged 体験ダイビング

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

本日のゲストは東京よりお越しのT氏とTさんです。
はじめまして!
7月中旬にご一緒させて頂いた新聞記者N氏のご紹介でした。
N氏&Cさん、ご紹介ありがとうございます。
今日は、お二人を快晴パダンバイへご案内しました。

パダンバイの海況は、大潮の割りによし。
波少し、流れ少し、透明度10m~15m、水温24℃~26℃。
2本目は、漂流ごみが若干目立ちました(パダンバイ通過中)。

Tさんは、かなり落ち着いていますが体験ダイビング。
T氏は認定ダイバーで、2年ぶりのダイビング。
リクエストで一緒に潜ります。

 

ヘリゴイシウツボの巣穴にベラがやってきて、体でふさいで動きません。
クリーニングかな?
T氏はウツボに食べられたと思ったそうです。

 

カイメンの中

 

オヤビッチャのクリーニングステーション。
大きなキツネフエフキも!

 

群れ群れポイント、本日分散していました。

 

潜水艦オデッセイ号も会えたし、上がりましょう。
冷えましたー。
Tさん、水中でリラックスでした。

 

2本目は、バックロールエントリーでどぼんと入ります。

 

ドロップオフのT氏。ぴったり付いて来てくれます。

 

クロユリハゼがびゅんびゅん

 

 

みんなで見たオニオコゼ

 

 

ちっこいよーっ。
5mmサイズのクマノミ3匹。
Tさん、感動!

 

 

捕食外出中の Large spotted snake eel

 

 

本日のタツノイトコちゃん
小さいですが、3人でじっくり観察。
写真の方がわかりやすい。

 

忙しそうな小さなウミガメが目の前をゆきます。

 

Tさんより好きサインが出たフタスジタマガシラ

 

 

こっちにも小さなウミガメが捕食中。
3分ぐらいで2匹。
Tさん、体験ダイビングでラッキーだ!

 

バイバーイ、またね。

2本目は暖かくて、じっくりロングダイブになってしまいました。
生物観察、面白いですね。店主も飽きないの。
TさんとT氏、一緒に潜れてよかった!
体験ダイビングのTさんが、『明日もダイビングしたい』と言い始めました。
もちろん、ダイバーT氏もその申し出に大喜び。
ということで、明日も宜しくお願いします。
今日はありがとうございました。

トランベン 体験ダイビング

0

福岡よりお越しのK氏とMさんをトランベンへご案内しました。
今日は道路がすかすかで、サヌールからは2時間かからずトランベン着。
はやーっ。
先日までの渋滞は何だったのという感じ。

目覚めると、アグン山くっきり。天気もよし!

 

体験ダイビングの説明をじっくりやって、エントリーです。
本日のトランベン、まだ海況よし。
波ちょっと、流れなし、透明度20m、水温28℃。
(いつもこんなに海況が良いとは限りません。)

野球やテニスをやっておられた二人には、体験ダイビングは難しくなかったようです。

 

ヨメヒメジ

 

 

沈船に長いこと住んでいるクマノミ

 

 

最後は沈船の浅いところで止まります。
1本目からがっつり潜ります。
お二人は大感動!!
こんだけ喜んで頂けるとやりがいがあります

 

 

2本目は、二人とも慣れてしまってサクサク自ら準備。
ファスナー閉める係、マスク洗う係、Mさんの器材を運ぶ係・・・分担制。
小柄なMさんもタンク担いで入ります。
いざ、エントリー。

 

沈船あちこちに付いているカイメン。
バラクーダもいましたね。

 

 

混み合っていましたが、リバティ号船首を上から見てみます。

群れがすごかった~。

 

 

サンゴも付いてます。

 

 

ミナミハコフグの幼魚、みんなで観察しました。

 

 

クマノミと写真を撮りましょう。

 

 

下から・・・

 

 

魚まみれの安全停止が終わってからは、かなり慣れてきたので二人で水中移動。

 

水面下にダツの仲間オキザヨリかな?
クリーニングされる時、口開けるんですね。

 

 

クラカケチョウチョウウオにそこまで近づけた!上手。
2本目もがっつり潜りましたが、お二人は「あっという間」だったそうです。
中性浮力も姿勢も素晴らしいので、もうダイバーになってまたいつか戻ってきてください。

 

