2月, 2018 のアーカイブ

ファンダイブ パダンバイ

0

元スラバヤAさんの3日目は、リクエストでパダンバイへ。
お友達が帰ってしまい、今日はお一人様。
ダイビング目的で、日本からいらっしゃったので、満喫していってください。
店主とマンツーマンダイビングです。
数ヶ月前の特訓ダイブを思い出しますが、かーなーり成長しました(まだやらかしますが)。

 

今日は昨日とうって変わり、晴天ですー。
これだけでテンション上がります。
アグン山がやっと見えました。
朝は、煙が少し出ていました。

Aさんに潜るポイントを聞くと、おとといの2本目と3本目のところというので、同じように周ります。
流れがないところで、ゆっくり写真を撮りたいんですね!
2日間の反省をしてエントリーです。
本日のパダンバイ、海況抜群。
波なし、流れなし、透明度18m、水温28℃・・・わーい。

レンゲウミウシが大小4匹集合していました。
産卵中の個体がいるようです。

 

ミナミハコフグ幼魚の中でもまだまだ小さいです。
体が丸い。

 

 

ウミヘビ!
今日のAさんは、落ち着いてとても良い潜りぷり。

 

 

ゴンズイ

 

 

ニラミギンポが激しい動き。
こっちに3匹、向こうに1匹。

 

 

アデヤカミノウミウシ

 

 

癒しのスジモヨウフグ地区

 

 

のどかで素晴らしい景色!
Aさんともぐもぐタイム。

 

オシャレカクレエビ

 

 

沈船のAさん、今日はいいですよ!!!
アイコンタクトがとりやすくなりました。

 

髪を切って結べなくなったので、次回までにフードを買うことを宣言。
フィンもね。

 

チョウチョウコショウダイ幼魚。
ここで順調に育っています。

 

ゴマモンガラに軽く襲われながら(遊ばれた?)たどり着いた黄色の根。
今日はきれいでした。

 

アカヒメジ・・
この辺、Aさんに注意警報です。
気を抜かず、無事クリア。いえーい。

 

 

エキジット寸前に見つけたオレンジダムゼル幼魚。
少し黒が入ってきています。
Aさん粘ったし、撮れましたよね!
ロングダイブになってしまいました。
そして、Aさんはこのダイブ完璧に終了。
おめでとうございます。めでたし。

日本に帰ってしまい寂しいですが、またお会いできる日を楽しみにしています。
Aさん、3日間ありがとうございました。

アメッド ファンダイブ

0

スラバヤ組 T子さんとAさんの2日目は、Aさんのリクエストでアメッドへ。
日曜日の朝は道路がガラガラ、あっという間にアメッド着。

すでに何度かアメッドに来ているお二人。
サクサクと準備を済ませます。
アメッドの海況は聞いていた通り、雨季にしてはGOOOD。
波なし、流れ時々、水温28℃、透明度10m~15m。
1本目は晴れていましたが、その後、雨が降り出しました。

1本目、流れがあったりなかったりのドリフトダイビング。

チンアナゴ畑を見た後、ハダカハオコゼが3匹集合。
このまだらピンクが素敵でした!

 

キンセンフエダイが今日もいっぱい群れていました。

 

ウミガメ1号&T子さん

 

アデヤッコとAさん

 

 

ここは弱い流れがあったのですが、Aさんが来た来た!
前にまわりこまないと撮れませんよ~。

 

 

イソバナが美しいアメッド。
この後、ウミガメ2号と遭遇。
アメッドのウミガメは全く逃げません。

 

 

2本目は雨が小降りになってから出発。
こういう日は、水温28℃の水中の方が暖かく感じます。
雨って冷たいのです。

 

 

ウォールでは、グルクマの大群が行ったり来たり。

 

上がって来ると、オヤビッチャやヒメフエダイの群れ。
竜宮城です。
なのに・・・Aさん、このダイブ2つ目のミスをしてダイビング終了することに。
水中はいろいろあります。

 

T子さんとダイビング続行です。
ヒメツバメウオの群れは定位置にいてくれました!
Aさん、残念だ・・・よ・・・これ。

 

 

ヒメツバメウオの群れともう一つ茶色の群れぽいものが、後ろからやってきた~。
えーーーーーっ、何これ。
後ろ、暗いよ、暗いよ。

 

