Posts tagged ヌサペニダ

ヌサペニダ ファンダイブ

0

朝から予測不能・冷汗事件が勃発しましたが、皆様の寛容さに恵まれ事なきを得ました。
はぁ~、朝はエネルギー使うな・・。

本日は、東京よりお越しのY氏とH氏をヌサペニダへご案内しました。
偶然、お一人様参加同士でしたが、仕事場が近かったりで、すぐに意気投合。
ダイビングを通じてお友達の輪が広がっていくのはいいこと!

 

1本目クリスタルベイ
穏やか、流れなし、透明度20m以上、水温26℃

残念ながらマンボウは現れてくれませんでしたが、ネズミフグ!
今日のマンボウは2本目だったそうです・・。

 

キンギョハナダイ(オス)だらけ。
Y氏は、写真を撮る!

 

H氏は、クリスタルベイの美しさを堪能。

 

初対面ですが、すでにいいバディになっています。

 

 

2本目マンタP
波あり、流れ少し、うねりあり、透明度8-12m、水温24℃
最近極寒ダイブばかりだったので、暖かくて快適。
マンボウを探しに行きましたが、波の影響で、途中透明度が悪すぎ・・。
マンボウへの道中、マンタが店主たちに突撃してきてびっくりしました。
見えた時が目の前でびっくり。
マンタもびっくりした様子。
マンボウ探しはほどほどにして、主目的のマンタの根へ。

わーーーーーい、誰もいない!
いつも何十人も集まっているのに。

Y氏、初マンタ!

 

 

1枚だーーー、あれ2枚だーーー、いや3枚ーーーとか、数えてマンタを独占で満喫。
ただ、透明度がいまいち。

 

7mぐらいの浅瀬になると、今日はくっきり見えます。

 

何度もぐるぐる旋回してくれるもんで、6枚だーーーー、いや8枚だーーーぐらいまでは確認ができました。
とにかく、たくさん、何度もぐるぐるまわってくれたのです。

 

下からもマンタ突入。
あれ、カメラがH氏の手に移ってる・・・?

 

結局、8枚~10枚ぐらいでした。

 

 

あちこちでマンタを見て来たH氏、どこよりも一番すごかった、と申していました。
いえーい!

 

誰もいないマンタポイント、水面は波ざぶんざぶんです。

 

ボートが一緒だった他店チームは、波酔いでダウンしている方が数名いましたが、Y氏もH氏も元気に終了。
お疲れ様でした。
クリスタルの美しさとマンタ乱舞は、お二人のログの中で最高だったそうです。
これ、嬉しいですねー。
今日は、ご一緒させて頂きありがとうございました。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

東京からお越しのH夫妻をヌサペニダへご案内しました。
はじめましてー。
前半はジャカルタやジョグジャでお仕事、後半はバリ島で休暇だそうです。

本日のヌサペニダ海況よし。
波なし、流れなし、透明度12m~20m、水温22℃~27℃
ダイバー数はだいぶ減ってきたかな。

まずは、マンタポイントです。
今日の目的はマンボウだったので、まずはマンボウを探しに行きましたが不在。
なかなかの透明度でした。
マンボウの姿なしなので、マンタへ。

シンクロマンタ

 

シンクロマンタ

 

シンクロマンタでした!

 

 

ベテランダイバーのH氏とCさんが撮る!

 

 

目の前に来た~~っ、幸せ。

 

 

安全停止中もマンタ様たち。バイバーイ。

 

 

クリスタルベイは、相変わらずマンボウ狙いのダイバーでいっぱいでした。
ですが、水中は静か。
マンボウが現れないからです。

 

 

ウミガメやウミヘビがいました。

 

 

水中ウサギも。ニーハオ。

 

 

2本目も3本目もクリスタルで粘りましたが、結局現れず。
昨日は出ていたのに・・。
今日は静かなクリスタルベイでした。

 

 

2本目は24℃、3本目は27℃
とても穏やかでした。

 

 

明るい奥様Cさん
酔わない・寒くない・実はかなりタフ!

 

 

サヌールに到着すると潮が引いてしまってこの通り。
アグン山がきれいに見えていました。
マンボウは不在・・・またいつかリベンジを。
今日はありがとうございました!