帰路、ライステラスでMさんと店主はちょっと寄り道 (出発数分でK氏は爆睡)。
パパイヤがもりもり実をつけています。
そこでおじさんが、バナナやサラック(スネークフルーツ)を売っていたので両方買いました。
K氏は寝たままでしたが、Mさんは初サラックを喜んでくれました(これ珍しい!)。
見た目はニンニクですが、くせになる触感と甘酸っぱさ。
フルーツ食べて、みんなで車中はお休み。

 

 

今日は、天気も海況も道路状況も、全てラッキーでした。
ダイバーになって、いつかもう少し深いところ一緒に潜りましょう。
Mさん、Kさん、ありがとうございました。

パダンバイ 体験ダイビング

0

関東よりお越しの2組をパダンバイへご案内しました。
Aさん&H氏、そしてMさん&Kさん、皆様はじめまして!
皆さん体験ダイビングです。

今朝、ホテルピックアップ時に、準備ができていなかったMさん&Kさん。
今週、二組目です・・・。
時差があることに気づいていなかった。
バリ島が朝7:30の時、お隣ジャワ島は6:30、日本は8:30です。
一度、ジャワ島へ入ってしまうと、間違えやすいようです。
皆様、お気をつけください。
しかし、時差を告げられた瞬間、皆さんの慌てようは笑えます。
もうパニック。

スムーズにパダンバイへ到着し、体験ダイビングの陸上説明、そして疑問をなくして海へ出ます。
本日の海況、昨日より悪化・・・かも。
波あり、うねりあり、流れちょっと、透明度5m~20m、水温23℃~27℃

みんなでエントリーできたここが一番透明度悪かったです。
浅瀬は白くなってしまっています。
でも、皆さん上手に潜れました!

 

今朝の1時間時差事件&昨日はサルに噛まれて狂犬病注射をしたというMさんとKさん。
余裕で入れちゃいました。
行ってらっしゃい。
店主は、AさんとH氏を担当させて頂きました。

 

ハリセンボンの子供

 

 

ウツボ

 

 

水面休憩中

 

 

時差ボケ、サル事件に続き、この後もお金消える事件や車内に靴忘れ物事件などいろいろやらかしてくださったお二人。
2本目、ちょっと波がありますが入ります。
*結局、お金は自分のバッグにありました。笑

 

あーーー、こっちは透明度がいい。
かわいいクマノミ。

 

 

2本目、うねりがありますがH氏もAさんも上手に水中散策。

 

あーーーーーっ、ホワイトティップリーフシャークが通ってゆきます。
他店も見ていたし、店主たちも2回見たので、サメにとっては嬉しい海況だったのでしょう。
下の方は、すこーーーーーーんと抜けてクリアでしたが冷たい。

浅瀬は波とうねりで白ぽくなっていますが、温かい。
悩む選択肢です。

 

お二人ともダイビングのセンスがあります。

 

Mさん&Kさんも生物観察を楽しんでいます。

 

この余裕!

 

 

近すぎる~。

 

 

では、そろそろ上がりましょうか。

 

さすがに、今日は4人中3人が波酔いしました。
でも、水中は皆さん元気いっぱいでした。

 

太陽に当たりながら、ランチ&フルーツ。
今日のメンバーも面白かったです。
皆様、朝早くからありがとうございました。
(ホント、中村君にそっくり。)

体験ダイビング&ファンダイブ パダンバイ

0

大阪よりお越しのT夫妻です。
元スラバヤ在住だったK夫妻よりご紹介です。
ありがとうございます。
そして、Fさんは3日目のダイビング。
朝から車中は『吉本新喜劇』状態。
もう次から次へ止まらない・・・すごすぎる。
つっこみがわからない。

パダンバイは昨日に引き続き、天気も海況も抜群。
波なし、流れなし、透明度15m、水温27℃。

体験ダイビングのT氏とNさん。
スムーズに入れました。

モデルのようなNさん、きれいすぎて64歳・孫6人に見えないんですけど。

大きなアカエイ・・・この前見たやつかな。

 

ダイブマスターFさんは、放置していてもきちんと付いてきてくれます。
自分で楽しんでいます。

 

Nさん、2回ほどやらかしてくれて、潜水時間18分で終了することに。
水面でもどこでも、吉本新喜劇です。
水泳をやっていたT氏はまだまだ元気そうで、そのまま3人で続行ダイブです。

サラサハゼたくさん

 

 

スジモヨウフグ、ハコフグ、サザナミフグ、ハリセンボン、シマウミスズメ・・フグ系かなり充実。

 

 

ケヤリと戯れる。

 