 

その茶色がすぐそこまで迫っていますが、きれいなところでヒメツバメウオ撮影・ラストスパート。
かわいい~

 

 

ヒメちゃーーーーーーーーん

 

 

 

うわぁあぁあぁ・・・ついに茶色がどんどん迫ってきます。
雨が降ったので、山水が入ってきたのです!!
視界がほぼゼロになるので避けながらダイビング。

 

山水をバッグにイソバナ。

 

どんどん迫ってくる山水を避けてT子さんとエキジット。
ボートのところが茶色と青の境界線。
はっきりくっきりです。
ラッキーなことに、茶色の飲み込まれる前のぎりぎりセーフエキジット。

エキジットすると、とどめにもう一つ。
えーーーーーーーーーっ!!!
Aさんからこのダイブ3つ目のトラブルを聞かされ、みんなでサーチ。

 

ですが、このアマゾン川状態では、残念ですが回収ほぼ不可能。
それにしても、1時間足らずで、あっという間に山水は広がるんですね。
その瞬間に立ち会えちゃった。

 

そんなに降った感じはしないのですが、帰り道、道路は一部山水で冠水。
左手が山で右手が海です。
山が近くなので仕方ありませんね。

 

 

パワースポットで有名なランプヤン山もすっぽり雲に覆われています。
美しい。
この辺は雨が降るとマイナスイオンを感じます。

 

帰りは爆睡ガールズでした。
T子さんAさん、今日もありがとうございました!
今日も朝から珍事がいっぱいでした。

祝・600本 パダンバイ

0

本日は、ジャワ島スラバヤからのリピーター様たちが各自バリ島集合。
K氏、奥様Mさん、T子さん、そしてこの前までスラバヤ在住だったAさんは成田より直行。
K氏のリクエストでパダンバイ日帰り3ダイブです。
メンバーがやっと揃いましたー!!

本日のパダンバイ、海況はまあまあ。
波なし、流れなし、透明度12m、水温28℃。

今日は全員マクロでカメラ持ち。

 

 

相変わらずハダカハオコゼわんさか。

 

 

うねりがなかったのでブルーラグーンのいつも通らないところへ急遽ルート変更。
天然水族館。

 

 

オランウータンクラブ

 

2本目ジェプンへ移動

イソギンチャクカクレエビ

 

 

出すぎているハナヒゲウツボ幼魚。
よーく見ると、首あたりから成魚の青が入り始めています。

 

これ初めて見ました。
トラフシャコの色彩変異かなと思ったら、なんとバルタンシャコだそうです。
トラフシャコの仲間。
金運がUPしそうな黄色でした。

 

 

産卵中のゾウゲイロウミウシ。
帯でぐるぐる産んだ分、痩せるんでしょうね。
うーん、不思議。

 

 

そして、このダイブはK氏の600本記念でした。
500本祝いはアメッドでしたね~。
おめでとうござまーす。

 

 

ボートでランチをとって、3本目。
リピーター様特権で、またまた普段入らない場所へ。

 

マダライロウミウシ

 

 

Mさんはインストラクターなので、ほんと頼りになります。
すぐに何でも通じる。

 

カメラ持ちなので、各自、被写体見つけてそれぞれに撮ります。

 

 

はろー、モンハナシャコ

 

 

必ずここにいるニラミギンポ

 

 

ニシキフウラウオ

 

セスジミノウミウシ・・・・この後、中層を泳ぎだしました。

 

ベテランダイバーT子さん・・・・・そして、10月に特訓ダイブを受けたAさんもばっちり付いてきています。

いいですよー!

