6月, 2018 のアーカイブ

トランベン ファンダイブ、OWD講習、車チャーター

0

早朝、石垣チームは帰国されました。
お見送りに行けず、申し訳ないです。

 

朝、ゲストの宿へお迎え。
素敵すぎる・・。

 

店主のランチは、ナシゴレン。
これおいしかった!!

 

ジャカルタ在住N氏のオープンウォーターダイバー講習。
初日は学科とプールです。
事前学習をしっかりしておいてもらえたので、さくさく進みます。
運動神経も抜群。

 

そして、昨日のマンタ乱舞に感動したMさん。
2日目はリクエストでトランベンへ。
波あり、流れなし、透明度10m-15m、水温28℃。

 

波でこけたそうですが、昨日のハードなヌサペニダ3本に比べたら大したことなかったそうな。
いいダイバーになりそうです。

 

そしてそして、石垣チームの別便組は、夜まで車チャーター。
バリ島南部でショッピングを楽しまれていると途中経過が入ってきました。
クタ、スミニャック、かなり渋滞のようです。

ダイビング中はかなりたくましいAさんとEさんでしたが、服を着ると女性らしい・・・。
かわいい。
最後の最後まで、バリを楽しんでいってくださいね。

皆様、ありがとうございました。

石垣チーム、ヌサペニダGOGO

0

石垣・クマさんのダイビングショップ御一行様の最終日は、ヌサペニダへ。
皆様相変わらず、元気。
誰も体調を崩さない・・・。
そして、埼玉よりお越しのMさん、はじめまして!
直前予約で、ヌサペニダにはビギナーすぎるレベルでしたが、Mさんのやる気度が高かったのでお受けしました。
今日は、インストラクターがたくさんいるし・・・)

 

マンタポイントへ到着までに数名が船酔い。
それでも石垣チームは、サクサクっとエントリー。
いってらっしゃい。
Mさんがひどい酔いのため、結構遅れてエントリー。
水面でもギブアップ寸前でしたが、頑張ってエントリー。
水中の方が穏やかだしマンタがすぐそこにいる!
ってことで、すぐに生き返ったMさん!よかった。

1本目、マンタポイント
波小、うねり小、透明度10m~15m、水温23℃
マンタポイントにしては、透明度はなかなか。
ただ、冷える。

すぐにマンタ!

 

うひゃ~っ、マンタ&うさぎ

 

マンタとびびるMさん。

 

ブラックマンタ様

 

もうずっとマンタぐるぐる。
ダイバーもたくさんでした。

 

2本目は、クリスタルベイ
波なし、流れ少し、透明度20m、水温23℃
また冷えますー、ですがきれい。

途中から石垣チームと会えました。
きれいにまとまって、各自写真をとっていますね。

 

あぁ、きれい。
マンボウはなし。

3本目、暖かさを求めてSD
波なし、流れなし、透明度15m~20m、水温27℃
ちょっとドリフトになる予定でしたが、全然流れず。

暖かいし癒されます。

 

石垣チームにとっては、写真が撮りやすいダイブとなりました。

 

ウミガメ&Mさん
Mさん、今日の3ダイブで急成長。

 

マナー良く、美しいエキジット。

 

☆キラキラ☆スマイル☆(写真提供:H社長)
タフな石垣チーム、楽しい3日間、ありがとうございました。
マンタが有名な石垣ですが、マクロも面白いようなので店主も行きたくなりました。
その時は、Mさん共々お世話になります。
(正解:マンボウ  誤り:電話)

石垣チーム トランベン、桟橋Jetty、パダンバイ

0

石垣・クマさんのダイビングショップ御一行様の2日目。
沈船・早朝ダイブです。
穏やか。

おはよう、トランベン。

 

 

朝6時過ぎで、水中はこの賑わい。

 

カンムリブダイたちは、ちょっと少なめ。
砂地では、ダイバーの多さで散ってしまいますね。

 

腹ペコ・イントラM子さん。

 

Aさんの100本記念&Eさんの300本記念ダイブとなりました。
バリ島で記念ダイブ!!
おめでとうございます。

 

朝ごはんを食べて、パダンバイへ移動です。
せっかくですから、下車してアグン山の撮影。

 

そして、ライステラスも!

