Posts tagged ファンダイブ

ファンダイブ パダンバイ

0

スラバヤのT子さん2日目。
少し日焼けで、どんどんかわいくなってゆきますー。
アームを右側に付け替え、水中写真を撮ります。

アグン山から、水蒸気爆発の煙がまた出た(さっきはなし)。
昨日より煙が白く、雲と同じ状態で流れてゆきます。

本日の海況、波なし、流れなし、透明度8m、水温27~28℃。
昨日より穏やかですが、透明度が若干落ちてきました。
南部は雨ぽかったですが、パダンバイは晴天。

 

ヒレグロコショウダイ幼魚
近くにコロダイ幼魚も。

 

イボヤギミノウミウシの黄色!
昨日は、オレンジでした。

 

コバンザメがダイビング中、ずっとまとわりついてきました。
かわいいから許す。

 

ヘコアユにヨロイウオが混じっている気がする・・。

 

アイドル・ニモ
ボラの群れ、タイワンカマスの群れ、チョウハンの群れ・・

 

 

T子さん沈船をゆく~。

アカヒトデ、体位を変えたいようです。
スローモーション

 

 

セソコテグリ?

 

お休み中のコイボウミウシ
この他にもアデヤカミノウミウシ、チリメンウミウシ、ヒョウモンウミウシ、アオスジリュウグウウミウシ・・・。

 

チョウチョウコショウダイの稚魚。
チビすぎる。

 

 

砂地を離れて浅瀬で安全停止。
チョウハンの群れ、アカヒメジの群れでうじゃうじゃでした。

 

こういう世界を見ていると、昨今の世界情勢があほらしくなります。
ヒトなんだから、うわべ仲良く暮らせるはずなんですけどね。

 

のんびり&がっつりT子さんとの2ダイブ(実質3ダイブ・・笑)。
昨日より写真が撮れたとのこと!
本日のランチ(シーフードver.)、うまーい。
10月は、アグン山の影響でバリ島を断念したT子さん。
今回は、強行で来てくださり、現地が安全であることをわかってくださったはず・・。
2日間ありがとうございました。

 

 

 

 

ファンダイブ テペコン・パダンバイ

0

先週末から5日間の予約が全てキャンセルで、心が凹んでおりました。
アグン山がちょっと噴火したら、空港が閉鎖ですよ(閉鎖は2.5日で、現在はいつも通り運行中)。
ニュースが世界中に報道され、あっという間にキャンセル。
タイミングが悪すぎでした・・・はぁ~。
ただでさえ、アグン山報道で9月末から予約・問い合わせが入りにくい状況が2ヶ月も続いているのに・・。
その後は、煙も止まり静かでした。

っが、今朝、ダイビングへ向かう途中、また煙が出てきた!
白っぽいので水蒸気爆発なのか。
でも、風ですぐに消えます。
ゲストの皆様と写真を撮ります。

 

本日のゲストは、リピーター様スラバヤ組。
K&M夫妻とT子さん。
ベテランダイバーの皆さんなので、リクエストでテペコンへ。
波なし、流れ途中からあり、水温27℃、透明度10m。
テペコンが透明度悪いのはちょっと残念。
ムスジコショウダイの群れ、アカヒメジの群れ、コブシメなど。

流れてるし、ウミガメちゃんもお休み中。

 

 

トサカリュウグウウミウシの体型が好き。

 

 

だいぶ壊れちゃいましたが、サンゴはまだまだきれいです。
あっちへ行っても流れ、戻っても流れ、三角コーナーから出られない状態。

 

エキジットすると、またアグン山が煙を出しはじめました。
T子さん、半水面写真を撮るなんてグッドアイディア!
店主も真似!
夕方まで4回爆発があったそうですが、全て観察できちゃったかも。
7日夜から爆発が始まったそうです。

 

 

マクロダイブの桟橋 Jetty を見学。
噂通り、西側90度に桟橋を造り直す工事が始まっておりました(波直撃になりますが、大丈夫なのかな)。
作業船が桟橋にくくりつけられ、重機も入ってますし、土台の大きな石がごろごろ。
ボーリング作業もやっているようですね。
いいポイントだったのに、残念だぁぁぁ。
桟橋に生息していた生物たちはみんなどこに移動するんだろう・・。
もうしばらく潜れませんね。

そんな訳でパダンバイへ戻ります。
ダイバーが少ない!
波なし、流れ少し、透明度10m、水温27℃

よくオブジェに使われるシラナミイロウミウシ。

 

わーい。スパングルドシュリンプゴビー!

