Posts tagged パダンバイ

ヌサペニダ&パダンバイ ファンダイブ

0

東京よりお越しのIさん&Nさん、はじめまして~。
大学4年生・潜水部女子です。
リクエストでヌサペニダへ。
去年、潜水部の先輩たちが飽きるほどバリ島でマンボウを撮っていったんですよね。
ラッキーすぎる先輩たちのことを店主も忘れられません。

本日のヌサペニダ、海況よし。
穏やかになりました。
波なし、流れちょっと、透明度20m、水温25℃~26℃。
天気も良く、全然寒くない!

マンボウは、出そうで出なかったです。
マンタは、エントリー直後から、コンスタントにやってきました。
ブラックマンタも通りました。

それにしても、先日の高波で浅瀬珊瑚は壊れてるね・・。
小さな根まで消えている始末・・。
自然はすごいな。

 

水面が怖いほど、たーくさんダイバーが集まっていました。

 

2本目はサメからスタート。
店主的には、本日一番嬉しかったかも。

 

 

だって久しぶりのイヌザメ!
子イヌザメが見たいですー。
水槽でしか見たことありません。
珊瑚が先日の高波で無くなってしまったので、隠れるのも大変なんでしょうね。

 

マンボウは探すも不在。

 

ウメイロのクリーニング

 

Iさん&Nさん、やっほ~っ状態。

 

ウミガメは本日4匹。

 

3本目、浅瀬で移動中のマンボウをゲッツ。
15秒ぐらいでしたが、確かに見ました。

 

マンボウ後は、ナポレオン親子も。
立派なイソマグロ、ロウニンアジ、ウミガメ・・・。

 

ゴージャス珊瑚・・・パープルビューティやメラネシアンアンティアス。
個人的には、クギベラちゃんも。

 

潜水部なので、この若さで経験本数3桁。
水中で見ていても安心感。

 

 

ニセフウライチョウチョウウオの群れが前からやってきます。
どこ行くの?

 

水中も陸上もボートでも、明るい女子でした。
お疲れ様です、上がりましょう。
3ダイブ無事終了。
穏やかすぎるヌサペニダでした。

そして、パダンバイで潜っておられた名古屋よりお越しのMさん。
1年ぶりのダイビングだとか。
パダンバイの海況は、昨日に引き続きGOODだったそうです。
マンツーマンでのんびりダイビング。

皆様、今日はありがとうございました。

海洋講習 パダンバイ

0

R氏とSさんの講習2日目は、パダンバイです。
昨日はプールでしたが、今日は海。

二人は、ブルパラ近所に宿泊中。
スイレン、大好き!
ほんと和みの花だと思います。

 

独立記念日前の風物詩。
これはインドネシア全土で見られます。
小学生女子ですかね?

 

講習ですので、自分で全て準備。

砂に気をつけてくださいね。

 

パダンバイはボートがたーーーくさん出ていました。
海況抜群。
やっと波が消えました。
流れなし、うねりなし、穏やか、水温27ー28℃、透明度よし。
晴天でダイビング日和となりました。

Sさんが、ちょっと風邪気味なので、本日の2ダイブは軽く行いました。
耳も抜けにくかったですね。
ただ、中性浮力や姿勢がお二人とも、もうコツをつかみかけてきたのが見えました。
R氏も1本目は疲れた様子でしたが、2本目は楽にダイビングができたそうです。
ちょっとしたことで、快適になるんですよ~。

各種フグ、クマノミ、アオヤガラ、ゴンズイ、キリンミノ、ツノダシ、ロクセンスズメダイの大群などを観察しました。

日本を担う若者たちと・・。
太陽が気持ちよすぎーーー!
初のログ付け、学科試験も難なくクリア。
お疲れ様でした。

パダンバイ ファンダイブ

0

昨日、奈良O氏ファミリー13名様は、ジンバランからウブドへ大移動。
うちのスタッフたちが大変お世話になりました!
そして、本日はO氏とパダンバイ3ダイブです。
真っ暗な早朝、サヌールを出発してウブドへ。
早朝だと、40分で到着。