 

タコベラのキスが激しすぎる。
ガールズはじっくりぽっかーんと観察。

 

 

10秒ぐらい口に食いつくと言った方が正しい。
離れても、また激しくキスします。
以前もアカヒメジ同士が同じことをしていました。
これは求愛なのか、喧嘩なのか??
誰か知っている人がいたら教えてください。

 

アデヤカミノウミウシ

 

 

今日は3ダイブとも移動距離がほとんどなし!
そしてロングダイブ・・。笑
マクロダイブは、動かないし、砂地で巻き上げられないし中性浮力必須。
特訓中のAさんも、かなり鍛えられたようです。
それも、皆さん通る道。
最後まで気を抜かず、そろそろ上がりましょうか。

 

K氏の600本打ち上げディナーは、イタリアンマッシーモ。
マッシーモ氏の母親のお誕生日だったらしく、ショーがあったり、かなりの賑わいでした。
ワインにチーズにオリーブ・・インドネシア在住者にとっては至福のディナーでした。
K氏、おめでとうございます。
そして、夜遅くまで皆様ありがとうございました。

パダンバイ 体験ダイビング

0

同級生同士のA氏&T氏さんです。
はじめまして~。
現在は勉強やお仕事で、A氏は札幌、T氏は神奈川からいらっしゃりバリ島滞在中です。

朝は途中ゴアラワ寺院で、ひどい渋滞・・。
20分以上、車が進まず。
それ以外は旗日のせいか、道路はすきすき(サヌールーパダンバイ)。

本日のパダンバイ、昨日に引き続きGOOD。
波なし、流れなし、透明度15m、水温28℃。
体験ダイビングの講習をやって海へGOです。
晴れていて今日も気持ちいい。

T氏は、沖縄で体験ダイビングの経験あり。
A氏は、まったく初めてでしたが、『ずっとやってみたいと思っていた!』そうです。
二人とも、上手に潜行できました。

 

上はアカヒメジ、下はキンセンフエダイが群れ群れでした。

 

チョウハンも混じっています。
同じ黄色だしね。

 

大きなケショウフグが行ったり来たり。

 

お休み中のブルースポットスティングレイ。
お二人は尻尾の毒を知っていたそうで、怖かったそうな。
こっちが驚かせなければ大丈夫ですよー。
店主は、ゴマモンガラに睨まれた方が恐怖でした・・笑

 

 

二人とも水中生物に興味津々。
長くなってしまいました・・・上がりましょう。

 

 

正面の山に茶色の傷があることに気付きました(縦線)。
1ヶ月ぐらい前に土砂崩れがあったそうです。
雨が、これでもかってほど降ったせいでしょうね。

 

2本目、T氏と店主のマスクを交換してみました。
昨日流れにぶつかったドロップオフですが、きれいだったので懲りずにもう一度。
アドベンチャー好きな若者二人だから、地形をお見せしたい気持ちがふつふつと。
*体験ダイビングでは、あまりお連れしません。

 

子供クマノミ

 

 

サザナミヤッコがサンゴ上で動かず・・・?
幼魚も1匹見ることができました。

 

 

グルクマの群れが近かった。

 

今日は流れにぶつからず、無事ブルーラグーンへ(この後、かなり流れたそうです・・他店談)。
それにしても、テニス部だったせいか運動神経が良い二人。
体が素直~、これ体験ダイビングですよー。

 

ハナヒゲウツボが30cmぐらい出ていました。
チンアナゴもいましたね。

 

 

ナマコ・・でかっ。寒い。

 

 

群れ群れモンツキアカヒメジ。うっとり。

 

この落ち着き!!じっくり水中体験できましたよね?

 

 

陸に上がったA氏とT氏。
絵になりますね!
礼儀正しい若者。
日本の未来は明るいぞ。

最高のダイビング日和でした。
ありがとうございました。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

どんより天気の中、パダンバイGOです。
本日のゲストは、ベトナム在住のAさんとK氏。
はじめましてー。

本日のパダンバイ、海況抜群。
波なし、流れ一部、透明度18m、水温27℃
濁りが抜けた!

Aさんはアドバンスダイバーですが、体験ダイビングのK氏と一緒に潜ります。
K氏も数回、体験ダイビング経験はあり。
やはり問題なしです!

 

9ヶ月のブランクがあり、最初はドキドキAさんでしたがこの表情。
楽しんでください!

