Posts tagged ライセンス

祝ダイバー パダンバイ

0

Mさんの講習最終日、始まってしまうとあっという間です。
今日も元気にパダンバイです。

久しぶりに朝からすっきり天気がいい!
海況は、波少し、うねり少し、流れ一部あり、透明度10mー12m、水温27℃。

最終日ともなると、セッティングや準備が早いMさん。
ビーチでコンパス練習をやって、海へGO。
まずは、復習や残りのスキルをやります。
鼻から海水を飲んでげほげほしちゃいましたが、呼吸を整えもう一度。
彼女は冷静に淡々とこなしてゆきます。これ大切。
エア切れ浮上スキルも頑張りました~。
コンパスも落ち着いてるし。

さて、水中ツアー行きましょう。

 

ウツボは2匹いました。

 

クマノミ観察

 

Large spotted snake eel がぶつかっていったのは、ニライカサゴでした。
びっくりだよね~。

 

ハダカハオコゼは10枚ぐらい。どんどん増えてね。

 

このダイブは穏やかだったので、Mさんもこの余裕。
上がろうかなと思いましたが、もう少し浅瀬を行ってみましょう。

 

いたいた、良かった!
小さなウミガメちゃん。
もちろん、Mさんにとっては初めて。

 

 

安全停止終了後、Mさんにシグナルフロートを上げてもらいました。
すんなり、できちゃった。

 

サンゴが美しい・・。
お疲れ様です。ロングダイブ!

 

ラストダイブです。

ウベゴンシャークを見に行きましたが、不在。
あぁ、残念。

オトヒメエビ

 

ここだけ流れが・・・。
大きなコブシメも流れに耐えてる。
タコも見ましたね。

 

ニセタカサゴの群れが行ったりきたり。
浅瀬をまったり水中散策を楽しみました。
もう、文句なしのオープンウォーターダイバー認定です。
おめでとうございます。

 

 


ガールズでランチ。
これ店主好みでした。

今回学んだことをベースに、ダイビングを安全に楽しんでいってください。
3日間本当によく頑張りました。

海洋講習初日 パダンバイ

0

ジョグジャMさんの初めての海は、パダンバイです。

天気は到着した頃から、太陽が出てきました!
海況は、GOOOOOOOOD。
波なし、流れなし、水温28℃、透明度10~20m。

まずは昨日やった通り、バックロールエントリー。
ロープつたって潜行です。
最初は転がってもよいように、浅瀬&砂地でしばらくスキルをやります。
だいぶ慣れてきたところで、水中散策スタート。
このためにスキルがあるのです。

ヤッコエイやお子ちゃまケショウフグ。

 

チョウチョウコショウダイ幼魚。1cmほど。

 

ヨロイウオ?ぽい。でもヘコアユと混ざって大きな群れでした。

 

中性浮力、いいですねー。
まだこれは1本目。

 

 

自分でサクサク器材装着。
講習なので自分でやってもらいます。

出来がよいMさんなので、2本目にしてちょい深場へ。
ブリーフィング通り、ぴったり着いてきます。
沈船で中性浮力をとって生物観察。
残圧も頻繁に見ています。

クマザサハナムロが、わーーーーーっとやってきて、Mさん大喜び。

 

Mさんラッキーですねー、潜水艦と遭遇。

 

 

シマウミスズメもかわいい。

 

ミカヅキツバメウオたち

 

魚影の濃さにMさん大喜び。
そして、観察する余裕が出てきて急成長。
若者は早いなぁ。

 

ゴマ、死んでる・・・?
(クリーニングが気持ち良すぎて鰓全開中)

 

 

次はオヤビッチャの群れがクリーニングステーションへ。

 

 

ここが透明度良いのは珍しい。

 

Mさんとキンセンフエダイ

 

安全停止は、サンゴの絨毯。
講習ですがロングダイブです。
Mさん、エア消費少ない!

さくさくっとランチの後は、ログ付け、学科試験をやりました。
もちろん、楽々合格です。
明日の講習は、サメ見ましょう。
お疲れ様でしたー。

講習 学科&プール

0

早朝より、体験ダイビングのキャンセル電話あり。
キャンセル仕方ないけど、キャンセル代を払うつもりのない人はほんと困りますね・・。
こちらは、100%準備完了なわけですから。
正直、その『態度』に暴れたくなります。
たーまーに、遭遇してしまう現実。
ああ、朝から嫌な気持ちにさせられましたが、気を取り直していきましょ。

店主は久々に講習です。
ジョグジャカルタよりお越しのMさん、はじめましてー。
若くてかわいい。
初対面ですが、共通の知り合いも多く、これから長いことインドネシアでお世話になりそうな予感。