 

石垣チーム、水中も陸上も明るい。

 

リクエストで、桟橋Jettyへ。
8ヶ月間の桟橋大工事を経て、解禁ほやほやの桟橋へ。
またいつ工事でダイビング禁止になるかわかりません。
水底や中層の魚は激減ですが、ウミウシはいっぱい。
またきっと戻るでしょう。

波なし、流れ少し、うねり少し、透明度8m、水温25℃

Jettyといえば、トゲトゲウミウシ。
オレンジの後、紫がいくつかいました。

 

地味ですが、初めてみたかも。

 

これもトゲトゲ?
色がまだら・・。

 

ちょっと冷たかったですが、70分超え。
石垣チーム、それでもへっちゃら。
たくましい・・。

お腹を満たし、3本目はパダンバイ。
波少し、流れ途中あり、透明度12m、水温23℃~
更に冷たい・・。

オレンジダムゼル・・もう少し早かったらなぁ・・。

 

まだ頼りない子供オランウータンクラブ。

ウミシダウバウオX2
頭上にはグルクマの群れが行ったり来たり。

本日も無事終了。
あっという間に2日間が終わってしまいました。
はやい。
そして、皆さんタフ。
今日もありがとうございました。

石垣よりいらっしゃいませ トランベン

0

石垣島より、クマさんのダイビングショップ 御一行様です。
皆様、はじめまして。

初日はマクロでトランベンへ。
ナイトロックスでじっくり潜ります。
本日、店主は潜らなくてよかったのですが、様子が気になりやはり付いて行くことに・・。

本日のトランベン、海況よし。
波小、流れなし、透明度15m、水温28℃

ふっくらピグミー

 

 

皆さんそれぞれに写真撮影。

 

トゲツノメエビ、大小2匹でした。

 

なんだろー?

 

イッポンテグリ幼魚が、よたよた歩いているではありませんか。
ちっちゃい!幼魚はレア。

 

小さなコガラシエビ

 

フウライウオは最初の2ダイブで、3,4個体みかけました。
ウミウシもたくさん。

 

お食事中のフリソデエビ。

 

また集まってる。
皆さん、自分で生物を見つけて写真を撮ります。
とても楽しそう・・。

 

カエルアンコウ、そこでは目立ちすぎです。
この後、極小サイズの個体がもう1匹。

 

這いずり

 

 

インドネシア風ランチをとって、3本目行きます。
皆さん、いろいろな場面で適応力が高い・・。

3本目、アジ玉リクエストで急遽ドロップオフへ。

社長、楽しんでいってください。

 

アカメハタ2匹

水底より真水が湧き出ています。
というか、いつもこんなはっきりくっきり見えてたかな・・。。

オックスアイスカッド(アジの仲間)
ロウニンアジや子供オニカマスが通ってゆきました。

 

 

キイロサンゴハゼ、かわいいな~。

 

本日4本目は、沈船ナイトダイブ。
いってらっしゃーい。
店主は、陸で見送ります。
皆さん、元気すぎる。

初日、無事終了。
皆さん、ありがとうございました。
今晩はゆっくりお休みください。
トランベンの夜空は、星だらけ。

パダンバイ&桟橋 ファンダイブ

0

ジャカルタよりお越しのM氏&Aちゃん、はじめまして。
父と娘のダイバーです。Aちゃん、まだ12歳!
お肌の弾力が全然違う~。
そして、ジャカルタH子さんはあっという間の最終日。

ビギナーのM親子は、プライベートガイドを希望されたので、今日は別々に潜ります。
M親子は、1本目ジェティへ。ばいばーい。水深12mでねー。
リピーターH子さんと店主は、久々に桟橋Jettyへ。
H子さん、結構Jettyを潜ってますよね。

もうこの先何年も潜れないと思っていたので、わくわく。
工事がストップしてしまったんです。わーい。

朝はまだ釣り人が少し。

防寒対策してゆきましたが、そんな時に限って水温27℃。
流れ前半少し、うねりあり、透明度8m
よくわかりませんが、桟橋先端の水深が満潮で12m???
工事の影響でしょうか。