 

K氏がときめいたマンジュウヒトデ。

 

 

コクテンフグ、スジモヨウフグ、そしてシマウミスズメ。

 

水中仏像の後は、アカククリ。

 

 

ミツボシクロスズメダイの群れ。

 

ウミガメポイントをきょろきょろすると、いた!
けど、かなり小さい個体。
そして、浅瀬へ向かっていったのでこれ以上近づけず。

 

アカヒメジ

 

 

最後は、K氏の手を離します。
砂を巻き上げないよう上手にダイビング。
心地よい海だったので、1本目からがっつり潜ります。

 

2本目はバックロールエントリーです。
いろいろ経験していってくださいな。

 

雨季ですが、今日はきれいですー。
しかも新月・大潮なのに。
海のコンディションは、データで読めないことがいっぱい。

 

 

このK氏の安定感!
後ろにアシストAさんがいるので、店主も安心でした。

 

 

ニモ人口密度低すぎ

 

 

アカテンモチノウオの正面やばいです。
すきっ歯4本、宇宙人顔。

 

流れて来たので、様子見します。
この落ち着き、いいな~。

 

 

ウツボがウォールを泳いで来て、K氏の前で止まった(見つめ合い中)。

 

 

グルクマの大群が行ったり来たり。
そんな中、Aさんの落し物アクシデントで、一瞬焦りましたが無事ゲット。
早く知らせてくれて良かったです。ラッキー。

 

ダイビング続行・・ここは流れなし。
K氏、体験ダイビングに見えないんですけどぉぉ。

 

実は、お二人とも 元 JICA協力隊員でした!
Aさんはガーナ隊員、K氏はジンバブエ隊員、店主はインドネシア隊員。
店主のかーなーりー後輩になりますが、海外では思わぬところで OB/OGはよく出会います。
Aさんも、何も知らずに申し込みだったのでびっくりです。
やはり共通の知り合いもいたり、店主もびっくり。
世界は狭い。

 

上:200,000ベトナムドン(ホーチミンさん) = 約900円
下:100,000インドネシアルピア(スカルノさん&ハッタさん)=約900円

 

~”ゼロ”の多さ自慢~
東南アジアで桁が多いのは、インドネシアルピアとベトナムドンです。
やはり、ベトナム在住のお二人にとっては、ルピアはそれほど驚きがありませんでした。

しかも!ハイパーインフレで有名なジンバブエで活動をしていたK氏。
『ゼロが14個』とか言ってるので調べてみたら・・
ゼロ14個の紙幣がありました。
100,000,000,000,000 Z$ (読み方:100兆ジンバブエドル)
因みに
1米ドル=35,000,000,000,000,000 Z$ (読み方:3京5000兆ジンバブエドル)
さすがにお金が紙くず化して、あちこちに捨ててありました。
2015年ついにジンバブエドルは廃止になったそうです。
そんなお二人にとって、インドネシアルピアなんてへっちゃらですね。

楽しい一日をありがとうございました。
思わぬ出会い。

パダンバイ 体験ダイビング

0

大阪よりお越しのK氏&Hさん夫妻をパダンバイへご案内しました。
はじめまして~。
ご予約が直前でわらわらしました。
雨季とは思えない晴天。

奥様Hさんは、実はCカード保有者でした。
ご主人もグアムで体験ダイビングをやったことがあるらしく、余裕の体験ダイビングとなりました。

 

水面練習終えて、いざ潜行です。

 

本日のパダンバイ、場所によって波があり。
流れちょっと、水温27℃、透明度が5m~10m。
浮遊物がいっぱい。

透明度がちょっと残念・・・。
ですが、そういう日は周りの生物観察で楽しみましょう!
二人ともスムーズエントリーでした。

 

ヘコアユの群れ

 

 

おやすみ、アンナウミウシ

 

 

Hさんが好きなキリンミノ。

 

3人でときめいた全身で泳ぐ魚
チョウチョウコショウダイ幼魚

 

 

いろいろな群れが通りましたが、浮遊物が多すぎて写真は無理でした。
近くを通ったミゾレチョウチョウウオ。

 

珊瑚のカーペット

 

 

がっつり潜れました。
奥様Hさんも、やはり体が覚えていてダイバーでした。

 

 

2本目GOです。

 

ヒラベラ?テンス?幼魚
うねりのせいか、チンアナゴが姿なし。

 

 

K氏が好きだと言っていたスズメダイの仲間ゴールドベリーダムゼル。

 

ウォールの隙間にいたオトヒメエビ

 

 

2本目は手を離しても、この余裕。
ドロップオフは途中で流れがあり、戻ることにしました。
この他にも、クマノミ各種、ウツボ、ヘラヤガラ黄色、アカヒメジ群れ、クロユリハゼ、オスジクロハギ群れ、泳ぐウミシダ、コクテンフグ、シャコガイ、ナマコなどを観察しました。
2本目もじっくり生物観察でした。
お疲れ様でした。
K氏、ライセンスとった方が良いです!

