Posts tagged トランベン

トランベン ファンダイブ

0

スラバヤよりお越しのT子さんとAさんをトランベンへご案内しました。
お二人とも、リピーター様ガールズ。

天気も海況も抜群です。
波なし、流れなし、透明度20m、水温29℃。
すてき。

 

ログ200本は超えているT子さん、かっこいい!
髪型もダイビング仕様~。

 

ちょっとブランクありのAさん、マスクが曇ったり、ウェイトが足りなかったりありましたが、無事エントリー。
1本目は水に慣れてもらいましょう。
なんとリバティ号は初めてだったAさん。

 

2本目GOのガールズ。
今日はすごいダイバー数でした。
国内が連休らしい・・。何の日!?

 

今回はスムーズ!いえい!

ヤッコエイ、ぱふぱふやってますよっ。
直後、いろいろありましたが続行です。

深場のサンゴ、いきいき。

サザナミトサカハギ増えてます。

タカサゴの群れやら、オヤビッチャの群れやら、クマザサハナムロの群れやら、2本目は群れ祭り。

リバティ号の中

 

クロハコフグ幼魚・・癒されるよ、君に。

コウショウダイ組も集合。
直後にまたいろいろ・・・が発生。

小さなオニカマスも数匹。
小さな稚魚ぽいのも浅瀬に発見。
まだ白いです。

 

カスミアジ vs オジサン

温かくて透明度が良いと、ストレスぜろ。
エア持ちの良いガールズとは、どうしてもロングダイブ。
この他にも、小さなウミガメ、アカマダラハタ、フタイロカエルウオ、アカククリ、アカヒメジ群れ、ハダカハオコゼなどを観察。
お疲れ様でした!

帰り道でユニークな乗り物と遭遇。
Vespa にサイドカー付けてる人はいますが、後ろにも・・。
Vespa1台で大人4名・・・・そしてこの峠越え。
右カーブの時は、全員右へ傾き、左カーブの時は、全員左へ傾きます。
とっても楽しそう。

T子さんAさん、今日はありがとうございました。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

妹がおととい帰国し、店主の休暇も終わりです。
仕事モードに切り替えないとです。

今日は祝日だったようで、皆さんジャカルタからです(何の日?)。
トランベン沈船へ。
道路がガラガラであっという間に到着です。

リピーターのMさんやAさんが所長を連れてきてくださったり、
今回来てないリピーターK氏が上司を紹介してくださったり、
Rさんは、自分でネット検索&ブログ読み込みしてきたそうな・・。
ありがたいです。感謝。

本日の海況抜群。
波なし、流れ最後にちょっと、水温29℃、透明度20m。
店主は、T氏とRさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
1本目、小さなウミガメを独占でじっくり観察できました。
ラッキーでしたね。
(カメラ持っていくべきでした)

2本目、更に余裕です。
耳抜きも問題なし。

 

Rさんはジョギングが日課、T氏はサッカーをしていたそうで・・・運動神経がいい。

 

餌付けしなくても寄ってきます。
おさかなまみれ。

 

鉄骨の下には、アヤコショウダイたちがずらーーーっと並びます。

 

帰りにちらっと手を離してみたら、美しい流線型で付いて来るRさん。

 


リバティ号の浅瀬には、チンアナゴがたくさんいます。
今日は小さなカマスも数匹。
大きなカツオも通り過ぎてゆきました。

全員カメラ持ちのファンダイブ組もそれぞれに楽しまれたようです。
帰りの道路もガラガラであっという間にサヌール着です。
のろのろトラックが道路からいなくなると、こんなに走りやすいことの証明ですな・・。

皆様、ありがとうございました。

トランベン 体験ダイビング

0

ニュピ明けのバリ島です。
本日、朝6時より通常通り外出できます。

茨城よりお越しのリピーターS子さんがお孫ちゃんを連れてやってきてくださいました。
大晦日オゴオゴの中をバリ島入りし、昨日新年ニュピはホテル内プールでゆっくり、今日からダイビングです。
水の人・ヒロキは10歳になりました。
去年の夏休みは9歳で、初めての体験ダイビングとして、2日間も参加してゆきました。
去年は2mでのダイビングでしたが、今回は10歳なのでもう少し深くいけますよ。
10歳を待ちに待ったヒロキ本人が『もっと深く潜りたい』とのリクエスト。
今回は、S子さんの念願だった『孫と潜る』実現です。

