Posts tagged パダンバイ

パダンバイ 体験ダイビング

0

同級生同士のA氏&T氏さんです。
はじめまして~。
現在は勉強やお仕事で、A氏は札幌、T氏は神奈川からいらっしゃりバリ島滞在中です。

朝は途中ゴアラワ寺院で、ひどい渋滞・・。
20分以上、車が進まず。
それ以外は旗日のせいか、道路はすきすき(サヌールーパダンバイ)。

本日のパダンバイ、昨日に引き続きGOOD。
波なし、流れなし、透明度15m、水温28℃。
体験ダイビングの講習をやって海へGOです。
晴れていて今日も気持ちいい。

T氏は、沖縄で体験ダイビングの経験あり。
A氏は、まったく初めてでしたが、『ずっとやってみたいと思っていた!』そうです。
二人とも、上手に潜行できました。

 

上はアカヒメジ、下はキンセンフエダイが群れ群れでした。

 

チョウハンも混じっています。
同じ黄色だしね。

 

大きなケショウフグが行ったり来たり。

 

お休み中のブルースポットスティングレイ。
お二人は尻尾の毒を知っていたそうで、怖かったそうな。
こっちが驚かせなければ大丈夫ですよー。
店主は、ゴマモンガラに睨まれた方が恐怖でした・・笑

 

 

二人とも水中生物に興味津々。
長くなってしまいました・・・上がりましょう。

 

 

正面の山に茶色の傷があることに気付きました(縦線)。
1ヶ月ぐらい前に土砂崩れがあったそうです。
雨が、これでもかってほど降ったせいでしょうね。

 

2本目、T氏と店主のマスクを交換してみました。
昨日流れにぶつかったドロップオフですが、きれいだったので懲りずにもう一度。
アドベンチャー好きな若者二人だから、地形をお見せしたい気持ちがふつふつと。
*体験ダイビングでは、あまりお連れしません。

 

子供クマノミ

 

 

サザナミヤッコがサンゴ上で動かず・・・?
幼魚も1匹見ることができました。

 

 

グルクマの群れが近かった。

 

今日は流れにぶつからず、無事ブルーラグーンへ(この後、かなり流れたそうです・・他店談)。
それにしても、テニス部だったせいか運動神経が良い二人。
体が素直~、これ体験ダイビングですよー。

 

ハナヒゲウツボが30cmぐらい出ていました。
チンアナゴもいましたね。

 

 

ナマコ・・でかっ。寒い。

 

 

群れ群れモンツキアカヒメジ。うっとり。

 

この落ち着き!!じっくり水中体験できましたよね?

 

 

陸に上がったA氏とT氏。
絵になりますね!
礼儀正しい若者。
日本の未来は明るいぞ。

最高のダイビング日和でした。
ありがとうございました。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

どんより天気の中、パダンバイGOです。
本日のゲストは、ベトナム在住のAさんとK氏。
はじめましてー。

本日のパダンバイ、海況抜群。
波なし、流れ一部、透明度18m、水温27℃
濁りが抜けた!

Aさんはアドバンスダイバーですが、体験ダイビングのK氏と一緒に潜ります。
K氏も数回、体験ダイビング経験はあり。
やはり問題なしです!

 

9ヶ月のブランクがあり、最初はドキドキAさんでしたがこの表情。
楽しんでください!

 

K氏がときめいたマンジュウヒトデ。

 

 

コクテンフグ、スジモヨウフグ、そしてシマウミスズメ。

 

水中仏像の後は、アカククリ。

 

 

ミツボシクロスズメダイの群れ。

 

ウミガメポイントをきょろきょろすると、いた!
けど、かなり小さい個体。
そして、浅瀬へ向かっていったのでこれ以上近づけず。

 

アカヒメジ

 

 

最後は、K氏の手を離します。
砂を巻き上げないよう上手にダイビング。
心地よい海だったので、1本目からがっつり潜ります。

 

2本目はバックロールエントリーです。
いろいろ経験していってくださいな。

 

