Posts tagged トランベン

トランベン ファンダイブ

0

本日はリクエストでトランベンへ。
大阪よりお越しのM子さん、はじめまして。
そして、京都からお越しのMKさん、お久しぶりです。
先日のダイビングは、体調不良でお休み。
今日元気に参加することになりました。
今年3月が初で早いリピート、ありがとうございます。

南部は相変わらずどんより空模様、途中で大雨、そしてトランベンは・・・・

この青空!雲でアグン山は見えず・・。

 

本日の海況
波が中程度あり、流れちょっとあり、透明度20m、水温27℃

似たようなログ本数のお二人。

 

近すぎて、MKさんはかなりびびっていました。笑

 

この男性ガイド、ビギニ素潜り女性に寄ってゆきました。
わかりやすい。
波が高い日はビギニがとれちゃうこともあるので、要注意ですよ。

 

M子さんにめちゃめちゃ撮られてる!?

 

ゴールドベリーダムゼルがキラキラ!

 

2本目はより波が大きく、より流れていましたが、奇跡的に転倒せずエントリー&エキジット。
二人とも2本目の方が余裕ありありでした。

 

マジリアイゴのペア

 

リバティ号の人通りの多いところのクマノミコロニー。
この子は毎日何百人のダイバーを見ているのかな。

 

流れていますが、頑張って安全停止。
この他にもチンアナゴ、ロクセンヤッコペア、ワヌケヤッコペア、チョウチョウコショウダイ幼魚、コショウダイなどを観察。
お疲れ様でした。
M子さん、酔わなくて良かったですね。

 

途中下車は、ライステラス。
バリ島、きれいでしょ~。

 

よーく見ると、バリ人女性が歩いてる。
美しい光景です。

帰りは、サヌールまで3時間20分もかかってしまいました。
本日の渋滞原因は、とろすぎるトラック、道路の舗装工事(夜間やれよー)、火葬行列、凧揚げの凧運び隊遭遇、信号交差点での詰まり・・。
通常2時間10分なのに。

M子さん、MKさん、ありがとうございました。
また、ふらっと遊びに来てください。
お待ちしています。

 

ヌサペニダ&トランベン砂地マクロ ファンダイブ

0

リクエストで本日はヌサペニダへ。
昨日に引き続きのKG氏、そしてジャワ島バンドンよりKちゃん。
おーひーさーしーぶーりー!
彼は昔、スラウェシ島マカッサルで海賊でした。
5年ぶりのダイビングでしたが、店主がレスキューまで育てたKちゃんなので問題なし。

朝から大変です。
乾季なのに、雨、雨、雨。
ハイシーズンなのに、ポーターが少ない。
更に、干潮でスピードボートが遠すぎ。

8時に出発予定と聞いていましたが、実際は10時出港。
日本人だったら、7:45には到着しているんですけどね・・・冷汗
2時間以上お待たせでした(店主の中で新記録)。
本当に申し訳ない状態でした。
屋根のある施設は、雨宿りダイバーでぐちゃぐちゃ。

小降りになった9:30頃から、やっと乗船。

遅れたので、この時点で3ダイブ予定が、2ダイブ予定に変更のお告げあり。
3ダイブ準備だったので、めまいが・・・。涙

1本目、マンタポイント
波中、流れちょっと、うねりあり、透明度8m~15m、水温23℃
意外と耐えられる水温でした。

久しぶりに見たKちゃんのフィンキック。
懐かしいよー、そのフィン。
なんとマンタなし。
マンタ気配ゼロなので、マンボウも探しに行きましたがなし。
滅多にないことが起きました。
昨日もいなかったとか。

浅瀬は真っ白でしたが、深場はそれなりにきれい。

KG氏とKちゃん、やっと少し出てきた太陽で温まります。
水面からは、イルカの群れがちらほら。

2本目、行ってきます。

クリスタルの海況
流れ途中あり、うねりあり、透明度15m~20m、水温21℃

 

サーモクラインも写真に写るんですね。
モヤモヤ。冷たい水が上がってきました。

 

 

ウミガメがダイバーのバブルシャワー突撃。
ダイバーたちは流れているので気づいていません。

 

ちょっと休憩。
KG氏もKちゃんも、流れに強いです。

 

流れが弱まった時にゆっくり進みます。
ウミヘビ行きました~。

 

ウミガメは4匹ぐらい?

