6月, 2018 のアーカイブ

パダンバイ 体験ダイビング

0

東京よりお越しのMさん、Gさん、Hさん、はじめまして。
今日は、三女子をパダンバイへご案内しました。

群馬時代の同級生だそうです。
みんな明るい~。

 

 

皆さん体験ダイビングの経験がいっぱい。
なので、1本目からバックロールエントリー。

水は全く怖くないのですが、約2名、事前に聞いていた通り、耳抜きに苦労。
でも、無事エントリー。
本日のパダンバイ、波少し(昼にかけて大きく)、流れなし、透明度15m、水温28℃。

 

耳抜きに苦労したGさん、Hさんは浅めに進んでいましたが、結局は10mぐらいまで潜れていました。
店主は、GOプロを持ち込んだMさんと、じっくり生物観察に集中です。
あたたかいっていいわぁ。

 

クリーニングされて気持ちよさげ。

 

キンセンフエダイの群れ。

 

耳抜けてよかったですね。

 

最後は、久々のゼブラウツボ。
三女子はヘビだと思ったそうです。

2本目も水面は、少々ばたばたしていましたが、水中は穏やか。

店主のバディ、GOプロのMさん。
体験なのに、この安定感です。

 

 

2本目、Gさんの耳抜きが益々大変になり、一度は入りましたがやめておくことにしました。
ってことで、あれはHさん。
Hさんも潜行に時間がかかりますが、時間かければ潜れるタイプ。

 

うひゃー、オヤビッチャの群れ~

 

たたずむツバメウオ

 

 

噂していた潜水艦オデッセイ号と至近距離でした。

 

今、ちょうど時期ですが、コブシメの産卵と遭遇。
これはラッキーでした。
ここ数年、連続で毎年見れているかも・・。
オスも近くにいて見守っているんです。

 

タマゴびっしり。
がんばってるねー。
店主はこういうの見ると感動で泣きそう・・。

このうち何匹育つのでしょうね。

ここのポイントはニモ(カクレクマノミ)だらけ。

 

 

ヘリゴイシウツボ!

 

オオスジヒメジのクリーニング中。

 

Mさん、海が大好きなんだそうです。
ものすごい安定感。
ってことで、がっつり潜って頂きました。
時間がとれれば、ライセンスをとりたい皆さんでした。

無事終了☆ビーチきらきら記念
のんびりしすぎて、南部着はいつもより1時間遅れ・・。
皆様、今日はありがとうございました。
楽しかった。
滞在中、困ったことがあったら連絡くださいね。

 

久々のペジェン村

0

いつも海へ行く店主ですが、今日は用事あってバリ島内陸へ。
タンパクシリンのペジェン村へ走りました。
1年3ヶ月ぶり?久々にバイクで走ります。

9:30にサヌールを出発しましたが、サヌールでバリ人の大行進にぶつかりマクドナルド交差点でバイパス大渋滞&大混乱。
全くバイパスで進まず、車の運転手たちも車を降りてしまう始末。
今日はバリ人的に何の日なんでしょう?
1時間ちょっとで着く予定が2時間弱。
でも、レスタリさんちに無事到着。
数少ないバリ人女性友達であり(信用できる)、実はブルパラの監査役でもあります。

 

レスタリさんちに着くと恒例の伝統お菓子が出てきました。
腹ペコ店主は、3つぐらい頂きました。

 

ぺジェン村には、レスタリさんと店主、共通の友人がいます。
20年ぐらいバリ島在住日本人ですが、数ヶ月前に病気で倒れたのです。
彼のお見舞いに一緒に行くことに。

ぺジェン村と行っても範囲が広い・・。
北ぺジェンから東ぺジェンに行きたかった訳です。
レスタリさんがナビゲーションしてくれましたが、田園のアップダウン道路を迷う迷う迷う。
着くのか?15分くらいの想定が40分ぐらいかかってしまいました。
自然豊かな、すごい所に住んでいますな。

