Posts tagged ライセンス

トランベン ファンダイブ&祝アドバンスダイバー

0

キャンセルでパダンバイツアーなくなりました・・。
現時点で、バリ島は地震の影響がないので皆様ご安心を。

ってことで、本日はトランベンツアーのみ。
昨日ヌサペニダで潜られたベテランダイバーN氏&S子さん。
そして、アドバンス講習2日目のT氏。
去年のお盆に来てくださった、こちらもベテランダイバーK氏、お久しぶりです!

 

本日のアグン山、最近静かです。
風は強いですが、晴天。
渋滞もなく、あっという間に到着。

本日のトランベン、海況GOOOOOOOD
波少しあり、流れ時々、透明度18m、水温28℃
朝の満潮時は、波が中程度ありました。

ファンダイブ組は、ドロップオフ下車。
ロングダイブで楽しめたようです。

店主はT氏のアドバンス講習。
リバティ号でレックダイビング。

 

沈船に珊瑚がついています。

 

アカマダラハタ・・・まだ小さめ。

 

昨日のヌサペニダで鍛えられた成果か、今日は生物観察に余裕が出てきたT氏。

 

 

T氏が気に入ったテンス。
コバンザメが付いたケショウフグ、アカククリ、カミソリウオなどを観察。

 

シンジュアナゴ、チンアナゴ、そしてリバティ号にインドネシア国旗。
8月17日は独立記念日。

 

ファンダイブ組、2本目はリバティ号を潜ります。
いってらっしゃーい。

T氏のラストダイブは、ナビゲーションダイブ。
砂地でキック測定やコンパスを行い無事クリア。
後半は沈船ダイブを楽しみましょう。

昼を過ぎると、群れがびゅんびゅん飛び始めます(船首側)。

 

どんどん沈船が壊れてゆきます。
いつか、無くなってしまうんでしょうね。
沈んでからもう55年。

 

ロングダイブなので安全停止はしっかり。

 

魚たちと戯れながら・・・。

 

みんなダイバーに寄ってきます。
直径10cmぐらいの子供ヤッコエイ、ニチリンダテハゼ、ウミウシなどを観察。
おめでとうございます。
もうアドバンスダイバーです。
あとはいろいろな海を経験して、自分の経験値を高めていってくださいね。

ファンダイブ組のN氏とS子さんは、さくさくっと3ダイブでした。
あっぱれ。
写真が気になります・・。

 

ライステラス①で写真撮影。

 

ライステラス②で記念撮影。

 

パダンバイ港近くでは、ロンボク島へ運ばれる援助物資トラックを見かけました。

ロンボク島は深刻な状況のようです。
一刻も早く、被災した皆さんに届きますように!!

皆様、今日は朝早くからありがとうございました。

 

ヌサペニダ ファンダイブ&アドバンス講習

0

キャンセルもありましたが(涙)、今日は東京からの皆さんです。
1000本ダイバーに手が届きそうなN氏とS子さん、もうベテランを越えて悟りダイバーのカテゴリー。
そして、T氏はアドバンスダイバー講習で参加です。

風が強いな・・・。
朝のスマワンビーチ、ダイバーで混み合っているのと、ポーターの少なさでボートに乗るまでえらい時間がかかってしまいました。
皆さん、本当にお待たせしました。
ビーチから海に出ると意外と海況は穏やかでした。

1本目、2本目はクリスタルベイでマンボウ狙い。
波なし、流れ1本目少し、透明度20m、水温25℃~26℃
残念ながらマンボウなし。
その時間帯、浅瀬で泳ぐマンボウ目撃情報があったのでいることは間違いなし。
クリーニング中をゆっくり観察したいものです。

店主は、T氏のPPB(中性浮力)とディープを担当しました。
1本目、最初は慌てたT氏でしたが、すぐに勘を取り戻して中性浮力や姿勢が安定。
運動神経よさげです。

3本目は、SDへ。
波なし、流れ途中から、若干白っぽく透明度15m、水温26℃
最初は全く流れずでしたが、途中から立派なドリフトダイブ。
T氏はボートダイブでしたが、ドリフトも勉強になったと思います。
安定した状態で流れに身を委ね快適ダイブ。
今日はウミガメをたくさん見ました。
T氏・・・船酔いは大変でしたが、水中は元気でした。

悟りダイバーのS子さんとN氏は、さくさくっと元気に3ダイブ。
アドバンス講習T氏も3ダイブで急成長。
皆さん、お疲れ様でした。
風が強くて寒い~。

サヌールに戻ると、干潮すぎてかなり歩くことに。
ビーチが遠い・・。
ってことで、器材が未だに浜まで上がってきません。
運転手が戻らないので、店主のカメラも戻ってきません。
トホホ

皆さん、今日はありがとうございました!!

