11月, 2016 のアーカイブ

トランベン ファンダイブ

0

神奈川よりお越しのKご夫妻をパダンバイへご案内しました。
ジンバラン・早朝発の日帰り3ダイブ!
本日は新月ですが、どんな海況かな?
南部はどんより天気でしたが、トランベンは晴れ。

本日の海況は、GOOOOOOD。
波なし、流れ3本目だけ少し、透明度18m、水温29℃。
こういう日は本当に楽チンエントリーー&エキジットです。

img_6395

1本目はドロップオフへ。最初からアジ玉。オックスアイスカッド(アジの仲間)。
増えてていい感じ。

 

img_6399

1年のブランクがあるK氏とMさんですが、さすがアドバンスダイバーすぐに勘が戻ったようです。
スミレナガハナダイが美しい・・。

 

img_6405

オヤビッチャすぎる。

 

img_6435

帰りもオックスアイで戯れました。
玉から帯状へ長くなってました。

いつも使うレストランが大改築で入れず。
3日前に予告なしにスタートしたらしい。冷汗
重機が入ってすごいことに。
その代わり、リゾート内に仮設レストラン出現。
トイレが遠くなってしまいました。
2ヶ月ぐらいかかるって、年越ダイブで予約しちゃってるんですがレストラン完成しないじゃーん。

img_6443

2本目はリバティ号沈船。

 

img_6449

Mさんがときめいていたコクテンフグ。

 

img_6456

ハダカハオコゼ黄色ちゃん

 

img_6463

かわいい盛りのミナミハコフグ幼魚

 

img_6470

スーパー中性浮力のK氏とアヤコショウダイ。

 

img_6477

悲しいことにラストダイブです。
Mさん、今回、耳抜きの問題が全くなかったそうな。
ビーチエントリー効果!?

 

 

 

img_6498

クマノミコロニー

 

img_6501

船の中へ。

 

img_6505

夫婦でステキなバディでした!

 

img_6509

3本目は流れが少しあったので、チンアナゴも出まくり!
たくさん食べてね~。

昨日到着で、今日は早朝発遠くのトランベン3ダイブ。
タフですわぁぁぁ。
で、明日はMさんの弟さんがバリ島挙式だそーです。
おめでとうございます。
ご家族とバリ島を満喫していってください。
今日は楽しい一日をありがとうございました。

今日は勉強になったなぁ。
なぜ重い飛行機が飛ぶのか分かった気がします。
水中&ダイビングとの共通点も発見。
目からうろこ。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

埼玉のMさん、名古屋のNさんをパダンバイへご案内しました。
はじめましてー!
かわいいガールズ2名とダイビングです。
一見お友達に見えますが、なんと、いとこだそうです・・・。
いとこと何年会ってないんだろう?と自問する店主。冷汗

朝からどんより、途中は雨でどうなることかと思いましたが、パダンバイはだんだん晴れてきてほっ。
少なくともダイビング中は太陽が出ていて、神様に感謝。
雨ぽかったので期待していなかった海況ですが、まさかのベストコンディション。
波なし、流れなし、終始穏やか。
透明度18m、水温29℃。
ついているガールズです。
埼玉Mさんはアドバンスダイバーですが、名古屋Nさんが体験ダイビングだったので一緒に潜ることに。

Mさん、耳抜きが苦手だと言っていましたが、意外とスムーズにエントリー。
体験Nさんも問題なし。

img_6273

体験のNさんが見つけてくれたハナヒゲウツボ。
今日のガールズは、陸でも動物好き。
水中でも生物派ダイバーの印象でした。

 

img_6288

バラハタが存在感ありあり

 

img_6295

1本目からがっつり飛ばしてしまいました。
穏やかで暖かい・サイコー!

