Posts tagged ヌサペニダ

石垣チーム、ヌサペニダGOGO

0

石垣・クマさんのダイビングショップ御一行様の最終日は、ヌサペニダへ。
皆様相変わらず、元気。
誰も体調を崩さない・・・。
そして、埼玉よりお越しのMさん、はじめまして!
直前予約で、ヌサペニダにはビギナーすぎるレベルでしたが、Mさんのやる気度が高かったのでお受けしました。
今日は、インストラクターがたくさんいるし・・・)

 

マンタポイントへ到着までに数名が船酔い。
それでも石垣チームは、サクサクっとエントリー。
いってらっしゃい。
Mさんがひどい酔いのため、結構遅れてエントリー。
水面でもギブアップ寸前でしたが、頑張ってエントリー。
水中の方が穏やかだしマンタがすぐそこにいる!
ってことで、すぐに生き返ったMさん!よかった。

1本目、マンタポイント
波小、うねり小、透明度10m~15m、水温23℃
マンタポイントにしては、透明度はなかなか。
ただ、冷える。

すぐにマンタ!

 

うひゃ~っ、マンタ&うさぎ

 

マンタとびびるMさん。

 

ブラックマンタ様

 

もうずっとマンタぐるぐる。
ダイバーもたくさんでした。

 

2本目は、クリスタルベイ
波なし、流れ少し、透明度20m、水温23℃
また冷えますー、ですがきれい。

途中から石垣チームと会えました。
きれいにまとまって、各自写真をとっていますね。

 

あぁ、きれい。
マンボウはなし。

3本目、暖かさを求めてSD
波なし、流れなし、透明度15m~20m、水温27℃
ちょっとドリフトになる予定でしたが、全然流れず。

暖かいし癒されます。

 

石垣チームにとっては、写真が撮りやすいダイブとなりました。

 

ウミガメ&Mさん
Mさん、今日の3ダイブで急成長。

 

マナー良く、美しいエキジット。

 

☆キラキラ☆スマイル☆(写真提供:H社長)
タフな石垣チーム、楽しい3日間、ありがとうございました。
マンタが有名な石垣ですが、マクロも面白いようなので店主も行きたくなりました。
その時は、Mさん共々お世話になります。
(正解:マンボウ  誤り:電話)

マンタ ファンダイブ

0

大阪A氏、3日目はリクエストでマンタです。
日本あちこちでマンタを見ているのに、マンタ好きのようです。
そして、ジャカルタ在住リピーターH子さん、お久しぶりです。
お二人とも三桁ダイバー!

本日はヌサペニダですが、2ダイブ。
遅めの出発で、のんびり出発です。

マンタポイントの海況、まあまあよし。

波少し、うねり少し、透明度10m~15m、水温25℃
エントリー直後からマンタが下を通ってゆきました。

マンタは待つことほとんどなく、ダイビング中たくさん現れました。

 

マンタ&H子さん
カメラをやらないH子さん、毎度いいところにいてくれますー。
店主と以心伝心。

 

 

 


H子さん、小っちゃい・・。
この「背中にばってんちゃん」ずーーーっといました。

 

これは2015年9月のミンパン岩礁
この時も、マンボウとH子さん!
ドラマがあり、この時も印象深いダイビングでした。

 

 

A氏とマンタ・・・・大き過ぎて入らず。

 

 

他のマンタを見ているH子さん、上にマンタ来てますよ。

 

かなり小さな一枚がひらひら・・・。
子マンタ?と一瞬思いましたが、尾の長さと斑点が見えたので子供マラダトビエイのようです。

 

 

 

ブラックマンタも2枚いたりして、A氏は動画と写真で忙しそうでした。
H子さんも堪能。
不思議とあまり寒くなく56分間。

 

安全停止中まで・・・手の先端が折れているマンタ。
今日は、あまりに近く通ってくれたので、マンタと握手をしてしまいました。
ぬるぬる。

 

2本目行きます。
元気いっぱいニホンジン。
乗り合いで一緒だった西洋人スノーケラー2名は、酔ってぐったりでした。
お気の毒・・・。

 

2本目はクリスタルベイ。
波なし、流れ途中からあり、透明度20m、水温22℃
珊瑚いきいき。

 

エダサンゴとスズメダイのカーペット。

 

