Posts tagged スノーケリング

パダンバイ&トランベン

0

島根よりお越しのM氏とMさんご夫妻をパダンバイへご案内しました。
ご結婚おめでとうございまーす。
ハネムーンだそうです。

 

本日のパダンバイ
晴れていますが、少し風あり。
波少し、流れ少しあり、うねり少し、透明度12m~15m、水温21℃~27℃
昨日は温水だったのに、今日は下から冷たい水が、満潮に向けて上がってくるのをはっきり感じられました。

体験ダイビングだったので、陸上でダイビング講習。
M氏は体験なのに、タンクバルブの開け方がまるでダイバーの手つきであることを店主は見逃しませんでした。
(左手に残圧計を持ち、右手で迷いなく手前に開ける)
「えっ、なんで指示してないのにその手つき???もしかして、ダイバーなんでしょう?」
「ははは~、実は消防士なんです。」なるほど!

そして水面で練習。
奥様Mさんが呼吸練習もマスククリア練習もできるのですが、いろいろ考えすぎて不安になるタイプのようでギブアップ宣言。
えっ、まだ1cmも潜ってないんですけどね~。
元々、山育ちの人で海は苦手だったようです。
ご主人M氏は、消防士さんなので最初から余裕。

もちろん、お仕事柄かびびる場面はゼロでした。
冷静さが、さすがです。

 

スジモヨウフグがあちこちでお休み中。

 

今日は開きまくっているイソギンチャクに、ハナビラクマノミとなぜかミゾレチョウチョウウオ。
もう少し深場をいきたいんですが

冷たい

 

本日の黄色たちは散ってました。
ここは少しヨスジフエダイ。

 

安全停止のさんご礁の方にアカヒメジ軍団。

 

美しい姿勢!

 

 

冷え切ったM氏とボート上で水面から楽しんでいたMさんが再会。

 

熱いお茶とクッキーと太陽で回復後に2本目です。
奥様Mさんを誘いましたが、ボートで楽しんでいる方がよいとのことで、M氏一人のダイビング。
待たせるのも悪いので、潜水時間30分だけということでエントリー。

 

2本目は、最低水温25℃で暖かく感じます。

 

体が鉄タイプのM氏、ウェイト4キロにしても重いほど。
中性浮力のコツが分かり始めてきた感じ。はやっ。

 

 

癒しのデバスズメダイ

 

 

アヤコショウダイ

 

 

シンクロのクマノミ

 

 

M氏がときめいた、ヘラヤガラ黄色

 

 

アカヒメジ群れ
2本目は暖かくて穏やかで、じっくり楽しめました。

 

今日は3個体ぐらい見たオビテンスモドキ幼魚。
じっくり見ると、目がすごい。バッテン模様。

 

 

消防士のM氏、余裕で水をゆくでした。
火事の時は、火より煙が危ない説明をしてくださいました。
煙を吸ってしまうと意識喪失まで1分持たないそうです。
濡れた布で顔を覆い、身をかがめて逃げましょう(床上1m以内)。

 

 

初・ダイビング記念
末永くお幸せに。
いろいろな話、楽しかったです。
今日は朝早くからありがとうございました。

 

本日は2箇所、トランベン組は・・・。
2日目のI氏、バリ島7回目にして初トランベンです。
リバティ号は見ておきましょうよ!
そして、ジャカルタ在住のリピーターH子さんが、日本のご両親を連れてバリ島入りです。
ご両親にご挨拶したかったですーーー(残念)。
お父様は、娘のダイバー姿を初めて見たのではないでしょうか。
娘さんは、経験豊富な立派なダイバーですよ。
ご両親はスノーケリングで参加です。

本日のトランベン、海況抜群だったそうです。
皆さん、楽しめたと報告がありました。
波がないトランベンは最高ですね。
皆さん、ありがとうございました。

ヌサペニダ ファンダイブ&スノーケリング

0

本日は、2日目の皆さんをヌサペニダへご案内しました。
どこへ行ってもマンタが見られないもうすぐ100本ダイバーのK氏。
ジンクス打開になるか?