パダンバイは昨日よりギリ行きのスピードボート運行が始まったそうで、少し外国人が戻っていました。
といっても1日1便で、ギリからはまだ客がない状態らしく客足はまだまだといった感じ。

本日の海況、昼ぐらいから穏やかになってきました。
1本目、まだ人がいないドロップオフへ。
波少し、流れ途中からあり、うねり大、透明度8~10m、水温26℃
浅瀬が濁ってる・・。
あーだこーだ言いながらの水中写真ダイブGO。

O氏が見たかったハダカハオコゼだらけの根。

 

紫のニライカサゴ

 

大きなうねりも気にしないO氏

 

きゃ~、ミヤケテグリのペア

 

フサカサゴかな?
人差し指を岩に置こうと思ったら・・口でした。冷汗

ビアストゥゲルが荒れている模様だったので、2本目・3本目はジェプンへ。

ダイバーはジェプンに集結で水面は混雑。

ただ海況はなかなかで、波なし、流れなし、透明度12m~15m、水温27℃。

O氏、今日はGOプロなし。

カメラ1本勝負。

 

今日もウミウシいっぱいでした。

 

ハナヒゲウツボの幼魚。
隣に成魚もいます。

 

腰ふりふりのイソギンチャクモエビ

 

キイロサンゴハゼ、ここに2匹。
O氏はばっちり撮れていましたね。

 

アカホシカニダマシとちっちゃな仲間たち。

 

大迷惑ダイバーが通る!
真っ白で何も見えません。唖然。
インストラクターが全く注意しない(というか生徒?を見ない/振り返らない)ため、結局店主が注意するはめに・・。
無責任すぎるインストラクター。

 

昼ごはんをもりもり食べて、3本目。

 

ネッタイミノカサゴの幼魚。
ちっちゃーい。

こちらは立派な大人たち。あくび中。
きれいなものには毒があるです。

 

 

顔はかわいいんだけどね・・・毒針があるので要注意(背びれ・胸びれ)。

 

 

シモフリタナバタウオ!美しい。

 

 

オニダルマオコゼ・・・根に登れたんだ。
2ヶ月ぐらい前は下に住んでいましたが。

 

O氏と安全停止中

アカヒメジだらけ。
この他にも、テンス、モンハナシャコ、各種ウミウシ、タコ、サラサハタ、フラッシャーラス、ピンクスクワットロブスター、タテキン幼魚、ミナミハコフグ幼魚、ヘリゴイシウツボ、ガンガゼエビなど。

3本とも60分超え、お疲れ様でした。
それにしても、水中移動距離がほとんどない日!笑
O氏より、こういうのんびりじっくりダイビング最高!とのお言葉を頂きました。
マンツーマンですしね。

 

 

後片付けして、ウブドへ移動です。

胡蝶蘭、日本でかなり高いお花。
バリ島のホテルではよく見かけます。
見ているだけで癒されますー。

19:00、やっとサヌール着。
帰りのウブドーサヌールは1時間半もかかってしまいました。
早朝は40分だったのに・・。あぁあぁ、腹ペコすぎる。

O氏、ダイビングや車チャーター、ありがとうございました。
楽しかったです。
また9月の連休お待ちしています。
ありがとうございました!!

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

東京よりお越しの3女子チーム。
皆さん、はじめまして。

 

幼稚園の先生チームです。
朝からノリがいい~。
皆さん、覚えましたね!
イ語:Guru TK 【ぐる てーかー】

 

本日のパダンバイ
波あり、流れあり、透明度8m~15m、水温22℃~27℃。
なかなか難しい海況!
しかし、女子は明るい。

店主は1本目、KさんとSさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
ブイがないとエントリーが難しい状況でしたが、ちょっと遠い。とほほ。
女子頑張って水面移動。
「一人ずつボートからボートへ渡る」、と言ったものの聞かない女子が約1名。笑

