Posts tagged アメッド

アメッド 祝アドバンス&体験ダイビング

0

Aさんのアドバンス講習2日目は、アメッドへ。
今日は、到着したばかりのお友達Mさんも一緒に体験ダイビング。
パダンバイの予定でしたが、ヌサペニダも今日は潜れないせいか(ヌサペニダのニュピ)、パダンバイが激混みすぎるためアメッドへ。
いやー、アグン山の警戒レベルが上がってから、北上するのは久しぶりです。
今月に入り、地震も減り静かになってしまったアグン山です。
途中、アムラプラ市内は、半分ぐらいのお店が開き、半分ぐらいが閉まっている状態でした。
小学校でも子供たちは普通に学校へ通っていました。
道路も渋滞なくスムーズ。

 

ゲストは景色の美しさに感動。
運転手と店主は、「いつも通りであること」にしみじみ。

 

久しぶりのアメッドは、いつも通りほとんど開いていますが、まだまだ閑散としていますね。
ただ、思っていたよりダイバーは来ています。
トランベンのショップや南部からもゲストを連れてちらほら。

アメッドは天気よし海況よし。
波なし、流れなし、透明度15m、水温26℃~28℃
あぁ、海に早く入りたい。

Aさんのアドバンス4本目は、水中写真。
初めて水中で写真を撮ります。
べたべた触らない、巻き上げない、残圧確認を忘れない、減圧不要限界を超えない・・。
そして、静かに生物に接近して、テーマを決めて撮ってみよう!!

 

体験ダイビングのMさんも無事潜れてツーショット。

 

危ないもの同士ツーショット。

 

 

鉄骨の中でお休み中の子供ケショウフグ

 

 

ヘラヤガラがAさんに突撃。
さすが!そう撮るか~。

 

 

動きを止められません。
チョウチョウコショウダイの幼魚。

 

 

アメッドに多いクリスマスツリーワーム(イバラカンザシ)。
動かないものは撮りやすいです。
っが、近づき過ぎると引っ込んでしまいます。
陸上でも写真が好きなAさん、「楽しい!被写体がありすぎて困りました」と・・。
これは水中カメラを始めるしかありません。

 

 

~ 最高のダイビング日和 ~
ガイドはトランベンに残っているコマン。
トランベンのガイドたちは、他の海へ行って頑張っています。

 

2本目も穏やか

 

 

体験Mさんも、2本目はびびることなく来た来た!

 

クマザサハナムロやグルクマの群れが行ったり来たり。
途中冷たい水が深場から上がってきました。

 

 

よく見ますが、逃げないハタタテサンカクハゼ。

 

 

オイランヨウジ・・・相棒はどこ行った?

 

 

Aさんも水中で叫んだかわいさミナミハコフグ幼魚。
図鑑で知ったと思いますが、このサイズがかわいい盛り。

 

 

クダゴンベが2匹でらぶらぶでした

 

 

Aさんが教えてくれたウミヘビ

 

 

 

ゴンズイ玉・正面からいってみよー。
集団の力はすごい。

 

 

アドバンス5本目は、ナチュラリストでした。
植物・無脊椎動物・脊椎動物と分類分けしながら生物観察。
特徴をスレートに書いたり、写真におさめたり大忙しでした。
って、そんな水中作業をしているうちに、Aさんの中性浮力が完璧になってる。
美しいです!!
60分超えちゃった。
上がってからは、体験Mさんと共同作業で図鑑で魚の名前を確認。
おめでとうございます。

 

 

運転手が撮りたがったアメッドから見るアグン山。
朝はくっきりでした。

 

写真好きなガールズももちろん降ります。
農民の皆様、お邪魔します。

 

ゲストのリクエストで、こっちのパノラマ棚田も下車。
いつも通りの雄大さ!
久しぶりに北上できて新鮮でした。
切れていたアメッドの塩もやっと購入できたし、大満足。
Aさんも3袋、お土産で買いました。
とてもおいしいんですよ。

Mさん潜れてよかった!
Aさん、2日間マンツーマンでがっつり急成長です。
今日はありがとうございました。

アメッド ファンダイブ

0

先日スマトラ島より日本へ帰国されたRさんが同僚Sさんを連れて来てくださいました。

Rさん、お久しぶりです。Sさん、はじめまして。
そして、昨日、マンタとマンボウを見たジャカルタ在住M氏です。
共通点は、皆さん 『愛知県民』。
もうそれだけで、アメッドまでの道中で和気あいあい。

