Posts tagged マカッサル

第5回カポポサン島ツアー報告

0

早いもので、毎年開催できているカポポサン島ツアー第5回が無事に終わりました。

10月12日~15日(3泊4日カポポ滞在)、今回は参加者11名+店主の12名となりました。  

10月11日 APECが終わり、静かになったバリ島からスラウェシ島マカッサルへ移動。

今回、バリ島発は小笠原から到着して数時間のMちゃんと店主だけ。

ガルーダの早朝便で器材を最大限運びました。

スポーツ器材が15キロ→23キロへ増量。

通常のチェックイン荷物は20キロですから、一人で43キロ運べることになりました。

ただ、空港ターミナルが移動中のため、仮のチェックインカウンターであったり、搭乗ゲートまで遠い遠い・・。

かなり歩く! タクシー呼んでと職員に言ってみました。  

 

IMG_3756アグン山がうっすら。バイバイ、BALI。

   

IMG_3760実質1時間ほどのフライトでマカッサル到着。

 

 

器材を港に下ろして、Mちゃんをホテルへ案内して、店主の第二の故郷Jl.Cendrawasih へ。

 

  IMG_3766

 

         懐かしのラーメン

みんなお久しぶり!! 13年のお付き合い。

 

 

IMG_3767

 

  マカッサル伝統衣装バジュボド

 

 

IMG_3787

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ロザリービーチはいつもにぎやか  

 

 

 

                                 IMG_3788IMG_3791

 

 

 

 

 

 

マカッサル名物 PISANG EPE(焼きバナナ)         世界三大夕日                

 

IMG_3801

 

 

 

 

 

 

 

壮行会はお決まりのキオススマラン    

 

 

10月12日 1日目  

IMG_3806

カポポサン島へ移動

 

IMG_3813穏やかだったのでスピードボートで1時間20分で到着。

はやーっ。

カポポサンはいつものままきれい!

 

IMG_3814上陸。白砂のプライベートビーチ。

 

カポポ地図さて、ダイビング!!

潜るポイントは都度、メンバーの希望と海況を合わせて決めていきます。

今回は以下の通り。

たくさん潜りますが、各ダイバーが各自で自己管理&ペース配分をして、好きなように参加できます。

記念ダイブや水中実験もありました。 理科の先生や男性陣は実験好きですねー。  

10月12日

1本目:アクアリウム

2本目:ケーブ  祝100本記念

3本目:ジャヌアル ナイト:コンプレッサー壊れる。  

 

10月13日

1本目:ナカノ

2本目:ジェニー

3本目:ジャヌアル  生たまごを割ってみよう。

4本目:アクアリウム ナイト:ジャヌアル    

 

10月14日

1本目:マルジョノ  ゼリーを飲んでみよう。

2本目:タンジュン  コーラを飲んでみよう。

3本目:ラグーン  祝50本記念&バナナを食べてみよう。

4本目:新ポイント  ゆでたまごを食べてみよう。Tシャツを着てみよう。

ナイト:アクアリウム    

 

10月15日

1本目:ジェニー  祝600本記念

2本目:アクアリウム   連日、風があり曇りがち。たまに青空。 水温27℃、穏やか、透明度20m~25m。 最終日が一番穏やかで、THEべたなぎ。

 

 

IMG_3816店主の前半は、ビギナーのT氏やKさんとバディを組んで、潜りぷりを見せてもらいました。

   

IMG_3849楽園エキジット

   

IMG_3855潜って食べての繰り返し

 

IMG_3857ガールズも出動

 

IMG_3864Kさんの100本記念

 

IMG_3870ドロップオフ

    IMG_3872IMG_3875IMG_4006

サンゴもまだ大丈夫                        オランウータンクラブ                       Hさんが見つけたオニカサゴ      

 

 

IMG_3930ケーブは地味に好きです。

   

IMG_3933ウォールから上がってくるとこんな感じ

     

IMG_4015夕日を見ながらエキジット

   

IMG_4022ディナー!!いつも腹ペコ。

   

IMG_4029コンプレッサーのエンジンが壊れて夜0時まで修理を試みましたが、無理でした。

みんなで祈ったのですけどね。 毎回、冷や汗事件が起こります。

仕方がないので、マカッサルまで取りに帰ったユダさん。

お疲れ様・・・・。

 

IMG_4042お月様は半月。

 

 

  10月13日 2日目

早朝1本目にタンクは間に合い、ダイビングスタート。  

IMG_4058ドロップオフへGO

 

IMG_4117そんな縦に居座らなくてもいいと思うのですが。

     

IMG_4126竜宮城みたいです。

   

IMG_4145童心にかえって記念撮影

    IMG_4214

休憩中ビーチから見たシーン。

海鳥が1時間ほど群れていました。

下にはマグロがいて捕食をしているそうです。

そこにエントリーしてみたいものです。

 

IMG_4218お昼寝するジャカルタ鉄人K氏。

   

IMG_4251ジャヌアルのあそこですね。

 

IMG_4333生卵を割ってみよう実験。

砂地でやっても駄目でした。

魚ポイントでやると、お魚さんたちが食べてくれます。

 

 

    IMG_4361IMG_4368

アクアリウムは、ニシキフウライウオ、カミソリウオがごろごろ。                    テンスもたくさん。    

     

IMG_4393毎日夕日でエキジット

 

    10月14日 3日目

IMG_4401朝はウォールから始まります。

   

IMG_4406サンゴがこのまま残ってほしいですね。

   

IMG_4437ビーズ細工で同じように誰か作ってくれないかなぁ。 あったら絶対買います。

 

IMG_4442この美しさがずっと残ってほしい!