雨季ですが、今日はきれいですー。
しかも新月・大潮なのに。
海のコンディションは、データで読めないことがいっぱい。

 

 

このK氏の安定感!
後ろにアシストAさんがいるので、店主も安心でした。

 

 

ニモ人口密度低すぎ

 

 

アカテンモチノウオの正面やばいです。
すきっ歯4本、宇宙人顔。

 

流れて来たので、様子見します。
この落ち着き、いいな~。

 

 

ウツボがウォールを泳いで来て、K氏の前で止まった(見つめ合い中)。

 

 

グルクマの大群が行ったり来たり。
そんな中、Aさんの落し物アクシデントで、一瞬焦りましたが無事ゲット。
早く知らせてくれて良かったです。ラッキー。

 

ダイビング続行・・ここは流れなし。
K氏、体験ダイビングに見えないんですけどぉぉ。

 

実は、お二人とも 元 JICA協力隊員でした!
Aさんはガーナ隊員、K氏はジンバブエ隊員、店主はインドネシア隊員。
店主のかーなーりー後輩になりますが、海外では思わぬところで OB/OGはよく出会います。
Aさんも、何も知らずに申し込みだったのでびっくりです。
やはり共通の知り合いもいたり、店主もびっくり。
世界は狭い。

 

上:200,000ベトナムドン(ホーチミンさん) = 約900円
下:100,000インドネシアルピア(スカルノさん&ハッタさん)=約900円

 

~”ゼロ”の多さ自慢~
東南アジアで桁が多いのは、インドネシアルピアとベトナムドンです。
やはり、ベトナム在住のお二人にとっては、ルピアはそれほど驚きがありませんでした。

しかも!ハイパーインフレで有名なジンバブエで活動をしていたK氏。
『ゼロが14個』とか言ってるので調べてみたら・・
ゼロ14個の紙幣がありました。
100,000,000,000,000 Z$ (読み方:100兆ジンバブエドル)
因みに
1米ドル=35,000,000,000,000,000 Z$ (読み方:3京5000兆ジンバブエドル)
さすがにお金が紙くず化して、あちこちに捨ててありました。
2015年ついにジンバブエドルは廃止になったそうです。
そんなお二人にとって、インドネシアルピアなんてへっちゃらですね。

楽しい一日をありがとうございました。
思わぬ出会い。

パダンバイ 体験ダイビング

0

大阪よりお越しのK氏&Hさん夫妻をパダンバイへご案内しました。
はじめまして~。
ご予約が直前でわらわらしました。
雨季とは思えない晴天。

奥様Hさんは、実はCカード保有者でした。
ご主人もグアムで体験ダイビングをやったことがあるらしく、余裕の体験ダイビングとなりました。

 

水面練習終えて、いざ潜行です。

 

本日のパダンバイ、場所によって波があり。
流れちょっと、水温27℃、透明度が5m~10m。
浮遊物がいっぱい。

透明度がちょっと残念・・・。
ですが、そういう日は周りの生物観察で楽しみましょう!
二人ともスムーズエントリーでした。

 

ヘコアユの群れ

 

 

おやすみ、アンナウミウシ

 

 

Hさんが好きなキリンミノ。

 

3人でときめいた全身で泳ぐ魚
チョウチョウコショウダイ幼魚

 

 

いろいろな群れが通りましたが、浮遊物が多すぎて写真は無理でした。
近くを通ったミゾレチョウチョウウオ。

 

珊瑚のカーペット

 

 

がっつり潜れました。
奥様Hさんも、やはり体が覚えていてダイバーでした。

 

 

2本目GOです。

 

ヒラベラ?テンス?幼魚
うねりのせいか、チンアナゴが姿なし。

 

 

K氏が好きだと言っていたスズメダイの仲間ゴールドベリーダムゼル。

 

ウォールの隙間にいたオトヒメエビ

 

 

2本目は手を離しても、この余裕。
ドロップオフは途中で流れがあり、戻ることにしました。
この他にも、クマノミ各種、ウツボ、ヘラヤガラ黄色、アカヒメジ群れ、クロユリハゼ、オスジクロハギ群れ、泳ぐウミシダ、コクテンフグ、シャコガイ、ナマコなどを観察しました。
2本目もじっくり生物観察でした。
お疲れ様でした。
K氏、ライセンスとった方が良いです!

