Posts tagged 体験ダイビング

アメッド ファンダイブ&体験ダイビング

0

埼玉よりお越しのK氏&Kさん。
K氏、お久しぶりです。4年ぶりかな?
そして、ジャカルタ組の2日目。
本日は、皆さんをアメッドへご案内しました。
アメッドの海況は、早朝は流れがかなりきつかったようです。
店主たちが到着してからは、それほどでもなく穏やか。
波もなく、透明度15m、水温29℃。

1本目、店主は体験の埼玉組を担当させて頂きました。
K氏は、立派なライセンス保持者。
ただ、4年のブランクあり。
Kさんは、生まれて初めての水中へ。

耳抜きを心配していたKさんでしたが、問題なし。
放置していたK氏のカメラ調整もばっちり。
超・スムーズエントリー!!

 

生物ウォッチングのスタート。
ハダカハオコゼさん。

 

チョウチョウコショウダイの幼魚があちこち。

 

K氏は写真が楽しそう・・。
Kさんもこの余裕。

 

ミゾレチョウチョウウオは、オヤビッチャが産み付けた卵を片っ端から食べていきます。

 

近づいて来るツバメウオ。

 

ここはキリンミノ3匹、オニカサゴ1匹がいますよ。

全部キケン。
穏やかだったので、長いこと潜ってしまいました。

絶景ビューの中でエキジット。
お疲れ様でした!
Kさん、体験とは思えない潜りぷりでした。

陸上でランチを終え、2本目GOGO。
店主は、ジャカルタ・ファンダイブ組のガイドを担当させて頂きます。
竜宮城ポイントへ。

お二人とも撮りまくっています。
Lちゃん、1キロ減らして、益々中性浮力がよくなりました。

 

クマザサハナムロのうじゃうじゃ。

 

次から次へと群れが来ます。

 

LちゃんはGOプロで楽しみます。
鉄人K氏、今日もすごい写真撮るんだろうなぁ。
昨日の成果を見せて頂きましたが、ため息ものでした。

 

スカシテンジクダイが、いーーーーっぱい。

 

 

イソバナもだいぶ回復してきました。

 

本日のヒメちゃんたち。

 


透明度がよくていいなぁ。
今日のヒメちゃんたち、低め安定で整列です。
この他にも、アオリイカ子供たちの群れ、ムカデミノウミウシ、ジョーフィッシュ、ニシキフウライウオなどを観察。
穏やかだったので、じっくり潜りました。
体験組もじっくり潜れちゃったそうです。

皆様、楽しい一日をありがとうございました。
海況が良くてラッキーでした。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

横浜よりお越しのM夫妻、はじめまして!
そして、ジャカルタからお越しの鉄人K氏お久しぶりです。
そしてそして、ジャカルタLちゃん、はじめまして!

道路は順調でしたが、パダンバイに入り、また片側車線通行で進めない。
フェリー乗り場がひとつ壊れたそうな・・。
大型トラックはバイパスで並ばせましょうよっ。

 

本日のパダンバイは、波なし、1本目流れあり、うねり浅瀬で少しあり、透明度10m、水温23℃~27℃。
水中は乾季に入りました。いいこと!

ご主人D氏は、沖縄で一度体験をやったそうで余裕。
奥様Eさんは、最初だけ口呼吸の息苦しさにびびりましたが、すぐに慣れちゃいました。
レギュレーターは、水中で吸った方が断然吸いやすいのです。

 

エントリーすると、流れが結構出てきてシンドイ・・。
予定を変更して湾の方へ流されながらのダイビングに変更。
二人とも落ち着いて魚観察です。

湾内まで来ると流れがほぼなし。
スズメダイの群れやら、ヘラヤガラ、カクレクマノミ、ハコフグ、ツノダシなどを観察。

 

ヘコアユの大群を見ましたね。
ファンダイブ組、深場は水温23℃だったそうなっ。

 