癒されます。
ですが、寒いぞーーー(22℃より冷たく感じる)、そして流れが・・。
H子さん、足がつりそうだったので、湾を出てそれほど進まず戻ることに。

ウミガメがいました。

店主の大好きな根。

 

無事にサヌール到着。
潮が引き始めていたので、猟師さんたちは立って釣り。

 


本日のナシゴレン、腹ペコダイバーはもちろん完食。

これまでにあちこちでマンタを見ているA氏曰く、一番良かったそうです。→うれしいっ。
マンタが多い、大きい、近くまで寄れる・・・・それが違いだそうです。
どんな動画が撮れたでしょうか?
皆さん、今日はありがとうございました。
マンタにも感謝。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

K氏&Yさん夫妻の3日目は、リクエストで昨日に引き続きヌサペニダへ。
K氏、今日は全く船酔いなし!

 

3日間はあっという間。今日が最後です。
さびしい。

 

 

1本目クリスタル
上手くエントリーでしたが、予想より流れあり。
水温は27℃。

 

流れの中で魚は生き生き!

 

 

休憩を兼ねてお二人は、18mで待ってもらいます。

 

店主は深場へ・・・うわーきれい。
ムレハタタテダイがいっぱい。
そして、下は流れがない!
そして、マンボウもいない。
流れがなかったので、K氏とYさんを呼びにゆきました。

 

折り返しは流れに乗って楽チンダイビングを予定していましたが、なんと流れが止まる。
まっ、のんびり帰りましょう。

水面へ向かうウミガメちゃん。

 

暖かいし天国みたいです。
浅瀬をロウニンアジが通りすぎてゆきました。

 

夫妻は、のんびり写真や動画を撮ります。

 

 

あぁ、ここ大好き。
店主は、おそらくこの根で1時間は遊べます。

 

2本目、PED→SD
波少し、流れ中程度あり、透明度12m~20m、水温29℃
PEDの浅瀬が白く濁っていたので、ちょっとずれてエントリー。
まったり軽めのドリフトだといいなぁ。

ゆるーく流れてゆき、10分ほどでSDに入りました。
こっちの方が透明度よしです。

 

ゴージャスな、カイメンたち。
昨日と同様、また流れがなくなり、止まる?と思った瞬間。
今度は、勢いよく流れ始めました。
いえい!

 

 

はろー、キンギョハナダイ

 

 

ベテランダイバーのお二人は、うまくコントロールしてまとまっています。

 

 

このサンゴ!!

 

 

オヤビッチャ群れ群れの大きな根。
ここからウミガメが出てきました。

 

ドリフトしながら、こういう景色が映画のように流れてゆきます。

 

K氏&Yさん、上がりましょうか。
3日間のダイビング、あっという間・・。

 

今日は2ダイブなのでサヌールに帰るはずなのですが、
あれ・・・見慣れない景色。
ちょっとある方が用事あって、少し寄り道。

 

 

さっき潜ったのはヌサペニダ島。
左手は小さなチュニンガン島、右手はレンボガン島。
二島をつなぐ、新しい橋。
新しくしても、また黄色。
因みに、古い橋は2016年、突然崩落しました・・・。

 

こういう何もなさげなところに泊まってみたいぞー。

K氏&Yさん、3日間ありがとうございました。
最後の最後まで、いろいろやらかしてくれて、笑い提供ありがとうございます。
毎年恒例・今夜は打ち上げ・・・ふふふ。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

日本からYさん&K氏夫妻、ジャカルタM氏、スマトラT氏を本日はヌサペニダへご案内しました。
昨日も一緒に潜っているので、2日目にしてすっかり打ち解けてお友達みたいです。

道中、まさかのK氏が船酔いしてしまいました。
大潮や風の影響か、波がありましたしね。
ダイバーになって初酔いだとか・・。
それでも3本潜る気満々です。

1本目、昨日マンボウが出ていたというクリスタルベイ
波少し、流れ少し、透明度18m、水温27℃

エントリーと同時にまずウミガメちゃん。
呼吸しに水面へ上がってきたところでした。
お互いにびっくり。

クマザサハナムロびゅんびゅん

 

T氏、まさかの2日目にしてヌサペニダデビュー・・・。

 

ウメイドモドキ

 

本日の4名様、きれいにまとまっています。

 

癒しの安全停止。
マンボウはなしでしたが、乾季にとっておきましょう。

 

2本目、マンタポイント
波あり、流れ少し、うねりあり、透明度8m~10m、水温25℃~

エントリーするとまたまた目下にマンタ様でした。
ただ、濁っていますな・・。
スマトラT氏、祝・人生初のマンタ!!

