Posts tagged パダンバイ

パダンバイ 体験ダイビング、テペコン ファンダイブ 

0

大阪よりお越しのYさん&Y子さんをパダンバイへご案内しました。
はじめまして!
そして、ジャワ島スラバヤよりリピーターのK氏&Mさん夫妻。
夫妻で大きなカメラ2台、夫婦で経験本数○千本?のベテラン組は、上級者向けのミンパン、テペコン方面へ。
あっという間に準備をして、弁当を持って、さーっと出てゆきました。はやっ。

店主は、大阪組の体験を担当させて頂きました。
といっても、YさんはCカード保有者。
お友達Y子さんは、人生初の体験ダイビングだったので、じっくり説明させて頂きました。

本日のパダンバイ海況よし。
波少し、流れ2本目、透明度15m~25m、水温29度。
一部漂流ごみがたまっていましたが、透明度がGOOOOOD。
天気もぎらぎら太陽で最高です。

Y子さん、意外と緊張せず、スムーズにエントリーできてしまいました。
すごっ。
身を委ねてくれた感じがはっきり伝わってきました。
Yさんは、さすがダイバー、まったく問題なし。

すぐ気づきました。
店主のカメラ、ストロボが発光しない!
故障ぽいですね。涙

スジモヨウフグはあちこちに寝ています。
クマノミ、ヤッコエイ、ミナミハコフグ幼魚、チョウチョウコショウダイ幼魚、ハナヒゲウツボ幼魚、ウミウシ・・・。
体験のY子さんも生物観察の余裕があり。

 

オヤビッチャが向かってきた!

 

 

Yさんはカメラでがんがん撮っています。

イボクラゲかな?
もうボロボロで崩壊中です。
(発光せずつらいです・・)

キンセンフエダイやヒメフエダイの群れ群れでした。

 

さて、1本目からサプライズ作戦決行です。
今日は、体験Y子さんのお誕生日!!
おめでとうございます。
Yさんの手作りフラッグです。
やさしい・・。
(発光せず、ごめんなさい・・)

フェルト生地ですよ。
ステキ、手がこんでいる!
1本目から、ロングダイブです。

 

2本目、バックロールで入ってもらいます。
このブルー、早く入りたい~。

 

 

太陽が差し込んでいます。

ダイバーYさんは、安定です。
途中からアゲンストで流れが始まりましたが、問題なし。

 

子供ゴマモンガラが、ずっとじゃれあっています。

体験Y子さん、流れていますが落ち着いています。
ホント、体が素直。

 

ヨウジウオ!
(誰かストロボをください)

 

流れの中で安全停止中のガールズ。
この後、K夫妻が3本目で入ったそうですが流れはなかったそうな。

大満足のガールズ。
お疲れ様でしたー。
今日はビーチがきれい。

K氏&Mさんも戻ってきて、記念撮影。
Y子さん、お誕生日&バリ島で初体験ダイビングおめでとうございます。
これは思い出に残りますね。
皆様、ありがとうございました。

K夫妻による海況・・
1本目上級者ポイント・ミンパン流れあり。
2本目上級者ポイント・テペコン穏やかですばらしい透明度だったようです。
3本目ドロップオフ、穏やかでとてもきれいだったそうです。

 

パダンバイ 体験ダイビング

0

東京よりお越しのY氏とY子さんご夫妻、はじめまして。
リクエストでパダンバイへご案内しました。
お二人とも体験ダイビング!

天気が良くて気持ちいい。
ってか、最近かなり暑いです。
本日のパダンバイ、波なし、流れ2本目ちょっとあり、透明度10m、水温28℃。
ちょっと濁りが残念でしたが、そんな日は生物観察をして楽しみましょう。

奥様Y子さん、耳抜きに苦戦しましたが、時間をかければ潜行できるタイプ。
ご主人Y氏、実はCカード保有者でしたが、3年前に講習を受けたきり潜ったことがなかったそうな。
手をつなぐ必要もなく、安定して付いて来てくださいました。

 

立派に成長したハナヒゲウツボ。

 

 

サザナミヤッコの幼魚

 

 

おやすみ~~、ハリセンボン。

 

 

まだ小さなヤッコエイ

 

 

オヤビッチャの群れがすごかった!