はい、太陽ぎらぎらです。
次は、ファンダイブ組のガイドやっちゃいまーす。

 

 

K氏、大きなカメラで頑張ってます。
Lちゃん、経験本数の割りに上手!
砂を巻き上げない。

 

いつも挨拶だけするブラックシュリンプゴビー

 


タツノイトコ、実は3匹くらい・・・いた・・・(笑)。
これ極小です。このヨタヨタ感かわいい~。

うつぼさん、降りてる。

 

オオモンカエルアンコウ黒の親子!!
子供小さーい。
同じように並ぶんですね。

 

本日のアカヒメジ!体験のD氏とEさんも見ましたね。

 

体験ですがDさんとEさんも、長めにダイビングしていますね。

 

Lちゃんの中性浮力と姿勢・・・安定しています。
半年ブランクありの若干30本ダイバー。
GOプロで楽しまれていました。

大きなコブシメがいて、逃げない。
もしかして・・・。
でも、エスコートのオスがいない。

産卵?

 

ですね・・・。
感動のシーンに出会えました。
3つ、4つ卵を産み付けるのをじーーーーっと観察しました。

 


中にあるピンポン玉ぽいのが卵。
ぱっと身半分ぐらいは産み終えている感じ。
あと1,2日見られそうです。
コブシメさんのせいで、ロングダイブ。笑
ファンダイブ組、エアがもちますね~。

M夫妻もじっくり体験ダイビングをされ、楽しんで頂けたようです。
ライセンス取得について、お二人で話し合われてました。
奥様Eさんの最初のびびりが嘘のよう。

皆さん、今日はありがとうございました。
楽しかったです。

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

ついに15日です。
日本のお隣・北朝鮮の動向が気になって仕方ありません。
Xデーなるか?予測不可能だし、緊張だし、日本が心配。

一方、バリ島はお盆の最終クニンガンです。
ご先祖の霊が帰る日。送り盆ですね。
早朝からバリ人は忙しそうです。

昨日に引き続き、ジャカルタからM氏とRさんをパダンバイへご案内しました。
海況はまあまあ。波少し、一時流れ、水温24℃~28℃、透明度15m。
深場ほど冷たくて、水中も乾季ぽくなりました。

店主はRさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
2日目で、かなり余裕のRさん。
準備や片付けまでお手伝いしてくれる積極性!

常に捕食中のアカホシカニダマシ

 

体験2日目になると、こんなものまで観察できるようになります。
イソギンチャクカクレエビ

 

 

クリーニングステーション・・・寄生虫をきれいに取ってもらいましょう。

 

キンセンフエダイにヨスジフエダイも混じっていたり・・面白い。

 

ちょっと手を離してみます。

 

パダンバイは、クマノミが多いです。

 

もこもこサンゴ!
この辺は、スノーケルでも楽しめます。

 

 

ちょっと浅瀬は流れていましたが、落ち着いています。
店主たち体験は最低水温26℃でしたが、ファンダイブ組は24℃だったとか。

 

 

今日は1本目からバックロールエントリーのRさん。
細身ですがスタミナはあります。

 

2週間ぶりのタツノイトコちゃん、まだいた!
少し大きくなりました~。

 

オビテンスモドキの幼魚・・・女子二人で追いかけます。
振り返るとそこには、タコ。

 

あっ、ファンダイブのM氏。
ウミガメやオオモンカエルアンコウ2匹などの写真を撮られてました。

 

Rさん、まだ行けそうだったのでちょっと遠回りしちゃいます。

 

ここはアカヒメジやデバスズメダイ群れ群れ。

 

 

絶対、ヘラヤガラ増えています。

ロングダイブになってしまいました。
いやー、面白いダイビングでした。

 


太陽ギラギラ&お疲れ様でした。
バリ島休暇を楽しんでいってください。
ありがとうございました。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