マンタポイントは、エントリー前から水面にマンタ様が見える状態。
スノーケリングのS氏とHさんは即効エントリー。
ファンダイブ組もエントリー1分ぐらいでマンタ乱舞の世界へ。
目の前3枚連隊、後ろから5枚連隊、単体もあちこち。
K氏、ついにマンタに出会えました!

デンパサール在住のYH隊長とマンタ。

 

N氏も初めてマンタ!

 

やってくるくるマンタ様ご一行。
しかも、このポイントにしては透明度が15mほどでGOOD。
水温26℃だったので、潜水時間54分。

 

テーブルサンゴに乗っている『お馬鹿ダイバー』発見。
思いっきり注意します。

 

いつも、ありがとう。
ブラックマンタや妊娠マンタもいましたね。

 

batu bolong

 

大人のまったり水面休憩

 

クリスタルベイへ。
若干にごりがありますが、透明度20m以上。
水温は温かく27℃。
皆さん、この透明度に大喜びでした。

 

YH隊長は、自分のペースで写真を楽しまれていました。

 

ダイバーもいっぱい。

 

ウミガメちゃん

 

楽しい安全停止

 

S氏は、スイマー。めちゃめちゃクロールを見せて頂きました。

3本目、トヤパカも若干にごりあり。
それでも透明度18mほど。
流れてほしかったですが、流れほとんど感じず。
ロウニンアジが3,4匹で群れてました。

 

皆さん、お疲れ様でした。
楽しい一日をありがとうございました。
Yさん&K氏、ご結婚おめでとうございます。
末永くお幸せに。

 

 

パダンバイ 体験ダイビング・ファンダイブ・スノーケリング

0

本日は皆さんをパダンバイへご案内しました。
南部はどんより天気でしたが、パダンバイに到着すると日がさしてきました!

本日の海況は、波少し、流れ2本目、透明度8m~12m、水温水面27℃・・下はつめたーいよー。
スノーケリングのS氏とHさん夫妻は、自分のスノーケリング器材を持ち込み、自由に泳ぎたい派。
いってらっしゃーい。

ファンダイブのEさんもブランクがあるものの、ダイブマスターらしくあっという間にエントリー。
いってらっしゃーい。

店主は、体験のMさんを担当させて頂きました。
同僚のHさんは、Cカード保有ですが、Mさんと一緒に潜るということでGO。

大した怖がることもなく、スムーズにエントリーできちゃったMさん。
耳抜きに時間がかかりましたが、結局は上手に抜けました。

 

ハロー、ニモ

 

 

Hさんは、カメラ持参でぴったり付いてきます。

 

キンセンフエダイの群れ

 

チョウハンやネズミフグもみんな一緒

 

最後はファンダイブのEさんとも合流。
エキジットです。
体験でしたが潜水時間52分。笑

 

 

S氏とHさん夫妻、いいですねー。
水泳部はダイビングマスク不要。

 

さて、店主は久しぶりにダイブマスターEさんと潜ります。
ツマジロオコゼ

 

なんだか冷える・・・・・にじゅうにどぉぉぉっ????
水面は27℃。

寒いなと思うのは、26℃~24℃。

23℃以下は同じです。
マンボウ出そうな水中でした。

 

イギリスで修士取得おめでとう!
元スラウェシ島在住だったので、インドネシア語も堪能。
将来が楽しみです。

 

モンハナシャコはあちらこちらに。

 

オオモンカエルアンコウが、らぶらぶinカイメン

 

クモウツボ捕食で外出

 


本日の素敵なゲストたち。
太陽が暖かい・・。
今日はありがとうございました!

