Posts tagged ライセンス

祝・アドバンス!トランベン

0

島根・U氏&A子さんのアドバンスダイバー講習2日目は、トランベンです。
3本目がナイトダイブなので、通常よりかなり遅めの出発。
道路が混むかと思いきや・・・サヌールより2時間弱で到着。はやっ。

トランベンの海況、よし!
波なし、弱い流れが時々、透明度12m~20m、水温28℃
ダイバーやシュノーケラーが、少しずつ増えています。

講習なので、セッティングから全部やってもらいます。
本日1本目は、レックダイブ。
アメリカの貨物船だったリバティ号を潜って頂きます。

 

昼は透明度が良かった!

 

 

リバティ号・・・昨今、あちこちの崩れが目立ちますが、まだ船だとわかります。

 

 

静かにゆっくり船内に潜入。
ホバリング状態で船内散策。
幻想的です。

 

A子さん、くぐる。

 

 

チンアナゴ

 

 

2本目は、必須のナビゲーションダイブ。
陸上でコンパスの練習をしてエントリー・・・・・。

のはずが・・・トラブル発生。
A子さんのウェイトと店主のフィンが消えたーーーーーーーー。
隣に中国人グループがいたので、器材が混ざらないように、細心の注意を払っていたのに・・。
(BOXに軽器材をまとめ、BOX周辺をタンクでかためて、見えないように裏側にウェイトベルトを隠しておいた)
どんな馬鹿でも間違えようがないのです。
あの状態で消えるのは、故意に取る?盗る?
訳分かってないお客さんが勝手にとるとは思えないので、ガイドの仕業だと思われます。
結局、ビーチにセットされてあった他店の器材と一緒に、A子さんのウェイト発見。
店主のフィンは、誰かのメッシュバッグ上にそろそろ仕舞われる形で置いてあるではありませんかっ。あぶなーい。
見つかったから良かったですが、これは注意もの。
何人かローカルガイドがいたのですが、その人たちに勝手にうちのフィンやらウェイトやら使うな。
もちろん、しらばっくれました。
でも、実際に消えて、あんたらの器材と一緒になってたんだから、現場管理をきちんとしなさいよ。
相手は反論できませんでした。謝れと思いますが・・。怒
その会社はスランガンにあるダイビング屋ではなく、観光業何でも屋なんですね。激安店。
ガイドも見たことがないし、器材も全てレンタルで賄っているそうな。
ダイビング時間もかなり短かったし、ガイドたちも水面休憩をとらずに、何度も潜っていました。
それにしても、今後、同じことが起こらないようにどうすりゃいんだろう。

無事にエントリー。
ナビゲーションはお二人とも難なくクリア。

余った時間は、まだ見ていない船首から沈船へ入ります。
夕方は透明度が落ちたものの、群れ群れがすごい。

 

オヤビッチャも行ったり来たり。

 

U氏と交代し、今回はA子さんが写真を撮ります。
アヤコショウダイ、ムスジコショウダイも整列でした。

 

 

安全停止中、水面はなんじゃこれー。
混み混みだーーー。
体型的に西洋人ですね。

 

お疲れ様でした。

 

 

そして、アドバンス最後、本日3本目はまだ薄暗い18:33エントリーのナイトダイビング。
らぶらぶ中のクロスジリュウグウウミウシ、サンゴモエビ、アカマダラハタ、そして予想外でカンムリブダイがいっぱいでした。
ナイトダイビング後、真っ赤なお月様が東から出てきてびっくり。
上に上がると白に変わりましたが。

 

 

アドバンスダイバーおめでとうございます。
最後まで元気いっぱいのA子さんとU氏でした。
トランベン発20:30、サヌール着22:15。
道路はがらがらで、1時間45分で到着。はやっ。

4月から病院で働くU氏とA子さん。
バリ島から応援しています。
2日間ありがとうございました。

アドバンス講習 パダンバイ

0

島根よりお越しのU氏とA子さん、はじめまして。
アドバンスダイバー講習初日は、パダンバイです。

今日は道路が混んでおらず、あっという間にパダンバイ着です。
天気もいいし、気持ちいい。
アドバンス講習概要、スケジュール、本日の2ダイブについてじっくり説明してから海へ。

