2月, 2017 のアーカイブ

日系ショップ団体BSTJ 役員会

0

急遽、BSTJ の役員会がジンバランで行われることになり、昨夜行ってきました。
BSTJ とは、バリ島日系ショップ団体。

会長、一人で仕事抱えて心配になり、緊急招集となりました。
皆さん、お忙しい中、本当にお疲れ様です。

サヌールからジンバランへの一般道は、途中に空港があるせいか交通量が半端でなく、渋滞もあり、まるで戦場のよう・・・。
普段、サヌールより南下しない生活をしている店主にとっては、もう命がけという感じ。
何軒かコンビニに寄ったり、道を行き過ぎたりして、結局15分遅刻でした。
皆様、すみません。

 

O副会長が、たこ焼きを焼いてくれているではありませんか。
これがかなり美味!
サヌールでたこ焼き屋さん開いてくれないかな。
奥様Kさんの一品料理も感動。

話には聞いていたK会長作の燻製。
チーズとサラミ、香りが何ともいえない!

S子イントラは、貴重な日本の芋焼酎を差し入れ。
もちろん、ロックですよ。さっぱり&すっきり。

今回、初めて目についたバリハイのドラフトビール(写真はネットから)。
これ、店主はビンタンビールより好きかも。
知らなかったっ。

食べながら飲みながら、今回の議題を話し合いました。
なんやら日本で『安全ダイビングの提言集』が配信(出版?)されるそうで、その構成チェックでした。
締め切りが昨日だったので、ぎりぎりすぎる会議。

締め切り45分前にジンバランを退散することに。
K会長は、帰宅後日本へメール送信。
間に合った??
あっ、いつも22時に電池が切れちゃうO副会長が最後まで起きてました。
これ、はじめての快挙。

 

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

本日は偶然ですが、北海道と沖縄の学生たちが集合。
日本の最北と最南が、インドネシアバリ島トランベン村リバティ号を潜るなんて、面白いなぁ。

2日目ファンダイブの帯広畜産大学・CさんとIさんは、サクサクっと準備済ませてあっという間にエントリー。
いってらっしゃーい。

店主は、沖縄大学チームの体験ダイビングを担当させて頂きました。
皆様、素直な感じでお土産まで頂いてしまいました。
なぜ?????
なんと彼らのゼミ教授が店主の同期Rさんだったのですよ・・・・(聞いてないし!)。
大昔、17年前のことになりますが。
そんな訳で、同期Rさんからまで『お手紙付きお土産』が届けられました。
スタッフみんなで頂きます!
感動MAXでした・・。

本日の海況、抜群です。
波なし、流れ少し、透明度18m、水温28℃、トランベンブルー!
ただ、2本目の水面はゴミが集まってしまいました。

沖縄大学・体験ダイビング組はスムーズ。
皆さん、耳抜きの問題もなく無事潜行。

 

店主担当は、I君とAさん。
余裕でした。

 

みんなが見たチンアナゴ。

 

これは、途中で遭遇のCさんとYさんですね~。

 

リバティ号船尾周辺

帯広畜産大学・CさんとIさんガールズがエキジットしてきた!
2本目は60分超えのロングダイブでした。
素敵な写真が撮れたようです。

祝・北海道&沖縄
店主も道産子だし・・・笑

 

2本目は水中記念撮影をするため、チンアナゴで集合。
H君とS君を待っている間、先着組はヨメヒメジを観察中。

H君とS君、到着です。二人ともビッグ。

 

沖縄組・記念撮影パチリ。
思い出になりますように。

 

 

浅瀬5mでうじゃうじゃ群れてます。

 

 

Aさん、I君、とても落ち着いてました。
ウミガメ、ナポレオン、ヤッコエイ、バラクーダ、ウミウシ、クマノミ、アオヤガラ、アカククリなどを観察。


最後はムスジコショウダイたち。トランベン、ありがとう。
無事終了。

 

北海道組の素朴な疑問
『沖縄在住なのに、なぜわざわざバリ島で体験ダイビングをする?』
沖縄組の回答
『沖縄地元の人は素潜りはしても、体験ダイビングはまずしない。機会がない。』
確かに地元だと、そういうものなのかもしれませんね。ふむふむ。

皆様、今日はありがとうございました。
日本の未来は明るいと感じられた一日でした。

 

 

