Posts tagged チャンディダサ

ミンパン ファンダイブ

0

東ジャワ・スラバヤよりリピーターのK夫妻です。
あの感動を忘れられず、作戦決行です。
本日はミンパンへ。
明日は新月ですし。

真っ暗な5:00に出発。
ポイントに到着する頃、サンライズが!

 

 

7:00前にエントリーできちゃいました。
イントラだったMさん、もうすぐ600本ダイバーのK氏。
ここは上級者ポイントですが、問題なくお連れできます。

 

 

早朝は群れ続き。
波あり、流れ少し、うねり少し、透明度25m
ただ、水温が温かく28℃。

 

 

寝てるネムリブカを見て、ムレハタタテダイもこんなに。
でも、マンボウはいなーーい。

 

 

ツムブリ4匹、カンムリブダイ5匹・・・。

ここはダウン&アップカレントで、カンムリブダイたちでもダウンカレントに引きずりこまれていました。
はははー。

 

予定通り、安全停止に入ることができました!

 

 

サンゴとアカヒメジの群れは必見。
水面は白波炸裂していますが、下は穏やか。

 

2本目もミンパンの予定でしたが、流れの境目で残念ながら予定コースから外れてしまいました。
満潮潮止まりのはずなのに、3ダイブ中、一番流れました。
こちらも28℃で透明度20m。
このまま楽しみましょう。

深度が浅めでサンゴの根があちこち点在して、きれい!
穏やかなら講習や体験ダイビングに使いたいですが・・。

 

そして、ウミガメが3匹集まっていたり、マダラトビエイが通ったりゴージャス。

 

普段、単独のドリーが2匹!

 

 

チャンディダサ方面へ流れながらの安全停止。
夫妻のカメラは大きい・・・。

防寒対策ばっちりのおやつ&ドリンクでしたが、水中は温かく、天気は太陽ぎらぎらで暑い。
準備すると大抵こんなもんです・・・ネ。

懲りない店主たちは、3本目もミンパンへ。
今度はさっきとは反対向きの流れになってましたが、慎重にエントリー。
通常コースです。
水中の流れはあまりなく、意外と穏やか。
ただ、早朝よりは透明度が落ちて10m-15m、水温は終始28℃。

店主一人、深場へマンボウを探しに行くと、また寝てるネムリブカ。

いつも寝てるんですね。

Mさんは、店主と同じく道産子。

 

 

大きなドクウツボと一緒に写真を撮りたいK氏。

K氏と頭のサイズ同じぐらい!

 

 

流れの強いところですが、サンゴは元気です。
マンボウならず。

 

 

お疲れ様でした!

 

早朝は真っ暗&波のあったパダンバイですが、お昼はこの穏やかさ。
パダンバイ、車で車で大渋滞です。

 

 


サヌールに戻ると、ビーチへ向かうバリ人ご一行様が・・。
ムラスティという祭事のようです。
これがバリ島!

K氏&Mさん、今日は早朝からお疲れ様でした。
ありがとうございます。

パダンバイ 体験ダイビング&ミンパン・テペコン ファンダイブ

0

朝から天気がよくて気持ちいい。
風も弱まりました。
すっきりしない空模様のこのごろ。

本日はアムック湾へGOGO。
12月末にアドバンス講習を受けたMさんが、お友達を連れてきてくださいました。
K氏、はじめまして!
体験ダイビングのK氏とアドバンスのMさんがパダンバイで一緒に潜ります。

そして、4年前は北京在住だったF氏・Mさん夫妻と再会。
素敵なご夫妻なんですよね・・・面白い。
北京からやってくると、バリ島の全てが 『安全&クリーン』 であることに感動していましたね。
衝撃発言の数々、忘れられません。
現在は日本在住なので、当時の感動は薄いかなー??
ご夫妻は、着替えて即効、別のボートに乗り込みチャンディダサ方面へ。
行ってらっしゃい、3ダイブ。

店主はパダンバイを潜ります。
K氏を初めての水中へご案内しました。
耳抜きも上手だし、落ち着いている!
本日の海況、GOOOD。
波なし、流れなし、透明度12m、水温26℃~27℃

オヤビッチャの群れ

 

ハナビラクマノミ天国

 

さんご礁をゆっくりドリフト

(Mさんは、このポイントのスーパードリフトを経験済み)

K氏は初めてのダイビングなのに、この落ち着き。
Mさんは、ぴったり付いてきてくださいました。

 

 

太陽が気持ちいいーーーーエキジット

 

 

アグン山も見えちゃう。
K氏はバリ島滞在中に登るそうです!

