Posts tagged トランベン

トランベン 体験ダイビング&ファンダイブ

0

東京よりお越しのT子さん&S氏、はじめまして~。
リクエストは、トランベン沈船。
昨日、トランベンは波が出ていたので、今朝確認したところ「昨日と同じぐらいの波」という情報。
お迎え後、T子さんたちに相談したところ、多少の波は大丈夫とのことだったのでトランベンへ向かいました。

トランベンへ到着すると、昨日より波が高くなってる・?・?・冷汗。
T子さんはCカード保有者ですが、S氏は初めての体験ダイビング。
かなり運動神経がよさげなので、体験講習をがっつりしてエントリーです。

本日の海況
波あり、流れ1本目あり、透明度5m~12m、水温28℃

まさかのエントリーでこけましたが、皆さん上手に「ウミガメ放流作戦」でそのままエントリー成功。
S氏は、スノーケリング経験もあり、水も怖くないのですんなり入れました。
T子さんと一緒にダイビングスタート。

大波エントリー後、中に入ると、結構な流れ・・。
サスケダイブだ。
T子さんはウェイトが足りなかったり、流れにつかまっちゃったり前半はいろいろありましたが

リバティ号船体内部で、ちょっと休憩。
流れが弱まるのを待ちます。
S氏は初めてですが、終始落ち着いていてすごい!

 

浅瀬が白く濁り、水面の波の影響が多かったので、体験の12mを少し超えてしまいました。
大波エキジット・・・今日は久しぶりに運転手が水に入ってくれて手伝ってくれたので転ばず。

 

2本目、いきます。
意外と体験S氏もダイバーT子さんも、大波にびびってないんですね。
淡々と冷静。

またエントリーで転んだら、そのまま「ウミガメ放流作戦」で波を抜けること。
でも、2回目ということもあり、すんなり美しくエントリーできてしまいました。
すごい。

2本目は、流れもなく快適。
ウミガメとパチリ。

 

だいぶ大きくなったね。

 

メタボなケショウフグ

 

ムカデミノウミウシ

 

安全停止中

 

魚が入ってきて

 

入って来て、邪魔をします。

 

T子さんも楽しそう!

2本目はがっつり楽しむことができました。
あぁ、恐怖のエキジットだ・・。

いやー、奇跡的に器材を脱ぐことなくエキジット成功できちゃいました。
S氏&T子さんの脚力の強さ。
そして、裸の運転手もいい仕事!

無事終了。お疲れ様でした!

 

帰りの車中は、本日の武勇伝やお仕事のことで盛り上がりました。
ルアックコーヒーをお土産に買い罪悪感に苛まれているS氏・・・。笑
ルアックコーヒーは買ってはいけません。
この辺りの感性が、3人とも似ていて店主としては嬉しかったです。

 

大波でしたが、お二人は楽しめたそうです。
朝早くからありがとうございました。
お話面白かったです。
お二人のご活躍を楽しみにしています。

体験ダイビング&ファンダイブ トランベン

0

石川・富山よりお越しのU氏とM氏、はじめまして!
インドネシアに出張中で、今日はお休みDAY。
リクエストでトランベンへ行ってきました。

U氏は認定ダイバーですが、M氏が初めての体験ダイビング。
同僚で仲の良いお二人は一緒に潜ります。
二人とも明るい・・。笑

本日のトランベン、波があるー。
波中、流れなし、透明度8m~15m、水温28℃
波の影響で浅瀬は濁っています。

M氏は波があって、水面でびびっていましたが、無事エントリー。
体はかなり硬直していましたね・・。
よく頑張りました!!
ダイバーU氏は、さすがダイバー、多少の波は問題なし。

割とすぐにウミガメがいました。

 

リバティ号のハンドル

 

ヒブダイ

 

ムスジコショウダイ群れ群れ。

 

 

2本目行ってきます。
本日の店主、両手にお花状態。

 

U氏はちょい深めで、自分で楽しめています。
きちんと付いてきてくれるので安心感。

 

船内に入ってみます。

 

U氏はこの安定。
ちょいびびりのM氏は少し怖かったそうです。

 

あちこち壊れ方が加速しています。

 

テンス2匹!!