 

黄色の根に近づいてきて、遠くから謎の陰影が・・見えてきました。
んっ???なんだろ?トラザメがホバリング??それはありえない。

こういうことでした。
すっごい共演

 

コバンザメ2匹に完璧サンドされている大きなネズミフグでした。
ここから全く動かず逃げず。
それにしても、うざいでしょうねー。

 

2本目は、お二人とも余裕です。
Y子さんは、やはり耳抜きに苦戦・・。
無理せず、潜れた水深5mで行くことにコース変更。

 

小さなウミガメちゃんが目の前に・・。
棚からぼた餅は、Y子さんのお陰!!

 

Y氏とウミガメちゃん

 

 

途中から流れがアゲンストで始まりましたが、なんとかブルーラグーンに入れました。
ツマジロオコゼが2匹でらぶらぶ中でした。

 

 

最近、ブルーラグーンの珊瑚はぼろぼろ。
水温だと思います。
生物がそのままなのが救いです。

 

 

チンアナゴたち

Y子さん、結局はこのダイブも耳抜きができました!!
水泳をやっていたので、水は得意でこの美しい姿勢。
是非、ダイビングに挑戦してください。
Y氏も3年ぶりのダイビングでしたが、全く問題なし。
すばらしい。

今日は楽しい一日をありがとうございました。

ファンダイブ パダンバイ

0

明石よりお越しのKさんをパダンバイへご案内しました。
はじめまして!
同期あいちゃんのゼミ生です。
4月から社会人として働くわけですが、その前に夢だったダイバーへ。
先週、Cカードを取得されたばかり、そして初ファンダイブです。
ログブックを見せて頂くと、講習海洋ダイブの最大深度が6mだったので、えっ?と思いましたがゆっくり行きましょう。

本日のパダンバイ、昨日に引き続き海況GOOOOD。
1本目:穏やか、流れなし、透明度18m、そして昨日より若干暖かく水温24℃。

アグン山、くっきり。
初のボートダイブのKさん。

 

 

スキルも問題なさそうなので、沈船がある18mまで潜行。
船内は、アオスジテンジクダイとサザナミヤッコでびっしり。

 

ウミシダがちょうど良いところに寄生。
おしゃれな仏像。

 

 

キンセンフエダイの群れが戻ってきました。
Kさんは、浮きも沈みもせず、バタバタせず、ぴったりくっついて来てくださいました。
潜水時間も50分以上で残圧もたっぷり。
しっかり講習を受けてきたのが分かります。

そして、水温24℃は店主にはまあまあ冷えたのですが、Kさんにとっては大したことなかったようです。
先週、寒い日本で潜っていますからね・・。
小柄ですが、タフだわぁ。

 

 

2本目、行きましょ。
穏やかなのでじっくり楽しめそうです。
ここは水温26℃。

 

 

タコが2匹、交接しそうな感じでしたが逃げてしまいました。
ごめん。

 

 

ピンクスクワットロブスター(サクラコシオリエビ)

 

 

そして、ウベゴン(和名:オオセ)!!!
こう見えてもサメ。扁平でかわいいですね。
最後が去年5月だったので、10ヶ月ぶりに会えました。
わーい。

 

 

立派なオオモンカエルアンコウ(黒)
Kさんに分かってもらうため、怪獣の手と握手したら、Kさんに魚だと伝わりました。

 

 

最大級の大きさでした。

 

 

シライトウミウシ・・・Kさんはウミウシが好きらしい。

 

 

残念ながらウミガメは見つからず。
ファンダイブ2本目ながら、この中性浮力。
美しいです。

 

 