本日のトランベン、海況よし。
波なし、流れなし、透明度10m~15m、水温28℃。
潮が満ちていてくれてエントリーエキジットが超楽チン。

前回4ダイブしていっているので、軽く陸上で復習。
浅瀬で呼吸やスキルを思い出してもらい、エントリーです。
*小さなマウスピースのためオクトパスをメインで使用

 

S子さんは、今回ムービー撮影だったようです。
もうすぐ200本ダイバーです。

 

リバティ号の中

 

腹ペコのケショウフグ・・・・全く逃げません。

 

S子さん、ヒロキと潜れて良かったですね。
ヒロキが生まれた頃から言ってましたよね。
そのために水泳を習わせたり・・・。
お父さんはサーファーだし、婆ちゃんはダイバー。

 

コショウダイがわんさかでした。

 

かわいすぎる!

ランチタイムもプールでずっと遊ぶヒロキ。
車の中でも起きているし、いつバッテリーが切れるのか。
エネルギーの塊ですわぁぁ。

2本目エントリー前に、3人で『ウミガメ』と祈ると小さなウミガメと遭遇できました。
言霊パワー、絶対あるよっっ。
昔、S子さんはリバティ号で『マンボウ』と言うと、マンボウが出てくれたことがあるのです。
店主、目を疑いましたね・・。

 

2本目若干透明度落ちましたが、魚影は濃くなり、クマザサハナムロなどびゅんびゅん飛んでました。

 

記念パチリ

 

水の人・ヒロキ、お疲れ様でした。
スーパー婆ちゃんと一緒で幸せ者!!

トランベンを出て山越えの手前で、タイヤがパンク。
たまにありますね。
毎回タイムを計りますが、うちの運転手は9分でタイヤ交換。
祝・新記録!!
S子さん、ヒロキ、今日はありがとうございました。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

本日は偶然ですが、北海道と沖縄の学生たちが集合。
日本の最北と最南が、インドネシアバリ島トランベン村リバティ号を潜るなんて、面白いなぁ。

2日目ファンダイブの帯広畜産大学・CさんとIさんは、サクサクっと準備済ませてあっという間にエントリー。
いってらっしゃーい。

店主は、沖縄大学チームの体験ダイビングを担当させて頂きました。
皆様、素直な感じでお土産まで頂いてしまいました。
なぜ?????
なんと彼らのゼミ教授が店主の同期Rさんだったのですよ・・・・(聞いてないし!)。
大昔、17年前のことになりますが。
そんな訳で、同期Rさんからまで『お手紙付きお土産』が届けられました。
スタッフみんなで頂きます!
感動MAXでした・・。

本日の海況、抜群です。
波なし、流れ少し、透明度18m、水温28℃、トランベンブルー!
ただ、2本目の水面はゴミが集まってしまいました。

沖縄大学・体験ダイビング組はスムーズ。
皆さん、耳抜きの問題もなく無事潜行。

 

店主担当は、I君とAさん。
余裕でした。

 

みんなが見たチンアナゴ。

 

これは、途中で遭遇のCさんとYさんですね~。

 

リバティ号船尾周辺

帯広畜産大学・CさんとIさんガールズがエキジットしてきた!
2本目は60分超えのロングダイブでした。
素敵な写真が撮れたようです。

祝・北海道&沖縄
店主も道産子だし・・・笑

 

2本目は水中記念撮影をするため、チンアナゴで集合。
H君とS君を待っている間、先着組はヨメヒメジを観察中。

H君とS君、到着です。二人ともビッグ。

 

沖縄組・記念撮影パチリ。
思い出になりますように。

 

 

浅瀬5mでうじゃうじゃ群れてます。

 

 

Aさん、I君、とても落ち着いてました。
ウミガメ、ナポレオン、ヤッコエイ、バラクーダ、ウミウシ、クマノミ、アオヤガラ、アカククリなどを観察。


最後はムスジコショウダイたち。トランベン、ありがとう。
無事終了。

 