リハビリ中の友人宅には、バリ犬が4匹。
サヌールからのリクエストは、大盛りミーゴレンと大盛りビーフン。
一気に完食されました。
スパゲティは自分で作ってね。
そんなに麺に飢えてたとは。

 

2階から見える景色。下は川が流れています。
敷地は18.2アールだそうです。ひぃー。
インドネシア人の家だと18軒建ちますな。
日本風だと1アール=30.25坪
どれだけ広いかわかりますか。

 

バイクを停めた表玄関まで100m歩かなくてはならず。
これ、私有道路!
病気が早く治りますように。
意外と元気で安心しました。

 

今度は迷わずレスタリさんちに帰ります。
おとといまで、大雨でしたが晴れてくれて助かりました。

 

変な時間でしたが、お腹が空いたので途中でバリ伝統料理バビグリン。

変な時間なのに、バリ人でいっぱい。人気店のようです。
おいしいのは当たり前。そして、安い。サヌールでありえない。

これはレスタリさんの子供用(小1)。
小さくて野菜なし。

 

ふーっ、無事にレスタリさんちに戻ります。
近所の子供たちがサッカー中。
インスタント焼きそば作って食べている子もいます。
小学生全学年が揃って遊ぶっていいですね(昔の日本もそうでした)。
バリの子供たちは、ただ今1ヶ月のお休み。
日本の春休みのような・・これから学年上がります。

レスタリさんとも久しぶりに会えたので、お互いの近況報告。
そして、恒例のレスタリさんちの動物見学。

うわぁー、アヒルの子供たち!
市場で最近購入したそうです。
何羽かは脱走していました。

 

まだ産毛って感じ。かわいい。

 

大迫力のお母さんブタさんたち

 

13匹産まれて3匹は死んでしまったそうです。
この子達は産まれてまだ2週間。

 

これはお隣のお母さんと子供たち。
飲む!

 

そろそろ売られる立派なアヒルたち。
小屋が新設されているー。

 

今度はお母さん座って乳あげ。

 

 

 

子供たちにも性格がいろいろあるようで。

 

お母さんがどーーーーんと横になると、一斉に吸い付きます。
このお尻&尻尾!!
あぁ、ブタ観察面白い。
それにしても、なぜ「豚小屋」を「狭くて汚い家のたとえ」に使うのですかね?
豚小屋はとてもきれいなのに・・。

 

レスタリさんちの庭がどんどん素晴らしくなってゆきます。
ご主人が全部やっているそうな。
サヌールへの土産に、このアロエを一苗頂いてきました。
早速、庭に植えます!

慣れない土地・夜道のバイク運転は怖いので、夕方サヌールへ向かいます。

ギャニャール県のペンジョールは豪華だなぁ。
もりもりの飾りつけですね。

 

ゴアガジャを抜けて、有名な赤ちゃん石像。

 

スカワティ市場は大型バスで大渋滞。
そして、サヌールが見えてきました。
ほっとするいつもの景色。

 

そしてサヌールに入る前の見慣れた神様像。
観光客が写真を撮っていたので店主も真似てみました。
夕日が出ている時は、ためいきものです。

やっとぺジェン村へ行けました。
村の子供たちが「サヌールのおばさんいつ来るの?」と気にしてくれているのが嬉しいです。
もっと頻繁に行きたいものです。
久々に長距離運転だったので、ちょっとお尻が痛い・・。
バリ島の田舎もいいですよ。

 

祝ダイバー!パダンバイ

0

ジャカルタN氏、講習最終日です。
連休で皆さん帰られて、今日はのんびり。

 

パダンバイに到着しても、曇り時々雨。
昨日からバリ島各地で、季節はずれの雨。

昨日はビーチエントリーでしたが、今日はボートダイブ。
プールで練習したように、上手くエントリー。
波酔いしないうちに、さっさと潜行。
本日のジェプン、波あり、流れなし、透明度8m、水温26℃。
透明度が悪いのは残念ですが、講習には良かったです。

オープンウォーターダイバーの水深18mにもチャレンジ。
小さな沈船があります。
エア管理頼みますよ。

 

N氏感激の仏像

 

モンジャウミウシ
こう見えても貝の仲間です。

 

寝ているスジモヨウフグにそっと近寄る。

 

クリーニング中のウツボ

 

波があって白っぽいですが、浅瀬は明るかったです。

 

 

N氏、仏像に何をお祈りしたのでしょう?