そして、ブイまでたどり着くと、みんな手が痛い。
なんとブイの水面下に白ガヤが・・・。

その後、「一人ずつエントリー」と言ったものの聞かない女子が約1名。
一人エントリーさせて、もう一人迎えに行こうと思ったら、振り返るとなんと一人で無理やり潜行してきてる!
BCDの空気を抜いてないのに2mぐらいまで降りて、満面の笑みでOKサイン。
すごーい、笑える~。

とどめに、彼女のフィンがなくなりました。
そこは視界が悪くフィンが見えない。どこだ??
水面ですぐに見つかったので良かったです。
船頭さん、ありがとう。

二人とも水中では落ち着いてとても上手でした。
視界が悪い浅瀬で、流れが変わりまくり、あっちへ行ってこっちへ戻ってのダイビング。

 

 

寝ているスジモヨウフグ、ニモ、クマノミ、ハナビラクマノミ、アオヤガラ、ヘラヤガラなどを観察。
二人とも「これ好き」ハンドシグナルの出しまくりでした。

女子はたくましい。

ファンダイブのA子さんは、写真を撮る気満々だったのに20枚ぐらいしか撮れなかったそうな・・・。
なんと「メモリーがいっぱいです」表示。
リクエストだったミナミハコフグの幼魚を見たのに、撮れずだったそうです。
深場は22℃まで冷えたそうな・・。

水面移動中、3人のリクエストだったウミガメ発見。
呼吸をしに水面で顔を出していました。

2本目は波が小さくなったブルーラグーンへ。
水面がばたばたしている割には、暖かくて、透明度もなかなか。

3女子で水中記念

 

休憩中に100枚ほどデータ削除をしたA子さん。
今度はがんがん撮ってください。

 

オジサンもクリーニングされます。

 

ハダカハオコゼが、らぶらぶ中。
根の中は、砂山ができてしまい狭くなってしまいました。
ハダカハオコゼたちはみんな外にいました。
最近の大波続きで、あちこち砂紋もいっぱい。

 

ドロップオフの深場で大きなコブシメ。

 

流れもなく穏やかなウォールでした。

 

深度を上げていくと体験ガールズ。
上手に潜ってますね。
ウミガメを見たそうな。

 

下はハナタカサゴの群れ。上はグルクマの群れ。

 

ウミヘビちゃん

 

またまた大きなコブシメ。
子供コブシメもいました。

 

小さなゴンズイ。クロユリハゼも撮れたかな・・?
お疲れ様でした。マンツーマンがっつりダイブ。

 

 

お疲れ様でした!
本日はダブルA子。

まだギリ島行きスピードボートが出発できないので、パダンバイの道路はがらがら。
いつもこうだと良いですが・・。

パダンバイが渋滞じゃなくても、幹線道路へ出るとやはり大渋滞。
大きなお葬式に遭遇して、20分~30分は動けず。
車から降りて、写真撮影。

 

うわー、これは何?

海での武勇伝、笑えますわ。
1本目は難しい海況でしたが、無事終了。
笑う場面いっぱいで、楽しかったです。
皆様、今日はありがとうございました。

 

パダンバイ 体験ダイビング

0

埼玉よりお越しのI氏とO氏で、リクエストのパダンバイへ。
パダンバイに入ると、いつも大渋滞なのに、スピードボート客がいないため道路はガラガラ。
最高!道路、こんなに広かったのね~。
天気も良くて気持ちいい。

I氏はCカードをお持ちだったので、O氏の体験講習からスタート。
海況が悪い予想でしたが(バリ島全土)、本日パダンバイは意外と良し。
波少し、うねり少し、流れなし、透明度8m~12m、水温27℃。

すんなり入ったI氏とO氏でしたが、ダイバーであるI氏が不調を訴えて来たのでお休みすることに。
体験の方の訴えと、ダイバーの訴えは違います。
ってことで、O氏と二人でGO。

入った直後、ニモと写真を撮ってくれというO氏。
今、初めてダイビングしたとは思えません。

 

インド洋固有種のイエローリボンスイートリップ(コショウダイの仲間)。
バリ島では、よく見られますね。

 

