6月, 2017 のアーカイブ

アメッド ファンダイブ

0

ジャカルタ在住H子さんとの最終日はアメッドです。
昨日は、100本記念でしたネ。

本日のアメッドは、海況抜群。
波なし、流れなし、透明度18m、水温28℃
軽いドリフトを期待したのですが・・・全く流れなし。

南部は相変わらず曇り空でしたが、アメッドは快晴。

 

キャベツ

 

 

キンセンフエダイの群れはあちこち

 

ネッタイミノカサゴが可憐でした。

 

 

気持ちいいぃぃぃ。
いつもこれぐらい透明度があればなぁ。

 

 

今日は丸まる日?
ハナビラクマノミの人口密度が高すぎ。

 

 

いつもこのサンゴにいるウケグチイットウダイ

 

 

最後は、大きなウミガメでした(フジツボ4つ)。
腹ペコのようで、トカラベラにも店主たちにも全く動じず。

 

2本目は竜宮城へ。
今日はヒメちゃんスペシャル。
あれ、アラレフグが1匹。

 

 

ヒメちゃんとハナダイのコラボ

 

 

かわいいな~。

 

 

H子さんは、ヒメちゃんを初めて見たのでした。
マンボウに引き続き、思い出の102本目になりそう。
堪能して頂けたでしょうか?

ロングダイブ2本、お疲れ様でした。
H子さん、3日間ありがとうございました。
次は9月?
お待ちしています。

トランベン ファンダイブ 祝100ダイブ

0

本日はトランベンです。
おととい、パダンバイで初ファンダイブを経験なさったHファミリーが今日もファンダイブ。
そして2日目のH子さんと京都よりお越しのAさん、はじめまして!
皆さん元気にいってみよー。

トランベン海況抜群。
波なし、流れなし、透明度20m、水温28℃、ダイバーいっぱい。
道中は曇り空でしたが、トランベンは天気もよし。
峠越えると天気は良いようです。
2つに分かれて潜ります。

珍しく沈船から離れないナポレオンフィッシュ。
ずっと行ったり来たり。

 

 

ログ7本目のHファミリー。
今日は最初からまとまってます!

 

 

ハダカハオコゼ ピンクちゃん

 

 

店主が好きだった船体の一部。
半分崩れてる!!!!!
リバティ号、どんどん壊れてゆきます。

 

H子さんとAさん組も安全停止に入りそう。

 

 

ブルパラ安全停止場、ここも壊れちゃってる!!!
ショック・・・。

 

 

H氏へ
残圧は、一の位切り捨て申告でお願いします。
笑った。

 

 

2本目は、ジャカルタH子さんの100本目でした。
おめでとうございます。
H子さんは、数年前の講習時も全く手のかからない生徒でした。
またマンボウじっくり作戦しましょうね。
YUJI作のお祝いフラッグ。

 

 

BSで放送されていたリバティ号の主・アカマダラハタ

 

お祝いフラッグ掲げて100本目を堪能中のH子さんとAさん。
実はこの時、遠目でしたがイソマグロ2匹が行ったり来たり。

 

 

ダイバーで交通渋滞が起こってました・・・。

 

大きなアラレフグ?
M美さんが小さい?

 

目の前で、とんでもないダイバーを船尾で発見。
そこは、狭いんだから、くぐってはいけないだろうぉぉぉぉっっ!!!!!怒
西洋人女ガイドが、あまり上手ではない客2名と一緒に上まで上がっていきました。
あちこち破壊しながら・・・。。
他店のバリ人ガイドと店主は、水中で目を合わせて愕然としました。
この縦のラインは、水深14mから水深2mまで逃げ道がないのですが、ありえないコース取りです。
魚がびっしり棲みついているところになのに。
写真を見せて陸で注意したかったのですが、一般駐車場の方へ行ってしまいました。

 

ログ8本目のHファミリー。
超・安定です。
ついにパパH氏と13歳M人君の残圧が一緒という快挙。
パパH氏、大喜び。

 


H子さん、100本おめでとうございます。
皆様、朝早くから今日はありがとうございました。
陸も水中も楽しかったです。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

今日はパダンバイへGOです。
東京よりお越しのS氏とMさんご夫妻。
はじめましてー。
そして、ジャカルタ在住リピーターH子さん。
去年の9月ぶりですが、そんな感じがない。

イスラムの断食が明けました。
バリ人は、お葬式&お寺へ向かう人たちが多い。
そして、空はどんより・・・ゴアラワ辺りで豪雨。
パダンバイも雨がパラパラ。

S氏とMさんは体験ダイビングなので、陸上で簡単な説明をして、海へ出ます。
見た感じ、昨夜からの雨が陸から流れ込んだようで水深1mぐらいが濁ってる(お味噌汁)。
ただ5mより下ははそれなりに大丈夫。
昨日はあんなに海況よしだったのに・・・。
波あり、流れあり、透明度下は12m、水温27℃
太陽が出ないもんで、寒く感じます。

店主は1本目、S氏とMさんの体験ダイビング担当させて頂きました。
S氏は水泳をやっていたお陰で、全く水に対する恐怖心なし。
スムーズエントリー。
Mさんは、パラオで体験の経験があるとのことで、問題なし。
片耳が抜けにくかったですが、ゆっくり時間をかければできました!