 

流れていますが、KG氏は写真を楽しんでいます。

 

 

お疲れ様でした。
水中で、マンボウを見たと情報を頂きましたが、そこにはもういませんでした。
なかなかじっくり会えませんな・・。

ハードなダイブでしたが、お疲れ様でした。
Kちゃん、ブランクだかい

そして、もう一組。
早朝暗いうちに出発したスラバヤのK氏・Mさん夫妻。
昨日に引き続き、トランベン砂地でマクロダイブです。
ナイトロックスでじっくり潜ります。

トランベン、めちゃめちゃ晴れてて羨ましい!
2本目、少し波があったようですが、透明度もなかなかだったようです。
子持ちシムランスを撮ったそうな・・。
すごい!見たい!

皆様、今日はありがとうございました。
今夜は焼肉だーーー。

 

沈船&砂地マクロ ファンダイブ

0

早朝発でトランベンへGOです。
東京よりお越しのKG氏、はじめまして。
そして、ジャワ島スラバヤからはブルパラリピーターのK氏とMさん夫妻。
今年2回目のバリ島MKさんは、吐き気で欠席。あららら・・。
とりあえず、点滴したし、静養して元気になったらダイビングしましょ。

今日は独立記念日で祝日。
早朝発なので、寝ているうちにあっという間にトランベン着。
サヌールは雨でしたが、トランベンは晴れ。

K氏とMさん夫妻は、砂地マクロダイブ希望なので途中下車。
前回のリベンジ、今回はナイトロックスでがっつり潜ってくださーい。

トランベン初のKG氏と店主は、リバティ号沈船へ。
本日の海況よし。
波なし、流れあり、透明度18m、水温27℃。

腹ペコのケショウフグ

 

ウミガメ様

 

KG氏はカメラ持参。
ここは被写体には困りません。

 

 

寄ってくるし~笑

 

引っ込まないクビアカハゼ。
この他にもロウニンアジ2匹、アカククリ、ヤッコエイ、セボシウミタケハゼなどを観察。

 

波がなくていい!透明度もよし。
晴れていて気持ちいい。

 

2本目は1本目より流れ・・・。
祝・インドネシアは今日で73歳になりました!!
まだまだ若い国です。

 

沈船内部の奥底に???
小さな後姿。このぽやぽや感。ツノカサゴ?の赤ちゃんだったらいいな。

 

流れていますが、まだ進めます。

 

KG氏とマンツーマンなのでロングダイブになってしまいました。
暖かいし。

 

流れているせいか珍しくモンツキアカヒメジ群、上がってきました。

 

KG氏、上手に生物へアプローチ。
お疲れ様でした。

砂地マクロのK氏とMさんたちは、ピグミー、トゲツノメエビ、フリソデエビ、ウミウシ、ウミウシカクレエビなどを撮ったそうです。
写真の成果が楽しみですね。

 

約束通り、16時になんとかサヌール着!
K氏夫妻が宿泊のホテルロビーですが、ここの評判はいいですね。
コスパがいいようです。
サヌールは一日中雨だったようです。
バリ島内でも全然天気が違います。

皆様、今日はありがとうございました。

トランベン 体験ダイビング

0

静岡よりお越しのH氏&Yさん、はじめまして!
本日はリクエストで沈船トランベンへ。
渋滞DAYだと分かっていたので、それを承諾の上、ご参加いただきました。

まずは、スランガン辺りで大渋滞。
20分ほど遅れてサヌールを出発。

そして、ゴアラワ寺院かなり手前から大渋滞。
全然進めず、片側二車線なのに五車線まで膨らみ、もうぐちゃぐちゃ。
バリのお葬式セレモニーの一つでゴアラワに人がびっしり。
大物が亡くなったようです。ここでは30分ぐらいロスタイム。

トランベンへやっと到着!

ですが、他店がまだ全然到着していません。
皆さん、渋滞で遅れているようで・・・苦笑

トランベンの海況
波あり、流れ少し、透明度5m~15m(浅瀬白く濁り)、水温27℃
朝出発前に現地に波確認したにも関わらず、到着すると波があり。
「波ない」と言ってたのにな・・。

I氏とYさんは、体験ダイビングですが、両者とも何度か体験ダイビングの経験あり。
そのお陰で奇跡的にスムーズにエントリー。

コガネアジ・・・シルバーと黄化個体!!

