12月, 2016 のアーカイブ

ミンパン・テペコン ファンダイブ&体験ダイビング

0

東京よりお越しのO氏とK子さん、はじめまして~。
そして、リピーター様は潜り倒しK氏とバスター社K氏、今年何回目かな~。
そしてそして、体験ダイビング3日目のスマトラ島Rさん。
みんなでチャンディダサ方面でのダイビングです。

ファンダイブ組は、皆様経験本数 3ケタ台のベテラン揃い。
+ カメラ、カメラ、カメラ、カメラ。

店主は、体験のRさんを担当させて頂きました。
通常上級者ポイントで体験はやっていませんが、体験3日目であること、海況が良かったのでお連れしました。
本日の海況、穏やか、流れ一部、波なし、透明度18m、水温28℃。
(2本目終えてエキジットした水面が波!・・・急変)

本日のミンパン岩礁、穏やかです。
結構なボート数が来ていました。

 

目の前を・・・。わおーっ。
浅瀬は大きなカンムリブダイが1匹。

 

ネズミフグがのんびり。
乾季はマンボウがこんな感じで出ます。

 

Rさんも群れ堪能。

 

ドロップオフで子ガメ、根の中では大きいのがお休み中でした。
Rさん、昨日もウミガメ。ラッキーですね。

 

安全停止場は、おだやか!!!!

 

アカヒメジの群れもいっぱい。
今日はドリーが2匹!

 

2本目テペコンでは、Rさんの手を離してみました。
完全に海にはまりそうな勢い。

 

あっ、流れが始まりました。
Rさん、そろそろ上がりましょうか。

 

後列やばいっすね~。笑
2ダイブの皆様、お気をつけてお帰りください。

そして、2ダイブで終わるわけないK&K。
海へ出てみると、パダンバイは流れてる~。
Jetty断念、ブルーラグーン断念、ドロップオフ断念、穏やかそうなジェプンへ。
午後のジェプンは、流れ少し、透明度12m、水温28℃。

まったりダイビングができそう・・・・だって、K&K。

 

動かないゴンズイ

 

バスター社K氏、ライトスイッチがまわらない・・・。

 

ハダカハオコゼ赤ちゃん。

 


潜り倒しK氏・・・日本からウェットスーツを運んで頂いたのに、フィンを持参するのを忘れてごめんなさい。

ってことで、皆様、今日はありがとうございました。
2016年もうすぐ終わり・・・・はやっ。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

今日はガールズでパダンバイへGO。
東京よりお越しのMさんとYさん、はじめまして。
そして体験ダイビング2日目のスマトラ島Rさん。
天気は晴天で気持いい。
乾季のような暑さと空気の軽さ。
天気がころころ変わります。
パダンバイの海況はGOOOOOOD。
波なし、流れ2本目、透明度15m、水温28℃。

1本目、体験ダイビングを担当。
Cカード保持者のMさんは、マンツーマンダイブ行ってらっしゃい。

スマトラRさんとYさん、無事水底へ。わーーーい。
体験2日目スマトラRさんは、自主トレまでこなしこの余裕!

Yさんは、水面で弱音を吐き始めて、ここまで来るのにえらい時間が・・・。
呼気が鼻から出てきたと思ったら、唇から出てきたり。
マスクも店主のものと交換。
メインレギュより、オクトパスのマウスピースの方が合うとのこと。
耳は左耳が抜けにくかった・・・そしてリンパマッサージ。
しかーし、Yさんは一つひとつ頑張りました。
水中に入ってしまうと、急に落ち着いたのでした!

 

腹ペコの小さなウミガメ様を近くで観察。

 

アカヒメジの群れ

 

ハナダイ、スズメダイ、うじゃうじゃポイント。
水面の苦労が嘘のような潜りっぷり。
がっつりロングダイブ。
潜水艦も見ましたね~。

 

2本目もキラキラですー。

 

ガールズ水中記念

 

店主はMさんとファンダイブです。ヨロシクです。
1本目は、人生初のゴマモンガラ攻撃を受けたそうな・・。

 

クリーニング中、失礼します。

 

 

軽くドリフトダイブ中。

 

今度はキンセンフエダイ

 

サンゴ上をドリフトしてゆきます。気持いい!