ケショウフグ幼魚~とけそう・・かわいい。
最近ずっとここにいます。

 

 

最後は手を離してみます。
体験ダイビングとは思えないO氏。
アオヤガラ、ヤッコエイ、オヤビッチャ、カスミアジ群れ、大きなナマコなど観察。

 

まったり水面休憩。
水温27℃&太陽で、全く寒くない。
欠席だったI氏、体調不良に加え酔いも来て本当はヘロヘロ状態です。

 

2本目も残念ながらダイバーI氏は欠席。
O氏とマンツーマン体験ダイビングへ。

1本目より更に海は穏やかに。

キンセンフエダイの群れ。

このようなさんご礁があちこちに点在しています。

 

サザナミヤッコ、たくさん見ました。
ほかにタテジマキンチャクダイ、アデヤッコも。
下の方には立派なアカククリも。

 

ムレハタタテダイ来た~~。

 

さすがスポーツマン。体が鉄タイプ。
ウェイトを4キロにしてもまだ沈む・・。
こんなに潜れるならライセンス講習を受講した方がいいです。

うひゃー。タコやクギベラもいました。

 

最後はアカヒメジ群れ。残念ながら、今日はウミガメ不在。
暖かいので、ついついロングダイブ。
お疲れ様でした。
I氏は、浜でだいぶ回復していました。
良かった!

 

まだ道路には大型トラックが並びますが、渋滞にはなりません。
週末まで高波は続きそうです。

I氏、O氏、今日はありがとうございました。
また一緒に潜りましょう。

 

 

ヌサペニダ ファンダイブ 祝エンリッチ/パダンバイ 体験

0

昨日に引き続き、皆さんの2日目。
ファンダイブ組は、ヌサペニダへ。
体験ダイビング組は、パダンバイへ。
店主は、ヌサペニダを担当させて頂きました。

1本目 マンタポイント
波少し、うねり少し、透明度8m~15m
マンタポイントにしては良いコンディション。
ただ、冷たい~。水温21℃。
本日も皆さん、ナイトロックスで潜ります。

エントリー直後にブラックマンタが通ってゆきました。
皆さん、興奮。
いやー、K氏、ショートでしたがウェットスーツを着てくれて良かったです。
さすがにK氏も寒かったとのこと。

 

浅瀬にマンタが全然現れないので、深場へ。

ヨスジフエダイの群れ。

20mを行ったり来たり。

 

今日のマンタはほぼ不在でした。

さすがに皆さん寒かったようで、エキジット後は震えました。
天気が良かったので、ぎらぎら太陽と熱い日本茶で割とすぐに回復。

2本目、マンボウ探しに行こうかと思いましたが、流れがあったのと冷たそうなのは想像がついたので暖かいポイントへ変更。
ということで、SDへ。
波なし、流れ中程度、透明度18m、水温28℃。
温泉みたいです。シアワセ。
K氏は、本日も2本目は欠席。

クマザサハナムロびゅーーーーーーーん

 

 

大きなナポレオンにカスミアジがくっついています。

 

 

快適なスピードのドリフトダイビング。
E氏とS氏も流れに乗りながら、写真や動画撮影。

 

ハナダイもスズメダイもうじゃうじゃ。
珊瑚びっしりです。

 

いつまでもこの珊瑚が元気でありますように。

 

7,8分に1回は、ウミガメと遭遇でした。
タイマイとアオウミガメが、交互に現れてくれました。

 

顔はロウニンアジ、でも体が小さい?・・・・3匹。

 

E氏&S氏、上がりましょうか。
こういう海はストレスなし。
お疲れ様でした!

