Posts tagged インドネシア

イミグレーションへ

0

もう10月。
一年って早いですね。
店主のビザがそろそろ切れます。

先ほど、ビザ延長のためレノン地区にあるイミグレーションへ。

 

一年ぶりに行ってきました。

 

たったの10名待ちでほっとしました。
30分ぐらいかな?

 

 

外国人の待合室。
当たり前ですが、外国人ばかり。
小さな泣き叫ぶ子供も外国人。
店主もここでは外国人。
露出度高い外国人もいますが、本来NGです。

いつも通り、名前、勤務先を聞かれ、写真を撮られ、指紋をとられ、漢字でサインして終了。
イミグレーションに入って50分ぐらいで完了。
スムーズ。

もう一つ気がかりなことが残っていますが、無事に延長が済んだら日本へ一時帰国します。
寒い北海道でバケーション。
魚介類に期待。

 

バリ人が気に入った和菓子

0

14日・関空発ガルーダ便の欠航が先ほど決定しました。
ダイビング目的だったゲストがバリ島に来られない・・。涙
あさってのフライトが今決定というのは悲しいですね。
ホテルはもうキャンセルできず、本当にお気の毒です。
この先、関空便どうなっちゃうんでしょうね??

ところで、
先日、日本土産を頂きました!
頂いたお土産は、バリ人も食べそうな物はスタッフにも分けて頂いています。

今回、新鮮な驚きだったのは・・・

 

右手の『ういろう』。
バリ人たち、おいしいと絶賛でした。
実は、道産子店主にはあまり馴染みがありません。

店主の中では、THE和菓子。
なんせ室町時代からあるそうで、何百年モノの日本伝統菓子。

この頂いた『ういろう』・・・色もとてもきれいで
上から、白ープレーン、ピンクー桜の葉、緑ー抹茶、茶ー黒糖、紫ー小豆

運転手、ワヤン、店主3人でじゃんけんで選ぶ順番を決めました。
因みに・・
一番人気は、ピンクー桜
二番は、緑ー抹茶と白ープレーン
三番は、茶ー黒糖と紫ー小豆・・・ここバリ島でも珍しくないからでしょう。

3人で10個の『ういろう』、あっという間にその場で完食。
あんたたち、こういうのが好きなんだ・・・。

 

そういえば、ここインドネシアバリ島にも、似た伝統菓子があります。

クエラピス・・こっちの結婚式や祭事では必須アイテム。
米粉だけでなく、タピオカ粉やココナツミルクもも混ぜる蒸し菓子。

冷やして食べるとおいしいお菓子です。
これがインドネシア風ういろうですね。
バリ人曰く、クエラピスより今回のういろうの方がずっとおいしいと言っていました。
濃厚な食感も気に入ったようです。
知らなかった~。

 

役人の視察

0

営業許可が下りていても、それで終わりということはなく、更新ものがいくつかあります。
今年は、5年に一度の更新ものがいくつかある年。
デンパサール市役所のようなところで取得するSIUP(商業事業許可書)/TDP(会社登録証)/HO(近隣許可)です。
これは、新規でも安価な許可で、取得も簡単。
更新なら尚更、ほとんどかからない予定でした。

っが、新事実を告げられ地へ落ちたのが先月。
3つの更新のためにUKL/ UPL(環境局の許可)の更新も必要だと。
本来、変更がなければ、これはもう手を付けなくてもよい許可(分厚い本)。
ですが、3年前に代表が変わったので、UKL/UPLも変更しなければいけない、、、、と。
無慈悲だわぁぁぁ。
UKL/ UPLは、小さな変更1箇所なのに、料金が5年前の4倍に!!!
4箇所ほど見積もりをとりましたが、一番安くても諭吉さん10人以上(内、諭吉さん7人は役人たちに渡ってゆきました)。
想定外の出費。
まあ、これを延長しないことには、次のSIUPもTDPもHOも延長できないというので、諭吉10人でお願いすることに。
外国人就労ビザに絡む書類なので、逃れられないのです。
しかし、新規の時のように役人の視察はないよねーーーと思ったらあったのです。
役人4人の予定でしたが、結局は生活環境局の2名だけでした。
せっかくの七夕なのに、役人の視察とはトホホ。

 