ウツボが出てる。
この他にもオトヒメウミウシ、キカモヨウウミウシ、アンナウミウシ、チンアナゴ、ヤッコエイ、スジモヨウフグ、

チョウチョウコショウダイ稚魚と幼魚、ハダカハオコゼ、ヨウジウオ、アカヒメジの群れ、ミナミウシノシタなどを観察。

 

 

がっつり潜った後のガールズランチは、ナシチャンプル。
今日も美味しかったです。
初ファンダイブ、お疲れ様でした。
今日はありがとうございました。

 

パダンバイ ファンダイブ

0

ジャカルタよりお越しのO氏、はじめまして!
1月のダイビング問い合わせを頂いていましたが、立ち消えに・・・。
ですが、先日、また連絡を頂きました。
結局、1月はアンボン(マルク)で潜っていたそうな。
店主も12月、アンボンで潜っていたのですよ・・奇遇です。
今回は、週末のバリ島オゴオゴ&ニュピを体験するために、あえてバリ島にいらっしゃったそうです。

本日はパダンバイへ。
くらげも消えて、穏やかです。
透明度15m

アグン山からは、すこーし煙が出ていました。
ニュピ明けのせいか、まだダイバーは少なめでした。

 

小さな沈船

 

 

潜水時間9分で、23℃まで落ちてしまいました。
水面は28℃。さぶいぃ。

 

ヤッコエイさん、見えてます。

 

 

ベテランO氏も、じっくり撮りながら進みます。

 

 

ハナビラクマノミ

 

 

O氏が見つけてくれたハダカハオコゼ黄色。
ちょっと離れてもう1匹黄色。

 

 

キンセンフエダイ・・・今日は群れが分かれていて少なかったです。

 

コショウダイやらハナダイやらうじゃうじゃの根。

 

オレンジダムゼルを撮るO氏。
今日は3匹見られました。

安全停止まで上がってきても、水温はなかなか上がらず冷えました。
去年潜ったヌサペニダが、寒くて嫌いになってしまったというO氏(マンボウは会えずだったそうな)。
1本目は、店主も不意打ち冷却で参りました。

 

ただ、太陽がギラギラだったので、すぐにリカバリー。

2本目は暖かさを求めてドロップオフへ。
こちらもなかなかの海況。
水温は終始28℃!!!

 

O氏のカメラ、潜行後に海水の浸入が少しあるのがわかり、すぐに引き上げました。
残念ですが、カメラはお休み。

ハナミノカサゴの幼魚

 

 

O氏が初めて見たというタテジマキンチャクダイの幼魚。
2匹がつるんで泳いでいました。

 

きれいですー。

 

 

この時期現れ、またいなくなるコクテンハギ。ペアでらぶらぶです。

 

カメラお休みなのが残念。

 

んっ、Facebook?

 

O氏が見つけてくれたクモガニの仲間かな?不明・・。

 

予定時間を越えて、エキジット。
暖かいので最高です。
この他にも、各種ウミウシ、ウツボ、トラフシャコ、ゴシキエビ、クモウツボ、追われるニライカサゴ、グルクマの群れなどを観察。

O氏、今日は1本目冷えちゃったけど楽しかったです。
ありがとうございました。

 

パダンバイ ファンダイブ

0

東京よりお越しのS氏とSさん、はじめまして!
パダンバイへご案内しました。

天気もよく、海況ですが・・
波少し、流れ少しあり、うねりあり、透明度12-15m、水温23℃~28℃
ブリーフィング終えてGOエントリーです。

Sさんの心配されていた耳抜きもコントロールしながら潜行できました!
よかった。

エントリーしてすぐ大きなウミガメ!
お二人は、GOプロをホテルに忘れて来ちゃったんですねぇ・・残念。

 

ハナヒゲウツボ・・・・すぐ横に真っ黒幼魚も並んでいました。

 

癒しのニモ

 

 

小さな沈船・・・
この辺りで水温が一気に5℃下がって23℃。
ひっさびさーっ。
でも、またすぐに暖かくなりました。

 

 

アオスジリュウグウウミウシ

 

 

ホントに海好きなS氏とSさん。
店主まで楽しくなってきます。

 

 