DVDや教材で事前学習済みなので、学科は要点抑えてさくさくっと進みます。
Mさん、賢いし。

さてプール終盤です。
もうダイバー。

 

水中から見上げると木がくっきり。
さすがプール。

 

さんご礁の上だと思って、移動GOGO。
姿勢もいいですよ。
体験ダイビングも経験なし、スノーケリングも経験なし。
でも、2,3時間でここまで習得。

 


店主は疲労ダイバーとして、曳航されています。
空も木も美しいなぁ。

プールが終わってもまだ余力があったので、ダイブテーブルも突入。
明日が楽しみです。

祝アドバンス パダンバイ

0

ジャカルタからお越しのリピーターY女史とパダンバイへ行ってきました。
今日は、アドバンス講習。
突発的な事情で急遽1日しか取れなくなってしまいました。
えーーーっ、、、一日5ダイブは普通なら断るところですが、Y女史のあつい懇願に負けました。
こちらの安全条件を納得して頂き催行することに。
こういうのは国内リピーター様の特権です。

店主は、潜りぷりとスタミナを知っています。

早朝発でガールズゆきます。
太陽が今日もすごい。

本日のパダンバイ、終始うねりありでした。
波少し、流れちょっとで海水が重い日。
透明度10~18m、水温26℃~28℃。
一時、深場で冷たい潮が上がって来た時には、まるでマンボウが出そうな雰囲気でした。

本日のメニューは、中性浮力→ディープ→ナチュラリスト→ナビゲーション→水中写真
インドネシアの主要ダイビングスポットをすでにあちこち潜っているY女史は、スキルもスタミナもばっちり。
4ヶ月のブランクはすぐに埋まりました。
楽しみながら、一歩進んだことをこのコースではチャレンジ。

そしてそして、この1ヶ月、左耳抜きに苦労していた店主。
今日から左耳が抜けるようになりました!
よかった~。

タツノイトコが今日はいた!
うねってたから大変ね。

 

ツマジロオコゼもうねりの影響が。

 

予期せぬ出会い。
わーーーーい、ホウセキカサゴちゃん!
先月とは違う子だ。

 

オオモンカエルアンコウ、目が合ったぞ。

 

ウツボ、逃げる。

 

店主は、パダンバイに多いシラヒゲウニ観察が好きです。
いろんなものを身に付けるからです。
茶色の玉は、これサラックの種でしょう!
硬くて重いのに、棘に付いているのが不思議。
*サラック=スネークフルーツ

 

デバの世界

 

天然アクアリウム

 

Y女史、かわいい~。

 

せっかくなので、今日はほとんどY女史にフロート上げをやって頂きました。
全くしくじりませんでしたネ・・。

 

Y女史が見つけてくれたオオウミウマ。
浅瀬に上がってきています。

 

ハダカハオコゼのまだ子供。
今日は10枚以上見ました。

 

 

オレンジバンデッドのペアがらぶらぶ

 

これまたY女史が教えてくれたヒメオニオコゼ。
下に潜りたいのに潜れず苛立っています。
ガレ場は無理だと思うよーん。

 

子供オニカサゴ、見えますか?

 


Y女史、最後もフロート上げ成功。
お疲れ様です。
美しくマナーよく、今日はいろいろやれました。
ガイド任せでなく、積極的に水中世界を味わえるようになったのではないでしょうか。
また水中だけでなく、準備から終わりまで、ボート上でもダイバーとしてばっちりです。
文句なしでアドバンス認定です!

祝ダイバー トランベン

0

Rさんの講習は早朝ダイブから。

 

おはよう、トランベン!
セッティング・準備、全て一人でやります。
もうダイビングボートが来てるし・・・涙
カンムリブダイの群れは無理かな~。

 

出遅れた感じだったのですが、まさかのエントリー1分でカンムリブダイ15匹ぐらい。
しかも、誰もおらず・・・。
Rさん、ラッキー!!