ファンダイブ&OWD講習 トランベン

0

早朝発でトランベンへ出発。
サヌールは大雨でした・・。

サヌールを北上すると、道路が乾いている!
太陽が出てきました。

 

目が覚めると美しいアグン山。
山頂の形が変わりました。
1時間50分で到着・・・はやい。

本日のトランベン海況抜群。
波少し、流れなし、透明度18m、水温28℃
*透明度は抜群ですが、水の動きによっては沈船内から濁った水が出てきます(何箇所か確認)。
地震が影響しているようです。

これからオーストラリアへ向かうSさんとR氏の講習最終日。
心配されたSさんの耳が抜けた!!

 

リバティ号とチンアナゴと今日はインドネシア国旗
(8月17日はインドネシアの独立記念日)

 

うわぁ・・・こっちに来た・・・。
みんな順調に育っています。

 

ツバメウオ

 

タルミちゃん

 

中性浮力を意識しながら生物観察。
姿勢もすばらしい。
気持ちいいので、講習なのにロングダイブ。

 

昨日ヌサペニダでマンボウをちらっと見れたIさん&Nさん。
ドロップオフからリバティ号へ。
潜水部女子なので海猿みたいです。

 

講習SさんとRさんは最終ダイブ。
手順も慣れてすでにダイバー。

 

静かに寄れば魚は逃げません。

 

Sさんが元気なうちに記念写真。
インドネシアおめでとう~!

 

誰か水中プロポーズするのかな??
今日はすごい沈船です。

 

カミソリウオまだいた。

 

念願だったウミガメ!
Sさんも上からしっかり見ることができました。

 

それにしても、ものすごいダイバーが群がっています。

 

ダイバーの仲間入り、おめでとうございます。
潜水部女子もさらっと3ダイブ。→全然疲れていない。
ピグミー、フリソデ、ニシキフウライウオ、オックスアイ、ウミウシ各種・・・素晴らしい写真でした。

 

トランベンを出発。
ちょうど、トランベンでも独立記念行進大会。
小学生の部。かわいい。

 

ライステラスに立ち寄ります。

その後、アムラプラでも行進大会。
これは高校の部です。かっこいい。
片側は通れたので、それほど渋滞にならずに済みました。

 

皆さん、朝早くからありがとうございました。
濃い一日、楽しかったです。
日本の若者、あっぱれ。

海洋講習 パダンバイ

0

R氏とSさんの講習2日目は、パダンバイです。
昨日はプールでしたが、今日は海。

二人は、ブルパラ近所に宿泊中。
スイレン、大好き!
ほんと和みの花だと思います。

 

独立記念日前の風物詩。
これはインドネシア全土で見られます。
小学生女子ですかね?

 

講習ですので、自分で全て準備。

砂に気をつけてくださいね。

 

パダンバイはボートがたーーーくさん出ていました。
海況抜群。
やっと波が消えました。
流れなし、うねりなし、穏やか、水温27ー28℃、透明度よし。
晴天でダイビング日和となりました。

Sさんが、ちょっと風邪気味なので、本日の2ダイブは軽く行いました。
耳も抜けにくかったですね。
ただ、中性浮力や姿勢がお二人とも、もうコツをつかみかけてきたのが見えました。
R氏も1本目は疲れた様子でしたが、2本目は楽にダイビングができたそうです。
ちょっとしたことで、快適になるんですよ~。

