Posts tagged スピリチュアル

Sidemen村へ

0

今日はダイビングではないですが、珍しく車でjalan-jalanしてきました。

行き先は、サヌールより1時間ちょっとのカランアッサム県のシデメン村。

目的は、ダイバーS子さんもろもろ海仲間で、あきこさんの手相鑑定。

これまではサヌール出張鑑定をして頂いていたのですが、5月より鑑定はシデメン村でのみ。

店主は、現在とりわけ迷いがないので、書記係りで参加となりました。

 

バリ島の中で最も美しいと店主が推薦する地区が、シデメン、イセ方面です。

昔、ウォルター・シュピースがウブド生活に嫌気をさし、イセに移り住んだ気持ちが少し分かります。

目の前にアグン山があるのですが、雲に隠れて写真は撮れず。

 

シデメン村に住んでいる日本人、アキコさん。

何度かお会いしたことがありましたが、自宅は初めて。

ソンケット(刺繍織)が村の産業です。

女性たちは、時間を見つけてはこの伝統的な製法で少しずつソンケットを織っていきます。

気が遠くなるような作業。

 

 

村の子供。サヌールより行くと、空気がひんやりします。

水も冷たくてびっくり。

だから、帽子をかぶっていると思われます。

 

 

 

そして、手相鑑定。店主は居心地がよかったので、床に座ってしまいました。

でも、冷えました。涼しい村です。

ニワトリの鳴き声、アヒルの合唱、犬、ネコ、子供達、バリ人の話し声、ソンケットを織る音・・・村だけどとてもにぎやか。

街の喧騒から完全隔離の空間。いつも波の音で癒されていますが、今日は山のよさも感じました。

 

アキコさんに2012年の話を少し聞かせてもらい、みんなすっきりしました。

興味深い話をありがとうございました!

 

クルンクンの好きな道を久しぶりに通り抜けます。

みんな裸で水浴びする川。

バイパスが延びる前は、トランベンもパダンバイもここを通っていたんだなぁと当時を懐かしく思い出します。

 

その川にかかる橋からの景色。

瓦の屋根でびっしり。

店主、ここの景色が大好きです。

 

 

これまた、昔、ダイビングで通っていたクルンクンからバイパスへ抜ける道。

田んぼ・畑がきれいーーー、変わらず絶景。

 

 

遅いランチで腹ペコ・・・。

バイパスLepangに出てやっと食堂を発見。

店主はアヤムララパン+ご飯1.5皿+オレンジジュースで17.000ルピア(約140円)。

揚げテンペがうまかったです。さすが、東ジャワJemberのおばちゃん。

 

 

 

バリ島 皆既月食

0

皆様のお陰で口にすることができる『日本のカレー&北海道銀山産の新米』という贅沢な和食ディナー。Tさんが食べにきてくださいました。

そして待ちに待った皆既月食。今年最後の満月が食べられる日。時間が近くなり、月を我が家から探すも見えない。バリ島時間20:46月食スタート・・・・外へ出てみると東の方角に月光がうっすら見えた!!位置は分かるも、雲が厚く全体が見えない。しかも、目の前の巨大オレンジ街灯と重なる。あーーー、目が痛い。自転は思っているよりも速いようで、月が南東へずれだした。街灯から抜けました。

雲の合間から顔を見せてくれた21:18の2ショット。

 月食始まって30分ですが、雲がありすぎてよく分かりません。

 

やっぱ、わかりませんーーーーーーっ。

 

同時に風が吹き出し、これは雨が降るーと思ったら、すぐ降りだしました。

終了。

バリ時間、22:30(あと30分後)頃が、一番パワフルエネルギーらしいので静かに時間を過ごしたいと思います。

 

 

頂く日

0

ダイビングがやっとひと段落。やはり安全第一の現場にいるので、気が張るのでしょう。何事も日本のようにスムーズに進まないバリ島で、先進国相手に商売をする。冷汗と本当の汗の連続。予期せぬことが頻発するバリ島。一仕事終えると、どーーーーっと疲れが出ます。疲れというか気の緩みと安堵感なのかな・・・。ゲストと過ごす一瞬一瞬は楽しんでおります。