 

店主のランチ・・ナシチャンプル
K氏とHさんは、ナシゴレンとミーゴレンでした。

昨日は、クタで体験サーフィン。
今日は、パダンバイで体験ダイビング。
アクティブなK氏&Hさん夫妻でした。
今日はありがとうございました。

ヌサペニダ ファンダイブ2日目

0

Y氏率いる愉快な仲間たち2日目もヌサペニダ。
昨日ドタキャンだったN氏の奥様Tさんが来ました!はじめまして。
元気にGOGO。今日は酔った人がいなかったなぁ。

そして、昨日墜落したドローンは回復せずだったとか。
M氏、ファイトー。

朝は、アグン山から少し煙が出ていました。

 

 

おはよう、白鳥。

 

1本目トヤパケに入りたかったですが流れていたのでPEDへ。
流れはありませんが、にごり気味・・。

なんやらゴソゴソ。

 

今日はN氏のお誕生日。
おめでとうございます!!
65歳最終日もヌサペニダ。66歳初日もヌサペニダ。
目指したい・・・その若々しさ。

 

 

癒しのミゾレチョウチョウウオ

 

お誕生日N氏、ウミガメゲット。
スノーケリング参加の奥様Tさん、ウミガメを見たのに気づかなかったそうな・・。

 

 

お誕生日サプライズでドーナツーーー。
店主、ここのドーナツ大好きです。

 

N氏、おめでとうございます。
バリ島で、しかも海でお誕生日。

この辺りから、新たなグッズが登場。
「着ぐるみ」
帽子だけではなかったんだ。

奥様Tさんとお誕生日のN氏
(ニモ&フグ&白鳥)
サプライズ2は、メッセージ入りココナツ水

 

2本目はSDへ。
こちらもにごり気味。

ファインディングニモ&ドリー

 

 

活き活きサンゴ

 

 

幹事Y氏は、頭がニモ、下半身は白鳥パンツ。
強烈です。

 

 

魚影は・・

 

濃いのです。

 

3本目、トヤパケを見ましたがまだ流れが激しそうだったのでサケナンへ。
流れは少し、ですが透明度がやはりイマイチ。
雨季のバリ島。

バレリーナK子さん、とっくに100本超えですが写真撮影をやってないとのことでラストダイブでお祝い。
ダイバー仲間がいると、こういうことができて良いですね。

 

 

あっという間の2日間。
お疲れ様でした。

 

~きらきらスマイル~
お誕生日、100本記念、各種小物グッズ。
楽しかったです。
2日間ありがとうございました。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

Y幹事率いるダイバー仲間ご一行様、はじめまして。
ベテランチームでリクエストはヌサペニダ3本です。
スノーケリングで参加のN氏の奥様がキャンセル・・残念。

朝は雨が降りましたが、すぐに晴れました。
ラッキー。

順調にマンタポイント到着。
水面にマンタ3枚が・・・もう見える!!
波少し、うねり少し、透明度8m~15m、水温28℃
マンタにしては海況よし。

訳ありで店主は8分ほど水面にいたのですが、マンタがわんさか。
水面は漂流ごみが結構きてましたね。

 

 

エントリーしても、終始マンタでした。
頭を叩かれそうなほど、この後接近でした。

 

 

垂直浮上

 

 

今日は水深12mぐらいが割りと透明度が良く、しかもマンタが何度も通ってくれました。

 

 

このチーム、持込小物がすごい!

ベテランガイド大喜び。
フグ帽子&白鳥パンツ
バリ人の心をわしづかみ。

 

 

ドリー帽子

 

 

ボート2階からドローンを飛ばそうとしたら、柵にぶつかって海へ墜落。
実はこのドローン、水没2回目。
初回は、去年のGW。
石垣でダイビングボートが転覆した時にボート上にあり水没。
(M氏、コワイ経験しています)
ということで、まだ一度も映像を撮れていないそうです。
今晩、乾かして生き返るかどうか。
1%の可能性に期待です。バリ島は不思議なことが結構ありますから!!