アメッドへ到着すると、素晴らしく快晴。
海況もよさげ。
波なし、流れ2本目あり、透明度15m、水温27℃。

聞いていたよりビギナーだったSさん。
実は10年もブランクがあって、店主少し動揺しました。
っが、水へ入ると落ち着いていたのでした。
ただ、中性浮力は今日やっている場合でないので、基本手をつないでダイビングさせて頂きました。

 

ベテランダイバーのM氏と店主の教え子Rさんがバディ。
Rさん、自分が心配で講習教材を持ち込むほど(笑)。
ですが、この潜りぷり!いいですよー。

 

チンアナゴ畑、ボラの一群、そしてキンセンフエダイの群れ。

 

 

この漁礁はオヤビッチャが産卵中でびっしり。
Rさん、救援物資たくさんありがとう!!
名古屋風の救援物資たち。

 

最後は、この大きなウミガメが散歩中。
浅瀬では、小さなウミガメも泳いでいきました。

 

至福のエキジット。
アグン山がくっきり。

 

 

2本目行きまーす。
社員旅行みたい!?

 

 

2本目は美しくエントリー。

 

途中は流れに当たります。
ちょっと休みましょう。

 

流れると魚たちは活き活き。
きらきら ☆ グルクマ

 

 

アメッド色

 

浅瀬の竜宮城ポイントでも若干流れがあったので、愛知ガールズは着底して観察して頂きました。
Sさん、10年のブランクは今日でさよならです。
やはりダイバー。

 

M氏、たくさんヒメちゃん写真を撮ります。
これホント楽しい。

 

 

この根から動かない小部隊も。

 

 

RさんとSさんも、じっくりヒメツバメウオを見ていただきました。
Rさん、状況に応じたスキルをまたひとつ習得!!
皆さんお疲れ様でした。

愛知でも皆さん一緒に潜ってくださいね。
M氏、ウェットスーツ忘れてスミマセン・・・ぼけぼけ店主。
ちょこちょこハプニングがありましたが、無事終了。
今日はありがとうございました!
愛知県へ行ってみたくなりました。

アメッド/トランベン 1泊2日

0

ジャカルタよりお越しのMさんとHさん、はじめましてー。
・・・ですが、実は『三度目の正直』でやっとMさんとお会いできました。
今年に入ってバリ島入りする度、ダイビングのお問い合わせを頂いていたのですが、予定が合わずご一緒することができませんでした。
ホント、申し訳ないです。
今回ついに職場のHさんと一緒に1泊2日で潜る計画を実行です。

アメッドへの移動中は、ガールズトーク炸裂でした。
共通の知り合いが、あちこちの島にいるいるいるいる。
話が、面白い!!

本日のアメッド、少し波あり。
流れ少し、透明度10m~15m(浅瀬は白濁り)、水温27℃
Mさん&Hさん、潜りぷりを拝見させて頂きましたが問題なし。

 

1本目は竜宮城ポイントへ。
わーお、きれい。

 

 

いつも通りのアメッドピンク

 

 

お二人も初めてのヒメツバメウオの群れ

 

 

後半、戯れタイム

 

 

エキジットするとアグン山がくっきり。
今日は、夕方まで雲がかかりませんでした。

 

 

2本目のHさん

 

 

Mさんはあちこちにいるヤッコエイと・・

 

 

アデヤッコは複雑模様

 

 

流れはゆるーく

 

ピラミッドで遊びます。

 

 

予定通り、ウミガメ。ダイバーなんか気にせず腹ペコのようでした。

 

 

アメッドのイメージ

 

Mさん&Hさん、さくっと2ダイブ。
そして、トランベンへ移動です。
朝は大波だったそうですが、夕方は波が中ぐらい。
浅瀬は濁りがありますが、沈船まで行けば透明度はOKとのこと。
申し訳ないですが、店主はこれで失礼します。

3本目へ向かうガールズ。
4本目はナイトダイビング。
じっくりトランベンを楽しんでください!
ありがとうございましたー。

アメッド ファンダイブ

0

久しぶりに元ジャカルタ在住だったK女史が登場。
お久しぶりです。
一年前の夏休みは、突然の辞令でバリ旅行自体がキャンセルでしたネ。
そして、近所のYさんも一緒に今日はガールズでアメッドへ。