 

コクテンハギお久しぶり。

 

クチナシイロウミウシ

 

黄色ぽいヨウジウオ

 

小さなウミウシカクレエビが付いているよう・・。

 

カエルアンコウちゃん、お久しぶり。

 

浅いところは光が入りきれいでした。

 

ここは砂地でしたが、石がたーーーくさん積み上げられて、小イワシ?がすごい。

 

新設重機置き場が背景だなんて、すごい。
工事現場&釣り人いっぱい。
H子さんと大笑い。

 

浜と平行にテトラポッド!!
桟橋をL字型にして、内湾はアウトリガー船停泊場所にするそうな。
ってか、予算がなくなったので工事ストップなのでしょうか?
誰にもわからないこの状況。

2本目はきれいなブルーラグーンへ。
M氏とAちゃんも水面休憩中のところでした。

こちらもお久しぶりのタツノイトコちゃん。

 

オオモンカエルアンコウ黒。
ピンクは不在でした。

 

M親子発見。ビギナーですが、ちゃんと潜れているではありませんか。
ちょいアゲンストの流れの中、上出来。
大きなウミガメもいました。

 

 

今日はアカヒメジが不在。

ハダカハオコゼもいます。

浅瀬で挨拶。
運動大好きなAちゃん、12才でお父さんとダイビングだなんて羨ましい。

 

桟橋から来ると、すごく透明度が良く見えます。
暖かいし最高。

 

皆さん、ジャカルタ在住。
明日は、イスラムの断食明けですもんね。

 

記念撮影

 

お疲れ様でした!
また遊びに来てください。
今日はありがとうございました。
H子さん、今回も濃厚な3日間ありがとうございました。
また9月・・。

 

トランベン ファンダイブ

0

ジャカルタH子さんのリクエストで、トランベンへ。
最後のトランベンが去年の9月でしたね!

本日のトランベン、波少し、流れなし、透明度18m、水温28℃
ベテランダイバーなので、どんな辺鄙な場所でも、さくさくっと着替えてあっという間にエントリー。
私たちどこでも生きていけますね。

 

うふっ、クダゴンベ

 

うふっ、スミレナガハナダイ

 

最近、ハワイで潜ることがあったそうですが、あまりときめかなかったそうです。
インドネシア以外で潜るのは初めてだったとか・・・。

 

 

H子さん曰く、梅みたいですね。確かに。

 

 

小さなオニカマス

 

 

最後は、オックスアイスカッド(アジの仲間)

 

本日のH子さん、1本目からロングダイブ。
暖かさ最高!

 

水面休憩中、アグン山が吹きました。
でも、この1発だけ。
ダイバーたち、写真撮りまくり。

 

 

チリメンウミウシ
上を見上げると、わおっ、ロウニンアジが通ってゆきます。

 

人口密度高いコロニー

 

 

H子さんは、自分で楽しめるタイプ。

 

 

うふっ、ホホスジタルミ幼魚
そして、シマキンチャクフグの稚魚にときめいたH子さん。
まだ形が小さな丸状態でした。

 

 

キイロサンゴハゼ、ここだけ10匹ぐらい付いてます。

店主の教え子でもあるH子さん、三桁ダイバーか・・。
はやーっ。
これまでの思い出話に花が咲きます。
今日はありがとうございました。

マンタ ファンダイブ

0

大阪A氏、3日目はリクエストでマンタです。
日本あちこちでマンタを見ているのに、マンタ好きのようです。
そして、ジャカルタ在住リピーターH子さん、お久しぶりです。
お二人とも三桁ダイバー!