本日のパダンバイ、海況まだよし。
ただ、クラゲもまだいますが、水面注意な程度。
波なし、流れ一部、うねり一部、透明度15m、水温28℃

1本目は、まだ経験本数が少ないお二人だったので、PPB(中性浮力強化)を選択してもらいました。
浅いところ、深いところ、姿勢、ウェイト配分・・体得してもらえたのではないでしょうか。
1本目後半、お二人とも水になじんで慣れてきたのが、はっきりわかりました。
中性浮力は、ダイビングの要。

 

U氏はカメラを持ち込みです。
カメラ撮影して良い時は、サインを出してがんがん撮ってもらいました。
もちろん、中性浮力でよー。
これ18mにある沈船。
空気を入れないと沈みます。
足動かすのは止めます。

 

 

この前もここを歩いていたハナミノカサゴ。
なぜ隠れない??

 

本日の仏陀様、ウミシダに乗られちゃってる。

 

 

いろんな魚が群れてて、店主たちも気になる。

 

安全停止で黄色の根へ。

 

最初の練習含んでですが、ロングダイブ。

2本目はディープダイブ
エア消費と管理、ブルパラ窒素酔いテスト、色の見え方比較、ダイブコンピュータ上の減圧不要限界比較・・・注意点がいっぱい。
バディもより近くにいてくださいな~。

A子さんとハダカハオコゼ

 

 

茶色がピンクになるのか~?白になるのかな~?

 

 

ハナヒゲウツボ・・・・この後すぐに黒い個体(幼魚)を観察。

 

2本目にして、この姿勢&安定感!!!
若いし上達が早い。
で、二人ともエア持ちが良いのです。

 

冷たい水と共に流れが始まったことと、大きなうねりがあったのでドロップオフ途中から戻ることにしました。
深いところへ行った後は、浅瀬を長めに楽しみましょう。
タコ、アオリイカの群れ、ウミウシなどを観察しました。
安全停止後、5mから水面までは、丁寧に丁寧に丁寧にゆーーーーーーーーーーーーっくり浮上。
A子さんもU氏も、エクセレント&パーフェクト。

 

お疲れ様でした。
口うるさい店主ですが、はなまるあげちゃいます。
今日はありがとうございました。

アメッド 祝アドバンス&体験ダイビング

0

Aさんのアドバンス講習2日目は、アメッドへ。
今日は、到着したばかりのお友達Mさんも一緒に体験ダイビング。
パダンバイの予定でしたが、ヌサペニダも今日は潜れないせいか(ヌサペニダのニュピ)、パダンバイが激混みすぎるためアメッドへ。
いやー、アグン山の警戒レベルが上がってから、北上するのは久しぶりです。
今月に入り、地震も減り静かになってしまったアグン山です。
途中、アムラプラ市内は、半分ぐらいのお店が開き、半分ぐらいが閉まっている状態でした。
小学校でも子供たちは普通に学校へ通っていました。
道路も渋滞なくスムーズ。

 

ゲストは景色の美しさに感動。
運転手と店主は、「いつも通りであること」にしみじみ。

 

久しぶりのアメッドは、いつも通りほとんど開いていますが、まだまだ閑散としていますね。
ただ、思っていたよりダイバーは来ています。
トランベンのショップや南部からもゲストを連れてちらほら。

アメッドは天気よし海況よし。
波なし、流れなし、透明度15m、水温26℃~28℃
あぁ、海に早く入りたい。

Aさんのアドバンス4本目は、水中写真。
初めて水中で写真を撮ります。
べたべた触らない、巻き上げない、残圧確認を忘れない、減圧不要限界を超えない・・。
そして、静かに生物に接近して、テーマを決めて撮ってみよう!!

 

体験ダイビングのMさんも無事潜れてツーショット。

 

危ないもの同士ツーショット。

 

 

鉄骨の中でお休み中の子供ケショウフグ

 

 

ヘラヤガラがAさんに突撃。
さすが!そう撮るか~。

 

 

動きを止められません。
チョウチョウコショウダイの幼魚。

 

 

アメッドに多いクリスマスツリーワーム(イバラカンザシ)。
動かないものは撮りやすいです。
っが、近づき過ぎると引っ込んでしまいます。
陸上でも写真が好きなAさん、「楽しい!被写体がありすぎて困りました」と・・。
これは水中カメラを始めるしかありません。

 

 

~ 最高のダイビング日和 ~
ガイドはトランベンに残っているコマン。
トランベンのガイドたちは、他の海へ行って頑張っています。

 

2本目も穏やか

 

 

体験Mさんも、2本目はびびることなく来た来た!