 

img_6301

2本目行ってきます~。
体験Nさんにバックロールエントリー(どぼーんと後ろ向きに入る方法)をやってもらうと、万歳で落ちてゆきました。
両手が万歳状態。
もうログ付け時に大爆笑。

 

img_6302

2本目、かなり慣れたようです。

 

img_6309

キリンミノをたーくさん見ました。
綺麗だけど、危険ですよー。

 

img_6318

これまた体験Nさんが見つけたウツボ。
臆病なので優しく見守ってください。

 

img_6336-001

店主が反応したのは、このツユベラ(ぼけぼけですが)。
幼魚はよく見る。成魚もよく見る。
これその途中で艶やか!!
人間で言うと中学生ぐらい。

 

img_6341

らぶらぶウミウシ
おやすみ~

 

img_6348

ここのサンゴ、茂ってる感じが好きです。

 

 

img_6351

人気者のニモ

 

img_6363

いとこで潜る記念
Nさんの安定感、ダイバー講習受けた方がよいです!
素質ありありです。

 

img_6365

ここも絶景で、浅いところで列をなしてます。

 

img_6374

イソギンチャクが丸まってる日。
ここのハナビラクマノミは4匹ファミリー。

 

img_6377

2ダイブ目は、2回もゴマモンガラ攻撃を受けました。
本日の標的は、埼玉Mさん。
でも、上手に水平に逃げていました。
大体、産卵するのは、7m~9mの水深。
ちょうど体験ダイビングルートなのです・・・苦笑

 

img_6386

最近エキジットで使わせてもらっているムレハタタテダイの群れポイント。
あっという間に、ロングダイブになってしまいました。
埼玉Mさんの水中写真成果はいかがでしたか?

 

img_6389
お疲れ様でした~、キラキラスマイル。

ガールズをこの度紹介してくれたのは、店主のインドネシア同胞 『としやさん』。
響きが懐かしいな~、としやさん!伝説のとしやさん。
東京で活躍しているようで何より。
ダイビングもピカイチだったなぁ。

Mさん、Nさん、楽しい一日をありがとうございました。
陸も水中も笑いがいっぱい。
そして、お土産も大切に頂きたいと思います。

雨季 ○○の季節

0

今年初めからずっと気候がおかしかったのですが、雨季には通常通り入ったようです。
バリ島は完全に雨季入りしました。
ここ数日天気がぱっとしません。

雨季に入るとフルーツがいろいろ出てきておいしいです。
大好きなマンゴーやマンゴスチンがたくさん出回ります。
一方、デング熱が流行る季節でもあります。

今朝、まだ薄暗い5:30。
かなり近くで爆音が聞こえてきたので、外へ出てみるとこんな感じです。
バリ島に越してきたばかりの日本人夫婦が、『戦争が始まったのかと思った』と昔言っていました。笑

img_5523

全身黒づくめで、顔も覆っているのでまるでテロリスト。
バズーカ砲ではありません。
殺虫剤散布の真っ最中でございます。

 

img_5531

ゆっくり下水溝沿いにまいてゆきます。
もちろん、家のドアが開いていると家の中も真っ白になります。
これで蚊やゴキブリは死にます。
池の魚などは問題なし。
人体にも多少影響あるのでしょうが、デング熱になるよりは良いと思います。
散布のお仕事してくれている方に感謝。
ありがとうございまーす。
村役場のお仕事なのかな?

 

 

img_5537

あっという間に真っ白。
散布は通常、デングの蚊が活動を始める夜明けで風が吹いてない日がベストです。
今朝はコンディションばっちりだったと思います。
今朝は、あっちの区画をやっていましたが、先日20日(日)はこっちの区画を散布していました。
これでかなり安心です。

10年ぐらい前、店主はデング熱にかかりました。
急激に39℃まで熱が上がりフラフラ。
いろんな症状がありますが、店主の場合、ひどい筋肉痛・関節痛・悪寒で寝込みました(トイレまで移動できず)。
通常、入院するそうですが拒否。
デングの薬はないので店主は自宅療養をしました。
その年は、デング熱流行年ということで近所で多くの方が発症。
今思うと軽いデングだったんだと思います。
ただ、デング2回目になると重症化することが多いらしいので、『もうデングになれない』という気持で生活しています。

大切なのは2点だけ!!
・昼間の蚊に刺されないようにする
・免疫・体力をつけておく

デング熱は、ネッタイシマカやヒトスジシマカが媒介になります。
夜明けから日没まで、太陽が出ている間に活動する蚊です。
昼間の蚊には神経質になる店主です。
蚊が好む膝下を重点的に虫除けローションを塗ります。

デング熱などの感染症は、免疫が高ければ発症しないこともあるようです。
異常に疲れていたり寝不足だったりすると、体内で負けちゃうんでしょうね。
日々、心身ともに良い状態を保つことは大切です。

日本ではデング熱患者が出たと大騒ぎしていましたが、日本だって戦前はあったわけです。
飛行機や荷物にくっついて蚊が日本に入り込むことは、容易です。
スーツケースの中に入っているかもしれないし。
こちらでデング熱は珍しいことではありません。
そんなに恐れることはありません。
最近、ワクチンがついに出来たそうですし。
恐れるより、蚊に刺されない努力を!