 

ラストダイブですが、最後まで気合入れてゆきましょ。

 

2本目、ドロップオフ
波少し、流れなし、うねりあり、透明度15m~18m、水温つめたい

着底禁止のフリー潜行やエア切れスキルを終え、水中散策へ。
中性浮力は講習中とは思えないほど上手いので、プラス、水中生物へのアプローチ法を伝授しながら進みます。
マナー良く、かっこよく、間近で生物を見るために。

初のウォールへ。
コクテンハギのペア。

 

群れが通る~

 

講習中なのにカメラ持込しちゃってるN氏。
せっかくなので、後半はカメラ許可しました。

 

店主は中盤からフリーズ。
だって、水温21℃。
N氏は、なぜ余裕なの??????

 

数え切れないぐらいいっぱいいるハダカハオコゼ。
砂を巻き上げないで見る。

 

集団からはぐれちゃったゴンズイ。
お気の毒です。人間に寄ってきます。

 

癒されますが、浅瀬も寒い。
結局、水深3mぐらいまで水温21℃。

 

一方、N氏は楽しそうに撮影中。
とても安定しています。

 

 

ウミヘビ様

安全停止も安心して見ていられます。

3日間でここまで達成すばらしい。

 

 

エキジット時は、波が高くなっていましたが、落ち着いてボートへ。
ボート上の器材お片づけまで、きっちり終えて終了。

ランチの後、学科試験も高得点で難なく合格。
文句なしで、ダイバー認定です。
おめでとうございます。
基本は学んだので、あとはいろいろな海で経験を積むのみ。
3日間ありがとうございました。

ファンダイブ&講習2日目 トランベン

0

東京よりお越しのT氏、はじめまして。
先日、体調不良でキャンセルだったデンパサール在住Mさんが元気に登場!
そして、講習2日目のジャカルタ在住N氏。
皆さん、明るい・・・和気あいあい。
男子はトランベンまで、不眠で話していたような気がします。

本日のトランベン
波中、流れなし、うねり少し、透明度10m~15m、水温28℃
予想していたより波が小さかったです。
昨日とおとといが大きかったので、おさまりつつあるよう。
ラッキー。

N氏の海洋1本目。
セッティングからさくさく全部自分でやってもらい、波のビーチエントリーも上手に入れました。
スキルをやって、後半は水中散策。
最初はばたばたしていましたが、どんどん落ち着いてゆくN氏。

 

クマノミたち、ちゃんと生活していますよね。

昨日トランベンだったMさんが、えらい感動していたチンアナゴ&シンジュアナゴ。
今日も背が高かったですよ!
波の中、これまた上手にエキジット。
大きいN氏は、多少の波では全く動じません。
まだ海洋1本目ですが、マンツーマンですしがっつり潜ります。

 

2本目エントリー
ファンダイブ組・東京T氏とバリMさんいってらっしゃーい。

 

N氏の海洋2本目行ってきます。
1本目の反省をひとつずつ改善してゆきます。
やる気レベルも高いし、学習能力高い!

 

スキルの後は、生物観察。

 

深いところで中性浮力。
この安定感。

 

リバティ号中央で、ファンダイブ組と会えました。
☆~記念撮影~☆

 

東京T氏、まだビギナーですが落ち着いていますね!
バリMさんは、もうベテランです。

 

ここで安全停止です。
N氏も間近でコショウダイ観察。
バタバタしなければ、かなり近寄れるんですよ。

 

 

オトメベラ&N氏
2本目にして、この落ち着きがすごい。
お疲れ様です。

 

 

棚田で途中下車。
トランベンは晴れ/曇りでしたが、この辺から雨がぽつぽつ降り始めました。

 