各種フグ、クマノミ、アオヤガラ、ゴンズイ、キリンミノ、ツノダシ、ロクセンスズメダイの大群などを観察しました。

日本を担う若者たちと・・。
太陽が気持ちよすぎーーー!
初のログ付け、学科試験も難なくクリア。
お疲れ様でした。

オープンウォーターダイバー講習 プール

0

日本でどういう報道されているのか知りませんが、今日もたくさんロンボク地震の安否確認メールが入ってきています。
ご心配ありがとうございます。
バリ島は何も変わらず、いつも通りの生活です。
バリ島でも死亡者が2名出ましたが、一人は心臓発作です。
すでに予約されている皆様、バリ島旅行キャンセルはもったいないですよ。
こんなに平和だし、涼しくて過ごしやすいのに・・。

本日より、オープンウォーターダイバー講習スタートです。
昨夜、日本から若者R氏とSさん到着。
はじめまして!

午前中は小雨がぱらついたりどんより天気でしたが、午後から晴れました。
DVDを観て来たので、午前中はさらっと学科講習。

ランチはいろいろ選択肢がありますが、店主はナシゴレン。
なんだかゴージャス版になってる・・。

午後からプール講習。
プールは貸切状態。
二人とも運動神経が良く、あまり大変そうではありませんでした。

疲労ダイバーの曳航。
運ばれる側は、とても気持ちいい~。
いつまでも引っ張ってもらいたい。

 

はい、プールはこれで終わりです。
さくさくっと自分でお片付け。
まだ体力と時間に余裕があったので、学科を進めます。

お疲れ様です。
講習は順調!

 

 

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング エンリッチドエアSP

0

早朝発で、二組のゲストをトランベンへご案内しました。
埼玉よりお越しのK氏&E子さん夫妻。
会社の同僚組は、E氏、S氏、K氏です。
皆様、はじめまして!

 

小耳にはさんでいましたが、今日は火葬が多い日。
田舎へ行くほど、道が混みはじめました。

 

あ、子牛のドナドナ~♪

 

朝は、まだ準備段階で道路はましでした。夕方の方がぞっとします。

 

アグン山がやっと見えてきました!トランベン着。
久しぶりにこの青い空を見ました。
現在、南部は天気が悪いです。

 

店主は、同僚3人組を担当します。
ファンダイブですが、エンリッチSP講習の一環でもあります。

皆さん、ダイブコンピュータ・カメラ持参。

ミノウミウシ2匹ですね。
交接中!?

 

沈船内部にアカエイかな?
大きなエイでした。
沈船では、初めて見ました。

 

ウミガメちゃん、そんな食べ方・・・笑

 

撮りにくいところですが、K氏、上手にアプローチ。
(ウェットスーツ着て頂けませんでした)

 

シマキンチャクフグたち。
ジョーフィッシュ、チョウチョウコショウダイ幼魚、メラネシアンアンティアス、タテジマキンチャクダイ幼魚などを観察しました。

 

安全停止も安定です。

 

2本目、K氏はお休みでお見送り。

 

カミソリウオ・・まだ白っぽい。

 

 

船首周りで群れまみれ。

 ササムロやカスミアジ連帯が行ったり来たり。

 

また腹ペコのウミガメちゃん&S氏。
体験K氏&E子ご夫妻も、2本目はばっちり見られたそうです!
K氏の写真も素敵でした。
ベテラン体験ダイバーで、水中カメラ、マスクは持参。

 

アヤコショウダイとムスジコショウダイが混じります。

同僚チーム3名は、3本目行ってらっしゃい。
店主は、エンリッチドエアSP宿題チェックなどでお休み。
行ってらっしゃい。
本日のトランベン海況よし。
波なし、流れなし、透明度10m~18m、水温28℃。

初めてナイトロックス32%を使った同僚組の感想は、『疲労感が少ない』でした。

 

さて、恐る恐る南部へ出発。
チュリック辺りから、チャンディダサ辺りまで、お葬式だらけ。
大渋滞ですよ・・・とほほ。
ライステラスで集合写真を撮る予定でしたが、時間がかかりすぎて全員爆睡。
店主に皆さんを起こす勇気はありませんでした。

 

そんなわけで、サヌール着が18:30と遅くなってしまいましたが、体験のK氏とM子さん。
リクエストだったウミガメが撮れて良かったです。
ヌサドゥア地区の同僚組は、きっと19:30をまわったことでしょう・・。
皆様、朝早くからお疲れ様でした。
今日は、沈船満喫ツアー(&お葬式行進)、ありがとうございました。

