Posts tagged アンボン

アンボンダイビング 5日目

0

ダイビング5日目(12月16日)、ついに最終日となってしまいました。
あっという間ですよ。あっという間。
「さびしい~、帰りたくない~、もっといたい~」
まるでバリ島にやってくる観光客の皆様と同じことを言っているYさんと店主。
観光客の皆様の気持ちがとてもよくわかったのでした。

 

わかりそうでわからない。

 

シロタエイロウミウシ

 

トガリモエビ

 

 

 

 

コモンウミウシ属一種1

 

癒しのミヤケテグリ!

 

 

イバラダツ、でかーい。

 

気持ち良すぎるエキジット~

 

 

最終日もモリモリ食べます。
ダイバーはいつも腹ペコ。

この最終日の水面休憩時間は、ガイド君と歴史の話ができて有意義でした。

アンボンは、ポルトガルが植民地化、その後オランダが植民地化、そして最後は日本が統治でした。
そして、現在はインドネシア。
ちょうど、現地のドキュメンタリー番組で太平洋戦争のことを観たばかりだというガイド君。
いい質問をたくさんぶつけてきましたー。
「なぜ、日本は真珠湾攻撃をしたの?日本が悪く見えるよ。」
ガイド君、いい指摘です。
当時の世界情勢、日本のおかれた立場、そしてホワイトハウスが真珠湾攻撃を事前に知っていたことを説明すると・・・
ガイド君、驚愕でした。
「それって、アメリカがpenipu(詐欺)じゃん」
はい、そうです。

現在の北朝鮮危機の話から、ヒロシマ・ナガサキについても。
あれは、ソ連と競いあってたアメリカに核実験されちゃったの。
日本は降伏するって分かってんのに。
「えーーーーーーーっ!かわいそう。」ガイド君、驚愕連発。

ガイド君、インドネシア人にしては珍しく歴史好きでした。
以前も日本人のお客さんに「なぜ日本は戦争したの?」と聞いていたらしいですが、「わからない」と言われて困惑していたそうです。
日本の歴史、国内で正しく教えるべきですよね。
正しくね。

 

 

アンボンのJettyへ。
パダンバイのJettyと生物はほぼ同じ。
違いは釣り人がいないってことぐらい。

 

 

キカモヨウウミウシ

 

 

シボリキンチャクフグ幼魚、ちっこーい。
よちよちサイズ。

 

地味にゴンズイも中層へ。

 

オオモンカエルアンコウばかりでしたが、やはりこういうところがお気に入りなんですね。
走ってた・・・。

 

 

柱を見上げるとこんな感じ。
写真と関係ありませんが、アンボンには歴史的に要塞があります。
最後に日本軍が入ってきた時には、アンボン湾内に無数の櫓(やぐら)を作ったようです。
それは水面ちょっとしか出ておらず、そこから湾内を見張り、すぐに攻撃できるようにとのこと。
よく見るとビーチ沿いには、それらがまだそのまま残っています。
ガイドに言われないと気付きませんでしたが。

シマヒメヤマノカミ VS ウミヘビ
結果:お互いスルー

 

 

スパインチークアネモネフィッシュ

 

 

コバンウミウシ

 

 

小さなモンジャウミウシ

 

 

実はゴージャスな装いのサンゴモエビペア

ここ、しばらくへばりついていましたが、面白いドラマがいろいろ。

 

 

15ダイブ潜りましたが、結局、このアンボンフロッグフィッシュには出会えず(写真はネットから)。
ガイドですら、最後に見たのが9月と言っていたので、いたらラッキーぐらいに伝えておきました。
他の生物でも十分楽しめるので、会えなくても大丈夫。
ですが、ガイド君必死でした。気にするな~!
生物に絶対はありません。
15ダイブ、ありがとう。
また来ますよー。

 

 

大満足

バリ人へのお土産は、minyak kayu putih Anbon(万能油)が有名らしく、これを買いました。
バリ人はこういうの好きですね。喜ばれました。
アンボンの地酒も運転手に買いました(あちらではsopi、バリではアラック)。

今回、初のアンボンでしたが、バリ島からアクセスが良いので、またこの時期に行きたいなと思います。

そして、自分がお客になることで学ぶことも多かったです。

 

 

アンボンダイビング 4日目

0

この日は、初めて朝から雨がぱらつき、曇りの空模様。
オランダ人5名が1日ダイビングをするようで、スタッフは忙しそうです。
客としてそれを見ている自分が不思議な感じ。

いつもは、自分が忙しい方なのに・・・。

オランダ人グループは、初心者なので沈船へ向かったようです。
店主たちは、毎日近所の砂地マクロダイブです。

バリのオレンジダムゼル・・・アンボンにもいた!