10:00スタートの予定が、インドネシアらしく10:40に始まり、11:30で終了。
大した提出課題もなく、あっけなく和気あいあいと終了。
せっかくの機会だったので、日ごろ現場で感じている問題を役人にぶつけておきました。
・ヌサペニダのウォータースポーツ会社が増えている危険性(ダイバー側の立場)
・政府はゴミ問題をどう解決しようとしているのか。水中ゴミ問題。
・Jettyの釣り人、ダイバー、網漁・・・村の対応?
・水中であってはいけないものを見つけてしまった場合、警察が動いてくれなかったら我々はどうすれよいか。
この役人たちに伝えたって無駄でしょうけど、せっかく役人が来ているので意見を求めてみました。

 

 

ランチは近所のマドラスカレー!
すっきり爽快気分で、昼間からビンタンビールで乾杯してしまいました。
やっほー。

 

乾杯と同時に知った事実!7月7日、本日付けの記事をコピペ:
会社登録証(TDP)手続きが無料の登録手続きだけになり、商業事業許可書(SIUP)の期限が廃止されて内容の変更が生じたときだけ届け出る方式が17年2月から開始されているものの、実態は各地方政府現場係官がその中央政府規則に従っておらず、現場では起業促進政策の恩恵が行き渡っていない、と小売業者協会副会長が発言

ああぁぁぁ、これバリ島の役人もエージェントも全く周知されてないよ・・・。
いや、知らないふりして、役人は自分たちの利権保持したいだけなのかな。
これから延長予定のオーナーの皆様、アップデート事項として覚えておきましょう。
今回の延長は、ちょうど移行期のようでタイミングが悪かったなぁ。

二代目スマホ

0

昨日、ついに携帯を変えました。
これまで、デンパサールで購入した iphone4S を使っていました。
もうあれから3年経つのか・・高かったなぁ・・。
まだ使えないことはないのですが、液晶画面の下部分が1cmほどちらつく症状が最近ありました。
元々小さな画面が、益々小さくなり・・・ちょいストレスでした。
悪化することはあっても改善は見込めないとのことで、新しく購入。
これからダイビングシーズン開始で、突然スマホが死ぬとパニックになりそうなので事前に。

海仲間のYH隊長のスマホも先日、突然壊れちゃったのでした。
だったら、一緒に携帯を買いに行こうということに・・。

デンパサールの携帯屋でいろんなものを見てまわりました。
気になるASUS Zenfone が、Rp.4.000.000。
iphoneと比べると、安いんだな~と思いましたが、YH隊長曰く『高い』と。
スマホのこと、何も知らない店主は、すべて隊長にお任せすることに。

隊長の判断で、ASUS Zenfone 3 MAX 553/ 32GB を購入することに。
価格は、Rp.2.559.000。
インドネシアのネットショッピングです。
最近、田舎のインドネシア人でもネットでお買い物しているご時世。
注文・支払い・受け取りまで全て隊長にお任せ。
ちゃんと届くのか心配でしたが、なんと数日でちゃんと届いた!!!
れっきとしたASUS 正規品。
やりますねー、インドネシア!!
やはりデンパサールの携帯屋は、安くはないんですね。

実は6月半ばに届いていたのですが、ずるずると時間だけが過ぎ去り、昨日やっとデータ移行する日が来たのでした。
店主にとっては、iphone からandroidへの移行なので、不安いっぱいドキドキ。
ですが、android隊長のマンツーマン指導の下、データ移行と操作方法を学習できたのでした。
(1時間ほど、電話番号が新しいスマホに入らず冷や汗たらりん)
隊長、ありがとうございました。

 


はろー、Zenfone。3年間ありがとう、iphone。
画面が大きくて見やすい!

グリコのアイス

0

3月中旬、グリコのアイスが売られていると聞き早速ゲット。
やっときた~。
3,4年前、江崎グリコ勤務の友人より「社長がインドネシアでアイスを始めたい」との噂を聞きました。
その頃はオーストラリアのアイス『マグナム』が国籍問わず売れまくっていましたね。

とりあえず、チョコモナカを選んでみました。
日本と同じモナカアイス。
バニラアイスが甘すぎずおいしい。
コーヒーとぴったり。
バリ人はモナカが線通りに手でちぎれることに驚いていました。

ただ、HAKU の意味がわかりません。
値段もお手ごろ、マグナムと同じRp.12.000(約100円)。


他にもいろんなアイスがありました。
一通り試してみたいと思います。
glicowings・・・江崎グリコとこの国のウィングスグループの合弁会社のようですね。
応援しよう。