 

2本目はかなりリラックスして余裕が見えてきたM氏。
赤マスクが素敵ですよ。
U氏は、スーパーリラックス。
エア持ちも素晴らしい。

 

 

昼過ぎると、波は少しマシになりました。
U氏、M氏、お疲れ様でした。
筋肉男子で助かりました。

 

ランプヤン山がくっきり。

 

 

あっ、交通規制の予告が張ってある。

10月8日~14日までバリ島ヌサドゥア地区で大きな会議が行われます。
IMF・世界銀行の年次総会だとか。
世界中から偉い人が集まってくるんでしょうね。
警備が大変だ・・・。
道路が混むだろうといわれているのは、10月5日~20日まで。
プラス、この予告のように、車両進入も制限されそうです。

ですので、この期間、ヌサドゥア地区に宿泊されるダイバーはお迎えできなさそうです。
予約時にお知らせします。

U氏・M氏、今日はありがとうございました。
陸も水中も楽しかったです。
また遊びに来てください(駐在になったら)。
短いバリ時間を楽しんでいってください。

トランベン ファンダイブ

0

ジャカルタ組H子さんとM子さん、3日目はリクエストでトランベンへ。
やっと、ブグブグ村のバリ祭事渋滞が終わったのでスムーズ。
あっという間にトランベン着。

本日のトランベン、海況よし。
波少し、流れ少し、透明度15m、水温28℃。
さくさくっと準備して、エントリー。

 

お子様組が集合。
オニカサゴ、ハナミノカサゴ、キリンミノ?かな。

 

アカメハゼ!
立派なサンゴが割れてた・・・。

 

クダゴンベ

 

M子さんは、新兵器使用で耳抜きが今日もすぱすぱ。
H子さんは、今回より「もじもじフード」デビュー。

似合いますよ。

H子さん、今日も丸いですね。

 

オックスアイスカッド(アジ)の群れ。
今日は浅いな。

 

ロウニンアジが突撃。
わーい、得した気分。

 

今日はビーチでバリご飯弁当を食べて、元気に2本目。
おいしくて完食。

 

ハナヒゲウツボが走る~。
長いね。

 

体の幅は意外とあり。

 

ニセゴイシウツボ・・・模様からしてまだ若め。

この辺から大きなナポレオンが浅瀬に見えました。
カスミアジも連れていたようです。

いいバディです。

 

ウミウシ群れる。

 

スザクサラサエビ・・・・・ぐっちゃりでした。

 

今日もドリー!!
右側面から見ると、やはり数字の6。

がっつり2ダイブ、お疲れ様でした。

アグン山ビューポイントで下車。
朝はなかったのですが、山火事???

H子さん、M子さん、3日間ありがとうございました。
打ち上げはメキシカン!!

ヌサペニダ&トランベン ファンダイブ

0

愛知・岐阜よりお越しのY子さん&S子さんをヌサペニダへご案内しました。

明日はニュピラウト(ヌサペニダのニュピ)のため、ヌサペニダ方面でのダイビングができないせいかたくさん人が集まっている。
中華系ダイバー数の多さに驚きます。
時代は完全に変わりました。

ヌサペニダの海況GOOD
波なし、うねりなし、流れ3本目ちょっと、透明度10m~25m、水温22℃~27℃

1本目、エントリー直後にマンボウがこっちの方にやってきた。

何も準備できていない・・・。

 

今日もマンボウ狙いでものすごい数のダイバーたち。

 

ベテランダイバーY子さんとビギナーS子さん。
高校の同級生なんだとか。
S子さん、本数の割りに中性浮力が安定していました。

 

水中は元気なS子さんですが、波酔いには弱かった・・・。

 

お二人ともモルディブや石垣に行ったことがあるので、マンタは初めてではありません。
バリ島のマンタもいいでしょ?