北海道組の素朴な疑問
『沖縄在住なのに、なぜわざわざバリ島で体験ダイビングをする?』
沖縄組の回答
『沖縄地元の人は素潜りはしても、体験ダイビングはまずしない。機会がない。』
確かに地元だと、そういうものなのかもしれませんね。ふむふむ。

皆様、今日はありがとうございました。
日本の未来は明るいと感じられた一日でした。

 

 

トランベン ファンダイブ

0

本日は、滋賀県のヘアサロン『ガネイシャ』様御一行をトランベンへお連れしました。
30名以上でバリ島社員旅行。
すごーい!!
内、今日はダイバーが11名。
ダイバー比率が高い職場ですね。

波なし、流れなし、透明度15m、水温28℃。
晴天&海況抜群のトランベン。

8名は、先日日本で講習を終えたばかりの初ファンダイブの方々。
ドライスーツや寒さの講習と比較すると、ここはウェットだし温かいしほんと楽チン。
ウェットスーツを着る段階ですでに感動の声があちこちから・・。

 

タコが直立不動。1匹なのにどうした??

 

社長I氏は、この辺で素敵な写真を撮られていました。

 

初ファンダイブ、楽しんでますか?

 

良かった~、皆さん楽しまれてるようです。

 

★ キラキラスマイル ★

 

 

2本目は水中でも記念撮影。

 

美容業界は・・・

 

美人さん&イケメンばかり。

 

リバティ号のアカヒメジ

 

店主はアドバンス組の社長I氏、H氏、Aさんとご一緒させて頂きました。

 

じーーーーっとしているH氏にウミガメが向かっていきました。ほのぼの。

 


魚影の濃さに皆様大喜び。
これからもダイビングを続けてくださいね。
今日は一日ありがとうございました。

 

 


あれーーーーーーーーー、また偶然会えました。
若者は、どこでも元気です。

祝ダイバー トランベン

0

Rさんの講習は早朝ダイブから。

 

おはよう、トランベン!
セッティング・準備、全て一人でやります。
もうダイビングボートが来てるし・・・涙
カンムリブダイの群れは無理かな~。

 

出遅れた感じだったのですが、まさかのエントリー1分でカンムリブダイ15匹ぐらい。
しかも、誰もおらず・・・。
Rさん、ラッキー!!

 

そしてオヤビッチャすぎる。

 

ホバリングでじっくり観察して頂きました。
ナポレオンが通りましたが、Rさん違いがわかっていない様子。

 

2本目は、透明度抜群で深場は25mほど。
フリー潜行やエア切れスキル等などをやって、水中散策開始。
同時に、深度18mでの中性浮力やエア消費などを経験してもらいました。

あっという間に3本目。
ラストダイブですよ。総括ダイブ。
また濁りが入り、少し流れあり。
残圧見て、深度見て、減圧不要限界見て、コンパス見て忙しいけど、この安定感!
実は、Rさん、計器フェチでした。
こういうの好きなんだとか・・・・女性で珍しい。

 

計器に囲まれニッコニコ。

 

Rさんは、上から見たハダカハオコゼ。

 

そして、ウミガメは一番前で見ることができました。
Rさんは、たくさんのダイバーに囲まれてどきどきだったとか。

 

そろそろ安全停止ですー。
慎重に・・・入ります。

 

安全停止中は、大きなナポレオンがクリーニング中。

 

 

鉄柱を目安にホバリング。美しいです!
エアも延び始め、後片付けも積極的にサクサク。
文句なくダイバー認定します。
おめでとうございます。
新しい世界と趣味が広がりましたね。
これからいろいろな海で経験を積んでいってください。
ありがとうございましたー。

オープンウォーターダイバー トランベン

0

スマトラ島よりお越しのRさんの講習スタートです。
お待たせしました、ついに・・・実現!
年末年始に講習希望でしたがお受けできずに、体験ダイビング4日間もやっていったRさん。
その後、アチェで体験ダイビングもやったとか・・・・。
はまりそうなRさん。

1本目ですでに安定感があるRさん。
姿勢もいいんだなぁ。

 

やどかり

 

南部からのダイバーが減り、群れがあちこちでした。
透明度は10mぐらいですが、穏やか。

 

安全停止です。5mに3分止まります。

 

湖みたい・・。

 