祝ダイバー!パダンバイ

0

ジャカルタN氏、講習最終日です。
連休で皆さん帰られて、今日はのんびり。

 

パダンバイに到着しても、曇り時々雨。
昨日からバリ島各地で、季節はずれの雨。

昨日はビーチエントリーでしたが、今日はボートダイブ。
プールで練習したように、上手くエントリー。
波酔いしないうちに、さっさと潜行。
本日のジェプン、波あり、流れなし、透明度8m、水温26℃。
透明度が悪いのは残念ですが、講習には良かったです。

オープンウォーターダイバーの水深18mにもチャレンジ。
小さな沈船があります。
エア管理頼みますよ。

 

N氏感激の仏像

 

モンジャウミウシ
こう見えても貝の仲間です。

 

寝ているスジモヨウフグにそっと近寄る。

 

クリーニング中のウツボ

 

波があって白っぽいですが、浅瀬は明るかったです。

 

 

N氏、仏像に何をお祈りしたのでしょう?

 

ラストダイブですが、最後まで気合入れてゆきましょ。

 

2本目、ドロップオフ
波少し、流れなし、うねりあり、透明度15m~18m、水温つめたい

着底禁止のフリー潜行やエア切れスキルを終え、水中散策へ。
中性浮力は講習中とは思えないほど上手いので、プラス、水中生物へのアプローチ法を伝授しながら進みます。
マナー良く、かっこよく、間近で生物を見るために。

初のウォールへ。
コクテンハギのペア。

 

群れが通る~

 

講習中なのにカメラ持込しちゃってるN氏。
せっかくなので、後半はカメラ許可しました。

 

店主は中盤からフリーズ。
だって、水温21℃。
N氏は、なぜ余裕なの??????

 

数え切れないぐらいいっぱいいるハダカハオコゼ。
砂を巻き上げないで見る。

 

集団からはぐれちゃったゴンズイ。
お気の毒です。人間に寄ってきます。

 

癒されますが、浅瀬も寒い。
結局、水深3mぐらいまで水温21℃。

 

一方、N氏は楽しそうに撮影中。
とても安定しています。

 

 

ウミヘビ様

安全停止も安心して見ていられます。

3日間でここまで達成すばらしい。

 

 

エキジット時は、波が高くなっていましたが、落ち着いてボートへ。
ボート上の器材お片づけまで、きっちり終えて終了。

ランチの後、学科試験も高得点で難なく合格。
文句なしで、ダイバー認定です。
おめでとうございます。
基本は学んだので、あとはいろいろな海で経験を積むのみ。
3日間ありがとうございました。

ファンダイブ&講習2日目 トランベン

0

東京よりお越しのT氏、はじめまして。
先日、体調不良でキャンセルだったデンパサール在住Mさんが元気に登場!
そして、講習2日目のジャカルタ在住N氏。
皆さん、明るい・・・和気あいあい。
男子はトランベンまで、不眠で話していたような気がします。

本日のトランベン
波中、流れなし、うねり少し、透明度10m~15m、水温28℃
予想していたより波が小さかったです。
昨日とおとといが大きかったので、おさまりつつあるよう。
ラッキー。

N氏の海洋1本目。
セッティングからさくさく全部自分でやってもらい、波のビーチエントリーも上手に入れました。
スキルをやって、後半は水中散策。
最初はばたばたしていましたが、どんどん落ち着いてゆくN氏。

 

クマノミたち、ちゃんと生活していますよね。

昨日トランベンだったMさんが、えらい感動していたチンアナゴ&シンジュアナゴ。
今日も背が高かったですよ!
波の中、これまた上手にエキジット。
大きいN氏は、多少の波では全く動じません。
まだ海洋1本目ですが、マンツーマンですしがっつり潜ります。

 

2本目エントリー
ファンダイブ組・東京T氏とバリMさんいってらっしゃーい。

 

N氏の海洋2本目行ってきます。
1本目の反省をひとつずつ改善してゆきます。
やる気レベルも高いし、学習能力高い!