 

最初から最後まで終始いてくれたので、良かったです。
ただ、水温が22℃だったため、潜水時間は32分で終了。

 

食べて温まって、3本目はまたマンボウ探し。
今日のヌサペニダ、波なしで穏やかなんですが・・・
S子さんは、酔いがひどくなり3本目は欠席。
普段、船に乗って釣りをしているというY子さんは全く平気。

前半がアゲンストで流れがありましたが、まだ進めるほど。
ベテランY子さんとマンボウを探しましたが、不在でした。

後半は流れも止まり穏やかに。
最後は、浅瀬のきれいな根で遊びます。

 

カメラとGOプロと余裕のY子さん。

 

寒くないし最高。

 

芸能人に似てるんですー。

 

さくさくっと3ダイブ終了。
お疲れ様でした。

 

サヌールのビーチに到着すると、干潮・・・。
かなり歩きました。
潮が引いたところで、フォトウェディングかな?
フラミンゴがいるので、絶対日本人ではないですね。
ってか、なぜフラミンゴがいるのでしょうか?

 

ボートを降りた瞬間、元気になったS子さん。
砂紋と記念撮影。砂漠みたいですね。
今日は、ありがとうございました!!

そして、昨日に引き続き、ダイビング2日目のO氏とEさん夫妻は・・。

トランベンでがっつり3ダイブ。
いい笑顔です。海況も良かったそうですよ。
2日間、ありがとうございました。

 

 

ヌサペニダ&トランベン ファンダイブ

0

おとといパダンバイで一緒に潜ったW氏をヌサペニダへご案内しました。
相変わらず美肌で羨ましい限り。

本日のヌサペニダ海況よし。
波なし、流れほとんど当たらず、透明度8m~20m、水温20℃~
ほとんど24℃~25℃で温かく感じる一日でした。

 

イソマグロか?クロマグロか?ちょっと遠いですが2匹。

 

ツノダシの群れ~

 

 

魚影が濃い!

 

オオセ(ウベゴンシャーク)みっけ。

 

独占だったので、美肌W氏とパチリ。

 

マンボウが上がってきました。
1匹は、突然、急浮上で水面ジャンプ。はやっ。
1匹は、下から上がって来ました。
美肌W氏、良かったですね!
そこにいたので、もっと観察できたのですが・・・美肌W氏のエアが少なく、泣く泣く浮上。
ウミヘビもいましたね。

ボート上では酔ってしまう美肌W氏ですが、水中は元気!

 

ハダカハオコゼ(ピンクちゃん)、しがみついています。

 

2本目も同じところに入りましたが、マンボウの気配なし。
浅瀬で魚観察。

 

3本目、マンタポイントは、エントリーした直後にマンタが3枚連結で来た来た~。
カメラがまだ準備できてない・・・・・苦笑
これ先頭の普通のマンタ。
2匹目は撮れず。

 

 

一番後ろはブラックマンタでした。
美肌W氏、ラッキーです。

マンボウも見に行きましたが、不在。
クロヒラアジの群れなどもいましたが、透明度が悪かったです。
緑色で濁っています。

W氏、ありがとうございました!!
さくさくっと6ダイブでしたね。

今日はもう一箇所:トランベン
昨日、トランベンでご一緒させて頂いたシンガポール在住のIさんとJ氏。
昨夜はトランベンに泊まって、今日も2ダイブ。
早起きが苦手なJ氏に合わせて、のんびり朝10時スタートのダイビング。
引き続き海況も良く、J氏もIさんも楽しまれたようです。
2日間、ありがとうございました。

ファンダイブ トランベン

0

本日のゲストは、シンガポールよりお越しのIさんとJ氏。
6月にブルパラをご利用頂き、まだ9月なので早いリピートです。
ありがとうございます。
前回、行けなかったトランベンでのダイビングです。

本日の海況、抜群。
天気よし、波なし、流れなし、透明度15m~18m、水温28℃。
穏やか最高!