 

店主のランチ・・ナシチャンプル
K氏とHさんは、ナシゴレンとミーゴレンでした。

昨日は、クタで体験サーフィン。
今日は、パダンバイで体験ダイビング。
アクティブなK氏&Hさん夫妻でした。
今日はありがとうございました。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

東京の某大学より卒業旅行で滞在中のNさん、Sさん、Mさん。
はじめましてー、みんなかわいい。
日曜日ということもあり、朝はあっという間にパダンバイへ。
そして、珍しく晴れている!

Nさんは、大学で潜水部。ベテランダイバーです。
2年前、その潜水部御一行様がバリ島で潜っていった時に、直前で数名キャンセルになってしまった学生の一人でした。
確かあの時は、首都ジャカルタでIS系の爆弾テロが起こって、親御さんに反対され泣く泣く参加できなかったんですよね。
2年前はテロの脅威でキャンセルでしたが、今回はアグン山噴火騒動の中でも来てくださいました。
バリ島、いろいろありますな・・。
キャンセルで凹むことが続きますが、時期がくればこうしていつか来てくださるってことを実感できました。

本日のパダンバイ
雨が続いていた割には海況よし。
波なし、流れちょっと、透明度10m、水温28℃

Nさんのゼミ仲間です。
SさんとMさんは、体験ダイビングです。
スムーズにエントリーできたガールズ3名。
いきなりウミヘビ観察でした。
Sさん、この後マスクに水が入っている気がして一人でてんぱっていましたが、すぐに落ち着きました。
実際は、一滴も水は入っていないのに(休憩中のいいネタになりました)。

 

体験の2名を見送り、潜水部のNさんと深場の沈船へ。

 

ヒレボシミノカサゴは暗いところを好みます。

 

 

イソギンチャクエビ(♀)

 

 

チリメンウミウシ

 

 

ヒョウモンウミウシ

 

 

仏陀様の顔にウミシダが・・・!
お気の毒仏陀様です。
うざいでしょうね。

 

軽いドリフトになりアカヒメジ・キンセンフエダイポイントへ。
コバンザメに乗られちゃっているブルースポットスティングレイもいました。
ファンダイブでがっつりでしたが、体験組も1本目からがっつりだったようです。
クマノミ、ヘラヤガラ黄色、ナマコ、ヘコアユ群れを見たそうです。

 

 

水面きらきらスマイル。
バックロールエントリーも上手でした。

 

 

2本目エントリー、余裕ありますね。

 

ダイバーNさん、たくさん体験組の写真を撮ってあげていました。

 

体験組がときめいていたジャノメナマコ

 

落ち着いてダイビングしていますネ。

 

 

ヒメオニオコゼが胸鰭開いてる。
開くと意外と美しい。

 

 

ヤッコエイ、ひらひら~

 

 

人気者ニモ、大中小が整列

 

 

Nさん、体験組の水中アシストも。
さすが潜水部。
この他にもハタタテハゼ、クロユリハゼ、小さなヒラメ、アオリイカ群れ(店主だけ)などを観察。
のんびり水中散策、楽しかった。

 

 

お疲れ様でしたー、快晴の中、無事終了。
太陽が出ていると気持ちいい。

春からそれぞれの道の進みます。
バリ島から応援しています。
今日はありがとうございました。

 

 

 

 

アメッド・パダンバイ 元旦ファンダイブ

0

明けましておめでとうございます。
今年2018年も安全に、楽しく潜るお手伝いをさせて頂きます。
宜しくお願いします。

朝6時、ビーチ集合で2018年潜り始め。
透明度が上がり15mぐらい。

 

元旦らしくクダゴンベ、おはよう。

 

 

オイランヨウジが珍しく砂地を離れていい感じ。

 

潜り倒しK氏、ツバメウオに並ばれる。

 

イロブダイの幼魚、おはよう。

 

 

腹ペコダイバーたちは、朝ごはんを食べて、早速 2018年2本目。
センテンイロウミウシ、突撃。笑

 

潜り倒しK氏のペット・ヘラヤガラです。
写真を撮る邪魔をするする。
食べようとするK氏。

 

 

なでられると喜びます。

 

漁礁にはコモンエビがいっぱい。

 

わお、コガラシエビ。
K氏、ありがとう!

