Posts tagged ヌサペニダ

ヌサペニダ&トランベン砂地マクロ ファンダイブ

0

リクエストで本日はヌサペニダへ。
昨日に引き続きのKG氏、そしてジャワ島バンドンよりKちゃん。
おーひーさーしーぶーりー!
彼は昔、スラウェシ島マカッサルで海賊でした。
5年ぶりのダイビングでしたが、店主がレスキューまで育てたKちゃんなので問題なし。

朝から大変です。
乾季なのに、雨、雨、雨。
ハイシーズンなのに、ポーターが少ない。
更に、干潮でスピードボートが遠すぎ。

8時に出発予定と聞いていましたが、実際は10時出港。
日本人だったら、7:45には到着しているんですけどね・・・冷汗
2時間以上お待たせでした(店主の中で新記録)。
本当に申し訳ない状態でした。
屋根のある施設は、雨宿りダイバーでぐちゃぐちゃ。

小降りになった9:30頃から、やっと乗船。

遅れたので、この時点で3ダイブ予定が、2ダイブ予定に変更のお告げあり。
3ダイブ準備だったので、めまいが・・・。涙

1本目、マンタポイント
波中、流れちょっと、うねりあり、透明度8m~15m、水温23℃
意外と耐えられる水温でした。

久しぶりに見たKちゃんのフィンキック。
懐かしいよー、そのフィン。
なんとマンタなし。
マンタ気配ゼロなので、マンボウも探しに行きましたがなし。
滅多にないことが起きました。
昨日もいなかったとか。

浅瀬は真っ白でしたが、深場はそれなりにきれい。

KG氏とKちゃん、やっと少し出てきた太陽で温まります。
水面からは、イルカの群れがちらほら。

2本目、行ってきます。

クリスタルの海況
流れ途中あり、うねりあり、透明度15m~20m、水温21℃

 

サーモクラインも写真に写るんですね。
モヤモヤ。冷たい水が上がってきました。

 

 

ウミガメがダイバーのバブルシャワー突撃。
ダイバーたちは流れているので気づいていません。

 

ちょっと休憩。
KG氏もKちゃんも、流れに強いです。

 

流れが弱まった時にゆっくり進みます。
ウミヘビ行きました~。

 

ウミガメは4匹ぐらい?

 

流れていますが、KG氏は写真を楽しんでいます。

 

 

お疲れ様でした。
水中で、マンボウを見たと情報を頂きましたが、そこにはもういませんでした。
なかなかじっくり会えませんな・・。

ハードなダイブでしたが、お疲れ様でした。
Kちゃん、ブランクだかい

そして、もう一組。
早朝暗いうちに出発したスラバヤのK氏・Mさん夫妻。
昨日に引き続き、トランベン砂地でマクロダイブです。
ナイトロックスでじっくり潜ります。

トランベン、めちゃめちゃ晴れてて羨ましい!
2本目、少し波があったようですが、透明度もなかなかだったようです。
子持ちシムランスを撮ったそうな・・。
すごい!見たい!

皆様、今日はありがとうございました。
今夜は焼肉だーーー。

 

ヌサペニダ ファンダイブ&アドバンス講習

0

キャンセルもありましたが(涙)、今日は東京からの皆さんです。
1000本ダイバーに手が届きそうなN氏とS子さん、もうベテランを越えて悟りダイバーのカテゴリー。
そして、T氏はアドバンスダイバー講習で参加です。

風が強いな・・・。
朝のスマワンビーチ、ダイバーで混み合っているのと、ポーターの少なさでボートに乗るまでえらい時間がかかってしまいました。
皆さん、本当にお待たせしました。
ビーチから海に出ると意外と海況は穏やかでした。

1本目、2本目はクリスタルベイでマンボウ狙い。
波なし、流れ1本目少し、透明度20m、水温25℃~26℃
残念ながらマンボウなし。
その時間帯、浅瀬で泳ぐマンボウ目撃情報があったのでいることは間違いなし。
クリーニング中をゆっくり観察したいものです。