 

スキルの後は、生物観察。

 

深いところで中性浮力。
この安定感。

 

リバティ号中央で、ファンダイブ組と会えました。
☆~記念撮影~☆

 

東京T氏、まだビギナーですが落ち着いていますね!
バリMさんは、もうベテランです。

 

ここで安全停止です。
N氏も間近でコショウダイ観察。
バタバタしなければ、かなり近寄れるんですよ。

 

 

オトメベラ&N氏
2本目にして、この落ち着きがすごい。
お疲れ様です。

 

 

棚田で途中下車。
トランベンは晴れ/曇りでしたが、この辺から雨がぽつぽつ降り始めました。

 

今日はこのようなバリ人の御一行があちこち。
バリ暦によると、亡くなった方の法要の日だそうです。
バリ島は被写体がごろごろ。

 

2日間潜っていたMさんは、本日車チャーターで今晩帰国。
ウブド王宮のMさん。
スミニャックは、雨で渋滞のようです。
お気をつけて。

皆様、今日はありがとうございました。
笑いがたえず、陸も水中も楽しかったです。
N氏のトーク炸裂。
サヌールも久々に雨だ・・。

トランベン ファンダイブ、OWD講習、車チャーター

0

早朝、石垣チームは帰国されました。
お見送りに行けず、申し訳ないです。

 

朝、ゲストの宿へお迎え。
素敵すぎる・・。

 

店主のランチは、ナシゴレン。
これおいしかった!!

 

ジャカルタ在住N氏のオープンウォーターダイバー講習。
初日は学科とプールです。
事前学習をしっかりしておいてもらえたので、さくさく進みます。
運動神経も抜群。

 

そして、昨日のマンタ乱舞に感動したMさん。
2日目はリクエストでトランベンへ。
波あり、流れなし、透明度10m-15m、水温28℃。

 

波でこけたそうですが、昨日のハードなヌサペニダ3本に比べたら大したことなかったそうな。
いいダイバーになりそうです。

 

そしてそして、石垣チームの別便組は、夜まで車チャーター。
バリ島南部でショッピングを楽しまれていると途中経過が入ってきました。
クタ、スミニャック、かなり渋滞のようです。

ダイビング中はかなりたくましいAさんとEさんでしたが、服を着ると女性らしい・・・。
かわいい。
最後の最後まで、バリを楽しんでいってくださいね。

皆様、ありがとうございました。

祝・ダイバー & バリ島はガルンガン

0

あっという間の講習最終日。
S氏、今日も元気です。
今日もパダンバイへ。
バリ島はガルンガン(お盆)のため、お店もかなり閉まっていてとても静か。
道路もがらがら、いつもこうだと良いな。

昨日はジェプン方面だったので、今日は右側へ。
珊瑚上も大丈夫だと思うのでお連れします!
風なし、波なし、流れ少し、浅瀬うねり少し、透明度20m、水温28℃
素晴らしい。

美しいエントリー
おとといダイビングを習い始めたとは思えませんね。

中性浮力とりながら、止まって生物観察。
いやー、とても珊瑚がきれいです。
1本目、バッテリー問題?で写真撮れず・・。
間近で大きなウミガメを見たんですけど・・・んー残念。
逃げないコブシメやタイワンカマスの群れ。

太陽ギラギラの暖かい水面休憩は、中国やインドネシアの現代事情。
あぁ、楽しい水面休憩があっという間に終わります。
近平国に関する店主の素朴なギモンがどんどん解決されていく。

3日間学んだ知識とスキルを結集。
最後まで気を抜かず、ラストダイブです。

 

カイメンの中にツノハタタテダイ

 

この余裕。

 

クロハコフグと目があった!

グルクマの群れが行ったり来たり。

 

 

 

 

ツノダシの群れが行った~!

 

根の奥にドクウツボ。太い!

 

水中が潮止まりで、2本目はかなり穏やか。

 

 

 


のんびり竜宮城のようでした。

文句なしでダイバー認定致します。
安全に、楽しく、そしてマナー良いダイバーでいてください。

 

お盆のバリ島。
ご先祖様がスムーズに帰って来られるように、バリ島はペンジョールが立ち並んでいます。
美しいな~。
S氏、3日間ありがとうございました。
海南島報告、待っています。

ページのトップへ