M氏は、写真も動画も撮っていました。

数えられないほどマンタが出てくるのですが、透明度がちょっと残念でした・・。
でも、ブラックマンタも数枚、求愛らぶらぶダンスなども見られました。

 

今日もありがとう!

 

 

朝は雲が多かったですが、昼はこの通りの快晴。

ボートでランチ休憩。
あれ?酔っていたK氏が復活。
もりもり完食&モクモク。
完全に酔いが抜けました。

 

3本目は、SDポイント
波なし、流れ少し、透明度20m、29℃

幸せエントリー 珊瑚が美しい&暖かい

 

昨日もパダンバイで見ましたがハナヒゲウツボ。
でも、これ黄色部分が多いですね。
幼魚は、黒
成魚は、ブルー(ここまでは雄)
更に年をとると、ブルーが黄色に変わってゆきます。
そして、性転換します。
黄色=雌
ってことは、この子は中年ぐらいで雌への性転換中!?
完全黄色の個体は、店主もまだ見たことがありません。

 

今日からストロボがあります。
新カメラを運んでくれたK氏とYさんありがとうございます。

本日2匹目のウミガメ。
狭い根に入り、自分で甲羅をごしごし磨いていました。
痒くても手が届かないもんね。
そして、なんかしゃべっています。
口をぽかーんと開けているウミガメ。
面白いシーンに遭遇でした。

 

最初はゆるーいドリフトでしたが、途中流れが止まり、反対向きに流れが変わりました。

皆さんがうっとりハナダイ。
クギベラやタテジマヤッコも観察。

珊瑚びっしり・・ずっとこのままで残ってほしいです。

 

 

快適すぎて上がりたくないですが、上がりましょうか。

サヌールに到着すると、潮が引いてビーチが遠い・・・かなり歩くことに。
ですが、この絶景!
各自、写真を撮りまくり。
水中もボート上も楽しかったです。
皆様、今日はありがとうございました。

ヌサペニダ&トランベン ファンダイブ

0

昨日に引き続き、またまた同僚チーム登場。
神奈川と富山より、K氏とU氏です。はじめまして。
有給休暇をとれなかったもう一名の同僚が、午後から到着するためヌサペニダ2ダイブ。

まずは、クリスタルベイへ。
波少し、流れちょっと、透明度18m、水温26℃~29℃
行きは若干アゲンスト気味でしたが、K氏もU氏も問題なし。

ホワイトティップリーフシャーク・・・タコもちらほら。

 

 

お食事中の小さなウミガメ

 

 

ウミガメの餌場・・・みんなにとっても美味しいのでしょうね。
群がる。
この後、ロウニンアジも水面下を通ってゆきました。

K氏はいつもフィリピン・ボラカイで潜っているそうですが、バリ島は初めて。
水面では酔うU氏ですが、水中に入ってしまえば問題なし。

 

きゃーっ、こういうの大好き。

 

ハナダイまみれの安全停止。

 

 

同僚であり、バディであり。

 

2本目、マンタポイント
波少し、流れ少し、うねりあり、透明度10m、水温25℃~

エントリーして15秒ぐらい、最初のマンタが始まりました。
K氏もU氏も、初マンタ!!

 

 

下も見ると、ヤッコエイ。

 

 

K氏もU氏もじっくりマンタ観察。

左手に5枚連隊、右手に3連隊は確認できたので、最低でも8枚はいたはず。
(右上はブラックマンタ)

 

 

1枚でも見られたら嬉しいとおっしゃっていたお二人。
ラッキーな日でした。

 

今日は次から次へと来る来る~。
ありがとう、マンタたち。

 

これは臨月マンタ?ぽっこり。
無事に産まれますように。

 

K氏とU氏、お疲れ様でした。
ってか、左手のオジサン・・・アナタ ダレ?・・なぜ入る?
次回は、是非乾季のマンボウへ。
今日はありがとうございました。

そして、今日はもう一組、トランベン日帰り3ダイブです。
昨日に引き続き、N氏とNさん夫妻。

GOプロ撮影はどうだったでしょう?
トランベン・キラキラスマイル
2日間ありがとうございました!