 

IMG_4468みんな元気です。

キラキラエキジット。

     

IMG_4478きれいな貝を拾ったKさん。

   

IMG_4485童心にかえる記念撮影会

   

IMG_4490コーラを飲む実験。

結果は、おいしくないだそうです。

 

IMG_4496スラバヤT潜水隊のK氏。

 

IMG_4498サンゴを割らないように気をつけます。

   

IMG_4545癒しのイシガキカエルウオもたくさん。

 

IMG_4564童心にかえる記念撮影会

 

  IMG_4566IMG_4572

バナナを食べよう実験。バナナの皮は海水に弱すぎ。              バルー村K氏の50本記念・・・おさまりきらない。    

 

IMG_4607ここはエキジットしたくなくなる美しさでした。

   

IMG_4638ゆで卵を食べよう実験。

ジャカルタ鉄人K氏だから飲み込めましたが、試してみたい人は普通の人はうずらから試してください。

飲み込まないと、次の呼吸ができないことを覚えておいてください。

店主はやりたくないですぅ。笑

      IMG_4643

みんな一生懸命生きているよね!

 

  IMG_4652IMG_4691IMG_4693

 被写体はあちこち。あきない!

 

     

IMG_47252000年頃は生き生きしていたサンゴ群生が死んでいたり、まだ元気なサンゴ群もあったり、考えさせられます。

   

IMG_4732水中でTシャツを着よう実験(本人希望)。

これ50本記念Tシャツ。

ダイブマスターの器材交換より難しいかもしれません。

ただ、なぜフィンまで取るのか分からない・・。

 

IMG_4745ナイト組、行ってらっしゃい! Mちゃんは初ナイト。

 

IMG_4750居残り組は、夕食まで各自まったり過ごします。

   

IMG_4765大人の花火大会

風が強かった・・・。

 

  10月15日 4日目最終日 フライトがある人は各自自粛です。

 

IMG_4827 はじまりは、E子さんの600本記念!!!

 

IMG_4834これ大きなマダラエイ。店主の後ろにいて驚きました。

またもや店主のカメラボタンが操作不能に。いきなりに弱いです。

めちゃ近いのに・・・。今回2回遭遇。

深場の大きなホワイトティップも操作不能現象。

ここは、もっと流れがある時に入ると大物が通りそうなポイントです。

 

    IMG_4860IMG_4849IMG_4930

ジェニーポイントの深くない一部で、ホオスジタルミ幼魚とスミレナガハナダイがたくさんいて、店主ははまってしまいました。 ああ、楽しい。幸せなひと時。    

 

 

IMG_4948べたなぎの最終日。

 

      IMG_4959IMG_4992      

 

 

 

 

ラストダイブは、カエルアンコウ。    

 

 

IMG_5012カポポはクマノミ系が充実。

 

IMG_5034最後の最後まで実験をやってるOさん。

これは、メントスコーラを飲もうかな???

 

IMG_5037天然アクアリウムでラストダイブの安全停止。

ビギナーでやってきたHさん、この通りの急成長ぶり。

 

 

    IMG_5042IMG_5046  全ダイブ、無事終了!!!     IMG_5048  

IMG_5050

カポポサンでお世話してくださったスタッフ。

                                  ありがとうございました。

 

 

IMG_5052さようなら、カポポサン!!

 

 

 予定より早くマカッサルに到着してしまったので、フライトまで時間がある人は各自市内観光。

急いでいない店主らは、マッサージ2時間へ直行。 マカッサルでは初のNAKAMURAマッサージ。 溶けました。  

夕方からは、打ち上げでまたもやキオススマラン集合。  

 

IMG_5062ロザリービーチにできた新しいモスク。

夕日と重なり美しかったです。

 

IMG_5064キオススマランからの夕日。

エスブアを食べて、ジャカルタ鉄人K氏はこのまま空港へ飛んでゆきました。

お疲れ様です!

 

 

10月16日 店主がお世話になっていた一家と、フライトまでの短い時間ですがやっと一緒に過ごせました。

   IMG_5120

IMG_5129

    子供たちの成長は早いです。                                 お昼寝中のママを起こして、お別れの挨拶。ママ泣かないで!また来るから。  

 

マカッサルの空港からは、なんとスポーツ器材は15キロといわれて大もめ。

デンパサールからは、今年から23キロといわれていたのに!

10キロ以上オーバーだと言い張るガルーダ職員。

機内持ち込みも駄目と言い張る。

ああ、疲れる・・・。 なぜ、同じ航空会社で統一してないんでしょうね。怒

嘘と裏技で結局、強引に機内持ち込みしましたが・・・。へへ。  

11名の皆様、ありがとうございました。

そして、今回初めて参加できなかったジャカルタの潜り倒しK氏。

チケットまで購入されていたのに、本当に残念でした。

不在だとさびしかったです。次回!    

 

 

参加者の感想  

T氏 20代男性 オープンウォーター 15本

カポポサン、とても良いところでした。 後半、体調が万全でなく残念でしたが、また来たいです。  

Hさん 40代女性 アドバンス 27本

電話もメールもない海と砂浜。 空だけの楽園が素晴らしかったです。 ダイビングでは、ご迷惑かけっぱなしでしたが、とても楽しめましたし、何より温かい皆様に囲まれて安心して上達できた(ような)気がします。 ありがとうございました。  

Yさん 30代女性 アドバンス 48本

潜って、食べて、お昼寝して、また潜る。 完全プライベートビーチでプライベートダイビングができるのは、本当に幸せです。 コンプレッサー故障とかもインドネシアらしくて◎。 めちゃリフレッシュできたので、日本に戻って頑張って働きます。  

K氏 30代男性 アドバンス 60本

初カポポサン。 島も海中も最高でした!! メンバーにも恵まれ楽しい時間を過ごせました。 50本記念ダイブをここでできて幸せです。 マクロ系生物が多く、カメラのスキルもUPした気がします。 今回のツアー企画、ありがとうございました。 これからも宜しくお願いします。  