独立記念前の風物詩 『一般道での行進練習』。
8月中旬まで道路は渋滞気味になります。

 

 

アメッドの海況よし。
波なし、流れなし、透明度10m-15m(若干白ぽい)、水温27℃ー28℃
ずっと曇り空でしたが、山越えすると天気よし。
K女史もYさんもベテランダイバーなので、サクサクと準備してエントリーです。

チンアナゴ畑、ヤッコエイは100枚ぐらい、ヒメフエダイやキンセンフエダイの群れ・・。
そして、南国風なアデヤッコとツノダシ。

 

 

ウミシダの動物らしい動き。

 

 

巨大ウミガメがもろいサンゴの上に乗っていますが、不思議なことに割れません。

 

 

次に出てきた中サイズのウミガメがK女史の方へ。
腹面にまでフジツボが付いています。
大変ね・・。

 

2本目は竜宮城へ。
なんと、K女史は初でした。
突然、交じり合った大群が後ろから、がーーーーーーーーーっとやってきてびっくり。

 

 

いたいたヒメツバメウオたち。

 

猛毒ソウシハギ、本人そんなこと知ったこっちゃない。

 

 

いやー、この辺は楽しい。
しかも流れがなし。

 

ガールズと納得いくまで撮る・撮る・撮る

 

ぼけてますが、水中ではこんな感じ。
絶対増えてますわ。

 

 

3本目はビーチです。
(K女史、変わらない・・・懐かしい)

 

Yさん、シンガポールで新品ハウジング見つけちゃったそうな。
そりゃ即・買いです。

 

オジサン、透明度落ちてしまいます。

 

タテジマキンチャクダイ幼魚があちこち。

 

K女史の水中カメラは、300本潜ってもまだ現役。

 

これは、ヨロイウオぽい。

 

アメッドのイソバナはすごーいのです。

 

オイランヨウジ2匹、ヤンシーズパイプフィッシュ1匹がまだいました。

 


カラフルキュートなクリスマスツリーワーム

 

がっつり3ダイブです。
あぁ、楽しい。
ログ付けタイムもあーだこーだで笑えます。
写真見ながらYさん:『ぼけてまうねん』 → なんて新鮮な響き!! Bokete mau nen
店主だったら 『ぼけちゃうんだよね』かな。

ガールズ、今日はありがとうございました。

 

アメッド ファンダイブ

0

ジャカルタ在住H子さんとの最終日はアメッドです。
昨日は、100本記念でしたネ。

本日のアメッドは、海況抜群。
波なし、流れなし、透明度18m、水温28℃
軽いドリフトを期待したのですが・・・全く流れなし。

南部は相変わらず曇り空でしたが、アメッドは快晴。

 

キャベツ

 

 

キンセンフエダイの群れはあちこち

 

ネッタイミノカサゴが可憐でした。

 

 

気持ちいいぃぃぃ。
いつもこれぐらい透明度があればなぁ。

 

 

今日は丸まる日?
ハナビラクマノミの人口密度が高すぎ。

 

 

いつもこのサンゴにいるウケグチイットウダイ

 

 

最後は、大きなウミガメでした(フジツボ4つ)。
腹ペコのようで、トカラベラにも店主たちにも全く動じず。

 

2本目は竜宮城へ。
今日はヒメちゃんスペシャル。
あれ、アラレフグが1匹。

 

 

ヒメちゃんとハナダイのコラボ

 

 

かわいいな~。

 

 

H子さんは、ヒメちゃんを初めて見たのでした。
マンボウに引き続き、思い出の102本目になりそう。
堪能して頂けたでしょうか?

ロングダイブ2本、お疲れ様でした。
H子さん、3日間ありがとうございました。
次は9月?
お待ちしています。

アメッド ファンダイブ

0

本日はゲストをアメッドへご案内しました。
皆さん、偶然、シンガポールで活躍されている方々。
はじめまして~。
早朝はどんより曇り空、そして途中豪雨&冠水、そしてアメッドはカラカラと晴れていました!