今日はこのようなバリ人の御一行があちこち。
バリ暦によると、亡くなった方の法要の日だそうです。
バリ島は被写体がごろごろ。

 

2日間潜っていたMさんは、本日車チャーターで今晩帰国。
ウブド王宮のMさん。
スミニャックは、雨で渋滞のようです。
お気をつけて。

皆様、今日はありがとうございました。
笑いがたえず、陸も水中も楽しかったです。
N氏のトーク炸裂。
サヌールも久々に雨だ・・。

トランベン ファンダイブ、OWD講習、車チャーター

0

早朝、石垣チームは帰国されました。
お見送りに行けず、申し訳ないです。

 

朝、ゲストの宿へお迎え。
素敵すぎる・・。

 

店主のランチは、ナシゴレン。
これおいしかった!!

 

ジャカルタ在住N氏のオープンウォーターダイバー講習。
初日は学科とプールです。
事前学習をしっかりしておいてもらえたので、さくさく進みます。
運動神経も抜群。

 

そして、昨日のマンタ乱舞に感動したMさん。
2日目はリクエストでトランベンへ。
波あり、流れなし、透明度10m-15m、水温28℃。

 

波でこけたそうですが、昨日のハードなヌサペニダ3本に比べたら大したことなかったそうな。
いいダイバーになりそうです。

 

そしてそして、石垣チームの別便組は、夜まで車チャーター。
バリ島南部でショッピングを楽しまれていると途中経過が入ってきました。
クタ、スミニャック、かなり渋滞のようです。

ダイビング中はかなりたくましいAさんとEさんでしたが、服を着ると女性らしい・・・。
かわいい。
最後の最後まで、バリを楽しんでいってくださいね。

皆様、ありがとうございました。

石垣チーム、ヌサペニダGOGO

0

石垣・クマさんのダイビングショップ御一行様の最終日は、ヌサペニダへ。
皆様相変わらず、元気。
誰も体調を崩さない・・・。
そして、埼玉よりお越しのMさん、はじめまして!
直前予約で、ヌサペニダにはビギナーすぎるレベルでしたが、Mさんのやる気度が高かったのでお受けしました。
今日は、インストラクターがたくさんいるし・・・)

 

マンタポイントへ到着までに数名が船酔い。
それでも石垣チームは、サクサクっとエントリー。
いってらっしゃい。
Mさんがひどい酔いのため、結構遅れてエントリー。
水面でもギブアップ寸前でしたが、頑張ってエントリー。
水中の方が穏やかだしマンタがすぐそこにいる!
ってことで、すぐに生き返ったMさん!よかった。

1本目、マンタポイント
波小、うねり小、透明度10m~15m、水温23℃
マンタポイントにしては、透明度はなかなか。
ただ、冷える。

すぐにマンタ!

 

うひゃ~っ、マンタ&うさぎ

 

マンタとびびるMさん。

 

ブラックマンタ様

 

もうずっとマンタぐるぐる。
ダイバーもたくさんでした。

 

2本目は、クリスタルベイ
波なし、流れ少し、透明度20m、水温23℃
また冷えますー、ですがきれい。

途中から石垣チームと会えました。
きれいにまとまって、各自写真をとっていますね。

 

あぁ、きれい。
マンボウはなし。

3本目、暖かさを求めてSD
波なし、流れなし、透明度15m~20m、水温27℃
ちょっとドリフトになる予定でしたが、全然流れず。

暖かいし癒されます。

 

石垣チームにとっては、写真が撮りやすいダイブとなりました。

 

ウミガメ&Mさん
Mさん、今日の3ダイブで急成長。

 

マナー良く、美しいエキジット。

 

☆キラキラ☆スマイル☆(写真提供:H社長)
タフな石垣チーム、楽しい3日間、ありがとうございました。
マンタが有名な石垣ですが、マクロも面白いようなので店主も行きたくなりました。
その時は、Mさん共々お世話になります。
(正解:マンボウ  誤り:電話)