水中散策スタートはニモから。

 

ウツボ見て、S氏が何か言っているのが聞こえました。

 

キンセンフエダイに紛れるアオヤガラ。
これもS氏、何か言葉を発しているのが水中で聞こえました。
余裕です。

 

アカハタがずっとあそこにいるし。

 

 

Mさんはミゾレチョウチョウウオに好かれていました。

 

ここのモリモリ珊瑚好きです。
アヤコショウダイが増えてます。
余裕が見えたので、1本目から長めの体験ダイビングになってしまいました。

 

 

水面休憩中、雲がよけてくれて太陽が出てきました。

 

水面は風の影響でばたつき気味。
酔う前にエントリーしましょう。
こんな日は水中が暖かい。

 

2本目は、H子さんとまったりファンダイブです。
教え子と潜るのは、格別です。
ハダカハオコゼたち、らぶらぶですよ。

 

 

コントラストがたまりません。
流されないようにね。

 

 

ヨメヒメジたちも流されないようにね。

 

この根、数匹のユカハタハタたちに占拠されていました。

 

ああっ、体験のS氏とMさんです。
上手に潜れてる!!
ダイバーの素質十分ですよ。

 

海を愛するH子さん、超・安定です。

皆様、今日は朝からありがとうございました。
誰が雨男だったのでしょう??笑
今日も一日無事終了です。

 

パダンバイ ファンダイブ

0

そろそろイスラム教徒は断食月が終わりのようです。明日・・かな?
バリ島にいるとよくわかりませんね。

今日は、ジャカルタ在住のHファミリーをパダンバイへお連れしました。
はじめましてー。
2ヶ月前にジャカルタ近郊プラウスリブでライセンス取得され、今回 『初めてのファンダイビング』です。

今日のパダンバイ、海況抜群。
天気よし、波なし、流れなし、透明度15m、水温28℃。
新月なのに満点!
しっかりブリーフィングをして、GOエントリーです。
耳抜き苦手だった人ができて、得意な人が時間がかかったり・・・何とか無事に水底へ。
感覚を思い出してもらうために、少し中性浮力の練習。
さて、生物観察行きましょう。

皆さん、中性浮力を頑張って見たはずのシライトウミウシ

 

一家のバディ構成・・・
母・M美さん&息子・M人君(13歳)
そして、父・H氏&娘・Mかさん(13歳)

双子さんでした。
でも、言われないと気づけない店主でした。

小さいですが沈船もあります。

 

仏陀様も

 

H氏より『これ好きサイン』が出てたスジモヨウフグ。

 

ウツボが気持ちよさげでクリーニングされてました。

 

ツバメウオ増えています。

 

大迫力!
至近距離で潜水艦オデッセイ号。
中からたくさん写真を撮られました。

 

 

大きなキツネフエフキが行ったり来たり。

 

もうそろそろ安全停止と思ったら、大きなウミガメ発見。

 

腹ペコなのでしょう、全然ダイバーなんかお構いなし。

 

がっつり2ダイブで、最後はこのまとまり。
姿勢・中性浮力もコツがつかめてきたようです。
一番エア消費が早かった父H氏でしたが、2本目は売るほどエアが残りました!
急成長でした。

 

至福の安全停止

 

Hファミリー、お疲れ様でした。
初ファンダイブ、バリ島にて無事終了。
海況にも恵まれました!
今日は、一日ありがとうございました。

 

 

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

福岡よりお越しのK氏とK子さん、はじめまして。
ハネムーンでバリ島を滞在2日目はダイビング。
ご結婚おめでとうございます。

さてさて、大雨どしゃぶりの中、南部を出発です。
なんなんだ~、この雨は??
近所は冠水でした。
水中はすっかり乾季ですが・・。

ところがパダンバイへ到着すると、降ってない。
空も明るく晴れそうな感じ。よかったー。
パダンバイの海況、雨の影響を受けずGOODです。
ただ、風が出てくると波がありました。
波2本目、流れ2本目ちょっと、うねりちょっと、透明度10m~12m、水温27℃。