妹がおととい帰国し、店主の休暇も終わりです。
仕事モードに切り替えないとです。

今日は祝日だったようで、皆さんジャカルタからです(何の日?)。
トランベン沈船へ。
道路がガラガラであっという間に到着です。

リピーターのMさんやAさんが所長を連れてきてくださったり、
今回来てないリピーターK氏が上司を紹介してくださったり、
Rさんは、自分でネット検索&ブログ読み込みしてきたそうな・・。
ありがたいです。感謝。

本日の海況抜群。
波なし、流れ最後にちょっと、水温29℃、透明度20m。
店主は、T氏とRさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
1本目、小さなウミガメを独占でじっくり観察できました。
ラッキーでしたね。
(カメラ持っていくべきでした)

2本目、更に余裕です。
耳抜きも問題なし。

 

Rさんはジョギングが日課、T氏はサッカーをしていたそうで・・・運動神経がいい。

 

餌付けしなくても寄ってきます。
おさかなまみれ。

 

鉄骨の下には、アヤコショウダイたちがずらーーーっと並びます。

 

帰りにちらっと手を離してみたら、美しい流線型で付いて来るRさん。

 


リバティ号の浅瀬には、チンアナゴがたくさんいます。
今日は小さなカマスも数匹。
大きなカツオも通り過ぎてゆきました。

全員カメラ持ちのファンダイブ組もそれぞれに楽しまれたようです。
帰りの道路もガラガラであっという間にサヌール着です。
のろのろトラックが道路からいなくなると、こんなに走りやすいことの証明ですな・・。

皆様、ありがとうございました。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

本日はパダンバイへGO。
茨城のS子ダイバーとお孫ちゃんヒロキ10歳は昨日に引き続き2日目の参加。
そして東京からのリピーターT子さんが今年も登場です。
T子さんもニュピ前にバリ島入りし、ニュピ体験をして、本日はダイビング。
以前、T子さんのお誕生日ダイビングだったのですが、今日は店主の誕生日ダイビングという偶然。

パダンバイの海況は、波あり、うねりあり、流れなし、透明度10m~18m(浅瀬濁り)、水温27℃。
天気は晴天。
今朝はマンタが出たらしい~。

ヒロキは手を離してる・・・。
これ体験ダイビング通算7本目になります。

恐るべし10歳。

 

1本目の店主は、S子さんとT子さんのガイドをさせて頂きました。
二人とも初めてのタツノイトコ。
うねりがすごい中、S子さんも撮影頑張りました。
すごい小さいのに、よく巻きついていられますな。

 

怖い顔のヒメオニオコゼ。

 


ガールズは初対面ですが、水中でもかなり意気投合。

これも二人とも初のホウセキカサゴ。
いてくれてありがとう。
店主へのバースデープレゼント。

 

 

うねりに負けず・・。
ヒロキにもう少しウミウシ見せたかったなぁ。

 

ガールズ、がっつりダイブお疲れ様です。

 

太陽がすごかった水面休憩。
今年のヒロキは全く酔わず・・・。
水面でも元気に泳いでいました。

 

エントリーだけ一緒にGO。
ラストダイブ、お婆ちゃんS子さんは孫と潜ります。

 

T子さんとのマンツーマンダイブ。

 

潜水艦オデッセイ号とすれ違います。

 

かなり大きなウミガメ・・・腹ペコなのか動じないという感じでした。

 

キンセンフエダイの群れ群れ・・・・

 


リピーターの皆様、今日はありがとうございました。
楽しかった~。
誕生日プレゼント、ありがとうございました!!

