Posts tagged トランベン

トランベン マクロ

0

スラバヤのリピーターK氏&M夫妻とトランベンへ。
早朝発でしたが、一部バイパスはかなり冠水。

寝ていたのであっという間にトランベン着。
トランベンは快晴で、雨雲ひとつなし。

本日は、ナイトロックスで砂地マクロダイブです。
ベテラン夫妻は、準備も早い。
カメラ持って、即効エントリー。
ガイドは、バリ人Yに任せ、今日は店主もお楽しみダイブ。
海況は、湖のような穏やかさ。

夫妻は、ピグミーは何度も撮っているので立ち寄らず・・。
途中で分かれて、店主一人で独占ピグミーでした。
だんだん、流れが強くなってきました。
見上げれば、ロウニンアジもいるし。

 

 

クリヤイロウミウシの集まりが何組かあり。

 

レンゲウミウシも活発でした。

 

カンナツノザヤウミウシ

 

シムランスは緑と赤の2個体!!
これじゃ、ただの毛玉・・。
駄目だぁぁぁ。

 

スケスケフリルウミウシ

 

大きなフリソデエビ

 

3cmぐらいのカエルアンコウ

 

フトガヤミノウミウシ・・この子も活発でした。

 

3mmぐらいのウサギモウミウシ・・・頑張れず。

 

ゴージャスマツカサウミウシ・・・・撮っている時は気づきませんでしたが、上のは卵ですね!

 

オランウータンクラブは大小たくさんいました。

 

ホリミノウミウシの一種かな???

 

マツゲメリベウミウシ・・・初めて見た!
(実際はもっと赤茶)

 

なぜかこのエリア、異常にコクテンハギが多い。

 

ミノウミウシの仲間??

 

草原の馬だ~
この他にも、各種ウミウシ、各種エビカニ、アオリイカ子供たちの群れ、小さなタコ、3cmサイズのコブシメ、

ニシキフウライウオ幼魚、美しいハナハゼなど。

 

 

K氏とMさん、ナイトロックスで3ダイブ、十分楽しめたようで何よりです。
夜は遅い時間スタートでしたが、お肉で打ち上げ。
おいしいもの食べながら、ダイビングの話をあーだこーだ。
これ本当に楽しい時間です。
今日は朝早くから遅くまでありがとうございました。

トランベン ファンダイブ・体験ダイビング

0

東京よりお越しのS氏とSさん、はじめまして~。
そして、3日目のHさんです。
皆さんでトランベンGO。
渋滞もなくスムーズに到着。

本日のトランベン、波なし、流れなし、水温28℃、透明度10m弱。
透明度がいまいちですが、どこも悪いんですよね・・。
トランベンもダイバーが少ない。

ファンダイブ組はさくさくとエントリー。
1本目、店主はSさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
細くて、運動嫌いで、女の子らしいタイプに見えますが、実は空手をやっていたそうなっ。
それを聞いて、タンクを背負って入ってもらいました。
実は強靭な体だったんですね~。
見た目とのギャップがありすぎて、びっくり。
水中でも、落ち着いていて美しい姿勢!
いやー、たまげた~。

カラフルですね。
チンアナゴ、ヤッコエイを見て、魚たちに囲まれました。

 

途中でファンダイブ組のS氏と遭遇。

 

ヘラヤガラが・・・乗っかってるし。

 

見上げると群れが。

 

アカヒメジの群れがSさんの方へ。
体験でしたががっつり本格的に潜って頂きました。

みんなでランチの後、2本目。 店主は、3日間お世話になったHさんの最終ダイブ担当。
S氏は体験のSさんと一緒に潜ります。
いってらっしゃい。

ムスジコショウダイが増えています。

 

ツバメウオ

 

腹ペコのウミガメ。
ずっと食べていました。

 

こちらも腹ペコのアカホシカニダマシ。
この他にもオヤビッチャの産卵、バラクーダ、サザナミヤッコの幼魚、ケショウフグ、ハナダイの群れなどを観察。

この3日間で100%レベルアップしたHさん。

 

皆さん、今日は朝早くからありがとうございました。
楽しかったです。

ファンダイブ トランベン

0

バリ島は、「鉄の神様」の日。
バリ人は忙しそうですね。

アグン山麓に新しいお寺ができたそうで、そのお祝い?
なのか、カランアサム県に入った途端、ペンジョールだらけ。
美しいです。

 

 

本日のゲストは、東京よりお越しのT氏&Mさん、はじめまして!
そして、ジャカルタ在住リピーターT氏、スラバヤ在住リピーターMさん&K氏ご夫妻。
皆さん一緒にトランベンへGO。
渋滞もなくあっという間にトランベン着。

本日のトランベン、海況よし。
波なし、流れ少し、透明度15m、水温27℃~28℃。
数日前より透明度が上がりました!