 

 

忙しそうなアカシマシラヒゲエビ

 

元旦3本目は、パダンバイへ移動(1時間ちょっと)。
天気はかんかん照り。
ブルパラリピーター向けに、お馴染みの3人ショット。

パダンバイも午後からでもまだ海況よし。
透明度も12m~15m。
カエルアンコウ、そんな撮り難いところにいたか・・・。
店主のカメラが曇ってまずいぞーーー。冷汗

 

 

 

全く動じないカエルウオ。

 

 

 

ハナミノカサゴがいいところにいてくれました。

 

かなり小さいウミウシでした。
なんだろ?
このポイント、K氏にとってはニューポイント。
いろいろマクロが面白かったのですが、バッテリー交換を忘れ店主は終了。
あぁあぁ残念。

クダメツノガニ??

 

お疲れ様でした。
元旦から潜った潜った・・しかし、潜り倒しK氏とのマクロダイブは楽しい。
腹ペコダイバーの夕食は・・・サヌールに戻り一人二人前ずつ注文。
皆様、今年も宜しくお願い致します。

ファンダイブ パダンバイ

0

岡山よりお越しのK氏&K子さん、大阪からはKA氏です。
皆様はじめまして、そして、本日皆さん「K」ですわ。

南部はどんより雨上がりの空模様でしたが、パダンバイも今日はすっきりとは晴れず。
ただ、海況はGOOOOOODです。
波なし、流れなし、透明度10m~12m、水温29℃
穏やかです。

1本目、久々にブルーラグーンに入ってみました。
朝は湖のような水面!

奥にウツボ・・・巨大なのもいましたが怖すぎて近づけず。

 

予期せぬ子が・・・・オビイシヨウジ!
まだまだ小さくてヨタヨタ。
大人4名で、じっくり観察しました。
多分、店主の水中絶叫を皆さん聞いたはず。
棲みついてくれるといいなぁ。

 

オニダルマオコゼ

 

 

安全停止です。

 

アカハチハゼペアが仲良く定住しています。

 

ウミガメを探していたら、いた!
ちょっと遠いですが、小さい個体。
KA氏、初ファンダイブで初ウミガメです。

 

毎日、こんなに穏やかだと良いんですが。
アグン山は、時々おならのように煙を噴いていました。

 

 

小さな沈船へ。
これ皆さん大喜びでした。
トランベンのリバティ号を見たら感動でしょうね。
全長120mの貨物船ですよ。

 

沈船にキカモヨウウミウシ

 

 

仏像に手を合わせますが、今日は不思議なことが。
仏像の前に、お線香が落ちていました。
なので、写真のように珊瑚に挿してきました。
ボートからバリのお供え物が落ちたのかもしれませんが、仏像の前に落ちているとは・・。

 

K氏&K子さん、in クマノミシティ。

 

何種類もいて、水族館のよう。

 

潜水艦オデッセイ号が通ります。
KA氏、大興奮。初ファンダイブに見えません。
中の観光客が手を振っています。

 

気持ちいい~

 

 

またまたオデッセイ号。

アカヒメジ、チョウハン、ツノダシの黄色組が群れ群れ。

皆さん、日本を代表する大手でお勤めです。
車とお酒

 

 

本日のランチ・・・店主はいつもナシチャンプル。
今日はたんぱく質が多くて嬉しい。
デザートはパイナップル。
雨季はフルーツがおいしいので、バリ島でいっぱい食べていってください。