ヌサペニダ ファンダイブ

0

本日は皆さんジャカルタのリピーター様たちです。
K氏とLちゃんは、2日目。
M氏は4月に初めて来てくださり、今回ブルパラは2回目。
皆さんのリクエストでヌサペニダをご案内しました。

朝から信じがたい事件があり、もう絶叫店主でしたネ・・。
1日分のエネルギーを使ってしまいました。
日本だったら警察にいえば犯人探してくれるんでしょうけど、ここはインドネシアなので通報するだけ無駄な感じ。
朝のお迎えがある観光業界にとっては、厄介な詐欺師です。
観光客の皆様、送迎を装ったニセモノ運転手に注意。

気持ち切り替え、みんなでヌサペニダへ向かいます。
ベテランダイバーたちなので準備もさくさくです。

本日のヌサペニダ、潮まわりがいまいちですね・・。
波なし、流れあり、うねりちょっと、透明度10m~20mとイマイチ、水温24℃~26℃と暖かめ。
今日の大きな目的は、まだマンタとマンボウを見たことがないLちゃんに見せること。
K氏もM氏も、見たことあり。

透明度が落ちているマンタポイント。
マンタは1枚だけがずっと旋回でちょっと物足りないかな。
でも、Lちゃんにとっては初マンタ!
マンボウも見に行きましたが不在。
その代わり大きなマダラエイがぼよんぼよん上がってきていました。

 

 

皆さん、安全停止です。

 

マンタポイントからクリスタルへ向かう途中、一人手を合わせました。
それは、ちょうど3日前のこの時間に起きました。
私も3日前ここを同じように通ったのですよ。
あなたと初めて会った時、まだ高校生ぐらいでしたね。

RIP NICO…
本日14時の土葬は行けないけど。

 

次はマンボウ。

2本目、多少流れていることを分かりながらエントリー。
でも、まだ進めるほど。

 

ここでマンボウ1枚・・・・ですが、ちょっと濁りがあるし遠いなー。
でも、Lちゃんにとっては初マンボウ!

 

M氏はベテランですが、ぴったり安定して付いてきます。

 

 

流れは強まったり弱まったり・・。
他のダイバーたちも頑張っています。

 

 

3本目はもっとゆっくりマンボウ観察したいものですねー。
エントリーです。
Lちゃんは、一応2ダイブで目的果たしてうれしそう。

3本目も流れと透明度がましになったクリスタルへ入ります。
入って深場を探しにゆくと・・・

マンボウいました。
留まってはくれませんでしたが。
その後も、深場で姿を現していたようですが、店主たちは3本目だったので諦めます。

 

クマザサハナムロ、すごい大群で抜けてゆきます。

 

何だかはっきりしませんが、群れが行ったり来たり。

 

 

カスミアジも悠々と数匹で目の前を抜けてゆきます。
かっこいい顔。

Lちゃん、マンタもマンボウも見れてよかった。
流れも体験したしね。
皆様、今日はありがとうございました。

 

そして、バリ島は大切な祭事Tumpek Landep (鉄の日)。
普段、私たち人間のために働いてくれている車、バイク、タンク、工具、ポンプ、ナイフなどに感謝を込めてお祈りする日。

今日はワヤンが、感謝と安全を願ってお祈りを捧げてくれました。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

本日はヌサペニダ3ダイブです。
昨日、マンタもマンボウ(30秒)も会えちゃったN氏とMさん、朝から元気です。
そして、千葉よりM氏、はじめまして。
タイをまわってバリ島には到着したばかり。
そしてそして、バリ在住YH隊長。
8月は全くご飯も一緒に行けなかったので、ヌサペニダで近況報告。
本日の目的は、《マンボウをゆっくり見たい》
これは、タイミングと運次第ですね。

ヌサペニダの海況よし。
波なし、流れドリフト時だけあり、透明度10m~25m、水温24℃~27℃。
天気もよく、水温も温かめ!

1本目穏やかです・・・マンボウはおらず・・・

 

 

マンタは2枚、透明度が若干落ちてました。
M氏は初マンタ!