水中も余裕のお二人。
水中カメラでがんがん写真を撮っていました。

ウェイト1キロずつ減らして、2本目GO。

 

インドネシアの誕生日おめでとう~!

 

沈船リバティ号

 

船内をパチリ。
体験ダイビングに見えません。笑

 

簡単なコンディションではなかったですが、上手に潜っていました。
講習受けたらいいダイバーになりそうなお二人。

 

コショウダイたちと記念撮影。
思い出になりますように。
体験でしたが、せっかくなのでがっつり潜って頂きました。
奇跡的に2ダイブとも転倒者なし。

 

途中、ライステラスで記念撮影。

 

気持ちよく寝ていたのですが、マンギス村辺りで運転手に起こされました。
独立記念行進大会・・・45km行進が来た来た来た。
対向車線なので、次から次へとやってくる行進を見ることができました。
約50チーム以上?
予定していたより、渋滞はそれほどでもなかったです。
意外とのろのろでも進む。
ヨカッタ・・。
若いお二人は、この行進を興味ありありで見ていました。
「こういう愛国心っていいねー、こういうの日本にないねー」と。
店主も同感です。

結局帰路は3時間半。
今日は想定内。

H氏&Yさん、今日はありがとうございました。
あんなに潜れるなら、伊豆でライセンスとってください。
またバリでお待ちしています。
濃厚な一日でした。

トランベン ファンダイブ&祝アドバンスダイバー

0

キャンセルでパダンバイツアーなくなりました・・。
現時点で、バリ島は地震の影響がないので皆様ご安心を。

ってことで、本日はトランベンツアーのみ。
昨日ヌサペニダで潜られたベテランダイバーN氏&S子さん。
そして、アドバンス講習2日目のT氏。
去年のお盆に来てくださった、こちらもベテランダイバーK氏、お久しぶりです!

 

本日のアグン山、最近静かです。
風は強いですが、晴天。
渋滞もなく、あっという間に到着。

本日のトランベン、海況GOOOOOOOD
波少しあり、流れ時々、透明度18m、水温28℃
朝の満潮時は、波が中程度ありました。

ファンダイブ組は、ドロップオフ下車。
ロングダイブで楽しめたようです。

店主はT氏のアドバンス講習。
リバティ号でレックダイビング。

 

沈船に珊瑚がついています。

 

アカマダラハタ・・・まだ小さめ。

 

昨日のヌサペニダで鍛えられた成果か、今日は生物観察に余裕が出てきたT氏。

 

 

T氏が気に入ったテンス。
コバンザメが付いたケショウフグ、アカククリ、カミソリウオなどを観察。

 

シンジュアナゴ、チンアナゴ、そしてリバティ号にインドネシア国旗。
8月17日は独立記念日。

 

ファンダイブ組、2本目はリバティ号を潜ります。
いってらっしゃーい。

T氏のラストダイブは、ナビゲーションダイブ。
砂地でキック測定やコンパスを行い無事クリア。
後半は沈船ダイブを楽しみましょう。

昼を過ぎると、群れがびゅんびゅん飛び始めます(船首側)。

 

どんどん沈船が壊れてゆきます。
いつか、無くなってしまうんでしょうね。
沈んでからもう55年。

 

ロングダイブなので安全停止はしっかり。

 

魚たちと戯れながら・・・。

 

みんなダイバーに寄ってきます。
直径10cmぐらいの子供ヤッコエイ、ニチリンダテハゼ、ウミウシなどを観察。
おめでとうございます。
もうアドバンスダイバーです。
あとはいろいろな海を経験して、自分の経験値を高めていってくださいね。

ファンダイブ組のN氏とS子さんは、さくさくっと3ダイブでした。
あっぱれ。
写真が気になります・・。

 

ライステラス①で写真撮影。

 

ライステラス②で記念撮影。

 

パダンバイ港近くでは、ロンボク島へ運ばれる援助物資トラックを見かけました。

ロンボク島は深刻な状況のようです。
一刻も早く、被災した皆さんに届きますように!!