奥様K子さんは、ブランクがあるものの沖縄でがっつり潜っておられたベテランダイバー。
ご主人K氏は体験ダイビング。
本日の店主任務: K氏にダイビングに興味を持ってもらうこと》

 

スムーズにエントリー!
オクトパスのマウスピースの方がフィットしたらしく、K氏はオクトパスでダイビング開始。
耳抜きが最初しにくかったようですが、結局12mまで行けちゃいました。
新しいマスクを持参したお二人でしたが、曇りすぎでK氏はうちのマスクを使ってもらいました。

 

 

ニモ!
スジモヨウフグやハリセンボンなどもあちこちに。

 

オヤビッチャのクリーニングステーション
キツネフエフキやアカククリの幼魚なんかもいました。

 

群れ群れの根へ

 

 

K子さんはアカヒメジの群れを見てまわります。
ウミガメがいそうでいませんでした。

 

 

安全停止はもりもりサンゴ

 

1本目からがっつり潜りました。
お疲れ様です。

 

 

あっ、お目当てのカメちゃん発見!

 

会えてよかった。しかし、ここは4mで浅い。そして水面は波が・・。

 

K氏とウミガメ撮りたかったですが、近すぎて入らず。
でも、間近で見られて良かった~。

 


K子さん&K氏、末永くお幸せに。
美男美女のご夫妻でした。
(インドネシアで言うと、K子さんはスンダ美人)

今日は朝早くからありがとうございました!
バリ島を満喫していってくださいネ。

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

山口よりお越しのY氏とAさん。
実は、バリ島挙式を終えたばかり。
これはこれは、おめでとうございます!
奥様Aさんは、初ファンダイブ。
ご主人Y氏は、体験ダイビングで一緒に潜ります。

パダンバイの海況は、波なし、流れなし、水温25℃~27℃、透明度10m~15m。
海況も天気もばっちりな日。

体験の講習を終えて海へ出ます。
ああ、気持ちいい。

 

Y氏に緊張が見えたので、ゆっくり時間をとって練習をしてここまでエントリー。
水中記念撮影できた!
呼吸もスキルも問題ないのにもったないですが、結局これで終了することに・・。
病歴診断書でわからないこともあるものです・・。

 

そのままAさんとファンダイブ。
コースを変更して、ちょい深場へ。
小さな沈船。

 

戻ってきたヒレボシミノカサゴとハダカハオコゼ。

 

 

ハナミノカサゴとAさんがWピース。
初ファンダイブとは思えない中性浮力!
しっかり講習を受けたことがわかりますね。

 

 

ホホスジタルミの幼魚。
一番かわいい時。

 

 

シマウミスズメの求愛行動。
普段は水底にいますが、二匹で何度も高く高く泳ぎます。
Aさんとじっくり観察。

この直後アクシデントが。
Aさんが使っていたレンタルのフィンが1枚消えた~。
水中で報告をされて、すぐに周辺を探しましたが見つからず。
安全停止に入る頃だったので、そのままダイビング終了。
そして、浮くフィンだったので水面サーチ(&水面休憩)。
流れを計算してありそうなところをゆっくりボートで探します。
ジェプン周辺を2往復しましたが見つからず。
そろそろ水面休憩も終わりで、ドロップオフで水面休憩をしていたところ
フィンと会えた!無事回収。
ジェプンで消えて、1時間以上経ってドロップオフで再会。
なんて幸運なAさん!

 

 

ウォールは群れ群れでした。
ですが、途中で一部がすごいうねり。

 

ものすごい安定感。
まだログ6本目。
そして、ずっと楽しそうなAさん。

 

 

うつむき加減のオオウミウマ

 


よたよたのツマジロオコゼ。
カミソリウオなんかもいましたね。

 

 

ブルーラグーンもきれいでした。

 

オジサンがクリーニング中。
Aさん、興味津々。
生物ウォッチング楽しい。

 

 

がっつりダイビング、そろそろ上がりましょう。
お疲れ様でした。

いろいろありましたが、無事終了です。
海況がよくて良かった!
朝早くからありがとうございました。

Y氏&Aさん、末永くお幸せに!
― ブルパラ一同 ―

 

トランベン 体験ダイビング&ファンダイブ

0

Mさんとやっと再会です。
8年ぶり?
今回はお友達のKさんを連れてきてくださいました。
はじめましてー。

やっと太陽が出始めたバリ島です。
トランベンは晴れ。
ただ、まだ波がありました(大波4日目)。
本日の海況、波あり、流れ少し、水温28℃、透明度10m~15m。
今日は心強いビーチ要員がいるので大丈夫!→水着になったうちの運転手

