Posts tagged ファンダイブ

アメッド ファンダイブ&体験ダイビング

0

埼玉よりお越しのK氏&Kさん。
K氏、お久しぶりです。4年ぶりかな?
そして、ジャカルタ組の2日目。
本日は、皆さんをアメッドへご案内しました。
アメッドの海況は、早朝は流れがかなりきつかったようです。
店主たちが到着してからは、それほどでもなく穏やか。
波もなく、透明度15m、水温29℃。

1本目、店主は体験の埼玉組を担当させて頂きました。
K氏は、立派なライセンス保持者。
ただ、4年のブランクあり。
Kさんは、生まれて初めての水中へ。

耳抜きを心配していたKさんでしたが、問題なし。
放置していたK氏のカメラ調整もばっちり。
超・スムーズエントリー!!

 

生物ウォッチングのスタート。
ハダカハオコゼさん。

 

チョウチョウコショウダイの幼魚があちこち。

 

K氏は写真が楽しそう・・。
Kさんもこの余裕。

 

ミゾレチョウチョウウオは、オヤビッチャが産み付けた卵を片っ端から食べていきます。

 

近づいて来るツバメウオ。

 

ここはキリンミノ3匹、オニカサゴ1匹がいますよ。

全部キケン。
穏やかだったので、長いこと潜ってしまいました。

絶景ビューの中でエキジット。
お疲れ様でした!
Kさん、体験とは思えない潜りぷりでした。

陸上でランチを終え、2本目GOGO。
店主は、ジャカルタ・ファンダイブ組のガイドを担当させて頂きます。
竜宮城ポイントへ。

お二人とも撮りまくっています。
Lちゃん、1キロ減らして、益々中性浮力がよくなりました。

 

クマザサハナムロのうじゃうじゃ。

 

次から次へと群れが来ます。

 

LちゃんはGOプロで楽しみます。
鉄人K氏、今日もすごい写真撮るんだろうなぁ。
昨日の成果を見せて頂きましたが、ため息ものでした。

 

スカシテンジクダイが、いーーーーっぱい。

 

 

イソバナもだいぶ回復してきました。

 

本日のヒメちゃんたち。

 


透明度がよくていいなぁ。
今日のヒメちゃんたち、低め安定で整列です。
この他にも、アオリイカ子供たちの群れ、ムカデミノウミウシ、ジョーフィッシュ、ニシキフウライウオなどを観察。
穏やかだったので、じっくり潜りました。
体験組もじっくり潜れちゃったそうです。

皆様、楽しい一日をありがとうございました。
海況が良くてラッキーでした。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

横浜よりお越しのM夫妻、はじめまして!
そして、ジャカルタからお越しの鉄人K氏お久しぶりです。
そしてそして、ジャカルタLちゃん、はじめまして!

道路は順調でしたが、パダンバイに入り、また片側車線通行で進めない。
フェリー乗り場がひとつ壊れたそうな・・。
大型トラックはバイパスで並ばせましょうよっ。

 

本日のパダンバイは、波なし、1本目流れあり、うねり浅瀬で少しあり、透明度10m、水温23℃~27℃。
水中は乾季に入りました。いいこと!

ご主人D氏は、沖縄で一度体験をやったそうで余裕。
奥様Eさんは、最初だけ口呼吸の息苦しさにびびりましたが、すぐに慣れちゃいました。
レギュレーターは、水中で吸った方が断然吸いやすいのです。

 

エントリーすると、流れが結構出てきてシンドイ・・。
予定を変更して湾の方へ流されながらのダイビングに変更。
二人とも落ち着いて魚観察です。

湾内まで来ると流れがほぼなし。
スズメダイの群れやら、ヘラヤガラ、カクレクマノミ、ハコフグ、ツノダシなどを観察。

 

ヘコアユの大群を見ましたね。
ファンダイブ組、深場は水温23℃だったそうなっ。

 

はい、太陽ぎらぎらです。
次は、ファンダイブ組のガイドやっちゃいまーす。

 

 

K氏、大きなカメラで頑張ってます。
Lちゃん、経験本数の割りに上手!
砂を巻き上げない。

 

いつも挨拶だけするブラックシュリンプゴビー

 


タツノイトコ、実は3匹くらい・・・いた・・・(笑)。
これ極小です。このヨタヨタ感かわいい~。

うつぼさん、降りてる。

 

オオモンカエルアンコウ黒の親子!!
子供小さーい。
同じように並ぶんですね。

 

本日のアカヒメジ!体験のD氏とEさんも見ましたね。

 

体験ですがDさんとEさんも、長めにダイビングしていますね。

 

Lちゃんの中性浮力と姿勢・・・安定しています。
半年ブランクありの若干30本ダイバー。
GOプロで楽しまれていました。

大きなコブシメがいて、逃げない。
もしかして・・・。
でも、エスコートのオスがいない。

産卵?

