Posts tagged ファンダイブ

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

福岡よりお越しのK氏とK子さん、はじめまして。
ハネムーンでバリ島を滞在2日目はダイビング。
ご結婚おめでとうございます。

さてさて、大雨どしゃぶりの中、南部を出発です。
なんなんだ~、この雨は??
近所は冠水でした。
水中はすっかり乾季ですが・・。

ところがパダンバイへ到着すると、降ってない。
空も明るく晴れそうな感じ。よかったー。
パダンバイの海況、雨の影響を受けずGOODです。
ただ、風が出てくると波がありました。
波2本目、流れ2本目ちょっと、うねりちょっと、透明度10m~12m、水温27℃。

奥様K子さんは、ブランクがあるものの沖縄でがっつり潜っておられたベテランダイバー。
ご主人K氏は体験ダイビング。
本日の店主任務: K氏にダイビングに興味を持ってもらうこと》

 

スムーズにエントリー!
オクトパスのマウスピースの方がフィットしたらしく、K氏はオクトパスでダイビング開始。
耳抜きが最初しにくかったようですが、結局12mまで行けちゃいました。
新しいマスクを持参したお二人でしたが、曇りすぎでK氏はうちのマスクを使ってもらいました。

 

 

ニモ!
スジモヨウフグやハリセンボンなどもあちこちに。

 

オヤビッチャのクリーニングステーション
キツネフエフキやアカククリの幼魚なんかもいました。

 

群れ群れの根へ

 

 

K子さんはアカヒメジの群れを見てまわります。
ウミガメがいそうでいませんでした。

 

 

安全停止はもりもりサンゴ

 

1本目からがっつり潜りました。
お疲れ様です。

 

 

あっ、お目当てのカメちゃん発見!

 

会えてよかった。しかし、ここは4mで浅い。そして水面は波が・・。

 

K氏とウミガメ撮りたかったですが、近すぎて入らず。
でも、間近で見られて良かった~。

 


K子さん&K氏、末永くお幸せに。
美男美女のご夫妻でした。
(インドネシアで言うと、K子さんはスンダ美人)

今日は朝早くからありがとうございました!
バリ島を満喫していってくださいネ。

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

山口よりお越しのY氏とAさん。
実は、バリ島挙式を終えたばかり。
これはこれは、おめでとうございます!
奥様Aさんは、初ファンダイブ。
ご主人Y氏は、体験ダイビングで一緒に潜ります。

パダンバイの海況は、波なし、流れなし、水温25℃~27℃、透明度10m~15m。
海況も天気もばっちりな日。

体験の講習を終えて海へ出ます。
ああ、気持ちいい。

 

Y氏に緊張が見えたので、ゆっくり時間をとって練習をしてここまでエントリー。
水中記念撮影できた!
呼吸もスキルも問題ないのにもったないですが、結局これで終了することに・・。
病歴診断書でわからないこともあるものです・・。

 

そのままAさんとファンダイブ。
コースを変更して、ちょい深場へ。
小さな沈船。

 

戻ってきたヒレボシミノカサゴとハダカハオコゼ。

 

 

ハナミノカサゴとAさんがWピース。
初ファンダイブとは思えない中性浮力!
しっかり講習を受けたことがわかりますね。

 

 

ホホスジタルミの幼魚。
一番かわいい時。

 

 

シマウミスズメの求愛行動。
普段は水底にいますが、二匹で何度も高く高く泳ぎます。
Aさんとじっくり観察。

この直後アクシデントが。
Aさんが使っていたレンタルのフィンが1枚消えた~。
水中で報告をされて、すぐに周辺を探しましたが見つからず。
安全停止に入る頃だったので、そのままダイビング終了。
そして、浮くフィンだったので水面サーチ(&水面休憩)。
流れを計算してありそうなところをゆっくりボートで探します。
ジェプン周辺を2往復しましたが見つからず。
そろそろ水面休憩も終わりで、ドロップオフで水面休憩をしていたところ
フィンと会えた!無事回収。
ジェプンで消えて、1時間以上経ってドロップオフで再会。
なんて幸運なAさん!