 

 

今度はボートからどぼーんと入ります。

 

気持ちいい・・・いつもこんな水面ならいいんですが。

 

ウォールでK氏の手を離してみました。

もうダイバーみたい。

ニモをたくさん見ましたね。

 

店主が好きなコクテンハギ。
サンゴによって体色変えてました。

 

 

 

ギュンノドリスアウリタという絶対覚えられないウミウシ
下にもいて3匹重なりお休み中

 

 

Mさん、K氏、上がりましょうか。
じっくり潜れました。
この後、水面でウミガメを見ちゃいました!

ランチを終えた頃、3ダイブ終えたF夫妻が帰ってきました。
チャンディダサ方面、透明度が良かったそうです。
それなりに水温も冷たかったそうな。
でも、マンボウはなし。

今日は皆様ありがとうございました。
帰りは爆睡の車中zzzzzzzz
あっという間にサヌール着。
やはり太陽が出てるといいですね。

ミンパン・テペコン ファンダイブ

0

神戸のO氏&Mさん2日目は、チャンディダサです。
上級者向けポイントのミンパン岩礁とテペコン。
ベテランダイバーお二人のリクエストですので、お連れします。
昨日は残念な透明度だったので、ちょっとマシであることを祈って出発。

雨季は終わったかのような快晴。
太陽がじりじりすごいぞ。
本日のミンパン、流れは普通。
ただエントリーした西側が透明度5~8m程度で緑色。
水温29℃であったかー。
サメ(ネムリブカ)も根に1匹いたようです。
魚はうじゃうじゃいるのですが、あまり見えない・・・。
そして、南側に曲がると、いきなりブルーですこーーーーんと抜けてました。
目が良くなった錯覚。

IMG_3670

いきなり視界が開けてよかった!!
遠くのウミガメまで見えるー。透明度30m?
ただ、ここから『さすけダイブ』の始まり。
アップカレントとダウンカレントが交互に。
しかし、ブリーフィング通りに神戸組は上手にカレントをかわし、安全停止を終え美しくエキジット。

 

IMG_3676

乾季はマンボウがよく来ます。

 

IMG_3679

全部自分たちでサクサク準備。
さすがです。

 

IMG_3681-001

2本目はテペコンへ移動。
流れはテペコンにしては小さめ。
うねり少し。水温なんと31℃。
透明度25m以上!いえーい。
エントリー前から水が透けてました。

 

IMG_3698

サンゴがびっしり。

 

IMG_3701

Mさん!

 

IMG_3703

O氏!

 

IMG_3704

人間はサンゴ群生を美しいと見ますが、サンゴの世界ではサンゴ同士の闘いなんだとか。

 

IMG_3706

ここは流れがなくサンゴに癒されます。

 

IMG_3708

うねりが小さかったので、ダイナミック地形を間近で満喫。

 

IMG_3715

天然アクアリウム

 

IMG_3720

陽水似のO氏。

 

IMG_3721

テペコン、今日は最高。
Mさん&O氏、お疲れ様でした。
さすが350本組と感じる2ダイブでした。
今日もありがとうございました!

ファンダイブ ミンパン&パダンバイ

0

リピーター様たちと5:30出発で、サヌール出発。
今日は、ジャカルタ鉄人K氏、スラバヤK夫妻。
ベテラン揃いですし、リクエストでマンボウ狙い!
しかも、満月。
じっくりマンボウを撮りましょう。

IMG_5297

ミンパン岩礁が見えてきた!ちょっと雨がポツポツ。

本日のチャンディサ、穏やか!
流れもほとんどなし、透明度18m、水温26℃であったか。

IMG_5298

すぐにネムリブカ2匹がぐるぐるまわっていました。

 

 

IMG_5312

エントリー5分でマンボウ!
エアはいっぱい、窒素もまだなし。
(今日の任務終えた気持ち・・。)

 

IMG_5325

他のショップがまだ来ていなかったので、店主たち4人で10分ぐらいマンボウ様独占。

 

IMG_5331

皆さん、真剣。

 

IMG_5338

かわいいね。

 

IMG_5357

オヤビッチャがすごすぎ。産卵です。

 

 

IMG_5358

サンゴ群生、いきいき。

 

IMG_5363

新妻Mさんは、元イントラ!