 

ですね・・・。
感動のシーンに出会えました。
3つ、4つ卵を産み付けるのをじーーーーっと観察しました。

 


中にあるピンポン玉ぽいのが卵。
ぱっと身半分ぐらいは産み終えている感じ。
あと1,2日見られそうです。
コブシメさんのせいで、ロングダイブ。笑
ファンダイブ組、エアがもちますね~。

M夫妻もじっくり体験ダイビングをされ、楽しんで頂けたようです。
ライセンス取得について、お二人で話し合われてました。
奥様Eさんの最初のびびりが嘘のよう。

皆さん、今日はありがとうございました。
楽しかったです。

パダンバイ ファンダイブ

0

東ジャワ・ガールズ2日目はパダンバイです。

今日も元気に行ってみよーっ。
天気が良くて気持ちいいなぁ。

パダンバイの海況、GOODです。
波なし、流れ少し、透明度15m、水温29℃。

今日はオオモンカエルアンコウ1号様から。
多分、まだビギナーのAさんは初めて。

 

 

ばりばりベテランダイバーのT子さんは着底せず、上手に撮ります。

 

 

努力家のAさん、本日はダイビング(自己課題)に集中するため、カメラ持ち込まず・・。
なんだか、すーごーく急成長が見えるんですけど!!!
この中性浮力感・・・美しい!

 

で、もう1匹会えちゃいました、オオモンカエルアンコウ2号。
どすこいスタイル

 

 

ハダカハオコゼ2枚

 

お疲れ様です。1本目からがっつり行っちゃいました。
Aさん、難しいマクロダイブを問題なく潜れました。
祝・ハナマルあげちゃいます。

 

デバたちも祝福です。
多分、Aさんはこれまでで一番しっかり生物観察できてるはず。

2本目は引き潮時間だったので、流れるかと思いポイントを悩みました。
が、まだそんなに流れてないのでちょっと狙ってみました。

ホウセキカサゴ 赤

 

ホウセキカサゴ ピンク

わーーーい!
ガールズ歓喜。
1本目、はずしていたので感動2倍。

幸福物質、大放出。

 

オレンジバンデットパイプフィッシュの目

 

ウミウシに食べられる運命の子供クモヒトデ

 

1本目行方不明だったタツノイトコちゃん。
焦りましたが、観察続行中。
ちょい太ってきました。
T子さんもAさんも、初めてのご対面だとか。

 

モンツキアカヒメジと一緒に安全停止。

 

2本目もロングダイブ。
Aさん、急成長です。
T子さんの写真成果が気になります。

2日間ありがとうございました!
やはり、ダイビングは楽しいぃぃ。

 

 

トランベン ファンダイブ

0

スラバヤよりお越しのT子さんとAさんをトランベンへご案内しました。
お二人とも、リピーター様ガールズ。

天気も海況も抜群です。
波なし、流れなし、透明度20m、水温29℃。
すてき。

 

ログ200本は超えているT子さん、かっこいい!
髪型もダイビング仕様~。

 

ちょっとブランクありのAさん、マスクが曇ったり、ウェイトが足りなかったりありましたが、無事エントリー。
1本目は水に慣れてもらいましょう。
なんとリバティ号は初めてだったAさん。

 

2本目GOのガールズ。
今日はすごいダイバー数でした。
国内が連休らしい・・。何の日!?

 

今回はスムーズ!いえい!

ヤッコエイ、ぱふぱふやってますよっ。
直後、いろいろありましたが続行です。

深場のサンゴ、いきいき。

サザナミトサカハギ増えてます。

タカサゴの群れやら、オヤビッチャの群れやら、クマザサハナムロの群れやら、2本目は群れ祭り。

リバティ号の中

 

クロハコフグ幼魚・・癒されるよ、君に。

コウショウダイ組も集合。
直後にまたいろいろ・・・が発生。

小さなオニカマスも数匹。
小さな稚魚ぽいのも浅瀬に発見。
まだ白いです。

 

カスミアジ vs オジサン

温かくて透明度が良いと、ストレスぜろ。
エア持ちの良いガールズとは、どうしてもロングダイブ。
この他にも、小さなウミガメ、アカマダラハタ、フタイロカエルウオ、アカククリ、アカヒメジ群れ、ハダカハオコゼなどを観察。
お疲れ様でした!