トランベン 体験ダイビング

0

ニュピ明けのバリ島です。
本日、朝6時より通常通り外出できます。

茨城よりお越しのリピーターS子さんがお孫ちゃんを連れてやってきてくださいました。
大晦日オゴオゴの中をバリ島入りし、昨日新年ニュピはホテル内プールでゆっくり、今日からダイビングです。
水の人・ヒロキは10歳になりました。
去年の夏休みは9歳で、初めての体験ダイビングとして、2日間も参加してゆきました。
去年は2mでのダイビングでしたが、今回は10歳なのでもう少し深くいけますよ。
10歳を待ちに待ったヒロキ本人が『もっと深く潜りたい』とのリクエスト。
今回は、S子さんの念願だった『孫と潜る』実現です。

本日のトランベン、海況よし。
波なし、流れなし、透明度10m~15m、水温28℃。
潮が満ちていてくれてエントリーエキジットが超楽チン。

前回4ダイブしていっているので、軽く陸上で復習。
浅瀬で呼吸やスキルを思い出してもらい、エントリーです。
*小さなマウスピースのためオクトパスをメインで使用

 

S子さんは、今回ムービー撮影だったようです。
もうすぐ200本ダイバーです。

 

リバティ号の中

 

腹ペコのケショウフグ・・・・全く逃げません。

 

S子さん、ヒロキと潜れて良かったですね。
ヒロキが生まれた頃から言ってましたよね。
そのために水泳を習わせたり・・・。
お父さんはサーファーだし、婆ちゃんはダイバー。

 

コショウダイがわんさかでした。

 

かわいすぎる!

ランチタイムもプールでずっと遊ぶヒロキ。
車の中でも起きているし、いつバッテリーが切れるのか。
エネルギーの塊ですわぁぁ。

2本目エントリー前に、3人で『ウミガメ』と祈ると小さなウミガメと遭遇できました。
言霊パワー、絶対あるよっっ。
昔、S子さんはリバティ号で『マンボウ』と言うと、マンボウが出てくれたことがあるのです。
店主、目を疑いましたね・・。

 

2本目若干透明度落ちましたが、魚影は濃くなり、クマザサハナムロなどびゅんびゅん飛んでました。

 

記念パチリ

 

水の人・ヒロキ、お疲れ様でした。
スーパー婆ちゃんと一緒で幸せ者!!

トランベンを出て山越えの手前で、タイヤがパンク。
たまにありますね。
毎回タイムを計りますが、うちの運転手は9分でタイヤ交換。
祝・新記録!!
S子さん、ヒロキ、今日はありがとうございました。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

本日は偶然ですが、北海道と沖縄の学生たちが集合。
日本の最北と最南が、インドネシアバリ島トランベン村リバティ号を潜るなんて、面白いなぁ。

2日目ファンダイブの帯広畜産大学・CさんとIさんは、サクサクっと準備済ませてあっという間にエントリー。
いってらっしゃーい。

店主は、沖縄大学チームの体験ダイビングを担当させて頂きました。
皆様、素直な感じでお土産まで頂いてしまいました。
なぜ?????
なんと彼らのゼミ教授が店主の同期Rさんだったのですよ・・・・(聞いてないし!)。
大昔、17年前のことになりますが。
そんな訳で、同期Rさんからまで『お手紙付きお土産』が届けられました。
スタッフみんなで頂きます!
感動MAXでした・・。

本日の海況、抜群です。
波なし、流れ少し、透明度18m、水温28℃、トランベンブルー!
ただ、2本目の水面はゴミが集まってしまいました。

沖縄大学・体験ダイビング組はスムーズ。
皆さん、耳抜きの問題もなく無事潜行。

 

店主担当は、I君とAさん。
余裕でした。

 

みんなが見たチンアナゴ。

 

これは、途中で遭遇のCさんとYさんですね~。

 

リバティ号船尾周辺

帯広畜産大学・CさんとIさんガールズがエキジットしてきた!
2本目は60分超えのロングダイブでした。
素敵な写真が撮れたようです。

祝・北海道&沖縄
店主も道産子だし・・・笑

 

2本目は水中記念撮影をするため、チンアナゴで集合。
H君とS君を待っている間、先着組はヨメヒメジを観察中。

H君とS君、到着です。二人ともビッグ。

 