 

 

ウォールは群れ群れでした。
ですが、途中で一部がすごいうねり。

 

ものすごい安定感。
まだログ6本目。
そして、ずっと楽しそうなAさん。

 

 

うつむき加減のオオウミウマ

 


よたよたのツマジロオコゼ。
カミソリウオなんかもいましたね。

 

 

ブルーラグーンもきれいでした。

 

オジサンがクリーニング中。
Aさん、興味津々。
生物ウォッチング楽しい。

 

 

がっつりダイビング、そろそろ上がりましょう。
お疲れ様でした。

いろいろありましたが、無事終了です。
海況がよくて良かった!
朝早くからありがとうございました。

Y氏&Aさん、末永くお幸せに!
― ブルパラ一同 ―

 

トランベン 体験ダイビング&ファンダイブ

0

Mさんとやっと再会です。
8年ぶり?
今回はお友達のKさんを連れてきてくださいました。
はじめましてー。

やっと太陽が出始めたバリ島です。
トランベンは晴れ。
ただ、まだ波がありました(大波4日目)。
本日の海況、波あり、流れ少し、水温28℃、透明度10m~15m。
今日は心強いビーチ要員がいるので大丈夫!→水着になったうちの運転手

Mさんは100本ダイバーなので、問題なし。
Kさんは体験ダイビングですが、運動神経もよくスムーズにエントリー。
手間かからず。
しかし、波があったので1本目はカメラ持参はMさんだけ。
チンアナゴ、ヤッコエイ、ヘラヤガラ、クマノミ、コショウダイなどを観察しました。

水面に顔出すとうちの海パン姿の運転手がいる。
完全にエントリーエキジットのヘルパーになってる。
他社のダイバーたちのお手伝いもずっとしていました。
20人は手を貸してるな・・・お金とれば?笑

2本目、さっきより波が大きくなった気がする・・。
若干透明度が落ちましたが、波の割りに悪くない!

しかし、店主のカメラ、あまりいうこときいてくれない感じ。

これが102本目のMさん。

 

船首の立派なカイメン

 

 

サザナミトサカハギ、婚姻色ばりばりです。
深場は大きなナポレオンも通り過ぎてゆきます。

 

リバティ号のサンゴ

 

コショウダイたち・・・・。
あぁ、もうカメラはエラーモードです。

 

 

エキジット寸前、カメラが復活。
K氏、体験ダイビングがっつりいきました!

 

 


これ帰る頃ですが、だいぶ小さくなりました。
波はありますが、やはりダイバーはたくさんでした。
Mさん、Kさん、今日はありがとうございました。
あまり間を空けずに、また遊びに来てくださいね。

パダンバイ ファンダイブ

0

横浜M子さんの2日目は、パダンバイです。
今日は雲が厚く、晴れそうにない感じで南部をスタート。
現地情報によると、昨日のトランベンは大雨&大波だとか。
パダンバイは終始どんよりでしたが、雨には当たらず。
まだ良しとしましょう。

パダンバイの海況、見た目はよさげ。
波なし、流れ一時、透明度15m、水温幅8℃!!!

M子さん、昨日は一緒に潜れませんでしたが今日はたっぷりと宜しくお願いします。
このダイブは50本記念でしたが、潜り方はもっとベテランの域に入っています。
きちっと習ったことがわかります。
店主は感心です!

 

 

カミソリウオがあちこち。

 

ちょっと冷えてきたかも・・・。
28℃から始まり、あっという間に20℃。
エントリーして10分ちょっと。
M子さん、あまり寒そうに見えないんですけど。笑
そして、カメラも曇ってきた。

 

スカシテンジクダイまでは穏やかだったのですが、ここで突然来たーーーー。
強いダウンカレント。
突然始まりました。
M子さんは、突然の流れにも対応できていたので、ゆっくり浅瀬へ移動しながら様子を見ることに。

 

 

水底にへばりついていると、オニカサゴ、モンハナシャコ、カミソリウオなどが・・・。
しかし、店主のカメラは曇りを通り越し、結露ぽい。
ダウンカレントは5分ほどで止みました。
はやっ。
これだったら、戻らず前進のみ!

 

 

アカホシカニダマシを撮りたいのに、クマノミにやられちゃっていたM子さん。

 

 

ハダカハオコゼは、いっぱい。
2枚重なったり、じゃれたり。

 

ここらへんでM子さんと二人で、水中自撮をしました。
この機能はすごいですね。
きちんとぶれずに真ん中に二人が写ってる。

 

 

移動中のヒメオニオコゼ

 

もうこの後、店主のハウジング内は結露を越えて水滴が。
水没なのか、冷えすぎたことによる結露なのか。原因不明。

どんよりですが、きれい。
あっちは雨ですねぇ。

2本目、店主のカメラは休憩。
コクテンハギ、コブシメ、ロウニンアジ、グルクマ、ウミウシなどを観察。
極小タツノイトコ、ハナミノカサゴ稚魚は、あっぱれでした。
M子さんが写真撮れててよかったです。
ウベゴン(オオセ)は残念ながら不在。