帰り道でユニークな乗り物と遭遇。
Vespa にサイドカー付けてる人はいますが、後ろにも・・。
Vespa1台で大人4名・・・・そしてこの峠越え。
右カーブの時は、全員右へ傾き、左カーブの時は、全員左へ傾きます。
とっても楽しそう。

T子さんAさん、今日はありがとうございました。

パダンバイ ファンダイブ

0

東京よりお越しの社員旅行チームです。
Yさん、Tさん、K氏、Y氏、はじめまして~。
K氏はニュージーランド人ですが、日本語が上手すぎ。
社員の比率は、4割が外国人なんだとか。
日本にあって英語必須の職場、すごーい。

出発前に店主の失態・・あぁあぁ、ごめんなさい。
YさんとTさんに間違えてウェットスーツを渡してしまい、かなりのお手数をおかけしてしまいました。
思い込みは危険です。

本日のパダンバイ、海況まあまあ。
波なし、流れなし、穏やか。
水温29℃、透明度がちょい濁りありで12mほど。
Yさんは、左耳が抜けにくかったですが、最終的にはコントロールしながら無事潜行!
皆さんビギナーだったので、浅瀬で水慣らししてから水中散策スタート。

沈船にいたハダカハオコゼ、久しぶり!
振り返るとスミレナガハナダイ。

 

 

仏像に手を合わせるYさん。

 

アカヒメジやチョウハンの群れ。
ウミウシ、ミナミハコフグの幼魚、シマウミスズメ、クマノミ卵などを観察。

 

後半、中性浮力や姿勢・・・まとまりが出てきました。
がっつりロングダイブ。

 

2本目行きますです。

 

Yさんが「具合悪いのかと思った~」とコメントしたオオウミウマ。
このうつむきが正常です。
腹ペコなのか、小さな口でめちゃめちゃ捕食中。

 

子供クマノミ

 

こちらはみんなで見れたハダカハオコゼ茶色

 

 

そんな下からウツボ様

 

オオモンカエルアンコウ1匹だけでしたが会えました!
怪獣の手がかわゆい。

 

サザナミフグと泳ぐK氏

 

こちらも腹ペコのヘラヤガラ

 

皆さん、余裕の2本目でした。
浮いていきそうなバディを引っ張ったり助け合いもあり。
いいですよ!
またまたロングダイブになりそう。

 

うじゃうじゃ~、今日はウミガメと会えず。

 


お疲れ様でした!
団結力すばらしい。

前回は、どこかのお国で、ビギナーなのに流れポイントに案内され、皆さんかなりびびったトラウマがあるそうです。
今日は、水中のんびり生物観察が叶って良かった!
ありがとうございました~。

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

ついに15日です。
日本のお隣・北朝鮮の動向が気になって仕方ありません。
Xデーなるか?予測不可能だし、緊張だし、日本が心配。

一方、バリ島はお盆の最終クニンガンです。
ご先祖の霊が帰る日。送り盆ですね。
早朝からバリ人は忙しそうです。

昨日に引き続き、ジャカルタからM氏とRさんをパダンバイへご案内しました。
海況はまあまあ。波少し、一時流れ、水温24℃~28℃、透明度15m。
深場ほど冷たくて、水中も乾季ぽくなりました。

店主はRさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
2日目で、かなり余裕のRさん。
準備や片付けまでお手伝いしてくれる積極性!

常に捕食中のアカホシカニダマシ

 

体験2日目になると、こんなものまで観察できるようになります。
イソギンチャクカクレエビ

 

 

クリーニングステーション・・・寄生虫をきれいに取ってもらいましょう。

 

キンセンフエダイにヨスジフエダイも混じっていたり・・面白い。

 

ちょっと手を離してみます。

 

パダンバイは、クマノミが多いです。

 

もこもこサンゴ!
この辺は、スノーケルでも楽しめます。

 

 

ちょっと浅瀬は流れていましたが、落ち着いています。
店主たち体験は最低水温26℃でしたが、ファンダイブ組は24℃だったとか。

 

 

今日は1本目からバックロールエントリーのRさん。
細身ですがスタミナはあります。

 

2週間ぶりのタツノイトコちゃん、まだいた!
少し大きくなりました~。

 

オビテンスモドキの幼魚・・・女子二人で追いかけます。
振り返るとそこには、タコ。

 

あっ、ファンダイブのM氏。
ウミガメやオオモンカエルアンコウ2匹などの写真を撮られてました。

 

