Posts tagged パダンバイ

祝ダイバー!パダンバイ

0

ジャカルタN氏、講習最終日です。
連休で皆さん帰られて、今日はのんびり。

 

パダンバイに到着しても、曇り時々雨。
昨日からバリ島各地で、季節はずれの雨。

昨日はビーチエントリーでしたが、今日はボートダイブ。
プールで練習したように、上手くエントリー。
波酔いしないうちに、さっさと潜行。
本日のジェプン、波あり、流れなし、透明度8m、水温26℃。
透明度が悪いのは残念ですが、講習には良かったです。

オープンウォーターダイバーの水深18mにもチャレンジ。
小さな沈船があります。
エア管理頼みますよ。

 

N氏感激の仏像

 

モンジャウミウシ
こう見えても貝の仲間です。

 

寝ているスジモヨウフグにそっと近寄る。

 

クリーニング中のウツボ

 

波があって白っぽいですが、浅瀬は明るかったです。

 

 

N氏、仏像に何をお祈りしたのでしょう?

 

ラストダイブですが、最後まで気合入れてゆきましょ。

 

2本目、ドロップオフ
波少し、流れなし、うねりあり、透明度15m~18m、水温つめたい

着底禁止のフリー潜行やエア切れスキルを終え、水中散策へ。
中性浮力は講習中とは思えないほど上手いので、プラス、水中生物へのアプローチ法を伝授しながら進みます。
マナー良く、かっこよく、間近で生物を見るために。

初のウォールへ。
コクテンハギのペア。

 

群れが通る~

 

講習中なのにカメラ持込しちゃってるN氏。
せっかくなので、後半はカメラ許可しました。

 

店主は中盤からフリーズ。
だって、水温21℃。
N氏は、なぜ余裕なの??????

 

数え切れないぐらいいっぱいいるハダカハオコゼ。
砂を巻き上げないで見る。

 

集団からはぐれちゃったゴンズイ。
お気の毒です。人間に寄ってきます。

 

癒されますが、浅瀬も寒い。
結局、水深3mぐらいまで水温21℃。

 

一方、N氏は楽しそうに撮影中。
とても安定しています。

 

 

ウミヘビ様

安全停止も安心して見ていられます。

3日間でここまで達成すばらしい。

 

 

エキジット時は、波が高くなっていましたが、落ち着いてボートへ。
ボート上の器材お片づけまで、きっちり終えて終了。

ランチの後、学科試験も高得点で難なく合格。
文句なしで、ダイバー認定です。
おめでとうございます。
基本は学んだので、あとはいろいろな海で経験を積むのみ。
3日間ありがとうございました。

石垣チーム トランベン、桟橋Jetty、パダンバイ

0

石垣・クマさんのダイビングショップ御一行様の2日目。
沈船・早朝ダイブです。
穏やか。

おはよう、トランベン。

 

 

朝6時過ぎで、水中はこの賑わい。

 

カンムリブダイたちは、ちょっと少なめ。
砂地では、ダイバーの多さで散ってしまいますね。

 

腹ペコ・イントラM子さん。

 

Aさんの100本記念&Eさんの300本記念ダイブとなりました。
バリ島で記念ダイブ!!
おめでとうございます。

 

朝ごはんを食べて、パダンバイへ移動です。
せっかくですから、下車してアグン山の撮影。

 

そして、ライステラスも!

 

石垣チーム、水中も陸上も明るい。

 

リクエストで、桟橋Jettyへ。
8ヶ月間の桟橋大工事を経て、解禁ほやほやの桟橋へ。
またいつ工事でダイビング禁止になるかわかりません。
水底や中層の魚は激減ですが、ウミウシはいっぱい。
またきっと戻るでしょう。

波なし、流れ少し、うねり少し、透明度8m、水温25℃

Jettyといえば、トゲトゲウミウシ。
オレンジの後、紫がいくつかいました。

 

地味ですが、初めてみたかも。

 

これもトゲトゲ?
色がまだら・・。

 