アメッド ファンダイブ

0

本日は、早朝出発でアメッドGOGOです。

帯広より卒業旅行でいらしたCさん&Iさん、はじめまして。
国家試験を終わらせ、どたばただったようですが、思い出作りにバリ島へいらっしゃいました。
お二人とも中身は本州ですが、大学が北海道。
わーい、店主とローカルな話ができます。
そして、ハネムーンでいらっしゃったのは、山口よりお越しのH氏と新妻Eさん。
ご結婚おめでとうございます!!!
H氏は青海のインストラクターです。
数ヶ月前が初バリで、その時にかなり気に入って頂けたようで、今度は奥様を連れてきてくださいました。
奥様Eさんは、これから本格的にダイビングを始めるとのことで本日は見学のみ。

アメッドは晴天、そして海況よし。
波なし、流れ一部、透明度15m~18m、水温28℃~29℃。

アドバンスダイバー40本のガールズ。
問題なしです。

 

イントラH氏、いつまでもお幸せに。

 

流れに乗ってウォールまで到達。

 

Iさん、クマノミ撮る。

 

オレンジ・ダムゼル(バリ・ダムゼル)の幼魚2匹。
きれいです!!

 

アグン山前でエキジット。
この後、事件が・・・。
アクシデント1:Cさんのフィンが深場へ落ちていった。回収不能。
アクシデント2:Cさんのまだ新しいカメラが水没。NIKONさん、最近多いですよ!怒

2本目は、H氏のリクエストだった竜宮城ポイントへ。
オヤビッチャすぎる。
後半、竜宮城へ入る時に、またまたアクシデント発生。
アクシデント3:一人流れに負けて、一瞬で Iさんが消えたっ。
3人で流れ通りに戻ると、水中で合流。ほっ。
しかし、そこから竜宮城へ戻るには遠すぎるので到達を諦めました。
水中はいろいろありますね・・。

次のアクシデントは誰なんだろうか?なんて、ドキドキ話題でランチ。
店主の耳が最近調子悪いので、抜けなかったりして・・・苦笑。
3本目はビーチエントリーを予定していましたが、2本目のリベンジで竜宮城ポイント直行することになりました。

ヒメツバメウオの群れで、皆さん各自で戯れます。

 

ガールズは、獣医の卵たち!

 

ヒメちゃんたち、キラキラ。

 

この前まであったはずのイソバナ群が、ここはきれいになくなってしまいました・・・・。

 

こちらのイソバナもすかすか。
H氏も気づいたようです。

 

インストラクターH氏が最後尾にいてくださり、心強い3本でした。
いつか必ず、青海の海へお邪魔します。
あれっ、3本目は何もアクシデントが起こらず、きれいにまとまり美しいダイビングでした。

アメッド、ばいばーい。
陸で待ち時間中、奥様Eさんが描いたビーチの水彩画がレストランに張られていました。
やさしいタッチの水彩画。すてき!

 

帰り道の車窓から。『サル軍団』

 

ドナドナ豚さん。種付け豚さんも歩いていました。
皆さん、興味津々。獣医の卵ですし。

 

 

サヌールの某ホテル入り口。これリアルでびっくりします。
バリ犬ですな。

今日は朝早くから皆様ありがとうございました。
Eさん&H氏、末永くお幸せに。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

滋賀・ガネイシャ様2日目は、アドバンスレベルの社長・マネージャー・店長でヌサペニダ3本勝負。
リクエストは、マンタ様とドリフトダイブ。

では、さくさくっとサヌール出発です。
ビーチもローシーズンは、人が少なくていい!
アグン山がうっすら見えます。

 

マンタポイント一番のり!!
エントリー2分でマンタ様登場~、ほっ。
透明度が15m以上。
波なし、うねりなし、穏やか。

マンタの大きさが分かりますね。

 

連結でやってきたり。

 

間近で見られたり。
待つことなくたっぷり遊ばせていただきました。

 

社長、あのムービーすごすぎです。
おめでとうございます。

 

満喫でした~。
上がる頃には、ダイバーが30名ほど集まってましたね。

 

2本目はクリスタルベイ
透明度は若干濁りがありますが、それでも18mほど。
サンゴや魚影を感動して頂けました。

 

子供ウミガメ・・・まだ頼りない感じ。

 

ハダカハオコゼのピンクちゃん
潮通しのよいところ選んでますなっ。

 

安全停止も美しい。

 

3本目GOエントリー

 

3本目は、流れを探してトヤパケ。
ドリフトダイビングがリクエストだったのですが、引き潮でも『流れず』・・・・。
ごめんなさい。

 

しかし、活き活きサンゴ群生をじっくり観察して頂けました。
ロウニンアジも3匹、かっこいい。

 

海況がすこぶる抜群で、結局穏やかな3ダイブでした。
2日間、ありがとうございました。
楽しいお話もありがとうございました。

トランベン ファンダイブ

0

本日は、滋賀県のヘアサロン『ガネイシャ』様御一行をトランベンへお連れしました。
30名以上でバリ島社員旅行。
すごーい!!
内、今日はダイバーが11名。
ダイバー比率が高い職場ですね。

波なし、流れなし、透明度15m、水温28℃。
晴天&海況抜群のトランベン。

8名は、先日日本で講習を終えたばかりの初ファンダイブの方々。
ドライスーツや寒さの講習と比較すると、ここはウェットだし温かいしほんと楽チン。
ウェットスーツを着る段階ですでに感動の声があちこちから・・。

 

タコが直立不動。1匹なのにどうした??