Mちゃん 30代女性 アドバンス 61本

プライベート空間で、まったりのんびり楽しかったです。 皆様のお陰で初ナイトもできました。 ありがとうございました。  

Kさん 40代女性 アドバンス 110本

三度目のカポポでも、たくさんのお魚と出会うことができて楽しい4日間となりました。 チョウチョウコショウダイの幼魚がかわいくて印象的でした。  

Oさん 30代女性 ダイブマスター 220本

潜って食べて寝て、楽園ダイビングでした。 ドロップオフから砂地まで、マクロ、大物何でもいる天国カポポは何度来ても飽きないですね。  

K氏 40代男性 アシスタントインストラクター 300本前後

初めて参加しました。 携帯の電波に追われる事もなく、ダイビングに集中できる環境が最高!! また是非来たいです。  

K氏 40代男性 レスキュー 360本

他の観光客のいない静かなリゾート。 水が真水でないことを除けば最高!! 良かったポイントは、大物狙いのジェニーポイント。 ここにずっと貼りついていたかった。  

A氏 60代男性 アドバンス 580本

初カポポサン。 穏やかな海、世の中の喧騒を忘れるにはもってこい。 大物は期待しないで。  

Eさん 60代女性 アドバンス 600本

やった!600本記念。 目指せ700本。 なーんてね。 体力維持。 海の中は静かで平和。

第5回 カポポサン島遠征 決定

0

次のカポポサン島遠征が決定しました。

2013年10月12日~15日(3泊4日)13ダイブ~16ダイブ

10月12日7:30、POPSA集合

残り5名!!

 

 

楽園

カポポサン島(ブギス人の島)

 

 

童心にかえる

2012年5月 第4回ツアー記念撮影

 

 

前回の報告 第4回カポポサン島ツアー報告

第4回カポポサン島ツアー報告

2

昨夜、無事にバリ島に戻りました。

マカッサルに2泊、カポポサン島に3泊、楽しい時間はあっという間に終わりました。

今回は、ほぼ満員の14名参加の大所帯。

まずは、今回のツアーを写真で報告します。

 

【5月16日】デンパサール→マカッサル

朝6:30発のガルーダ航空にてバリ島を出発。サヌールは4:50発で、まだ真っ暗でした。

バリ島からは5名で140キロの器材を運びましたが、終始スムーズ。無事にチェックイン。

こういう時、ガルーダの別途スポーツ器材15キロはありがたい!!

チェックイン時の身分証明は、パスポート原本。

コピーは不可になりましたので、お気をつけください。

 

海岸線は、いつも潜っているトランベンだと思われます。

飛行機だとたったの5分。

 

ステキなマカッサル空港からボート乗り場へ向かいます。まずは140キロを降ろさなければばりません。

荷物が多かったので2台に分乗だったのですが、店主はこの車。

暑いマカッサルなのに、車の中に暖かそうなピンクの毛が敷き詰められていて絶句。

ミラー部分とセットでRp.350.000(約3,000円)だと、この運転手が得意げに教えてくれました。高い!

そして、車内ミュージックは、ブギス族のご機嫌ナンバー。のりのり。

第二の故郷に帰ってきたなぁ・・と実感する瞬間。

これだからマカッサルは面白い!バリ島から行くと異国。

 

140キロを降ろして、お客様をホテルへ送り届け、店主の第二の実家(ラーメン屋)でランチ。

そして、お昼寝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人で乗り合いバス(ペテペテ)に乗って、ロザリー海岸へ。                      だいぶベチャ(人力自転車)が減り、

                                                          ベントール(バイクタクシー)に切り替わっています。

 

 

キオススマラン3階から見る夕日。遊歩道の幅が増え、車道が狭くなったため渋滞気味です。

カポポサン島ツアー前夜祭は、このキオススマランに15名ほど集まりました。何を食べても美味。

 

 

【5月17日】マカッサル→カポポサン島

 

朝8時にマカッサルを出発、9:30にパンケップ県カポポサン島に到着。

 

 

小さな島です。昼間は電気がなく、夜18時頃から電気が使えます。

 

潜るポイントは都度、メンバーの希望と海況を合わせて決めていきます。

今回は以下の通り。たくさん潜りますが、各ダイバーが各自で自己管理&ペース配分をして、好きなように参加できます。

 

【5月17日】

1本目:ジャヌアル 

2本目:マルジョノ

3本目:タンジュン

ナイト:アクアリウム

 

【5月18日】

1本目:シャークポイント 祝300本&祝100本記念

2本目:ジャヌアル

3本目:ナカノ

4本目:アクアリウム

ナイト:マルジョノ 突然の暴風でエキジット苦労

 

【5月19日】

1本目:ケーブ

2本目:アクアリウム 祝50本記念

3本目:タートルポイント

4本目:アクアリウム 初のビーチエキジット

ナイト:アクアリウム

 

【5月20日】

1本目:ナカノ ウミガメと40分間潜水

2本目:アクアリウム

 

4日間、一度も雨に当らず終始天気よし。流れに当ることもなく、水温は28〜29℃。透明度も20m〜30m以上。透明度は日々上がってきました。

体調を崩すダイバーもなく、皆さん自己管理が上手でした!

 

 マルジョノで出会ったウミガメ

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 イシガキカエルウオがたくさん

 

                                                               イボウミウシの仲間ですが、大きな個体でした。

 

 THE ドロップオフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 通称『田舎者ボート』組 素朴な雰囲気

 

 

 

 

                                                                        姫はどこにいても姫

                                                            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 通称『都会組ボート』・・プロフェッショナルな感じでかっこいいですね。

 

 

                                                              半年前はいなかったオオモンカエルアンコウ            

 

H氏の300本記念&Nちゃんの100本記念

1ダイブに2名の記念は珍しい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   誰でも童心に返ることができる場所                                  超パラダイス

 

 

 

 

おしゃれさん、ヒオドシベラ幼魚                   ヤドカリもたくさん                  動くカサゴが多い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陸でも水中でも、いじられキャラのMK氏・・・いつもみんなの手厚いアシストを受けていました。そしてこのカポポサンでかなり急成長。 

 

 

 

 

 

 

 

 

               ナイト組が上がるのを待ってディナー                                 刺身も出たりします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 14名+現地ガイド+ボートマン4名でフル出動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                       Kちゃんの祝50本記念・・・・・・・EFRはすでに取得済み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         初ファンダイブで参加のGさん。

        最初は呼吸自体のコツがつかめず苦労しましたが、

        3日目より余裕が出てきて、海を楽しめるようになった!