 

クマザサハナムロやグルクマの群れが行ったり来たり。
途中冷たい水が深場から上がってきました。

 

 

よく見ますが、逃げないハタタテサンカクハゼ。

 

 

オイランヨウジ・・・相棒はどこ行った?

 

 

Aさんも水中で叫んだかわいさミナミハコフグ幼魚。
図鑑で知ったと思いますが、このサイズがかわいい盛り。

 

 

クダゴンベが2匹でらぶらぶでした

 

 

Aさんが教えてくれたウミヘビ

 

 

 

ゴンズイ玉・正面からいってみよー。
集団の力はすごい。

 

 

アドバンス5本目は、ナチュラリストでした。
植物・無脊椎動物・脊椎動物と分類分けしながら生物観察。
特徴をスレートに書いたり、写真におさめたり大忙しでした。
って、そんな水中作業をしているうちに、Aさんの中性浮力が完璧になってる。
美しいです!!
60分超えちゃった。
上がってからは、体験Mさんと共同作業で図鑑で魚の名前を確認。
おめでとうございます。

 

 

運転手が撮りたがったアメッドから見るアグン山。
朝はくっきりでした。

 

写真好きなガールズももちろん降ります。
農民の皆様、お邪魔します。

 

ゲストのリクエストで、こっちのパノラマ棚田も下車。
いつも通りの雄大さ!
久しぶりに北上できて新鮮でした。
切れていたアメッドの塩もやっと購入できたし、大満足。
Aさんも3袋、お土産で買いました。
とてもおいしいんですよ。

Mさん潜れてよかった!
Aさん、2日間マンツーマンでがっつり急成長です。
今日はありがとうございました。

トランベン 体験ダイビング&祝・ダイバー

0

本日はトランベンへ皆さんをご案内しました。
大阪よりお越しのM氏とKさん、はじめまして。
そして、講習最終日を迎えた父M氏と息子Aさん。
体調も崩さずすごぶる元気な親子。

トランベンの海況
波が少しあり、流れ1本目、透明度12m~18m、水温28℃
2本目は穏やかになりましたが、若干透明度が落ちました。
快晴ですが、風が強い。

 

昨日はボートダイブ、今日はビーチエントリー。
講習最終日、流れもわかっており、準備は積極的に各自がやります。
親子バディ、エントリー前に入念にチェック。

 

波をよけて上手にエントリー。
少し流れがありましたが、流線型で付いて来れます。
エア切れスキルをやろうと思いましたが、次へ持ち越し。

 

体験のM氏とKさんだ!!
何度か体験ダイビング経験があるので問題なし。
だけど、だけど、だけど・・・・・・Kさん、フィンがないよーーーーー。
落としたようです。その後、陸からもみんなで探しましたが見つからず(涙)。

 

講習3ダイブ目でこの美しさ。
ゆっくり、くぐる~

 

 

リバティ号の中でホバリング。
静かに浮かぶ~
視野広くとってね~
アドベンチャー感いっぱいの沈船です。

 

わーーーーーーっ、店主のカメラに水が結構入ってるし・・・。
Oリングに髪の毛が1本はさまってる。
皆さん気をつけましょう。
カメラは、ぎりぎりセーフでした。

2本目、体験M氏とKさん、いってらっしゃーい。

 

店主たち講習組は、穏やかになった砂地でエア切れ浮上スキルなど終えます。
ラストダイブ、これで仕上げです。
沈船奥深くにアカマダラハタ?クエ?でかいぞ。

 

またまたくぐる~。
二人ともエア持ちも伸びました。

 

 

ブチウミウシ

 

 

砂を巻き上げずに水底ぎりぎりホバリングの指令。
お見事!