ヌサペニダ ファンダイブ

0

東京よりお越しのK氏と上海よりお越しのFさん、はじめまして。
バリ島で待ち合わせというインターナショナルなカップルです。
本日は、ヌサペニダへGOです。

Fさんは、まだCカードを取得されたばかりですが、K氏がダイブマスターレベルであるのでお受けいたしました。
他にゲストはいませんし・・。

K氏のリクエストでマンタポイントへ。
マンタポイントの海況はいまいちでした。
波がばたばた、うねりあり、透明度5m~8m、水温27℃。

 

マンタはすぐに出てくれたのですが、浅瀬までうねりと透明度の悪さで行けませんでした。
ほとんどのショップは、15m地点でマンタを待ちます。
ウミガメも通ってゆきます。

 

それでも、マンタは次から次へと1枚、2枚とよく現れてくれましたが、浮遊物が多く写真は撮れません。

 

ダイブマスターK氏は、動画をきれいにとっていました。
透明度はいまいちでしたが、初マンタに大喜び。

 

2本目はクリスタルベイへ。
マンタポイントエキジット後、波酔いになりそうだったFさん。
休憩中に回復。はやっ。
クリスタルは、波なし、流れちょっと、透明度15m、水温25℃。
若干白っぽい濁りあり、ちょっと冷えました。

サザナミヤッコ、クリーニング中。
バラクーダ、イケカツオ2匹、ロウニンアジが通ってゆきます。
きれいなイトヒキベラも!

 

サンゴもスズメダイも群れ群れ。
初心者のFさん、このダイブで急成長!

 

Fさん、中性浮力がとれ始めて、生物観察がじっくりできるように・・。

 

 

私たちのバブルが、根から出てきます。

 

スカシテンジクダイ地区

 

 

2本目はかなり楽にダイビングできたFさん。

 

 

3本目はSDへ。
波なし、流れ後半ちょっと、透明度12m~18m、水温25℃
浅瀬は少し白く濁っています。
ゆるいドリフトを期待しましたが、前半は流れず。

ウツボ

 

 

Fさんは、初ウミガメかな?

 

またウミガメ

 

ヌサペニダはまだまだサンゴがいいですね。

 

またウミガメだ・・このダイブ4匹目かな。
最後は、Fさん、K氏、ウミガメの3ショット。

 

 

エキジットして水面でボート待ちをしている間、顔をつけると群れ!
またエントリーしたくなりますー。

 

 

 

Fさんは、CAさんなんです。
スタイルいいし、美人。
今日の3ダイブでかなりスキルアップしましたね。
これからK氏と一緒にダイビングを楽しんでください。
そして、後から聞いてびっくり、K氏の100本記念ダイブでした。
おめでとうございます。
今日は、ありがとうございました。

 

 

ヌサペニダ ファンダイブ

0

ジャカルタよりお越しのリピーターM女史。
昨日はジャカルタでのお仕事を終え、送別会に参加、そして飛行機に乗って夜中2時にバリ島に到着したそうな・・。
尊敬する公私メリハリ度。
お疲れ様です!

本日はマンタ様に会うためにヌサペニダへ。

順調にサヌールを出発。
アグン山がくっきり見えます。

本日のマンタポイント
波なし、流れなし、うねりなし、透明度12m、水温28℃
潜行開始直後、すぐにマンタがゆきます。
まだ1分経ってない・・・・ラッキー。

ブラックマンタが頭上・・・でかい。

 

M女史、人生初のマンタ様。おめでとうございます。

 

最高3枚連隊でしたが、50分間、たえずマンタが見られました。

 

ブラックマンタにつく大きなコバンザメですね。
大きいのでおスギかと思いました。

 

こんなに見られるんだ~とびっくりのM女史でした。
予想以上だったようです。

 

エキジットしようと浮上開始していたのですが、ヨスジフエダイの群れや・・・・眼下にはまたまたマンタ3枚が遊んでる。
エキジットできない・・。

 

 

2本目はSD
のんびりドリフトダイビングを期待しましたが、流れは最後にちょっと。
透明度は20m、水温30℃。

オヤビッチャとヒメフエダイの群れ群れ。
すぐ近くには小さなウミガメ。

 

流れがないのでゆっくり進みます。
キハダやロウニンアジも通ってゆきました。

 

 

サンゴがびっしり!!!