ベテランリピーター組と東京ビギナー組に分けてダイビング。
店主は、東京組を担当させて頂きました。
1本目はギンガメアジを見に行きます。

エントリー時、T氏のマスクですったもんだしましたが、調整してエントリー。
不安がっていたMさんが、意外にも安定。ばっちり。
その間、少し流れてしまいましたが、水中移動してギンガメ探し。

いた~。
ほっとした店主。

 

浅瀬で透明度も良かったので、数日前より撮りやすいです。

 

だけど、ちょっと群れが小さくなったかな???

 

T氏のマスク、うまくフィット!

 

もう少しギンガメいるはずだよな・・・と進むと

より大きな群れがいました。

 

二つに分かれていたのね~。

 

ロウニンアジが今日は2匹。
出たり入ったり。大迫力。

 

Mさん、T氏、見えません。
ベテラン組は小さなカエルアンコウを見たそうそうな。

 

こんなにかわいいバリ犬子供が・・・。
人間の子供のおもちゃになっていました。涙
見ていられないほど・・。

 

バリご飯で、お腹を満たして2本目は?
ベテラン組は、ドロップオフでピグミー撮影。
東京組は、沈船リバティ号へ移動。
店主も沈船へ。

チョウチョウコショウダイの幼魚1cm。
深場では、ホワイトティップリーフシャークが行ったり来たり。

 

2本目、こんなに安定したお二人。

 

ムスジコショウダイの群れ。

 

Mさん、本当に楽しかったそうです。→ログブックに書いていた!
(これまで、冬の日本しか知らない)

 

 

オニカマス、クリーニング中。

 

エキジット寸前、クチナシイロウミウシ3匹(大・中・小サイズ)。

 

 

ランプヤン山前で記念撮影。
皆様、ありがとうございました。
Mさんの新しいワイドレンズ、どうだったのでしょう??

トランベン ファンダイブ

0

奈良O氏の最終日は、トランベンへ。
早朝発の日帰り3ダイブ。
寝ていたら、あっという間にトランベン着。

 

本日のトランベン
波なし、流れちょっと、透明度8m、水温28℃
穏やかですが、透明度が残念。

 

今日はギンガメアジを見に行ってきました。
昔は、沈船に常駐でしたが、数年前に消えちゃったんですよね。
最後に見たのは、かなり前のアメッド。
リピーターO氏にとっては、初のギンガメアジ。

 

 

ロウニンアジやカスミアジもびゅんびゅん突撃してきました。

 

 

こっちに向かって来る!

 

 

透明度が悪く、引いて撮れないところが残念でした。
っが、O氏は動画はまわしっぱなし&写真です。

 

他にダイバーがいないので、ギンガメ独占。
昔はありえないです。

 

ロングダイブになってしまいましたが、最初から最後までギンガメアジとの久しぶりの再会を楽しみました。
もうどこにも行かないでね~。

 

 

 

子ヤギたち、かなりかわいい。

 

2本目はウミウシ祭りでした。
透明度が悪い・・・。

 

アカメハゼ増えてる??

 

死んでいるかと思いました。
何やってる?

 

ソヨカゼイロウミウシ

 

ユウグレイロウミウシ、たくさんいました。

 

 

フトガヤミノウミウシを見ると、潜り倒しK氏を思い出すなぁ。

 

バリ風ランチをとって、3本目。
やはり透明度悪しです。
お年寄りのハナヒゲウツボ!!
こんなに黄色は珍しい。

 

ニシキフウライウオ

 

濁ってますが、O氏は気にしません。
ドリーだ!!
がっつり3ダイブ、お疲れ様でした。

 

帰りは渋滞のこのような光景を数箇所見かけました。
行進スタート前に無事通過。
バリ人忙しそうです。

O氏、4日間ありがとうございました。
楽しかったです。

トランベン 体験ダイビング&ファンダイブ

0

東京よりお越しのT子さん&S氏、はじめまして~。
リクエストは、トランベン沈船。
昨日、トランベンは波が出ていたので、今朝確認したところ「昨日と同じぐらいの波」という情報。
お迎え後、T子さんたちに相談したところ、多少の波は大丈夫とのことだったのでトランベンへ向かいました。