 

 

今日は父M氏にフロート上げをやってもらいました。
落ち着いて作業し、難なく成功。

あっという間の講習3日間でした。
講習ですが、がっつり4ダイブ。
文句なしのダイバー認定です。おめでとうございます。
親子でダイバー、素敵です。
今回学んだことを忘れずに、安全に水中を楽しんでいってください。

 

 

皆様、ありがとうございました。

講習 パダンバイ

0

父・M氏と息子・Aさん(19歳)の講習2日目はパダンバイです。
渋滞もなく、サヌールからあっという間に到着。
今日は満月ですが、海はどうかな???

昨日と同じように、器材セッティングから自分の準備までやってもらいます。
男性陣は準備が早い・・。
さて、ボートでポイントまで出ます。

天気よし、ただ、水面の波はばたばた。
どんぶらこ、どんぶらこ状態。

ただ、水中はコンディション抜群。
流れなし、透明度20m以上、水温27℃。
わーーーーーーーーい。

海洋講習1本目、移動せず砂地でやろーかなと思いましたが、二人とも全く転がったりせず付いて来れそう・・。
スキル簡単にやって、実践で中性浮力などをやっていくことに変更。
こんなに海況が良いのに、動かないのはもったいない。

1本目だったので、ホバリングしながら沈船を上から見てみました。
沈むでしょー、だから空気を足そう。足は動かさない。残圧計見て。忙しいネ・・・。
沈船全体像が見える透明度は、あまりないです。
ラッキー。

 

 

人気者のニモ

 

 

丸まるイソギンチャクにハナビラクマノミ

 

 

アカヒメジ、キンセンフエダイ、オヤビッチャの群れ群れ観察。
バディと離れてないでください。
浮いて行かないよう空気抜いてください。
そして、残圧見てネ。

 

1本目からきちんと潜れたのでした。
暖かかったので長くなってしまいます。

 

水面休息時間で、痩せているAさんは、がっつり温まってもらいエントリー。
今度は、フリー潜行ですよ。
砂地に着地しないで止まろう!
そして、エア切れ浮上スキルも難なくクリア。
はい、水中ツアー行きましょう。

 

この親子の中性浮力・姿勢!
これから2本目が始まるんですけど。

 

水中標識前で記念撮影。
東京はあっちで5513km?ほんとかな?

 

ヒトヅラハリセンボンと父M氏

 

 

ヒトヅラハリセンボン子供にストーカーするヘラヤガラ。

 

 

モデル風にたたずむハダカハオコゼ

 

 

ボラの群れ行ったり来たり。

 

 

タツノイトコ(♂)、お腹がかなりでかい。
生まれる瞬間見たいな~(夢)。

 

 

チョウハン、2匹並んでクリーニング

 

 

安全停止、絶対にここから浮いていかないこと。
ここで親子残圧差は10bar。
Aさんのエア持ちが延び始めてる。

 

出来そうなので、Aさんにフロートを上げてもらいました。

浮いていきそうになったら、父M氏は引っ張ること。
でも、難なく成功。すごい・・。
ロングダイブ講習編、お疲れ様です。

記念写真 ☆ パダンバイビーチ

この後、ランチ、初のログ付け、最終試験で無事終了。
お二人とも、100点満点。
ちゃんと勉強もしてきています。

講習は、順調すぎるほど順調です。
お疲れ様でした。

オープンウォーターダイバー講習 学科&プール

0

埼玉よりお越しのM氏(中身は兵庫)とAさんの講習スタート。
はじめましてー。
だいぶ前から予約を頂いていて、やっとこの日がやってきました。
お待ちしていました。
父と息子(大学1年生)、仲が良くてほほえましい!

日本で教科書を読み、長いDVD教材も見てきているので、午前中の学科も確認程度。
早めのランチでプール講習です。
なんと父M氏は、大昔、他団体のダイバーだったらしく講習とは思えない潜りぷりでした。
だったら、わざわざ一から講習受けなくても~~と思いました。
息子Aさんは、子供の頃スイミングスクールに通っていたこと、学生時代は陸上選手だったこと・・・。
運動神経の良さと若さで、中性浮力もコツがつかめた感じ。
はやっ。

時間がかなり余ったので、ダイブテーブル、日本でやってきた知識の復習答えあわせ、最終試験の計算問題を終えることができました。
それでも、いつもより早い終了。

父と息子、器材片付けも積極的に動きます。
やはり、チームワークがいい。
初日から余裕いっぱいの親子。
日本で事前学習をやってきた分、サヌールの夜をゆっくりお過ごしください。
お疲れ様でした!