海況はよし。波少し、流れ一部、透明度15m、水温29℃。

ここの割れやすいサンゴ、大好き!
周りはチンアナゴ畑。
ヤッコエイは数え切れないほど。

 

HさんはGOプロ持参です。
アカマダラハタも2匹。

 

キンセンフエダイの群れ

 

女子チームのHさんとAさんは、もう少し深場を水中散策。

 

男子チームは浅瀬に入ると、ネズミフグ&コバンザメ。
癒されます。

ランチは皆さんでナシゴレン。
店主の目に入ってきたもの・・。

 

ライフライン(水中に持って入れる無線&救難信号発信機)ではありませんか。
Hさんのバックから見えちゃいました。
一度、怖い思いをしたそうで、自分用に購入したそうです。
素晴らしい、危機意識!
さすが100本ダイバー。
実際、アメッドでは使いませんでしたが・・。

1本目、皆さんかなり慣れた様子だったので、2本目は竜宮城へ。
ちょい流れるので、泳げる方限定。

まだビギナーのI氏、1キロ減らしてこんなに美しく!

 

群れ群れポイント

 

あっちもこっちもすごい~

そして予定していた通り『後半はヒメちゃんたちと戯れる』スタート。

F氏もビギナーですが、かなり安定しちゃってます。
iphone で撮る撮る。

 

きらきらヒメツバメウオ

 

I氏もちょい流れの中、きちんと付いてきます。

 

そして、同じ道産子だったAさん。

 

よーく見ていると、口から釣り糸をだらーっと垂らして泳いでいる個体あり。
切りたかったですが、逃げちゃって全然無理・・。
それにしても、みんなかわいいなぁ。

 


途中、ライステラスで記念撮影。
皆様お疲れ様でした。

アメッド スノーケリング&体験ダイビング

0

スラウェシ島B村在住のHさんが、お友達を連れてきてくださいました。
Hさんは店主の教え子でバリバリダイバーですが、日本からのお友達に合わせてスノーケリング。
3ガールズはスノーケリングです。
そして、埼玉よりお越しのY氏は体験ダイビングです。
Aさん、Sさん、Y氏、はじめまして。
車中、皆さん元気で明るい・・・。

アメッドの海況は、到着時は流れている様子でしたが、店主たちがエントリーする頃には落ち着いてきました。
波なし、流れちょっと、透明度10~15m、水温29℃。
天気は良いものの風が強いですね。

2年前に徳之島で体験ダイビングをされたことがあるY氏。
いつもスマイル!
ダイビングは余裕でした。

 

 

コロダイとムスジコショウダイ・・いとこ同士(笑)

 

 

THE ボーーーーーラーーーーたちは砂地をびゅんびゅん。

 

ソメワケベラとコバンザメにぴったり付かれているツバメウオ。
これは観察していて面白かった~。

 

 

ソメワケベラがエラ近くにいくと、エラが大きく開きます。
スイッチはどこなんでしょうネ。面白い!

 

 

クリスマスツリー・ワーム・・・こう見えても動物です。

 

 

オニカサゴ、今日はたくさん見ました。

 

 

水面のガールズだ。Hさん、笑ってるし・・。

 

あれ?Sさん、ウェットスーツ脱いでる?
Hさんのように素潜りしたくて、途中で脱いじゃったそーな。

 

 

子供キリンミノ
あーだこーだ言いながら、水中ではあっという間に時間が過ぎます。
1本目からじっくりダイビング。

 

 

エキジット!さて、ランチしましょう。

 

食後、Y氏がさっと消え、さっと差し入れしてくださったもの。
メロンが切ってある。
「女子力高い!!!!」と歓喜の4ガールズ。
Y氏は、本日の紅一点男子でした。
ありがとうございます。

 

2本目、自分でさくさく準備してるY氏。
積極的に体験ダイビングに参加してくださっているのがわかります。

 

Y氏が好きなシマキンチャクフグ

 

アカスジカクレエビがびっしりでした。

 

ツバメウオに好かれていたY氏。
長いこと戯れました。
この他にも、モンハナシャコ、ヘラヤガラ、タテジマキンチャクダイ幼魚、グルクマの群れ、シマカスリハゼ、コクテンフグ、クマノミ、チョウチョウコショウダイ幼魚、オニダルマオコゼなど観察。
生物の営みを目の前でじっくり観察して頂きました。
Y氏はダイバーの素質十分。