皆さん、今日はありがとうございました。

体験ダイビング&ファンダイブ パダンバイ

0

東京よりお越しのRさん&Hさん姉妹、はじめましてー。
ダイバーのお姉さんと体験ダイビングの妹さんです。
Hさん、な・な・なんと高校3年生。
店主は高校3年の時、ダイビングのダの字も知りませんでした。
うらやましいなぁ。

さて、早朝からやってしまったシスターズ。
バリ島時間と首都ジャカルタ時間が同じだと思っていた・・・。
1時間の時差があります。
送迎時間はまだ寝ていたのでした。
日本が7:00の場合、バリ島は6:00、ジャカルタ(ジャワ島)は5:00です。
時々、バリ島にいながら、スマホが勝手にジャカルタ時間を示すこともあるようなので、旅行先では現地のお店の時計で必ず確認しましょう。

そして、バリ島南部は丸2日間雨が止まず。
今日3日目の朝はまだ小降りでした。
近所カレー屋通りはこんな感じで歩けず。
向こうは25cmぐらいと深め。
道路で魚が泳いでいるのを見ることができます。
雨が止めばすぐに水は引くんですが・・・今年はよく降る雨季。

 

 

今朝のアグン山、煙が連続して出続けていました。

 

さて、パダンバイは雨もなく乾いていました(2日間は降った)。
途中は太陽が出てきて、姉妹も大喜び。
せっかくのバリ島ですからね。

Rさんは1年ぶりのダイビング&高校3年のHさんも無事エントリーです。
あんだけ雨が降った割りには、意外と水中はよかったです。
波なし、流れ少し、透明度5m~12m、水温28℃

 

 

アンナウミウシ集合
クマノミ、ハリセンボン、スジモヨウフグ、ヘコアユ群れ、タイワンカマスの群れなど。
Hさんは、コバンザメに付かれていました。
潜水艦も見ましたね。
姉Rさんは、水中写真をたくさん撮ります。

 

 

未来いっぱいの高校3年生。
おばちゃんは羨ましいぞー。
国際協力にも興味あるそうな・・・相談にのります!

 

 

水面休憩中、姉妹はスノーケリング。
元気いっぱい。

 

そして、2本目は余裕のエントリー。

 

 

人気者ニモ

 

 

カイメンの中を覗きます。

 

全身で泳ぐ魚・チョウチョウコショウダイ幼魚。
Rさん、撮れたかな?

 

 

いつも伊豆で潜っている姉Rさん。
水中はニコニコスマイル。
ぴったり付いてきます!

 

シチセンチョウチョウウオ

 

 

アカヒメジ・・・あっちにはキンセンフエダイ

 

最後は軽くサンゴ上をドリフトダイビング。
気持ちいい!
タコ、ウツボ、アカククリ、ヘラヤガラ(黄)、キツネフエフキなどを見ました。
ちょっと長めの体験ダイビング。

 

無事終了!

 

 

本日の日替わりランチ。
デザートはパイナップル。

 

 

リクエストで、果物屋さんに寄り道です。
マンゴスチンは見つからずでしたが、マンゴー2キロ、美容効果ありのドラゴンフルーツをゲットしていました。
バリ島で益々きれいになっていってください~。
今日はありがとうございました。

ファンダイブ パダンバイ

0

スラバヤのT子さん2日目。
少し日焼けで、どんどんかわいくなってゆきますー。
アームを右側に付け替え、水中写真を撮ります。

アグン山から、水蒸気爆発の煙がまた出た(さっきはなし)。
昨日より煙が白く、雲と同じ状態で流れてゆきます。

本日の海況、波なし、流れなし、透明度8m、水温27~28℃。
昨日より穏やかですが、透明度が若干落ちてきました。
南部は雨ぽかったですが、パダンバイは晴天。

 

ヒレグロコショウダイ幼魚
近くにコロダイ幼魚も。

 

イボヤギミノウミウシの黄色!
昨日は、オレンジでした。

 

コバンザメがダイビング中、ずっとまとわりついてきました。
かわいいから許す。

 

ヘコアユにヨロイウオが混じっている気がする・・。

 

アイドル・ニモ
ボラの群れ、タイワンカマスの群れ、チョウハンの群れ・・

 

 

T子さん沈船をゆく~。

アカヒトデ、体位を変えたいようです。
スローモーション

 

 

セソコテグリ?