 

月曜日から陸のブルーを味わっています。いろいろな仕事がたまりすぎ・・・トホホ。何から手を付けりゃいいんじゃーっ?そういう時は海のブルーに逃げたくなります。有能な秘書や黙々と働くお手伝いさんが欲しい!恐らく、店主の熱帯生活は、4コマ漫画にするとかなり面白いかも。

 

おとといは、『一歩前進の日』。昨日は『セルフケアの日』。

本日は『頂く日』でした。

午前中Hさんが持って来てくれた焼きイモ(西ジャワ産蜜芋)

夜、Nさんが持って来てくれたマンゴー、マンゴスチン、ランブータン

夜、集まりで頂いたリンゴ

贅沢ですね、ありがたいです。

 

マイケルイントラは、トランベン方面で忙しいです。昨日も海況よし、今日も2本目が若干流れがあったものの海況よしのようです。手伝えなくてごめんなさい。店主は体を休めます。

 

さて、明日は2011年最後の満月。しかも皆既月食!!!かなりパワーが高まりそうですね。日本では日本時間21:45から月食が始まり、53分間は完全に月が見えなくなるそうです。バリ島でもその時間、月を見てみたいと思います。雨が降らないことを祈ります。明日は一日 be positive で!!

 

 

 

 

 

ヨガの日

0

店主がサヌールで通うヨガスタジオ!!2週、ダイビングで行けなかったので久しぶりです。毎週木曜日18:00、日本人のヨガインストラクターがウブドより来てくださいます。今日は、いつもの日本人メンバー4名と西洋人女性1名の計5名。小さなスタジオなので、8名だともう一杯。ですが、店主は大勢クラスよりもこういう少人数制が好みです。インストラクターが、一人ひとりの体調やリクエストを聞いてくれるからです。

今日は、みんなの状態を聞いて、インストラクターは陰ヨガをやることを決定しました。動きが少なく、ポーズを決めて何分かホールドというヨガ。終了後は、店主の胴体に溜まっていたイライラ・むかむかも出ていったようでスッキリ。今日は5人全員が大満足、それぞれに何かはまったようです。素晴らしい時間でした。

 

その後、20時まわってましたが、用事があってサヌール在住Nさん宅へ。なんと夕食を作って待っていてくれました。彼女はベジタリアンなので、ベジタリアンディナー。

 ポテト、きゅうり、トマト、サラダ菜、ソラマメのサラダ・・・・これを大豆のマヨネーズで頂きます。

 

 豆腐ステーキ・・・これを黒酢ベースのソースで頂きます。

 

ドライカレー・・・・ミニコーンまで入っています。インドネシアのカレー粉なのでベジタリアンには安心。

 

Nさんは、早朝パサールで買い物する人。パサールは野菜が豊富で新鮮ですね。サラダ菜もしゃきっとしています。大粒ソラマメはかなりおいしかったので、生を少し頂いてきました。どんな料理にも使えそうです。ただ、店主が行くスーパーには売ってない・・・。

 

夕方まで数字のお仕事して頭が痛くなりましたが、夜はヨガ、ベジタリアン料理、ガールズトークで元気。

仲間に感謝

0

雨季に突入してしまったようです。昨夜から大雨・・・。初降り恒例、雨漏りを見て、要修理箇所が分かりました。

 

今日は夕方からHさんのあるヒーリングを受けました。頭と胸のチャクラはいい感じで開いていましたが、残りのチャクラはちょっと滞り気味だったので、全開にしてもらいました。これでエネルギーや気が通りやすくなりました。いろんなことを話しましたが、遠く離れる日本に住む母にもっとまめに連絡をとろうという気になりました。現在、『気』『エネルギー』にかなり興味津々の店主です。バリ島という土地柄、そういうことを学ぶには最適な環境だといえます。

その後は、ヨガへ。珍しく2週続けての参加です。やっと、ヨガ仲間Oさんと今年初めて会えましたーーーー。店主は体が硬いながらも、やっとヨガが楽しいと思えるようになってきました。やはり、生徒さんそれぞれの体調や弱い部分に合わせて指導して頂けるのがありがたいです。きっと店主みたいなタイプは、広いところで大人数ヨガクラスは合わないし、自分がそれを好まないかな・・・。やはり、ヨガインストラクターが、店主の体を分かってくれているという、ものすごーーーく安心感があります。ダイビングも同じですよね。