         Gさん、急成長!

 

 

 

 

 

 

 

 

 カスミチョウチョウウオ、アカモンガラ、スミレナガハナダイなどに群れに囲まれます。

 

 

 

 

 

 

メレンゲウミウシにうっとり                                  カクレエビも付いている確率が大

 

 

                                          ビューティフルエキジット!

 

 

 

 わーお、ツマジロオコゼ!!

 もっと粘りたかったー

                                                         やっほー、ヒメオニオコゼ!一期一会でした。涙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深度2mぐらいのとことにキャベツサンゴ!

誰にも割られずこのまま育ってほしい。祈                                    超浅瀬マクロダイブー。じっくり潜りたいところ。

 

 

 

                                  最終日、透明度が上がってきています。 

 

 

 店主はディープへ移動

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

       ラッキーなことに40分間もこの子とダイビングできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  下の方にはホワイトティップシャーク。そしてウミガメと遭遇。        

途中、水面に呼吸しに行ったりしてましたが、下にまた戻ってくるし店主を怖がらず。

                                                           寝床までお邪魔。エキジットしたくなくなるほど

                                                           ステキなダイブとなりました。

                                                           サヨナラが辛かったです。

 

 

 

ビーチへ戻ると、セレベスTV局(ローカル放送)が何やら撮影中。

子ガメ30匹を海へ放流する行事があったらしいですが、この子ガメはすぐに浜に戻ってきてしまう。

そんな場面に出くわしたのでした。

この後、一生懸命に泳いで行く姿をみんなで見届けました。

誰にも獲られず、この周辺で大きく育ってほしいと思います。 

 

このカメ放流行事に来ていたのが、マルジョノ氏(上段左から2番目)。

私たちが最も好きなマルジョノポイントのマルジョノ氏でした。

今は議員であり、実業家であり、スラウェシのダイビング協会の偉い人のようです。

カポポサン島のこの自然・環境を保護していきたいとマルジョノ氏は話してくれました。

ついに『環境保護』について考え始めた南スラウェシの人々。

ゆっくり少しずつですが、発展しているんだなぁと思えました。

 

 

これからラストダイブへ。楽しい時間はあっという間に終わります。 

 

 

『ニモとKちゃん』

カポポサンは、カクレクマノミが多い!

イソギンチャクが小さめなので、撮影しやすい・・。

 

 

アクアリウムの姫。完全にマーメイド化。

 

スカシテンジクダイ、ナガレボシの根にうっとり。楽園ダイブがピーク。エキジットしたくない。

海がいつまでも保たれますように!私たち人間は生活を見直す必要がありそうです。 

今回よーく分かりました。アクアリウムポイントは広すぎです。

 

 

 

無事にマカッサルへ到着。あー、終わっちゃった。          打ち上げは中華屋台 Rumah makan TIMOR (Jl.Timor)

                                                                                       えびワンタンが最高!この店主、ウーロン茶、りんごをサービスで出してくれました。

 

 

【5月21日】マカッサル→デンパサール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空港へ向かう高速道路。ロッテルダム要塞から20分ぐらいで空港へ着いてしまいます。

この看板が面白いのでパチリ。南スラウェシに住んだ人じゃないと分からないユーモア。 アヨミー!笑

 

 

140キロの器材チェックインが済み、2階へ上がると。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WOOOOOOOOW、スタバがあるぅーーーーーーーーーーーーっ。

モールラトゥーインダーに去年OPENしたそうなので、空港が2号店?

4月20日にOPENしたそうです。

もちろん、みんなで突撃。

 

楽しい5泊6日は終了。

今回、途上国らしいハプニングが全くありませんでした。行く側も受け入れ側も慣れてきたのでしょうか。

前回より改善が見られるとやはり嬉しくなります。いいぞー、インドネシア!

 

参加メンバーは、全体的に経験レベルが高かったです。実際、一人もリゾートダイバーはいません。

ブルパラは、節度のある自立したダイバーの養成を目的としています。

当初心配されていたヒヨコダイバー2名は、カポポサンの4日間でメキメキ上達することができました。

後半は見ていて頼もしくなるほど!これも先輩ダイバーたちのアシスト・助言・励ましがあったからでしょう。

苦労した生徒の成長・巣立ちほど嬉しいものはありません。 

 

では、またいつかどこかで、一緒に潜る日を楽しみにしています。

ありがとうございました。

 

 

【参加者の感想】

 

Kさん 30代女性 オープンウォーター 15本

私にとって、オープンウォーター講習直後に、このような機会があったことが本当によかったです。

オープンだけで終わっていたら、恐らくダイビングに不安を残したまま帰ってしまい、気持ちも中途半端になっていたと思います。

不安から、ダイビングって面白いかも、水中の世界ってきれいだなと思えて、ダイビングを終えられることに心から感謝しています。

みなさんに、見守られて成長することができました。本当にありがとうございました。

みなさんとの出会い、ご縁に感謝です。

 

MKさん 30代男性 アドバンス 32本

お疲れ様でした。また、ご指導本当にありがとうございました。

ナイトも落ち着いて、魚の生の色を見る(楽しむ)ことができました。

カポポ、最高です!

 

Eちゃん 20代女性 アドバンス 30本

カポポサンの海はとてもきれいでした。

カメがみれた。

アクアリウムがとてもきれいでずっと潜っていたかったです。

 

Kちゃん 20代男性 アドバンス 55本

海もきれいで魚もたくさんいた。

流れが穏やかでゆっくりダイビングができました。

お料理もおいしかった。

ありがとうございます。

 

Kさん 40代女性 アドバンス 80本

楽しい時間はあっという間に終わってしまいます。

二度目のカポポサンでも、カメがいっぱいいて、見るたびにワクワクしました。

大きなフグやハリセンボン、それからサメにも出会えて満足です。

皆様にはお世話になり、ありがとうございました。

またの機会を楽しみにしています。

 

Yちゃん 20代男性 アドバンス 78本

二度目のカポポサン。

今回は前回より多いメンバーで、ワイワイ楽しい4日間。

海も穏やかでナイトの少し流れが出た時も、とても楽しいダイブができた!