祝ダイバー パダンバイ

0

Mさんの講習最終日、始まってしまうとあっという間です。
今日も元気にパダンバイです。

久しぶりに朝からすっきり天気がいい!
海況は、波少し、うねり少し、流れ一部あり、透明度10mー12m、水温27℃。

最終日ともなると、セッティングや準備が早いMさん。
ビーチでコンパス練習をやって、海へGO。
まずは、復習や残りのスキルをやります。
鼻から海水を飲んでげほげほしちゃいましたが、呼吸を整えもう一度。
彼女は冷静に淡々とこなしてゆきます。これ大切。
エア切れ浮上スキルも頑張りました~。
コンパスも落ち着いてるし。

さて、水中ツアー行きましょう。

 

ウツボは2匹いました。

 

クマノミ観察

 

Large spotted snake eel がぶつかっていったのは、ニライカサゴでした。
びっくりだよね~。

 

ハダカハオコゼは10枚ぐらい。どんどん増えてね。

 

このダイブは穏やかだったので、Mさんもこの余裕。
上がろうかなと思いましたが、もう少し浅瀬を行ってみましょう。

 

いたいた、良かった!
小さなウミガメちゃん。
もちろん、Mさんにとっては初めて。

 

 

安全停止終了後、Mさんにシグナルフロートを上げてもらいました。
すんなり、できちゃった。

 

サンゴが美しい・・。
お疲れ様です。ロングダイブ!

 

ラストダイブです。

ウベゴンシャークを見に行きましたが、不在。
あぁ、残念。

オトヒメエビ

 

ここだけ流れが・・・。
大きなコブシメも流れに耐えてる。
タコも見ましたね。

 

ニセタカサゴの群れが行ったりきたり。
浅瀬をまったり水中散策を楽しみました。
もう、文句なしのオープンウォーターダイバー認定です。
おめでとうございます。

 

 


ガールズでランチ。
これ店主好みでした。

今回学んだことをベースに、ダイビングを安全に楽しんでいってください。
3日間本当によく頑張りました。

海洋講習初日 パダンバイ

0

ジョグジャMさんの初めての海は、パダンバイです。

天気は到着した頃から、太陽が出てきました!
海況は、GOOOOOOOOD。
波なし、流れなし、水温28℃、透明度10~20m。

まずは昨日やった通り、バックロールエントリー。
ロープつたって潜行です。
最初は転がってもよいように、浅瀬&砂地でしばらくスキルをやります。
だいぶ慣れてきたところで、水中散策スタート。
このためにスキルがあるのです。

ヤッコエイやお子ちゃまケショウフグ。

 

チョウチョウコショウダイ幼魚。1cmほど。

 

ヨロイウオ?ぽい。でもヘコアユと混ざって大きな群れでした。

 

中性浮力、いいですねー。
まだこれは1本目。

 

 

自分でサクサク器材装着。
講習なので自分でやってもらいます。

出来がよいMさんなので、2本目にしてちょい深場へ。
ブリーフィング通り、ぴったり着いてきます。
沈船で中性浮力をとって生物観察。
残圧も頻繁に見ています。

クマザサハナムロが、わーーーーーっとやってきて、Mさん大喜び。

 

Mさんラッキーですねー、潜水艦と遭遇。

 

 

シマウミスズメもかわいい。

 

ミカヅキツバメウオたち

 

魚影の濃さにMさん大喜び。
そして、観察する余裕が出てきて急成長。
若者は早いなぁ。

 

ゴマ、死んでる・・・?
(クリーニングが気持ち良すぎて鰓全開中)

 

 

次はオヤビッチャの群れがクリーニングステーションへ。

 

 

ここが透明度良いのは珍しい。

 

Mさんとキンセンフエダイ

 

安全停止は、サンゴの絨毯。
講習ですがロングダイブです。
Mさん、エア消費少ない!