 

安全停止中、フィンが落ちてきてYH隊長がキャッチ。
浮上後、持ち主にお返ししました。
水面で無駄に足を動かさないことですな・・。

 

水中ではマンタ2枚だけだったのに、休憩中の水面にはマンタ様たちの背中がいっぱい!
ちょっとタイミングずらせば、マンタ10枚ぐらい見れた感じ。

 

2本目、エントリー直後、そこにマンボウがいたーーーーー。
エアは満タンだし、窒素も抜いた直後。
わーーーーい。

マンボウとMさん(N氏は完全にマンボウの後ろ)

 

マンボウとYH隊長ですね・・・あれは

 

マンボウとM氏
皆さん、静かに上手に接近。

 

 

350本ダイバーのN氏は、アングル考えてあちこち動き回っていました。
いい写真が撮れたはず。

 

ものすごいダイバーに囲まれているこの子。
逃げないのがびっくりです。
たまたま臆病じゃない子だったのか、クリーニングが気持ち良すぎたのか。
15分間ご一緒させていただきました。
まだ逃げずにいてくれたのですが、減圧不要限界が近づいてきたので、泣く泣く浮上開始。
ばいばーい、またねー。

 

歓喜のエキジット!

 

 

昼ごはんを食べていると、今度はイルカの大群。
すごいヒレ数。
水中で見たいなぁ。

 

キラキラスマイルでラストダイブ。

 

最初ちょっとだけアゲンストで出る必要がありすごい流れでしたが、その後は特急度75%で快適ドリフトダイビング。

 

 

サンゴも群れも美しい

 

ロウニンアジやウミガメ見ながら、きれいにまとまり終わりました。
こういうダイビングは、中上級者じゃないとお連れできません。

エキジットしている時に船頭たちより悲しいお知らせが・・・。
スピアフィッシングでガイドをしていたインドネシア人が上がってこないと。
消えたこのガイド、知り合いなのです。
2時間上がってこないって・・・あぁぁぁぁ・・・涙

皆様、今日はマンボウおめでとうございます。
こんなにゆっくり見られるなんてラッキーでした。
皆様、ありがとうございました。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

東京よりお越しのN氏とMさんをヌサペニダへご案内致しました。
まだ大学生なのに、お二人合計500本の経験本数をお持ち・・・。
普段、水温16℃ぐらいでもウェットスーツで潜っているらしいので、二人とも寒さにかなり強そう。
たくましくて、将来が楽しみな若者です。

本日のヌサペニダ、海況よし。
波なし、流れほぼ当たらず、うねりなし、透明度10m~25m、水温21℃~27℃。

とりあえず、マンタポイントへ。
実は某大学・潜水部Tさんのご紹介でした。
Tさん、ありがとうございます!!

 

 

なかなか見られないヤッコエイのクリーニング

 

 

今日のマンタは5枚連結でした。
ブラックも1枚。

 

 

ただ、ずっと水面ばかりで、もう少し降りてきて欲しかったなぁ。

 

 

元気にぐるぐる泳ぎ回っています。
N氏曰く、石垣のマンタより良いらしいです。

 

 

2本目クリスタル、若干ダイバーが減りました。

 

マンボウ1枚とすれ違います。
忙しそうに止まることなく行ってしまいました。
でもでも、N氏、Mさんおめでとうございます!
マンボウ狙いが2本目で果たせました。

 

マンボウの後は、ピンクのハダカハオコゼを撮ります。笑

 

 

マンタとマンボウのおかげでお二人ともニコニコ。

 

暖かさを求めてPEDへ入ります。
目標果たしたしね。

腹ペコのウミガメ

 

 

デバスズメダイ、すごいですー。

 

 

また違うウミガメが水面へ呼吸しに・・。

 

 

うっとり

 

 

ドリフトのはずがそれほど流れず・・・。
しかも、流れが変わって、変わって、変わって・・・行ったりきたり。

N氏、Mさん、ラッキーでした。
今日はありがとうございました!!