アメッド スノーケリング&体験ダイビング

0

スラウェシ島B村在住のHさんが、お友達を連れてきてくださいました。
Hさんは店主の教え子でバリバリダイバーですが、日本からのお友達に合わせてスノーケリング。
3ガールズはスノーケリングです。
そして、埼玉よりお越しのY氏は体験ダイビングです。
Aさん、Sさん、Y氏、はじめまして。
車中、皆さん元気で明るい・・・。

アメッドの海況は、到着時は流れている様子でしたが、店主たちがエントリーする頃には落ち着いてきました。
波なし、流れちょっと、透明度10~15m、水温29℃。
天気は良いものの風が強いですね。

2年前に徳之島で体験ダイビングをされたことがあるY氏。
いつもスマイル!
ダイビングは余裕でした。

 

 

コロダイとムスジコショウダイ・・いとこ同士(笑)

 

 

THE ボーーーーーラーーーーたちは砂地をびゅんびゅん。

 

ソメワケベラとコバンザメにぴったり付かれているツバメウオ。
これは観察していて面白かった~。

 

 

ソメワケベラがエラ近くにいくと、エラが大きく開きます。
スイッチはどこなんでしょうネ。面白い!

 

 

クリスマスツリー・ワーム・・・こう見えても動物です。

 

 

オニカサゴ、今日はたくさん見ました。

 

 

水面のガールズだ。Hさん、笑ってるし・・。

 

あれ?Sさん、ウェットスーツ脱いでる?
Hさんのように素潜りしたくて、途中で脱いじゃったそーな。

 

 

子供キリンミノ
あーだこーだ言いながら、水中ではあっという間に時間が過ぎます。
1本目からじっくりダイビング。

 

 

エキジット!さて、ランチしましょう。

 

食後、Y氏がさっと消え、さっと差し入れしてくださったもの。
メロンが切ってある。
「女子力高い!!!!」と歓喜の4ガールズ。
Y氏は、本日の紅一点男子でした。
ありがとうございます。

 

2本目、自分でさくさく準備してるY氏。
積極的に体験ダイビングに参加してくださっているのがわかります。

 

Y氏が好きなシマキンチャクフグ

 

アカスジカクレエビがびっしりでした。

 

ツバメウオに好かれていたY氏。
長いこと戯れました。
この他にも、モンハナシャコ、ヘラヤガラ、タテジマキンチャクダイ幼魚、グルクマの群れ、シマカスリハゼ、コクテンフグ、クマノミ、チョウチョウコショウダイ幼魚、オニダルマオコゼなど観察。
生物の営みを目の前でじっくり観察して頂きました。
Y氏はダイバーの素質十分。

 

 

ガールズ、やっと帰ってきました。
皆さん、タフです。

インドネシア事情、病気の話、カナダの話、国際協力の話・・・話題があり過ぎ。
皆様、今日はありがとうございました。
またバリ島でお待ちしています。

パダンバイ ファンダイブ&スノーケリング

0

東京よりお越しのS子さん&T氏、はじめまして。
T氏はシンガポール駐在で興味深いお仕事をなさっています。
インターナショナルなご夫妻。
そして、北海道から店主の同級生みんみんがやってきました。
もちろん、奥様T子さんも一緒です。
一年ぶりのバリ島再来嬉しいな~。
みんなでパダンバイへGOです。

本日のパダンバイ、昨日より海況よし。
波少し、流れちょっと、透明度15m、水温27℃~28℃。
T氏は、江ノ島育ちで一人でがんがんスノーケルを楽しみます。
T子さんは、水に顔を付けられないので、ボートで待ちます。
店主は、S子さんとみんみんのガイドを担当させて頂きました。

お二人とも1年のブランクありですが、ゆっくり慣れてもらって、水中散策GO。

 

カイメンの中を覗くと・・・ネッタイミノカサゴ幼魚。

 

お二人とも興味津々だったヘコアユ

 

みんみん見えません。

 

もりもり珊瑚

 

楽ちん安全停止

 

みんみん、去年は10年のブランク、今年は1年のブランク。
今年は最初から中性浮力がお見事でした!