バリ島の車窓は飽きません。
M子さんより 『今日はイスですね』と。
昨日はドラえもんでした。
バイクで積載限界に挑戦する人、減ってますがまだいます。

陸上も水中も楽しかったです。
M子さん、2日間ありがとうございました。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

 

本日はガールズでトランベンへ。
横浜よりお越しのM子さん、はじめましてー。
そして、リピーターの神戸シスターズ・姉K子さんと妹M子さん。
K子さんは200本超えのベテランダイバーですが、ブランクが1年半ほどあるので専属ガイドをリクエスト。
店主は妹M子さんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
5年ほど前、体験ダイビング経験があるので心配なし。

トランベンの海況
波あり、透明度10m~15m、水温28℃
2本目がBIG WAVE で転倒者続出でしたね。
転ぶので、GOプロカメラが2台、波打ち際で紛失事件もあったそうな・・・(未だ捜索中)。

体験M子さん、水面ですtったもんだありましたが、無事解決。
水中に入ってしまうと、お魚のようでした。

実は、このダイビングの目的は、YUJIの散骨でした(ほんのちょっと)。
リバティ号でたくさん潜ったYUJI。
300本を目前で逝ってしまいましたが、3人で潜ったのでこれを300本とします。
YUJI 300本おめでとう!!
これからも生前と同様、私たちを見守ってください。
K子さん、YUJIのBDC着てるの見ると店主泣けちゃうんだな・・。

 

その後は、妹M子さんと体験ダイビング続行。
ヨメヒメジ、好きだそうです。

 

最近、フリーダイビングが盛んですが、これは何??
カイメンに頭突っ込むお馬鹿人間。
そして、もう一人に写真を撮ってもらってました。
やめて~~~っ!!
近くだったら、絶対に注意していました。

 

クマノミ&たまご

 

 

M子さんのスーパー中性浮力。
すごすぎて笑った。

 

 

記念に一枚。
今日は、うちのスタッフ・ワヤンも初めてトランベンへ。
彼女も優しいYUJIのこと大好きでした。

 

2本目、耳が心配なK子さんは入らず。
ガイドが余るので、店主は遊ばせていただくことに。
しかし、入れるぎりぎりのビッグウェーブ。

体験M子さんは、きれいに入れちゃいました。

 

大波になってしまったので、みんなどうするか迷ってる。
ただ、満ちているので実はまだマシ。

 

体験M子さん、お魚にまかれる。

 

店主は深場へ。大きなコクハンアラやナポレオン2匹。

 

 

ネジリンボウ・・・ここは2匹でした。
(ここでカメラがエラー状態なのが悔しい)

 

ケヤリムシくわえるオニカサゴ

 

M子さんとムスジコショウダイたち

エキジットすると更に波炸裂でしたが、横浜M子さん、体験M子さん・・・誰も転ばず。
よかった~。
お疲れ様でした。

帰りは棚田で途中下車

 

こういう時、追い越しが難しい。
ドラえもん、UPIN、クリシュナ、ピカチュウ、ニモ・・・・
1つ90円だそうです。

 


サルがいっぱいの道路。
バイクで悪さしています。
朝は、アヒルの大移動も見ましたね。

今日は皆さんありがとうございました。

ミンパン再び

0

お久しぶりです、ジャワ島よりH王子!
H王子は、スラバヤより飛行機でバリ島にやってきます。身軽。
器材や大きなカメラは、王子の運転手が陸路で運びます。
山を越え、海を越え、警察の検問4箇所を通過してデンパサール市サヌールへ。
しかも、運転手さんは回教徒なので、現在断食中・・・・・なはず。
しかもしかも、ダイビングポイントまでも自家用車。
本当に、働き者の運転手さんです。

そして、いつものYH隊長。
紳士お二方は、東ジャワ潜水チームなので、今回は招かれて潜ってきました。
ふふふ~。

パダンバイ&Jetty を潜る予定で出発でしたが、ある情報が入り急遽変更。
出航してもまだ迷いましたが、結局はミンパン岩礁へ。
なぜなら、火曜日・水曜日はマンボウ。
昨日、木曜日はジンベイが出てたとか。
マンボウの可能性に期待。

海況おだやか。
波なし、流れちょっと、透明度10m~15m、水温24℃~
うーん、ちょっと温かいな・・。

とりあえず、サメの根を覗くとうじゃうじゃ。

 

サンゴはいつも通り美しく・・・。

 

ミナミゴンベ、愛の季節

 

今日のドリー

 

ネムリブカは水底で1匹お休みでした。

 

ちょっと上がってくると明るい。

 

隊長と王子

 

モンガラカワハギ・・・模様が好き。

 

王子、レンズがマクロ仕様でしたね。
ポイント変更、すみません・・。

 

アカネハナゴイはあっちこち

 

次回こそ、ミンパン!