 

IMG_5370

2本目も入ってすぐにマンボウ様!
さっきと違う個体ですね。

 

IMG_5383

いてくれてありがとう!めんこいね!
この子とは5分ほど撮らせて頂きました。

 

IMG_5397

穏やかだったので、チャンディダサにしては楽な安全停止。

 

IMG_5399

ウミガメが呼吸しに行った?
下の方では、カンムリブダイが2匹。

ブルーラグーンへ移動して、水面ランチ。
朝は曇りでしたが、太陽がギラギラ出てました。
次は、まったりマクロ2ダイブ。

IMG_5446

今日のパダンバイも温かく終始27℃。

 

IMG_5457

オオウミウマ、いないので諦めかけた時に目が合いました。

 

IMG_5466

ドロップオフから上がれない。
チャンディダサより流れが突然。
鉄人K氏は、よく当たるパターン。笑

ここだけだから頑張りましょう。

IMG_5475大好きなシマウミスズメ。

珍しく4ダイブしてしまいました。
マンボウをじっくり観察できてよかった!
皆さん、いい写真、面白い動画などいろいろ撮れてたようです。
今日は真っ暗な早朝から一日ありがとうございました。
マンボウたちもありがとう。

ミンパン・テペコン ファンダイブ

0

今日は珍しくチャンディダサへGO。
上級者ポイントなので、誰でもお連れできませんのであしからず。
2名キャンセルを食らったため、今日のゲストは日本からIさんだけになってしまったのでした。
Iさん、初めましてー。
レスキューダイバーで経験本数もそれなりにあったため、それだったらマンボウを見に行きましょうということに店主がご提案。

なんとおとといは、東ティモールでダイビングしてきたIさん。
店主だって、まだ行ってないですよっ。

 

おとといが満月なので、チャンスありあり。
海況はよしで、強烈な流れはなし。
透明度20m、水温は19度まで落ちました。

1本目、店主が大好きなミンパンです!!

シャークポイントは、ネムリブカが3匹は旋回しておりました。
キンセンフエダイの群れをくぐって、どんどん水温が下がり始めいい感じ。

IMG_6294ツバメウオの群れがひらひら。
サーモクラインもかかってます。

 

 

IMG_6301シャークポイントの難所も無事通過。

 

 

 

 

IMG_6307群れ群れ・・。

 

IMG_6308きれいでここにいたいですけど、マンボウに会うのでお先に。

 

IMG_6318無事に次の難所を越え、ウミガメ様。

 

 

IMG_6336来た来た~、前から来た~。
予想通り、同じ深度。
もちろん、I氏と店主二人しかいません。

 

IMG_6344もう1枚来た。で、向こうへ行ってしまいました。

 

IMG_6352そして、もう1枚が深場から上がってきました。

 

 

IMG_6354さて、I氏と写真撮影会。
フォーメーションを組みます。
といっても、I氏と店主二人だけなので簡単。

 

 

IMG_6358臆病なマンボウ様なので、静かにゆっくり近づくルールを守ると、そこまでいけちゃう。

 

 

 

IMG_6386安全停止場所に行くと、更に1枚。
ここで他のショップ3名(ヒト)と初めて会いました。
この子も全然逃げない。

 

 

IMG_6379I氏のエアが少なかったので、安全停止しながら上からマンボウ様をずっと見ることができました。
正面顔は店主の飼っている淡水魚ベタちゃん(闘魚)とそっくり!!

結局、エキジットまで25分間ずっとマンボウ様を見ることができました。

 

 

 

IMG_63922本目行ってきます。

 

 

IMG_6405テペコンも20℃で冷たいですけど、寒くはなし。
そして、エントリー5分でまたマンボウ様1枚!!

 

IMG_6419サンゴが美しい!