カンムリブダイとパチリ

 

リバティ号内に群れ群れ。

安全停止に入ります。
浮かないように。
J氏はこれがログ10本目、Iさんは伊豆で鍛えたベテランダイバーです。
終始、さりげなくアシストをするIさん。
いいバディです。

 

2本目行きます。
J氏、大きくて優しいアメリカ人。
ローカルフードも全く平気なんだそうです。
Iさんは日本人ですが、美しい英語をペラペラ話します。
うらやましい~。

 

 

2本目、J氏に余裕が見えました。
大きいのにエア持ち良いです。

 

ウミガメはダイバーたちに追いかけられ、深場へ逃げていました。
強烈すぎるライトをウミガメの顔に当てるのは止めた方がいいですね・・。

 

ヒオドシベラの幼魚1cmほど!!
これはときめきました(店主が)。

 

J氏、11本目でこの安定度!
今後が楽しみです。

 

ベテランダイバーIさんは生物観察派。
コショウダイの大きさに驚いていました。

 

昨日のパダンバイに続き、ここでも同じく逃げないタコ一人。
産卵なのかな・・・?
孵化待ちなのかな??
だとすると、この後、この子は死ぬんですね。
タコの人生、せつない。

がっつり2ダイブを楽しみました。
お疲れ様です。

 

J氏とIさんは、昨日からトランベン泊中なので、運転手と店主だけでサヌールへ帰ります。
Bugbug村辺りから、あちこちが渋滞。
結局、サヌールまで3時間かかってしまいました。

バリ人はここ数日祭事続きで大忙しいようです。

Iさん、J氏、今日はありがとうございました。
シンガポールより和食土産(?)もありがとうございます。
さすが、シンガポール!何でもありますね。

トランベン ファンダイブ

0

運転手がヌサドゥアのホテルに到着しそうな頃、ゲストより電話が・・・。
病欠連絡・・。
今日も???・・・・もう笑うしかありません。
(その後、回復したと連絡いただきました!)

そんなわけで、急遽、神奈川よりお越しのSさんとマンツーマンダイブ。
ばたばたしてしまいましたが、ポイントは変更せずファンダイブへ行ってきました。

本日のトランベン、海況よし。
波なし、流れなし、透明度15m、水温27℃
Sさんは、初めてのファンダイブだそうで少しドキドキ。
マンツーマンですしのんびり行きましょう。

カザリキンチャクフグのペア

 

 

ヘラヤガラの幼魚

 

リバティ号のクマノミ。この辺もそろそろ崩れそう・・・そしたらこの子たちはどうなるのでしょう。

 

チョウチョウコショウダイの青年。
すくすく育っています。
そろそろ巣立ちかな。

 

2本目のSさん、だいぶ中性浮力のコツがつかめてきました!

 

フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚たち

 

コバンザメが・・・

 

また違うコバンザメが・・・

沈船の中に群れます。

 

がっつり潜ってこの笑顔。
だいぶ生物観察の余裕でてきましたね!
Sさんの記念すべき初ファンダイブ、無事終了。

今日はいろいろなお話も聞かせて頂き、陸も水中も楽しかったです。
ありがとうございました!

 

 

パダンバイ体験ダイビング&トランベンファンダイブ

0

 

埼玉・仙台よりお越しのNさん&K氏をリクエストでパダンバイへご案内しました。
初めての体験ダイビングです。

 

サヌールからパダンバイまで朝2時間もかかってしまいました・・・(通常1時間)。
ゴアラワ寺院で大大大渋滞。
寝ていたので苦にならなかったですが・・・笑

病歴を聞いたり、ビーチで器材の使い方を説明して、ボートで出発。
天気が良くて気持ちいい。
本日のパダンバイ、海況よし。
波なし、流れ1本目ちょっと、透明度20m、水温27℃。
すばらしい。

Nさんは耳抜きに苦労しましたが、結局時間をかけて抜ける方でした。
お二人とも落ち着いています。
目の前には、タイワンカマスの大群でした。

 