 

イソバナの根、ここ面白そう!
こちらもロングダイブなので、もう上がります。


ダイビング後、東京ガールズたちは、デンパサール・レノン地区にある Rin beauty Salonで下車。
ディープな検索していますね~。
ネイルをするんだそうです。
バリ島を満喫していってください!
今日は皆様ありがとうございました。

スマトラRさんの体験ダイビング、まだ続く!?

アメッド ファンダイブ&体験ダイビング

0

早朝発でアメッド出発です。
道中は雨・・・夜中の雷は怖かった~。
2日目のW夫妻は、元気いっぱい!
速攻、車中でホテルの手作りパンを分けてくださいました。
うれしぃぃ~、しかも店主が好きなデニッシュ。

そして、ダンボール箱を持って参加なさったスマトラ島メダン市からお越しのRさん。
はじめまして~。おはるどんのご紹介。

早朝発なのに、みんな初対面なのに、アメッドまで誰も寝ないで車中トーク炸裂。
すごっ。
新月なので、バリ人たちは朝から忙しそうです。

そして、アメッドに到着後、ファンダイブ組のW夫妻はサクサクと準備をして小さなアウトリガー船に乗り込み出発。
なんせ日帰り3ダイブ!いってらっしゃいませ。元気すぎます。
店主は、Rさんの体験ダイビングをじっくり担当させていただきました。
実はRさん、現在のお仕事と全く関係がありませんが、海洋大学卒業だったので生物好き。

体力のなさを心配しておられましたが、問題なし。
耳抜きも自然にできてしまうほど。
祝・初潜水

 

ミゾレチョウチョウウオが、かたっぱしからオヤビッチャの産み付ける卵を食べます。
そして、めちゃめちゃ怒るオヤビッチャ。

上がると、なんと太陽が出ている!
W氏の天気予報は大当たり。

マスク痕が付く前に、記念撮影しときましょう。
ヘラヤガラを愛するN子先輩面白すぎる。

本日のアメッド、波なし、流れなし、水温28℃、透明度(ドロップオフ15m、ビーチ10m)

2本目のRさん、自分で準備してエントリーまで。すばらしい。
1キロウェイトを減らしたら、だいぶ泳ぎやすくなりました。
アメッドは漁礁がいっぱい。

 

一緒に見たキイロウミウシ

 

ミゾレチョウチョウウオ、じっとしているRさんに近づいていっちゃった。

 

マダライロウミウシが動き回ります。

 

今日もたくさんツバメウオたちが近づいてきました。

 

ムスジコショウダイ幼魚、成長中

 

Rさんにコバンザメがくっついた!笑

 

最後は子供コブシメ。
がっつり潜れちゃいました。
W夫妻からも『バリ島の魚影の濃さは予想以上だった』との感想。
嬉しいですね。

 


帰りはなぜかマヤサヌールにみんなで寄ることに。
去年OPENのまだ新しくてゴージャスなホテル。
お部屋にまで入るのは、今回が初めて。
バルコニーからは、このような別世界が・・。

皆様、今日はありがとうございました。
話が面白すぎました。
W夫妻、2日間ありがとうございました。

パダンバイ ファンダイブ

0

昨夜、『スマスマの最後』の『最後の部分』を見て、喪失感いっぱいの早朝。
皆さん、長いことお疲れ様でした~!と声をかけてあげたいですね。
ちょっと寂しい気持で始まった一日でしたが、気持を切り替え、パダンバイ3本勝負。

本日は東京よりお越しのWご夫妻。
はじめまして!明るいW氏とN子さん。
エントリー10分後にトラブル勃発でしたが、W氏が冷静に伝えてくださり、3人揃って落ち着いて行動ができました。
W氏のスキル&落ち着きに拍手。
経験者でよかった・・・。

本日のパダンバイ海況よしです。
波なし、流れなし、透明度15m、水温29℃
そして、雨季にして太陽ぎらぎら!!休憩が暑い。

『群れ』リクエストのご夫妻、まずはオヤビッチャの群れ

 

キンセンフエダイの群れ、クマササハナムロ群れなどいっぱいー。

 