 

 

IMG_6429I氏、ぴったり付いてこれました。
お疲れ様です。

おととい東ティモールで潜り、バリ島ダイビングは今日の2本だけ。
2本でマンボウ5枚見てしまい、本当にラッキーだと思います。
I氏の写真もばっちりでした。
いやー、ダイバーが少なければマンボウは上がってくるんですよね。
楽しかった。
I氏、ありがとうございました。
マンボウ様もありがとう。

ミンパン&テペコン 3ダイブ

0

今日は朝早くからチャンディダサへ出発です。
ダイブマスターFさんとプライベート3ダイブ。

チャンディダサは上級者ポイントですが、Fさんなので逆に楽しみ。

海況は聞いていた通り、チャンディダサにしては穏やか。

しかも、透明度20ー25m!!!!
水温27℃。
アムック湾、絶好調の今。

 

IMG_21781本目、ミンパン岩礁。

 

 

IMG_2179

透明度がよい!!

 

IMG_2197

アカヒメジの群れはあちこち。

 

IMG_2207

シャークポイントではネブリブカが何匹か旋回中。

 

IMG_2225

サンゴも生き生き。

 

IMG_2258

安全停止も楽々。

 

IMG_2299

あまりにきれいだったので、2本目もミンパンへ。
こういう透明度、あまり当たりません。

 

IMG_2315

魚影の濃さはピカイチ。

 

IMG_2316

もう何をどう撮っていいかわかりません。

 

 

IMG_2328

『アカモンガラはゴマモンガラより強い』ということを今日知りました。
このアカモンガラは、ずーっとこのゴマを攻撃していました。
1ダイブ目も2ダイブ目も。
個人的に嫌いなのでしょうか??

 

中層でホバリングするロウニンアジもいました。

止まれるんだ・・。

 

巨大なカンムリブダイにもこの後遭遇。

いつもトランベンで見ていますが、でかすぎる。

コブも異常に大きい。

あんなでかい固体は初めてです。

 

分からないことがたくさんあります。

 

 

IMG_2329

ここ1年ぐらいここに住み着いているウミガメ様(小)。
少し大きくなったみたいです。

1本目は少々流れに負けていたウミガメ様小。

2本目は捕食中。

 

IMG_2350

2本目でかなり窒素充満中のガールズ。

何年ぶりかしらね・・・Fさんと二人で潜るのは・・(しみじみ)。

 

IMG_2388

3本目はテペコンの穏やかポイント。

 

 

IMG_2389

Fさん、ほんと楽しそうに潜るのは変わってない。
根っからの海好き。

 

 

IMG_2400

何か狙ってるFさん。

ここのハードコーラル群生は圧巻。

 

 

IMG_2410『地上は雨が降っているんだ』なんて思いながらも安全停止中、マダラトビエイが2匹。

かっこいい!

 

雨季真っ只中でこの透明度。

Fさんラッキーです。店主も楽しかったー。
誰でも連れていけないポイントで、あまり行けませんが、店主はミンパン岩礁が好きです。

 

 

ファンダイブ ミンパン&テペコン

0

スラバヤからお越しのMさん、Aさん、K氏・・ベテランダイバー3名とチャンディダサを潜ってきました。

9月の中旬に、ヌサペニダでマンボウ遭遇も果たしている3人組。

でしたので、マンボウ狙いではなく、『まだ潜ったことがないから』という軽い理由で早朝出発。

 

朝一番のミンパンは穏やか。

すぐに大型のサメが水底に・・・。

確認はできませんでしたが、ネムリブカではありません。

とにかくでかいサメ。とーーーーても気になります。

コーナーでは最近いついている小さめのウミガメ様。

 

で、うちらの深度にマンボウ様。

 

IMG_7361

目が大きくて美人さん。

 

 

IMG_7373

大きい・・・後ろはスラバヤ3人組。

 

 

IMG_7390

Aさん、まじまじと観察。

 

IMG_7398

マンボウ様とご主人K氏

 

IMG_7406

下から見ると大迫力。

19分間も遊んでいただきました。

深すぎず、みんなのエアも十分。

他のダイバーなし。

最高です。

 

2本目、キャニオン

 

IMG_7441

流れはありましたが耐えられるぐらい。

透明度がイマイチでしたが魚影は濃いですね。

 

 

IMG_7447

ウミガメ様は2匹。

 

