Posts tagged トランベン

ファンダイブ&講習2日目 トランベン

0

東京よりお越しのT氏、はじめまして。
先日、体調不良でキャンセルだったデンパサール在住Mさんが元気に登場!
そして、講習2日目のジャカルタ在住N氏。
皆さん、明るい・・・和気あいあい。
男子はトランベンまで、不眠で話していたような気がします。

本日のトランベン
波中、流れなし、うねり少し、透明度10m~15m、水温28℃
予想していたより波が小さかったです。
昨日とおとといが大きかったので、おさまりつつあるよう。
ラッキー。

N氏の海洋1本目。
セッティングからさくさく全部自分でやってもらい、波のビーチエントリーも上手に入れました。
スキルをやって、後半は水中散策。
最初はばたばたしていましたが、どんどん落ち着いてゆくN氏。

 

クマノミたち、ちゃんと生活していますよね。

昨日トランベンだったMさんが、えらい感動していたチンアナゴ&シンジュアナゴ。
今日も背が高かったですよ!
波の中、これまた上手にエキジット。
大きいN氏は、多少の波では全く動じません。
まだ海洋1本目ですが、マンツーマンですしがっつり潜ります。

 

2本目エントリー
ファンダイブ組・東京T氏とバリMさんいってらっしゃーい。

 

N氏の海洋2本目行ってきます。
1本目の反省をひとつずつ改善してゆきます。
やる気レベルも高いし、学習能力高い!

 

スキルの後は、生物観察。

 

深いところで中性浮力。
この安定感。

 

リバティ号中央で、ファンダイブ組と会えました。
☆~記念撮影~☆

 

東京T氏、まだビギナーですが落ち着いていますね!
バリMさんは、もうベテランです。

 

ここで安全停止です。
N氏も間近でコショウダイ観察。
バタバタしなければ、かなり近寄れるんですよ。

 

 

オトメベラ&N氏
2本目にして、この落ち着きがすごい。
お疲れ様です。

 

 

棚田で途中下車。
トランベンは晴れ/曇りでしたが、この辺から雨がぽつぽつ降り始めました。

 

今日はこのようなバリ人の御一行があちこち。
バリ暦によると、亡くなった方の法要の日だそうです。
バリ島は被写体がごろごろ。

 

2日間潜っていたMさんは、本日車チャーターで今晩帰国。
ウブド王宮のMさん。
スミニャックは、雨で渋滞のようです。
お気をつけて。

皆様、今日はありがとうございました。
笑いがたえず、陸も水中も楽しかったです。
N氏のトーク炸裂。
サヌールも久々に雨だ・・。

トランベン ファンダイブ、OWD講習、車チャーター

0

早朝、石垣チームは帰国されました。
お見送りに行けず、申し訳ないです。

 

朝、ゲストの宿へお迎え。
素敵すぎる・・。

 

店主のランチは、ナシゴレン。
これおいしかった!!

 

ジャカルタ在住N氏のオープンウォーターダイバー講習。
初日は学科とプールです。
事前学習をしっかりしておいてもらえたので、さくさく進みます。
運動神経も抜群。

 

そして、昨日のマンタ乱舞に感動したMさん。
2日目はリクエストでトランベンへ。
波あり、流れなし、透明度10m-15m、水温28℃。

 

波でこけたそうですが、昨日のハードなヌサペニダ3本に比べたら大したことなかったそうな。
いいダイバーになりそうです。

 

そしてそして、石垣チームの別便組は、夜まで車チャーター。
バリ島南部でショッピングを楽しまれていると途中経過が入ってきました。
クタ、スミニャック、かなり渋滞のようです。

ダイビング中はかなりたくましいAさんとEさんでしたが、服を着ると女性らしい・・・。
かわいい。
最後の最後まで、バリを楽しんでいってくださいね。

皆様、ありがとうございました。

石垣チーム トランベン、桟橋Jetty、パダンバイ

0

石垣・クマさんのダイビングショップ御一行様の2日目。
沈船・早朝ダイブです。
穏やか。

おはよう、トランベン。

 

 

朝6時過ぎで、水中はこの賑わい。

 

カンムリブダイたちは、ちょっと少なめ。
砂地では、ダイバーの多さで散ってしまいますね。

 

腹ペコ・イントラM子さん。

 

Aさんの100本記念&Eさんの300本記念ダイブとなりました。
バリ島で記念ダイブ!!
おめでとうございます。

 

朝ごはんを食べて、パダンバイへ移動です。
せっかくですから、下車してアグン山の撮影。

 

そして、ライステラスも!