 

動きが活発すぎるオニダルマオコゼ。

 

 

イボヤギミノウミウシが2個体、パダンバイにいるのねー!

 

捕食中のシボリイロウミウシ

 

 

ご主人のカメラで参戦のT子さん。
右手が痛くなってきたそうな。
アームの位置??

 

 

オトヒメウミウシ

 

立派なクギベラの雄2匹がおっかけっこ。
動きが速すぎ。

 

 

K氏、ついにウェットスーツを作りました。
マンボウ撮影の時、懲りたそうです。
昔はもっと寒さに強かったんですけどね。笑

ランチ食べて、3本目
波なし、一部流れあり、水温27~28℃、透明度10m

アオスジリュウグウウミウシ

 

 

ハスエラタテジマウミウシ

 

ハダカハオコゼの根。大繁殖中。
この2匹、不思議な行動。
下の子はずっと寝ていて、白い子の口には何かくっついています。
脱皮を手伝っているのか、交尾なのか不明。

 

ヒブサミノウミウシ

 

 

カエルアンコウ走る走る~カワイイ!
走ると意外と速い。

 

 

皆さん、写真はいかがでしたか??
ベテラン組は、ロングダイブ・・・お疲れ様です。

打ち上げは、久しぶりにイタリアン・マッシーモ。
明日はK氏のお誕生日おめでとうございます。
ということで、赤ワインをご馳走になりました(ここに帰国しちゃったスラバヤA女史がいるべき)!
K夫妻、ウェットスーツ寄贈ありがとうございます。
大切に使わせて頂きます。
皆様との楽しい一日で、店主は少し元気になりました。
皆様に感謝。

日帰り3ダイブ パダンバイ

0

8月に初めてご一緒させて頂いたジャカルタ在住のM女史。
前回は、1日目しか一緒に潜ることができませんでしたが、今回はマンツーマンでじっくりです。

本当は・・・
今月、駐在海仲間を連れてヌサペニダツアーを企画してくださっていたのですが、アグン山の問題で「11月バリ島ダイビング」ぽしゃってしまいました。
そのお詫びで、一人で飛んできてくださりました。
お仕事柄か、とてもバリ島経済について心配してくださっています。
その気持ちがとても嬉しいです!

本日のパダンバイ、海況悪くないですが、透明度が落ちてきています(若干グリーン)。
波なし、流れ一部&3本目、水温28℃、透明度10m
天気は快晴、そして新月大潮です。
M女史は、新ウェットスーツだったので1キロウェイトを増やしてGO。

ハナミノカサゴ幼魚

 

 

ドロップオフは一部流れがありましたが、無事通過!!

 

このコバンザメと一緒に1ダイブしました。
最初から最後まで。

 

肉眼で色は見えないミヤケテグリ

 

 

この中にハダカハオコゼが4枚

 

 

こちらはハナミノカサゴ稚魚。ちっちゃいーーーい。すてき。

 

サビウツボ&クマノミ・・・にぎやか~っ

 

M女史はお初のオオモンカエルアンコウ
真横でどすこい。

 

 

ミノウミウシいっぱいです。チリメンウミウシなんかも。

 

 

今日は、すっかり生物観察モードに入ってしまったM女史。
70ダイブを越えてマクロ派に転向?

 

アカハチハゼがくっついて怪しい行動。ふふふ

 

気持ちいいエキジット!!
今日はダイバーが少なくていい。
M女史は、雲に隠れているアグン山に向かって手を合わせます。

 

 

店主がお客さんに見える??
M女史、男前すぎる~。

 

引き潮で流れを期待して、3本目はジェプンへ。
沈船、仏像を見て軽いドリフトダイビング。

フグの100倍猛毒というソウシハギ。

Mさん、こういうドリフトダイビング、かなり気に入ってくださいました。
次回は、ヌサペニダの特急ドリフトやりましょう(上級者限定)。

これまで地形や大物好きだったM女史、今日は水中での新たな楽しみ方に気づいたようです。
水中写真、やりましょう!
じっくり3ダイブ、ありがとうございました。
透明度はいまいちでしたが、店主もご一緒させて頂き楽しかったです。
ガールズで、打ち上げディナー行ってきます。

ファンダイブ パダンバイ またね!