 

そしてオヤビッチャすぎる。

 

ホバリングでじっくり観察して頂きました。
ナポレオンが通りましたが、Rさん違いがわかっていない様子。

 

2本目は、透明度抜群で深場は25mほど。
フリー潜行やエア切れスキル等などをやって、水中散策開始。
同時に、深度18mでの中性浮力やエア消費などを経験してもらいました。

あっという間に3本目。
ラストダイブですよ。総括ダイブ。
また濁りが入り、少し流れあり。
残圧見て、深度見て、減圧不要限界見て、コンパス見て忙しいけど、この安定感!
実は、Rさん、計器フェチでした。
こういうの好きなんだとか・・・・女性で珍しい。

 

計器に囲まれニッコニコ。

 

Rさんは、上から見たハダカハオコゼ。

 

そして、ウミガメは一番前で見ることができました。
Rさんは、たくさんのダイバーに囲まれてどきどきだったとか。

 

そろそろ安全停止ですー。
慎重に・・・入ります。

 

安全停止中は、大きなナポレオンがクリーニング中。

 

 

鉄柱を目安にホバリング。美しいです!
エアも延び始め、後片付けも積極的にサクサク。
文句なくダイバー認定します。
おめでとうございます。
新しい世界と趣味が広がりましたね。
これからいろいろな海で経験を積んでいってください。
ありがとうございましたー。

オープンウォーターダイバー トランベン

0

スマトラ島よりお越しのRさんの講習スタートです。
お待たせしました、ついに・・・実現!
年末年始に講習希望でしたがお受けできずに、体験ダイビング4日間もやっていったRさん。
その後、アチェで体験ダイビングもやったとか・・・・。
はまりそうなRさん。

1本目ですでに安定感があるRさん。
姿勢もいいんだなぁ。

 

やどかり

 

南部からのダイバーが減り、群れがあちこちでした。
透明度は10mぐらいですが、穏やか。

 

安全停止です。5mに3分止まります。

 

湖みたい・・。

 

オープンウォーターダイバー講習は通常3日間ですが、Rさんには2日間の特例を出しました。
トランベン1泊2日でハードな合宿でも文句言わないコース。
事前学習もばっちり。
先ほど21:30までお勉強して、学科試験も95%という正解率。
プールも海洋ダイブ1本も終えました。
明日は早朝から3ダイブ!
晴れて朝陽が見られますように。

祝・アドバンスダイバー トランベン

0

日程に余裕のあるMさんは、一日置いてアドバンスダイバー講習2日目を本日に設定。
おとといは、大雨に当たってしまいましたが、今日トランベンはどうなるかな??
近所のダイバーYさんは、先日と同じく水中写真で参加です。
順調道中だったのに、トランベン直前のライステラス峠でまさかの大渋滞。
全く進まない・・・。
我らの先頭は、なんと重機を載せた長すぎるトレーラー。
各曲がり角で右往左往していたのでした。
この道通るのは、どう考えても無理でしょう!!
恐るべし、インドネシア。

1本目、Mさんが選択希望したのは水中写真。
初めてでも写真がとりやすいポイントなので、がんがん撮ってもらいましょう。
被写体うじゃうじゃ。

本日のトランベン、海況安定しています。
波なし、流れなし、透明度15m前後、水温29℃。

img_6613

水中写真の注意点やコツを説明して、GOエントリー。

 

img_6640

Yさんとキンセンフエダイ群れ~あっぱれ!

 

img_6657

クマノミの中で撮りやすいハナビラクマノミ。
長い釣り糸を口からたらした魚がいたので、短めにカットしてあげました。
『釣り人注意だよ、ぐっどらっく』

 

img_6663

そして、最近巨大化しているオックスアイスカッド(アジの仲間)を撮ってみましょう。
玉からドーナツに。

 

img_6664

ババロア編

 

img_6682

Mさん、初日の成果が出てる!
美しいですよ~。

 

img_6684

また、玉に!

 

img_6688

帯状
あ~、楽しい・・・。
ロングダイブです~。
Mさん、初カメラだったのに、結構うまい写真でした。
中性浮力で上手に近づけていたことが勝因!

エキジットすると、ひぇーーーー大雨!!!
雨女は誰?
何とかリバティ号へ移動。
仮設レストランは、あちこち雨漏りがいっぱい。
雨漏りを避けながら、ご飯をかきこみます。
雨がすごすぎて、こんな状況でも不思議と皆さんニコニコ。
笑えるほど降っているのです。
つまらない顔してる人は一人もいない。

img_6714

突然、うちの運転手、パンツ一丁&水中マスク姿で登場。
大雨に打たれながら器材のセッティングをしてるではないか~。
期待してない時にいい動きです。
直後に、イルカが5,6匹水面を泳いでゆきました。
国籍問わず、皆さん大歓声!