オープンウォーターダイバー講習は通常3日間ですが、Rさんには2日間の特例を出しました。
トランベン1泊2日でハードな合宿でも文句言わないコース。
事前学習もばっちり。
先ほど21:30までお勉強して、学科試験も95%という正解率。
プールも海洋ダイブ1本も終えました。
明日は早朝から3ダイブ!
晴れて朝陽が見られますように。

トランベン ファンダイブ

0

東京よりお越しのK氏、N氏、Oさんをトランベンへご案内しました。
海洋大学の卒業旅行だそうです。
専門は癒しのクラゲ!
到着ほやほやの移動で、車中は爆睡。

若いっていいなぁ。

トランベンの海況、穏やか。
波なし、流れ2本目若干、透明度10m~12m、水温28℃。
ダイビング後、雨がぱらつきましたが、終始晴れたり曇ったり。

口内保育中のジョーフィッシュで、みんなでカメラで構えているのに、下手なダイバーが真上をバタバタ通過。怒
全く周りが見えてないダイバーが、こんな深くに来てはいけませんね~。

 

ヤマブキスズメダイが産卵場所を整えている姿が多かった。
N氏は襲われていましたが・・・。

 

ウミガメ大を見た後、これはウミガメ小でした。

 

N氏は潜水部ですでにダイブマスター!
それだけで安心感。

 

リュウグウウミウシ、普通ですがやっぱかわいい。

 

まだ小さなジャイアントバラクーダとヤッコエイ。
さすが海の大学、皆さんダイビングが上手い。
エアもちも良く、ロングダイブ。

 

自然のクラゲを見たいという皆様。
それは、難しい・・・。

 

2本目は流れが少し入り、透明度が落ちた・・。

 

若者、リバティ号船首をゆく。
大きなコクハンアラが悠々と通り過ぎました。

 

 

 

チョウチョウコショウダイの幼魚

 

深場は、ソフトコーラルは美しい。

 

すごい歯!捕食姿は結構えぐい。

 

まだまだ大きくなります。

4月からは、皆さん社会人として新しい道へ。
日本を担う若者たちに、店主は期待しています。

 

あなたじゃなーい。割り込みしすぎ。
ロングダイブで無事終了。
ラストダイブの透明度はいまいちでしたが、さすが海の学生、魚影の濃さはご理解頂けました。

帰路の車中も、お休み3秒。ZZZZZ
卒業旅行のバリ島を満喫していってください。
今日は朝早くからありがとうございました。
祝・ご卒業&祝・社会人!!

トランベン ファンダイブ

0

S女史とT氏、2日目はトランベン。
1本目、T氏がアジの群れを見たいとのことでドロップオフへ行きましたが、まさかの大波(昨日は凪)。
どう見てもアジがいる浅瀬は濁っているので、沈船へ移動です。
誰かさんがカメラ充電し忘れ・・・どうしても電気が必要

リバティ号の海況はまあまあ。
全く雨に当たらず!
波は少し、流れ1本目だけ、透明度は浅瀬は濁りでしたが深度をとれば問題なし。
2本目の透明度は18mほど。水温28℃ですが、寒く感じます。

そしてそして、店主は今朝から体調不良でごめんなさい・・。
店主が食べれないのはおかしい。
潜れるけど、食べれないのはやはりおかしい。
本来いつも腹ペコですからねぇ・・。

 

いつもの歓迎の舞

 

うじゃうじゃの中で安全停止

 

2本目だけは透明度上がりました。
素敵なバディですね。

 

カブラヤテンジクダイ・・・惚れた!

 

S女史、ハダカハオコゼのベストショットおめでとうございます。

 

コウメウミウシ、産卵中でした!

 

2日続けてウミガメ見ちゃったT氏。
これまで100本ぐらい出会えてなかったのがウソのよう。

 

やっほー、フタイロカエルウオ

 

操作不能になっちゃったカメラでクダゴンベ

 

本日の3本目の奇跡は、チョウチョウコショウダイの幼魚でした。
S女史が撮りたいと言い始め、「小さくてかわいい盛り個体」はもういないよと言ってたら、探し始めてすぐにいてくれました。
3人で笑ってしまいましたね~。
強運&幸運なお二人でした。

 

ダイバーがいなくなると大きなナポレオンが出てきます。
今日はなんとナポレオン3匹連隊。
その後は、クリーニングされたりのんびりの各自。

 

イバラカンザシは黄色が一番。

 

S女史が妊娠してると思ったケショウフグ。

お疲れ様でした。
あっという間に2日間6ダイブが終わってしまいました。
ばっちりバディでしたね、またお二人で遊びにきてください。
ありがとうございました!