クマノミが卵の世話をしています。
ウツボ、アオヤガラ、スジモヨウフグ、ハコフグ、ウミウシなどを観察。

 

2本目、凪です。
今日は満月なのに。

 

キンセンフエダイとヨスジフエダイの群れ。
上の方にはアカヒメジの群れ。
黄色だらけです。

 

潜水艦オデッセイ号がやってきた~~。
ダイバーが餌をまいています。
ゴマモンガラにも、手から餌付けしていてびっくり。

 

潜水艦でかいよー。

 

せっかくだから、群れとの記念撮影。

 

ここの珊瑚は高波の影響、少しで済んでいますね。

 

さて、ゆっくり上がりましょうか。
お疲れ様でした。
K氏もNさんも、昔から興味があった水中世界。
やっとバリ島で実現できました。
講習受けたら、すぐ上手になりそうなお二人でした。

 

泊まっているところがすごーいゲート。
夜はロマンチックなんでしょうね。

 

ゲート外は畑。
タバコ畑です。
こんなに葉っぱが大きいんですね。

 

そして、今日はもう一箇所トランベン。

昨日のヌサペニダを潜ったKB氏とKさん。
そして、T氏とA氏ははじめまして。
皆さんリクエストでトランベンでした。

 

波もなくて潜りやすそう!

せっかく朝早く出発でしたが、ゴアラワ寺院大渋滞に巻き込まれたようなので、何時に戻って来るか・・?
皆様、今日はありがとうございました。

ヌサペニダ ファンダイブ&トランベン 体験ダイビング

0

本日は、皆さん、とりあえずサヌールのビーチに集合。

皆さん、おはようございます。
これから体験ダイビングでトランベンに向かうガールズ2名。
大阪よりお越しのHさんとYさんです。
かわいいな~。

 

サヌールのビーチで、店主ががつんと体験ダイビング講習&沈船説明をさせて頂きました。
ごめんなさい、店主はトランベンへ行けないのです・・。
プライベートツアー状態です。
のんびりいってらっしゃいーい。

店主は、ジャカルタのリピーターM女史を本日担当することに。
なぜなら、送別ダイブ・・・寂しい。
目的はマンボウ。

1本目マンタポイント
波なし、流れちょっと、透明度8m~15m、水温23℃
情報があったので狙って反対側から入ってみました。
が、マンボウなし。マンタは見に行っていません。笑

 

2本目クリスタルベイ
波なし、流れ深場だけ、透明度20m、水温18℃(上は23℃)

もうそろそろ100本ダイバーのM女史。
本日5mmウェットデビュー。
フードも・・。
下はぐんぐん冷えた~、18℃耐えられましたね。
心折れる水温
*後から情報ですが、1本目だったら26℃だったそうです。2本目でこんなに変わっちゃう。

 

 

二人とも心が折れかけたので、浅瀬でマンボウを忘れます。

 

 

ハダカハオコゼ ピンクは嬉しいなっ。

 

M女史(女帝)モジフードがぶると、更に迫力が増します。

 

あぁあぁ、こういうのがいい(しみじみ)。

どこのボートもマンボウ見てませんでした・・・。

 

 

今日は太陽が出ていて、体の冷えも即効リカバリー。
水面ではウミガメが呼吸しに上がって来ていました。

 

3本目、どこ行こう????
マンボウどこ?
昨日、トランベンのマクロポイントにマンボウがいたそうな。
もしかして暖かさ求めている!?笑

 

イルカの群れがそこにいるーーーーー!
即効エントリーしましたが、会えず。

 

3本目は、3人いたガイドたちで協議の結果、マンタベイのはずれに入ってみました。
テペコンみたいなゴツゴツ感。
波なし、流れなし、うねり少し、透明度8m~15m。
濁っている時にマンタが通ってゆきました。
でも、今日はマンタが目的じゃないの・・。

 