トランベンへ到着すると、昨日より波が高くなってる・?・?・冷汗。
T子さんはCカード保有者ですが、S氏は初めての体験ダイビング。
かなり運動神経がよさげなので、体験講習をがっつりしてエントリーです。

本日の海況
波あり、流れ1本目あり、透明度5m~12m、水温28℃

まさかのエントリーでこけましたが、皆さん上手に「ウミガメ放流作戦」でそのままエントリー成功。
S氏は、スノーケリング経験もあり、水も怖くないのですんなり入れました。
T子さんと一緒にダイビングスタート。

大波エントリー後、中に入ると、結構な流れ・・。
サスケダイブだ。
T子さんはウェイトが足りなかったり、流れにつかまっちゃったり前半はいろいろありましたが

リバティ号船体内部で、ちょっと休憩。
流れが弱まるのを待ちます。
S氏は初めてですが、終始落ち着いていてすごい!

 

浅瀬が白く濁り、水面の波の影響が多かったので、体験の12mを少し超えてしまいました。
大波エキジット・・・今日は久しぶりに運転手が水に入ってくれて手伝ってくれたので転ばず。

 

2本目、いきます。
意外と体験S氏もダイバーT子さんも、大波にびびってないんですね。
淡々と冷静。

またエントリーで転んだら、そのまま「ウミガメ放流作戦」で波を抜けること。
でも、2回目ということもあり、すんなり美しくエントリーできてしまいました。
すごい。

2本目は、流れもなく快適。
ウミガメとパチリ。

 

だいぶ大きくなったね。

 

メタボなケショウフグ

 

ムカデミノウミウシ

 

安全停止中

 

魚が入ってきて

 

入って来て、邪魔をします。

 

T子さんも楽しそう!

2本目はがっつり楽しむことができました。
あぁ、恐怖のエキジットだ・・。

いやー、奇跡的に器材を脱ぐことなくエキジット成功できちゃいました。
S氏&T子さんの脚力の強さ。
そして、裸の運転手もいい仕事!

無事終了。お疲れ様でした!

 

帰りの車中は、本日の武勇伝やお仕事のことで盛り上がりました。
ルアックコーヒーをお土産に買い罪悪感に苛まれているS氏・・・。笑
ルアックコーヒーは買ってはいけません。
この辺りの感性が、3人とも似ていて店主としては嬉しかったです。

 

大波でしたが、お二人は楽しめたそうです。
朝早くからありがとうございました。
お話面白かったです。
お二人のご活躍を楽しみにしています。

体験ダイビング&ファンダイブ トランベン

0

石川・富山よりお越しのU氏とM氏、はじめまして!
インドネシアに出張中で、今日はお休みDAY。
リクエストでトランベンへ行ってきました。

U氏は認定ダイバーですが、M氏が初めての体験ダイビング。
同僚で仲の良いお二人は一緒に潜ります。
二人とも明るい・・。笑

本日のトランベン、波があるー。
波中、流れなし、透明度8m~15m、水温28℃
波の影響で浅瀬は濁っています。

M氏は波があって、水面でびびっていましたが、無事エントリー。
体はかなり硬直していましたね・・。
よく頑張りました!!
ダイバーU氏は、さすがダイバー、多少の波は問題なし。

割とすぐにウミガメがいました。

 

リバティ号のハンドル

 

ヒブダイ

 

ムスジコショウダイ群れ群れ。

 

 

2本目行ってきます。
本日の店主、両手にお花状態。

 

U氏はちょい深めで、自分で楽しめています。
きちんと付いてきてくれるので安心感。

 

船内に入ってみます。

 

U氏はこの安定。
ちょいびびりのM氏は少し怖かったそうです。

 

あちこち壊れ方が加速しています。

 

テンス2匹!!