 

石垣チーム、水中も陸上も明るい。

 

リクエストで、桟橋Jettyへ。
8ヶ月間の桟橋大工事を経て、解禁ほやほやの桟橋へ。
またいつ工事でダイビング禁止になるかわかりません。
水底や中層の魚は激減ですが、ウミウシはいっぱい。
またきっと戻るでしょう。

波なし、流れ少し、うねり少し、透明度8m、水温25℃

Jettyといえば、トゲトゲウミウシ。
オレンジの後、紫がいくつかいました。

 

地味ですが、初めてみたかも。

 

これもトゲトゲ?
色がまだら・・。

 

ちょっと冷たかったですが、70分超え。
石垣チーム、それでもへっちゃら。
たくましい・・。

お腹を満たし、3本目はパダンバイ。
波少し、流れ途中あり、透明度12m、水温23℃~
更に冷たい・・。

オレンジダムゼル・・もう少し早かったらなぁ・・。

 

まだ頼りない子供オランウータンクラブ。

ウミシダウバウオX2
頭上にはグルクマの群れが行ったり来たり。

本日も無事終了。
あっという間に2日間が終わってしまいました。
はやい。
そして、皆さんタフ。
今日もありがとうございました。

石垣よりいらっしゃいませ トランベン

0

石垣島より、クマさんのダイビングショップ 御一行様です。
皆様、はじめまして。

初日はマクロでトランベンへ。
ナイトロックスでじっくり潜ります。
本日、店主は潜らなくてよかったのですが、様子が気になりやはり付いて行くことに・・。

本日のトランベン、海況よし。
波小、流れなし、透明度15m、水温28℃

ふっくらピグミー

 

 

皆さんそれぞれに写真撮影。

 

トゲツノメエビ、大小2匹でした。

 

なんだろー?

 

イッポンテグリ幼魚が、よたよた歩いているではありませんか。
ちっちゃい!幼魚はレア。

 

小さなコガラシエビ

 

フウライウオは最初の2ダイブで、3,4個体みかけました。
ウミウシもたくさん。

 

お食事中のフリソデエビ。

 

また集まってる。
皆さん、自分で生物を見つけて写真を撮ります。
とても楽しそう・・。

 

カエルアンコウ、そこでは目立ちすぎです。
この後、極小サイズの個体がもう1匹。

 

這いずり

 

 

インドネシア風ランチをとって、3本目行きます。
皆さん、いろいろな場面で適応力が高い・・。

3本目、アジ玉リクエストで急遽ドロップオフへ。

社長、楽しんでいってください。

 

アカメハタ2匹

水底より真水が湧き出ています。
というか、いつもこんなはっきりくっきり見えてたかな・・。。

オックスアイスカッド(アジの仲間)
ロウニンアジや子供オニカマスが通ってゆきました。

 

 

キイロサンゴハゼ、かわいいな~。

 

本日4本目は、沈船ナイトダイブ。
いってらっしゃーい。
店主は、陸で見送ります。
皆さん、元気すぎる。

初日、無事終了。
皆さん、ありがとうございました。
今晩はゆっくりお休みください。
トランベンの夜空は、星だらけ。

トランベン ファンダイブ

0

ジャカルタH子さんのリクエストで、トランベンへ。
最後のトランベンが去年の9月でしたね!