皆様、今日は朝早くからありがとうございました。

 

ファンダイブ&OWD講習 トランベン

0

早朝発でトランベンへ出発。
サヌールは大雨でした・・。

サヌールを北上すると、道路が乾いている!
太陽が出てきました。

 

目が覚めると美しいアグン山。
山頂の形が変わりました。
1時間50分で到着・・・はやい。

本日のトランベン海況抜群。
波少し、流れなし、透明度18m、水温28℃
*透明度は抜群ですが、水の動きによっては沈船内から濁った水が出てきます(何箇所か確認)。
地震が影響しているようです。

これからオーストラリアへ向かうSさんとR氏の講習最終日。
心配されたSさんの耳が抜けた!!

 

リバティ号とチンアナゴと今日はインドネシア国旗
(8月17日はインドネシアの独立記念日)

 

うわぁ・・・こっちに来た・・・。
みんな順調に育っています。

 

ツバメウオ

 

タルミちゃん

 

中性浮力を意識しながら生物観察。
姿勢もすばらしい。
気持ちいいので、講習なのにロングダイブ。

 

昨日ヌサペニダでマンボウをちらっと見れたIさん&Nさん。
ドロップオフからリバティ号へ。
潜水部女子なので海猿みたいです。

 

講習SさんとRさんは最終ダイブ。
手順も慣れてすでにダイバー。

 

静かに寄れば魚は逃げません。

 

Sさんが元気なうちに記念写真。
インドネシアおめでとう~!

 

誰か水中プロポーズするのかな??
今日はすごい沈船です。

 

カミソリウオまだいた。

 

念願だったウミガメ!
Sさんも上からしっかり見ることができました。

 

それにしても、ものすごいダイバーが群がっています。

 

ダイバーの仲間入り、おめでとうございます。
潜水部女子もさらっと3ダイブ。→全然疲れていない。
ピグミー、フリソデ、ニシキフウライウオ、オックスアイ、ウミウシ各種・・・素晴らしい写真でした。

 

トランベンを出発。
ちょうど、トランベンでも独立記念行進大会。
小学生の部。かわいい。

 

ライステラスに立ち寄ります。

その後、アムラプラでも行進大会。
これは高校の部です。かっこいい。
片側は通れたので、それほど渋滞にならずに済みました。

 

皆さん、朝早くからありがとうございました。
濃い一日、楽しかったです。
日本の若者、あっぱれ。

トランベン 日帰り3ダイブ ジャカルタM組御一行様

0

本日は、ジャカルタよりお越しの皆様とトランベンへ。
リピーターのM女史、T氏、N氏、お久しぶりです。
そして、KB氏、KM氏、マサオの三紳士は、はじめましてー。
M女史の一声で、五名の男性が集まるという。

金曜日のお仕事終了後、バリ島へ飛んできてくださいました。

3ダイブのため、早朝発でサヌールを出発。
パダンバイが渋滞で混乱中のため、通れず(近づけず)。
ゴアラワ過ぎてから、山道へ迂回させられます。
アップダウンがすごすぎて、これまた新鮮な景色!

 

トランベンに到着するとくっきりアグン山。
山を越えると天気がいい。

本日のトランベン、海況よし。
波少し、流れ少し、透明度10m~18m、水温28℃。
1本目、店主はブランクダイバーのマサオを担当。

えっ、ハナハゼ??

7-8年空いてもさすがダイバー、後半辺りから、中性浮力を思い出してくれました。

 

きれいな色のオニカサゴ

最後は、オックスアイスカッド(アジの仲間)と戯れます。
M女史、見えない。
他の5人は、ピグミーを見たようです。
M女史のカメラに素晴らしいピグミー写真がありました(foto by ガイド)。

 

リバティ号へドナドナ移動。
初めてリバティ号を潜る3名と27年ぶりに潜るT氏は、ブリーフィングをじっくり聞きます。

 

2本目は、TG5デビューのM女史とT氏を担当させて頂きました。
水中写真をたくさんとってみようダイブ。
被写体には困らないポイント。

 

ホホスジタルミ幼魚

 

チンアナゴ

 

 

3本目、みんなでエントリー。

3本目になると、皆さん準備もさくさく。

マサオ、なぜか接写で顔を撮られています。

 

 

ジャカルタからありがとうございます。

 

きれいぃぃ

 

 

ニチリンダテハゼ

 