店主は、T氏のPPB(中性浮力)とディープを担当しました。
1本目、最初は慌てたT氏でしたが、すぐに勘を取り戻して中性浮力や姿勢が安定。
運動神経よさげです。

3本目は、SDへ。
波なし、流れ途中から、若干白っぽく透明度15m、水温26℃
最初は全く流れずでしたが、途中から立派なドリフトダイブ。
T氏はボートダイブでしたが、ドリフトも勉強になったと思います。
安定した状態で流れに身を委ね快適ダイブ。
今日はウミガメをたくさん見ました。
T氏・・・船酔いは大変でしたが、水中は元気でした。

悟りダイバーのS子さんとN氏は、さくさくっと元気に3ダイブ。
アドバンス講習T氏も3ダイブで急成長。
皆さん、お疲れ様でした。
風が強くて寒い~。

サヌールに戻ると、干潮すぎてかなり歩くことに。
ビーチが遠い・・。
ってことで、器材が未だに浜まで上がってきません。
運転手が戻らないので、店主のカメラも戻ってきません。
トホホ

皆さん、今日はありがとうございました!!

ヌサペニダ&パダンバイ ファンダイブ

0

東京よりお越しのIさん&Nさん、はじめまして~。
大学4年生・潜水部女子です。
リクエストでヌサペニダへ。
去年、潜水部の先輩たちが飽きるほどバリ島でマンボウを撮っていったんですよね。
ラッキーすぎる先輩たちのことを店主も忘れられません。

本日のヌサペニダ、海況よし。
穏やかになりました。
波なし、流れちょっと、透明度20m、水温25℃~26℃。
天気も良く、全然寒くない!

マンボウは、出そうで出なかったです。
マンタは、エントリー直後から、コンスタントにやってきました。
ブラックマンタも通りました。

それにしても、先日の高波で浅瀬珊瑚は壊れてるね・・。
小さな根まで消えている始末・・。
自然はすごいな。

 

水面が怖いほど、たーくさんダイバーが集まっていました。

 

2本目はサメからスタート。
店主的には、本日一番嬉しかったかも。

 

 

だって久しぶりのイヌザメ!
子イヌザメが見たいですー。
水槽でしか見たことありません。
珊瑚が先日の高波で無くなってしまったので、隠れるのも大変なんでしょうね。

 

マンボウは探すも不在。

 

ウメイロのクリーニング

 

Iさん&Nさん、やっほ~っ状態。

 

ウミガメは本日4匹。

 

3本目、浅瀬で移動中のマンボウをゲッツ。
15秒ぐらいでしたが、確かに見ました。

 

マンボウ後は、ナポレオン親子も。
立派なイソマグロ、ロウニンアジ、ウミガメ・・・。

 

ゴージャス珊瑚・・・パープルビューティやメラネシアンアンティアス。
個人的には、クギベラちゃんも。

 

潜水部なので、この若さで経験本数3桁。
水中で見ていても安心感。

 

 

ニセフウライチョウチョウウオの群れが前からやってきます。
どこ行くの?

 

水中も陸上もボートでも、明るい女子でした。
お疲れ様です、上がりましょう。
3ダイブ無事終了。
穏やかすぎるヌサペニダでした。

そして、パダンバイで潜っておられた名古屋よりお越しのMさん。
1年ぶりのダイビングだとか。
パダンバイの海況は、昨日に引き続きGOODだったそうです。
マンツーマンでのんびりダイビング。

皆様、今日はありがとうございました。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

奈良O氏の2日目は、高波警報で延期になっていたヌサペニダです。
昨日、娘様がバリ島挙式を終えたばかり・・ですが、お父さんは海へ。
おめでとうございます。

1本目クリスタル
波少し、流れ途中で一時あり、透明度10-15m、水温25℃。
クリスタルなのに、ちょっと残念な透明度・・。
高波だったので仕方ないか。

立派なウミヘビ

 

O氏は、集中してカメラと動画です。

 

珊瑚がすかすか・・・結構、砂もかぶっちゃっています。

 

 

ウミガメは2,3匹。
帰り道にアゲンストの流れが始まりましたが、落ち着いていたO氏。
ベテランダイバーです。
結局10分ぐらいのアゲンストで終了。
すんなり戻れました。