次はいつ来れるだろうか・・・・。

お疲れ様でした!

 

Oさん 20代女性 アドバンス 120本

まさに想像通りの楽園ダイビングでした。

青い海に青い空。

白い砂浜に色とりどりの魚で大満足でした。

 

Hさん 60代男性 アドバンス 310本

今回で三度目の参加ですが、体力(?)の低下を感じております。

若い人たちに囲まれて励まされた感があります。

300ダイブを祝っていただき感謝感謝。

500本目指して続けてゆきたいと思います。

 

Nちゃん 30代女性 レスキュー 109本

今年もこうして思い出のカポポサンに来ることができました!

海でも陸でも、懐かしい再会と新たな出会い!

このキレイな海がいつまでも残ってほしいです!

皆さんに感謝。

 

Kくん 20代男性 ダイブマスター 160本

今回のカポポサン島ツアーもとても楽しく潜ることができました。

海も陸もたくさん笑えました。

大好きなニモ達にいっぱい萌えました。

 

Kさん 30代男性 ダイブマスター 471本

半年ぶりのカポポです。

終始穏やかで楽なダイビングでした。

いつまでもこの海が保たれますように!!

 

Z子 30代女性 インストラクター 235本

今まで最大のpartyで、イントラとして初めて臨んだ遠征だったので緊張してましたが、みんなに助けてもらって大感謝です!

よく知った仲間達で腹筋を鍛えられたカポポでした(爆笑)。

 

Tさん 60代男性 マスタースクーバダイバートレーナー

楽しい滞在でした。

若い方々と話し合いも出来、有意義なダイブツアーでした!!

離島滞在ダイブは久しぶりでしたが、楽しい思い出ができました。

皆様、ありがとう!!

 

 

 

 

 

 

カポポサン島中間報告

0

まだ先ですが、第3回カポポサン島ダイビングツアー企画が着々と進んでおります。

11月19日〜22日、3泊4日で催行決定です。今回はリピートが多く、残り2名様となっています。そろそろ埋まってしまいそうな勢いです。

カポポサンって本当にカリスマ的な魅力がある不思議な島です。今年5月のカポポサン島ツアー

店主にとっては、第二の故郷スラウェシ島にまた行けるなんて幸せです。ま、お仕事ですが・・・笑。

 

そんな訳で航空券を本日購入してきました。本当は昨日が発券リミットだったのですが、ダイビング帰りに渋滞に巻き込まれ間に合わず。店主の元教え子が働く旅行会社なので、1日遅れてもよいということになりセーフ。冷汗  独立記念日で旗日のインドネシアなのに、営業している旅行会社があるんですね。驚き。

今回も前回に引き続きガルーダ航空で飛びます。バリーマカッサル間は、ライオンエアかガルーダ航空しか選択肢がないのですが、ガルーダは、チェックイン荷物が20キロとダイビング器材15キロの35キロがチェックインできることが魅力です。ライオンはチェックイン25キロまで。10キロも多く運べます。

夜は、スラバヤの潜水チームと夕食でした。サヌールのオススメレストランARENA。和牛ステーキを一口味見させていただきましたが、若干、筋が残りつつもやはりとろけるうまさ。そして、感動もののイチゴラッシー。イチゴが濃厚。ダイビングの真面目な話から、お馬鹿さんな話まで4人で盛り上がりました。前回の教訓もあり、長袖長ズボンで挑んだARENAでしたが、外の席をうまくゲット。快適温度でした。ダイバー仲間は楽しいですよ。ARENAですが、西洋人とローカルで満席状態。人気なんですね・・・。

 

 

 

カポポサン島ツアー報告

0

ちょうど1年ぶりのカポポサン島遠征ダイビング。今年は天気にも海況にも恵まれ、絶好のダイビング日和の4日間となりました。時系列で報告したいと思います。

【5月12日】

ゲストとガルーダ航空にてマカッサルへ。朝6:50のフライト。サヌール出る時は真っ暗。早朝フライトで眠い目こすって、空港で高いモーニングコーヒー。しかし出発前はワクワクしてしまいます。珍しく西洋人のグループが30名弱乗っていました。どうやら、マカッサルを経由して、そのままトラジャへ向かうよう。定刻通り、8:10に南スラウェシのマカッサルへ到着。暑い・・・暑すぎる・・・汗が吹き出てきます。そして太陽はギラギラ&ジリジリ。空港でシャムスー運転手と再会。そのまま港へ向かい、やっとダイビング器材から解放されました。器材って重いっす。そしてダイビングセンタースタッフと挨拶。変わらず、みんな元気でした。涼しいのは車の中だけ。

その後、ゲストのホテルへ向かいチェックイン。ロザリービーチ近くのBanua hotel(昔のカントリーイン)。ロケーションも便利で、料金もリーズナブル。マカッサルでオススメしたいホテル。上の階からの景色は絶景!!

ここからフリータイム。店主はマカッサルで昔お世話になっていたローカル家族宅に泊まる予定。ゲストと一緒にローカル家族宅(ラーメン屋経営)へ向かってみました。みんなとは1年ぶりの再会。店主のマカッサルのママもまだまだ元気。子供たちはどんどん大きくなり、店主の背丈を越えています。時間は確実に過ぎているようです。昼間から暑いラーメンをご馳走になりました。汗だらだら。信じられないことに、ゲストは徒歩でホテルまで帰りました。熱中症にならなかったのが信じられませんが。店主は、そのままローカル友達と昼寝3時間。疲れすぎていて、暑くても、うるさくても、爆睡熟睡できてしまった店主。

危うく寝過ごすところでしたが、何とか起きた!そして、有名すぎるロザリービーチ沿いにあるキオススマランでカポポサン壮行会へ。うわー、思っていた以上に人がたくさん集まっていました。古い友人とも思わぬ再会!キオススマランは、相変わらず繁盛し、3階は満席でした。料理が本当においしい。ダイバーもノンダイバーも宜しくお願いします!