本日のトランベン、波少し、流れなし、透明度18m、水温28℃
ベテランダイバーなので、どんな辺鄙な場所でも、さくさくっと着替えてあっという間にエントリー。
私たちどこでも生きていけますね。

 

うふっ、クダゴンベ

 

うふっ、スミレナガハナダイ

 

最近、ハワイで潜ることがあったそうですが、あまりときめかなかったそうです。
インドネシア以外で潜るのは初めてだったとか・・・。

 

 

H子さん曰く、梅みたいですね。確かに。

 

 

小さなオニカマス

 

 

最後は、オックスアイスカッド(アジの仲間)

 

本日のH子さん、1本目からロングダイブ。
暖かさ最高!

 

水面休憩中、アグン山が吹きました。
でも、この1発だけ。
ダイバーたち、写真撮りまくり。

 

 

チリメンウミウシ
上を見上げると、わおっ、ロウニンアジが通ってゆきます。

 

人口密度高いコロニー

 

 

H子さんは、自分で楽しめるタイプ。

 

 

うふっ、ホホスジタルミ幼魚
そして、シマキンチャクフグの稚魚にときめいたH子さん。
まだ形が小さな丸状態でした。

 

 

キイロサンゴハゼ、ここだけ10匹ぐらい付いてます。

店主の教え子でもあるH子さん、三桁ダイバーか・・。
はやーっ。
これまでの思い出話に花が咲きます。
今日はありがとうございました。

トランベン ファンダイブ

0

大阪A氏2日目、今日はマンツーマンでリクエストのトランベンです。

 

いつもと違うライステラス道路を通ってゆきます。

本日のトランベン、若干波あり。
結構、転倒者出ていました。
浅瀬うねり、透明度10m~18m、水温28℃

10年ぶりに初心者ダイバー状態で潜ったことがあるというリバティ号、いかがですか。
当時は、手をつながれてダイビングしたそうな・・。
今は3桁ダイバーのベテランです。

 

写真に関する質問をたくさん受けたので、写真講習ダイブになりました。
A氏は、努力家ですぐに吸収するタイプ。

 

カンムリブダイだ・・・遠くにジャイアントバラクーダもホバリングしていました。

 

チョウチョウコショウダイ幼魚。
A氏はこの時動画。

 

モンツキアカヒメジたち

 

ムスジコショウダイたち

 

水中・夜桜

 

コウメウミウシ
A氏は、ライトで写真撮影。
いいですねー。

まだ小さなコロールアネモネシュリンプもいました。

タルミちゃんのクリーニングはグロテスク。

 

 

撮影時、左手の指示棒使いなど、とてもよくなりました。

 

 

パープルビューティー幼魚??

エア持ちがかなりいいA氏。
マンツーマンですし、カメラだし、ロングダイブ。

 

 

目があった・・。

お疲れ様です!
波にも負けずエキジット成功。

そういえば、おとといブルパラ号が退院したのです。
3週間の予定が、結局、5週間でした(想定内)。
美容整形完了。

 

帰路、ライステラスで写真撮影。
脱穀・・・手作業?

 

サヌールに入ってからあちこち渋滞でした。
通行止めもあちこち。なぜ???
事務所に戻って分かりました。
デンパサール・レノン組が歩いてサヌールのビーチでお祈り。
大行列で往復していたようです。
バリ島すごいわぁ。

A氏、今日もありがとうございました。

トランベン 日帰り3ダイブ

0

本日は、国内リピーター様とゆくトランベン日帰り3ダイブです。
テロ事件が終息したスラバヤからはK氏とMさん夫妻。
そして、ジャカルタからは教え子でもあるM子さん。

赤々と上るサンライズを見ながら、北上です。
皆さん、朝に強い!

アグン山噴火騒動後、皆さん、初めてのトランベン。
何度もトランベンは潜っている皆様なので、今日は砂地マクロダイビング。
本日のトランベン海況抜群。
波なし、流れなし、透明度18m、水温28℃。

ハダカハオコセのペア

 

グロッソドリス・ヒクエレンシスX2

 

歯が怖すぎる・・けど、心優しい子。

 

モンジャウミウシが活発でした。

 

キスして離れた!!