 

お休み中のコイボウミウシ
この他にもアデヤカミノウミウシ、チリメンウミウシ、ヒョウモンウミウシ、アオスジリュウグウウミウシ・・・。

 

チョウチョウコショウダイの稚魚。
チビすぎる。

 

 

砂地を離れて浅瀬で安全停止。
チョウハンの群れ、アカヒメジの群れでうじゃうじゃでした。

 

こういう世界を見ていると、昨今の世界情勢があほらしくなります。
ヒトなんだから、うわべ仲良く暮らせるはずなんですけどね。

 

のんびり&がっつりT子さんとの2ダイブ(実質3ダイブ・・笑)。
昨日より写真が撮れたとのこと!
本日のランチ(シーフードver.)、うまーい。
10月は、アグン山の影響でバリ島を断念したT子さん。
今回は、強行で来てくださり、現地が安全であることをわかってくださったはず・・。
2日間ありがとうございました。

 

 

 

 

ファンダイブ テペコン・パダンバイ

0

先週末から5日間の予約が全てキャンセルで、心が凹んでおりました。
アグン山がちょっと噴火したら、空港が閉鎖ですよ(閉鎖は2.5日で、現在はいつも通り運行中)。
ニュースが世界中に報道され、あっという間にキャンセル。
タイミングが悪すぎでした・・・はぁ~。
ただでさえ、アグン山報道で9月末から予約・問い合わせが入りにくい状況が2ヶ月も続いているのに・・。
その後は、煙も止まり静かでした。

っが、今朝、ダイビングへ向かう途中、また煙が出てきた!
白っぽいので水蒸気爆発なのか。
でも、風ですぐに消えます。
ゲストの皆様と写真を撮ります。

 

本日のゲストは、リピーター様スラバヤ組。
K&M夫妻とT子さん。
ベテランダイバーの皆さんなので、リクエストでテペコンへ。
波なし、流れ途中からあり、水温27℃、透明度10m。
テペコンが透明度悪いのはちょっと残念。
ムスジコショウダイの群れ、アカヒメジの群れ、コブシメなど。

流れてるし、ウミガメちゃんもお休み中。

 

 

トサカリュウグウウミウシの体型が好き。

 

 

だいぶ壊れちゃいましたが、サンゴはまだまだきれいです。
あっちへ行っても流れ、戻っても流れ、三角コーナーから出られない状態。

 

エキジットすると、またアグン山が煙を出しはじめました。
T子さん、半水面写真を撮るなんてグッドアイディア!
店主も真似!
夕方まで4回爆発があったそうですが、全て観察できちゃったかも。
7日夜から爆発が始まったそうです。

 

 

マクロダイブの桟橋 Jetty を見学。
噂通り、西側90度に桟橋を造り直す工事が始まっておりました(波直撃になりますが、大丈夫なのかな)。
作業船が桟橋にくくりつけられ、重機も入ってますし、土台の大きな石がごろごろ。
ボーリング作業もやっているようですね。
いいポイントだったのに、残念だぁぁぁ。
桟橋に生息していた生物たちはみんなどこに移動するんだろう・・。
もうしばらく潜れませんね。

そんな訳でパダンバイへ戻ります。
ダイバーが少ない!
波なし、流れ少し、透明度10m、水温27℃

よくオブジェに使われるシラナミイロウミウシ。

 

わーい。スパングルドシュリンプゴビー!

 

動きが活発すぎるオニダルマオコゼ。

 

 

イボヤギミノウミウシが2個体、パダンバイにいるのねー!