 

~ ビーチのわんこ ~
暖まりたい気持ち分かるわぁぁぁ。
最近、朝晩冷えるし。

サヌールのビーチに戻って、3名様はエンリッチドエアダイバーSPの筆記試験でした。
もちろん、皆さんハイスコアで難なく合格。
おめでとうございます。

 

2日間ありがとうございました。

 

もう一組は・・

体験ダイビング2日目のK氏とE子さんご夫妻。
波少し、流れ2本目、透明度15m、水温24℃~
1本目は潜水時間47分でしたが、2本目は寒さで30分で切り上げたそうです。
E子さんは平気だったようですが、K氏には寒すぎたようです。
でも、K氏の大きなコブシメ(コウイカの仲間)写真ばっちりでした。
雄雌並んでいる写真も!
今、ちょうどコブシメシーズンです。
お土産、大切に頂きます・・・。

皆様、2日間ありがとうございました。

体験ダイビング パダンバイ

0

群馬と長崎よりお越しのAさん&Mさんです。
はじめましてー。
何つながり?と思ったら、鹿児島県奄美大島で同級生だったそうな。
奄美大島、行ってみたいー。

今日も南部はどんより厚い雲の中、出発。
パダンバイでは、大型トラックがフェリー出港できずに長蛇のパーキング。
ってことで大渋滞。しかもパダンバイに入ると大雨。
とほほ・・・しかも、Aさん&Mさんは雨女。
笑うしかありません。

天気を文句言っても仕方ないので、レストランで雨宿り時間は体験ダイビング講習をみっちり。
お二人とも、アクシデント環境適応能力が高そう。これ大事!
Aさん、実はダイバーでした。
ブランクがあるのでゆっくり行きましょう。
雨が小降りになったので、海へ出ます。

本日のパダンバイ、波少し、流れ少し、うねり浅瀬あり、透明度8m~15m、水温26℃。
深場はそこそこ抜けています。
Aさんはダイバーなので、すぐに勘を取り戻しました。
体験Mさんは、水面でびびりましたが、水中に入るとすぐにリラックス。

潜水艦オデッセイ号、仏像、クマノミ、サザナミヤッコ、ツノダシ、ウミウシ、スジモヨウフグ、タコなど観察。
ここは、コブシメ(イカ)の卵がいっぱい詰まっています。

 

また大きなコブシメがじーっとしていました。
ブリーフィングでお伝えしておいたので、ETをやりました。

 

奄美大島時代の同級生、いいですね~。

水面休憩は、雨は止んだものの太陽は全く姿を見せず。
Aさん、酔い止め服用していましたが、酔ってしまいました(酔いやすいんだとか)。

ゴージャス珊瑚

 

 

波酔いだったAさん、2本目も普通にエントリー。
水中では酔いも消え元気いっぱい。ヨカッタ!

 

2本目ともなると慣れて、積極的に生物観察。

 

大きなネズミフグ。

 

みんなで探していたウミガメ様。
いてくれて感謝。やっほ~!!

 

ウミガメ様、気をつけるんだよ~!と水中で叫びました。
今朝出発前に読んだ悲しすぎるニュース

閲覧注意:店主は直視できません。涙

 

 

みんなのアイドル ニモ(カクレクマノミ)

 

アカヒメジの群れ

 

同級生二人でじっくり潜れてよかった~。
ウミガメはラッキーでしたね。

 

アメニモマケズ、ジュウタイニモマケズ、ヨイニモ、カンキノサムサニモマケナイ、ジョウブナカラダヲモチ・・・・
そんな、たくましいガールズでした。
さわやかな若者で、日本の未来は明るい。
今日は同じ時間&感動を共有できて良かったです。
ありがとうございました。

 

パダンバイ ファンダイブ

0

東京よりお越しのYさん&Sさん、はじめまして。
残念ながら、天気はどんより出発。
バイパス途中で雨が降り出し、ゴアラワ手前から、火葬やお祈りなどで渋滞。

パダンバイに到着すると雨は降っていませんでしたが、今にも降り出しそうな感じ。
そして風が強くて、陸上ですでに寒い・・。

Yさんはダイバーですが、お友達Sさんの体験ダイブと一緒に潜ります。
ところが、体験Sさん、1mほど潜りましたがギブアップ。
1本目、お休みすることに・・。残念。
ってことで、急遽、Yさんとファンダイブになりました。

本日の海況、水面は風でバタバタ。
ですが、水中は流れもなく、透明度15m、水温28℃でGOOOOOOOOOOOOD!
Yさんと沈船、仏像、潜水艦オデッセイ号を見ました。
漁礁には、生物もいっぱいです。

キンセンフエダイの群れ。

 

最後に大きなコブシメが一匹。
動かないので、そろそろ産卵でしょうか。

 

結構長く観察したのですが、Sさんは途中までイカだと思わなかったそうです。
謎の生物だったそうです。

 

でか~っ。
ロングダイブ、お疲れ様です。

 

こういう風の強い日は、水中の方が温かいです。
休憩中の後半から、やっと太陽がお目見え!!