さくさくっとランチの後は、ログ付け、学科試験をやりました。
もちろん、楽々合格です。
明日の講習は、サメ見ましょう。
お疲れ様でしたー。

講習 学科&プール

0

早朝より、体験ダイビングのキャンセル電話あり。
キャンセル仕方ないけど、キャンセル代を払うつもりのない人はほんと困りますね・・。
こちらは、100%準備完了なわけですから。
正直、その『態度』に暴れたくなります。
たーまーに、遭遇してしまう現実。
ああ、朝から嫌な気持ちにさせられましたが、気を取り直していきましょ。

店主は久々に講習です。
ジョグジャカルタよりお越しのMさん、はじめましてー。
若くてかわいい。
初対面ですが、共通の知り合いも多く、これから長いことインドネシアでお世話になりそうな予感。

DVDや教材で事前学習済みなので、学科は要点抑えてさくさくっと進みます。
Mさん、賢いし。

さてプール終盤です。
もうダイバー。

 

水中から見上げると木がくっきり。
さすがプール。

 

さんご礁の上だと思って、移動GOGO。
姿勢もいいですよ。
体験ダイビングも経験なし、スノーケリングも経験なし。
でも、2,3時間でここまで習得。

 


店主は疲労ダイバーとして、曳航されています。
空も木も美しいなぁ。

プールが終わってもまだ余力があったので、ダイブテーブルも突入。
明日が楽しみです。

祝アドバンス パダンバイ

0

ジャカルタからお越しのリピーターY女史とパダンバイへ行ってきました。
今日は、アドバンス講習。
突発的な事情で急遽1日しか取れなくなってしまいました。
えーーーっ、、、一日5ダイブは普通なら断るところですが、Y女史のあつい懇願に負けました。
こちらの安全条件を納得して頂き催行することに。
こういうのは国内リピーター様の特権です。

店主は、潜りぷりとスタミナを知っています。

早朝発でガールズゆきます。
太陽が今日もすごい。

本日のパダンバイ、終始うねりありでした。
波少し、流れちょっとで海水が重い日。
透明度10~18m、水温26℃~28℃。
一時、深場で冷たい潮が上がって来た時には、まるでマンボウが出そうな雰囲気でした。

本日のメニューは、中性浮力→ディープ→ナチュラリスト→ナビゲーション→水中写真
インドネシアの主要ダイビングスポットをすでにあちこち潜っているY女史は、スキルもスタミナもばっちり。
4ヶ月のブランクはすぐに埋まりました。
楽しみながら、一歩進んだことをこのコースではチャレンジ。

そしてそして、この1ヶ月、左耳抜きに苦労していた店主。
今日から左耳が抜けるようになりました!
よかった~。

タツノイトコが今日はいた!
うねってたから大変ね。

 

ツマジロオコゼもうねりの影響が。

 

予期せぬ出会い。
わーーーーい、ホウセキカサゴちゃん!
先月とは違う子だ。

 

オオモンカエルアンコウ、目が合ったぞ。

 

ウツボ、逃げる。

 

店主は、パダンバイに多いシラヒゲウニ観察が好きです。
いろんなものを身に付けるからです。
茶色の玉は、これサラックの種でしょう!
硬くて重いのに、棘に付いているのが不思議。
*サラック=スネークフルーツ

 

デバの世界

 

天然アクアリウム

 

Y女史、かわいい~。

 

せっかくなので、今日はほとんどY女史にフロート上げをやって頂きました。
全くしくじりませんでしたネ・・。

 

Y女史が見つけてくれたオオウミウマ。
浅瀬に上がってきています。

 

ハダカハオコゼのまだ子供。
今日は10枚以上見ました。

 

 

オレンジバンデッドのペアがらぶらぶ

 

これまたY女史が教えてくれたヒメオニオコゼ。
下に潜りたいのに潜れず苛立っています。
ガレ場は無理だと思うよーん。

 

子供オニカサゴ、見えますか?

 


Y女史、最後もフロート上げ成功。
お疲れ様です。
美しくマナーよく、今日はいろいろやれました。
ガイド任せでなく、積極的に水中世界を味わえるようになったのではないでしょうか。
また水中だけでなく、準備から終わりまで、ボート上でもダイバーとしてばっちりです。
文句なしでアドバンス認定です!

ページのトップへ