カスリヘビギンポの捕食を見てみたい。

ウミガメが泳いできたり、バラクーダが沈船に来たり・・。
パダンバイがクローズだったため、トランベンは大賑わいでした。

 

 

先週よりひとまわり大きくなったカミソリウオ。成長、はやっ。

チョウチョウコショウダイ幼魚
M女史は、かなりときめいていました。

 

オヤビッチャの一斉産卵DAYでした。
っが、産みつける片っ端から、ベラたちに食べられるという。
どの世界も生き残るのは大変です。

 

 

M女組長率いる皆様と記念撮影。
サングラス屋さん、3つ売れましたね。

 

打ち上げは、サヌールでワイン&お肉。
スミニャックよりM社長も参加。
二次会はホテルのプールサイド。
皆さん、タフです。
いつ眠るのでしょうか。
今日は丸一日ありがとうございました。
各分野で活躍されている皆様のお話がホント面白い。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング エンリッチドエアSP

0

早朝発で、二組のゲストをトランベンへご案内しました。
埼玉よりお越しのK氏&E子さん夫妻。
会社の同僚組は、E氏、S氏、K氏です。
皆様、はじめまして!

 

小耳にはさんでいましたが、今日は火葬が多い日。
田舎へ行くほど、道が混みはじめました。

 

あ、子牛のドナドナ~♪

 

朝は、まだ準備段階で道路はましでした。夕方の方がぞっとします。

 

アグン山がやっと見えてきました!トランベン着。
久しぶりにこの青い空を見ました。
現在、南部は天気が悪いです。

 

店主は、同僚3人組を担当します。
ファンダイブですが、エンリッチSP講習の一環でもあります。

皆さん、ダイブコンピュータ・カメラ持参。

ミノウミウシ2匹ですね。
交接中!?

 

沈船内部にアカエイかな?
大きなエイでした。
沈船では、初めて見ました。

 

ウミガメちゃん、そんな食べ方・・・笑

 

撮りにくいところですが、K氏、上手にアプローチ。
(ウェットスーツ着て頂けませんでした)

 

シマキンチャクフグたち。
ジョーフィッシュ、チョウチョウコショウダイ幼魚、メラネシアンアンティアス、タテジマキンチャクダイ幼魚などを観察しました。

 

安全停止も安定です。

 

2本目、K氏はお休みでお見送り。

 

カミソリウオ・・まだ白っぽい。

 

 

船首周りで群れまみれ。

 ササムロやカスミアジ連帯が行ったり来たり。

 

また腹ペコのウミガメちゃん&S氏。
体験K氏&E子ご夫妻も、2本目はばっちり見られたそうです!
K氏の写真も素敵でした。
ベテラン体験ダイバーで、水中カメラ、マスクは持参。

 

アヤコショウダイとムスジコショウダイが混じります。

同僚チーム3名は、3本目行ってらっしゃい。
店主は、エンリッチドエアSP宿題チェックなどでお休み。
行ってらっしゃい。
本日のトランベン海況よし。
波なし、流れなし、透明度10m~18m、水温28℃。

初めてナイトロックス32%を使った同僚組の感想は、『疲労感が少ない』でした。

 

さて、恐る恐る南部へ出発。
チュリック辺りから、チャンディダサ辺りまで、お葬式だらけ。
大渋滞ですよ・・・とほほ。
ライステラスで集合写真を撮る予定でしたが、時間がかかりすぎて全員爆睡。
店主に皆さんを起こす勇気はありませんでした。

 

そんなわけで、サヌール着が18:30と遅くなってしまいましたが、体験のK氏とM子さん。
リクエストだったウミガメが撮れて良かったです。
ヌサドゥア地区の同僚組は、きっと19:30をまわったことでしょう・・。
皆様、朝早くからお疲れ様でした。
今日は、沈船満喫ツアー(&お葬式行進)、ありがとうございました。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

おはようございます。
皆さん、はじめまして。

リクエストでトランベンへ。

皆さんの目覚めはアグン山。
今日も静かです。

本日のトランベン、到着時は満潮で波あり。
入ってしまえば、水中はGOOD。
流れなし、透明度12m~18m、水温28℃

うわぁ、波の割りにはきれい!