 

オイランヨウジ幼魚(約3cm)、小さいだけで体はすでにオイランヨウジ。

 

ソリハシコモンエビ

 

 

イソギンチャクエビ(♂)

 

ナマコにマルガザミ

 

 

ブッシュドノエル・・・の中でも、かなり大きな子でした。

 

 

セスジミノウミウシ・・・動きすぎる。

 

 

キンチャクガニ!!
大急ぎで2,3枚撮りましたが、全部ぼけぼけ。

 

トラフケボリタカラガイ

 

 

イロウミウシの仲間だと思いますが・・・?

 

ヒバシヨウジ幼魚(約3cm)!!
オイランヨウジと同じく、小さくて頼りないサイズですが、すでにヒバシヨウジ。

 

トラフシャコが出てる・・。こわいよー。

 

 

フラベリナ・ビラス?

 

ガンガゼ畑

 

 

こういう群れをよく見ました。
極小すぎるのは、群れてても分からない・・・。

 

オトメウミウシ?

 

セソコテグリ

 

 

??きもい~、速い~!!

 

 

オランダ人チームだ。

水中で他のダイバーを見ることがないので、注目してしまいました。
ガイドは淡々と、初心者にウミシダの何かを見せていました。

見えないと思うよ・・・冷汗

 

ニシキウミウシと目があった!?

 

 

 

 

初日も見ましたがフリソデエビ。小さい個体。

 

 

ここは大きいのと小さいの。
エキジット直前にも、ブイに出ている大きめフリソデを見つけました。
このダイブはフリソデ祭り。

 

イバラダツが流れに乗って大移動でした。
いいところ見つけたね。

 

 

カサゴ?ガイドたちに聞いても分かりません。
店主だけ見たのですが・・。

 

 

夕日とモスク。
夕方、モスク前は通行止めになります。
1日3ダイブのはずですが、なんだか、毎日あっという間に終わっちゃう。

つづく

アンボンダイビング 3日目

0

明け方のアザーン(モスクからの大音響)が、全然、聞こえなくなりました。
昔、聞き慣れた音だからですかね。
隣がモスクなのに、不思議です。

ローカル生活どっぷりですが、体調ひとつ崩さないYさんと店主。
そして、どんどん元気になっていく~。
この時点ですでにリフレッシュ成功。

それにしても、毎日天気が良いです。
朝から夕方まで潜るのみ!

ツノガニ属の一種?逃げちゃった~。

 

 

ホウセキカサゴ(赤)、店主がゲッツ。

 

 

でも、一番喜んだのはガイドBちゃんでした。
Yさんも店主も、赤はバリ島で見ていますからね・・。
写真をせがまれたので、撮ってあげます。
アンボンで、現在のライノピア系は、紫・茶・黄色・赤の4つなんだそうです。
この赤が一番会えないらしいです。すぐ消えちゃう。
ガイドBちゃんも、久しぶりに赤の確認ができたので嬉しかったそうです。

分かるよ、そのガイドの気持ち。

 

 

 

セボシウミタケハゼ・・・たくさんいますが・・・バリ島でいつか撮ろう・・。

今日は他のゲストがなく、ダイブセンターごと貸切状態でした。

 

 

ニジギンポ

 

 

キンチャクフグ

ハート抜き&背中のハート

 

 

ボロカサゴ(黄色)
これでアンボン湾の4色に全部会えました。

 

 

ベニキヌツヅミ

 

 

たまにこんなきれいなサンゴもあります。

 

オトヒメエビ

 

 

ヒプセロドリス・ゼフィラ

 

 

ヒメヤマノカミ??
黄色が入っている個体を結構見ました。

 

フィロデスミウム・ブリアレイムというウミウシ。
どこが触覚か分かりません。

 

単独のウミテングと戯れました。
癒されますー。

 

 

オオウミウマ

 

 

ちょうど、ミミックオクトパスを見たかったYさん。
店主の横に現れました!ラッキーすぎる。
でも、これはワンダーパスですね。
いずれにせよ、レア。

 

 

おそらくオニカサゴの幼魚?
まだつるつる裸状態。
現地ガイドに聞いても分かりませんでした。

 

アデヤカイボウミウシが、産卵直後のようでした。
ごてごての派手派手ウミウシです。
イチゴショートケーキに白ゴマふりかけた感じ。

 