Mさんは100本ダイバーなので、問題なし。
Kさんは体験ダイビングですが、運動神経もよくスムーズにエントリー。
手間かからず。
しかし、波があったので1本目はカメラ持参はMさんだけ。
チンアナゴ、ヤッコエイ、ヘラヤガラ、クマノミ、コショウダイなどを観察しました。

水面に顔出すとうちの海パン姿の運転手がいる。
完全にエントリーエキジットのヘルパーになってる。
他社のダイバーたちのお手伝いもずっとしていました。
20人は手を貸してるな・・・お金とれば?笑

2本目、さっきより波が大きくなった気がする・・。
若干透明度が落ちましたが、波の割りに悪くない!

しかし、店主のカメラ、あまりいうこときいてくれない感じ。

これが102本目のMさん。

 

船首の立派なカイメン

 

 

サザナミトサカハギ、婚姻色ばりばりです。
深場は大きなナポレオンも通り過ぎてゆきます。

 

リバティ号のサンゴ

 

コショウダイたち・・・・。
あぁ、もうカメラはエラーモードです。

 

 

エキジット寸前、カメラが復活。
K氏、体験ダイビングがっつりいきました!

 

 


これ帰る頃ですが、だいぶ小さくなりました。
波はありますが、やはりダイバーはたくさんでした。
Mさん、Kさん、今日はありがとうございました。
あまり間を空けずに、また遊びに来てくださいね。

パダンバイ ファンダイブ

0

横浜M子さんの2日目は、パダンバイです。
今日は雲が厚く、晴れそうにない感じで南部をスタート。
現地情報によると、昨日のトランベンは大雨&大波だとか。
パダンバイは終始どんよりでしたが、雨には当たらず。
まだ良しとしましょう。

パダンバイの海況、見た目はよさげ。
波なし、流れ一時、透明度15m、水温幅8℃!!!

M子さん、昨日は一緒に潜れませんでしたが今日はたっぷりと宜しくお願いします。
このダイブは50本記念でしたが、潜り方はもっとベテランの域に入っています。
きちっと習ったことがわかります。
店主は感心です!

 

 

カミソリウオがあちこち。

 

ちょっと冷えてきたかも・・・。
28℃から始まり、あっという間に20℃。
エントリーして10分ちょっと。
M子さん、あまり寒そうに見えないんですけど。笑
そして、カメラも曇ってきた。

 

スカシテンジクダイまでは穏やかだったのですが、ここで突然来たーーーー。
強いダウンカレント。
突然始まりました。
M子さんは、突然の流れにも対応できていたので、ゆっくり浅瀬へ移動しながら様子を見ることに。

 

 

水底にへばりついていると、オニカサゴ、モンハナシャコ、カミソリウオなどが・・・。
しかし、店主のカメラは曇りを通り越し、結露ぽい。
ダウンカレントは5分ほどで止みました。
はやっ。
これだったら、戻らず前進のみ!

 

 

アカホシカニダマシを撮りたいのに、クマノミにやられちゃっていたM子さん。

 

 

ハダカハオコゼは、いっぱい。
2枚重なったり、じゃれたり。

 

ここらへんでM子さんと二人で、水中自撮をしました。
この機能はすごいですね。
きちんとぶれずに真ん中に二人が写ってる。

 

 

移動中のヒメオニオコゼ

 

もうこの後、店主のハウジング内は結露を越えて水滴が。
水没なのか、冷えすぎたことによる結露なのか。原因不明。

どんよりですが、きれい。
あっちは雨ですねぇ。

2本目、店主のカメラは休憩。
コクテンハギ、コブシメ、ロウニンアジ、グルクマ、ウミウシなどを観察。
極小タツノイトコ、ハナミノカサゴ稚魚は、あっぱれでした。
M子さんが写真撮れててよかったです。
ウベゴン(オオセ)は残念ながら不在。

バリ島の車窓は飽きません。
M子さんより 『今日はイスですね』と。
昨日はドラえもんでした。
バイクで積載限界に挑戦する人、減ってますがまだいます。

陸上も水中も楽しかったです。
M子さん、2日間ありがとうございました。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

 

本日はガールズでトランベンへ。
横浜よりお越しのM子さん、はじめましてー。
そして、リピーターの神戸シスターズ・姉K子さんと妹M子さん。
K子さんは200本超えのベテランダイバーですが、ブランクが1年半ほどあるので専属ガイドをリクエスト。
店主は妹M子さんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
5年ほど前、体験ダイビング経験があるので心配なし。