 

一つ目のオックスアイスカッド(アジの仲間)の群れ&皆様

 

二つ目の群れ・・・浅すぎです。笑

 

ヒレナガネジリンボウがヒラメに食べられた!!
目の前で見たMさん、ショック・・合掌。

かわいいねー、ピグミー

 

 

カンナツノザヤウミウシ

 

ゴージャス・マツカサウミウシの仲間

 

コガラシエビ極小1cm弱・・・育ってね。

 

トゲツノメエビ・・・・3本目で極小もいました。

 

みんな寄ってくるし・・・笑

 

ご飯食べたし、3本目行くですー。
インドネシア各地で活躍されている皆様。
M子さんは毎回耳抜きに苦戦。
店主は潜行でサイナスが病む日です(最近、朝晩めちゃ冷えます)。

 

フリソデエビ、育ちすぎ。
でかい。

 

ホシゾラウミウシのペア

 

 

ウミウシカクレエビ・・・でかすぎ。爆
きっとうざいと思うな・・・カクレエビも2匹。

 

オレンジラインワームゴビー

 

オランウータンクラブ・・こちらもでかい。

 


ミカドウミウシぽいけど?

皆さん、朝早くからありがとうございました。
また足を延ばしてトランベン・マクロダイブやりましょう。
打ち上げは、お肉。

 

トランベン ファンダイブ

0

スラバヤT子さんとA女史の2日目は、トランベン3ダイブです。
残念ながら、スラバヤK夫妻は外出を自粛しバリ島入りをキャンセル(テロリストのばかぁ・・)。

本日のトランベン、少し風と波がおさまりつつあり、水中はGOOD。
波少し、流れなし、透明度15m、水温28度

目を閉じたいと思いますが、まぶたがない・・。

 

スミレスズメダイとミツボシクロスズメダイ幼魚たち。

 

ニセネッタイスズメダイ・・・・各種スズメダイが目に付きます。

 

着物モチーフのニジハタ

 

 

セグロチョウチョウウオ1匹が寄ってきます。
模様がホント美しい。

 

アジ、オックスアイスカッドの群れ!
後でゆっくり見ましょう。

 

水中も水面も人でいっぱいでした。

 

チリメンウミウシ・・今日3ダイブでたくさんウミウシを見ました。

 

クロユリハゼ

 

アジと遊びます。

 

A女史、今日は「巻き上げ注意報」を何度か受けましたが、2本目後半からぐっと良くなりました。

 

突撃

 

ダイバーがいない時に独占!

 

 

ボリュームたっぷりのランチを今日は浜で食べて3本目。
インドネシア在住者は、物事の許容範囲が広い。
A女史がニワトリが怖いなんて、知りませんでした。笑

 

うひょー、ハナミノカサゴ稚魚
浅瀬には、ジャイアントバラクーダが・・。
オオメハゼの根も。

 

トラフシャコ、手が出てる?

 

狭い根の中にウツボが2匹おさまっています。
裏側にまわるとボディにもベンテンコモンエビなどうじゃうじゃ。

 

ベテランT子さんと成長中のA女史、お疲れ様でした。
A女史、新しいフィンもすんなり履けるようになって良かったですネ。

 

夕方のアグン山。今日は一日中姿を見せてくれました。
今日も楽しかったです。ありがとうございました。

 

ヌサペニダ&トランベン ファンダイブ

0

昨日に引き続き、またまた同僚チーム登場。
神奈川と富山より、K氏とU氏です。はじめまして。
有給休暇をとれなかったもう一名の同僚が、午後から到着するためヌサペニダ2ダイブ。

まずは、クリスタルベイへ。
波少し、流れちょっと、透明度18m、水温26℃~29℃
行きは若干アゲンスト気味でしたが、K氏もU氏も問題なし。

ホワイトティップリーフシャーク・・・タコもちらほら。

 

 

お食事中の小さなウミガメ

 

 

ウミガメの餌場・・・みんなにとっても美味しいのでしょうね。
群がる。
この後、ロウニンアジも水面下を通ってゆきました。

K氏はいつもフィリピン・ボラカイで潜っているそうですが、バリ島は初めて。
水面では酔うU氏ですが、水中に入ってしまえば問題なし。

 

きゃーっ、こういうの大好き。

 

ハナダイまみれの安全停止。

 

 

同僚であり、バディであり。

 

2本目、マンタポイント
波少し、流れ少し、うねりあり、透明度10m、水温25℃~

エントリーして15秒ぐらい、最初のマンタが始まりました。
K氏もU氏も、初マンタ!!