ちょっと冷たかったですが、70分超え。
石垣チーム、それでもへっちゃら。
たくましい・・。

お腹を満たし、3本目はパダンバイ。
波少し、流れ途中あり、透明度12m、水温23℃~
更に冷たい・・。

オレンジダムゼル・・もう少し早かったらなぁ・・。

 

まだ頼りない子供オランウータンクラブ。

ウミシダウバウオX2
頭上にはグルクマの群れが行ったり来たり。

本日も無事終了。
あっという間に2日間が終わってしまいました。
はやい。
そして、皆さんタフ。
今日もありがとうございました。

パダンバイ&桟橋 ファンダイブ

0

ジャカルタよりお越しのM氏&Aちゃん、はじめまして。
父と娘のダイバーです。Aちゃん、まだ12歳!
お肌の弾力が全然違う~。
そして、ジャカルタH子さんはあっという間の最終日。

ビギナーのM親子は、プライベートガイドを希望されたので、今日は別々に潜ります。
M親子は、1本目ジェティへ。ばいばーい。水深12mでねー。
リピーターH子さんと店主は、久々に桟橋Jettyへ。
H子さん、結構Jettyを潜ってますよね。

もうこの先何年も潜れないと思っていたので、わくわく。
工事がストップしてしまったんです。わーい。

朝はまだ釣り人が少し。

防寒対策してゆきましたが、そんな時に限って水温27℃。
流れ前半少し、うねりあり、透明度8m
よくわかりませんが、桟橋先端の水深が満潮で12m???
工事の影響でしょうか。

 

コクテンハギお久しぶり。

 

クチナシイロウミウシ

 

黄色ぽいヨウジウオ

 

小さなウミウシカクレエビが付いているよう・・。

 

カエルアンコウちゃん、お久しぶり。

 

浅いところは光が入りきれいでした。

 

ここは砂地でしたが、石がたーーーくさん積み上げられて、小イワシ?がすごい。

 

新設重機置き場が背景だなんて、すごい。
工事現場&釣り人いっぱい。
H子さんと大笑い。

 

浜と平行にテトラポッド!!
桟橋をL字型にして、内湾はアウトリガー船停泊場所にするそうな。
ってか、予算がなくなったので工事ストップなのでしょうか?
誰にもわからないこの状況。

2本目はきれいなブルーラグーンへ。
M氏とAちゃんも水面休憩中のところでした。

こちらもお久しぶりのタツノイトコちゃん。

 

オオモンカエルアンコウ黒。
ピンクは不在でした。

 

M親子発見。ビギナーですが、ちゃんと潜れているではありませんか。
ちょいアゲンストの流れの中、上出来。
大きなウミガメもいました。

 

 

今日はアカヒメジが不在。

ハダカハオコゼもいます。

浅瀬で挨拶。
運動大好きなAちゃん、12才でお父さんとダイビングだなんて羨ましい。

 

桟橋から来ると、すごく透明度が良く見えます。
暖かいし最高。

 

皆さん、ジャカルタ在住。
明日は、イスラムの断食明けですもんね。

 

記念撮影

 

お疲れ様でした!
また遊びに来てください。
今日はありがとうございました。
H子さん、今回も濃厚な3日間ありがとうございました。
また9月・・。

 

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

福岡よりお越しのYさん、大阪よりお越しのA氏、シンガポールよりお越しのIさん&J氏。
皆さん、はじめましてー。
今日は皆さんをパダンバイへご案内しました。
デンパサール在住のMさんは病欠。
皆さん初対面なのに、最初から寄せ集め家族のように、和気あいあい。

本日のパダンバイ海況GOOOOOOD。
波少し、流れ一部少し、透明度10m~20m、水温28℃~29℃

店主は、体験ダイビングのYさんを担当です。
水面で急に怖くなって、しばらく自分と戦っていたYさん。
ギブアップしそうな感じでしたが、何とか水中へ。
水深2mも入ると、安堵スマイル。
言ったでしょー、水面より水中の方が呼吸しやすいのですよ。
耳抜きも上手でした。

 

途中で、ファンダイブ組と会えました。
アメリカ人J氏は、ログ8本でしたが安定しています。
本人の希望で、ウェットスーツ着てもらえませんでした・・。
確かに今日は温水だったから良かったですが。