 

2本目GO

 

T氏は即効海に飛び込み、T子さんは全く酔わずにお見送り。

 

タツノイトコちゃん

 

そんなに、ときめいたか。笑

 

2本目のS子さん、急成長でした。

 

S子さんは、オオウミウマがかなり気に入ったようで・・・。
これはメスですね。

 

オオモンカエルアンコウが踏ん張ります。
お二人は初めてだったので、びっくりでしたね。
怪獣の手がかわいいんです。

 

そして最後は大きなワニゴチ。

 

こんなに安定して素晴らしい一日バディ!

 

太陽ギラギラの中で・・・パチリ。

 

今日は、パダンバイが大渋滞でした(特に朝!!)。
フェリー乗り場が一つ使用できなくなったせいです。

皆さん、今日はありがとうございました。
陸も水中も楽しかったです!

パダンバイ スノーケリング

0

本日は、美しい女性たちをパダンバイへご案内です。
はじめまして~。
スラウェシ島在住のMMさんが日本のお友達を連れて来てくださいました。
京都方面よりお越しのMIさん、MKさん、Kさんです。
大学時代のお友達だとか・・・・皆さん、それぞれの道で活躍されているようですが、まだまだ繋がっているそうで羨ましい!
弾丸ツアーなので、スノーケリングですが、早朝出発。

img_5401

スノーケリング初挑戦の方もいたので、ボートに乗る前に準備・説明終了。
酔い止め飲んで、ポイントへGO。

img_5404

行ってきます。

パダンバイの海況は穏やか。
透明度も18m前後だと思われます。
マカッサルでスノーケリングされているMMさんにとっては波があるように感じたかもしれませんが、これはバリ島では波なしといえる海況です。

img_5407

MMさんは、とても慣れていました。

 

img_5430

サンゴの群生にウミガメがいないか探しましたが、見つからず。

 

img_5433

海に入って46分後、4名中3名が『波酔い』ギブ宣言。
インドネシアの強力な酔い止めも効かずでした。
ビーチへ一度上がることに・・・。
とりあえず、上がりましょう。

 

img_5444

最後までけろっとしていたKさんと店主は、もう一度スノーケリングへ。
店主とマンツーマンです。
ビーチから出た途端、イルカ5~6頭の群れに遭遇。
水面ですが、毎回興奮してしまいます。

 

img_5450

ジェプンの浅いところへ行ってみました。
普段、ダイビングでは行かないところ。
地形が面白いですねぇ。
浅瀬の水中はきれいでしたが、問題は水面のゴミ。
ここ数日、たまっています。
漂流ゴミ、ホント海に申し訳ない気持になります。

 

img_5453

Kさんは、カメラ持って最後まで元気いっぱいでした。

 

img_5456

大きなテーブルサンゴ

 

img_5462

モヨウフグだ!

 

img_5469

オヤビッチャの群れ

 

img_5474

無事終了。穏やかです。

 

img_5480

バリのお寺・バリの花・バリの猫
(うちのダコとそっくり)

 

img_5482

波酔いの3名も、ランチの後は元気に復活。
天気にも恵まれ、無事終了。
ガールズとの記念撮影。

MKさん、かなり面白いと思ったら、大泉洋の大ファンでした。
店主、同じ大学なんですよ~。
『水曜どうでしょう』もう一度、観てみます!

朝早くから、ありがとうございました。
次回は是非ゆっくり来てくださいね。

パダンバイ ファンダイブ&スノーケリング

0

本日はパダンバイへです。
東京やハノイよりお集まり頂いたG一家とM氏3日目。

G氏のお母様Y子さんは、78歳。→嘘だ!若すぎる!
スノーケリング参加です。
ガイド不要、ウェットスーツ、フィン不要、ライフジャケットだけ・・・自分のスタイルが出来上がっています。
今は東京暮らしですが、生まれも育ちも明石ということで海好き。
世界あちこちでスノーケリングをやっているスーパー女史ですわ~。
毎日、プールで400m泳いでいらっしゃるというし。
素晴らしいスレンダーボディ・・・・なのに筋力あり。
もう、店主の『女としての理想像』。
では、単独スノーケリング行ってらっしゃい。