石垣チーム トランベン、桟橋Jetty、パダンバイ

0

石垣・クマさんのダイビングショップ御一行様の2日目。
沈船・早朝ダイブです。
穏やか。

おはよう、トランベン。

 

 

朝6時過ぎで、水中はこの賑わい。

 

カンムリブダイたちは、ちょっと少なめ。
砂地では、ダイバーの多さで散ってしまいますね。

 

腹ペコ・イントラM子さん。

 

Aさんの100本記念&Eさんの300本記念ダイブとなりました。
バリ島で記念ダイブ!!
おめでとうございます。

 

朝ごはんを食べて、パダンバイへ移動です。
せっかくですから、下車してアグン山の撮影。

 

そして、ライステラスも!

 

石垣チーム、水中も陸上も明るい。

 

リクエストで、桟橋Jettyへ。
8ヶ月間の桟橋大工事を経て、解禁ほやほやの桟橋へ。
またいつ工事でダイビング禁止になるかわかりません。
水底や中層の魚は激減ですが、ウミウシはいっぱい。
またきっと戻るでしょう。

波なし、流れ少し、うねり少し、透明度8m、水温25℃

Jettyといえば、トゲトゲウミウシ。
オレンジの後、紫がいくつかいました。

 

地味ですが、初めてみたかも。

 

これもトゲトゲ?
色がまだら・・。

 

ちょっと冷たかったですが、70分超え。
石垣チーム、それでもへっちゃら。
たくましい・・。

お腹を満たし、3本目はパダンバイ。
波少し、流れ途中あり、透明度12m、水温23℃~
更に冷たい・・。

オレンジダムゼル・・もう少し早かったらなぁ・・。

 

まだ頼りない子供オランウータンクラブ。

ウミシダウバウオX2
頭上にはグルクマの群れが行ったり来たり。

本日も無事終了。
あっという間に2日間が終わってしまいました。
はやい。
そして、皆さんタフ。
今日もありがとうございました。

石垣よりいらっしゃいませ トランベン

0

石垣島より、クマさんのダイビングショップ 御一行様です。
皆様、はじめまして。

初日はマクロでトランベンへ。
ナイトロックスでじっくり潜ります。
本日、店主は潜らなくてよかったのですが、様子が気になりやはり付いて行くことに・・。

本日のトランベン、海況よし。
波小、流れなし、透明度15m、水温28℃

ふっくらピグミー

 

 

皆さんそれぞれに写真撮影。

 

トゲツノメエビ、大小2匹でした。

 

なんだろー?

 

イッポンテグリ幼魚が、よたよた歩いているではありませんか。
ちっちゃい!幼魚はレア。

 

小さなコガラシエビ

 

フウライウオは最初の2ダイブで、3,4個体みかけました。
ウミウシもたくさん。

 

お食事中のフリソデエビ。

 

また集まってる。
皆さん、自分で生物を見つけて写真を撮ります。
とても楽しそう・・。

 

カエルアンコウ、そこでは目立ちすぎです。
この後、極小サイズの個体がもう1匹。

 

這いずり

 

 

インドネシア風ランチをとって、3本目行きます。
皆さん、いろいろな場面で適応力が高い・・。

3本目、アジ玉リクエストで急遽ドロップオフへ。

社長、楽しんでいってください。

 

アカメハタ2匹

水底より真水が湧き出ています。
というか、いつもこんなはっきりくっきり見えてたかな・・。。

オックスアイスカッド(アジの仲間)
ロウニンアジや子供オニカマスが通ってゆきました。

 

 

キイロサンゴハゼ、かわいいな~。

 

本日4本目は、沈船ナイトダイブ。
いってらっしゃーい。
店主は、陸で見送ります。
皆さん、元気すぎる。

初日、無事終了。
皆さん、ありがとうございました。
今晩はゆっくりお休みください。
トランベンの夜空は、星だらけ。

パダンバイ&桟橋 ファンダイブ

0

ジャカルタよりお越しのM氏&Aちゃん、はじめまして。
父と娘のダイバーです。Aちゃん、まだ12歳!
お肌の弾力が全然違う~。
そして、ジャカルタH子さんはあっという間の最終日。