3本目、テペコン北側
K氏とAさんは、ナイトロックス32%を体験です。

IMG_7497

透明度はまあまあ、ただうねりが一部すごかった。

 

IMG_7504

ハードコーラルは素晴らしい。

 

IMG_7509

びっしり。

 

IMG_7519ダイバーの皆様、割らないでくださいね。

一時、水温23℃・・・。

 

全然期待してなかったのに、マンボウ出たねと盛り上がりました。

スラバヤ組は、マンボウ運ありですね!
ベテランダイバー様たち、ありがとうございました。
チャンディダサはワイルドな海・・。
そして、モラモラセンターに電話しておくと、マンボウ予約ができる!?爆

ミンパン&テペコン 3ダイブ

0

本日は、ジャカルタ在住の鉄人K氏とCandidasaへ行ってきました。

鉄人K氏はアシスタントインストラクターレベルですから、「いつかチャンディダサへお連れしたい」とは言っていたものの、毎度他のゲストがいて実現できずにいました。

この度、やっと実現です。

しかもマンボウ目撃情報がやっと出てきましたし、潮まわり的にも確率が高いのでちょっと期待しながら・・・。

気合入れて朝早い出発です。

 

IMG_0460

チャンディダサから見るアグン山

 

1本目ミンパン べたなぎ 水温24℃

 

IMG_0465

マンボウがいてほしい場所にツバメウオの群れ

IMG_0471

コーナーも余裕でK氏は写真を撮ります。

IMG_0487

安全停止も普通にできちゃいました。

ウミガメ様がちらほら。

IMG_0492

ミンパンにしては多く7隻ぐらいボートが来ていました。

2本目 ミンパン 23℃ 流れなし

マンボウのためにウォールまで行ってまた戻ってくるコース。

IMG_0501

流れません。

IMG_0511

浅場も余裕

IMG_0522

いる気配ありありコンディションでしたが、マンボウに会えず。

クリスタルで見たからよしとしましょうか。

3本目 テペコン北側 ところどころ流れあり 水温24℃ 透明度途中はすばらしい。

IMG_0532

店主の目を惹いたサンゴ

IMG_0534

K氏は写真に夢中

IMG_0549

ここの群生は見事

IMG_0557

ワイルドな海です。

IMG_0570ミンパン岩礁、テペコン島、ありがとーーーーー。

拍子抜けするほど穏やかすぎでした。

パダンバイーギリトラワンガン高速船が、何隻も往来していました。

きっとロンボク島ギリは西洋人で大賑わいでしょうね。

鉄人K氏、いつもありがとうございます。

ミンパン&テペコン ファンダイブ

0

K氏の修行ダイブ総仕上げは、チャンディダサにあるミンパン岩礁&テペコン。

マンボウが現れるシーズンですがどうなるか・・。

ここは上級者ポイントですので、連れて行けるゲストは滅多にいません。

今日は、修行ファンダイブのK氏、ダイブマスター候補生Oさんと行って来ました。

 

1本目、ミンパンシャークポイントにエントリー。

穏やかですが、水温が27℃と高め・・・涙。

ホワイトティップリーフシャークが2匹。

カンムリブダイもいましたー。

ヨコシマクロダイの群れも圧巻。

 

サメ

吸い込みポイントで、2匹が旋回していました。

 

 

中層

中層はブルー。

 

 

アオヤガラ

アオヤガラが流れてきます。

 

マンボウを探します。

予定通り進みコーナーも無事に曲がれました。

 

アップカレント

ちょっと進むと地形のお陰でアップカレント。

 

 

アップカレント

絶対飛ばされてはいけません。

逆立ち鯉のぼり状態。

 

それから、少し進むと今度は地形のお陰でダウンカレント。

その部分をうまく抜けます。

 

K氏談「SASUKE みたいなダイビング」

これ笑いました。

 

安全停止

安全停止はブルー中層で流されながら行いました。

下にダイバーがいないのに、バブルが下から上がってくるんですよね。

THE循環バブル。

 

2本目

2本目はテペコンの穏やかなポイントへ。

水温は26℃

 

どした?

ぴったりきれいについてきます。

Oさん、どした?

 

 

 

美

チャンディダサのサンゴと地形は素晴しい。

 

 

白波

水面は白波が炸裂。

ワイルド!