コクテンフグ・・・全身で泳ぐチョウチョウコショウダイ幼魚もいます。

 

途中でアゲンストの流れになりましたが、たどり着きました。
アカヒメジの群れ、オヤビッチャの群れ、アヤコショウダイ、そして写真に入りませんが小さなウミガメが一緒でした。

 

2本目行きます~。
毎回、耳抜きに苦労するというUさんの悩み。
どうやらかなり耳管が狭いと思われる症状。
耳抜きをしやすくするお薬をあげました(バリ島ダイビング業界お墨付き)。

 

2本目なのに耳抜きがスパスパ抜けました。
Sさん、これには感動&びっくり。
バリ島で買って帰るそうです。

 

小さなゾウゲイロウミウシ

 

S氏がときめいたゴマヒレキントキ。

 

 

おーーーっ、先日かなりまだらでしたが、ほぼピンクに脱皮。
また茶色になってしまうのかな??

 

Sさんが水中で絶叫していたタテジマキンチャクダイ幼魚。
美しいですよね。

 

 

ヨウジウオ幼魚・・まだ8cmほどでよたよた頼りなし。

 

 

アンナウミウシ4匹集合。
近くにオレンジダムゼル3匹でした。

 

 


Sさん&S氏、お疲れ様でした。
水面のクラゲをうまーくよけながらエキジット。
2本とも流れがありましたが、上手に、そしてがっつり生物観察できました。
エア持ちもよし。
陸上も水中も、明るいお二人。
今日は、楽しい時間をありがとうございました。
次回はマンボウですね!

アドバンス講習 パダンバイ

0

島根よりお越しのU氏とA子さん、はじめまして。
アドバンスダイバー講習初日は、パダンバイです。

今日は道路が混んでおらず、あっという間にパダンバイ着です。
天気もいいし、気持ちいい。
アドバンス講習概要、スケジュール、本日の2ダイブについてじっくり説明してから海へ。

本日のパダンバイ、海況まだよし。
ただ、クラゲもまだいますが、水面注意な程度。
波なし、流れ一部、うねり一部、透明度15m、水温28℃

1本目は、まだ経験本数が少ないお二人だったので、PPB(中性浮力強化)を選択してもらいました。
浅いところ、深いところ、姿勢、ウェイト配分・・体得してもらえたのではないでしょうか。
1本目後半、お二人とも水になじんで慣れてきたのが、はっきりわかりました。
中性浮力は、ダイビングの要。

 

U氏はカメラを持ち込みです。
カメラ撮影して良い時は、サインを出してがんがん撮ってもらいました。
もちろん、中性浮力でよー。
これ18mにある沈船。
空気を入れないと沈みます。
足動かすのは止めます。

 

 

この前もここを歩いていたハナミノカサゴ。
なぜ隠れない??

 

本日の仏陀様、ウミシダに乗られちゃってる。

 

 

いろんな魚が群れてて、店主たちも気になる。

 

安全停止で黄色の根へ。

 

最初の練習含んでですが、ロングダイブ。

2本目はディープダイブ
エア消費と管理、ブルパラ窒素酔いテスト、色の見え方比較、ダイブコンピュータ上の減圧不要限界比較・・・注意点がいっぱい。
バディもより近くにいてくださいな~。

A子さんとハダカハオコゼ

 

 

茶色がピンクになるのか~?白になるのかな~?

 

 

ハナヒゲウツボ・・・・この後すぐに黒い個体(幼魚)を観察。

 

2本目にして、この姿勢&安定感!!!
若いし上達が早い。
で、二人ともエア持ちが良いのです。

 

冷たい水と共に流れが始まったことと、大きなうねりがあったのでドロップオフ途中から戻ることにしました。
深いところへ行った後は、浅瀬を長めに楽しみましょう。
タコ、アオリイカの群れ、ウミウシなどを観察しました。
安全停止後、5mから水面までは、丁寧に丁寧に丁寧にゆーーーーーーーーーーーーっくり浮上。
A子さんもU氏も、エクセレント&パーフェクト。