 

 

ファンダイブ組は、東京よりお越しのMさんとK氏。
まだビギナー本数ですが、問題なく潜っていますね。

 

店主は体験ダイビング担当。
福岡よりお越しのC子さんとYさん。
去年、タンジュンブノアで体験ダイビングをやったそうですが、Yさんがとても怖かったそうで・・。
言葉の面などトラウマを持ったままの、再度体験ダイビングに挑戦。
ってか、怖い思いをしたのに、また体験ダイビングに挑戦することに店主は理解ができませんでした。笑
確かに、マスククリアのこと、レギュレータークリアのこと何も知らなかったですもんね・・。

大波で水面びびるかな~と思ったので、今日はすぐに入れてしまいました。
それが功を奏して、すんなりエントリー。
C子さんも耳抜きが心配でしたが、今回は全く問題なし。
1本目から40分超え体験ダイビング。

 

 

運転手は、ぐっすりお昼寝中。

 

2本目は波がなくなり楽チンエントリーでした。
(波がないのに水面で軽く溺れたYさん、唇引き締めてやり直し!)
意気投合した皆さんで水中記念パチリ。

 

これカイメンです。

 

2本目も、体験C子さんとYさんを担当。
楽しそうに潜っています。

 

2本目は透明度が落ちましたが、群れがいっぱい。

 

ここでお魚まみれになりました。

 

えっ、入り込まれた・・。

 

ムスジコショウダイ並びます。
モンツキアカヒメジやオヤビッチャの群れも流れてゆきます。
なんと怖がっていたお二人が、潜水時間50分以上。
ライセンスとってはいかがですか?

 

皆さん、お疲れ様でした(関係ないガイドが含まれていますが)。

 

神様、ただいま~。
サヌール到着。
明るいゲストで、帰りは皆さんずーっと喋ってましたね。
今日はありがとうございました。
バリ島滞在を楽しんでいってください。

ファンダイブ&講習2日目 トランベン

0

東京よりお越しのT氏、はじめまして。
先日、体調不良でキャンセルだったデンパサール在住Mさんが元気に登場!
そして、講習2日目のジャカルタ在住N氏。
皆さん、明るい・・・和気あいあい。
男子はトランベンまで、不眠で話していたような気がします。

本日のトランベン
波中、流れなし、うねり少し、透明度10m~15m、水温28℃
予想していたより波が小さかったです。
昨日とおとといが大きかったので、おさまりつつあるよう。
ラッキー。

N氏の海洋1本目。
セッティングからさくさく全部自分でやってもらい、波のビーチエントリーも上手に入れました。
スキルをやって、後半は水中散策。
最初はばたばたしていましたが、どんどん落ち着いてゆくN氏。

 

クマノミたち、ちゃんと生活していますよね。

昨日トランベンだったMさんが、えらい感動していたチンアナゴ&シンジュアナゴ。
今日も背が高かったですよ!
波の中、これまた上手にエキジット。
大きいN氏は、多少の波では全く動じません。
まだ海洋1本目ですが、マンツーマンですしがっつり潜ります。

 

2本目エントリー
ファンダイブ組・東京T氏とバリMさんいってらっしゃーい。

 

N氏の海洋2本目行ってきます。
1本目の反省をひとつずつ改善してゆきます。
やる気レベルも高いし、学習能力高い!

 

スキルの後は、生物観察。

 

深いところで中性浮力。
この安定感。

 

リバティ号中央で、ファンダイブ組と会えました。
☆~記念撮影~☆

 

東京T氏、まだビギナーですが落ち着いていますね!
バリMさんは、もうベテランです。

 

ここで安全停止です。
N氏も間近でコショウダイ観察。
バタバタしなければ、かなり近寄れるんですよ。

 

 

オトメベラ&N氏
2本目にして、この落ち着きがすごい。
お疲れ様です。

 

 

棚田で途中下車。
トランベンは晴れ/曇りでしたが、この辺から雨がぽつぽつ降り始めました。

 

今日はこのようなバリ人の御一行があちこち。
バリ暦によると、亡くなった方の法要の日だそうです。
バリ島は被写体がごろごろ。

 

2日間潜っていたMさんは、本日車チャーターで今晩帰国。
ウブド王宮のMさん。
スミニャックは、雨で渋滞のようです。
お気をつけて。

皆様、今日はありがとうございました。
笑いがたえず、陸も水中も楽しかったです。
N氏のトーク炸裂。
サヌールも久々に雨だ・・。

ページのトップへ