 

サンゴが美しい。

 

 

後半はどんどん力が抜けて、楽しそうに初ダイビングを楽しまれていました。

 

 

2本目はどぼーんとバックロールエントリーで皆さん入りました。

 

慣れたもので上手に入ります。

 

奥様Nさん、ダイビング自体は全く問題ありません。
海好きですが、昔の体験ダイビングでトラウマがあるらしく、長くは潜れないようです。
ただ、トラウマがあってもまたダイビングしようと思ったところは表彰ものです。
休憩中、打ち合わせた通り、浅瀬で15分ぐらい水中散策ができればOKとのことで上がってもらいました。
この景色忘れないでくださいね。

 

 

さて3人で続行です。
T氏、また上手くなってる!

 

カイメンを覗くと小さなミノカサゴが3匹。

 

 

Fさんは、今日もGOプロとカメラ2台です。
サメ(ネムリブカ)が2匹寝ていましたが、店主たちは尻尾だけ確認。

 

 

ハナビラクマノミ

 

 

キンセンフエダイ

 

 


本日の楽しいメンバー
笑いがたえず・・・大阪はすごいな。
皆様、ありがとうございました。

Nさん、ボートでくれた『あめちゃん』おいしかったです。

トランベン 体験ダイビング&ファンダイブ

0

大阪よりお越しのY氏とMさん、ハネムーンでバリ島です。
ご結婚おめでとうございます。
そして、マレーシア在住のO氏(故郷は山口県)。
皆さん、はじめましてー。
本日の共通点は、全員19歳!
若くていいなー、皆でトランベンへ。

 

予想はしていましたが、独立記念日を前に行進があちこち。
これは、高校生のパレード大会本番ですね。
あちこち車が止まることになりましたが、全員熟睡でそれほど渋滞は気にならず。
20分程度の遅れでトランベン着。ほっ。

 

本日のトランベン、海況抜群。
波少し、流れ1本目だけ、透明度20m以上、水温28℃。
そして、快晴!&ダイバーだらけ。

マレーシア在住O氏は、ファンダイブなのでさくさくっと準備してエントリーしてゆきました。
店主は、若夫婦の体験ダイビングを担当させて頂きました。

MさんもY氏も、説明通り、超スムーズエントリー。
この余裕のキラキラスマイル。

 

お二人ともiphoneを持ち込んでの撮影でしたが、二人ともうまくいきませんでした。
せっかく準備した20m防水と30m防水の2つです。
水中でパスコード入力を問われてもね・・・。

 

Y氏が『すごい!』とサインしたダイバーだらけの水中。

 

 

リバティ号の住人コショウダイ
下の方にアカマダラハタなどもちらほら。

 

 

目の前を魚がゆきます。

 

 

チンアナゴいっぱい
初ダイビングでしたが、がっつり潜ってしまいました。

 

 

2本目の準備は慣れたもんです。
マスク洗いは、Mさんのお仕事!

 

Y氏がときめいていた魚はこれでした。
ツノダシ

 

 

上手に着底して、水中世界を味わいます。

 

鉄柱の下はこれですよー。

 

最後は、二人で岸までいっちゃいます。
ダイバーの適正ありあり。
お疲れ様でした。

 

 

さくさくっとファンダイブ3本を終えたO氏がエキジットしてきました。
1ヶ月前にマレーシアでダイバーになり、プーケットも潜り、今日はバリ島。
これからマレーシアの大学に入学するそうです。
店主は、うらやましい。

 

 

それぞれの19歳メモリー。
日本の未来は明るいぞ!と思わせて頂ける純粋な若者たちでした。
帰り道も行進練習をところどころ見かけましたが、熟睡してたらあっという間にサヌール着でした。
皆様、今日はありがとうございました。

パダンバイ 体験ダイビング

0

本日は、パダンバイで体験ダイビング担当でした。
他店のお手伝い。

天気は、曇ったり太陽が出たり。
風があります。
海況は、風の割りによし。
波ちょっと、流れなし、透明度12m、水温27℃。

ブルーラグーンが波ありだったため、ジェプン側にボートが集まっています。
水面は混み混み。

ラッキーなことに、タイワンカマスの群れやアオリイカの群れを見ることができました!