 

大阪A氏は、初GOプロ撮影。
コンデジも持参です。

体験Yさん、初めての体験ダイビングで小さなウミガメちゃん。
至近距離でした。

 

小さなサザナミフグ

 

 

ヘラヤガラ黄色

 

2本目、ブルーラグーンへ。
チンアナゴいましたね・・。
体験Yさんと生物観察。
姿勢も素晴らしい(最初の水面がうそのよう・・)。

 

シンガポール組はベテラン250本ダイバーのIさんとこれが10本目のJ氏。
いいバディでした。

 

オオモンカエルアンコウ ピンクと黒の2匹

 

ドリー1匹、順調に育っています。

 

アカヒメジうじゃうじゃ

 

ツノハタタテダイやフタスジタマガシラ
素敵なクリーニングステーション。

 

アヤコショウダイ集合
Yさん、かなりリラックスして水中散策を終えました。
いやー、穏やかできれいでした。

今日は皆様ありがとうございました。
無事終了。

祝・ダイバー & バリ島はガルンガン

0

あっという間の講習最終日。
S氏、今日も元気です。
今日もパダンバイへ。
バリ島はガルンガン(お盆)のため、お店もかなり閉まっていてとても静か。
道路もがらがら、いつもこうだと良いな。

昨日はジェプン方面だったので、今日は右側へ。
珊瑚上も大丈夫だと思うのでお連れします!
風なし、波なし、流れ少し、浅瀬うねり少し、透明度20m、水温28℃
素晴らしい。

美しいエントリー
おとといダイビングを習い始めたとは思えませんね。

中性浮力とりながら、止まって生物観察。
いやー、とても珊瑚がきれいです。
1本目、バッテリー問題?で写真撮れず・・。
間近で大きなウミガメを見たんですけど・・・んー残念。
逃げないコブシメやタイワンカマスの群れ。

太陽ギラギラの暖かい水面休憩は、中国やインドネシアの現代事情。
あぁ、楽しい水面休憩があっという間に終わります。
近平国に関する店主の素朴なギモンがどんどん解決されていく。

3日間学んだ知識とスキルを結集。
最後まで気を抜かず、ラストダイブです。

 

カイメンの中にツノハタタテダイ

 

この余裕。

 

クロハコフグと目があった!

グルクマの群れが行ったり来たり。

 

 

 

 

ツノダシの群れが行った~!

 

根の奥にドクウツボ。太い!

 

水中が潮止まりで、2本目はかなり穏やか。

 

 

 


のんびり竜宮城のようでした。

文句なしでダイバー認定致します。
安全に、楽しく、そしてマナー良いダイバーでいてください。

 

お盆のバリ島。
ご先祖様がスムーズに帰って来られるように、バリ島はペンジョールが立ち並んでいます。
美しいな~。
S氏、3日間ありがとうございました。
海南島報告、待っています。

講習 パダンバイ

0

北京S氏の2日目は、パダンバイへ。
全部自分でセッティング。

本日のパダンバイ、風で水面がばたついています。
が、水中はまあまあ。
浅瀬うねりあり、流れなし、透明度10m~15m、水温28℃。

基本スキルを終えて、後半は砂地で水中散策。

ゴンズイ玉・・かわいいけど、キケンですよ。

 

 

アオリイカの卵房が5,6房に増えていました。
古いのは、もう茶色になっていました。
よーく見ると、中に数匹赤ちゃんの姿が見えます。
インゲンマメみたいなイメージ。
1-2ヶ月でハッチアウトです。
アオリイカの産卵、見たいなぁ。

ツバメウオの幼魚たち。この3倍ぐらいいます。

サラサハゼ

 

最初は砂地で転がっていたS氏ですが、後半はコツがつかめてきたのがはっきりわかりました。
さすがスポーツマン。

 

2本目、いきまーす。
さっきよりスムーズエントリー。
やはり、やった分だけ上手になります。
ちょっと波がありましたが、エア切れの練習などやって、水中散策です。

1本目より店主の近くにいるし、いいですよ。

フウライチョウチョウウオ、クリーニング中。

小さなアカマツカサ1匹。
写真目線なんですが・・。

 