ヌサペニダ&トランベン ファンダイブ

0

本日はヌサペニダへ。
スラバヤのリピーターK氏とMさん夫妻で、マンボウ探しです。
朝、ビーチで積み荷に待たされすぎて、イライラでしたが怒ってはいけないインドネシア。
は~っ。
この待ち時間が功を奏せばよいな~と思いながらやっと出発。
(インドネシアはこういうことを後で実感できる瞬間がよくあります)

ヌサペニダの海況よし。
波なし、流れ少し、透明度10m~20m、水温21℃~24℃

クリスタルベイ、午前中はきれいでした。

 

 

マンボウ狙いのダイバーでごちゃごちゃ。

 

粘りましたが、マンボウの姿なし。
ウミガメやウミヘビがいました。

 

 

2本目マンタポイント。
入るとすぐにブラックマンタ。
その後、また普通のマンタが通りすぎます。
ただ狙いはマンボウなので、先を急ぎます、

 

いたよ~

 

 

よかった~

 

 

全部で4枚

 

 

10分間

 

 

K氏、Mさん、店主で4枚を独占。
冷たさも忘れます。
マンボウ様たちありがとう!!

 

 

3本目は暖かいドリフトがしたかったのですが、マンボウを見れていないチームがあり、またまたクリスタルへ。

 

午後からクリスタルは、濁った水が突然流れこみいまいちでした。

お疲れ様でした。
人だかりを避けてチャンディダサでマンボウ狙いを毎回希望されていたK氏とMさんですが、ヌサペニダで4枚独占できちゃいました。
今夜は、お祝いディナー。
ありがとうございました。

 

トランベンは、昨日から泊まって潜りこんでいるジャカルタからお越しのMさんとHさん。
昨夜のナイトダイビング、今朝は早朝ダイブでカンムリブダイも見られたそうです。
そして、日帰りガールズもあり。
タイ在住のMさん、宮城よりお越しのFさん&Aさん、はじめまして!
少々波が大きくて、沈船1ダイブ・ドロップオフ1ダイブと変更があったようです。

 

ガールズありがとうございました!

ヌサペニダ ファンダイブ&体験ダイビング

0

T氏とTさんの2日目は、ヌサペニダです。
本来ヌサペニダでの体験ダイビングは、やっていません。
まれに、店主が設けている条件をクリアした方は、体験でもお連れしています。
昨日の潜りぷりで店主のヌサ許可が出ました。

実は、問い合わせの段階でダイバーT氏はヌサペニダでの体験ダイビングを希望していましたが、店主のアドバイスでパダンバイで体験ダイビングをすることにしてくださいました。
まさかまさかの、体験ダイビングの彼女Tさんが「明日もダイビングしたい!」と言い始め、希望叶ってヌサペニダに決めました。
しかも、3ダイブ。笑

本日のヌサペニダ、海況よし。
波なし、流れ通常、透明度10m~25m、水温21℃~27℃

1本目クリスタルベイ
最近マンボウが出ていますね。
昨日はマンボウポイントの近くで、ジンベイ1匹とイルカの群れも・・出たらしい(衝撃の1枚)。

他のダイバーたちと一緒に混じって、体験Tさんもスピードボートからバックロールでエントリー。
昨日やっておいて良かったですね。

流れは少しありましたが、順調に出てゆきます。
深場のマンボウ探しは他のダイバーたちに任せて、店主たちは浅めで待機。
出ておかしくない水の動きでした。

 

頭上に群れーーーー

 

 

最後は癒しの安全停止

2本目マンタポイント
マンタポイントで、マンボウとマンタを見よう作戦でエントリー。

エントリー直後からマンタが出てくれて、ほっとしました。
エキジット直前まであっちもこっちも楽しませて頂きました。

 

マンタ乱舞・・・4枚ぐらいがくるくるくるくる。
エキジットして他店のお客さん(インドネシア人・マンツーマンダイブ)の一言にびっくり。
マンタとマンボウを見事に1枚の写真におさめていました。
いいな~!
深度を聞いて、納得。
今日店主たちが行ける深さではありませんでした。
このインドネシア人、昨日はイルカ抜きですがジンベイを見てるんですよね・・。

 

インドネシア~、インドネシア~

 

3本目マングローブでドリフトダイビング
速度75%ぐらいでまあまあの流れ。
体験Tさん、本日3本目。
昨日と今日で5本、ついにラストダイブです。
他店のダイバーたちは1本目終わってぶるぶる震えていましたが、T氏もTさんも全然寒がらないし、全然酔わないし、強靭なお二人。
「バックロールエントリーで入って、流れているので、水面の青いロープにつかまってみんなが揃うのを待っていてください」というのを聞いて、体験Tさんはその指示通りの動き。笑
ボートクルーたちも、Tさんが体験ダイビングとは思っていなかったらしくびっくりの様子。
いつかダイバーになってくださいネ。

 

ほどよく快適ドリフトです。
振り向けばT氏はぴったり付いてきてくれます。

 

魚がうじゃうじゃ。
暖かくていいやー、27℃!!