 

社長I氏は、この辺で素敵な写真を撮られていました。

 

初ファンダイブ、楽しんでますか?

 

良かった~、皆さん楽しまれてるようです。

 

★ キラキラスマイル ★

 

 

2本目は水中でも記念撮影。

 

美容業界は・・・

 

美人さん&イケメンばかり。

 

リバティ号のアカヒメジ

 

店主はアドバンス組の社長I氏、H氏、Aさんとご一緒させて頂きました。

 

じーーーーっとしているH氏にウミガメが向かっていきました。ほのぼの。

 


魚影の濃さに皆様大喜び。
これからもダイビングを続けてくださいね。
今日は一日ありがとうございました。

 

 


あれーーーーーーーーー、また偶然会えました。
若者は、どこでも元気です。

パダンバイ ファンダイブ

0

本日はガールズでパダンバイです。
昨日、ダイバーになったばかりのRさんと近所のYさん。
天気が良くて気持ちいい!
気分はワクワク。

バリ島の朝は早い。

 

パダンバイの海況GOOD。
波なし、流れ一部あり、透明度10m~20m、水温27℃~28℃。
本日の目的は、ホウセキカサゴ
いてください。祈

計器フェチのRさんは、初ファンダイブです。
ボートエントリーもばっちり(体験ダイビングで何度も経験済み)。

 

どんどん育っているオオウミウマ。
たてがみが・・・・・馬ぽいよ。

 

深場は流れましたが、Rさん頑張りました!
安全停止も安定。

やわなことに水温27℃で店主とYさんは冷えちゃって、暑い紅茶とお菓子と太陽で日干し休憩。
Rさんは寒さに強いなぁ。

ガールズ行きますよ。
下の方はまた流れ・・・・。

 

ウツボ親子?

 

ツマジロオコゼはあちこち。

 

モンツキヒメジの砂地ダイブ。

 

タツノイトコ!!!チビすぎるっっっ。
ここで、店主ら独占で12分間粘る。

 

Yさんは粘りで、素敵な写真が撮れていました。
ハナミノカサゴの稚魚写真もばっちりでしたね~。
がっつりロングダイブ。

結局、2ダイブともホウセキカサゴ探しをしましたが不在。
残念でした~。
Rさんの初ファンダイブは、流れにあたってしまいました。

でも、あの調子で今日は良しですので、経験値を高めていってください。
自分の課題も分かったはず。
皆様、ありがとうございました。

 

祝ダイバー トランベン

0

Rさんの講習は早朝ダイブから。

 

おはよう、トランベン!
セッティング・準備、全て一人でやります。
もうダイビングボートが来てるし・・・涙
カンムリブダイの群れは無理かな~。

 

出遅れた感じだったのですが、まさかのエントリー1分でカンムリブダイ15匹ぐらい。
しかも、誰もおらず・・・。
Rさん、ラッキー!!

 

そしてオヤビッチャすぎる。

 

ホバリングでじっくり観察して頂きました。
ナポレオンが通りましたが、Rさん違いがわかっていない様子。

 

2本目は、透明度抜群で深場は25mほど。
フリー潜行やエア切れスキル等などをやって、水中散策開始。
同時に、深度18mでの中性浮力やエア消費などを経験してもらいました。

あっという間に3本目。
ラストダイブですよ。総括ダイブ。
また濁りが入り、少し流れあり。
残圧見て、深度見て、減圧不要限界見て、コンパス見て忙しいけど、この安定感!
実は、Rさん、計器フェチでした。
こういうの好きなんだとか・・・・女性で珍しい。

 

計器に囲まれニッコニコ。

 

Rさんは、上から見たハダカハオコゼ。

 

そして、ウミガメは一番前で見ることができました。
Rさんは、たくさんのダイバーに囲まれてどきどきだったとか。

 

そろそろ安全停止ですー。
慎重に・・・入ります。

 

安全停止中は、大きなナポレオンがクリーニング中。

 

 

鉄柱を目安にホバリング。美しいです!
エアも延び始め、後片付けも積極的にサクサク。
文句なくダイバー認定します。
おめでとうございます。
新しい世界と趣味が広がりましたね。
これからいろいろな海で経験を積んでいってください。
ありがとうございましたー。