毎晩、このAiceというアイスを食後に買ってました。
マンゴー、チョコ、トウモロコシなど味も豊富。
上記は、スイカとバニラ。
そして、値段がRp.3.000(25円)~Rp.5.000(40円)とかなりリーズナブル。
どれもおいしいです。

上記バニラ、口に入れた瞬間、懐かしさの衝撃が。

子供の頃、30円アイスがありました。
Aiceバニラは、中央のニューゴールドと同じではないか~~!!
ぱくったのではないかと思うぐらい同じ。
懐かしい・・・。

 

因みに、これはAiceトウモロコシ。
子供の頃、トウモロコシアイスを食べていました。
こちらもそっくり。
ただ、スティックにしてしまうと、最後にアイスが指元に迫ってきて食べにくさがあります。
日本のように、完全モナカにすると手が汚れなくていいです。
バリ島にもあると思うので、探してみようっと。

つづく

 

アンボンダイビング 2日目

0

宿の隣にモスクがあって、明け方にアザーンがスピーカー大音量で流れます。
これ、お祈りですよーという合図。
普通の日本人は、飛び起きて、その後二度と寝付けません。
っが、Yさんと店主は問題なく二度寝。
爆睡&熟睡で、元気いっぱい。

 

バリ島は雨季真っ盛りで、なかなか晴れませんが、アンボンは快晴。
この日は、中国人ゲストが最終日ということで、対岸のポイントへ。

といっても、スピードボートで10分ぐらい。

店主わくわくです。

 

ボロカサゴ(パープル)・・ガイドより先にゲッツ。

 

 

近くにボロカサゴ(茶)

 

 

ヤドカリさん、素敵な棲家だ~。

 

 

ハナイカの卵、初めて見ました。

 

 

ホヤカクレエビ・・・ぼけぼけ 苦笑

 

 

クチナシイロウミウシ

 

 

子供オオモンカエルアンコウ(黒)のあくび。
この後、泳ぎました。

 

 

ふわふわオトヒメウミウシ

 

 

シボリイロウミウシ

 

 

キャラメルウミウシ

 

フジナミウミウシ、オニカサゴに近すぎ。

 

 

シロタエイロウミウシ

 

 

プセウドケロス・ビフルクスというヒラムシ。
初めて見ました。

カスリヘビギンポ、背びれ立った!

 

 

オシャレカクレエビ

 

泳ぐウミシダウバウオ・・・でしたが、訳ありで粘れず。
水中、忙しいんです。

 

 

白ピカチュウ、ツノザヤウミウシ!

 

 

対岸で2ダイブ終えて、遅めのランチ。
とにかく、1ダイブが長いのですよ。
腹ぺこぺこ。

 

 

野良猫は数匹常駐で、ヤギも通ります。
ああぁ、すてき。
潮が引くと、猫たちがビーチを歩き回ります。
バリ島は犬ですが。

ランチの後は、また近所のポイントで潜ります。

たまに珊瑚もありますー。
可憐にピンク1枚。

 

 

またこのごっついストーンフィッシュ

 

 

トゲツノエビ・・・店主は時間がなくて頑張れず。

 

 

トガリモエビの一種

 

 

アンボン湾内はウツボがうじゃうじゃ。
こういうウツボシェルターをよく見かけます。
会話が聞こえてきそうなっ。

 

 

5日間お世話になったガイドのBちゃんとYさん。

 

夕飯は、アンボンで頂くCOTO MAKASSAR。
マカッサルの郷土料理で、牛モツスープ。
バリ島でも数軒しかありません。
牛モツのはずですが、なぜか牛肉びっしりでした。
これ、Yさんも店主も絶賛。
二晩続けて通ってしまいました。

つづく

アンボンダイビング 初日

0

本日、無事にアンボンより戻りました。
すっかり店主は元気になって戻ってきました。

先週末、急に思い立ったアンボンダイビングで、行き当たりばったり気味でどうなることかと思いましたが、
結局は・・・・・予想以上に面白かったです。
インドネシア東部&僻地だったので、インドネシア的なトラブルも想定内でしたが、快適すぎる遠征となりました。
今回はプライベートでしたが、ダイバーの皆様の参考になるよう数日に分けて報告を残しておきます。
旅のバディは、近所のマクロ派ダイバーYさん。
ってことで、女二人旅GO。

 