0

スラバヤ在住A女史の最終日。
ご主人の本帰国が突然決まったため、本当に今日が最後。
2週間前の特訓ダイブ、昨日はその成果がはっきり表れておりました。
身の周り準備から器材セッティングまで、言われなくても全て自分でサクサク。
今日は、店主と二人なので、のんびり純粋に楽しみましょう!

本日のパダンバイ、快晴。
波少し、流れ少し、水温24℃~26℃、期待していなかった透明度ですが割りとOK。
昨日より回復で10m~12m。ほっ。

A女史、きれいにエントリー!
チンアナゴやLarge spotted snake eelがお出迎え。

 

撮りにくいところにいる生物もこの通り。
いいですよー。

 

 

A女史が好きなオオモンカエルアンコウ・ピンクがこんなところに。
黒いのも近くにおります。

 

よく見かける各種魚たちの集合。
祝・1キロ減らして、安全停止成功!

 

 

アグン山登頂からは、ずっとこのようにちょっと煙が出ています。

 

ラストダイブです。

イソギンチャクが丸まる日

 

 

ヘリゴイシウツボ・・今日はウツボ、クモウツボ、サビウツボ

あれーーー、つながってる。
交接中だった。ごめんね、お邪魔様でした。

昨日とは違う水深10mで、またイエローフィンフラッシャーラスたちがびゅんびゅん。
浅くていいけど、撮れません。

 

ここら辺はカクレクマノミだらけ。

 

1キロ減らして安全停止を終えても、この余裕!

 

さんご礁が広がっていて、この後、デバスズメダイが外からやってきました。

 

 

次は、パダンバイにもあるイソバナの大きな根。

 

A女史とロングダイブ。
二人で水中であーだこーだいいながら、のんびり写真を撮りまくりました。
楽しかった~。
日本に戻ってもたまに潜ってくださいね。
ありがとうございました。

桟橋Jetty & Jepun 送別ダイブ

0

スラバヤのリピーター様たちと日帰り3ダイブです。
先日、特訓ダイブ3日間を終えたばかりのA女史、まさかの本帰国・・・。
スラバヤ時間は残りわずか。
これは最後潜るしかないということで、またすぐにバリ島入り。
8月にマンボウ4枚独占を果たしたK氏&Mさん夫妻も一緒に送別ダイブです。
寂しくなります・・・。

本日はアグン山がくっきり。
いつ噴火するのかな・・・。

本日のパダンバイ&桟橋Jetty
波少し、流れ少し、透明度5~10m、水温25℃~26℃
透明度がやはり落ちています。
水面は、クラゲと漂流ゴミも。

1本目Jepunへ。

まだ小さなヒメオニオコゼですが、胸鰭は開くと美しい。

 

 

特訓で成功した作戦で、今日は1本目からカメラ持参のA女史。
元イントラのMさんと潜るのは、講習以来。

ハナヒゲウツボの幼魚は8匹ぐらい観察。
増えてますな。

 

 

これまた直径5cmぐらいの小さなイソギンチャク(半透明)?
ですが、もうイソギンチャクモエビがしっかり付いている。

 

 

子供オニカサゴもたくさん。
この他にも、サラサハゼペアやオレンジワームゴビーなど。
リクエストのタイワンカマス群れ、最後にいましたが、こういう日の写真は難しい。
そして、A女史、きれいにエキジット!わーい。

 

2本目は桟橋Jetty
流れはなかったですが、透明度がにごにご・・。
A女史は、はぐれることなくしっかり付いてきてくれました。

一緒に見たヤドカリ。重そう・・。

 

 

赤めのヨウジウオ・・・・自分の色がわかっているのでしょうか。
もう少し透明度が欲しかったです。

 

超ベテランK氏とMさん夫妻は、大きなカメラ2台。

ボートランチの後、3本目
話し合った結果、Jepunの続きです。

1本目もいましたが、イエローフィンフラッシャーラス。
2,3匹が、全開で動き回りやる気満々。
水深10mなので、その気になればかなり粘れます。
K氏が少しだけ粘り、祝・撮れました!