オープンウォーターダイバー トランベン

0

スマトラ島よりお越しのRさんの講習スタートです。
お待たせしました、ついに・・・実現!
年末年始に講習希望でしたがお受けできずに、体験ダイビング4日間もやっていったRさん。
その後、アチェで体験ダイビングもやったとか・・・・。
はまりそうなRさん。

1本目ですでに安定感があるRさん。
姿勢もいいんだなぁ。

 

やどかり

 

南部からのダイバーが減り、群れがあちこちでした。
透明度は10mぐらいですが、穏やか。

 

安全停止です。5mに3分止まります。

 

湖みたい・・。

 

オープンウォーターダイバー講習は通常3日間ですが、Rさんには2日間の特例を出しました。
トランベン1泊2日でハードな合宿でも文句言わないコース。
事前学習もばっちり。
先ほど21:30までお勉強して、学科試験も95%という正解率。
プールも海洋ダイブ1本も終えました。
明日は早朝から3ダイブ!
晴れて朝陽が見られますように。

桟橋Jetty&パダンバイ ファンダイブ

0

スラバヤのリピーター様・K夫妻がやってきました。
K氏も奥様Mさんも大きなカメラ。

晴天の中にアグン山!

 

本日の桟橋Jetty、穏やかですが8m前後と透明度がいまいち。

 

トゲトゲウミウシが安全なところでお休み中。

 

この子は誰なのでしょう??
サカナくん~!!

 

ハナミノカサゴがあちこち。

 

ツバメウオ幼魚、最近は水底グループあり。

 

まだ小さくて安全なところに隠れています。
ベテランリピーターとは、ロングダイブに・・・。
水温28℃でも寒い。

 

休憩中はイルカ6匹の群れ。
エグザイル状態。

パダンバイの海況、波なし、流れ少し、透明度8m~12m。
3本目は濁りが・・・。水温27℃。

コクテンハギのペア

 

ハタタテハゼのペア

 

コウメウミウシのでかい子。約6cm。

 

祝・ホウセキカサゴ ピンク!

 

むしゃむしゃ捕食

 

Mさんは、カメラの調整でした。

 


ハナヒゲウツボの叫び
濁りが入って生物たちは大喜び。
グルクマの群れやミナミイケカツオもびゅんびゅん。

休憩中、イルカやサルが見られるパダンバイは素敵です。
ラッキーすぎました。
K氏もMさんの写真が楽しみです。
いつもありがとうございます!
楽しかったです~。

トランベン ファンダイブ

0

東京よりお越しのK氏、N氏、Oさんをトランベンへご案内しました。
海洋大学の卒業旅行だそうです。
専門は癒しのクラゲ!
到着ほやほやの移動で、車中は爆睡。

若いっていいなぁ。

トランベンの海況、穏やか。
波なし、流れ2本目若干、透明度10m~12m、水温28℃。
ダイビング後、雨がぱらつきましたが、終始晴れたり曇ったり。

口内保育中のジョーフィッシュで、みんなでカメラで構えているのに、下手なダイバーが真上をバタバタ通過。怒
全く周りが見えてないダイバーが、こんな深くに来てはいけませんね~。

 

ヤマブキスズメダイが産卵場所を整えている姿が多かった。
N氏は襲われていましたが・・・。

 

ウミガメ大を見た後、これはウミガメ小でした。

 

N氏は潜水部ですでにダイブマスター!
それだけで安心感。

 

リュウグウウミウシ、普通ですがやっぱかわいい。

 

まだ小さなジャイアントバラクーダとヤッコエイ。
さすが海の大学、皆さんダイビングが上手い。
エアもちも良く、ロングダイブ。

 

自然のクラゲを見たいという皆様。
それは、難しい・・・。

 

2本目は流れが少し入り、透明度が落ちた・・。

 

若者、リバティ号船首をゆく。
大きなコクハンアラが悠々と通り過ぎました。

 

 

 

チョウチョウコショウダイの幼魚

 

深場は、ソフトコーラルは美しい。

 

すごい歯!捕食姿は結構えぐい。

 

まだまだ大きくなります。

4月からは、皆さん社会人として新しい道へ。
日本を担う若者たちに、店主は期待しています。

 

あなたじゃなーい。割り込みしすぎ。
ロングダイブで無事終了。
ラストダイブの透明度はいまいちでしたが、さすが海の学生、魚影の濃さはご理解頂けました。

帰路の車中も、お休み3秒。ZZZZZ
卒業旅行のバリ島を満喫していってください。
今日は朝早くからありがとうございました。
祝・ご卒業&祝・社会人!!

ページのトップへ