12月11日
夕方サヌールを出発、1時間ぐらい飛行機は遅れて出発でした。
これも想定内。
直前で、搭乗ゲートが急に変わっていたことも想定内。

とりあえず、スラウェシ島マカッサルへ飛びます。
わーーー、マカッサルが見えてきました。
大きな街になりました~。
店主の故郷のひとつ。

マカッサルでトランジット時間が6時間ほどあったので、市内へ飛び出しました。
昔、お世話になっていた家族宅へ直行。
食堂をやっているので、腹ペコのYさんと店主はがっつきました。
だって、機内でパン1つも出なかったから。苦笑
このラーメン、これまでに何百杯食べたことか・・・大好き。

 

2時間ほど昔話で盛り上がり、また空港へ戻ります。
因みに、マカッサル空港から出るにはタクシーしかありませんが、市内から空港へは配車アプリGrab Taxi や Uber で空港まで行けます。
マカッサル人友達が慣れた手つきでGrabを呼んでくれて、安く戻ることができました。
びっくりしたのは、Grabの運転手がなんと「イスラムの被りものをした中年女性+助手席に中学生の息子君同伴」だったこと。
午前0時をまわり、女性の運転は危険だから息子を同伴させているとのことです。
これ、バリ島ではありえない。

そして、マカッサルから寝ていたら、あっという間にアンボンへ到着。
1時間時差があって、小さなパティムラ空港へ(日本と同じ時間)。
天気の良い早朝で気持ちいい!
ここからダイブセンター&宿まで、たったの5分。

多分、飛行機着陸してから、ダイブセンター&宿まで30分かかっていません。
すでに快適すぎるーーー。
バリ島だとそうはいきません。

 

到着早々、朝からダイビング参加です。
アンボンは、年中ダイビング可能ですが、10月~4月がシーズンだそうです。

5月~7月は雨が多いとか。

 

極小クリヤイロウミウシ、後ろにもう1匹?
見えなかった・・・。

 

アオウミウシ属?

 

クビナガアケウス

1本目から小さすぎるフリソデエビ・・ぼけぼけ

 

 

ムチカラマツエビ

 

クロモドリス・ヒントゥアネンシス

 

周りはこんな感じ。

 

 

コブシメもたくさんいます。

 

 

こういう残骸も・・。

 

セスジミノウミウシ

 

フラベリナ・ビラス

 

フラベリナ・ルブロリネアタ

 

Yさん、がんがん撮ります。

 

ハナイカと小さなカエルアンコウ(黒)

 

 

ハナイカ、大小2匹!!
これは嬉しかった。

 

顔を上げると、なんとアジの群れが・・・。

 

カニだけど?

 

イレズミウミヘビがチンアナゴのように出てるし。

 

 

穏やかで暖かい・・・。
終始28℃~29℃、流れはたえず若干あります。
外洋や沈船ははずし、アンボン湾内の近所のポイントのみのリクエストだったので、遠くても10分程度のボート移動。
全てボートダイブ。

 

 

大きなアンボン湾・・・湖のよう。
到着日なので、2ダイブにする予定でしたが、楽チンなので3本目も行くことに。

 

 

ウミウシカクレエビ

 

 

ツマジロオコゼ

 

 

わーい、子供ツノカサゴ

 

 

近くに大人ツノカサゴ!!!!

 

何シャコ?

 

 

ニライカサゴに毛が生えたよう。

 

 

オニダルマオコゼだと思いますが、いつも見ているのと違うんですね。
顔がごっつくて、体長が長め。現地ガイドは、ambon stone fish と言ってましたが・・。
滞在中、何個体が見ました。これはペアで並んでいます。

 

オオウミウマ

 

 

イソギンチャクモエビ

 

 

さすが、アンボン湾なので、生物が小さすぎる・・・(お見せできない写真ばかり)。
そして、1ダイブが長い・・・。
移動直後に3ダイブ、トライアスロンのような1日が終わりました。
でもでも、やり遂げた感でぐっすり寝ました。

 

ちょっと、アンボンへ

0

突然ですが、気分転換をはかるために、他島へ行ってきます。
木曜日に場所が決定したばかり・・衝動的!?
久しぶりにダイビング遠征。


インドネシアは広いですねー。
バリ島は小さいなぁ・・・。
今夜出発して、スラウェシ島マカッサルでトランジット。
そのまま、アンボンへ入ります。
明日からダイビング三昧。
マカッサルのトランジットが長いので、マカッサル市内へ飛び出す予定。
旧友一家(マカッサル人)にもご挨拶。
初のアンボン!
今、最高にわくわく。

バリ島ダイビングのお問い合わせは通常通りです。
現地で返信させて頂きます。

バリ島アグン山、早くいつもの静かな山に戻りますように・・。
ちょっと気分転換に行ってきます。

 

ページのトップへ