パダンバイの海況は、1本目の透明度が若干悪くて8mほど。
2本目は、明るくなり12mぐらいまで上がりました。
水温26℃~27℃。
波もなく、流れは少し。

IMG_3018

200本ダイバーのG夫妻、1年以上ブランクがありましたがさすがに問題なし。
1回使い切りの携帯フロートを夫婦で持参される念の入れよう。
お守りだそうです。
素晴らしい。

 

IMG_3023

G氏はウツボとタコが好きなんだとか。
西洋人ダイバーみたいですね。
見つけにくいタコも、なんと1ダイブで2タコ観察G氏。

 

IMG_3037

スノーケルのY子女史にも見て頂きたかったウミガメ。
大きかったです。

 

IMG_3042

オヤビッチャやアカヒメジの群れで安全停止。
透明度はイマイチでしたが、『魚影が濃い!』とベテランダイバーならではのコメントを頂きました。
分かって頂けて良かった~。
この他にも、ナポレオン、ウミウシ、インドカエルウオ、ハナヒゲウツボなどを観察。

 

IMG_3056

本日の明るいメンバー

 

IMG_3067

オレンジバンデットパイプフィッシュのペア。
きっと、M氏は撮れたに違いない。
ウツボ不在で残念G氏。

 

IMG_3078

奥様YMさんは、ふくらはぎが痛くなったので2本目お休み。
紳士でエダサンゴをゆきます。

 

IMG_3079

びっしり!

 

IMG_3082

コクテンフグとG氏。

 

IMG_3085

クリーニングされながらも移動するタレクチベラ。
M氏、3日間でいろんな写真が撮れたはず!

 

 

IMG_3086サザナミヤッコが数枚通りすぎます。
この他にも、セダカギンポ、ハナヒゲウツボ幼魚、ヨウジウオ、テンス、タテジマキンチャクダイ幼魚(2cm!)などを観察。
お疲れ様でした。
Y子さんも単独スノーケリングを堪能されたようです。
たくましい。

78歳Y子さんのお陰で、最初から最後まで&どこでも、笑いの耐えない一日でした。
店主も理想に近づくぞー(でも、怠け者だからなぁ・・・)。
皆様、今日は一日ありがとうございました。
そして、M氏、3日間ありがとうございました。
店主お墨付き・安定ダイバー!

アメッド ファンダイブ&体験&スノーケリング

0

本日は、二家族をアメッドへご案内しました。
ダイビング2日目のM一家と大阪よりお越しのK一家。
はじめましてー。
朝から関西の風!あかるいわぁ~。

 

IMG_1033

今日は、マンギス村で独立記念パレード大会で軽い渋滞。
本番45キロの行進大会は恐怖ですが・・。

南部は曇り空&雨で、今日も天気悪いのかなと思っていたら、アメッドは晴天!
雨男が2名いたにも関わらず、わーい。ダイビング日は太陽があった方がよい。
本日のアメッド、海況抜群。
波なし、流れ一部、透明度18m、水温28℃。

ベテランダイバーM一家をビーチで見送った後、K一家は体験ダイビングスタート。
母H子さんは、気になる病があるので今回は泣く泣くスノーケリングで参加。
今回の体験ダイビングは、息子K君(11歳)の強い希望で申し込まれたそうです。
お父さんは付き添い?

 

 

IMG_1041

あっけなく、父子すんなりエントリー。

 

IMG_1045

いきなりニシキフウライウオ、実はペアでした。

 

IMG_1054

スカシテンジクダイにまみれて、父子見えません。

 

IMG_1057

K君が気に入ったオヤビッチャ(スズメダイの仲間)。

 

IMG_1081

ツバメウオが父子に近づいてきます。
長いこと一緒に戯れました。

 

IMG_1085

かわいすぎるーーーーーっっ!
11歳、自分でコンタクトレンズ入れて初水中世界。
たくましい。

 

IMG_1087

ゆっくりのんびりダイビングしてエキジットしたら、ファンダイブ組のM一家2ダイブ目に出るところ。
いってらっしゃーい。1本目でウミガメ2匹見たそうです。

 

IMG_1091

体験ダイビング2本目、少し手を離してみます。
何してもかわいい!