壮行会終わって解散後は、店主、カポポサンのボスに挨拶へ。厳重チェックを受けた後、ボス室へ。ビルには監視カメラがあちこちついてるんですよね。いやー相変わらず忙しそう。明日からお世話になりますだ。

【5月13日】

港へ集合。順調に出発。天気も海況もよく、1時間30分ちょうどでカポポ着。去年のような水しぶきは全くありませんでした。

到着早々、ダイビング開始。今回のゲストは、初心者が多かったためチェックダイブからスタート。水温は27〜30℃。3mmウェットで十分。初日の透明度は悪かったですが、日に日に上がっていきました。

1ダイブ目 ケーブポイント(ドロップオフ)→スキルチェック

2ダイブ目 アクアリウム(スロープ砂地)

3ダイブ目 ジャヌアル(スロープ砂地)

【5月14日】

1ダイブ目 ナカノポイント(ドロップオフ)

2ダイブ目 タートルポイント(ドロップオフ)

3ダイブ目 テルック(ドロップオフ)

4ダイブ目 アクアリウム(スロープ砂地)→ダイブマスター候補生 Z子さんの100本記念『ダイバーで作る100』&『ダイバーピラミッド』

(5ダイブ目、ハウスリーフにて約1名セルフでナイト)

【5月15日】 

1ダイブ目 シャークポイント(ドロップオフ)

2ダイブ目 ジャヌアル(スロープ砂地)→一番流れたダイブ

3ダイブ目 ジャヌアル(スロープ砂地)→アクロバット・・スカイダイビング風にしたかった・・・

4ダイブ目 アクアリウム(スロープ砂地)→水中における人間の心理、ドラマが多かった。

(5ダイブ目、ハウスリーフにて約1名セルフでナイト)

【5月16日】 

1ダイブ目 シャークポイント(ドロップオフ)

2ダイブ目 タートルポイント(ドロップオフ)

3ダイブ目 ジャヌアル(スロープ砂地)

【5月17日】

朝起きると、いつもベッド脇にナシゴレン、水、コーヒーが準備されています。店主のマカッサルのママは、この11年間、自分の子と同様、店主を気にかけてくれています。別れ間際、涙が光るのは辛いです。今回は慌しかったので、ほとんどママの家でゆっくりすることができなかったのは残念。いつまでも元気でいてください。

その後、日本人宅へお邪魔しそうめんをご馳走になりました。ご馳走様です!そのまま港へ向かい、器材をパッキングして空港へ。あっという間のカポポサンツアーが終わりです。ガルーダ航空17:20発でバリ島へ。30分ほど遅れたので、到着は19:00をまわっていました。バリ島は涼しい。

今回は、現地ローカルガイドが2名。プラス、ダイブマスター候補生のZ子さんがいてくれたので、店主は総括的な監督&カメラ係りを担当しました。Z子さん、うまく初心者が多い大きなグループをまとめていたと思います。初心者組は、4日間のダイビングでメキメキ上達しました。老若男女問わず、みんなが童心に返ることができる不思議なカポポサン。初対面でも最後には、家族みたいになってしまいます。またリクエストが出てきたら、人を集めて催行したいと思います。

【参加者の感想】20代〜60代

Hさん 男性65歳/アドバンス/ 約250本で参加

いつもお世話様です。久しぶりのインドネシアで楽しみにしておりました。バリ以外にもたくさん楽しいダイビングスポットがあることを確認出来て、今回は有意義な旅となりました。ありがとうございます。次回も是非参加したいと思っております。

Z子さん 女性/ダイブマスター候補生/ 約100本で参加

そういえば、昨年50本をカポポサンで迎えましたね。いろんなスキルの人たちといろんな状況の海でのガイド。だんだん楽しさを知りました。やっぱりダイビング好きだー。プライベートダイビング、きれいな星空、気の合う仲間で行くツアー。企画を達成できるお手伝いができていたら幸せです。

Dさん  男性64歳/オープンウォーター/ 7本で参加

プライベートダイビングが出来て最高でした。すっかりダイビングのとりこになってしまったカポポサンでした。

R子さん 女性/オープンウォーター/ 14本で参加

パンケップ県にて最初で最後のダイビング。白浜、青い海、おいしい島料理、南十字星、すべてがサイコー、パンケップ県!

Kくん 男性/オープンウォーター/ 4本で参加(初ファンダイブ)

1本目は不安でしたが、2本目以降は楽しくてしょうがなかったです。サイコーのカポポサンでした。ニモ萌え♪

Nちゃん  女性/オープンウォーター/ 4本で参加(初ファンダイブ)

初めてだったのでとても緊張しました。そうなるのが分かっていたので全然ノリ気になれなかったのに・・・・今となっては、こういう世界を教えてくださって店主さん、ダイブマスター訓練中のZ子さんに感謝しています。純粋培養コバンザメ♪

 

Hちゃん  女性/オープンウォーター/ 14本で参加

ライセンスをバリ島でとってまだ3週間。激動の3週間でした。本当にバリ島で店主さんと出会ってダイビングを始めてよかったです。今回学んだことは、『追い越し禁止』in 海!! 海の中には、魚にもサンゴにもそれぞれにドラマがあり面白いですね・・笑。是非、あの1ダイブのドキュメントを小説として出しましょう。ありがとうございました!!カポポサンの真面目な話・・・海の色も、サンゴも、スポットの多さも、食事も・・・いろんな意味で質が高いです。計画停電も・・・笑。