 

 

ガールズ、やっと帰ってきました。
皆さん、タフです。

インドネシア事情、病気の話、カナダの話、国際協力の話・・・話題があり過ぎ。
皆様、今日はありがとうございました。
またバリ島でお待ちしています。

アメッド ファンダイブ&体験ダイビング

0

埼玉よりお越しのK氏&Kさん。
K氏、お久しぶりです。4年ぶりかな?
そして、ジャカルタ組の2日目。
本日は、皆さんをアメッドへご案内しました。
アメッドの海況は、早朝は流れがかなりきつかったようです。
店主たちが到着してからは、それほどでもなく穏やか。
波もなく、透明度15m、水温29℃。

1本目、店主は体験の埼玉組を担当させて頂きました。
K氏は、立派なライセンス保持者。
ただ、4年のブランクあり。
Kさんは、生まれて初めての水中へ。

耳抜きを心配していたKさんでしたが、問題なし。
放置していたK氏のカメラ調整もばっちり。
超・スムーズエントリー!!

 

生物ウォッチングのスタート。
ハダカハオコゼさん。

 

チョウチョウコショウダイの幼魚があちこち。

 

K氏は写真が楽しそう・・。
Kさんもこの余裕。

 

ミゾレチョウチョウウオは、オヤビッチャが産み付けた卵を片っ端から食べていきます。

 

近づいて来るツバメウオ。

 

ここはキリンミノ3匹、オニカサゴ1匹がいますよ。

全部キケン。
穏やかだったので、長いこと潜ってしまいました。

絶景ビューの中でエキジット。
お疲れ様でした!
Kさん、体験とは思えない潜りぷりでした。

陸上でランチを終え、2本目GOGO。
店主は、ジャカルタ・ファンダイブ組のガイドを担当させて頂きます。
竜宮城ポイントへ。

お二人とも撮りまくっています。
Lちゃん、1キロ減らして、益々中性浮力がよくなりました。

 

クマザサハナムロのうじゃうじゃ。

 

次から次へと群れが来ます。

 

LちゃんはGOプロで楽しみます。
鉄人K氏、今日もすごい写真撮るんだろうなぁ。
昨日の成果を見せて頂きましたが、ため息ものでした。

 

スカシテンジクダイが、いーーーーっぱい。

 

 

イソバナもだいぶ回復してきました。

 

本日のヒメちゃんたち。

 


透明度がよくていいなぁ。
今日のヒメちゃんたち、低め安定で整列です。
この他にも、アオリイカ子供たちの群れ、ムカデミノウミウシ、ジョーフィッシュ、ニシキフウライウオなどを観察。
穏やかだったので、じっくり潜りました。
体験組もじっくり潜れちゃったそうです。

皆様、楽しい一日をありがとうございました。
海況が良くてラッキーでした。

アメッド ファンダイブ

0

本日は、早朝出発でアメッドGOGOです。

帯広より卒業旅行でいらしたCさん&Iさん、はじめまして。
国家試験を終わらせ、どたばただったようですが、思い出作りにバリ島へいらっしゃいました。
お二人とも中身は本州ですが、大学が北海道。
わーい、店主とローカルな話ができます。
そして、ハネムーンでいらっしゃったのは、山口よりお越しのH氏と新妻Eさん。
ご結婚おめでとうございます!!!
H氏は青海のインストラクターです。
数ヶ月前が初バリで、その時にかなり気に入って頂けたようで、今度は奥様を連れてきてくださいました。
奥様Eさんは、これから本格的にダイビングを始めるとのことで本日は見学のみ。

アメッドは晴天、そして海況よし。
波なし、流れ一部、透明度15m~18m、水温28℃~29℃。

アドバンスダイバー40本のガールズ。
問題なしです。

 

イントラH氏、いつまでもお幸せに。

 

流れに乗ってウォールまで到達。

 

Iさん、クマノミ撮る。

 

オレンジ・ダムゼル(バリ・ダムゼル)の幼魚2匹。
きれいです!!