 

お疲れ様でした。
口うるさい店主ですが、はなまるあげちゃいます。
今日はありがとうございました。

ファンダイブ パダンバイ

0

元スラバヤAさんの3日目は、リクエストでパダンバイへ。
お友達が帰ってしまい、今日はお一人様。
ダイビング目的で、日本からいらっしゃったので、満喫していってください。
店主とマンツーマンダイビングです。
数ヶ月前の特訓ダイブを思い出しますが、かーなーり成長しました(まだやらかしますが)。

 

今日は昨日とうって変わり、晴天ですー。
これだけでテンション上がります。
アグン山がやっと見えました。
朝は、煙が少し出ていました。

Aさんに潜るポイントを聞くと、おとといの2本目と3本目のところというので、同じように周ります。
流れがないところで、ゆっくり写真を撮りたいんですね!
2日間の反省をしてエントリーです。
本日のパダンバイ、海況抜群。
波なし、流れなし、透明度18m、水温28℃・・・わーい。

レンゲウミウシが大小4匹集合していました。
産卵中の個体がいるようです。

 

ミナミハコフグ幼魚の中でもまだまだ小さいです。
体が丸い。

 

 

ウミヘビ!
今日のAさんは、落ち着いてとても良い潜りぷり。

 

 

ゴンズイ

 

 

ニラミギンポが激しい動き。
こっちに3匹、向こうに1匹。

 

 

アデヤカミノウミウシ

 

 

癒しのスジモヨウフグ地区

 

 

のどかで素晴らしい景色!
Aさんともぐもぐタイム。

 

オシャレカクレエビ

 

 

沈船のAさん、今日はいいですよ!!!
アイコンタクトがとりやすくなりました。

 

髪を切って結べなくなったので、次回までにフードを買うことを宣言。
フィンもね。

 

チョウチョウコショウダイ幼魚。
ここで順調に育っています。

 

ゴマモンガラに軽く襲われながら(遊ばれた?)たどり着いた黄色の根。
今日はきれいでした。

 

アカヒメジ・・
この辺、Aさんに注意警報です。
気を抜かず、無事クリア。いえーい。

 

 

エキジット寸前に見つけたオレンジダムゼル幼魚。
少し黒が入ってきています。
Aさん粘ったし、撮れましたよね!
ロングダイブになってしまいました。
そして、Aさんはこのダイブ完璧に終了。
おめでとうございます。めでたし。

日本に帰ってしまい寂しいですが、またお会いできる日を楽しみにしています。
Aさん、3日間ありがとうございました。

祝・600本 パダンバイ

0

本日は、ジャワ島スラバヤからのリピーター様たちが各自バリ島集合。
K氏、奥様Mさん、T子さん、そしてこの前までスラバヤ在住だったAさんは成田より直行。
K氏のリクエストでパダンバイ日帰り3ダイブです。
メンバーがやっと揃いましたー!!

本日のパダンバイ、海況はまあまあ。
波なし、流れなし、透明度12m、水温28℃。

今日は全員マクロでカメラ持ち。

 

 

相変わらずハダカハオコゼわんさか。

 

 

うねりがなかったのでブルーラグーンのいつも通らないところへ急遽ルート変更。
天然水族館。

 

 

オランウータンクラブ

 

2本目ジェプンへ移動

イソギンチャクカクレエビ

 

 

出すぎているハナヒゲウツボ幼魚。
よーく見ると、首あたりから成魚の青が入り始めています。

 

これ初めて見ました。
トラフシャコの色彩変異かなと思ったら、なんとバルタンシャコだそうです。
トラフシャコの仲間。
金運がUPしそうな黄色でした。

 

 

産卵中のゾウゲイロウミウシ。
帯でぐるぐる産んだ分、痩せるんでしょうね。
うーん、不思議。

 

 

そして、このダイブはK氏の600本記念でした。
500本祝いはアメッドでしたね~。
おめでとうござまーす。

 

 

ボートでランチをとって、3本目。
リピーター様特権で、またまた普段入らない場所へ。

 