お仕事終わって、お祈りです。
今日は、Tumpek Landep という「鉄の日」。
バリヒンズーの重要な祭事なんですね。
鉄や金属で出来ている道具などに、日頃の感謝と敬愛をこめて特別な供物を捧げる日だそうです。
道具たちが安全に使われ、事故が起きませんようにと願いを込めます。
今回は、ワヤンが自ら進んで全て飾りつけとお供えを準備してくれました。
本当に感謝です。

バイクもきれになって嬉しそう。

 

働き者のミニバス、いつもありがとう!
信じがたいですが、この子は20歳になります。

 


いつもありがとう、タンクたち!

パダンバイ体験ダイビング&トランベン日帰り3ダイブ

0

本日は2箇所で、皆さん早朝出発。
おはようございまーす!!

東京よりお越しのKさん、Mさん、Sさん、Hさん、N氏、M氏の体験ダイビングでパダンバイへ。
お正月が終わって何休暇なのかと思いきや、会社の海外研修中だとか・・・。
医療系の難しいお仕事をしている同期の皆さんで参加です。
KさんのみCカード保持者で、もちろん同期で潜ります。

本日のパダンバイ、海況よし。
波なし、流れちょっと、透明度10m~20m、水温28℃。
そして快晴!!

 

全員スムーズに入れちゃいましたっ。
耳抜きもスパスパ。
はやっ。
ヘコアユ、タコ、ウミウシ、シマウミスズメ、ニモ、デバスズメダイなど人生初の水中散策を楽しみました。

 

 

エキジットで聖なるアグン山山頂が見えます。
きれい~。

 

皆さん、元気に水面休憩。
酔いやすい人が多いとのことで、実は心配だったダイビング。
ですが、事前に酔い止め対策を各自行いました。
祝・酔い人おらず!

 

2本目は皆さんバックロールエントリーで入るし、この余裕。

 

店主が担当した体験N氏の手を離すと、この姿勢!
骨が鉄タイプで、ウェイト1キロ減らしても、まだ沈むぐらいでした。
Cカード保持者のKさんは、水中カメラ持参でぴったり付いてきてくださいました。
本数の割りに、中性浮力が鍛えられているのが分かりました。

 

流れが少しあり、軽いドリフト状態。楽チン。
浅瀬の景色がどんどん変わります。

 

同期で潜るなんて羨ましい・・。

 

ポツポツとある根には、魚たちが群れ群れ。

 

ロクセンヤッコのペアやブルースポットスティングレイも・・。

 

同期でパチリ

 

大きなテーブルサンゴが点在しています。

 

お疲れ様でした!
皆で潜る、達成。

誰も水面で怖がらず、耳抜けない人もおらず、誰も酔わず、着替え等の行動も早く、とてもスムーズな進行。
しかも、渋滞に全く当たらず。
会社の集合時間があったので余裕を見て早朝出発にしたのですが、かなり余裕でホテルまで到着でした。
よかった~。
皆様、今日はありがとうございました!

そうして、もう一組のH氏、K氏、Yさんはトランベン日帰り3ダイブ。
実は、昨日のパダンバイツアーが3名様で入っていましたが、真夜中にキャンセルになってしまったんですね・・。
トランジットで乗り遅れてしまいバリ入りできず。
バリ島入りできないのは、仕方ありませんが、店主慌てました。わらわらわらぁ。
なので、結局、三名様とはお会いできず。
でも、やさしいバリ人ガイドがいるので大丈夫です。

 

 

ブリーフィング

 

 

行ってらっしゃい。Yさんは、記念すべき初ファンダイブ。

 

 


『THE 潜行』
波が全然なくてGOOOOOOD。
現地からの情報によると、透明度20m、水温29℃。
午後からパラパラと雨が降ったそうです。
1日しかダイビングできませんでしたが、次回はゆっくり来てください。

皆様、今日はありがとうございました。
結局、会えずに終わってしまいましたが、次回は是非。
バリ島を満喫していってください。

ページのトップへ