M女史、エア減りません。
お疲れ様でした。
「ラジャンパットよりきれいだった」とのお言葉頂きました。
今日は海況が良くてラッキーです(濁る日もあります)。
M女史にとって、かなり濃厚な2ダイブになったようです。わーい。
M女史、ありがとうございました。
店主もかなり楽しめました。

今日は、バリ島は大晦日なので夜はオゴオゴです(ねぶた祭りのような感じ)。
明日は、新年ニュピです(外出禁止令)。
M女史は、ニュピを体験するためにバリ島にやってきたので、一緒にオゴオゴ見学してきます。
その前に、スーパーで買出ししないと。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

東京よりお越しのMYさん、Mさん、K氏をリクエストでヌサペニダへご案内しました。
はじめまして!
会社の同期だそうです。
事前に聞いていたより、3人ともログ本数がブルパラ基準より10~15本少なく冷汗店主。
(ヌサペニダ&レンボガンは、中上級者ポイントになるので、自分のことは自分でできるレベルの方をご案内させて頂いています)
とりあえず、マンタポイントで潜りぷりを見せて頂いてから、2本目・3本目のポイントを他のガイドたちと相談することに。
なんせ、今日は4ショップでボートシェアですから・・・。

 

1本目マンタポイント
波なし、流れなし、うねりなし、透明度10~15m、水温27℃
マンタポイントにしては、海況抜群。

入ってすぐにマンタ様はいました。

 

悠々と泳ぎでかいです。

 

マンタの根元では、タコが2匹。
多分、交接したいんでしょうけど、みんなに写真撮られてチャンスなし。
タコさん、場所が悪いと思うよ。

 

おーっ、パダンバイのKガイド。
こういうところで会うと嬉しいです。

 

マンタ連隊は見られませんでしたが、待つことなく、1枚、2枚と現れてくれました。
3人同期組は、久しぶりだったり、初カメラだったり、中性浮力に最初は苦戦していました。
っが、中盤からコツをつかみ始め、安定してきました。

同乗していた1ショップですが、深場へマンボウ探しに行きマンボウ1枚ゲッツだったようです。
この時期に、羨ましい!!!

2本目クリスタルベイ
波なし、流れ途中からあり、透明度18m、水温23℃~27℃
1本目の潜りぷりを見せて頂いた上で、各自反省や改善点をアドバイスしてGOエントリー。

2本目は最初からこの団結力。
きれいにまとまりました!いいね~。
さすが同期組ですね。
途中でアゲンストの流れが始まったので、無理せず浅瀬を通り戻ることにしました。

 

サンゴがすごい。

 

 

MYさんがカメラデビューなので、ゆっくり進みます。

 

撮れたでしょうか?

 

 

巻き上げないよう上手に根の下へアプローチ。
皆さん、急成長。

 

 

Mさん、超安定。

 

 

デバスズメダイ幼魚

 

 

皆さん、ヘビだと思ったようですがクモウツボです。

 

同期組、美しい。パーフェクト!!
水面下のクラゲを上手によけながら、ゆっくり慎重にエキジット。

3本目トヤパケ
波なし、流れ途中あり、透明度15m、水温25℃~27℃
潮的に緩いドリフトになる予定でしたが、エントリー時は穏やか。

ワクワクします。

 

ここはサンゴ群生の隙間にクマノミ系がいっぱい。
癒しのニモ。

 

 

途中でアゲンストの流れがあったので、戻ります。
ここはソフトコーラル群生ですが、ウィップフィンフェアリーラス(ベラ)が2匹びゅんびゅん飛んでました。
写真はもちろん撮れず。
背鰭フィラメントがきれいに立つと美しかったです。

 

はい、お疲れ様でした。
同期組、3ダイブで急成長でした。
この調子でこの先潜ってくださいねー。

 

スマワンビーチにてキラキラスマイル記念。
今日はありがとうございました。
素敵な仲間!