そしてヨガが終わってから、ダイビング業界のH氏とブタウィにてディナー。昨日のイチゴジュースがおいしかったので、また注文してしまいました。本当においしいマルタバック(ネギ入りタマゴ焼き)やロテックバンドン(バンドン風サラダ)が食べたい場合、このブタウィがオススメです。これだけでご飯が進む進む。おかずはそれだけで十分。締めは、ジャカルタのシンガコーヒー×2杯。ああ、幸せーーーー。落ち着いた照明、アンティックチークの調度品、レトロな雰囲気で和み空間です。

毎日、濃い日が続いています。こうやって周りの皆さんのお陰で頑張れます。いい仲間に店主は恵まれています。感謝。

では、明日からまた海です。

幸せはここ

0

ブルパラ号・三菱L300ミニバスが2泊3日の入院を経て戻ってきました。

運転手が妥協を許さず、部品取替え→試乗→部品取替え→試乗を繰り返したため時間がかかってしまいました。修理工場側からすると大迷惑だったと思われます。しかし、そういう根拠ある『こだわり』はプロ意識の表れ、店主から見てて頼もしく見えます。特にこういう発展途上国においては貴重です。請求書は怖いな・・・笑。

そして本日は、人と会う日。ただの偶然なのか、いや必然的偶然なのか重なる時は重なるものです。

午前中、サヌール和菓子のゲッコーへ。ゲッコーのHT氏と会うために友人Nさんとお邪魔したら、YさんとRさんカップルがほぼ同時に入店。ダイバーがみんな集まり、先日の『再圧チャンバー事件』ネタで盛り上がりました。交通事故ネタもありました。真面目な邦人がインドネシア的な事件に巻き込まれていますが、みんなとりあえず元気でよかった。

 

本日ゲッコーで注文したアイスコーヒー。アラビカ豆で最高のテイスト。

こだわりあるゲッコーのHT氏は、味が気に入らなかったらしく、一度作り直しさせていました。

店主にとっては一杯目も二杯目もおいしかったのですけど・・・。

不思議なのが、氷が溶けても味が変わらないのはなぜでしょう。

 

YさんとRさんのカップルが帰った後に、友人Nさんの商談開始。みんな在イが長く、かなりディープな情報交換ができました。あー、楽しかった。ゲッコーの店内はモダンでエアコンが効いて快適空間。しかも喫煙OK、極上コーヒー。長居してしまう要素がたくさんあるんですねー。出来立てほやほやの『かりんとう』・・・これ日本のかりんとうよりおいしい。

ゲッコーを出て、夕方になっていましたが、遅いランチ。Nさんはベジタリアンなので、その辺では食べられず。レノンの『ボディビーガン』ベジタリアンレストランへ。

これ本日のベジタリアン・ナシチャンプル(スープ付) Rp.12,000(100円)

店主の場合、ご飯をもう一つ注文します。小さな巨人はよく食べます。

これは3日前にマイケルインストラクターと食べたナシチャンプル。日替わりメニューが変わります。

もちろん、ご飯はもう一つ。小さな巨人ですから。

 

お腹が一杯になり、サヌールへ。Nさんとお別れして、ヨガ仲間のHさんとサヌールシンドゥ地区にあるSOTO BETAWIで待ち合わせ。時はすでにディナータイムでしたが、店主はランチとったばかりでお腹が一杯。Hさんは、アリーナで巨大ランチだったようでお腹が空いておらず・・・。二人でイチゴジュース注文して、ガールズトークでした。笑 これがまたおいしくて店主はご機嫌。

 

あちこちで贅沢でおいしいものを頂き、気心の知れた仲間と語り合う。

これ以上の幸せはあるでしょうか。

こういう環境に感謝せずにはいられません。

 