 

 

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

埼玉よりお越しのT夫妻と茨城よりお越しのF氏はじめまして!
T氏とF氏はいとこ。
そして、F氏は昨日バリ島で挙式だったんです。
おめでとうございまーーーす。
結婚ほやほや。
新婦は、以前体験ダイビングができなかったそうで、今回はご両親らと観光だとか。
リクエストのパダンバイへご案内です。

朝から晴天で気持ちいい~。
本日のパダンバイは穏やか。
水温28℃、透明度が若干落ち気味で浅場は10m前後。
深場はなかなかきれいでした。

F氏もT氏もCカード保有者ですが、ブランクがあるビギナーダイバーだったので、体験のEさんと一緒に復習。
いろいろ記憶が蘇ってきた様子。

 

 

img_6187

1本目、店主はEさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
8年前に沖縄で体験ダイビング経験を持つEさん、全く問題なし。
耳抜きも上手にやっていました。

img_6201

途中でブランクダイバーの男子組!
青いフィンは、8年ぶりのT氏ですね~。

 

img_6203

結婚ほやほやのF氏。
カメラ持参です。

 

img_6217

体験Eさん、かわいい。
小さなヤッコエイもかわいかった~。

 

img_6220

2本目はみんなでエントリー。
若いのに礼儀正しく、ステキな一族です。

img_6224

T夫妻は3人でダイビングをするためにフライトを一日延ばしたそうな・・。
せっかくなので、がっつり潜っていってください。

 

img_6228

2本目は夫婦組とカメラ組で分かれることに。
ニモ!(1本目はドリーもいた)

 

img_6229

F氏はカメラデビューですが、この時のイソギンチャクカクレエビ写真GOOOOOOOOD。
ちょうど、このミゾレチョウチョウウオが入り込んでましたが。

 

 

img_6231

アカハタとケヤリムシが一体化

 

img_6235

人気者、ミナミハコフグ幼魚

 

img_6247

ちょっと深度とれば、なかなかの透明度でした。

 

img_6248
後半は、かなり慣れてこの中性浮力&姿勢!!
末永くお幸せに・・。

 

 

img_6250

エキジット寸前に小さなウミガメでした。
これは縁起がいいっ。

 

ダイビング無事終了です。
本当に皆さん礼儀正しくて、(店主が)心地よい一族でした。
楽しい一日をありがとうございました。
F氏、いつまでもお幸せに。

 

Jetty ファンダイブ

0

スラバヤからお越しのリピーターTさんをリクエストでJettyへご案内しました。
バリ島に置いて行ったレギュレーターは、美しくオーバーホール済み。
呼吸が楽しくなりますね~。

早朝サヌールは、大雨でどうなることかと思いましたが、パダンバイ・マンギス方面は晴れ!
暑かった・・。
桟橋Jettyの海況は、水温29℃・・・・あつい!
透明度10m前後、一時流れ少し、基本2ダイブとも穏やかでした。
釣り人は、平日のせいか10名~20名と少ない。
ただ、使われない桟橋のはずなのに、割と大きな船が停泊してるのが気になるだけ。
あなた方は誰?
税金で作った桟橋が、釣り人とダイバー以外に使われているのを初めて見たのでした。

 

img_6062

特大ハナミノカサゴがホバリング。
たまには顔上げよう。
気をつけてね~。

 

img_6075

小さなニシキフウライウオ

 

img_6079

蛍光ブルーが少なすぎる(?)シマウミスズメ

 

img_6085

ステキなブルー、サザナミヤッコ幼魚。
今、このサイズよく見られます。

 

img_6090

活発なヒメオニオコゼ・・・今日はなぜかサンダルが多かったな。

 

img_6092

Jettyのシマヒメヤマノカミはホバリングもします。
個体数増えてます。
黄色個体探しましたが、おらず。

 

img_6108

オニカサゴにトゲトゲウミウシが・・・・・・・・・・・・・・・乗ってる。
プライドはないのか??
トゲトゲウミウシ、この辺り群れています。

 

img_6123

みんな集まってるのですが、何を食べているんだか。
気になるけど近寄れない・・。
桟橋下、ゴマも増えてるし。
まだ凶暴ではありません。

 