Rさん、まだ行けそうだったのでちょっと遠回りしちゃいます。

 

ここはアカヒメジやデバスズメダイ群れ群れ。

 

 

絶対、ヘラヤガラ増えています。

ロングダイブになってしまいました。
いやー、面白いダイビングでした。

 


太陽ギラギラ&お疲れ様でした。
バリ島休暇を楽しんでいってください。
ありがとうございました。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

妹がおととい帰国し、店主の休暇も終わりです。
仕事モードに切り替えないとです。

今日は祝日だったようで、皆さんジャカルタからです(何の日?)。
トランベン沈船へ。
道路がガラガラであっという間に到着です。

リピーターのMさんやAさんが所長を連れてきてくださったり、
今回来てないリピーターK氏が上司を紹介してくださったり、
Rさんは、自分でネット検索&ブログ読み込みしてきたそうな・・。
ありがたいです。感謝。

本日の海況抜群。
波なし、流れ最後にちょっと、水温29℃、透明度20m。
店主は、T氏とRさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
1本目、小さなウミガメを独占でじっくり観察できました。
ラッキーでしたね。
(カメラ持っていくべきでした)

2本目、更に余裕です。
耳抜きも問題なし。

 

Rさんはジョギングが日課、T氏はサッカーをしていたそうで・・・運動神経がいい。

 

餌付けしなくても寄ってきます。
おさかなまみれ。

 

鉄骨の下には、アヤコショウダイたちがずらーーーっと並びます。

 

帰りにちらっと手を離してみたら、美しい流線型で付いて来るRさん。

 


リバティ号の浅瀬には、チンアナゴがたくさんいます。
今日は小さなカマスも数匹。
大きなカツオも通り過ぎてゆきました。

全員カメラ持ちのファンダイブ組もそれぞれに楽しまれたようです。
帰りの道路もガラガラであっという間にサヌール着です。
のろのろトラックが道路からいなくなると、こんなに走りやすいことの証明ですな・・。

皆様、ありがとうございました。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

本日はパダンバイへGO。
茨城のS子ダイバーとお孫ちゃんヒロキ10歳は昨日に引き続き2日目の参加。
そして東京からのリピーターT子さんが今年も登場です。
T子さんもニュピ前にバリ島入りし、ニュピ体験をして、本日はダイビング。
以前、T子さんのお誕生日ダイビングだったのですが、今日は店主の誕生日ダイビングという偶然。

パダンバイの海況は、波あり、うねりあり、流れなし、透明度10m~18m(浅瀬濁り)、水温27℃。
天気は晴天。
今朝はマンタが出たらしい~。

ヒロキは手を離してる・・・。
これ体験ダイビング通算7本目になります。

恐るべし10歳。

 

1本目の店主は、S子さんとT子さんのガイドをさせて頂きました。
二人とも初めてのタツノイトコ。
うねりがすごい中、S子さんも撮影頑張りました。
すごい小さいのに、よく巻きついていられますな。

 

怖い顔のヒメオニオコゼ。

 


ガールズは初対面ですが、水中でもかなり意気投合。

これも二人とも初のホウセキカサゴ。
いてくれてありがとう。
店主へのバースデープレゼント。

 

 

うねりに負けず・・。
ヒロキにもう少しウミウシ見せたかったなぁ。

 

ガールズ、がっつりダイブお疲れ様です。

 

太陽がすごかった水面休憩。
今年のヒロキは全く酔わず・・・。
水面でも元気に泳いでいました。

 

エントリーだけ一緒にGO。
ラストダイブ、お婆ちゃんS子さんは孫と潜ります。

 

T子さんとのマンツーマンダイブ。

 

潜水艦オデッセイ号とすれ違います。

 

かなり大きなウミガメ・・・腹ペコなのか動じないという感じでした。

 

キンセンフエダイの群れ群れ・・・・

 


リピーターの皆様、今日はありがとうございました。
楽しかった~。
誕生日プレゼント、ありがとうございました!!

パダンバイ ファンダイブ&スノーケリング

0

東京よりお越しのS子さん&T氏、はじめまして。
T氏はシンガポール駐在で興味深いお仕事をなさっています。
インターナショナルなご夫妻。
そして、北海道から店主の同級生みんみんがやってきました。
もちろん、奥様T子さんも一緒です。
一年ぶりのバリ島再来嬉しいな~。
みんなでパダンバイへGOです。

本日のパダンバイ、昨日より海況よし。
波少し、流れちょっと、透明度15m、水温27℃~28℃。
T氏は、江ノ島育ちで一人でがんがんスノーケルを楽しみます。
T子さんは、水に顔を付けられないので、ボートで待ちます。
店主は、S子さんとみんみんのガイドを担当させて頂きました。

お二人とも1年のブランクありですが、ゆっくり慣れてもらって、水中散策GO。

 

カイメンの中を覗くと・・・ネッタイミノカサゴ幼魚。

 

お二人とも興味津々だったヘコアユ

 

みんみん見えません。

 

もりもり珊瑚

 

楽ちん安全停止

 

みんみん、去年は10年のブランク、今年は1年のブランク。
今年は最初から中性浮力がお見事でした!