沖縄組・記念撮影パチリ。
思い出になりますように。

 

 

浅瀬5mでうじゃうじゃ群れてます。

 

 

Aさん、I君、とても落ち着いてました。
ウミガメ、ナポレオン、ヤッコエイ、バラクーダ、ウミウシ、クマノミ、アオヤガラ、アカククリなどを観察。


最後はムスジコショウダイたち。トランベン、ありがとう。
無事終了。

 

北海道組の素朴な疑問
『沖縄在住なのに、なぜわざわざバリ島で体験ダイビングをする?』
沖縄組の回答
『沖縄地元の人は素潜りはしても、体験ダイビングはまずしない。機会がない。』
確かに地元だと、そういうものなのかもしれませんね。ふむふむ。

皆様、今日はありがとうございました。
日本の未来は明るいと感じられた一日でした。

 

 

パダンバイ 体験ダイビング

0

今日は、東京在住の鹿児島ガールズAさん&Cさんをパダンバイへご案内しました。
同級生だそうです。
はじめまして~。美人さんだ。
久しぶりに乾いた道路で出発です。
最近は、雨が降りすぎる。
本日のパダンバイ、海況よし。
波なし、流れなし、透明度12m、水温28℃。
昼にかけて久々の太陽まで出てきました。
さすが、晴れ女のガールズ!

体験ダイビングの水面練習も終えて、これから潜ってきます。
全く緊張していないガールズです。

 

副鼻腔炎や花粉症持ちのガールズでしたが、耳抜きもすんなり。
水底ではニモが出迎えてくれます。
ゆっくり水中散策スタート。

 

クリーニング中の大きなウツボ、ヘラヤガラ、ツノダシ、ヘコアユ、ブダイ・・・初めての水中で感動MAX。
最後は、アカヒメジとチョウハンの黄色の群れをじっくり観察。
というか、仲間に入れて頂きました。

 

 

活き活き珊瑚!
お疲れ様です。上がりましょう。
1本目から余裕で40分超え。
申し込み時の不安がウソのよう・・とても落ち着いていました。

 

 

2本目は、チンアナゴやツマジロオコゼでスタート。
少し酔い気味だったCさんが、潜水後10分でリタイア宣言。
潜れるのに残念ですが、仕方ありません。
Aさんと二人で再潜行。

 

根の脇から眺めるシマキンチャクフグ。

 

Large spotted snake eel が元気に捕食中。
近くにもう1匹いました。

 

THE デバスズメダイ

 

長いことダイビングに興味があったというAさん。
ダイビングの素質ありですよ。
いつかチャレンジしてください。

 


晴れ女たちに感謝。
なんと太陽がギラギラ出ました!
今日はありがとうございました。
鹿児島はいつか行きたいところなのですー。

パダンバイ体験ダイビング&トランベン日帰り3ダイブ

0

本日は2箇所で、皆さん早朝出発。
おはようございまーす!!

東京よりお越しのKさん、Mさん、Sさん、Hさん、N氏、M氏の体験ダイビングでパダンバイへ。
お正月が終わって何休暇なのかと思いきや、会社の海外研修中だとか・・・。
医療系の難しいお仕事をしている同期の皆さんで参加です。
KさんのみCカード保持者で、もちろん同期で潜ります。

本日のパダンバイ、海況よし。
波なし、流れちょっと、透明度10m~20m、水温28℃。
そして快晴!!

 

全員スムーズに入れちゃいましたっ。
耳抜きもスパスパ。
はやっ。
ヘコアユ、タコ、ウミウシ、シマウミスズメ、ニモ、デバスズメダイなど人生初の水中散策を楽しみました。

 

 

エキジットで聖なるアグン山山頂が見えます。
きれい~。

 

皆さん、元気に水面休憩。
酔いやすい人が多いとのことで、実は心配だったダイビング。
ですが、事前に酔い止め対策を各自行いました。
祝・酔い人おらず!