2本目、マンタポイントへ。
波少しあり、流れ少し、うねりすごい、透明度5~12m、水温23℃

O氏、初のマンタはブラックマンタでした。
エントリー1分でマンタが現れてくれて助かりました。

 

3枚いるんだけど、浅瀬は砂が舞って真っ白。

 

深場でもコンスタントにマンタを見ることができました。
こういう透明度でしたが、O氏は大喜び。
よかった・・・!
ってか、23℃で寒くないというO氏。
すごっ。

 

ランチをとって、3本目!
酔わない・寒くない・流れに強い・スタミナも十分。
行ってきます。

 

3本目もクリスタルへ。
2回目のO氏、さくっとエントリー。
波なし、流れ少し、透明度3~12m、水温27℃
砂地は砂が舞って、真っ白。
その白い層が小さかったのに、エントリー直後広がってゆきました。涙
こうなるとマンボウよりマクロ。

あぁあぁあぁぁ、大きなテーブル珊瑚がひっくり返ってる。
やはり、ずっと続いていた高波パワーはすごかったようです。

 

バラクーダの群れ

 

珊瑚がぼろぼろ

 

 

珊瑚がびっしりだったのですが、あちこちなくなりました。

 

災害に遭ってもたくましく生きるフタイロカエルウオ

 

クマザサハナムロがびゅんびゅんでした。
ダイバーはほとんどなし。

 

右手がクリスタルベイです。
実は中央岩の上に黒いバリヒンズーのお寺が建っていたのですが消えました。
波で持っていかれたようです。
岩が崩れている・・。
クリスタルの珊瑚被害は深刻・・マンボウは大丈夫でしょうけど。

 

近所のサヌール交差点です。
ものすごい交通量なのですが、分離帯にわんこ発見(首輪あり)。
本人気持ちよさげに歩いていますが、店主は見ていられない・・・。
無事に渡れますように。

O氏、今日もありがとうございました。

ヌサペニダ 

0

ここ数日、高波警報が出ているジャワ島・バリ島です。
催行するかどうか、ぎりぎりまで様子見でしたが・・・出発です。
潮の時間が良かったのか、移動中もそれほど揺れず。
あれ、いつもより穏やか・・・かも??

本日の店主、他店のお手伝いで参加です。
がんばりまーす。

今日は激しくないポイントへ。

 

ガマットベイ
波なし、流れなし、浅瀬はうねり、透明度10m~25m、水温28℃
ブルーが美しい。そして暖かい!
大きなウミガメやパウダーブルーサージョンフィッシュなどを観察。

2本目はSDポイント
波なし、流れ中程度、透明度20m、水温28℃
大きなナポレオンが目の前に・・・わおっ。
びっしりさんご礁の上をゆるーいドリフトダイビングで楽しみました。

帰りはあっという間にサヌール着。
帰りも穏やかな移動となりました。

 

サヌールに到着すると、パラセーリングやカイトサーフィンで人がいっぱいでした。
もちろん、漁師さんも。
本日も無事終了。

 

 

ヌサペニダ ファンダイブ 祝エンリッチ/パダンバイ 体験

0

昨日に引き続き、皆さんの2日目。
ファンダイブ組は、ヌサペニダへ。
体験ダイビング組は、パダンバイへ。
店主は、ヌサペニダを担当させて頂きました。

1本目 マンタポイント
波少し、うねり少し、透明度8m~15m
マンタポイントにしては良いコンディション。
ただ、冷たい~。水温21℃。
本日も皆さん、ナイトロックスで潜ります。

エントリー直後にブラックマンタが通ってゆきました。
皆さん、興奮。
いやー、K氏、ショートでしたがウェットスーツを着てくれて良かったです。
さすがにK氏も寒かったとのこと。

 

浅瀬にマンタが全然現れないので、深場へ。

ヨスジフエダイの群れ。

20mを行ったり来たり。

 

今日のマンタはほぼ不在でした。

さすがに皆さん寒かったようで、エキジット後は震えました。
天気が良かったので、ぎらぎら太陽と熱い日本茶で割とすぐに回復。

2本目、マンボウ探しに行こうかと思いましたが、流れがあったのと冷たそうなのは想像がついたので暖かいポイントへ変更。
ということで、SDへ。
波なし、流れ中程度、透明度18m、水温28℃。
温泉みたいです。シアワセ。
K氏は、本日も2本目は欠席。