カポポサン島より戻りました

0

無事に、スラウェシ島マカッサルよりバリ島へ戻りました。

5月13日〜16日、カポポサン島に泊まって3泊4日14ダイブ(ナイトの方は16ダイブ)。

ただただ、楽しかったです。報告は明日アップ予定です。

今年も楽しい海仲間がカポポサン島に集合

 休憩は各自それぞれの過ごし方。向かいに見えるのは、パンダンガン島。

カポポサン島 中間報告

0

あと1ヶ月後のカポポサン島ツアーに向け、少しずつ動き出しております。

バリ島発、またはマカッサル(ウジュンパンダン)現地集合、柔軟に対応していますので、参加したい方は連絡ください。一人参加など不可で、なかなかチャンスがないと行けない島です。是非、この機会をお見逃しなく。まだ数名なら空きがあります。

5月13日〜16日   3泊4日カポポサン島泊、ダイビング三昧

店主含めてバリ島発組は、5月12日にマカッサル入り。17日にバリ島へ戻ります。

今回、店主はトラジャ方面へ足が延ばせません。

円安が進んでいるせいなのか、本日のレート、1万円=Rp.1.012.000。ついこの前までRp.1.090.000だったのに・・・・。日本円でのお得感が少しなくなりましたね。それでも数年前の1万円=Rp.790.000時代に比べたら、3−4割のお得。バリの物価は上昇するのみですが、それでもその3−4割の範疇で済んでいます。まだ円は強しです。

バリ島でダイビングの復習

0

スクーバリビュー/ リフレッシュダイビング/ ブランクダイバーコース

 

『ライセンスをとってから、一度も潜っていない』

『最後のダイビングからもう何年も潜っていない』

『自信がない、まだ不安がある、忘れてること多い』

『今更、誰にも聞けない』

 こういったペーパーダイバー、ブランクダイバー、不安や心配がいっぱいの初心者ダイバー向けの1日復習・特訓コースです。

一度、身に着けたスキルばかりなので、すぐに勘を取り戻すことができます。

その後、安心してファンダイブやステップアップ講習に参加可能です。

PADI以外の他団体のCカード保持者も参加いただけます。  

 

お一人様料金

 

Rp.1,900,000

*2名様より催行
【含まれるもの】送迎(サヌール地区)・2ダイブ・講習代・器材・ランチ・ドリンク・保険
※ サヌール地区以外のエリアにお泊りの方はお問い合わせください。
【お持ち頂くもの】ライセンス・ログブック・水着・着替え・タオル 
【所要時間】

パダンバイの場合、7時間

8:00サヌール発- 15:00サヌール着

 

どんなことする?

1ダイブ目

浅瀬でダイビングの基本スキルをインストラクターと復習。

レギュレータークリア、レギュレーターリカバリー、マスククリア、フィンピボット、ホバリング、エア切れ練習・・・・・など。

 

2ダイブ目

弱い部分、不安の残る部分の強化。中性浮力を意識したファンダイブ。水中をゆっくり楽しみましょう。

※まだ不安が残る、やっと面白くなってきたという方には、オプションで追加ダイブ可能です(Rp.350,000)。

—————————————————————————————————————–

お問い合わせは コチラ

バリ島サヌール地図

ダイビングと宿泊のパッケージ

0

バリ島のダイビングポイントは、広範囲に渡っており移動に時間がかかります。

『目の前にポイントがあれば・・・』ダイビングがすぐにできる!ということで、現地に泊まってしまいましょう!

ダイビングポイントに泊まりながら、早朝ダイブからナイトダイビングまで、ゆっくり思う存分ダイビングを楽しみます。

バリ島のダイビングを満喫したい方にお勧めです。

この他のリクエストもお見積もりが可能です。

お気軽にお問い合わせください。 —————————————————————————————————————————————–

トランベン&アメッド

トランベン or アメッドに泊まって周辺ポイントを潜ります。

【対象ダイビングポイント】 トランベン、クブ、アメッド(ジュムルック)、パダンバイ

   

お一人様料金 

(2名様以上で参加)

AC・お湯

2名一室

1泊2日

4ダイブ

Rp. 3,500,000

2泊3日

6ダイブ

Rp. 5,600,000

 

追加ダイブ 

1ダイブ

Rp.   350,000

ナイトダイブ 

1ダイブ

Rp.   500,000

器材レンタル 

1日

Rp.   300,000

ナイトロックス

1タンク

Rp.   100,000

【含まれるもの】  宿泊、ダイビング、ガイド、朝食、ランチ、ドリンク、サヌール地区送迎、保険

【含まれないもの】   夕食、器材

・2名様以上の参加で、一人部屋希望の場合、別途 Rp.400,000/1泊かかりますのでご了承願います。

 

お問い合わせは コチラ

 


 

バリ島でライセンス取得

0

PADI ライセンス &ステップアップコース

 

PADI (Professional Association of Diving Instructors)は、世界最大のダイバー教育機関・指導団体です。  

 

———————————————————————————————————————————————–

オープンウォーターダイバーコース(Cカード)

ダイビングのライセンスをとる!という場合、このコースのことをいいます。

ダイビングの一般的な知識と水中スキル習得のコースです。

このコースを修了するとダイバーとして認定され、このカード一枚で世界中の海をこの先ずっと一生潜ることができるようになります。

お一人様

オープンウォーターダイバー

3日間 海洋4ダイブ

 

Rp. 6,000,000

含まれるもの

サヌール地区送迎・器材・講習代・PADI申請料・教材・ログブック・海洋実習・ランチ・ドリンク・タンク・ウェイト・保険

持参するもの

筆記用具・タオル・水着・着替え・申請用の顔写真(3×4cm、カラー、2枚)

大まかなスケジュール

 

1日目  (午前)学科         (午後)限定水域でスキル講習

2日目  (午前)海洋ダイブ2本  (午後)学科・模擬テスト

3日目 (午前)海洋ダイブ2本   (午後)学科質疑応答・学科最終テスト

*参加人数や参加者のレベルで進行が変わります。

人数が集まれば、ダイビングポイント【トランベンに泊まってライセンスコース】も好評です。

宿泊費・出張料などはお問い合わせください。

2名様より催行です。
お一人様で参加の方、マンツーマン指導を希望する方は、シングルチャージを別途頂いています。

日程と共にお問い合わせください。

お問い合わせは→コチラ  

 