悩みましたが、Sさんは2本目もお休み。
一緒に潜りたかったです・・。

2本目も水面はばたばたですが、水中は更に穏やか。
海の方が温かい日。

最近増殖しているアオスジリュウグウウミウシですが、交接中に遭遇。
ラッキー!
絡まりあって、くねくねして、転がりまわって、とても激しい。
こちらもYさんとじーーーっくり観察。
面白かった!

 

ハダカハオコゼも増殖中。

 

グルクマの群れはずっと一緒。

ボラの大群、オグロクロユリハゼ、ハタタテハゼ、チンアナゴ、ハナヒゲウツボの幼魚などを観察。
Yさんは、移動中のウツボを見たそうです。

 

2年ブランクがあっても、ばっちり覚えていますね。
お疲れ様です。
ビーチに戻る移動中、ボート近くで波の合間にウミガメ発見。
甲羅もばっちり、顔も上げて、みんなと目があった!
Sさんは潜りませんでしたが、ウミガメゲットでした。
ウミガメちゃん、ありがとう~。

 

 

最近のパダンバイは道路工事も重なり、渋滞がひどい・・。

ここでも、お葬式行進まで入り、結局50分近くパダンバイから出られなくなりました。涙
しかも、Yさん&Sさんは、次のホテルはウブド。
パダンバイーウブド、今日は1時間15分。
ここまではまだ良かったのですが、ウブドーサヌール最悪。

 

すべての道が渋滞。詰まる→ノロノロ→止まるの繰り返し。
特に何かあった訳ではなく、常態化しているんでしょうね。
T字路は止まってしまいます。
そろそろやってくるO氏が予約したいレストランだ。

 

やっとバイパスへ出ると、これ。
神様前なのに止まってしまいます。

 

とうもろこし号。
芸術的な詰め方で、地味に感動。

 

神様後も全く車が進まないので、急がばまわれ作戦でパダンガラックビーチを走ります。
凧揚げ広場。

 

サヌールバイパスへ出てみると、今度は反対車線が超渋滞。
また祭事行進かと思ったら、何か違う。楽しそうに踊ってる。
バリ人が正装していますが、バリヒンドゥーじゃなくてクリシュナですーーー。
恐るべし、バリ道路事情。
結局、ウブドーサヌールは2時間。

Yさん、Sさん今日はありがとうございました。
明日のウブド、晴れること祈っています。

パダンバイ 体験ダイビング

0

東京よりお越しのMさん、Gさん、Hさん、はじめまして。
今日は、三女子をパダンバイへご案内しました。

群馬時代の同級生だそうです。
みんな明るい~。

 

 

皆さん体験ダイビングの経験がいっぱい。
なので、1本目からバックロールエントリー。

水は全く怖くないのですが、約2名、事前に聞いていた通り、耳抜きに苦労。
でも、無事エントリー。
本日のパダンバイ、波少し(昼にかけて大きく)、流れなし、透明度15m、水温28℃。

 

耳抜きに苦労したGさん、Hさんは浅めに進んでいましたが、結局は10mぐらいまで潜れていました。
店主は、GOプロを持ち込んだMさんと、じっくり生物観察に集中です。
あたたかいっていいわぁ。

 

クリーニングされて気持ちよさげ。

 

キンセンフエダイの群れ。

 

耳抜けてよかったですね。

 