2本目は、N子さん希望で、1本目で行けなかった沈船へ。
ハダカハオコゼはいつも通り。

 

フレンドリーなヘラヤガラが・・・。

 

店主の股から離れない・・・。笑
しばらくホバリングのまま、写真モデルになりました。
ヘラヤガラにストーカーされたのは、初めてです。

 

まだヨチヨチのネッタイミノカサゴ

 

イソギンチャクが丸まりかけ。

 

水中でもステキなバディです。

 

潜水艦オデッセイ号がこの近さ・・近すぎるって。

 

3本目は、ドロップオフからスタート。
ウミガメ様

 

久しぶりのホワイトティップリーフシャーク。大きな個体でした。

 

オレンジバンデットパイプフィッシュ&ミナミハコフグ幼魚

 

クマノミたちとN子さん

 

ヨメヒメジとオジサンが一緒にクリーニング。
ヒメジ専門店かな。

 


心配だった耳も抜け、エア持ちもよく、ばっちり夫婦ダイバーでした。
お疲れ様です。

水中を浮遊する不思議なものも発見。
船頭におすそ分けした際、食べ終わった後、海に捨てる気がしたので『ゴミは捨てないで』と念押し。
ところが、水中で偶然そのゴミを見つけてしまい回収(10cm四方の包み紙1枚)。
ボートから結構離れているのにね~。
問いただすと、船頭たちはびびっていましたね。
『風で飛んだんだ』と言い訳・・・。
嘘は、ばれます。

N子さんは、店主よりちょっとお姉さま。
低血圧、夜型、睡眠の質など共通点があるある。
近い将来店主の体に起こりうることなどいろいろアドバイス頂きました。
W氏&N子さん、今日は一日ありがとうございました。

人生初のUFO焼きそば

0

インドネシア在住日本人の間で、最近ぽちぽち話題にあがるNISSINのUFO焼きそば。
立て続けに2つの味が発売されました。
嬉しいことに、在住者より頂くことができて食べ比べてみました。
麺類大好き~。

今年6月に発売された日本ソース味(Rasa Saus Jepang)。
スラバヤのK夫妻より頂きました。
スパイシーマヨネーズはどうかなと思いましたが、濃すぎずおいしかったです。

今年10月に発売された カレー味(Rasa Kari Pedas)。
デンパサールのTさんより頂きました。
Tさんの評価が『イマイチ』だったので、期待せずに食べてみました。
店主は、まあまあの評価です。まずくはない。
ただ、焼きそばがカレー味じゃなくてもよいと思います。
焼きそばはソースで、カレーはカレーライスで食べたいと思います。

蓋を開けてびっくりでした。
これでもかってほどの薬味たち。
最終的には麺と交じり合い消えましたが・・・冷汗

そして、お湯を捨てる『湯きりシート』が蓋を開けた時に一緒にめくれちゃった~。
不覚でした。
改良の余地あるかもです。
Rp.10.000(約90円)ぐらい?で、リーズナブル。

店主の中で、カップ焼きそばの王様はこれ。
マルちゃんの『やきそば弁当』。
この写真は当時店主が買っていた頃のパッケージ写真(30年以上前)。

『大判』が出てきたら、もちろん大判を買っていました。
当時、部活で腹ペコでしたからね。
捨てるお湯が中華スープになるのも、当時嬉しかったです。

実はこれ、北海道限定商品だったということは知りませんでした。
この前、K夫妻から聞いて驚きましたよっ。
なので、日本でUFO焼きそばを食べたことがないのです。
上記の2つが人生初のUFO焼きそば!!

パン、お茶、カップ麺など、大手日系企業が現地向けに、ここインドネシアでも頑張ってくれています。
日本人として、応援してゆきます。

桟橋Jetty ファンダイブ

0

本日はデンパサール在住YH氏とJettyへ。
店主のお楽しみダイビングDAY。
本日のJetty、海況抜群。
波なし、流れなし、うねりなし、透明度15m、水温28℃、釣り人少なし。
先週は子ジンベイが出たそうなので、ちょっと期待もしつつ。

YH氏は、出だしからダイブコンピュータも壊れちゃって、最後はファーストステージもおかしい。
そんな訳で、いつもは放置ですが今日は『なんとなく一緒に潜る』ことに・・。
そして二人とも、立派なゴマモンガラより猛攻撃を受けます。
にげよう・・・。

至福のエントリー、わーーーーーーっ今日はきれいだ!!!