 

 

サンゴも大きな根もあちこち。

 

ドリフト中、ロープ発見。鯉のぼりになりましょう。

 

最後、流れがゆっくりになった頃、ウミガメ子供。
これは、体験Tさんが教えてくれたウミガメちゃん。

 

 

また流れていくと、小さな捕食中のウミガメちゃん。
昨日も2匹、今日も2匹のウミガメでした。
そろそろ上がりましょう。

T氏とTさん、2日間ありがとうございました。
昨日、体験ダイビング2本やって、今日は3本さくっとやってしまったTさんあっぱれでした。
マンタもウミガメもサンゴもカラフルな魚たちもいっぱい・・・濃厚な2日間でした。
Tさん曰く「昨日のパダンバイで体験をやったから、今日楽しめた。もしいきなりヌサペニダだったら、やはり怖いかも。」とのことです。
皆さん参考にしてください。店主も同感です。
ダイバーになってまたいつか戻ってきてください。
その時を楽しみにしています。

 

ヌサペニダ&パダンバイ ファンダイブ

0

本日は、ヌサペニダ組とパダンバイ組の2箇所です。

ヌサペニダ組は3ダイブ。
おとといトランベンでご一緒させて頂いたT氏と仙台よりお越しのK氏です。
はじめまして。
店主、紅一点!&近い世代のツアーになりました。ふふふ。

1本目:SD
ゆるーいドリフトダイビングとなりました。
穏やか、流れゆるーい、透明度若干にごりがあり18m、水温27℃。

ゆるーくドリフトです。

 

 

サンゴも生き生き。
遠くにウミガメもいました。

 

 

今日はダイブコンピュータを使ってみるT氏。

 

100本ダイバーのK氏は、アルミタンクでウェイト2キロ。
体が鉄タイプ。

 

 

2本目:マンタポイント
波少し、うねり少し、透明度15m、水温23℃
昨日より透明度が上がり、水温が暖かく感じます。
エントリーした瞬間、まず眼下にマンタ様の背中を見ることができました。
ほっ。

K氏は、GOプロで素敵なマンタ映像を撮られていました。

 

2,3個体が行ったり来たり。

 

 

水温23℃でも、ウェットスーツを着ないダイバー。
すごいな~。

 

 

根を行ったり来たり。
ダイバーも少なくて良かったです。

 

マンタ様の後姿

 

 

3本目:クリスタルベイ
昨日のマンボウは3本目だったらしいので、今日はちょっと期待です。
波なし、流れちょっと、透明度25m、水温19℃~

ラストダイブのT氏

 

 

皆さん寒いよね・・・
流れがあったり止んだり・・・もう少し待てばマンボウ現れたかもという状態で戻ることに。
あぁ、今日も残念。

 

 

浅瀬をゆっくり戻ります。

 

 

水面のボートに気をつけながら、安全停止。

 

冷たくなければ、もう少しいたかった・・・。
ホント、美しいところです。
T氏、K氏ありがとうございました。

おまけ
ログ付けタイムで、T氏と店主、同じ持病があったことが発覚。
ゲストで同じ病気は初めてかも。
筋トレしていてT氏はえらいなぁ。
店主、何も筋トレしていません。

そして・・・

 

パダンバイ組は、到着ほやほやで殆ど寝ていないMさんとAさん。
予約が直前すぎて焦りました・・・。
午前中しか時間がないので、1ダイブです。
時間がないので、早朝発で店主はご挨拶だけ。

パダンバイで、51分間の水中散策を楽しまれたそうです。
2年ぶりのダイビング、無事終了です。
次回は、もう少しゆっくり潜りましょう!

 

本日のゲスト様、ありがとうございました。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

本日はヌサペニダ3ダイブです。
昨日とほぼ同じメンバー、ついに最終日Fさん、加古川M子さん、大阪のT氏&Y氏。
やはり、いつでもどこでも、朝から笑いがたえません。

1本目:マンタポイント
波少し、うねり少し、透明度10m、水温終始22℃

 

最初からブラックマンタが姿を見せてくれました。
すぐ見れてほっと安心。

 

Fさん、いいポジションでした!