 

2本目はかなりリラックスして余裕が見えてきたM氏。
赤マスクが素敵ですよ。
U氏は、スーパーリラックス。
エア持ちも素晴らしい。

 

 

昼過ぎると、波は少しマシになりました。
U氏、M氏、お疲れ様でした。
筋肉男子で助かりました。

 

ランプヤン山がくっきり。

 

 

あっ、交通規制の予告が張ってある。

10月8日~14日までバリ島ヌサドゥア地区で大きな会議が行われます。
IMF・世界銀行の年次総会だとか。
世界中から偉い人が集まってくるんでしょうね。
警備が大変だ・・・。
道路が混むだろうといわれているのは、10月5日~20日まで。
プラス、この予告のように、車両進入も制限されそうです。

ですので、この期間、ヌサドゥア地区に宿泊されるダイバーはお迎えできなさそうです。
予約時にお知らせします。

U氏・M氏、今日はありがとうございました。
陸も水中も楽しかったです。
また遊びに来てください(駐在になったら)。
短いバリ時間を楽しんでいってください。

トランベン ファンダイブ

0

ジャカルタ組H子さんとM子さん、3日目はリクエストでトランベンへ。
やっと、ブグブグ村のバリ祭事渋滞が終わったのでスムーズ。
あっという間にトランベン着。

本日のトランベン、海況よし。
波少し、流れ少し、透明度15m、水温28℃。
さくさくっと準備して、エントリー。

 

お子様組が集合。
オニカサゴ、ハナミノカサゴ、キリンミノ?かな。

 

アカメハゼ!
立派なサンゴが割れてた・・・。

 

クダゴンベ

 

M子さんは、新兵器使用で耳抜きが今日もすぱすぱ。
H子さんは、今回より「もじもじフード」デビュー。

似合いますよ。

H子さん、今日も丸いですね。

 

オックスアイスカッド(アジ)の群れ。
今日は浅いな。

 

ロウニンアジが突撃。
わーい、得した気分。

 

今日はビーチでバリご飯弁当を食べて、元気に2本目。
おいしくて完食。

 

ハナヒゲウツボが走る~。
長いね。

 

体の幅は意外とあり。

 

ニセゴイシウツボ・・・模様からしてまだ若め。

この辺から大きなナポレオンが浅瀬に見えました。
カスミアジも連れていたようです。

いいバディです。

 

ウミウシ群れる。

 

スザクサラサエビ・・・・・ぐっちゃりでした。

 

今日もドリー!!
右側面から見ると、やはり数字の6。

がっつり2ダイブ、お疲れ様でした。

アグン山ビューポイントで下車。
朝はなかったのですが、山火事???

H子さん、M子さん、3日間ありがとうございました。
打ち上げはメキシカン!!

ヌサペニダ&トランベン ファンダイブ

0

愛知・岐阜よりお越しのY子さん&S子さんをヌサペニダへご案内しました。

明日はニュピラウト(ヌサペニダのニュピ)のため、ヌサペニダ方面でのダイビングができないせいかたくさん人が集まっている。
中華系ダイバー数の多さに驚きます。
時代は完全に変わりました。

ヌサペニダの海況GOOD
波なし、うねりなし、流れ3本目ちょっと、透明度10m~25m、水温22℃~27℃

1本目、エントリー直後にマンボウがこっちの方にやってきた。

何も準備できていない・・・。

 

今日もマンボウ狙いでものすごい数のダイバーたち。

 

ベテランダイバーY子さんとビギナーS子さん。
高校の同級生なんだとか。
S子さん、本数の割りに中性浮力が安定していました。

 

水中は元気なS子さんですが、波酔いには弱かった・・・。

 

お二人ともモルディブや石垣に行ったことがあるので、マンタは初めてではありません。
バリ島のマンタもいいでしょ?

 

最初から最後まで終始いてくれたので、良かったです。
ただ、水温が22℃だったため、潜水時間は32分で終了。

 

食べて温まって、3本目はまたマンボウ探し。
今日のヌサペニダ、波なしで穏やかなんですが・・・
S子さんは、酔いがひどくなり3本目は欠席。
普段、船に乗って釣りをしているというY子さんは全く平気。

前半がアゲンストで流れがありましたが、まだ進めるほど。
ベテランY子さんとマンボウを探しましたが、不在でした。

後半は流れも止まり穏やかに。
最後は、浅瀬のきれいな根で遊びます。

 

カメラとGOプロと余裕のY子さん。

 

寒くないし最高。

 

芸能人に似てるんですー。

 

さくさくっと3ダイブ終了。
お疲れ様でした。

 

サヌールのビーチに到着すると、干潮・・・。
かなり歩きました。
潮が引いたところで、フォトウェディングかな?
フラミンゴがいるので、絶対日本人ではないですね。
ってか、なぜフラミンゴがいるのでしょうか?

 

ボートを降りた瞬間、元気になったS子さん。
砂紋と記念撮影。砂漠みたいですね。
今日は、ありがとうございました!!