ビギナーのM親子は、プライベートガイドを希望されたので、今日は別々に潜ります。
M親子は、1本目ジェティへ。ばいばーい。水深12mでねー。
リピーターH子さんと店主は、久々に桟橋Jettyへ。
H子さん、結構Jettyを潜ってますよね。

もうこの先何年も潜れないと思っていたので、わくわく。
工事がストップしてしまったんです。わーい。

朝はまだ釣り人が少し。

防寒対策してゆきましたが、そんな時に限って水温27℃。
流れ前半少し、うねりあり、透明度8m
よくわかりませんが、桟橋先端の水深が満潮で12m???
工事の影響でしょうか。

 

コクテンハギお久しぶり。

 

クチナシイロウミウシ

 

黄色ぽいヨウジウオ

 

小さなウミウシカクレエビが付いているよう・・。

 

カエルアンコウちゃん、お久しぶり。

 

浅いところは光が入りきれいでした。

 

ここは砂地でしたが、石がたーーーくさん積み上げられて、小イワシ?がすごい。

 

新設重機置き場が背景だなんて、すごい。
工事現場&釣り人いっぱい。
H子さんと大笑い。

 

浜と平行にテトラポッド!!
桟橋をL字型にして、内湾はアウトリガー船停泊場所にするそうな。
ってか、予算がなくなったので工事ストップなのでしょうか?
誰にもわからないこの状況。

2本目はきれいなブルーラグーンへ。
M氏とAちゃんも水面休憩中のところでした。

こちらもお久しぶりのタツノイトコちゃん。

 

オオモンカエルアンコウ黒。
ピンクは不在でした。

 

M親子発見。ビギナーですが、ちゃんと潜れているではありませんか。
ちょいアゲンストの流れの中、上出来。
大きなウミガメもいました。

 

 

今日はアカヒメジが不在。

ハダカハオコゼもいます。

浅瀬で挨拶。
運動大好きなAちゃん、12才でお父さんとダイビングだなんて羨ましい。

 

桟橋から来ると、すごく透明度が良く見えます。
暖かいし最高。

 

皆さん、ジャカルタ在住。
明日は、イスラムの断食明けですもんね。

 

記念撮影

 

お疲れ様でした!
また遊びに来てください。
今日はありがとうございました。
H子さん、今回も濃厚な3日間ありがとうございました。
また9月・・。

 

トランベン ファンダイブ

0

ジャカルタH子さんのリクエストで、トランベンへ。
最後のトランベンが去年の9月でしたね!

本日のトランベン、波少し、流れなし、透明度18m、水温28℃
ベテランダイバーなので、どんな辺鄙な場所でも、さくさくっと着替えてあっという間にエントリー。
私たちどこでも生きていけますね。

 

うふっ、クダゴンベ

 

うふっ、スミレナガハナダイ

 

最近、ハワイで潜ることがあったそうですが、あまりときめかなかったそうです。
インドネシア以外で潜るのは初めてだったとか・・・。

 

 

H子さん曰く、梅みたいですね。確かに。

 

 

小さなオニカマス

 

 

最後は、オックスアイスカッド(アジの仲間)

 

本日のH子さん、1本目からロングダイブ。
暖かさ最高!

 

水面休憩中、アグン山が吹きました。
でも、この1発だけ。
ダイバーたち、写真撮りまくり。

 

 

チリメンウミウシ
上を見上げると、わおっ、ロウニンアジが通ってゆきます。

 

人口密度高いコロニー

 

 

H子さんは、自分で楽しめるタイプ。

 

 

うふっ、ホホスジタルミ幼魚
そして、シマキンチャクフグの稚魚にときめいたH子さん。
まだ形が小さな丸状態でした。

 

 

キイロサンゴハゼ、ここだけ10匹ぐらい付いてます。

店主の教え子でもあるH子さん、三桁ダイバーか・・。
はやーっ。
これまでの思い出話に花が咲きます。
今日はありがとうございました。

ページのトップへ