 

IMG_1102

お父さんも手を離すと美しく泳ぎ出しました。
中性浮力とれてるし!
なんと体験ダイビングでウェイト3キロ。
体が鉄でできているとしか思えません。

 

IMG_1110

K君が好きなシマキンチャクフグ。
エキジットしてからも、魚図鑑と水中写真に釘付けK君。
『この子、絶対、将来はダイバーになるなぁ』と店主は直感。
かなり生物に興味あるようです。

IMG_1120

皆さんのキラキラスマイル記念。
お疲れ様でした!

 

IMG_1127

店主は本日トラックで移動。
前に見えるのは聖なるアグン山。
きれいでした。

 

IMG_1136
サヌール到着は18時をちょっと過ぎました。
あの銅像、この時間が一番美しい。
今日は皆様ありがとうございました。

一家でヌサペニダ&一家でパダンバイ

0

明け方、雨は降るし、曇り空のバリ島です。

神奈川よりお越しのM一家がヌサペニダ3ダイブです。
両親はベテランダイバー、息子君も海の道を歩み始めています。

IMG_5273

スマワンビーチよりお見送り。
いってらっしゃーい。
マンタたくさん見れたそうな。
水温は温かくマンボウはなしだったそうです。

そして、埼玉よりお越しのS一家はパダンバイへ。
こちらは、ダイビングは全員初心者。
直前で、お母さんがバリ島入りキャンセルになるというアクシデント。
残念です・・・。
メールでやり取りしていたのがお母さんだったので、お会いしたかったなぁ・・。

IMG_0892

独立記念日パレード大会にぶつかり、大渋滞。
なぜ一般道でやるのか・・?
でも、S一家は興味津々。

 

 

本日のパダンバイ、波あり、流れなし、透明度8-10m、水温27℃。
風があり、曇り空だと肌寒く感じます。
全員ビギナーダイバーでブランクも1,2年ありなので、念入りにブリーフィングです。
そして、砂地でちょっと復習も兼ねて水慣れ練習後、水中散策スタート。

IMG_0895

活発に動いていたシライトウミウシ

 

IMG_0904

バディ分けは、お父さんと長女。

 

IMG_0911

ヘコアユの群れだ。

 

IMG_0921

仏像もあちこち。

 

IMG_0922

店主が担当したのは、次女と三女バディ。
二人は初ファンダイブとなりました。

 

IMG_0929

ヘリゴイシウツボがクリーニングされてます。

 

IMG_0940

パダンバイに多いケヤリムシの一種。こう見えても動物。

 

IMG_0954

2本目GO。太陽がすこーーーーーし出てきた!
四人兄弟だと思いきや、五人兄弟だったS一家。
長男は、海に興味がなく本日一人行動だとか・・。
にぎやかな一家で、インドネシアのようです。

 

IMG_0956

唯一スノーケリングで参加は、ライセンスを持っていない次男(11歳)。
泳ぎが得意なんですよー。速い速い。

 

IMG_0957

次男こうのすけが、遥かかなた・・・。

 

IMG_0971

透明度が悪くて、潜水艦オデッセイ号をこの距離で・・・見ちゃいました。

 

IMG_0982

キンセンフエダイの群れ群れ

 

IMG_0988

ハナビラクマノミ

 

IMG_0994

人生6ダイブ目ですが、すっかり中性浮力で観察するコツをつかんだ次女と三女。
若者は運動神経がいいな~。

 

IMG_1004

最後は少し透明度がよくなり、さんご礁上で安全停止。

 

IMG_1006

きれいなところ・・。

 

IMG_1027

みんながエキジットすると、次男こうのすけが、ぐっすり・・・。
かわいい~。

 

IMG_1032

お疲れ様でした、無事終了。
透明度はイマイチでしたが、生物はいっぱいでした。
あと、もう少し太陽がギラギラしてくれたらなぁ・・。
今回、直前で来られなくなったお母さんに雰囲気が伝わりますように。