 

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

京都よりお越しのF氏&Kさん、はじめましてー。
一組キャンセルがあり、急遽、デンパサール在住YH隊長が特別参加(thank you、pak)。
車中、和やかな雰囲気でパダンバイへ出発です。

F氏&Kさんはどうしても15時までにホテルへ戻りたいため、ちょっと早い6:30出発。
そして、体験ダイビングのF氏は持病がありましたが、事前に相談してくださっていました。
主治医にダイビングが可能かどうかの診断を得ての参加でした。
体験ダイビングの簡単な講習もスムーズに進みます。
ボートで5分ほど移動します。

早朝パダンバイの海況は抜群!!!
波なし、流れなし、透明度20m、水温28℃。
透けてるのに暖かい・・・両方揃うのは珍しい。

F氏とK氏、あっという間にエントリー。
楽しみにしていた初ダイビングを楽しんできてください!
水中カメラをレンタルするほど気の入れよう。

さて、店主はYH隊長とファンダイブです。
当初の目的はボロカサゴを撮ろう!でしたが、水中で急遽変更。

まだ小さなフサカサゴ

 

ウォールのコウメウミウシ、落ちないでね~。

 

YH隊長はいつでもクール。

 

 

ハダカハオコゼはあちこち

 

 

オトヒメエビもあちこち

 

今日は暖かい!

 

エキジットです。
水面下にはツバメウオ幼魚。

 

無事に成長すること祈ります。

 

体験F氏とKさんの2本目、いってらっしゃーい。

 

オオモンカエルアンコウ
2本目の深場は23℃でしたが、浅瀬は28℃。
サーモクラインがばりばりです。

 

ウミウシカクレエビ(ウミウシはかなり迷惑そう・・歩きにくそう)

 

今日は本当にブルーラグーンでした。
最高!

 

クモウツボが寄って来た!

 

いいところに皆さん住み着いています。
よく見ると、イソギンチャクモエビもびっしり。

 

お待たせしましたー!
ランチ・ランチ・ランチ。

F氏&Kさん、じっくり潜れてよかったですね。
今日は皆さんありがとうございました。
最高のパダンバイでした。

 

パダンバイ 体験ダイビング&ミンパン・テペコン ファンダイブ

0

朝から天気がよくて気持ちいい。
風も弱まりました。
すっきりしない空模様のこのごろ。

本日はアムック湾へGOGO。
12月末にアドバンス講習を受けたMさんが、お友達を連れてきてくださいました。
K氏、はじめまして!
体験ダイビングのK氏とアドバンスのMさんがパダンバイで一緒に潜ります。

そして、4年前は北京在住だったF氏・Mさん夫妻と再会。
素敵なご夫妻なんですよね・・・面白い。
北京からやってくると、バリ島の全てが 『安全&クリーン』 であることに感動していましたね。
衝撃発言の数々、忘れられません。
現在は日本在住なので、当時の感動は薄いかなー??
ご夫妻は、着替えて即効、別のボートに乗り込みチャンディダサ方面へ。
行ってらっしゃい、3ダイブ。

店主はパダンバイを潜ります。
K氏を初めての水中へご案内しました。
耳抜きも上手だし、落ち着いている!
本日の海況、GOOOD。
波なし、流れなし、透明度12m、水温26℃~27℃

オヤビッチャの群れ

 

ハナビラクマノミ天国

 

さんご礁をゆっくりドリフト

(Mさんは、このポイントのスーパードリフトを経験済み)

K氏は初めてのダイビングなのに、この落ち着き。
Mさんは、ぴったり付いてきてくださいました。

 

 

太陽が気持ちいいーーーーエキジット

 

 

アグン山も見えちゃう。
K氏はバリ島滞在中に登るそうです!

 

 

今度はボートからどぼーんと入ります。

 

気持ちいい・・・いつもこんな水面ならいいんですが。

 

ウォールでK氏の手を離してみました。

もうダイバーみたい。

ニモをたくさん見ましたね。

 

店主が好きなコクテンハギ。
サンゴによって体色変えてました。

 

 

 

ギュンノドリスアウリタという絶対覚えられないウミウシ
下にもいて3匹重なりお休み中

 

 

Mさん、K氏、上がりましょうか。
じっくり潜れました。
この後、水面でウミガメを見ちゃいました!