 

タイワンカマスの群れと本日のバディYH氏(イントラ)。

 

きゃーーーーっ、アカククリ幼魚とミナミハコフグ幼魚。
幸福物質出ます。

 

今、増えているヒメオニオコゼ。砂の中に潜っているところ。

この後、砂かぶって完全に消えます。

 

今日の透明度、Jettyにしては抜群!!

 

 

タコはシーズンであちこち。

 

ツマジロオコゼも、たーくさんいます。

 

アジの群れ~

 

ステキな配色のワカヨウジ

 

先月から突然カエルアンコウがいなくなっちゃいましたが、本日の1匹目はピンク。

 

またまた群れーーー
ロングダイブになっちゃう。

まったり水面休憩は、おいしいパン。
YH氏の差し入れでスラバヤ土産。
ありがとうございます。
釣り人は少ないし、穏やかで最高なダイビングDAY。

2本目は若干透明度が落ちたものの、流れなし。

親子アカホシカニダマシ

そして、水中で迎えた11:31頃、とんでもないものを発見。
んっ??
なんじゃーこれ・・・・。
まさか・・・。
なんで水中に???
ダイビング歴23年ですが、初めて遭遇。
この先も遭遇することはないでしょう。
頭グルグルしながら、ダイビング続行。

 

でかーい、ふとーい、ドクウツボ。

 

キカモヨウウミウシがもう一匹とらぶらぶ。

 

マゴチ泳ぐ、ワニゴチもいたそうです。

 

ラストのカエルアンコウは最後の最後に深緑ちゃん。
本日は2匹だけ。

エキジットしてからは、さっき遭遇したものについて話し合い!!
ランチは恒例チャンディダサのレセハン。
今日のプレッチン・カンクンは辛すぎて、店主が残してしまうほど・・。
辛くても、テーマはさっき遭遇したものについてどうするか。
もう頭がそのことでグルグル。
バリ人たちには反対されましたが、YH氏と店主は日本人。

 


ランチの後は、反対を押し切り、マンギス村警察署へ。
日本人だったら、警察へ通報するのが当たり前なのですよー。
昔、あることで被害者として警察に通報した時は何時間も事情聴取されましたが、
今回は、被害者ではないのであっさりとしたもの。
そしてこのようにのんびりしている警察署員たち。
全く動く様子なし。もう帰る時間だしね・・。

YH氏と頭グルグルのまま帰ることができず、夕飯は和食NAGOYAへ。
カツ丼ほお張りながら、話し合い。→日本人はホント真面目!!
さて明日もう少し動いてみよう・・。

バリ島日系ショップ 忘年会

0

2016年もあと2週間で終わり。
毎年毎年、はやいですね~。
バリセーフティトラスト(BSTJ)メンバーを中心に8ヶ月ぶりに集まりました。
今年のバリ島ダイビングは、大きな事故もなく、BSTJとしては急ぎの議題もなく、全体の会議もほぼありませんでした。
何もないのが一番、無事に終わった2016年だったといえます。

お疲れ様ということで、昨夜は忘年会。
場所は、サヌールの和食処 NAGOYA。
サヌールでは有名ですが、ヌサドゥア・ジンバラン組には難しい場所だったようです。
迷子になっちゃったS子イントラ・・・・カレー屋で待ち合わせれば良かったと店主は後悔。

 

今回は、10社14名が集まりました。
水温28℃でも5.5mmウェットを愛するK会長の挨拶でカンパイ!!
皆さんが持ち込む日本のお酒たちすごーい。
道産子店主は、沖縄泡盛いただき!

 

色鮮やかな前菜。一人1皿!!

鶏のから揚げ。
触感は『ザンギ』に似ていてGOOD。
もう少し漬け込んだ方がよいかな・・・これが名古屋の味なのかな?