クマザサハナムロびゅーーーーーーーん

 

 

大きなナポレオンにカスミアジがくっついています。

 

 

快適なスピードのドリフトダイビング。
E氏とS氏も流れに乗りながら、写真や動画撮影。

 

ハナダイもスズメダイもうじゃうじゃ。
珊瑚びっしりです。

 

いつまでもこの珊瑚が元気でありますように。

 

7,8分に1回は、ウミガメと遭遇でした。
タイマイとアオウミガメが、交互に現れてくれました。

 

顔はロウニンアジ、でも体が小さい?・・・・3匹。

 

E氏&S氏、上がりましょうか。
こういう海はストレスなし。
お疲れ様でした!

 

~ ビーチのわんこ ~
暖まりたい気持ち分かるわぁぁぁ。
最近、朝晩冷えるし。

サヌールのビーチに戻って、3名様はエンリッチドエアダイバーSPの筆記試験でした。
もちろん、皆さんハイスコアで難なく合格。
おめでとうございます。

 

2日間ありがとうございました。

 

もう一組は・・

体験ダイビング2日目のK氏とE子さんご夫妻。
波少し、流れ2本目、透明度15m、水温24℃~
1本目は潜水時間47分でしたが、2本目は寒さで30分で切り上げたそうです。
E子さんは平気だったようですが、K氏には寒すぎたようです。
でも、K氏の大きなコブシメ(コウイカの仲間)写真ばっちりでした。
雄雌並んでいる写真も!
今、ちょうどコブシメシーズンです。
お土産、大切に頂きます・・・。

皆様、2日間ありがとうございました。

石垣チーム、ヌサペニダGOGO

0

石垣・クマさんのダイビングショップ御一行様の最終日は、ヌサペニダへ。
皆様相変わらず、元気。
誰も体調を崩さない・・・。
そして、埼玉よりお越しのMさん、はじめまして!
直前予約で、ヌサペニダにはビギナーすぎるレベルでしたが、Mさんのやる気度が高かったのでお受けしました。
今日は、インストラクターがたくさんいるし・・・)

 

マンタポイントへ到着までに数名が船酔い。
それでも石垣チームは、サクサクっとエントリー。
いってらっしゃい。
Mさんがひどい酔いのため、結構遅れてエントリー。
水面でもギブアップ寸前でしたが、頑張ってエントリー。
水中の方が穏やかだしマンタがすぐそこにいる!
ってことで、すぐに生き返ったMさん!よかった。

1本目、マンタポイント
波小、うねり小、透明度10m~15m、水温23℃
マンタポイントにしては、透明度はなかなか。
ただ、冷える。

すぐにマンタ!

 

うひゃ~っ、マンタ&うさぎ

 

マンタとびびるMさん。

 

ブラックマンタ様

 

もうずっとマンタぐるぐる。
ダイバーもたくさんでした。

 

2本目は、クリスタルベイ
波なし、流れ少し、透明度20m、水温23℃
また冷えますー、ですがきれい。

途中から石垣チームと会えました。
きれいにまとまって、各自写真をとっていますね。

 

あぁ、きれい。
マンボウはなし。

3本目、暖かさを求めてSD
波なし、流れなし、透明度15m~20m、水温27℃
ちょっとドリフトになる予定でしたが、全然流れず。

暖かいし癒されます。

 

石垣チームにとっては、写真が撮りやすいダイブとなりました。

 

ウミガメ&Mさん
Mさん、今日の3ダイブで急成長。

 

マナー良く、美しいエキジット。

 

☆キラキラ☆スマイル☆(写真提供:H社長)
タフな石垣チーム、楽しい3日間、ありがとうございました。
マンタが有名な石垣ですが、マクロも面白いようなので店主も行きたくなりました。
その時は、Mさん共々お世話になります。
(正解:マンボウ  誤り:電話)

マンタ ファンダイブ

0

大阪A氏、3日目はリクエストでマンタです。
日本あちこちでマンタを見ているのに、マンタ好きのようです。
そして、ジャカルタ在住リピーターH子さん、お久しぶりです。
お二人とも三桁ダイバー!