 

2本目GO

 

T氏は即効海に飛び込み、T子さんは全く酔わずにお見送り。

 

タツノイトコちゃん

 

そんなに、ときめいたか。笑

 

2本目のS子さん、急成長でした。

 

S子さんは、オオウミウマがかなり気に入ったようで・・・。
これはメスですね。

 

オオモンカエルアンコウが踏ん張ります。
お二人は初めてだったので、びっくりでしたね。
怪獣の手がかわいいんです。

 

そして最後は大きなワニゴチ。

 

こんなに安定して素晴らしい一日バディ!

 

太陽ギラギラの中で・・・パチリ。

 

今日は、パダンバイが大渋滞でした(特に朝!!)。
フェリー乗り場が一つ使用できなくなったせいです。

皆さん、今日はありがとうございました。
陸も水中も楽しかったです!

パダンバイ ファンダイブ

0

お隣ジャワ島・スラバヤよりお越しのリピーターK夫妻をリクエストでパダンバイへご案内しました。
またもや、一瞬キャンセルになりかかりましたが、2ダイブ・ナイトロックス使用ということで催行可能に・・。
ありがとうございます。

本日のパダンバイ、海況抜群。
波なし、流れ浅瀬でちょっと、透明度15m~20m、水温29℃。
1本目エントリーして、感激透明度でした。
ただ、ディープウォーターエントリーだというのに、店主の左耳が相変わらず抜けない~~っ!!
2月19日から始まったってことは、もう3週間。
奥様Mさんに水中でそのこと伝えて、ゆっくり潜行させて頂きました。
Mさんは、元イントラなので話が早くて助かります。

ま・・なんとか予定深度に到達して、前回のホウセキカサゴを3人の目で探しましたが、見つからず・・。
みんなどこへ行ってしまうのかなぁ。

予定外のオオウミウマ。ここにもいるのね。

 

今日は見上げてもきれいで、グルクマや小さなイソマグロ?も通ってゆきます。

 

K氏、この前555本だったんですよね。
おめでとうございますー。

 

クマザサハナムロがびゅんびゅん。
そして、Mさんはゴマモンガラ攻撃を受けてました。お気の毒。

 

滞在を延長して、まだバリ島にいるサウジアラビア国王ご一行1500名。
1500名は、明日バリ島から日本へ向かいます。
K夫妻、明日空港で厳戒態勢に出会わないことを祈ります。
1500名到着時は、45分間空港閉鎖の予定が、結局2時間になったらしいですから・・。

 

今日も平和だ・・。
一応、耳抜き薬飲んでエントリー。久々です。

 

わおーーーっ、スパスパ抜ける。
よかった~。

会いたかった2匹いたタツノイトコが海藻ごと消えてるし・・。
人通りが多いもんな。

深場にいたオオモンカエルアンコウペアは、上がってきていました。

ツマジロオコゼや

 

オオウミウマはいつも通り。

 

ここのウツボちゃんたちは優しいです。
フタイロカエルウオやイシガキカエルウオもたくさん。

 

夫婦でがっつりダイバーは、見ていてほのぼの。

 

いつもそこから動かないホシゴンベ。
実は店主気になっています。

 

ボラ軍が行ったり来たり。
最近、単体も目立ちます。

小さなウミガメも水面へ。

ベテランダイバーほど、安全に潜ります。
すてき!
エキジットブイで、アオリイカが産卵しそうなシーンに遭遇。

次回、要チェックしときます。
ロングダイブ、お疲れ様でした。

 


気の早いことに、ホテルのロビーにあったオゴオゴ人形。
バリ島の大晦日は、3月27日。無数のオゴオゴ人形がバリ島を闊歩します。
この張りぼて人形の製作が、ぼちぼち各地で始まっています。
そして、3月28日はバリ島の新年(ニュピ)となります。
一日中静かに過ごす日で、外出禁止になります。
空路・航路・陸路全てストップです。

K氏・Mさん、今日もありがとうございました。
また4月、待っています。

ページのトップへ