本日はヌサペニダですが、2ダイブ。
遅めの出発で、のんびり出発です。

マンタポイントの海況、まあまあよし。

波少し、うねり少し、透明度10m~15m、水温25℃
エントリー直後からマンタが下を通ってゆきました。

マンタは待つことほとんどなく、ダイビング中たくさん現れました。

 

マンタ&H子さん
カメラをやらないH子さん、毎度いいところにいてくれますー。
店主と以心伝心。

 

 

 


H子さん、小っちゃい・・。
この「背中にばってんちゃん」ずーーーっといました。

 

これは2015年9月のミンパン岩礁
この時も、マンボウとH子さん!
ドラマがあり、この時も印象深いダイビングでした。

 

 

A氏とマンタ・・・・大き過ぎて入らず。

 

 

他のマンタを見ているH子さん、上にマンタ来てますよ。

 

かなり小さな一枚がひらひら・・・。
子マンタ?と一瞬思いましたが、尾の長さと斑点が見えたので子供マラダトビエイのようです。

 

 

 

ブラックマンタも2枚いたりして、A氏は動画と写真で忙しそうでした。
H子さんも堪能。
不思議とあまり寒くなく56分間。

 

安全停止中まで・・・手の先端が折れているマンタ。
今日は、あまりに近く通ってくれたので、マンタと握手をしてしまいました。
ぬるぬる。

 

2本目行きます。
元気いっぱいニホンジン。
乗り合いで一緒だった西洋人スノーケラー2名は、酔ってぐったりでした。
お気の毒・・・。

 

2本目はクリスタルベイ。
波なし、流れ途中からあり、透明度20m、水温22℃
珊瑚いきいき。

 

エダサンゴとスズメダイのカーペット。

 

癒されます。
ですが、寒いぞーーー(22℃より冷たく感じる)、そして流れが・・。
H子さん、足がつりそうだったので、湾を出てそれほど進まず戻ることに。

ウミガメがいました。

店主の大好きな根。

 

無事にサヌール到着。
潮が引き始めていたので、猟師さんたちは立って釣り。

 


本日のナシゴレン、腹ペコダイバーはもちろん完食。

これまでにあちこちでマンタを見ているA氏曰く、一番良かったそうです。→うれしいっ。
マンタが多い、大きい、近くまで寄れる・・・・それが違いだそうです。
どんな動画が撮れたでしょうか?
皆さん、今日はありがとうございました。
マンタにも感謝。

トランベン ファンダイブ

0

大阪A氏2日目、今日はマンツーマンでリクエストのトランベンです。

 

いつもと違うライステラス道路を通ってゆきます。

本日のトランベン、若干波あり。
結構、転倒者出ていました。
浅瀬うねり、透明度10m~18m、水温28℃

10年ぶりに初心者ダイバー状態で潜ったことがあるというリバティ号、いかがですか。
当時は、手をつながれてダイビングしたそうな・・。
今は3桁ダイバーのベテランです。

 

写真に関する質問をたくさん受けたので、写真講習ダイブになりました。
A氏は、努力家ですぐに吸収するタイプ。

 

カンムリブダイだ・・・遠くにジャイアントバラクーダもホバリングしていました。

 

チョウチョウコショウダイ幼魚。
A氏はこの時動画。

 

モンツキアカヒメジたち

 

ムスジコショウダイたち

 

水中・夜桜

 

コウメウミウシ
A氏は、ライトで写真撮影。
いいですねー。

まだ小さなコロールアネモネシュリンプもいました。

タルミちゃんのクリーニングはグロテスク。

 

 

撮影時、左手の指示棒使いなど、とてもよくなりました。

 

 

パープルビューティー幼魚??

エア持ちがかなりいいA氏。
マンツーマンですし、カメラだし、ロングダイブ。

 

 

目があった・・。

お疲れ様です!
波にも負けずエキジット成功。

そういえば、おとといブルパラ号が退院したのです。
3週間の予定が、結局、5週間でした(想定内)。
美容整形完了。

 

帰路、ライステラスで写真撮影。
脱穀・・・手作業?