アオスジリュウグウウミウシいっぱい。

 

爆睡中のスジモヨウフグ。
猫と同じく、やさしく撫でても起きない(体表は硬くてびっくり)。
えっ、死んでる?
もう一度撫でると、やっと寝起きの顔を見せてくれました。
S氏もびっくり。

2本目にして、沈船や潜水艦を見たS氏。
安全停止もきれいに決まり、ゆっくりゆっくりゆっくり水面へ。
素晴らしい。
講習ですが、ロングダイブ。

 

平和な水中からエキジットすると、水面は波ばしゃばしゃでした。

ガルンガン(お盆)初日で品薄でしたが、今日のフルーツはパパイヤ。
パパイヤのおいしさが分かるには、味が薄いせいかちょっと時間がかかります。
女性が食べると良いフルーツなんです。

 

学科試験も難なく終わり、サヌールへ帰りましょう。
バリ人はお盆初日で、道路がらがら。
高速道路みたい。

S氏、お疲れ様です。
講習は順調。

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

本日のゲストは、スラバヤよりお越しの紳士4名様ご一行です。
皆様、はじめまして~。
やっとお会いできました。
実は、前回の予約は空港閉鎖(アグン山)のためキャンセルでした。
今回は、先週のスラバヤ・テロ事件でまたどうなるかなと心配していましたが、今朝、飛んで来てくださいました。
スラバヤも、すっかり落ち着きを取り戻しているそうです。

ということで、空港ピックアップでそのままパダンバイへ移動です。
無駄な時間が全くありません。
みなさん、元気すぎっ。

K氏以外は、皆さん体験ダイビング。
体験ダイビングの説明をじっくりします。
そして、GOエントリー。
本日のパダンバイ、通常より1時間半遅れのスケジュールでしたが、海況よし。
波少し、流れ少し、透明度12m~18m、水温29℃ あたたかや~

みんな一緒に潜れました!
実は水面で、ラグビー部UC氏がまさかのギブアップ宣言をしましたが、却下です。
まだ、潜ってないし・・。
運動神経もよく、やはりすぐに潜れました。
1本目、店主のバディで様子見させて頂きます。

この直後、店主のタンクがはずれてしまいました。
直してもらいたいのですが、頼めるのはこのUC氏しかおらず・・。
試しに、期待せずに、<タンク直して>とサインを送ると・・なんと直してくれたのです!
さすが、工学男子。
体験ダイバーに通じたのは、初めて!
てりまかし、ぱっUC。

 

のんびり水中散策開始。スジモヨウフグちゃん。

 

振り返ると・・
レスキューダイバーのK氏は、自由に写真を撮っています。
体験のF氏とUN氏も上手に潜っていますね。

 

サザナミヤッコの幼魚

 

大きくなると、あれになります。

 

アカヒメジの群れ

 

アオヤガラ、ウツボ、クマノミ、ウミウシなどを見て上がります。

 

2本目、水面キラキラスマイル記念。
店主、本日珍しく “紅一点DAY” だ!

 

2本目、午後からブルーラグーンがきれいでした。
たまたま干潮だったこともありますが、穏やかっ。
UC氏とUN氏ですね。
2本目、店主のバディはF氏(グーとパーで決めました)。

 

ダイバーK氏は放置ですが、自分で楽しめます。

 

午後なのに、素晴らしい透明度。

 

愉快な仲間たち、こういうの気になります。

 

ライセンスをとりたくなっているUN氏。

 

K氏、やっと会えましたね。

 

 

サンゴもりもり

 

2本目は、小さなウミガメが2匹並んでいました。
動かないので、長いこと観察できました。

 

ははは~、小さなウミガメに紳士5名。

 


カメちゃん、ありがとうね。

皆さん、一緒に潜れてよかったです。
皆さん最後まで元気、笑ったな・・楽しかったです。
今日は早朝便で飛んできてくださり、ありがとうございます。

 

 

パダンバイ ファンダイブ

0

スラバヤT子さんとA女史の3日目は、A女史のリクエストでパダンバイです。
彼女はこの海域でダイバーになったようなもの。

おとといよりずっと海況が良いですね。
1本目、波なし、流れなし、透明度18m、水温21℃~28℃

先日のサラサハタ幼魚を撮りに行こうということになって入ったのですが、いない・・。
不思議なことに、まだ動かないはずなのにいない!