マダライロウミウシ

 

 

Mさんはインストラクターなので、ほんと頼りになります。
すぐに何でも通じる。

 

カメラ持ちなので、各自、被写体見つけてそれぞれに撮ります。

 

 

はろー、モンハナシャコ

 

 

必ずここにいるニラミギンポ

 

 

ニシキフウラウオ

 

セスジミノウミウシ・・・・この後、中層を泳ぎだしました。

 

ベテランダイバーT子さん・・・・・そして、10月に特訓ダイブを受けたAさんもばっちり付いてきています。

いいですよー!

 

タコベラのキスが激しすぎる。
ガールズはじっくりぽっかーんと観察。

 

 

10秒ぐらい口に食いつくと言った方が正しい。
離れても、また激しくキスします。
以前もアカヒメジ同士が同じことをしていました。
これは求愛なのか、喧嘩なのか??
誰か知っている人がいたら教えてください。

 

アデヤカミノウミウシ

 

 

今日は3ダイブとも移動距離がほとんどなし!
そしてロングダイブ・・。笑
マクロダイブは、動かないし、砂地で巻き上げられないし中性浮力必須。
特訓中のAさんも、かなり鍛えられたようです。
それも、皆さん通る道。
最後まで気を抜かず、そろそろ上がりましょうか。

 

K氏の600本打ち上げディナーは、イタリアンマッシーモ。
マッシーモ氏の母親のお誕生日だったらしく、ショーがあったり、かなりの賑わいでした。
ワインにチーズにオリーブ・・インドネシア在住者にとっては至福のディナーでした。
K氏、おめでとうございます。
そして、夜遅くまで皆様ありがとうございました。

パダンバイ 体験ダイビング

0

同級生同士のA氏&T氏さんです。
はじめまして~。
現在は勉強やお仕事で、A氏は札幌、T氏は神奈川からいらっしゃりバリ島滞在中です。

朝は途中ゴアラワ寺院で、ひどい渋滞・・。
20分以上、車が進まず。
それ以外は旗日のせいか、道路はすきすき(サヌールーパダンバイ)。

本日のパダンバイ、昨日に引き続きGOOD。
波なし、流れなし、透明度15m、水温28℃。
体験ダイビングの講習をやって海へGOです。
晴れていて今日も気持ちいい。

T氏は、沖縄で体験ダイビングの経験あり。
A氏は、まったく初めてでしたが、『ずっとやってみたいと思っていた!』そうです。
二人とも、上手に潜行できました。

 

上はアカヒメジ、下はキンセンフエダイが群れ群れでした。

 

チョウハンも混じっています。
同じ黄色だしね。

 

大きなケショウフグが行ったり来たり。

 

お休み中のブルースポットスティングレイ。
お二人は尻尾の毒を知っていたそうで、怖かったそうな。
こっちが驚かせなければ大丈夫ですよー。
店主は、ゴマモンガラに睨まれた方が恐怖でした・・笑

 

 

二人とも水中生物に興味津々。
長くなってしまいました・・・上がりましょう。

 

 

正面の山に茶色の傷があることに気付きました(縦線)。
1ヶ月ぐらい前に土砂崩れがあったそうです。
雨が、これでもかってほど降ったせいでしょうね。

 

2本目、T氏と店主のマスクを交換してみました。
昨日流れにぶつかったドロップオフですが、きれいだったので懲りずにもう一度。
アドベンチャー好きな若者二人だから、地形をお見せしたい気持ちがふつふつと。
*体験ダイビングでは、あまりお連れしません。

 

子供クマノミ

 

 

サザナミヤッコがサンゴ上で動かず・・・?
幼魚も1匹見ることができました。

 

 

グルクマの群れが近かった。

 

今日は流れにぶつからず、無事ブルーラグーンへ(この後、かなり流れたそうです・・他店談)。
それにしても、テニス部だったせいか運動神経が良い二人。
体が素直~、これ体験ダイビングですよー。

 

ハナヒゲウツボが30cmぐらい出ていました。
チンアナゴもいましたね。

 

 

ナマコ・・でかっ。寒い。

 

 

群れ群れモンツキアカヒメジ。うっとり。

 

この落ち着き!!じっくり水中体験できましたよね?