3ダイブ終えてサヌールに戻ると、干潮で歩く日。
遠いけど、水が温かくて気持ちいい。
送別ダイブだったのでマンボウをプレゼントしたかったのですが・・・残念。
ですが、ベテランダイバーM女史はさらっとしたもんでした。ほっ。

 

本人のご希望でバイクタクシー(配車アプリ)でウブドへ。
笑える~。
インドネシアにはこんなに便利なものがあります。
ちゃんと到着したようなので、★★★★★評価出しておきました。
この一年間、濃厚なお付き合いをさせて頂き楽しかったです。
また次の再訪をお待ちしています。
ありがとうございました。

 

 

そして、トランベンのHさん&Yさんは、きちんと潜れたそうです。
昨日まであった波もおさまり、海況はなかなかだったようです。
彼女たちも、帰りはウブドへ。
今日はありがとうございました!

 

 

体験ダイビング&ファンダイブ トランベン

0

本日はリクエストでトランベン日帰り3ダイブ。
早朝発でGOGO。
ゲストは、東京よりお越しのA氏&Eさんご夫妻、はじめまして。
そして、スマトラ島よりT氏が4ヶ月でリピート。
お久しぶりです。

本日のトランベン、波がある~~。
流れなし、透明度15m、水温27℃。

ファンダイブ組は、さくさくっとエントリーしてゆきました。
店主は、A氏の体験ダイビング担当。
ドロップオフでも、結構波があるけど、大丈夫かな・・?

きらきらのゴールドベリーダムゼル

 

 

実は体験ダイビング経験が数回あったA氏。
すんなりエントリーですよ。ヨカッタ。
生物観察行きましょ。

 

ウミウシのお尻

 

 

オックスアイスカッドの群れ(アジ)。
今日はカスミアジが1匹、びゅんびゅん割って入っていました。

 

A氏、落ち着いて観察。

 

 

 

キツネフエフキとカスミアジの共同ハンティング。
ギャング集団みたいです。

ファンダイブ組は、ピグミーやフリソデエビを見たそうな・・。
T氏はこれがカメラデビュー。
デビューでピグミーは難易度高すぎです。どんまい。

みんなでドナドナ。
インディージョーンズを味わえます。

 

恐る恐るリバティ号へ移動。
波はやっぱりある。
ロンボク島の地震が影響してか、また沈船から濁った水が出てきて一部透明度が悪いです。
それがなければ、透明度15m。

2本目も店主は、A氏の体験担当です。
沈船にうじゃうじゃ。すごーい。

 

 

ダイバーもいっぱいです。

 

 

パープルビューティー♀

 

深場にファンダイブ組発見。

 

ムスジコショウダイが一斉にA氏へ向かう。
見えません。

 

3本目、体験A氏とCカード保有奥様Eさんが一緒に潜ります。
体験ダイビング3本目ってのがまたすごいですが・・笑。
店主は、スマトラT氏のファンダイブ担当。
水中写真講習を兼ねて・・・そして、生物にどうアプローチするか。

 

リクエストで水中記念撮影。

 

まだ小さなオニカサゴ。

 

ウミガメの背中

 

ウミガメの付け根

 

カメラデビューのT氏。
いろいろ試しているようです。

 

ニチリンダテハゼとテッポエビ
このダイビング後、T氏は即効指示棒を購入。
そう、カメラ持ちは指示棒を持つべきですね。
ちょうど物売りお兄さんが、指示棒を売っていたのも奇跡。

 

 

A夫妻、発見。
体験のA氏、手を離して普通にダイビングしているし・・・笑。
もう講習を受けてダイバーになるべき!

いやー、波はありましたが、水中は楽しめました!
奥様Eさんも2年ぶりだったようで、カメラ片手に終始楽しそうにダイビングされていました。
そして、ゴロタ天然ホットストーンの活用方法を教えたら病みつきになったEさん。ふふふ。

昨日と違って今日は渋滞なしで、あっという間。
寝ていたら南部到着。
皆様、楽しい一日をありがとうございました。

ページのトップへ