ランチを終えた頃、3ダイブ終えたF夫妻が帰ってきました。
チャンディダサ方面、透明度が良かったそうです。
それなりに水温も冷たかったそうな。
でも、マンボウはなし。

今日は皆様ありがとうございました。
帰りは爆睡の車中zzzzzzzz
あっという間にサヌール着。
やはり太陽が出てるといいですね。

パダンバイ 体験ダイビング

0

本日は皆さんをパダンバイへご案内しました。
T氏&Nさん、そしてN氏&Kさん、はじめまして!
皆様、暑い暑い東京からです。

バリ島の涼しさに驚かれていました。

皆様初めての体験ダイビングで、ビーチで簡単なダイビング講習からスタート。
準備万端で海へGOGO。

本日のパダンバイ、風の影響で水面の波があります。
『きっと誰か酔うだろうな・・・』という揺れ。
ただ、水中は良し。中に入るとほっとします。
流れ2本目少し、透明度12m、水温27℃。
水面のバタバタだけです。

 

3人はスムーズにエントリー成功!
N氏の相棒Kさんが水面でギブアップ。
恐怖心が先立ち潜行すらしませんでした。
店主のしつこい説得でも、水面の『恐怖心』という壁は大きかったです。
3人が下で待っていたので、1本目はとりあえず休んでもらうことに。
あとほんの少しだったのに、もったいなーいと店主は思います。

 

 

お待たせいたしました。
ゆっくり水中世界を観察です。
ヤッコエイ、アオヤガラ、アカククリ、ツバメウオ、クマノミ、スジモヨウフグなどを観察しながら進みます。
水中は穏やか。

 

後半、大きなウミガメ。
食事の後は、水面へ呼吸で上がってゆきました。
エキジットすると、水面がまたバタバタ。

 

水面休憩では、今度はN氏が酔ってしまいました。
他のボートでも酔っている人、あちこち。
風よ、止んでくれ。

ですが、2本目。
酔ったN氏はカメラで元気に復活。
すごーい。
タテジマキンチャクダイを撮る。

 

クマノミを撮ってみましょう。
ニモ(カクレクマノミ)のいい写真を撮っていたN氏。

 

2本目はちょっとアゲンストの流れ。
T氏とNさんペアも上手に潜っています。
T氏のお父様がダイバーなんだそうです。
いつか父と息子、一緒に潜れるといいですね。

 

店主のバディはN氏、体験ですが余裕です。
酔いやすいけど、水中ではこの通り!

 

ツノダシがあちこち。

 

 

また腹ペコのウミガメ!
至近距離で写真が撮れたことでしょう。

 

ハリセンボン

 

流れがあったので、着底してアカヒメジの群れ観察。
潜水艦、ウミウシ、ソメワケヤッコ、キツネフエフキ、ゴマモンガラなども見ましたね。

 

NさんとT氏は、終始落ち着いて生物観察。

 

皆様、お疲れ様でした。
がっつり堪能。
さて、バタバタの水面へ(N氏はぎりぎりまで水中待機)。
そしてすぐ陸へ。

 


ビーチ到着、無事終了。
今日は皆様、ありがとうございました。
若者のエナジー頂きました。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

本日はにぎやかにトランベンです。
Sさん&K氏ペア、N氏&N子さんペア、A氏&T子さんペア、皆様はじめまして!

早朝南部出発時は、曇り空でしたが、トランベンで目を覚ますと久々太陽。
これだけでテンション上がります。

本日のトランベン、波なし、流れちょっと、透明度10m~20m
体験のK氏とT子さんの講習をやって、それぞれのペア同士で潜る形にしました。
最近、ライセンス持っている人と持っていない人が、一緒に潜りたいというリクエストが続いています。

 

T子さん、初めてのダイビング成功ですね。
A氏は、カメラ持参で一緒に潜ります。

 

沈船リバティ号をゆきます。

 

 

オニカサゴ分かったかな。

 

Sさんが気になったケショウフグ。

 

2本目はバラクーダからスタート。

 

スパニッシュダンサー(ミカドウミウシ)がゴマモンガラに突かれている場面。
食べているのか遊んでいるのか微妙・・。
迷った挙句、ゴマモンガラを追い払った店主。
昼間なのに、ヒラヒラ水面へ向かってゆきました。

 

お二人ともファンダイブのN氏とN子さん。
2本目、N子さん、自立したダイバーになってる!
いい感じーー。

 

 

体験N子さん、いいですね。

 

A氏もぴったり付いてゆきます。

 

店主が担当した体験K氏とSさんペア。
コショウダイと記念撮影。

 

がっつり潜りました。
2本目は時々K氏の手を離してみます。
K氏、体験ダイビングに見えません。

 


皆さん、それぞれに潜れました。
今日は一日ありがとうございました。
無事終了!

ページのトップへ