 

2本目はクリスタル
波なし、流れちょっと、水温26℃、透明度が若干にごりありで15m

ニモ帽子 白鳥パンツ

 

 

ドリーK氏がロウニンアジを撮ります。

 

小さなウミガメ

 

 

N氏、2本目ですぐに安定です。
65歳最後の一日。
なんて充実した過ごし方!

 

 

大好きな根。

 

愉快なダイバーたちは、さくさくっと3本目です。
サケナンでドリフト予定でしたが、流れず。
若干にごりもあり透明度10mほど。

 

 

ニモは、白鳥パンツを後ろ向きにしてみたようです。

 

 

魚影は濃い

 

 

本日紅一点のバレリーナK子さん

 

 

お疲れ様です、美しくエキジット・・・空と雲のコントラストが素晴らしい。

持ち込む小物が多い!
バックから面白いものが出てくる出てくる。
幹事Y氏率いる愉快なダイバーたちでした。
今日はありがとうございました。
笑った。

近所の24時間クリニック

0

インドネシアの医療はあまり信用していないので、極力、よほどじゃない限り病院はかからないようにしています。
バリ島で病院へ行ったのは、4年前のピロリの除菌が最後です。
ピロリ菌は日本人特有のような菌なので(インドネシアになし)、バリ島の日系病院へ行きました。
デング熱にかかった時でも、入院拒否した店主。

突然、乾いた咳が止まらず、ゼーゼーピューピュー呼吸、息が吸えない感覚で苦しい苦しい。
決まって明け方4:00スタートで6:30~7:00まで続きます。
風邪を引いているわけでもなく、その2,3時間で咳&苦しさが終了。
横になると余計苦しいので寝るにも寝れず。
その2-3時間でかなり消耗します。
疲れてうとうと朝起きると普通に呼吸ができるし咳もなし。
何これ?

最初にこのような発作があったのは、年末。
2回目は、1月中旬。
3回目・4回目が先週末。
アレルギー性??

これが週末二晩続き、このまま睡眠を邪魔されては困るので、近所の薬局へ。
もちろん、ネットで調べて「ベントリン(喘息抑制薬)ちょうだい」と自分から言いました。
そしたら、まさにベントリンありましたが売ってくれず。
医師の処方箋がないと売れないものらしい・・・。
「ドクターがいるから診察受けていけば?」と言われ、診察されることに。
症状を伝えて、機械につないで10分ほどベントリンを吸引してきただけですが・・。
もちろん、知りたい原因はわかるわけもなく。

喘息でも軽めの人は、まず薬で様子見と言われもらってきました。
アレルギーの薬とか気道を開く薬のようです。
原因がわからないのに飲むことは不本意ですが、夜明けの発作2-3時間は勘弁なので飲んでみることに。
昨夜から飲んでいますが、昨夜は発作が起きず、快眠でした!

 

近所の24時間クリニック(私立)
診察料 Rp.30.000
診察室で10分吸ったベントリンRp.40.000
上記の薬3種類 Rp.29.400
合計 Rp.99.400(820円)

安くてびっくりしました。
薬が安いですねー、大きな病院で検査すると馬鹿高ですが。
骨折で100万円とか・・半日検査入院で50万円とかね。
深刻な病気でこういうクリニックは行けませんね。

 

 

先日、我が家に1年ほど出入りしているハミルッチを避妊手術しました。
野良でしたが、ほぼ住み着かれちゃっています。
この1年で3回は出産しています。
ついに我が家に子猫を連れてきてしまったので、避妊手術を決行。
なぜ、野良の避妊手術をしないといけないのかな~。
この手術代がRp.700.000(約6000円)。店主の7倍!
ちなみに、2004年に避妊手術をしたダコは当時Rp.100.000でした。
14年で7倍になりましたが、手術レベルも上がり、使う薬もかなり良くなって、猫の回復が全然違います。
傷が小さいので、食べる食べる。次の日から全く普通のハミルッチでした。

 

 

14年選手のダコとハミルッチ(子連れ2匹)で合計4匹になってしまったのです。
これが発作の原因かな?
かわいいんだけどね~、でも仲が悪いので大変。
今度アレルギー検査してみよう。

 

ページのトップへ