 

サヌールに入ってからあちこち渋滞でした。
通行止めもあちこち。なぜ???
事務所に戻って分かりました。
デンパサール・レノン組が歩いてサヌールのビーチでお祈り。
大行列で往復していたようです。
バリ島すごいわぁ。

A氏、今日もありがとうございました。

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

福岡よりお越しのYさん、大阪よりお越しのA氏、シンガポールよりお越しのIさん&J氏。
皆さん、はじめましてー。
今日は皆さんをパダンバイへご案内しました。
デンパサール在住のMさんは病欠。
皆さん初対面なのに、最初から寄せ集め家族のように、和気あいあい。

本日のパダンバイ海況GOOOOOOD。
波少し、流れ一部少し、透明度10m~20m、水温28℃~29℃

店主は、体験ダイビングのYさんを担当です。
水面で急に怖くなって、しばらく自分と戦っていたYさん。
ギブアップしそうな感じでしたが、何とか水中へ。
水深2mも入ると、安堵スマイル。
言ったでしょー、水面より水中の方が呼吸しやすいのですよ。
耳抜きも上手でした。

 

途中で、ファンダイブ組と会えました。
アメリカ人J氏は、ログ8本でしたが安定しています。
本人の希望で、ウェットスーツ着てもらえませんでした・・。
確かに今日は温水だったから良かったですが。

 

大阪A氏は、初GOプロ撮影。
コンデジも持参です。

体験Yさん、初めての体験ダイビングで小さなウミガメちゃん。
至近距離でした。

 

小さなサザナミフグ

 

 

ヘラヤガラ黄色

 

2本目、ブルーラグーンへ。
チンアナゴいましたね・・。
体験Yさんと生物観察。
姿勢も素晴らしい(最初の水面がうそのよう・・)。

 

シンガポール組はベテラン250本ダイバーのIさんとこれが10本目のJ氏。
いいバディでした。

 

オオモンカエルアンコウ ピンクと黒の2匹

 

ドリー1匹、順調に育っています。

 

アカヒメジうじゃうじゃ

 

ツノハタタテダイやフタスジタマガシラ
素敵なクリーニングステーション。

 

アヤコショウダイ集合
Yさん、かなりリラックスして水中散策を終えました。
いやー、穏やかできれいでした。

今日は皆様ありがとうございました。
無事終了。

トランベン 日帰り3ダイブ

0

本日は、国内リピーター様とゆくトランベン日帰り3ダイブです。
テロ事件が終息したスラバヤからはK氏とMさん夫妻。
そして、ジャカルタからは教え子でもあるM子さん。

赤々と上るサンライズを見ながら、北上です。
皆さん、朝に強い!

アグン山噴火騒動後、皆さん、初めてのトランベン。
何度もトランベンは潜っている皆様なので、今日は砂地マクロダイビング。
本日のトランベン海況抜群。
波なし、流れなし、透明度18m、水温28℃。

ハダカハオコセのペア

 

グロッソドリス・ヒクエレンシスX2

 

歯が怖すぎる・・けど、心優しい子。

 

モンジャウミウシが活発でした。

 

キスして離れた!!

 

一つ目のオックスアイスカッド(アジの仲間)の群れ&皆様

 

二つ目の群れ・・・浅すぎです。笑

 

ヒレナガネジリンボウがヒラメに食べられた!!
目の前で見たMさん、ショック・・合掌。

かわいいねー、ピグミー

 

 

カンナツノザヤウミウシ

 

ゴージャス・マツカサウミウシの仲間

 

コガラシエビ極小1cm弱・・・育ってね。

 

トゲツノメエビ・・・・3本目で極小もいました。

 

みんな寄ってくるし・・・笑

 

ご飯食べたし、3本目行くですー。
インドネシア各地で活躍されている皆様。
M子さんは毎回耳抜きに苦戦。
店主は潜行でサイナスが病む日です(最近、朝晩めちゃ冷えます)。

 

フリソデエビ、育ちすぎ。
でかい。

 

ホシゾラウミウシのペア

 

 

ウミウシカクレエビ・・・でかすぎ。爆
きっとうざいと思うな・・・カクレエビも2匹。

 

オレンジラインワームゴビー

 

オランウータンクラブ・・こちらもでかい。

 


ミカドウミウシぽいけど?

皆さん、朝早くからありがとうございました。
また足を延ばしてトランベン・マクロダイブやりましょう。
打ち上げは、お肉。

 

ページのトップへ