———————————————————————————————————————————————–

アドバンスダイバーコース

オープンウォーターを修了している方が対象で、次のステップアップがこのコースです。
ディープダイビングとナビゲーションダイビングが必須で、残りの3ダイブは興味のあるものを選択します。
学科試験は特になく、実際に海の中で様々なアドベンチャーダイブを楽しみながらダイバーとしてレベルアップできるのがこのコースの特徴です。

お一人様

アドバンスダイバー

2日間 海洋5ダイブ

 

Rp. 4,900,000

含まれるもの

サヌール地区送迎・器材・講習代・教材・PADI申請料・海洋実習・ランチ・ドリンク・タンク・ウェイト・保険

ナイトダイブRp.400,000、水中写真Rp. 350,000 は、上記料金に別途かかります。

持参するもの

筆記用具・タオル・水着・着替え・申請用の顔写真(3×4cm、カラー、2枚)

大まかなスケジュール

(例)

1日目 中性浮力・ナビゲーション・ナイトダイブ

2日目 ディープ・水中写真

ダイビングポイント【トランベンに泊まってライセンスコース】も好評です。

宿泊費・出張料などはお問い合わせください。

2名様より催行です。
お一人様で参加の方、マンツーマン指導を希望する方は、シングルチャージを別途頂いています。

日程と共にお問い合わせください。

体力にや時間に余裕がある参加者は、ファンダイブとしてコース途中の追加ダイブも可能。事前にお申し付けください。

お問い合わせは→コチラ  

 

—————————————————————————————-

 

エンリッチドエアダイバーコース(ナイトロックス) 詳しくはコチラ

お一人様
エンリッチドエアダイバー

(学科のみ/ 半日)

 

 

 

 

Rp. 2,100,000

 

含まれるもの サヌール地区送迎・講習代・PADI申請料・マニュアル
持参するもの 筆記用具・申請用の顔写真(3×4cm、カラー、2枚)
大まかなスケジュール 9:00-12:00終了

学科のみですので、フライト日などを有効にお使いください。

2名様より催行です。
お一人様で参加の方、マンツーマン指導を希望する方は、シングルチャージを別途頂いています。

日程と共にお問い合わせください。

お問い合わせは→コチラ

 

———————————————————————————————————————————————–

EFR (エマージェンシーファーストレスポンス)コース

レスキューダイバー認定のために必要なEFRコースです。

ダイビングはなく、事前学習とDVDを見ながらスキルを実践していきます。

ダイビング場面に限らず、日常のあらゆる場面で、慌てずとっさに動ける知識と実技を学習します。

ダイビングに関係ない方の受講も可能です。

EFRコースは二部構成です。

一次ケアでは、心配蘇生法や人工呼吸の方法を学びます。

二次ケアでは、ケガや病気の評価をし、救急隊が到着するまでに患者に対してできることを学びます。

地味なコースですが、なぜか皆さん『勉強になったー』と感想をいいます。

お一人様

EFR(1次ケア・2次ケア)

1日 学科と実習

 

要問合せ

含まれるもの

サヌール地区送迎・講習代・PADI申請料・教材・ランチ・ドリンク・保険

持参するもの

筆記用具

大まかなスケジュール

(午前)1次ケア

(午後)2次ケア 16:00頃終了

2名様より催行です。
お一人様で参加の方、マンツーマン指導を希望する方は、シングルチャージを別途頂いています。

日程と共にお問い合わせください。   
お問い合わせは→コチラ
 

 

———————————————————————————————————————————————–

レスキューダイバーコース

ダイバーの救助・援助、またはダイビングアクシデントに対処できる知識と技術を習得するコースです。

このコースを受講するには、24ヶ月以内にEFRコースを修了していることが条件になります。

お一人様

レスキューダイバー

2日間 シナリオダイブ

 

要問合せ

含まれるもの

サヌール地区送迎・器材・講習代・教材・PADI申請料・海洋実習・ランチ・ドリンク・タンク・ウェイト・保険

持参するもの

筆記用具・タオル・水着・着替え・申請用の顔写真(3×4cm、カラー、2枚)

大まかなスケジュール

 

1日目 学科、プールでレスキュースキル

2日目 海洋シナリオダイブ、学科、学科試験

2名様より催行です。
お一人様で参加の方、マンツーマン指導を希望する方は、シングルチャージを別途頂いています。

日程と共にお問い合わせください。

お問い合わせは→コチラ  

 

 

———————————————————————————————————————————————–

ダイブマスターコース

ダイビングのプロを目指す人のためのコースで、修了後はダイビングガイドが可能になります。今すぐダイビング業界で仕事をしなくても、ダイバーとしての知識とスキルの幅が確実に広がります。ダイブマスターコース終了時に、ログが最低60本必要です。ダイブ本数が足りない方は、事前に相談してください。

料金

 別途 PADI申請料

ダイブマスター

 (期間、要相談)

     要問合せ  要問合せ

含まれるもの

講習代・海洋実習・ランチ・ドリンク・タンク・ウェイト・保険

持参するもの

器材一式・ダイブコンピュータ・筆記用具・タオル・水着・着替え・申請用の顔写真(3×4cm、カラー、2枚)・クレジットカード(申請料引落し用)・各種DM教材(立替購入可能です)

講習内容

 

1、知識開発モジュール(自習・クラス)

2、水中スキルとスタミナモジュール

3、現場での応用モジュール

この三部構成と日程を調整しながら進めていきます。

お問い合わせは→コチラ  

 

———————————————————————————————————————————————–

IDCインストラクターコース

ダイビングのプロを目指す人のためのコースで、修了後はダイビングガイドだけではなく、ダイビングそのものを教えることができるようになります。

【2015年度 PADIインストラクター試験(IE)日程 バリ島】
ほぼ毎月行われています。

 

お問い合わせは→コチラ  

ページのトップへ