 

スジモヨウフグのクリーニング。
うちの猫に似ているため、撮らずにはいられません。
パダンバイにはたくさんいます。
今日は、寝てる子、クリーニングされている子、二匹でらぶらぶしてる子たち、体をだいぶ食べられちゃって瀕死の子を見かけました(かわいそう)。
天敵は誰?

 

 

いつも砂地に開いているのに、立ってる!

 

最後はうねりや流れが入りましたが、A女史、きちんとベテラン組に混じってまとまっています。
店主、涙が出るほど嬉しい!

 

 

透明度はいまいちでしたが、各自それぞれに楽しめたようです。
ってか、このダイブで店主の残圧計が逝きました・・・。
マイナス表示の残圧計には笑ってしまいました。
面白いからMさんに見せたら、エア切れだと思ってエアを差し出してくれたのでした。
さすが、元イントラ。
My残圧計、長い間ありがとう。

 

 

お疲れ様でした。
スラバヤチーム、ありがとうございました。
A女史の送別ダイブ、無事終了。

 

 

 

体験ダイビング&ファンダイブ パダンバイ

0

早朝より、また冷汗事件勃発。
インドネシアに住んでいる限り、こういうくだらない問題からは逃れられないのかなと最近諦め気味。
運転手を仕事終了後、説教だな・・。

それはさておき、今日は、神奈川・東京方面よりお越しの2組です。
社会人組 Kさん&Y氏、そして学生組 M氏&T氏&K氏、皆さんはじめまして!
本日の男子4名は、人生初の体験ダイビングですので、みっちり陸上講習。
まだビギナーダイバーの紅一点 Kさんも一緒に聞いてもらいます。
実際に自分が使用する器材に触れながら、疑問や不安がなくなるように、簡単な言葉を使って、だーーーーっと説明します。
それにしても、男子は着替えが早い~、手荷物も少ない(小さなタオルだけ)~感心です。

本日のパダンバイ、快晴ですが風があり。
昨日雨が降ったらしく、昨日の午後より若干崩れ気味。
波少し、流れあり、透明度8m~12m、水温23℃~26℃
ちょっと冷えます。

皆さん、緊張もそれほどなく、耳トラブルもなくあっさり潜行。
水中ツアー開始です。
店主は、学生組一番大きな K氏を担当させて頂きます。
スポーツマンなので、教えればその通りできちゃいます。
GOプロ持参なので、じっくり撮ってもらいましょう。
後半はリラックス度が伝わってきて、体が大きいのに空気がほとんど減らず。

おやすみー、シライトウミウシ

 

 

人気者ニモ(カクレクマノミ)

 

 

ハダカハオコゼ黄色

 

 

オヤビッチャやクマザサハナムロのクリーニングステーション

 

 

社会人組 Y氏もGOプロ持参。

 

紅一点Kさんも上手に潜っていました。
体験Y氏と一緒に潜れてヨカッタです。

 

男子学生組、仙台の高校時代同級生なんだとか。
当時は皆さんラグビー部。
もてたでしょうね。

 

体験ダイビングですが、ちょっと長めになってしまいました。
上がると益々風で寒い日。
太陽に当たりながら、水面休息。
みんな明るい。

キラキラ☆スマイル
2本目は、みんなバックロールエントリー(ボートからどぼんと落ちる方法)
ブルーラグーンが昨日からよろしくないそうで、そのままジェプンに入ります。
さっきより、暖かい!

 

社会人組

 

学生組

 

店主のバディは、K氏からM氏に変更。

1本目、K氏が好きだと言っていたケヤリムシ。こう見えても動物。

 

キンセンフエダイの群れ

 

 

流線型でいい感じですよ!