 

ハナダイ

水深5mのハナダイ群れがこれまた美しい。

 

 

いきいきサンゴ

 

サンゴいきいきです。

 

残念ながらマンボウはいませんでしたが、修行ダイブの総仕上げとしてはいろいろ経験してもらえたと思います。

ダイビングを始めて半年。急成長中のK氏。

自分に必要なダイビンググッズが、はっきりと分かったようです。

7日間、ありがとうございました。

 

 

 

テペコン・ミンパン ファンダイブ

0

N氏と3日目は、リクエストだった上級者ポイントのミンパン&テペコンへ。

ちょっと早めに出ました。

南部は曇り空でしたが、チャンディダサは快晴。

さすがN氏は晴れ男です。

 

チャンディダサ

テペコンとミンパン岩礁 

ボートマンと流れを話し合い、先にテペコンの東側に入ることにしました。

 

 

穏やか

よかった、ここは穏やかでした!

流れもなく穏やか。水温は27℃。透明度は30m。

 

 

アカヒメジ

アカヒメジの群れはあちこちに点在。 

 

 

サンゴ群

元気なサンゴがびっしりです。 

 

 

スズメダイ

デバスズメダイも群れ群れ。 

 

 

他のダイバー

あら、珍しく他のダイバー。 

 

 

圧巻

美しいーーー、このサンゴ群がいつまでも保たれますように。 

 

 

地形

 うねりもなく、岩礁下を楽しめます。

 

ムレハタタテダイ

店主の黄色いフィンに付いてきたムレハタタテダイ1匹だけ!

仲間はどこだい?? 

 

 

太陽光が美しい

浅いところは、ハナダイハナゴイのカラフルさがくっきり。

うねりがないと近づけますね。

 

 

スノーケラー

スノーケラー一家ですが、マスクだけ。

浮き具もフィンもなし。

心配でしたが、泳ぎに自信がある一家のようでした。

 

 

エキジット

N氏とエキジット。

エキジットするといつもキラキラしているN氏です。

 

 

エントリー

2本目、店主が好きなミンパンへ。

少し流れがあるようでしたが、入念にN氏とブリーフィングを終えシャークポイントでエントリー。

 

 

うひゃー

魚まみれですー。 

 

 

うわーー

流れていますが、透明度も素晴らしいー。

 

 

 

吸い込み

根の下にいるホワイトティップリーフシャークを見に行きたいのですが、岩礁間の吸い込みがすごい。

店主が見たかったところへは行けず。涙 

事前に話しておりましたが、一瞬の隙に吸い込まれそうになったN氏。

これ、あっという間なのです。

落ち着いて体勢を整え、匍匐前進で戻ってきてくださいました。

バディ3日目ともなると、戻れると信じていました。

 

順調にコーナーをまわれ、ドロップオフです。

地形がダイナミック!流れはほどほどが続きます。

その次に、大きな縦にえぐれたカットがありますが

今日はアップカレント(下から上に向かう流れ)。

頭が下の鯉のぼりになります。

N氏は店主にぴったりで、同じくしている。

いいですよー。

アップカレントの間隔をみて、素早くカットを抜けました。

 

バディ最高

ドロップオフのN氏。ぴったり付いて来てくれます。

スタミナもばっちりです。

 

ここは難しいダイビングポイントですので、誰でも連れていけませんのであしからず。

 

 

アグン山

 手前は西洋人のロングステイが多いチャンディダサ。

 アグン山が見えました。

 

 

あーーっ、3日間のダイビングが終わってしまいました。

終わってしまうと寂しいものです。

 

 

車中大笑い事件

看板

看板

 

 

 

現在のバリ島は、いたるところにこの手の看板があります。

実はこれ州知事選挙の候補者なんです。

N氏は、これをレストランの宣伝だと思っていたことが判明。

シェフ二人がレストランを宣伝しているように見えたとか。

なるほどーー!!まあ、シェフに見えないこともありませんね。笑

観光客の斬新で素朴な質問に、店主は笑わせて頂いています。

 

偶然同い年だったN氏。

3日間も店主とダイビングしてくださってありがとうございました。

また遊びにきてください。

お互いの人生、応援しあいましょう!

ファイトー。

 

ページのトップへ