ミナミハコフグ幼魚があちこち出てきました。

 

ガールズは写真をがんがん撮ります。
ってか、寒くない??

 

ゴンズイやタテジマキンチャクダイの幼魚がいました。
ってか、寒いよ・・。
水面は暖かいですが、あっという間に水温21℃。

 

定かではありませんが、これはヨロイウオの群れぽい。

 

今日は絶好調のA女史(巻き上げない)!

ベテランT子さんは、いつもA女史を見守ります。

 

T子さんも店主もウェットがうすーーーいので21℃は死んでしまいます。
おとといは28℃だったのにね。
A女史は5mm裏地スーパー起毛なので、寒くないんだろうなぁ・・。
そんなことをよぎりながら深場で長居できず。浅瀬へ移動。

 

祝・ここ温泉のような暖かさ!!!
ツバメウオいっぱいだし。
しばらく3人で解凍しました。

 

いや~、今日のA女史は安定感みてとれます。

 

暖かい中でチョウハンの群れ。
冷水ダイブ、お疲れ様です。

水面休憩は、ずっと太陽に当たり温まりました。
そして日本からお菓子の差し入れ。
A女史、ありがとうございます。
タンクを取り替えると、A女史のまだ新しいレギュレーターがトラブル発生。
なぜ??

 

2本目同じところから入り、もう一度サラサハタ幼魚狙い。
やっぱりいない・・・。なぜだ?

そして深度は水温重視で、反対側へ進むことに。
ってか、今度は途中で軽いドリフトダイビング。

ハダカハオコゼのピンクちゃん

 

A女史、いいですよー。
ナイス撮り方!!!

 

だーーーーっと流れに乗ってゆき、今度はカレントがぶつかるところで

ベラの仲間、ウィップフィンフェアリーラスがたくさん。
しかも10mと浅い。
速すぎて写真は撮れるはずもなく・・。
T子さんも諦め・・。

 

丸見えシライトウミウシ

 

 

流れが突然反対になったので、浅瀬を通って戻ります。
暖かいしサイコー!

 

アカククリの幼魚。

 

癒しのドリフト安全停止。

A女史、今日は絶好調。
トリッキーな流れの中でも付いてこられました。
今年中にヌサペニダもデビューできたりして。

 

帰りは昔の道を通るはめに・・・。
バイパスの一部が通行止め。
ふーっ。

T子さんA女史、ありがとうございました。
さて、今夜はお肉。

パダンバイ ファンダイブ

0

埼玉よりお越しのA氏、はじめまして。
そして、スラバヤからは、ブルパラリピーター A女史とT子さん。
日曜日から始まったスラバヤ爆弾テロのせいで、おとといまでバリ島に来るかどうか迷ったT子さん。
「バリ島の方が安全だろう」とご主人の許可が出て、やってきてくださいました。
店主だったら、アパートからスラバヤ空港への移動が怖いな・・。

本日のパダンバイ、波少し、流れ1本目あり、水温26℃~、透明度12m

先月、ダイバーになったというA氏。
1ヶ月で12本潜ったせいか、上手でした。
ってか、水面で見ていたより意外と流れあり。
みんな、エア食わないようゆっくり進みましょう。

 

アオスジリュウグウウミウシ着地

 

可憐ゾウゲイロウミウシ

 

T子さんは、撮る撮る、そして撮る。
サラサハタ幼魚とチョウチョウコショウダイ(超チビ)が同じところにいましたが、難しい生物。
また、次回行ってみまーす。

休憩中、気づきました。
A女史、1本目なのに何もやらかしませんでした。
流れがあったのに、これってすごーい。
間違いなく成長中。
強いていうなら、マスク スクイズ。

 

 

2本目は穏やか。

 

~ ウツボとA氏 ~
A氏は泳ぐタコを見ていたそうです。

 

スカシテンジクダイ減ったなぁ。

 

 

スラバヤ組・良いバディ

 

オオモンカエルアンコウは2匹。

 

お子様ウミガメ

 

 

アカヒメジと一緒に安全停止。

 

水中は穏やかでしたが、水面へ上がると風の影響で波がバタバタ。
皆さん、上手に素早くエキジット。
A女史、ただいま成長中!!