売られている場所が、どうやら大きなスーパーより、そこらへんの小さなお店なんですね。
冷凍庫がある小さなお店をチェックしてみましょう。
グリコのターゲットは、インドネシア国民(庶民)なんだなぁと感じます。
インドネシアの市場は未知数。
日本人の2倍はいますしね。

人生初のUFO焼きそば

0

インドネシア在住日本人の間で、最近ぽちぽち話題にあがるNISSINのUFO焼きそば。
立て続けに2つの味が発売されました。
嬉しいことに、在住者より頂くことができて食べ比べてみました。
麺類大好き~。

今年6月に発売された日本ソース味(Rasa Saus Jepang)。
スラバヤのK夫妻より頂きました。
スパイシーマヨネーズはどうかなと思いましたが、濃すぎずおいしかったです。

今年10月に発売された カレー味(Rasa Kari Pedas)。
デンパサールのTさんより頂きました。
Tさんの評価が『イマイチ』だったので、期待せずに食べてみました。
店主は、まあまあの評価です。まずくはない。
ただ、焼きそばがカレー味じゃなくてもよいと思います。
焼きそばはソースで、カレーはカレーライスで食べたいと思います。

蓋を開けてびっくりでした。
これでもかってほどの薬味たち。
最終的には麺と交じり合い消えましたが・・・冷汗

そして、お湯を捨てる『湯きりシート』が蓋を開けた時に一緒にめくれちゃった~。
不覚でした。
改良の余地あるかもです。
Rp.10.000(約90円)ぐらい?で、リーズナブル。

店主の中で、カップ焼きそばの王様はこれ。
マルちゃんの『やきそば弁当』。
この写真は当時店主が買っていた頃のパッケージ写真(30年以上前)。

『大判』が出てきたら、もちろん大判を買っていました。
当時、部活で腹ペコでしたからね。
捨てるお湯が中華スープになるのも、当時嬉しかったです。

実はこれ、北海道限定商品だったということは知りませんでした。
この前、K夫妻から聞いて驚きましたよっ。
なので、日本でUFO焼きそばを食べたことがないのです。
上記の2つが人生初のUFO焼きそば!!

パン、お茶、カップ麺など、大手日系企業が現地向けに、ここインドネシアでも頑張ってくれています。
日本人として、応援してゆきます。

2017年バリカレンダー

0

バリ島に住んだら、必須の『バリのカレンダー』。
スーパーで2017年バリカレンダーを買ってきました。
今年はRp.8.000。
インドネシアの祝日+バリ島の祝日・祭事が入っているので、在住者には必須アイテム。
因みに赤丸は満月、黒丸は新月。

 

2017年バリ新年ニュピは、3月28日。
外出できない一日になりますので、観光客の皆様はお気をつけください。
ブルパラも休み。
27日、29日はダイビング予約お受けできます。

さてさて・・・2017年はどんな感じ?

バリの祭事はいつなんだろう。
イスラムの断食明け大祭はいつなんだろう。
それを知らないと、来年の状況が分からないのです。
それぞれ別の暦で動いていて、毎年、日にちが変わります。
日本だったら、お盆や祝日が決まっていますよね。
3月27日  大晦日オゴオゴ祭り(夜は渋滞)
3月28日  新年ニュピ(外出禁止)
4月5日    お盆ガルンガン
6月25日・26日 イスラム断食明け大祭 (ってことは、5月末から断食スタート)
11月1日   お盆ガルンガン

 

3月~4月、新年とお盆が重なってしまい、バリ人、金欠状態が予想されます。

 
2017年は、6月中旬からそのままハイシーズンが始まりそうですね。
4月末から5月初めは、ゴールデンウィーク。
8月は日本が夏休み。
店主のビザ更新は10月なので、8月~10月は手元にパスポートがない。
来年の一時帰国はいつしよう。
ダイビングが暇な11月がベスト?
ただ、店主は『寒い北海道は避けたい』のが本音。
または、ゴールデンウィーク終了直後に、短めに帰省するか・・。
免許更新はよしとして、日本の税金ものは6月に決まるから早すぎるか・・。
んーーーーーーーー、決められない。
やはり、寒さ我慢して、11月が濃厚かな。
バリカレンダーと今年の実績を見て、もう少し悩もう。