そして、昨日に引き続き、ダイビング2日目のO氏とEさん夫妻は・・。

トランベンでがっつり3ダイブ。
いい笑顔です。海況も良かったそうですよ。
2日間、ありがとうございました。

 

 

ヌサペニダ&トランベン ファンダイブ

0

おとといパダンバイで一緒に潜ったW氏をヌサペニダへご案内しました。
相変わらず美肌で羨ましい限り。

本日のヌサペニダ海況よし。
波なし、流れほとんど当たらず、透明度8m~20m、水温20℃~
ほとんど24℃~25℃で温かく感じる一日でした。

 

イソマグロか?クロマグロか?ちょっと遠いですが2匹。

 

ツノダシの群れ~

 

 

魚影が濃い!

 

オオセ(ウベゴンシャーク)みっけ。

 

独占だったので、美肌W氏とパチリ。

 

マンボウが上がってきました。
1匹は、突然、急浮上で水面ジャンプ。はやっ。
1匹は、下から上がって来ました。
美肌W氏、良かったですね!
そこにいたので、もっと観察できたのですが・・・美肌W氏のエアが少なく、泣く泣く浮上。
ウミヘビもいましたね。

ボート上では酔ってしまう美肌W氏ですが、水中は元気!

 

ハダカハオコゼ(ピンクちゃん)、しがみついています。

 

2本目も同じところに入りましたが、マンボウの気配なし。
浅瀬で魚観察。

 

3本目、マンタポイントは、エントリーした直後にマンタが3枚連結で来た来た~。
カメラがまだ準備できてない・・・・・苦笑
これ先頭の普通のマンタ。
2匹目は撮れず。

 

 

一番後ろはブラックマンタでした。
美肌W氏、ラッキーです。

マンボウも見に行きましたが、不在。
クロヒラアジの群れなどもいましたが、透明度が悪かったです。
緑色で濁っています。

W氏、ありがとうございました!!
さくさくっと6ダイブでしたね。

今日はもう一箇所:トランベン
昨日、トランベンでご一緒させて頂いたシンガポール在住のIさんとJ氏。
昨夜はトランベンに泊まって、今日も2ダイブ。
早起きが苦手なJ氏に合わせて、のんびり朝10時スタートのダイビング。
引き続き海況も良く、J氏もIさんも楽しまれたようです。
2日間、ありがとうございました。

ファンダイブ トランベン

0

本日のゲストは、シンガポールよりお越しのIさんとJ氏。
6月にブルパラをご利用頂き、まだ9月なので早いリピートです。
ありがとうございます。
前回、行けなかったトランベンでのダイビングです。

本日の海況、抜群。
天気よし、波なし、流れなし、透明度15m~18m、水温28℃。
穏やか最高!

カンムリブダイとパチリ

 

リバティ号内に群れ群れ。

安全停止に入ります。
浮かないように。
J氏はこれがログ10本目、Iさんは伊豆で鍛えたベテランダイバーです。
終始、さりげなくアシストをするIさん。
いいバディです。

 

2本目行きます。
J氏、大きくて優しいアメリカ人。
ローカルフードも全く平気なんだそうです。
Iさんは日本人ですが、美しい英語をペラペラ話します。
うらやましい~。

 

 

2本目、J氏に余裕が見えました。
大きいのにエア持ち良いです。

 

ウミガメはダイバーたちに追いかけられ、深場へ逃げていました。
強烈すぎるライトをウミガメの顔に当てるのは止めた方がいいですね・・。

 

ヒオドシベラの幼魚1cmほど!!
これはときめきました(店主が)。

 

J氏、11本目でこの安定度!
今後が楽しみです。

 

ベテランダイバーIさんは生物観察派。
コショウダイの大きさに驚いていました。

 

昨日のパダンバイに続き、ここでも同じく逃げないタコ一人。
産卵なのかな・・・?
孵化待ちなのかな??
だとすると、この後、この子は死ぬんですね。
タコの人生、せつない。

がっつり2ダイブを楽しみました。
お疲れ様です。

 

J氏とIさんは、昨日からトランベン泊中なので、運転手と店主だけでサヌールへ帰ります。
Bugbug村辺りから、あちこちが渋滞。
結局、サヌールまで3時間かかってしまいました。

バリ人はここ数日祭事続きで大忙しいようです。

Iさん、J氏、今日はありがとうございました。
シンガポールより和食土産(?)もありがとうございます。
さすが、シンガポール!何でもありますね。

ページのトップへ