 

 

M氏が反応したカラフルなブダイ。クリーニングですね。

 

これもM氏が反応していた大きなオアヤガラ。

 

ここの根には、アカヒメジの群れ、ミツボシクロスズメダイの群れ

 

 

サンゴも帯状にあちこち広がっています。
流れがあり、それに乗っていくドリフトダイビング。
浅瀬を流します。

 

店主のバディ天然M氏、結局気持ち悪くならず最後まできれいにダイビング終了。
ただ、謝らなくてはならないことは、店主たちだけウミガメに会えなかったこと。
あと1分潜水時間を延ばせばよかったです。
ごめんなさい。
Y氏のウミガメ動画、いいなー。

 

無事に潜れてよかったです。

現在22歳といえば、《悟り世代》なのかと思いきや100%《ゆとり世代》なんだそうです。
小学校1年生から完全に《ゆとり教育》でこれまで来たからだそうです。
なるほどっ。
じゃ、本当の《悟り世代》ってまだ世に出てきていないってことなんですかね。
本日の学生組、全くゆとりのイメージに合わなかったかも。笑

皆さん、今日はありがとうございました。

パダンバイ 特訓③

0

スラバヤA女史の特訓ダイブ3日目。
昨日は、ある作戦が成功して素晴らしい潜りをしたA女史。

本日のパダンバイ、海況よし。
波なし、流れちょっと、透明度12m~15m、水温24℃~27℃
到着時は曇っていましたが、すぐに晴れ。

今日は、カメラの許可を出しました。
でも、深場で安定している時だけの使用。
まだ早いかな~という感じもしますが、持参してきているのでせっかくですから。
そして、店主からいちいち今日は指示しない。
自分でガイドに付いていく姿勢、自分で考えてコントロールしてみようー。
あとは、へばりついてでも安全停止をする。

ボートからエントリー、水面移動、ロープ潜行・・・・全部自分でできました。
いい感じと思っていたら、深場でやらかしました。
砂を思いっきり巻き上げ・・・・。
あぁあぁ、透明度が台無し。
着地前に空気を足せばそうならんでしょう!!

初心者にありがちな、「浮いていくのが怖くて、極力空気を入れないという症状」なんですねー、これ。

 

ホホスジタルミの幼魚
ホワイトティップリーフシャークがびゅーんと通りすぎてゆきました。
が、A女史は遠くて気づかず。
絶対にガイド近くにいた方が安全はもちろんお得です。

 

 

 

Large spotted snake eel

 

アカククリ

 

深場の姿勢は、昨日からばっちり。
よくここまでなりました!

 

 

浅いところですよ。
さて、どうする?

 

美しい安全停止でした。

 

1本目の反省をして2本目

セバエアネモネフィッシュ、A女史も撮れたはず。

 

 

今日は泳ぐウミシダが3匹

 

完全に中性浮力がとれている状態のA女史!
多少の流れやうねりでも、付いて来れるようになりました。

 

ハダカハオコゼ3匹

 

 

タテジマキンチャクダイの幼魚、大好きです。

 

 

サメの尻尾が外に出てる!
ウベゴン(オオセ)ではないですね・・。

 

中に入り込みますが、テンジクダイが邪魔して見えない~。
多分、小さなリーフシャーク。
お休み中、邪魔してごめんね。

雲がきれい。心が洗われます。

 

日替わりナシチャンプル(ご飯とインドネシアおかず)

 

毎日、店主が感動するもんだから、今日のデザートもマンゴー。
おばちゃん、ありがとう。

 

 

 

A女史、3日間頑張りました(厳しい店主の下)。
まだ周りに安心感は与えられませんが、気をつけるポイントがだいぶ絞られてきました。
苦手な部分は周りに手伝ってもらいながら(きちんと伝える)、ダイビングを楽しんでいってください。
それでも、だいぶ楽にダイビングができるようになって良かったです。
店主もかなり勉強になりました。
ありがとうございました。

パダンバイ ファンダイブ(特訓②)

0

伊豆大島よりお越しNさん、はじめまして!
そして、特訓2日目のA女史と一緒に今日もパダンバイへ。
伊豆大島に住み、現地でダイバーになる。
素敵ですね。

本日のパダンバイ、天気よし。
朝は波なし(昼になりあり)、流れちょっとあり、透明度15m、水温21℃~27℃
昨日から特訓ダイブ中のA女史に、ある作戦を施してみました。
A女史は嫌がりましたが、力説店主でほぼ強制的に・・。笑

 

 