 

捕食中のシボリイロウミウシ

 

 

ご主人のカメラで参戦のT子さん。
右手が痛くなってきたそうな。
アームの位置??

 

 

オトヒメウミウシ

 

立派なクギベラの雄2匹がおっかけっこ。
動きが速すぎ。

 

 

K氏、ついにウェットスーツを作りました。
マンボウ撮影の時、懲りたそうです。
昔はもっと寒さに強かったんですけどね。笑

ランチ食べて、3本目
波なし、一部流れあり、水温27~28℃、透明度10m

アオスジリュウグウウミウシ

 

 

ハスエラタテジマウミウシ

 

ハダカハオコゼの根。大繁殖中。
この2匹、不思議な行動。
下の子はずっと寝ていて、白い子の口には何かくっついています。
脱皮を手伝っているのか、交尾なのか不明。

 

ヒブサミノウミウシ

 

 

カエルアンコウ走る走る~カワイイ!
走ると意外と速い。

 

 

皆さん、写真はいかがでしたか??
ベテラン組は、ロングダイブ・・・お疲れ様です。

打ち上げは、久しぶりにイタリアン・マッシーモ。
明日はK氏のお誕生日おめでとうございます。
ということで、赤ワインをご馳走になりました(ここに帰国しちゃったスラバヤA女史がいるべき)!
K夫妻、ウェットスーツ寄贈ありがとうございます。
大切に使わせて頂きます。
皆様との楽しい一日で、店主は少し元気になりました。
皆様に感謝。

日帰り3ダイブ パダンバイ

0

8月に初めてご一緒させて頂いたジャカルタ在住のM女史。
前回は、1日目しか一緒に潜ることができませんでしたが、今回はマンツーマンでじっくりです。

本当は・・・
今月、駐在海仲間を連れてヌサペニダツアーを企画してくださっていたのですが、アグン山の問題で「11月バリ島ダイビング」ぽしゃってしまいました。
そのお詫びで、一人で飛んできてくださりました。
お仕事柄か、とてもバリ島経済について心配してくださっています。
その気持ちがとても嬉しいです!

本日のパダンバイ、海況悪くないですが、透明度が落ちてきています(若干グリーン)。
波なし、流れ一部&3本目、水温28℃、透明度10m
天気は快晴、そして新月大潮です。
M女史は、新ウェットスーツだったので1キロウェイトを増やしてGO。

ハナミノカサゴ幼魚

 

 

ドロップオフは一部流れがありましたが、無事通過!!

 

このコバンザメと一緒に1ダイブしました。
最初から最後まで。

 

肉眼で色は見えないミヤケテグリ

 

 

この中にハダカハオコゼが4枚

 

 

こちらはハナミノカサゴ稚魚。ちっちゃいーーーい。すてき。

 

サビウツボ&クマノミ・・・にぎやか~っ

 

M女史はお初のオオモンカエルアンコウ
真横でどすこい。

 

 

ミノウミウシいっぱいです。チリメンウミウシなんかも。

 

 

今日は、すっかり生物観察モードに入ってしまったM女史。
70ダイブを越えてマクロ派に転向?

 

アカハチハゼがくっついて怪しい行動。ふふふ

 

気持ちいいエキジット!!
今日はダイバーが少なくていい。
M女史は、雲に隠れているアグン山に向かって手を合わせます。

 

 

店主がお客さんに見える??
M女史、男前すぎる~。

 

引き潮で流れを期待して、3本目はジェプンへ。
沈船、仏像を見て軽いドリフトダイビング。

フグの100倍猛毒というソウシハギ。

Mさん、こういうドリフトダイビング、かなり気に入ってくださいました。
次回は、ヌサペニダの特急ドリフトやりましょう(上級者限定)。

これまで地形や大物好きだったM女史、今日は水中での新たな楽しみ方に気づいたようです。
水中写真、やりましょう!
じっくり3ダイブ、ありがとうございました。
透明度はいまいちでしたが、店主もご一緒させて頂き楽しかったです。
ガールズで、打ち上げディナー行ってきます。

ページのトップへ