トランベンの海況
波あり、透明度10m~15m、水温28℃
2本目がBIG WAVE で転倒者続出でしたね。
転ぶので、GOプロカメラが2台、波打ち際で紛失事件もあったそうな・・・(未だ捜索中)。

体験M子さん、水面ですtったもんだありましたが、無事解決。
水中に入ってしまうと、お魚のようでした。

実は、このダイビングの目的は、YUJIの散骨でした(ほんのちょっと)。
リバティ号でたくさん潜ったYUJI。
300本を目前で逝ってしまいましたが、3人で潜ったのでこれを300本とします。
YUJI 300本おめでとう!!
これからも生前と同様、私たちを見守ってください。
K子さん、YUJIのBDC着てるの見ると店主泣けちゃうんだな・・。

 

その後は、妹M子さんと体験ダイビング続行。
ヨメヒメジ、好きだそうです。

 

最近、フリーダイビングが盛んですが、これは何??
カイメンに頭突っ込むお馬鹿人間。
そして、もう一人に写真を撮ってもらってました。
やめて~~~っ!!
近くだったら、絶対に注意していました。

 

クマノミ&たまご

 

 

M子さんのスーパー中性浮力。
すごすぎて笑った。

 

 

記念に一枚。
今日は、うちのスタッフ・ワヤンも初めてトランベンへ。
彼女も優しいYUJIのこと大好きでした。

 

2本目、耳が心配なK子さんは入らず。
ガイドが余るので、店主は遊ばせていただくことに。
しかし、入れるぎりぎりのビッグウェーブ。

体験M子さんは、きれいに入れちゃいました。

 

大波になってしまったので、みんなどうするか迷ってる。
ただ、満ちているので実はまだマシ。

 

体験M子さん、お魚にまかれる。

 

店主は深場へ。大きなコクハンアラやナポレオン2匹。

 

 

ネジリンボウ・・・ここは2匹でした。
(ここでカメラがエラー状態なのが悔しい)

 

ケヤリムシくわえるオニカサゴ

 

M子さんとムスジコショウダイたち

エキジットすると更に波炸裂でしたが、横浜M子さん、体験M子さん・・・誰も転ばず。
よかった~。
お疲れ様でした。

帰りは棚田で途中下車

 

こういう時、追い越しが難しい。
ドラえもん、UPIN、クリシュナ、ピカチュウ、ニモ・・・・
1つ90円だそうです。

 


サルがいっぱいの道路。
バイクで悪さしています。
朝は、アヒルの大移動も見ましたね。

今日は皆さんありがとうございました。

祝ダイバー パダンバイ

0

Mさんの講習最終日、始まってしまうとあっという間です。
今日も元気にパダンバイです。

久しぶりに朝からすっきり天気がいい!
海況は、波少し、うねり少し、流れ一部あり、透明度10mー12m、水温27℃。

最終日ともなると、セッティングや準備が早いMさん。
ビーチでコンパス練習をやって、海へGO。
まずは、復習や残りのスキルをやります。
鼻から海水を飲んでげほげほしちゃいましたが、呼吸を整えもう一度。
彼女は冷静に淡々とこなしてゆきます。これ大切。
エア切れ浮上スキルも頑張りました~。
コンパスも落ち着いてるし。

さて、水中ツアー行きましょう。

 

ウツボは2匹いました。

 

クマノミ観察

 

Large spotted snake eel がぶつかっていったのは、ニライカサゴでした。
びっくりだよね~。

 

ハダカハオコゼは10枚ぐらい。どんどん増えてね。

 

このダイブは穏やかだったので、Mさんもこの余裕。
上がろうかなと思いましたが、もう少し浅瀬を行ってみましょう。

 

いたいた、良かった!
小さなウミガメちゃん。
もちろん、Mさんにとっては初めて。

 

 

安全停止終了後、Mさんにシグナルフロートを上げてもらいました。
すんなり、できちゃった。

 

サンゴが美しい・・。
お疲れ様です。ロングダイブ!

 

ラストダイブです。

ウベゴンシャークを見に行きましたが、不在。
あぁ、残念。

オトヒメエビ

 

ここだけ流れが・・・。
大きなコブシメも流れに耐えてる。
タコも見ましたね。

 

ニセタカサゴの群れが行ったりきたり。
浅瀬をまったり水中散策を楽しみました。
もう、文句なしのオープンウォーターダイバー認定です。
おめでとうございます。

 

 


ガールズでランチ。
これ店主好みでした。

今回学んだことをベースに、ダイビングを安全に楽しんでいってください。
3日間本当によく頑張りました。

ページのトップへ