アクアマリンにパワーを

0

本日、ゲストが帰国のため、ランチに誘われました。みんなお気に入りのイタリアンマッシーモです。普段、昼間は閑散としているはずですが、結構お客さんが入っていました。オーナーマッシーモ氏もにっこり挨拶。スパゲティは、ペスカトーラかカルボナーラしか食べませんが、冒険してハム・エビ・マッシュルームのクリームスパゲティというの注文してみたら『アタリ』でした。カルボナーラよりあっさりのところが探していた味です。こういうの単純に嬉しい店主です。ゲストのお母様も一緒だったので、昼下がりのガールズまったりトーク。とーーーーーってもいい時間です。ゲストたちも『ああ、日本に帰りたくない・・・』とつぶやき。ですよね・・・。

 

それにしても、ゲストが受けた前日の手相鑑定報告(シデメン村のアキコさん)が興味深かったです。なんでそんなことが分かっちゃうのー?みたいな。すごいですね。

店主はダイビングに行く時には、必ずアクアマリン原石を持って行きます。札幌で購入したブラジル産アクアマリンです。店主の誕生石(3月)でもあり、アクアマリン自体が名の通り、海との係わり合いが深く、船乗りたちの間では航海安全のお守りとして大切にされてきたからです。ダイビング事故が起こらないように、今では忘れてはならないものの一つとなっています。こういうことに否定的な方もいるかもしれませんが、私達のご先祖様の習慣・言い伝えには必ず一理あると思うのが店主です。それが科学で証明できなくてもです。今回、気のきくゲストは、店主のアクアマリンをアキコさんのところに持って行ってくれました。そして、『祈り』と『気』を入れてきてくれたのです!更にパワーアップ。そして不思議なことに、若干、青みが増しました。アキコさん、ありがとうございます。このことについてアキコさんのブログ。

 

まったりトークの後、足裏マッサージを受けに・・・。

3ヶ月ぶりかな・・・疲れているせいか、あちこち痛い。『目』のつぼが痛いのは、昨日のPC作業のせいでしょうね。ガールズ3人並んでヒーヒー言ってたのは最初だけ。その後、爆睡。初体験の足裏、ゲストも気に入ってくださったようです。

 

3回目のバリ島ダイビングありがとうございました。

バリ島で手相

0

数日前、ダイビングの合間をぬって手相をみてもらいました。最近、話題になっているシデメン村在住のアキコさんの手相です。

シデメンはガイドブックには載っていないアグン山が目の前で見られる絶景の村です。観光客といえばフランス人がほとんどのシデメン村。銀糸を入れた刺繍布ソンケットシデメンは有名ですね。店主は4年前、シデメンの美しさに感動し、パタールキキアンという宿に1泊泊まって来たほどです。なぜかこの宿は、ミックジャガー、デビットボウイ、メガワティ元大統領など、有名な人たちが泊まる宿。シデメンの奥にはイサという村があり、そこにはバリ島芸術を作った男として有名なシュピースの元アトリエなどがまだあります。シュピースファンの店主は、そのアトリエに入れてもらえたのでした。ラッキー!

本当は久しぶりにシデメンまで行きたかったのですが、時間がないのでサヌールまで来て頂きました。そして海仲間4人で手相をみてもらいました。1人30分。料金は1人Rp.150.000(約1500円)。来てもらう場合は出張料として、別途Rp.200.000です。4人で割れば一人500円。

手相を見てもらい、この手相のタイプなどをだーーーーーーーーーーーっともちろん日本語で簡潔に述べてくれるのですが、結構当たってます。初めて会う人に自分のこをと指摘されるのでびっくりしました。手相は『脳の鏡』なんだそうです。もちろん、手相は変わるものです。過去やこのまま進むとどうなるかという未来を手相から見ていただきました。店主、バリ島と縁があるらしく、まだまだバリにいるようです。これは嬉しいですね。その他、具体的な質問などもできて、手相からいえること、見えることをアドバイスとしてもらいます。店主、『教えること』は適職なんだそうです。講習で教えることが大好きなので妙に納得してしまいました。