今回は料理長お任せコースで堪能させて頂きました。
いろいろ出てきました。

昨今の業界話・情報交換・噂話をお酒片手にあーだこーだ。
やはり、皆さんどっぷりバリ島に根を張って、事業されている方々の話はリアルで面白い!
外国人にとって住みにくい国になっていることは間違いありませんね・・。トホホ

3名すでに帰られた方がいますが、閉店時間を過ぎまくり記念撮影。
日本人料理長も疲れて先に帰ってしまいました。
飲み会幹事のH コースディレクター、取りまとめありがとうございました。

二次会は、歩いてそのままPダイバーへお邪魔。
広い!土地が余ってるじゃん。
ダイビングプールを皆で作ろうよ~。
掘り堀り、左官工事はみんな手伝いますから・・・。

二次会もお話がはずんで、日付変わって1:30まで。
副会長O氏はいつも通りバッテリー切れ。zzzz

これからちょっと忙しくなる年末年始も安全に楽しく頑張りましょう。
来年も宜しくお願いします。

 

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

本日は、関東よりお越しのW氏&N氏をパダンバイへご案内しました。
はじめまして~。
店主、滅多にない『紅一点DAY』です。
ふふふっ。

パダンバイの海況よし。
波なし、流れ(2本目)、透明度10m~15m、水温29℃。
晴れたり曇ったりで、雨なし!
W氏はCカード保持者ですが、N氏の体験ダイビングに付き添います。

実は、お二人ともサーファー。
連日サーフィンの中、バリ島ステイ3日目にダイビングを入れたらしいです。
もちろん、明日もサーフィン。
さすがサーファー、水に対する抵抗感ゼロ。
N氏、落ち着いてスムーズすぎるエントリーでした。

 

エントリーで出迎えてくれたのは、ニモ!

 

W氏が初めて見たという、センジュイソギンチャクが丸まっているところ。

 

キンセンフエダイの群れ

 

安全停止はびっしりサンゴ

 

W氏も感動してくれたテーブルサンゴ

 

流れる可能性ありでしたが、ワイルドな紳士たちにお見せしたかったドロップオフへGOGO。
体験N氏、バックロールエントリー(ボートからひっくり返る)もばっちり。

 

マダラタルミちゃんの幼魚といっても、もう7cmぐらい。
まだかわいいよ~。

やはり途中から少し流れが出てきた・・・。
でも、振り向けばダイバーW氏はぴったり付いてきます。

 

Large spotted snake eel に付きまとうオジサン。

 

流れを抜けてブルーラグーンで水中休憩。
かわいいさかりのミナミハコフグ幼魚。
小休憩しながらもボラの群れ、チンアナゴ、ヒラメ、ヘラヤガラなどを観察。
体験N氏は、中性浮力の自主練習をしてるし・・・いいね!
ブルーラグーンの湾から出るのは戻れなそうだったので、流れのギリギリラインでダイビングを浅く続行。

 

体験N氏の手を離してみると・・・WOW!!
美しく泳いで来る。笑
これには、ダイバーW氏もびっくり。
店主もびっくり。

 

W氏、かなり観察する余裕がうまれました。
流れ対策もばっちり。

 

 

アカエソがらぶらぶ中

 

体験N氏、中性浮力でサンゴのフタスジリュウキュウスズメダイ観察。
さすが、サーファー!身体能力が全然違いました。
『興味が出てきた』と言って頂けました。
N氏なら、余裕の講習間違いなし。

 

 


がっつり2ダイブの後は、癒しのバリ猫タイム。
いや、ランチです。

サーファーの紳士たち、今日はありがとうございました。
陸も水中も楽しかったです。

アメッド ファンダイブ

0

今日は、スラバヤK夫妻のリクエストでアメッドへ。
渋滞が一切なく、あっという間にアメッド到着。
天気もよく、ワクワクです。

ビーチ水面は、ゴミがいっぱいでしたが、ボートダイブでは問題なし。
全体的に穏やかで、若干白っぽかったですが透明度10m~15m、水温29℃。

 

キャベツサンゴ、割れずに元気です!