 

 

ヌサペニダ ファンダイブ2日目

0

Y氏率いる愉快な仲間たち2日目もヌサペニダ。
昨日ドタキャンだったN氏の奥様Tさんが来ました!はじめまして。
元気にGOGO。今日は酔った人がいなかったなぁ。

そして、昨日墜落したドローンは回復せずだったとか。
M氏、ファイトー。

朝は、アグン山から少し煙が出ていました。

 

 

おはよう、白鳥。

 

1本目トヤパケに入りたかったですが流れていたのでPEDへ。
流れはありませんが、にごり気味・・。

なんやらゴソゴソ。

 

今日はN氏のお誕生日。
おめでとうございます!!
65歳最終日もヌサペニダ。66歳初日もヌサペニダ。
目指したい・・・その若々しさ。

 

 

癒しのミゾレチョウチョウウオ

 

お誕生日N氏、ウミガメゲット。
スノーケリング参加の奥様Tさん、ウミガメを見たのに気づかなかったそうな・・。

 

 

お誕生日サプライズでドーナツーーー。
店主、ここのドーナツ大好きです。

 

N氏、おめでとうございます。
バリ島で、しかも海でお誕生日。

この辺りから、新たなグッズが登場。
「着ぐるみ」
帽子だけではなかったんだ。

奥様Tさんとお誕生日のN氏
(ニモ&フグ&白鳥)
サプライズ2は、メッセージ入りココナツ水

 

2本目はSDへ。
こちらもにごり気味。

ファインディングニモ&ドリー

 

 

活き活きサンゴ

 

 

幹事Y氏は、頭がニモ、下半身は白鳥パンツ。
強烈です。

 

 

魚影は・・

 

濃いのです。

 

3本目、トヤパケを見ましたがまだ流れが激しそうだったのでサケナンへ。
流れは少し、ですが透明度がやはりイマイチ。
雨季のバリ島。

バレリーナK子さん、とっくに100本超えですが写真撮影をやってないとのことでラストダイブでお祝い。
ダイバー仲間がいると、こういうことができて良いですね。

 

 

あっという間の2日間。
お疲れ様でした。

 

~きらきらスマイル~
お誕生日、100本記念、各種小物グッズ。
楽しかったです。
2日間ありがとうございました。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

Y幹事率いるダイバー仲間ご一行様、はじめまして。
ベテランチームでリクエストはヌサペニダ3本です。
スノーケリングで参加のN氏の奥様がキャンセル・・残念。

朝は雨が降りましたが、すぐに晴れました。
ラッキー。

順調にマンタポイント到着。
水面にマンタ3枚が・・・もう見える!!
波少し、うねり少し、透明度8m~15m、水温28℃
マンタにしては海況よし。

訳ありで店主は8分ほど水面にいたのですが、マンタがわんさか。
水面は漂流ごみが結構きてましたね。

 

 

エントリーしても、終始マンタでした。
頭を叩かれそうなほど、この後接近でした。

 

 

垂直浮上

 

 

今日は水深12mぐらいが割りと透明度が良く、しかもマンタが何度も通ってくれました。

 

 

このチーム、持込小物がすごい!

ベテランガイド大喜び。
フグ帽子&白鳥パンツ
バリ人の心をわしづかみ。

 

 

ドリー帽子

 

 

ボート2階からドローンを飛ばそうとしたら、柵にぶつかって海へ墜落。
実はこのドローン、水没2回目。
初回は、去年のGW。
石垣でダイビングボートが転覆した時にボート上にあり水没。
(M氏、コワイ経験しています)
ということで、まだ一度も映像を撮れていないそうです。
今晩、乾かして生き返るかどうか。
1%の可能性に期待です。バリ島は不思議なことが結構ありますから!!

 

2本目はクリスタル
波なし、流れちょっと、水温26℃、透明度が若干にごりありで15m

ニモ帽子 白鳥パンツ

 

 

ドリーK氏がロウニンアジを撮ります。

 

小さなウミガメ

 

 

N氏、2本目ですぐに安定です。
65歳最後の一日。
なんて充実した過ごし方!

 

 

大好きな根。

 

愉快なダイバーたちは、さくさくっと3本目です。
サケナンでドリフト予定でしたが、流れず。
若干にごりもあり透明度10mほど。

 

 

ニモは、白鳥パンツを後ろ向きにしてみたようです。

 

 

魚影は濃い

 

 

本日紅一点のバレリーナK子さん

 

 

お疲れ様です、美しくエキジット・・・空と雲のコントラストが素晴らしい。

持ち込む小物が多い!
バックから面白いものが出てくる出てくる。
幹事Y氏率いる愉快なダイバーたちでした。
今日はありがとうございました。
笑った。

ページのトップへ