自分の未来は自分で切り開くものだと思います。ただ、自分一人だけでできる・生きていると思い込むのはどうもエゴのような気がしています。日常の物事・現実には、やはり見えない力も働いている訳で、そういう守ってくれている存在を意識できると、より強力に・幸運に物事が運ぶのではないかと。手相に関して、『ただの占いだ。自分は信じない。』と頭から否定する人もいるかもしれませんが、店主は気づける部分もあったので見てもらってよかったなと思っています。人生に迷っている方に是非オススメです。シデメンのアキコさん、ステキな女性です。やはりオーラがあります。

先日のお客様も、早速、日本から予約を入れてバリ入り。結果はどうだったのでしょうか。車チャーターしてシデメン村で手相を見てきてもらうとのことでした。アキコさんに手相を見てもらいたい人が多く、なかなか予約がとりにくいようです。早めの予約が必要です。

アキコさんの連絡先 

松原亜希子さん

ブログ:http:songket.exblog.jp

メール:nami_yasa@yahoo.co.jp

携帯 :+62 81338459907

バリ島でダイビングの復習

0

スクーバリビュー/ リフレッシュダイビング/ ブランクダイバーコース

 

『ライセンスをとってから、一度も潜っていない』

『最後のダイビングからもう何年も潜っていない』

『自信がない、まだ不安がある、忘れてること多い』

『今更、誰にも聞けない』

 こういったペーパーダイバー、ブランクダイバー、不安や心配がいっぱいの初心者ダイバー向けの1日復習・特訓コースです。

一度、身に着けたスキルばかりなので、すぐに勘を取り戻すことができます。

その後、安心してファンダイブやステップアップ講習に参加可能です。

PADI以外の他団体のCカード保持者も参加いただけます。  

 

お一人様料金

 

Rp.1,900,000

*2名様より催行
【含まれるもの】送迎(サヌール地区)・2ダイブ・講習代・器材・ランチ・ドリンク・保険
※ サヌール地区以外のエリアにお泊りの方はお問い合わせください。
【お持ち頂くもの】ライセンス・ログブック・水着・着替え・タオル 
【所要時間】

パダンバイの場合、7時間

8:00サヌール発- 15:00サヌール着

 

どんなことする?

1ダイブ目

浅瀬でダイビングの基本スキルをインストラクターと復習。

レギュレータークリア、レギュレーターリカバリー、マスククリア、フィンピボット、ホバリング、エア切れ練習・・・・・など。

 

2ダイブ目

弱い部分、不安の残る部分の強化。中性浮力を意識したファンダイブ。水中をゆっくり楽しみましょう。

※まだ不安が残る、やっと面白くなってきたという方には、オプションで追加ダイブ可能です(Rp.350,000)。

—————————————————————————————————————–

お問い合わせは コチラ

バリ島サヌール地図

ダイビングと宿泊のパッケージ

0

バリ島のダイビングポイントは、広範囲に渡っており移動に時間がかかります。

『目の前にポイントがあれば・・・』ダイビングがすぐにできる!ということで、現地に泊まってしまいましょう!

ダイビングポイントに泊まりながら、早朝ダイブからナイトダイビングまで、ゆっくり思う存分ダイビングを楽しみます。

バリ島のダイビングを満喫したい方にお勧めです。

この他のリクエストもお見積もりが可能です。

お気軽にお問い合わせください。 —————————————————————————————————————————————–

トランベン&アメッド

トランベン or アメッドに泊まって周辺ポイントを潜ります。

【対象ダイビングポイント】 トランベン、クブ、アメッド(ジュムルック)、パダンバイ

   

お一人様料金 

(2名様以上で参加)

AC・お湯

2名一室

1泊2日

4ダイブ

Rp. 3,500,000

2泊3日

6ダイブ

Rp. 5,600,000

 

追加ダイブ 

1ダイブ

Rp.   350,000

ナイトダイブ 

1ダイブ

Rp.   500,000

器材レンタル 

1日

Rp.   300,000

ナイトロックス

1タンク

Rp.   100,000

【含まれるもの】  宿泊、ダイビング、ガイド、朝食、ランチ、ドリンク、サヌール地区送迎、保険

【含まれないもの】   夕食、器材

・2名様以上の参加で、一人部屋希望の場合、別途 Rp.400,000/1泊かかりますのでご了承願います。

 

お問い合わせは コチラ

 


 

ページのトップへ