小さな沈船へ。
伊豆大島Nさんは、GOプロ持参でがんがんゆきます。
特訓中のA女史、きれいに潜れてるではありませんか・・。
やったー、作戦成功!
しかし、冷たい海水が上がってきました。
一気に22℃。

 

そして、顔を上げたら正面からロウニンアジが向かってきて焦った~。
どけどけどけって感じです。ふーっ。

 

 

Nさんも撮っていたヘラヤガラのちょっと攻撃的ならぶらぶシーン。
婚姻色ばりばり。

 

 

かなり育っちゃったアデヤカバイカナマコ。
女子が小さく見えます。

 

 

アオウミガメでーす。
みんな大喜び。

 

 

特訓中のA女史、安全停止中。
その調子、いいですよー。
そして、昨日よりずっとずっとエアが残るようになりました。

 

キンセンフエダイとヨスジフエダイ。
そっちにはアカヒメジ。

 

2本目美しくエントリーの女子。

 

 

サーファーでもあるNさんは、水の人!
A女史は作戦続行中で、この安定感。
途中でアゲンストの流れになりましたが、付いて来れる。
感動店主・・。
しかし、冷たい・・・21℃だなんて。

 

 

クリーニング中のヘリゴイシウツボが2匹でした。

 

 

ここのハダカハオコゼは4枚。

 

 

残圧確認中、いいバディです。

 

 

オビテンスモドキが・・・A女史へ。
バタバタしないと魚も寄ってきます。
A女史、今日はたくさん生物観察ができました。
ダイビング中も呼吸の乱れがなかったので、波酔いすらなかったという。
何もやらかさなかったし。お見事!

 

最後は、テングハギモドキの群れがどこからともなく集合。
Nさんもばっちり撮影。

 

上がると水面は波バタバタでしたが、女子はさささーっと上手にエキジット。

 

昨日のデザートもマンゴー、昨日の夜もマンゴージュース。
そして、今日のデザートは2種類のマンゴー(オレンジはmanga madu、黄色はharum manis)。
バリ島はマンゴーの季節が近いようです。

Nさん、A女史、今日はありがとうございました。
いろいろ見られて楽しかったです。

 

パダンバイ 特訓

0

お隣スラバヤからA女史、お久しぶりです。
2年前に晴れてブルパラでダイバーになったのですが、たまにしかダイビングができない状況。
ご自身によると、8月に現地で海仲間と潜った際、けちょんけちょんに皆に注意されたそうで、今回は特訓コースのリクエストです。
講習時も、かなり時間がかかった生徒だったA女史。
あの時は、店主も悩んだですよ・・。
「ライセンス認定できない」と店主に告げられ、びびって頑張ったんですよね。

一応、できるようになったぎりぎりレベルでの認定でした。
あとは、経験!
そして、個人的には体力をつけてほしいなというところ。

インストラクターやダイブマスターは、プロです。
一般ダイバーがやらかしそうなミスが予測できるので、事前に注意を促し、ミスを回避してゆきます。
そうしながら水中を楽しむ。
でも、普通の海仲間といくと、そんなことを「事前に注意はしてくれない」のです。
なぜなら、できることが前提で楽しんでいるから。
A女史は、そういうのに参加はまだ早いっつーの。

そんな辛い経験を続けていても、彼女は頑張り屋さんなのです。
心が全く折れません。
この度、特訓コースの申し入れ。
やる気のある人を見捨てません。
なぜ上達しないのか、一緒に考えましょう。
きっと、店主だったら、多分向いてないんだと理由付けして止めちゃう・・。

今日の特訓メニューは、中性浮力&姿勢&フィンワークをがっつりと思っていたのですが、なんと日本で器材を一式揃えて来た!
めちゃめちゃ分厚いオーダーメイド5mmウェット。値段もすごい!
で、彼女は浮いて行く癖があるので、小柄ですがウェイト6キロスタート。
まずは新器材に慣れることが先決。

かーなーりー酔いやすい体質なので、早めに潜行。
って全然沈めない。
ロープ潜行だったので助かりました。
エントリーだけで、マスクやらフィンやらいろいろやらかしました。

 

本日のパダンバイ、海況よし。
波少し、流れなし、透明度15m、水温24℃~27℃

 