本日はヌサペニダですが、2ダイブ。
遅めの出発で、のんびり出発です。

マンタポイントの海況、まあまあよし。

波少し、うねり少し、透明度10m~15m、水温25℃
エントリー直後からマンタが下を通ってゆきました。

マンタは待つことほとんどなく、ダイビング中たくさん現れました。

 

マンタ&H子さん
カメラをやらないH子さん、毎度いいところにいてくれますー。
店主と以心伝心。

 

 

 


H子さん、小っちゃい・・。
この「背中にばってんちゃん」ずーーーっといました。

 

これは2015年9月のミンパン岩礁
この時も、マンボウとH子さん!
ドラマがあり、この時も印象深いダイビングでした。

 

 

A氏とマンタ・・・・大き過ぎて入らず。

 

 

他のマンタを見ているH子さん、上にマンタ来てますよ。

 

かなり小さな一枚がひらひら・・・。
子マンタ?と一瞬思いましたが、尾の長さと斑点が見えたので子供マラダトビエイのようです。

 

 

 

ブラックマンタも2枚いたりして、A氏は動画と写真で忙しそうでした。
H子さんも堪能。
不思議とあまり寒くなく56分間。

 

安全停止中まで・・・手の先端が折れているマンタ。
今日は、あまりに近く通ってくれたので、マンタと握手をしてしまいました。
ぬるぬる。

 

2本目行きます。
元気いっぱいニホンジン。
乗り合いで一緒だった西洋人スノーケラー2名は、酔ってぐったりでした。
お気の毒・・・。

 

2本目はクリスタルベイ。
波なし、流れ途中からあり、透明度20m、水温22℃
珊瑚いきいき。

 

エダサンゴとスズメダイのカーペット。

 

癒されます。
ですが、寒いぞーーー(22℃より冷たく感じる)、そして流れが・・。
H子さん、足がつりそうだったので、湾を出てそれほど進まず戻ることに。

ウミガメがいました。

店主の大好きな根。

 

無事にサヌール到着。
潮が引き始めていたので、猟師さんたちは立って釣り。

 


本日のナシゴレン、腹ペコダイバーはもちろん完食。

これまでにあちこちでマンタを見ているA氏曰く、一番良かったそうです。→うれしいっ。
マンタが多い、大きい、近くまで寄れる・・・・それが違いだそうです。
どんな動画が撮れたでしょうか?
皆さん、今日はありがとうございました。
マンタにも感謝。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

K氏&Yさん夫妻の3日目は、リクエストで昨日に引き続きヌサペニダへ。
K氏、今日は全く船酔いなし!

 

3日間はあっという間。今日が最後です。
さびしい。

 

 

1本目クリスタル
上手くエントリーでしたが、予想より流れあり。
水温は27℃。

 

流れの中で魚は生き生き!

 

 

休憩を兼ねてお二人は、18mで待ってもらいます。

 

店主は深場へ・・・うわーきれい。
ムレハタタテダイがいっぱい。
そして、下は流れがない!
そして、マンボウもいない。
流れがなかったので、K氏とYさんを呼びにゆきました。

 

折り返しは流れに乗って楽チンダイビングを予定していましたが、なんと流れが止まる。
まっ、のんびり帰りましょう。

水面へ向かうウミガメちゃん。

 

暖かいし天国みたいです。
浅瀬をロウニンアジが通りすぎてゆきました。

 

夫妻は、のんびり写真や動画を撮ります。

 

 

あぁ、ここ大好き。
店主は、おそらくこの根で1時間は遊べます。

 

2本目、PED→SD
波少し、流れ中程度あり、透明度12m~20m、水温29℃
PEDの浅瀬が白く濁っていたので、ちょっとずれてエントリー。
まったり軽めのドリフトだといいなぁ。

ゆるーく流れてゆき、10分ほどでSDに入りました。
こっちの方が透明度よしです。

 

ゴージャスな、カイメンたち。
昨日と同様、また流れがなくなり、止まる?と思った瞬間。
今度は、勢いよく流れ始めました。
いえい!

 

 

はろー、キンギョハナダイ

 

 

ベテランダイバーのお二人は、うまくコントロールしてまとまっています。

 

 

このサンゴ!!