img_6129

あの船、まだいる!
全長25mぐらい。
船には<KPLP>の文字と<イルカのロゴ>
政府ぽい。
船頭によるともう4日間ぐらい停泊しているらしい。

調べてみると、KPLP=Kesatuan Penjagaan Laut dan Pandai Indonesia (英語 Indonesia Sea Coast Guard)
日本の海保が、Japan Coast Guardだから、一番近い?
KPLPが沿岸警備ためにあと100隻は必要で、今年はとりあえず30隻入札済み。
1隻250億ルピアって、これ円でいくらなんですかね・・・。
かけることの30隻?
どこにそんなにお金があったのでしょうか。
すごいね~、インドネシア。
でもでも、防衛は大切。

img_6132

2ダイブ目は、ニシキウミウシから。
美しい。

 

img_6134

Tさん、ばっちりとれてました!

 

img_6145

今日は群れが少なかったかな。

 

img_6148

ツマジロオコゼも増えてますね。

 

img_6158

最近見るこの子、分かりそうで分からないので調査中。
ウツボもまだまだ未分類があるようです。

 

img_6160

これはでかくて怖かった。1mぐらいですよ。
Tさんと震え上がりました。
歯が怖すぎ。
顔的にはカレイですが、歯的にはヒラメ。
オヒョウだったら納得なんですが、形が違う気がするし。

 

img_6177

サザナミヤッコの稚魚!まだまだ模様が単純。

 

img_6185

Tさん、ロングダイブ2本お疲れ様です!
釣り糸にかかることなく、美しく無事終了。
ってか、カエルアンコウ系1匹も見なかったぞっ。
何処へ?
やはり、水中は気持いいなぁ。

パダンバイ ファンダイブ

0

仕事と仕事の合間でゆっくりバリ島で充電中のKさんをパダンバイへご案内しました。
はじめまして!
去年、ライセンスをとったばかりで心配という話でしたが、ログブックを見せて頂きびっくり。
沖縄で結構潜っているじゃないですか。
スキル見せて頂き、ファンダイブGOです。
のーぷろぶれむ。

本日のパダンバイ、波なし、流れなし、穏やか。
水温29℃、透明度が若干悪く12m。
プランクトンだったので生物は大喜びな感じ。

img_5892

小さな沈船に定住になったようです。
ヒレボシミノカサゴが堂々と。
ハダカハオコゼも定住です!

 

img_5908

アカハタがそんなところに・・・

 

img_5913

ピンクスクワットロブスター増えてます。

 

img_5951

中性浮力もばっちりだったKさん。
カメラ持参です。

 

img_5930

小さなウミガメと潜水艦オデッセイ号。
(潜水艦にへばりついているダイバーは、餌蒔き係)

img_5934

Kさんのリクエストだったので、どんぴしゃでした。
ラッキーでした。

 

img_5954

腹ペコだったようで、この根から動かず、店主たちが先に上がることに。
バイバーイ、ありがとう。
1本目からロングダイブです。笑

太陽ギラギラの中で、ガールズ二人でまったり水面休憩。
人生のことなどいろいろ、マル秘トーク。
共感できる部分多々あるーーーって感じです。
甘いクッキー、二人で食いつくします。

 

img_5957

2本目はシラヒゲウニの群れからスタート。
コブシメとKさん。

 

img_5961

カイメンが寝床のハリセンボン子供

 

img_5986

アオヤガラのクリーニングステーション

 

img_5999

メタリックシュリンプゴビーは、いつかじっくりと狙います。

 

img_6003

ツマジロオコゼ、相棒は何処へ?

 

img_6013

『被写体が多くて、写真が忙しかった』とおっしゃってたKさん。

 

img_6021

オトメハゼのペアが、せっせと巣作り中。
くぐれるし、ステキなおうち。
ダイバーたち、壊さないようにお願いします。

 

img_6027

きれいだ~、スカシテンジクダイ何種か混じっています。

 

 

img_6037

オレンジダムゼルの幼魚!
もうそんな時期なんですね。

 

 

img_6050さてさて、また長いぞ。
上がりましょう。
Kさん、お疲れ様でした。
ダイビングばっちりですよ。
あとはいろんな経験を積んでいってください。
ゆっくりのんびりダイビング、ありがとうございました!
海はいいね~。