 

アグン山前でエキジット。
この後、事件が・・・。
アクシデント1:Cさんのフィンが深場へ落ちていった。回収不能。
アクシデント2:Cさんのまだ新しいカメラが水没。NIKONさん、最近多いですよ!怒

2本目は、H氏のリクエストだった竜宮城ポイントへ。
オヤビッチャすぎる。
後半、竜宮城へ入る時に、またまたアクシデント発生。
アクシデント3:一人流れに負けて、一瞬で Iさんが消えたっ。
3人で流れ通りに戻ると、水中で合流。ほっ。
しかし、そこから竜宮城へ戻るには遠すぎるので到達を諦めました。
水中はいろいろありますね・・。

次のアクシデントは誰なんだろうか?なんて、ドキドキ話題でランチ。
店主の耳が最近調子悪いので、抜けなかったりして・・・苦笑。
3本目はビーチエントリーを予定していましたが、2本目のリベンジで竜宮城ポイント直行することになりました。

ヒメツバメウオの群れで、皆さん各自で戯れます。

 

ガールズは、獣医の卵たち!

 

ヒメちゃんたち、キラキラ。

 

この前まであったはずのイソバナ群が、ここはきれいになくなってしまいました・・・・。

 

こちらのイソバナもすかすか。
H氏も気づいたようです。

 

インストラクターH氏が最後尾にいてくださり、心強い3本でした。
いつか必ず、青海の海へお邪魔します。
あれっ、3本目は何もアクシデントが起こらず、きれいにまとまり美しいダイビングでした。

アメッド、ばいばーい。
陸で待ち時間中、奥様Eさんが描いたビーチの水彩画がレストランに張られていました。
やさしいタッチの水彩画。すてき!

 

帰り道の車窓から。『サル軍団』

 

ドナドナ豚さん。種付け豚さんも歩いていました。
皆さん、興味津々。獣医の卵ですし。

 

 

サヌールの某ホテル入り口。これリアルでびっくりします。
バリ犬ですな。

今日は朝早くから皆様ありがとうございました。
Eさん&H氏、末永くお幸せに。

アメッド ファンダイブ

0

大阪よりお越しのリピーター・B社S女史がやってきてくださいました。
ついこの前みたいな気がしますが、ゴールデンウィークぶり!!
今回はダイバーである彼T氏を紹介されました・・・なんだか親の気分・・・。

南部は大雨&強風で大荒れが続いておりますが、遠いアメッドはどんな感じでしょう。
どんよりしていますが、少し太陽が出たり、ぽつぽつ程度の雨が降ったり。
南部エリアより、かなり落ち着いた天気。

今朝のアグン山はくっきり。雲が神秘的でした。

海況は、少し波がありますが水中は落ち着いています。
ただ、透明度がイマイチで5m~15mと深度で差があります。
そして、水温が28℃ですが、いつもより冷たく感じます(体感26℃)。

オニハタタテダイのペア、今日はよく見かけました。
本当なら群れ群れポイントですが、透明度がいまひとつだったのが残念。
クマザサハナムロやキンセンフエダイの群れはいたのですが。

 

そんなところにはさまってお休み中のコクテンフグ幼魚

 

S女史、がんばってます。

 

2本目、竜宮城ポイントは意外と透明度がよかったです。
ロウニンアジが後ろを通り過ぎたり。

 

スカシテンジクダイの根

 

ミナミハコフグ幼魚がいたそうです。

 

竜宮城は群れ群れ

 

ピンクの森

 

みんなと視線があった気がする。

 

アメッドのこうでなくちゃね。

 

最後はヒメツバメウオたちと戯れます。
あぁぁぁぁ、ここ大好き。
ただし、常時、若干の流れはあります。

 

3本目GO!!
ビーチエントリーは濁っていそうだったので、レフトウォールへ。

 

お手ごろサイズのオランウータンクラブ

 

そしてそして、ウミガメ様!!!
T氏おめでとうございまーす。
(お知らせする前に握手しちゃいました)

 

実は100本近いダイバーなのに、ウミガメに会ったことがなかったT氏。
今日、絶対に記録をとめようと思っていたのですが、探すといないウミガメ様。
3本目、もう諦めて安全停止後、エキジット寸前にウミガメ様発見。
じらされましたわぁ。
しかし、ついに「見ない記録打ち止め」。

 

アメッドの子供たち。
日本ではもうなくなりましたね・・・こういう光景。

 

帰りは絶景ライステラスで記念撮影。
マイナスイオン全開の空気。

朝早くから今日はありがとうございました。

ページのトップへ