 

 

下も見ると、ヤッコエイ。

 

 

K氏もU氏もじっくりマンタ観察。

左手に5枚連隊、右手に3連隊は確認できたので、最低でも8枚はいたはず。
(右上はブラックマンタ)

 

 

1枚でも見られたら嬉しいとおっしゃっていたお二人。
ラッキーな日でした。

 

今日は次から次へと来る来る~。
ありがとう、マンタたち。

 

これは臨月マンタ?ぽっこり。
無事に産まれますように。

 

K氏とU氏、お疲れ様でした。
ってか、左手のオジサン・・・アナタ ダレ?・・なぜ入る?
次回は、是非乾季のマンボウへ。
今日はありがとうございました。

そして、今日はもう一組、トランベン日帰り3ダイブです。
昨日に引き続き、N氏とNさん夫妻。

GOプロ撮影はどうだったでしょう?
トランベン・キラキラスマイル
2日間ありがとうございました!

祝・アドバンスダイバー&ファンダイブ トランベン

0

シンガポール在住Aさんの講習2日目は、トランベンです。
そして、福島よりお越しのY氏、はじめまして。
偶然ですが、AさんもY氏も出身は長崎でした。
そんな訳で、移動中も和気あいあい。

 

本日のトランベン、海況よし。
波なし、流れなし、透明度12m~15m、水温29℃。
暖かすぎる・・。

Y氏は、贅沢にガイドとマンツーマンでファンダイブ。
いってらっしゃい。
店主はAさんのアドバンス講習担当です。

Aさんの念願だった沈船ダイブ。
*今日もストロボは使えません・・・ごめんなさい。

 

リバティ号の中で巻き上げず、じーっとじーっとホバリング。
2日目にしてこの安定感。
まだログ9本目!

 

シマキンチャクフグのくるくる求愛ダンス観察。
Aさんも感動!店主も感動!
カンムリブダイとも会えました。
ファンダイブのY氏は、ウミガメを見たそうです。

 

 

2本目、せっかくですし、エントリーだけ一緒に記念撮影。
長崎チーム

 

Aさんのラストダイブは、ナビゲーション。
四角形が五角形に??笑
ディープと同じく、彼女はかなり天然です。
算数の「み・は・じ」って初めて知りました。
年齢がばれてしまう?

 

 

後半は、アドバンス総括の意味でもう少し沈船散策。
残圧のチェックはもちろん、減圧不要限界の確認、深度を意識して見る、コンパスで方向確認・・自立したダイバーになってきました。
最初の不安の数々がウソのよう・・。

 

昨日に引き続き、今日はコバンザメが付いて来ました。

 

タコは、今日3匹。
一組は、交接間近な様子。

 

 

Aさんが好きなコショウダイたち。

 

シラナミイロウミウシ

 

Aさんが好きなゴールドベリーダムゼル。

 

 

今日は2本とも穏やかでラッキーでした。
Aさん、2日間一生懸命頑張りました。
アドバンスダイバーおめでとうございます。
来週のモルディブ、この調子で潜ってきてください。羨ましい。
Y氏、寒い日本の海しか知らないので、今日のトランベンは感動して頂けました。

絶景・棚田

 

交通量の多いバイパスの大きな交差点。
アヒルたちが一日の仕事を終え、信号を渡ってゆきました。
これはたまにしか遭遇できないので、もし見れたらラッキー。
車とバイクに気をつけてね。

長崎チーム、ありがとうございました。

ページのトップへ