キタス もう黄色の紙じゃない

0

やっとヴィザ更新が終わり、書類等も戻ってきました。
で、びっくりしたことは・・・・。

キタスがない!
あの黄色いぺらぺらな紙。
Kartu Izin Tinggal Terbatas(暫時居住許可証)といって、こちらに住んでいる外国人の身分証明書です。
銀行、免許取得、申請ごと、契約ごとには、必ず外国人の場合は提示が求められます。
それが、この11月1日から、黄色い紙制度廃止なんだそうです。
Kartuってカードという意味なんだから、だったらもうキタスって言葉もなくなるのかな。

えーーー、うそだ。
あんたたち嘘ついてるんじゃないの?
と目の前のエージェーンを疑いましたが、手続きした書類に目を通す限り偽造にも見えず。
そんな分かりやすいこと嘘ついても、まず、エージェントにとってのメリットがない!
これまでいろいろなエージェントを使いましたが、この目の前にいるエージェントは最も信頼できることは確か。
気になって、ネット検索してもまだ施行されたばかりなのか、その手の記事はゼロ。
確信が持てないまま、代行手数料を払ってしまいました・・・。

 

img_5513あちこちでこれまでのように、キタス提示を求められたらどうする?
これはパスポートですが、この右下のスタンプを見せれば良いそうです。
黒塗り部分が、キタス番号らしいです。
オンラインだから番号で十分だとか・・・本当にオンラインなのか??
どことどこがオンラインなんだ??

このスタンプページ、左側のVISAシールページ、自分の顔写真ページをコピーして持ち歩くようにとのことです。
でも、コピーだったら、顔写真ページ差し替えたり(替え玉)など悪いことにも使えちゃいますね。
なので、結局、パスポート原本提示が一般的になるのではないでしょうか。
まあ、バリ島の場合、キタス提示を求められる場面は限られていたので、別に黄色いぺらぺら紙がなくなってもいいのかなと思います。
キタス原本を携行しなければならないジャカルタは大変ですね。
パスポート原本を持ち歩くことになるのかな。こわっ。

 

少し前まであった警察本部への報告SKLDの廃止、去年ぐらいからなくなったイミグレーションのブルーブック廃止、そしてイミグレーションのキタス廃止と廃止ものが続いています。
不要なものは無くしていい。

廃止の一方、増えてることも。
一年出入り自由な再入国許可取得の義務、村役場に住民登録義務、社会保障加入の義務など。

廃止もの=役人の仕事量
増えたもの=店主たちの出費

だからといって、デモもできない外国人の身分!笑

デンパサールのイミグレーションへ

0

カレンダーを見てみると、テレックスビザを持って日帰りシンガポールをしたのが10月6日。
就労ビザ書類が各所順調にまわっているようで、本日午前中はデンパサールのイミグレーション(入国管理局)へ。
サヌールから15分ぐらいなので、近くて助かります。
それにしても、太陽がじりじり暑い!!!
こんな日はダイビングに限ります。

img_5503毎年この時期に来なくてはならないイミグレーション。
うわ~、分かりやすい巨大な看板がついてる。
これまでの外観はまるで刑務所・・・でした。
2年ぐらい改築工事をやっていますが、まだ終わってないそうです。
おそっ。

img_5500

中に入ると、わぁぁぁーーーーーーーおっ、美しくなってる!
そしてエアコンががんがんきいて、涼しい。
もらった番号が27人待ちでしたが、1時間ほど待つと体は凍えそうなほど冷えました。
以前と違うのは、イミグレーションに出入りできる代行エージェントの人数制限されていること。
そして、エージェント利用外国人も番号をとって並ぶ必要があるということ。
横入りは店主も好きじゃないので、これは納得。

『顔写真』 『指紋採取』 『署名』をして、無事終了。

リュック背負い、Tシャツと短パンの西洋人に目が点!!
足元は裸足でした。
こりゃ、イミグレーション職員気分害するの分かります。

 

img_5501

だいぶ明るい門構えになりましたね!
8月から動いていたビザのゴールが見えてきました。
早くパスポート返してくれー。

 

 

img_5505

帰りは開放感で、バリの屋台で大好物のウルタンだけをテイクアウト。
ウルタン:豚の腸詰ソーセージ
バナナやパイナップルも衝動買い。
いつも、食べ物ばかりだなぁ・・・。

ページのトップへ