ウミガメは大中小とたくさん。
マンボウは不在。
かなり粘ったのですが、ちょっと穏やかすぎる。
2本目は少し冷えて流れも出てきてたので、出そうな雰囲気でしたが残念。

またリベンジです。
紳士たち、ありがとうございましたー。

パダンバイ

0

本日もYH隊長と調査ダイブ(お遊びダイブ)です。
探し物でパダンバイ。

サヌールの天気はどんよりですが、パダンバイへ到着するといい感じ。

 

早朝のわんこたち。
楽しそう~!
伸び伸びと生きることができて、いいねー。

本日の海況、店主たちには問題なし。
波少し、うねり少し、流れあり、水温21℃~28℃、透明度15m~25m
海には、まだダイバーがいなくて独占気分。

立派なオオウミウマ。今日は2匹。

 

 

コクテンハギ、自分の美しさを知らないんだろうなぁ。

 

コウメウミウシちゃんも凍えてる?
セミホウボウも動きが悪かったな・・冷えすぎ?
なわけないか。
もうずっと水温が22℃&だけどロングダイブ。

 

 

今日はバディの裏切りに遭ってしまいました(写真:バディ提供)。
罪 : この子、ボロカサゴ(赤)を見つけたのに、店主に知らせず。
バディの言い訳 : 指示棒を持っていくのを忘れた。
店主の主張:何が何でも呼ぶべき。
*まあ、本人は石やカレントフックで一生懸命にタンクを叩いたそうですが、反響せず。
冷水の中で、孤独な瞬間ですなっ。
しかし、ありえませんねー、とんでもない忘れ物!
2本目でもう一度、ボロカサゴポイントまで案内してもらいましたが、もう消えてるし・・。
今日はホウセキカサゴにも会えず。

 

探し物は、すんなりゲット。
祝・ウベゴン!!!!
(オオセ、Wobbegong Shark)
ダイバーに邪魔されなければ、しばらく見られるはず。
お気に入りの寝床になりますように。

 

タコ見えますか。今日はたくさん。

 

ハダカハオコゼもいっぱい。

 

冷たい中、流れたり止んだり激しかった。
透明度は抜群です。

 

 

もう一度ウベゴンを訪ねてみると、今度はハダカハオコゼに見守られながらすやすや~。

こちらも貫禄のワニゴチ

 

 

指示棒を忘れちゃったバディ。

 


ディナーは、近所の某カレー屋。

夜は満席。
ダイビングショップ関係者がよく来ています。
店主は、MDカレー(ツナ)&ナン
バディは、タイレッドカレー&ナン(チーズ)
濃い2ダイブでした!やはり水中はいいなぁ。

上級者ポイント・ミンパン

0

本日は、調査ダイブ(お遊びダイビング)でミンパン岩礁へ。
途中雨が降ったり止んだりしていましたが、チャンディダサ(サヌールより1時間10分)北上すると、この天気。
バディは、インストラクターの資格を持つ巷では有名なYH隊長。
よろしくどす。
*ここは、経験豊富なダイバーしかお連れできないポイントです。

 

大潮の上げ潮で、チャンディダサを出航は大変でした・・。
ビーチは、大波。
ところがポイントは穏やか。

本日のミンパン海況よし。
波なし、流れ少しあり、うねりあり、透明度15m~20m、水温23℃~28℃

エントリーすぐに砂地に横たわるネムリブカ3匹。
そのあとは、次から次へと群れ群れ群れ。

 

YH隊長、流れも平気。エア持ちもよいです。
さすがです。

 

1本目の最後、店主がもっとも好きなポイントです。
安全停止までここでできちゃうほど穏やかでした。

 

被写体がいっぱい。

 

穏やかだったので、岩と岩の間をショートカット。
入れたら幻想的なところ・・。

 

 

岩に打ち付ける白波水面下はオヤビッチャですね。

 

2本目も同じコースで。
これはアカモンガラ群れ群れ。

 

ウミウシによく間違われる黄色ナマコ。
ウォールのある一面が大繁殖していました。
我が家もアフリカマイマイが、かなり繁殖中。
生物はすごい。

 

水温は23℃で、雰囲気としてはマンボウが出てもよい感じ。
深場もくまなく探しましたが、現れず。
おそらく、近々でしょう・・・。

サンゴも活き活き。

 

今日のドリーは2匹でした!