そして、仮設レストランの屋根が、ギギギーと傾いた・・・。
屋根にかけたビニールに雨がたまりすぎて、重みで仮設レストラン自体がまずいことに。
運転手、長い棒で屋根の水を押し出そうとしたら、突き刺さってしまい大量の水が落ちてきた~。
もうドリフの世界。大爆笑。
あと1分ぐらい放置してたら、恐らく雨の重みで仮設レストラン全体が倒壊する勢いだったので、これはいい結果でした。
雨がおさまらないので、大雨の中、ガールズはさくさくとエントリー。
最後は、ディープダイブです。

 

img_6718

そしたら、また運転手が・・・・・・いた。
あんた、ここで何やってるの!
雨でずぶ濡れになったついでに、スノーケリングを楽しんでたようです。
どうやらこの後、60分以上。
もうガールズは、海水を飲みそうなぐらい笑いました。

 
Mさんは、30mでも窒素の影響はなく、残圧をこまめに確認して、バディとぴったり(たまに近すぎて店主に注意されたり・・笑)。
ダイブコンピュータ表示の減圧不要限界を比較し、各深度ごとのカラー変化の確認。
ゆっくりゆっくり浮上してゆきます。
せっかくリバティ号なので、カメラも持っていって頂きました。

img_6725

Yさん、ハダカハオコゼ黄色を撮る。

 

img_6729

クダゴンベちゃん

 

img_6742

腹ペコのウミガメ様にも遭遇。

 

img_6749

深場から、大きなナポレオンも登場。
次から次へと忙しいよっ。

 

img_6775

ディープダイブの安全停止は長めにしましょう。
中性浮力、この度、完全に体得できたMさん。
安全停止の後、コンパスのまだやってない『四角形ナビをやってくださーい』。

 

img_6783

これまた余裕ありありのロングダイブお疲れ様でした。
文句なしでアドバンス認定します。
事前学習も完璧でした。
おめでとうございます。

ダイビングが終わると、雨がやっと止んでました。
MさんもYさんも、ステキな写真があるある。
写真は楽しいですね~。
トランベンを出ると、今度はダイビング会社のトラックが道路からはずれて畑に落ちてる!
ロープで引き上げているところでした。
恐らく軽症でしょう。

水中、陸上、車窓・・・・インドネシア的な刺激がありすぎる一日でした。
Mさんは、人間らしい喜怒哀楽刺激を求めて、いつも東南アジア旅行になってしまうそうです。
確かに、この国に住んでいる限り、絶対にぼけません。
日本では考えられない光景がいっぱい。
サヌールに到着して、雨女が決定しました。
答えはMさん。
ガールズ、雨と笑いの2日間ありがとうございました。

パダンバイ 祝ダイバー

0

余裕で講習最終日を迎えたEさん&Aさんとパダンバイへ。
昨日も来たので、かってが分かって益々準備が早いガールズ。

本日のパダンバイ、濁りはありますが昨日より透明度がよく10m~15m。
水面は穏やか、一部流れ、一部うねり、水温27℃。

Eさんの耳抜きが今日はスムーズでなかったため、エア切れのスキルはとりあえず一つだけ。
昨日より深いところへ行きますよー。
エア確認は頻繁にー。
バディと離れない、いつも助け合うこと。
気をつけることはいっぱい。

面白かったのは、みんなでフリー潜行の時、Eさんはレギュレーターをくわえてない・・・笑。
口からゆっくり息を吐いているだけ・・・(すごい光景)。
水中で 『ねぇ、Eさん、レギュくわえないの?』と尋ねると、慌てずレギュを拾ってくわえました。
みんなで大笑い。
それぐらいレギュレーター呼吸に違和感がなくなっているのだと思いました。

IMG_0471

水中散策です。今日はドロップオフも経験。

 

IMG_0484

一部流れもありましたが、姿勢を流線型にして、呼吸も乱れず、きちんと付いて来れました!

 

IMG_0485

安全停止が終わってしばらくして、初のフロート上げをやってもらうことに。
Aさん、全然空気がフロートに入ってないよーーーー。
これまた、店主大笑い。

 

IMG_0486

何もなかったかのような、涼しい顔のガールズ。
Eさんは、初回から上手に決めてしまいました。すごっ!
二人とも中性浮力、素晴らしい。

 

IMG_0488

寂しいけど、GO ラストダイブ。
『あっという間だった』とガールズ・・・。

 

Eさんの耳がうまく抜けたので、エア切れのスキル実施。
大切なのは、エア切れにならないこと!