 

2本目は皆さんバックロールエントリーで入るし、この余裕。

 

店主が担当した体験N氏の手を離すと、この姿勢!
骨が鉄タイプで、ウェイト1キロ減らしても、まだ沈むぐらいでした。
Cカード保持者のKさんは、水中カメラ持参でぴったり付いてきてくださいました。
本数の割りに、中性浮力が鍛えられているのが分かりました。

 

流れが少しあり、軽いドリフト状態。楽チン。
浅瀬の景色がどんどん変わります。

 

同期で潜るなんて羨ましい・・。

 

ポツポツとある根には、魚たちが群れ群れ。

 

ロクセンヤッコのペアやブルースポットスティングレイも・・。

 

同期でパチリ

 

大きなテーブルサンゴが点在しています。

 

お疲れ様でした!
皆で潜る、達成。

誰も水面で怖がらず、耳抜けない人もおらず、誰も酔わず、着替え等の行動も早く、とてもスムーズな進行。
しかも、渋滞に全く当たらず。
会社の集合時間があったので余裕を見て早朝出発にしたのですが、かなり余裕でホテルまで到着でした。
よかった~。
皆様、今日はありがとうございました!

そうして、もう一組のH氏、K氏、Yさんはトランベン日帰り3ダイブ。
実は、昨日のパダンバイツアーが3名様で入っていましたが、真夜中にキャンセルになってしまったんですね・・。
トランジットで乗り遅れてしまいバリ入りできず。
バリ島入りできないのは、仕方ありませんが、店主慌てました。わらわらわらぁ。
なので、結局、三名様とはお会いできず。
でも、やさしいバリ人ガイドがいるので大丈夫です。

 

 

ブリーフィング

 

 

行ってらっしゃい。Yさんは、記念すべき初ファンダイブ。

 

 


『THE 潜行』
波が全然なくてGOOOOOOD。
現地からの情報によると、透明度20m、水温29℃。
午後からパラパラと雨が降ったそうです。
1日しかダイビングできませんでしたが、次回はゆっくり来てください。

皆様、今日はありがとうございました。
結局、会えずに終わってしまいましたが、次回は是非。
バリ島を満喫していってください。

パダンバイ 体験ダイビング

0

本日はT氏とNさんでパダンバイへ。
T氏は天気予報を調べて、天気が良いと予想される7日が希望でした。
この国では天気予報はあてにならない旨をお伝えし、本日催行することに。
ネット等に出ている天気予報は、全くあてにならないと思います。
雨季は天候がコロコロ変わります。

アグン山がうっすら見えます。
雨の気配もなくいい感じ。

パダンバイの海況は抜群。
波なし、流れなし、透明度20m、水温28℃。
そして、ずっと太陽ぎらぎらでダイビング日和。
エキジットしても暑いほど。

人生初の体験ダイビング!
なんと、この直前、Nさんはサメを見たそうです。一人だけ。運強し。

 

本日の仏陀様、わき毛が・・。

 

スジモヨウフグがお休み中。

 

下から見上げるとこんな感じ!

 

よく水面にやってくるセナスジベラちゃん、美しいよー。
ゆっくり落ち着いて1本目水中散策を終えます。

 

2本目は余裕いっぱいのお二人。
キンセンフエダイの群れ群れポイントでじっくり生物観察。

 

 

ブリーフィングで伝えていた潜水艦オデッセイ号を間近で見たり・・。
大きいです。遭遇できてラッキー。

 

アカハタもおやすみ~。

 

余裕いっぱいの2ダイブでした。
上がって感動のお二人。
あっという間の47分間だったそうです。
本当に今日は透明度もよく、気持いいダイビングでした。

また、遊びに来てくださいね。
今日はありがとうございました。
ということで、天気予報は見事にハズレ。
一日中、晴天なり。笑

 

 

 

ページのトップへ