 

皆さん、今日はありがとうございました。

海洋講習&ファンダイブ パダンバイ

0

ジャカルタからお越しのT氏、はじめまして!
ジャカルタ発4時台の早朝便でやってきて、そのままダイビングのスケジュールで関係各所の時間組んでいたのですが・・・。
飛行機が遅れましたー。
どれぐらい遅れているのかわからないまま、乗ったようで連絡とれず。冷汗
ライオンエア、何とかしてください!

一方、オープンウォーターダイバー講習2日目のHさん、朝からさわやか~。
T氏の到着待ちになったので、学科試験や宿題の確認などすべて終わらせてしまいました。
試験は、ハイスコアで合格。

ジャカルタT氏と無事合流し、8:30にサヌールを出発する予定が、結局10:00発。
通常遅くても7:30には、サヌールを出るので、2時間半遅れ。
海況が心配ですが、とりあえず、ヨカッタ・・・もうこの時点で店主は、車中爆睡(一仕事終えた感)。

店主は、Hさんの講習2日目を担当させて頂きます。
準備もさくさく。

初めての海で最初はドキドキしていたHさんですが、この笑顔。
水面移動は流れていて、疲れたことでしょう。

 

本日のパダンバイ、1本目、お昼近くでしたが、流れ。
しかも、おとといと同じく反対へ。
透明度濁りありで10m、水温27℃~29℃。
海洋1本目にしては、大変だったかな。
講習なので流れに身を任せ、ジェプン湾の砂地へ。
砂地は流れなし。

 

1本目から生物を見る余裕あり。
Hさん、がんばりました!

 

休憩中、流れで南下できないダイバーたちがみんなジェプン湾(ポントゥーン越えちゃっているチームも!)でエキジットでした。
水面はシグナルフロートだらけ。
こんな日もたまにあります。

 

2本目、13:30頃エントリー。
ジャカルタより到着ほやほやT氏は、潜水部にいたベテランダイバーでした。

 

 

あれ、急に海が穏やか。
透明度を期待しないでエントリーすると、きれい!!
そして穏やかすぎ。
Facebook?

Hさんと同時バックロールエントリー&指標なし潜行・・・着底せずに止まる。
お見事!
深度を変えて中性浮力。
触らない、壊さない、巻き上げない、生物観察のコツなど伝授しながら水中散策GO。

 

ハタタテハゼびゅんびゅん。

 

ニモちゃんたち。
お隣のポイントにドリーもいます。

 

あっ、T氏たち発見。

 

ハダカハオコゼいっぱい。

 

手を使いそうになりますが、2本目で矯正中。

 

アカヒメジを見ながら安全停止。
昨日ダイビングの勉強をスタートして、2日目でこの安定感。
Hさん、将来楽しみなダイバーですよ。
頭も体も素直。

 

T氏が気になったオビテンスモドキ(大槻ケンヂ)。
雨季は幼魚がエレガントに舞います。

 

ダイビング前に、T氏のログブックを見せて頂きました。
1991年、パダンバイでアデヤッコを見たと書いてあったのでパチリ。
27年前のパダンバイ!!!
この子はあの時の子孫に違いないと笑っておられたT氏。

穏やかで、暖かくて、きれいで、Hさんのエア持ちも良し。
講習なのにがっつり潜ってしまいました。
あぁ、気持ちいい。

片付け、初のログ付け、Hさんは順調にダイバーになっています。
T氏も1年半のブランクを感じさせない潜りぷり。
今日はありがとうございました。

ページのトップへ