 

 

陸に上がったA氏とT氏。
絵になりますね!
礼儀正しい若者。
日本の未来は明るいぞ。

最高のダイビング日和でした。
ありがとうございました。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

どんより天気の中、パダンバイGOです。
本日のゲストは、ベトナム在住のAさんとK氏。
はじめましてー。

本日のパダンバイ、海況抜群。
波なし、流れ一部、透明度18m、水温27℃
濁りが抜けた!

Aさんはアドバンスダイバーですが、体験ダイビングのK氏と一緒に潜ります。
K氏も数回、体験ダイビング経験はあり。
やはり問題なしです!

 

9ヶ月のブランクがあり、最初はドキドキAさんでしたがこの表情。
楽しんでください!

 

K氏がときめいたマンジュウヒトデ。

 

 

コクテンフグ、スジモヨウフグ、そしてシマウミスズメ。

 

水中仏像の後は、アカククリ。

 

 

ミツボシクロスズメダイの群れ。

 

ウミガメポイントをきょろきょろすると、いた!
けど、かなり小さい個体。
そして、浅瀬へ向かっていったのでこれ以上近づけず。

 

アカヒメジ

 

 

最後は、K氏の手を離します。
砂を巻き上げないよう上手にダイビング。
心地よい海だったので、1本目からがっつり潜ります。

 

2本目はバックロールエントリーです。
いろいろ経験していってくださいな。

 

雨季ですが、今日はきれいですー。
しかも新月・大潮なのに。
海のコンディションは、データで読めないことがいっぱい。

 

 

このK氏の安定感!
後ろにアシストAさんがいるので、店主も安心でした。

 

 

ニモ人口密度低すぎ

 

 

アカテンモチノウオの正面やばいです。
すきっ歯4本、宇宙人顔。

 

流れて来たので、様子見します。
この落ち着き、いいな~。

 

 

ウツボがウォールを泳いで来て、K氏の前で止まった(見つめ合い中)。

 

 

グルクマの大群が行ったり来たり。
そんな中、Aさんの落し物アクシデントで、一瞬焦りましたが無事ゲット。
早く知らせてくれて良かったです。ラッキー。

 

ダイビング続行・・ここは流れなし。
K氏、体験ダイビングに見えないんですけどぉぉ。

 

実は、お二人とも 元 JICA協力隊員でした!
Aさんはガーナ隊員、K氏はジンバブエ隊員、店主はインドネシア隊員。
店主のかーなーりー後輩になりますが、海外では思わぬところで OB/OGはよく出会います。
Aさんも、何も知らずに申し込みだったのでびっくりです。
やはり共通の知り合いもいたり、店主もびっくり。
世界は狭い。

 

上:200,000ベトナムドン(ホーチミンさん) = 約900円
下:100,000インドネシアルピア(スカルノさん&ハッタさん)=約900円

 

~”ゼロ”の多さ自慢~
東南アジアで桁が多いのは、インドネシアルピアとベトナムドンです。
やはり、ベトナム在住のお二人にとっては、ルピアはそれほど驚きがありませんでした。

しかも!ハイパーインフレで有名なジンバブエで活動をしていたK氏。
『ゼロが14個』とか言ってるので調べてみたら・・
ゼロ14個の紙幣がありました。
100,000,000,000,000 Z$ (読み方:100兆ジンバブエドル)
因みに
1米ドル=35,000,000,000,000,000 Z$ (読み方:3京5000兆ジンバブエドル)
さすがにお金が紙くず化して、あちこちに捨ててありました。
2015年ついにジンバブエドルは廃止になったそうです。
そんなお二人にとって、インドネシアルピアなんてへっちゃらですね。

楽しい一日をありがとうございました。
思わぬ出会い。

ページのトップへ