 

 

もうダイバーだらけで、迷子ダイバーも出る出る。
そして冷たい・・。

 

本日の愉快なメンバーです。
マンタポイントのうねりを 『ゆりかごみたいで気持ちいい』と言ったY氏。
なんとなく分かると理解を示すM子さん。
店主にはわかりませぬ・・・。

 

2本目:クリスタルベイ
波少し、流れ途中からあり、透明度30m、水温21℃~24℃

カッポレの群れ~~。

 

 

マンボウにはいい感じのところで、強烈な流れ。
もう進めません。冷たいしここらへんで少し待ちましょう。
そんな中でも、後ろの加古川M子さんはマクロ写真を撮って楽しむ余裕。
(彼女は、このダイブが最高だったそうです)

 

冷えますが、透明度もよく美しい。

 

 

帰り道、ダイバーだらけでごっちゃごちゃ。

 

 

この美しさ!
結局、マンボウは会えず終いでしたが透明度に皆さん感動でした。
(後情報によると、この後のダイブは出たそうです。)

 

 

ウミガメとY氏

 

 

誰も酔わずたくましい!

 

3本目:トヤパケ
波なし、流れちょっと、透明度20m、水温28℃(やっと温まる)

もう少し速いドリフトを期待しましたが、ゆるーーーいドリフトで進みます。
いきなり群れが来たー。

 

 

ロウニンアジが悠々と入ってきます。
ロウニンアジは5匹。

 

 

また、群れが特急でゆきます。
ユメウメイロの群れも圧巻でした。

 

大阪T氏は、朝からビーチでルンピア(春巻き)を大人買い。
帰りは肉まんを買っていました。
とにかく、彼は面白い。

 

 

最後はさんご礁を流します。
ウミガメもいました。

Y氏は、このダイブが最高だったそうです。
みんな好みがありますねー。
暖かくて心地よいダイビングだったので、ちょっと長めでエキジット。

 

~ キラキラスマイル ~
ダイビングを通じて皆さん仲良くなりました。
一緒に潜りたいね、と約束して解散。
女子サヌール組で打ち上げディナーも行っちゃいました。
皆様、連日ありがとうございました!

ヌサペニダ ファンダイブ

0

本日は懐かしいリピーターたちとの再会です。
ジャカルタ在住のS氏は2年ぶり!
そして、3年ぶりの教え子 Fさん。
昔、昔、大昔、当店でダイブマスターを修了されたたんだよね。
ダイビング業界で働いたことがないのに、もうログ400本を超えていました。
まだ20代なのに、すごーい。

 

1本目、クリスタルへ。
波なし、流れところどころ、浅場はうねり、透明度が若干落ちていて白っぽく15m、水温は26℃とあったかい・・。
奥の深場でマンボウ環境が整っていましたが現れず。

 

 

白っぽいですが魚影は濃いです。

 

帰りはうねりの中をゆっくり。

 

2本目はPEDから。
行ってきまーす。
本日は、日系ショップ3社でスピードボート乗り合い。
ですが、皆さん和気あいあい。

 

ダイブマスターFさん、すっかり女の子らしくなって・・・(親の気分)。
ドリフトダイビングなので、GOプロでいきます。

 

かっとび度85%ぐらい。
ぐんぐん流れに乗ってゆきます。

 

止まれません。
でも、気持ちいい!!!

 

 

きれいにまとまっています。
*S氏、マスク鼻ポケットが当たって痛かったそうな(後から聞いた)。
鼻が高くて羨ましい。

 

同じボートのGショップと最後は合流。
透明度いまいちで15mほど、水温28℃!

 

 

ドリフト安全停止

 

 

さんご礁を抜けてゆきます。

 

 

店主の好きなサンゴ

 

 


お疲れ様でした。
Fさん、かなりドリフトが気に入ったようです。
S氏は初めてのドリフトだったようですが、後半は余裕が見えましたね。

今日は2ダイブだったので、サヌールに戻ってビーチでランチ。
本日の珍事をあーだこーだ。
Sさん、また時間作って遊びにきてください。
Fさん、明日はアグン山登山気をつけてね。
皆様ありがとうございました。

ページのトップへ