最後は、久々のゼブラウツボ。
三女子はヘビだと思ったそうです。

2本目も水面は、少々ばたばたしていましたが、水中は穏やか。

店主のバディ、GOプロのMさん。
体験なのに、この安定感です。

 

 

2本目、Gさんの耳抜きが益々大変になり、一度は入りましたがやめておくことにしました。
ってことで、あれはHさん。
Hさんも潜行に時間がかかりますが、時間かければ潜れるタイプ。

 

うひゃー、オヤビッチャの群れ~

 

たたずむツバメウオ

 

 

噂していた潜水艦オデッセイ号と至近距離でした。

 

今、ちょうど時期ですが、コブシメの産卵と遭遇。
これはラッキーでした。
ここ数年、連続で毎年見れているかも・・。
オスも近くにいて見守っているんです。

 

タマゴびっしり。
がんばってるねー。
店主はこういうの見ると感動で泣きそう・・。

このうち何匹育つのでしょうね。

ここのポイントはニモ(カクレクマノミ)だらけ。

 

 

ヘリゴイシウツボ!

 

オオスジヒメジのクリーニング中。

 

Mさん、海が大好きなんだそうです。
ものすごい安定感。
ってことで、がっつり潜って頂きました。
時間がとれれば、ライセンスをとりたい皆さんでした。

無事終了☆ビーチきらきら記念
のんびりしすぎて、南部着はいつもより1時間遅れ・・。
皆様、今日はありがとうございました。
楽しかった。
滞在中、困ったことがあったら連絡くださいね。

 

祝ダイバー!パダンバイ

0

ジャカルタN氏、講習最終日です。
連休で皆さん帰られて、今日はのんびり。

 

パダンバイに到着しても、曇り時々雨。
昨日からバリ島各地で、季節はずれの雨。

昨日はビーチエントリーでしたが、今日はボートダイブ。
プールで練習したように、上手くエントリー。
波酔いしないうちに、さっさと潜行。
本日のジェプン、波あり、流れなし、透明度8m、水温26℃。
透明度が悪いのは残念ですが、講習には良かったです。

オープンウォーターダイバーの水深18mにもチャレンジ。
小さな沈船があります。
エア管理頼みますよ。

 

N氏感激の仏像

 

モンジャウミウシ
こう見えても貝の仲間です。

 

寝ているスジモヨウフグにそっと近寄る。

 

クリーニング中のウツボ

 

波があって白っぽいですが、浅瀬は明るかったです。

 

 

N氏、仏像に何をお祈りしたのでしょう?

 

ラストダイブですが、最後まで気合入れてゆきましょ。

 

2本目、ドロップオフ
波少し、流れなし、うねりあり、透明度15m~18m、水温つめたい

着底禁止のフリー潜行やエア切れスキルを終え、水中散策へ。
中性浮力は講習中とは思えないほど上手いので、プラス、水中生物へのアプローチ法を伝授しながら進みます。
マナー良く、かっこよく、間近で生物を見るために。

初のウォールへ。
コクテンハギのペア。

 

群れが通る~

 

講習中なのにカメラ持込しちゃってるN氏。
せっかくなので、後半はカメラ許可しました。

 

店主は中盤からフリーズ。
だって、水温21℃。
N氏は、なぜ余裕なの??????

 

数え切れないぐらいいっぱいいるハダカハオコゼ。
砂を巻き上げないで見る。

 

集団からはぐれちゃったゴンズイ。
お気の毒です。人間に寄ってきます。

 

癒されますが、浅瀬も寒い。
結局、水深3mぐらいまで水温21℃。

 

一方、N氏は楽しそうに撮影中。
とても安定しています。

 

 

ウミヘビ様

安全停止も安心して見ていられます。

3日間でここまで達成すばらしい。

 

 

エキジット時は、波が高くなっていましたが、落ち着いてボートへ。
ボート上の器材お片づけまで、きっちり終えて終了。

ランチの後、学科試験も高得点で難なく合格。
文句なしで、ダイバー認定です。
おめでとうございます。
基本は学んだので、あとはいろいろな海で経験を積むのみ。
3日間ありがとうございました。

ページのトップへ