IMG_0490

コンパスで元の位置に戻ってきた。
おめでとうございます。

IMG_0500

18mへ行くと、ステキな根があります。
ウツボが気持ちよさげにクリーニング。

 

IMG_0512

オレンジバンデッドパイプフィッシュとユカタハタ。
おー、カニもいた。みんな仲良し。

 

IMG_0515

クマノミシティー

 

IMG_0539

~THE デバスズメダイ~
ウミガメを探しましたが遭遇できず・・・。
その他には、シラヒゲウニたくさん、モンハナシャコ、タテジマキンチャクダイ、グルクマの群れ、ハリセンボン、アカホシカニダマシ、スカシテンジクダイ、オビテンスモドキ幼魚、イトヒキベラなどを観察。
予定を越えてロングダイブに・・・。

 

IMG_0542講習とは思えない潜りぷりのガールズ。
おめでとうございます。
今回習ったことを忘れないでください。
これから、どんどん経験を増やして、安全にダイビングを楽しまれていってください。
3日間、ありがとうございました。
楽しかったなぁ・・。

パダンバイ ファンダイブ&海洋講習

0

 

今日はみんなでパダンバイへ。
東京よりお越しのY氏とKさん、はじめまして!
そして、昨日に引き続き講習ガールズEさんとAさん。
朝から元気いっぱいです。
移動中はどんより天気でしたが、パダンバイへ到着すると太陽が出てきました。
が、その後、やはり曇り空になっちゃった・・。
海況は、水面は穏やか、ところどころ流れ、一部うねり、透明度は8m~12mで浅場はきれいな一日。
水温は、28℃。
講習組は、サクサク準備を開始。
10年ぶりのダイビングとなるKさんは、復習ブリーフィング。
でも、30本以上のログがあり、バディY氏は経験豊富そうなので大丈夫だろうと店主は読みました。

講習組を担当させて頂きましたが、きれいに水面移動、潜行、スキルが進みます。
AさんもEさんも、上達早そう・・。
後半は、実践水中ツアー。

IMG_0396

叫びが聞こえてきそうなハナヒゲウツボ

 

 

IMG_0404

アンナウミウシの起立

 

IMG_0414

中性浮力で泳ぐ感じ、いいですね!
ただ、手を開いてしまう癖は、現在修正中。

 

IMG_0416

ファンダイブ組に遭遇。
Kさん、10年ぶりでドキドキでしたがこの通り。
やはりダイバーでした。

 

IMG_0418

酔いを心配されていた方が約2名でしたが、誰も酔わず。

 

IMG_0420

昨日からダイビング勉強を始めたガールズ。
もう推定1000本ダイバーに見えちゃいます。
Aさん、モジフー似合ってますよ。

スキルの後は、水中ツアー。

IMG_0423

散歩中の Large spotted snake eel

 

IMG_0432

止まって生物観察

 

IMG_0437

ファンダイブ組と途中出会いました。
余裕ですね~。
ウミガメ見たそうです。

 

IMG_0444

安全停止中も安定してきたガールズ。
少し流れも経験できました。

 

IMG_0450

浅瀬は明るくてきれいでした。
おー、ロングダイブだ、上がりましょう。
この他にも、シマウミスズメ、移動中のクモウツボ、ヘコアユ、モンハナシャコ、フタイロカエルウオ、久々のセダカギンポなどを観察。
初海洋ダイブで、生物観察の余裕があったお二人にあっぱれ。

 

車中は全員、爆睡・・・あっという間にサヌール着。
講習組は、学科補足と学科テストを無事パス。
お疲れ様でした。

皆様、今日はご一緒させて頂きありがとうございました。

Kさん、ブランク10年に終止符、おめでとうございます。
頼れるダイバーY氏とこれから一緒に潜っていってくださいね。

 

 

オープンウォーター講習 学科&プール

0

愛知出身のEさんとAさんの講習スタートです。
同級生とのことですが、お二人ともお仕事で活躍されていて、Eさんはシンガポール在住、Aさんは神奈川在住。
バリ島で集合、かっこいいですね。
事前にDVDを見ておいてもらったこと、教材を先渡しできたことで、事前学習がばっちり。
スムーズな講習です。
午後からは、プールでしたが問題なし。
中性浮力のコツも、すでに分かってきたかも。
はやーーーっ。

IMG_0369

最後は、実際にさんご礁の上を泳いでるつもりで泳いでみましょう。
がんばるガールズ。
いい感じですよ!!

余裕があったので、ダイブテーブルまでいけちゃいました
明日が楽しみです。

今日は本当に悲しいニュースが飛び込んできました。
同業者が3日以内の国外退去命令を食らいました。
大手で投資も巨額、許可等もきちんとやっていたところなのに、そりゃないぜという政府の仕打ち。
理不尽すぎますわ。
たくさん取らされる各種許可の意味はあるのかな・・・?
もし足らない書類があるなら、『指導』で済まされないのでしょうか。
『この国に正義はない!』とその社長の言葉。
一生忘れません。
嗚呼、インドネシア。

 

ページのトップへ