体をまっすぐに起こす(頭が上)も苦手なA女史。
ヘッドファーストは、エア食うし、耳にも悪いし、空気抜けないし、周り見えないしここではNG姿勢。
全然こちらの指示を見れません。

 

タイワンカマスの群れ、ツバメウオの群れ、ヨロイウオの群れなどきれいでした。
特訓60分終了。

 

 

1本目の失敗を反省して、2本目エントリー。
2本目なので気持ち的には、だいぶリラックスしたA女史。
また、フィンをやらかした!
2回続けては笑えます。
潜行するのにフィンを動かさなくていいです。

 

 

 

 

パダンバイに多いアオスジリュウグウウミウシ。
止まってじっくり観察。

 

 

連結でやってきたー。
ちょっと砂を巻き上げられちゃいました。

 

 

でも、深場は、だいぶ上半身を上げることができてきました。
目が合うから、水中コミュニケーションもたくさんとれました。
これ、今日の一番安定期。
A女史、その調子!!

 

アカククリ

 

 

店主も最後は癒されますー。

 

 

アカヒメジと下にはヨスジフエダイの群れ群れ。
安全停止時、6キロが重いことを確認できたのですが、最後にもう一発やらかしてくれました。
ははは~。

 

 

でも、予想していたより、やらかさなかったというのが店主の感想。
A女史、今日はお疲れ様でした。
精神的な強さはあっぱれ。
二人でゆっくり頑張りましょうネ。

 

 

 

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

本当はトランベンを予定でしたが、ポイント変更です。
そして、キャンセルもありました。
こんなに平和なのにね~。

神奈川よりお越しのN夫妻、はじめまして!
そして、元在住者のY氏とRさんの2日目。
今日は偶然、神奈川メンバーですね。
みんなで、パダンバイへ。

本日のパダンバイ、海況よし。
波少し、流れなし、透明度12m、水温24℃~26℃。
暖かくていいぞー。
そして、太陽ぎらぎら。

 

N氏もS子さんは、初めての体験ダイビング。
無事エントリーです。
素潜りをがんがんされるご夫妻で、マスクは持参でした。

 

スジモヨウフグがあちこち寝てます。

 

 

ハナビラクマノミ・・・今日はイソギンチャクが丸い日。

 

 

ヤッコエイをかなり接近して見れました。

 

キンセンフエダイの群れ!!

 

スノーケリングとダイビングの違いをはっきり知ったN氏とS子さん。
目的が違いますね・・。
こんなに近くで生物を見れちゃいます。

2本目は、Y氏とRさんのガイドで入ります。

Rさん、この嬉しそうな笑顔!!!
店主の教え子でもあります。

 

オオモンカエルアンコウ黒ちゃんは定位置。

 

 

バディY氏ともう何百本潜ったのかな??

 

ヘリゴイシウツボ、気持ちよさそーーー。
店主もマッサージ行きたいよーーー。

 

Y氏に巻き上げられて飛んだけど、無事着地。ほっ。

 

 

いやーきれいでした。

 

 

体験ダイビングのN氏とS子さんが、向こうからやってきました。
ここに小さなウミガメいますよ。
言霊パワーでした。

 

神奈川メンバーで記念撮影

 

 

お疲れ様でした!
ウミガメ良かったですー。
神奈川カップル同士は、意気投合したようです。
皆様、今日はありがとうございました。

 

サヌールへの帰路。
これアグン山からの避難トラックのようです。
炊飯器、テレビ、牛の餌を積んで南部へ。
きっと、牛も避難させることができた人なのでしょう。

 

 

このアグン山がいつ噴火するか分からない状況。
避難が決まった段階で家畜を売ってしまった村人も結構いたようです。
避難中の餌やりは難しいですもんね・・。
それが、結構、安過ぎる値段で売るしかなかった人・それを買った人がいたそうな。
たとえば、牛は1頭Rp.13,000,000が相場らしいですが、時間がないのでRp.2,000,000とかもあったそうです。
ですが、特例でこれからは安価で買った人間は逮捕されるそうです。
避難で苦しんでいる人に対し、2回も傷を負わすことはない!という考え方だとか。
こういう柔軟性が素敵なバリ島です。
適正価格で家畜は買いましょう。

 

 

 

 

 

ページのトップへ