 

奥様Mさん、今日も絶好調。

 

わーお。
三種の交差点にK氏が・・・・でも、見えません。
キンメモドキ、クマザサハナムロ、キンセンフエダイ(ヨスジフエダイ交じり)。

 

 

こちらは、純粋なキンセンフエダイの群れ。

 

クラゲーーーーー様、登場!!
中には、小さなハナビラウオが2匹を乗せていました。
こういう漂流生物とは、本当の一期一会。
元気でね~。

 

2本目は竜宮城ポイントGOGOです。
(船頭さん、この写真かなりいけてないんですけどぉぉ・・・!?)

 

今日のグルクマは深場を行ったり来たり。

 

ご夫婦で大きなカメラ。
ウォールはさくっと群れを楽しみ・・・・

 

メインの竜宮城へ。
最初は流れがありましたが、頑張りまーす。
そしてすぐにおさまりました。

 

K氏もMさんも、竜宮城は初めてです。
ブリーフィングで話したあの子たちがいなくて一瞬焦りましたが、隅の方に静かに群れいました~。

 

ダイバーは私たちだけだったので、ヒメツバメウオを独占。

 

K氏、見えません。笑

 

後半ずーーーと、戯れさせて頂きヒメちゃんたちありがとう。
THE ロングダイブ
お疲れ様でした。

今夜の打ち上げは、サヌールでお肉レストランです。
でも、お腹が空きすぎて耐えられなさそうなので、スタッフと一緒にBakso(肉団子スープ)をとりあえず。
ふふふ~っ。
肉団子がでかすぎ!

うまーーーい!

Kさん、Mさん、2日間ありがとうございました。
そしてそして、K氏ハッピーバースデー。

桟橋Jetty ファンダイブ

0

本日は国内リピーター様のリクエストで、桟橋JettyへGO。
スラバヤのK氏&奥様Mさん、ジャカルタのM子さんです。
ジャカルタのA氏は、昨夜、飛行機に乗り遅れてバリ島へ飛べず・・・急遽キャンセル(涙)。
長引いたミーティング、豪雨、渋滞・・・・出張先のスラバヤ空港は遠かった。
国内連休だとかで、その後のフライトも満席だったそうな。
バスで来れば?』と告げたかったですが、さすがにジェントルマン駐在員には言えませんでした。

本日のダイビング、海況が思っていたよりもGOOD。
なんせ、雨続きなもので。
3本とも、波なし、流れなし、透明度8m~15m、水温29℃。
どんよりしていた空でしたが、たまに太陽が出たり、雨には当たらず。

1本目は引き潮だったので、とりあえずジェプンへ。
M子さんの耳抜きが今日はスムーズ!!

 

起立

 

昔、インストラクターだったMさんが今日撮りたかったもの。
結果は祈ります・・。

 

 

ピンクスクワットロブスター。えび!

アカヒメジの整列

 

 

 

M子さんが見つけた出歩くクモウツボ。

 

キリンミノ目線

 

 

2本目は幸せホルモン『セロトニン』を増やして、桟橋Jettyへ。
休憩にバナナをもりもり食べるリピーター様たち。
釣り人、少なくてよかった~。
レベル的には中上級者向け、カメラ派、マクロ派、生物派にオススメポイント。
ゴミ、たくさんです。

なぜか、ムレハタタテダイが増殖中。

 

コロダイやヨスジフエダイ、お子様組。

 

イッポンテグリやセミホウボウは、そこらじゅうにいます。

 

目立つから、あまり出歩かない方がいいよ~。

 

巨大ヒラメを撮りたかったK氏ですが、今日はマゴチでした。

 

シマウミヘビとM子さん。
どうしても、ロングダイブになってしまいます。

船上でもりもりランチを食べ、パイナッポーまで食べて3本目。
誰も酔うことなく、やはり在住邦人はタフですね!

水面下は群れがいっぱい。

 

 

ここに何百本生息しているか分からないワカヨウジ。

 

トゲトゲウミウシは、個体数だいぶ減りました。

 

2本目にK氏が見つけたカエルアンコウ。全然動いてないし。笑

 

活発なチリメンウミウシ、すぐ上にはハダカハオコゼがおりました。

 

タコのシーズン、たくさん見ました。
M子さん&Mさんは、アカククリの幼魚も撮ってましたね。
いいな~、店主見てない!

 


皆様、がっつり3ダイブお疲れ様でした。
いつもありがとうございます!
(ジャカルタA氏は、また来年)

ページのトップへ