 

 

オヤビッチャ群れ群れの大きな根。
ここからウミガメが出てきました。

 

ドリフトしながら、こういう景色が映画のように流れてゆきます。

 

K氏&Yさん、上がりましょうか。
3日間のダイビング、あっという間・・。

 

今日は2ダイブなのでサヌールに帰るはずなのですが、
あれ・・・見慣れない景色。
ちょっとある方が用事あって、少し寄り道。

 

 

さっき潜ったのはヌサペニダ島。
左手は小さなチュニンガン島、右手はレンボガン島。
二島をつなぐ、新しい橋。
新しくしても、また黄色。
因みに、古い橋は2016年、突然崩落しました・・・。

 

こういう何もなさげなところに泊まってみたいぞー。

K氏&Yさん、3日間ありがとうございました。
最後の最後まで、いろいろやらかしてくれて、笑い提供ありがとうございます。
毎年恒例・今夜は打ち上げ・・・ふふふ。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

日本からYさん&K氏夫妻、ジャカルタM氏、スマトラT氏を本日はヌサペニダへご案内しました。
昨日も一緒に潜っているので、2日目にしてすっかり打ち解けてお友達みたいです。

道中、まさかのK氏が船酔いしてしまいました。
大潮や風の影響か、波がありましたしね。
ダイバーになって初酔いだとか・・。
それでも3本潜る気満々です。

1本目、昨日マンボウが出ていたというクリスタルベイ
波少し、流れ少し、透明度18m、水温27℃

エントリーと同時にまずウミガメちゃん。
呼吸しに水面へ上がってきたところでした。
お互いにびっくり。

クマザサハナムロびゅんびゅん

 

T氏、まさかの2日目にしてヌサペニダデビュー・・・。

 

ウメイドモドキ

 

本日の4名様、きれいにまとまっています。

 

癒しの安全停止。
マンボウはなしでしたが、乾季にとっておきましょう。

 

2本目、マンタポイント
波あり、流れ少し、うねりあり、透明度8m~10m、水温25℃~

エントリーするとまたまた目下にマンタ様でした。
ただ、濁っていますな・・。
スマトラT氏、祝・人生初のマンタ!!

M氏は、写真も動画も撮っていました。

数えられないほどマンタが出てくるのですが、透明度がちょっと残念でした・・。
でも、ブラックマンタも数枚、求愛らぶらぶダンスなども見られました。

 

今日もありがとう!

 

 

朝は雲が多かったですが、昼はこの通りの快晴。

ボートでランチ休憩。
あれ?酔っていたK氏が復活。
もりもり完食&モクモク。
完全に酔いが抜けました。

 

3本目は、SDポイント
波なし、流れ少し、透明度20m、29℃

幸せエントリー 珊瑚が美しい&暖かい

 

昨日もパダンバイで見ましたがハナヒゲウツボ。
でも、これ黄色部分が多いですね。
幼魚は、黒
成魚は、ブルー(ここまでは雄)
更に年をとると、ブルーが黄色に変わってゆきます。
そして、性転換します。
黄色=雌
ってことは、この子は中年ぐらいで雌への性転換中!?
完全黄色の個体は、店主もまだ見たことがありません。

 

今日からストロボがあります。
新カメラを運んでくれたK氏とYさんありがとうございます。

本日2匹目のウミガメ。
狭い根に入り、自分で甲羅をごしごし磨いていました。
痒くても手が届かないもんね。
そして、なんかしゃべっています。
口をぽかーんと開けているウミガメ。
面白いシーンに遭遇でした。

 

最初はゆるーいドリフトでしたが、途中流れが止まり、反対向きに流れが変わりました。

皆さんがうっとりハナダイ。
クギベラやタテジマヤッコも観察。

珊瑚びっしり・・ずっとこのままで残ってほしいです。

 

 

快適すぎて上がりたくないですが、上がりましょうか。

サヌールに到着すると、潮が引いてビーチが遠い・・・かなり歩くことに。
ですが、この絶景!
各自、写真を撮りまくり。
水中もボート上も楽しかったです。
皆様、今日はありがとうございました。

ページのトップへ