雨季 ○○の季節

0

今年初めからずっと気候がおかしかったのですが、雨季には通常通り入ったようです。
バリ島は完全に雨季入りしました。
ここ数日天気がぱっとしません。

雨季に入るとフルーツがいろいろ出てきておいしいです。
大好きなマンゴーやマンゴスチンがたくさん出回ります。
一方、デング熱が流行る季節でもあります。

今朝、まだ薄暗い5:30。
かなり近くで爆音が聞こえてきたので、外へ出てみるとこんな感じです。
バリ島に越してきたばかりの日本人夫婦が、『戦争が始まったのかと思った』と昔言っていました。笑

img_5523

全身黒づくめで、顔も覆っているのでまるでテロリスト。
バズーカ砲ではありません。
殺虫剤散布の真っ最中でございます。

 

img_5531

ゆっくり下水溝沿いにまいてゆきます。
もちろん、家のドアが開いていると家の中も真っ白になります。
これで蚊やゴキブリは死にます。
池の魚などは問題なし。
人体にも多少影響あるのでしょうが、デング熱になるよりは良いと思います。
散布のお仕事してくれている方に感謝。
ありがとうございまーす。
村役場のお仕事なのかな?

 

 

img_5537

あっという間に真っ白。
散布は通常、デングの蚊が活動を始める夜明けで風が吹いてない日がベストです。
今朝はコンディションばっちりだったと思います。
今朝は、あっちの区画をやっていましたが、先日20日(日)はこっちの区画を散布していました。
これでかなり安心です。

10年ぐらい前、店主はデング熱にかかりました。
急激に39℃まで熱が上がりフラフラ。
いろんな症状がありますが、店主の場合、ひどい筋肉痛・関節痛・悪寒で寝込みました(トイレまで移動できず)。
通常、入院するそうですが拒否。
デングの薬はないので店主は自宅療養をしました。
その年は、デング熱流行年ということで近所で多くの方が発症。
今思うと軽いデングだったんだと思います。
ただ、デング2回目になると重症化することが多いらしいので、『もうデングになれない』という気持で生活しています。

大切なのは2点だけ!!
・昼間の蚊に刺されないようにする
・免疫・体力をつけておく

デング熱は、ネッタイシマカやヒトスジシマカが媒介になります。
夜明けから日没まで、太陽が出ている間に活動する蚊です。
昼間の蚊には神経質になる店主です。
蚊が好む膝下を重点的に虫除けローションを塗ります。

デング熱などの感染症は、免疫が高ければ発症しないこともあるようです。
異常に疲れていたり寝不足だったりすると、体内で負けちゃうんでしょうね。
日々、心身ともに良い状態を保つことは大切です。

日本ではデング熱患者が出たと大騒ぎしていましたが、日本だって戦前はあったわけです。
飛行機や荷物にくっついて蚊が日本に入り込むことは、容易です。
スーツケースの中に入っているかもしれないし。
こちらでデング熱は珍しいことではありません。
そんなに恐れることはありません。
最近、ワクチンがついに出来たそうですし。
恐れるより、蚊に刺されない努力を!

 

 

キタス もう黄色の紙じゃない

0

やっとヴィザ更新が終わり、書類等も戻ってきました。
で、びっくりしたことは・・・・。

キタスがない!
あの黄色いぺらぺらな紙。
Kartu Izin Tinggal Terbatas(暫時居住許可証)といって、こちらに住んでいる外国人の身分証明書です。
銀行、免許取得、申請ごと、契約ごとには、必ず外国人の場合は提示が求められます。
それが、この11月1日から、黄色い紙制度廃止なんだそうです。
Kartuってカードという意味なんだから、だったらもうキタスって言葉もなくなるのかな。

えーーー、うそだ。
あんたたち嘘ついてるんじゃないの?
と目の前のエージェーンを疑いましたが、手続きした書類に目を通す限り偽造にも見えず。
そんな分かりやすいこと嘘ついても、まず、エージェントにとってのメリットがない!
これまでいろいろなエージェントを使いましたが、この目の前にいるエージェントは最も信頼できることは確か。
気になって、ネット検索してもまだ施行されたばかりなのか、その手の記事はゼロ。
確信が持てないまま、代行手数料を払ってしまいました・・・。

 

img_5513あちこちでこれまでのように、キタス提示を求められたらどうする?
これはパスポートですが、この右下のスタンプを見せれば良いそうです。
黒塗り部分が、キタス番号らしいです。
オンラインだから番号で十分だとか・・・本当にオンラインなのか??
どことどこがオンラインなんだ??