 

23℃と28℃のサーモクライン。
温かくていいけど、モヤモヤで見えないの・・。

マンボウいなかったけど、きれいでした!
ジムのサウナやジャグジーで汗を流して、夜になったのでまたご飯です。


最近お気に入りの、ワルンNAGOYAの弁当。
ポーク弁当(味噌汁付)Rp.38.000。

よい一日でした。

マンタ ヌサペニダ 

0

本日はヌサペニダへGOGOです。
お手伝い2日目。
「初心に返ろう・新鮮シリーズ」
ベテランさん揃いというだけで(ログ本数3~4桁台)、ヌサペニダでも気持ちが軽い・・・。

 
1本目 マンタポイント
波少し、うねりなし、透明度5m~12m、水温25℃
ここにしては、割とよい海況。

エントリー3分で、マンタ様

 

マンタ様4枚

 

マンタ様5枚・・・・もう次から次です。

 

頭上を行きます。
水面のスノーケラーの足が・・・。

 

ダイバーは必然的にこうなります。

 

こっちに向かってくる!
四方八方から、休む間もなく根にやって来ます。
最後に「ブラックマンタ」も姿を見せてくれました。
皆様、石垣でマンタを見たことがあるそうですが、この乱舞はすごーい、と。
最近、マンタ様たち絶好調です。
~心より感謝~

 

2本目 クリスタルベイ
流れ一部、透明度20m、水温26℃
昨日はマンボウが深場で出ていたという情報ですが・・。

マンボウなしでも、かなり楽しめるポイント。

 

水中にダイバーが少なくて、のんびり。

 

癒しの安全停止

3本目 PED
流れを期待しましたが、ほとんど流れず。
透明度18m、水温28℃

エントリー直後、コバンザメ付きマダラトビエイが通りましたが、小さく見えてしまうのはマンタのせい?

店主が好きなクギベラのペア。
雌の方は婚姻色。

 

これも個人的に好きなタテジマヤッコ(少夫多妻)。
これは雄。

 

ウミガメちゃん・・・まだ小さくてヨチヨチサイズ。

 

 


サンゴ活き活き・・・冷水保って白化しませんように。
もう5月なのに、ゴマモンガラ攻撃を受けているダイバー約1名いました。

無事終了。
皆様、2日間ありがとうございました。

ミンパン・テペコン

0

本日は、他店のお手伝いで潜ってきました。
たまにこういうのも、新鮮です。

天気だけが残念・・・。
小雨がぱらついたり、曇っていることが多い一日でした。

1本目 ミンパン岩礁(上級者向け)
流れもなく穏やか、透明度18m、水温28℃。

エントリーから、魚影は濃かったです。

 

次から次へと・・・。

 

ひぇー

 

カンムリブダイや小さなウミガメなども定位置に。

2本目 テペコン
前半流れあり、透明度18m、水温28℃

最初はアゲンストで頑張り、後半はのんびりダイビング。
ここはムスジコショウダイすぎる。
混じりものなしの100%、同じサイズがぱっと見150匹とはお見事。

 

 

 

そして、サンゴ群生がすばらしい。

3本目 桟橋 Jetty
釣り人20名ほど、流れ水底で少し、透明度18m、水温24℃~28℃
びっくりしたのは、Jettyにしては美しかったこと。
そして冷たい・・・。

ついに倒れちゃったんだ・・。

 

 

ここはかなり多種のフグを見ることができます。

 

いろんな色のヨウジウオもわんさか。

 

まだ小さなコクテンハギ

 

イッポンテグリやっと1匹。
イッポンテグリ、セミホウボウ、カエルアンコウ・・・また消えた。

 

????

 

透明度はかなり良いのですが、水底は凍えます。
水深5mは28℃、水深13mは24℃。
たった8mだけど・・。

 

???

 

ハナツノハギ

 

花ひとつ、癒されちゃう。
ほっとしますー。
皆様、ご一緒させて頂きありがとうございました。

ページのトップへ