皆様、今日はありがとうございました。

 

パダンバイ 体験・ファンダイブ・スノーケリング

0

バリに戻る日、札幌のバス停で荷物を一つ忘れてきたアホ店主です。
バリ島に戻ってから、警察署に紛失届け(電子申請)をネット上で送信したところ、次の日早朝
『札幌中央警察署にあります』と警察から実家へ連絡あり。

すごいですね~、日本は。
鳥肌立ちまくりでした。
交番に届けてくださった方は、名前も告げず去ったそうです。

かっこいい・・・。

レストランやお店ならともかく道端の荷物ですからね。
インドネシアではありえません
というか、世界で日本だけかもしれません。
そんな訳で、愛用の水中カメラハウジングとまた会える!
それまでは、なかなかいうこと聞かないカメラを使うしかない・・・涙

本日は、パダンバイへGO。
ジャカルタからY子女史、お久しぶりです。
そして、お友達の母YMさんと娘YNちゃん15歳!
はじめましてー。

パダンバイの海況よし。
水温28℃~29℃、透明度午前中18m、午後12m前後。
1本ダウンカレントに当たりましたが、それ以外は穏やか。

Y子さんはラジャンパット遠征前の器材調整ダイブ、YNちゃんは人生2回目となる体験ダイビング、母YMさんはスノーケリング。
店主は水中を担当させて頂きました。
YNちゃん、全く問題なし。

IMG_0025

黄色の群れがすごかった。
そして、網漁のせいでJettyから移動してきたと思われるアジの群れもびゅんびゅん。

魚たちも賢いね。

    IMG_0034

美人さんたち。

 

    IMG_0045

ガールズの水面休憩

 

    IMG_0062

大きいモンダルマガレイが・・・。

 

    IMG_0065

ダイビング開始後10分ぐらいで、ダウンカレントが始まり浅瀬へ移動。
この状態で7~8分ぐらい待つと、かなりましになりました。
指示通りに待つ15歳YNちゃん。
実は、来月ダイバー講習をブルパラで受講されます。

 

    IMG_0067

ヘラヤガラが何か狙ってます。

 

    IMG_0079

Y子女史、2本目はマスクが曇らなくてよかった!!
ラジャンパット報告待ってます。

今日は、イレギュラーで午後からまた新たなゲスト登場です。
さっきバリ島に到着したばかりの神戸よりお越しのN子さん。
はじめまして。
妹様の結婚式が明日でバリ島滞在です。
ただ、今日到着であさって帰国という弾丸すぎる弾丸ステイ。
事情が事情なので、店主も頑張ってしまいました。

    IMG_0083

午後だったので、潜水艦には会えませんでしたが、小さな沈船。

    IMG_0087

イソモンガラ!この子、美しい。逃げちゃったけど。

 

    IMG_0098

子ウミシダの着地

 

    IMG_0107

N子さん、今年2月にサイパンでダイバー認定を受けて、あちこちで着々と本数をのばしています。
初心者とは思えない潜りぷり!

 

    IMG_0119

N子さんも黄色ポイントを喜んでくださいました。
穏やかだったので戯れることができます。

 

    IMG_0121

安全停止はサンゴの上

 

    IMG_0124

ガールズのラストダイブ。
もうほとんどダイバーはいません。

 

    IMG_0130

リクエストだったオオウミウマ。
まだいてくれてありがとう。

 

    IMG_0137

イソギンチャク小さすぎない??

 

    IMG_0155

ハダカハオコゼ

 

 

<

p style=”text-align: center;”>    IMG_0156頭上げると、小さめのハナミノカサゴ。
気をつけましょう。
夕方なので透明度は若干落ちましたが、穏やかで静かな海をまったりマクロダイブ。
N子さん、その調子でダイビングライフを楽しんでいってください。

ジャカルタから、神戸から・・・皆様ありがとうございました。
楽しかった!

ページのトップへ