このスタンプページ、左側のVISAシールページ、自分の顔写真ページをコピーして持ち歩くようにとのことです。
でも、コピーだったら、顔写真ページ差し替えたり(替え玉)など悪いことにも使えちゃいますね。
なので、結局、パスポート原本提示が一般的になるのではないでしょうか。
まあ、バリ島の場合、キタス提示を求められる場面は限られていたので、別に黄色いぺらぺら紙がなくなってもいいのかなと思います。
キタス原本を携行しなければならないジャカルタは大変ですね。
パスポート原本を持ち歩くことになるのかな。こわっ。

 

少し前まであった警察本部への報告SKLDの廃止、去年ぐらいからなくなったイミグレーションのブルーブック廃止、そしてイミグレーションのキタス廃止と廃止ものが続いています。
不要なものは無くしていい。

廃止の一方、増えてることも。
一年出入り自由な再入国許可取得の義務、村役場に住民登録義務、社会保障加入の義務など。

廃止もの=役人の仕事量
増えたもの=店主たちの出費

だからといって、デモもできない外国人の身分!笑

ヨーグルト作り

0

日本にいる頃は、毎日必ず牛乳かヨーグルトを摂っていましたが、この国でそれは難しいです。
暑い国なので、まず乳牛がいない・・。
バンドンの方にはいるそうですが。
そんな訳で乳製品が少ない。
あっても高いのです。
暑いので、常温へっちゃら加工牛乳はありますけど味がとても残念・・。
なので、牛乳なし生活を16年送っています。
乳製品は、ピザやパスタのチーズぐらい?

日本に帰国してしまうRさんより、数日前にヨーグルトを頂きました。
彼女は、ヨーグルトを育てていたんです。
ここ数年、インドネシア在住日本人の間で流行っている自家製ヨーグルト。
ヨーグルトに牛乳足せば、ヨーグルトになりますしね~。
これまで3人ぐらいに『欲しい?』と言われたことがありましたが、ヨーグルトは毎日食べたいですが断っていました。
なぜなら
『ヨーグルト菌という生き物相手に、自分がその時家にいなかったら腐るのではないか?』
『日本に一時帰国の時、誰が面倒みる?』

帰国してしまうRさんがもう家まで持って来てくれちゃったもんで、試しに今回は挑戦してみることにしました。
ただ、作り方を聞くのを忘れちゃったので、元スラバヤ在住だったヨーグルト博士ダイバーにアドバイスを求めました。
『牛乳8:ヨーグルト2、又は牛乳9:ヨーグルト1。8時間放置』

近所のスーパーに生乳がなく、結局ハーディーズで『SUSU segar』1リットルをゲット(約200円)。
冷たい牛乳を常温に戻しておきます。
適当な容器は家にあった!
容器とスプーンを熱湯で殺菌。
だけど不覚にも計量カップがなかった・・・・・ので、定規でなんとなく8:2の割合にしてみます。
で、混ぜ混ぜ。
ヨーグルト菌は生きているそうなので、空気が通りやすいよう紙ナプキンと輪ゴムでフタ。
そのまま直射日光を避け、常温放置8時間。
夜は気温26℃ぐらい?昼間は30℃越えで、ヨーグルトにはいい感じの気温。

8時間のことを考えずに作ってしまい、今朝目覚ましをかけて、ヨーグルトのために早起き。
あー、なんてお馬鹿さん。
しかし、起きてみると全く固まっておらず・・。
『えーーーっ、全工程が無駄だったのか??』と悲しくなりました。
またヨーグルト博士に連絡(お忙しいところホント申し訳ない)。
昨日は『8時間』と言った博士、今度は『24時間ぐらい気長に待ってみてください』と。
それ聞いて、かなり安心したのでした。
ヨーグルト菌が繁殖してくれるのをじっくり待つことに。
しかし、今日も暑いよー。

 

1-S__34299907

これサヌールの気温で18時間もの。
これで完成としました。
酸味前でまろやかな味わい。
日本の市販ヨーグルトよりはゆるいですが、ほわほわ状態。
写真撮って、すぐに冷蔵庫に入れてしまいました。

これはいい!
牛乳を買いにハーディーズへ行くのが面倒ですが、ヨーグルト生活を続けたいと思います。
ゴールデンウィーク明けに、店主の札幌帰省がありますが、ヨーグルト菌の冷凍保存も可能だとか・・。
冷凍しても死なないんだ。
恐るべしっっ。
ヨーグルト博士、Rさんありがとうございました。

ページのトップへ