9月, 2016 のアーカイブ

トランベン ファンダイブ

0

台風の影響で飛行機が遅れ、昨日ダイビングできなかったT氏とIさんが今日ダイビングです。
そして、東京よりお越しのMさん&Rさんもはじめまして~。
ジャカルタH子さんは最終日。
みんなでトランベンへ。

本日トランベン、海況よし!
波ちょっと、流れなし、透明度15m~20m、水温28℃。

 

img_4358

あっ、H子さん、Rさん、Mさん組だ!

 

img_4363

沈船のアカヒメジ

 

img_4399

ムスジコショウダイとパチリ。
T氏とIさんを担当させて頂きました。
なんと初めてのファンダイブでした。
きちんと厳しいインストラクターに習ったのが分かる潜りぷりでした。

 

img_4402

皆さん、和気あいあい&明るい!
2本目GO。

 

img_4416

老魚すぎるか?大きなクエ?迫力満点。
全く逃げません。

 

img_4418

沈船にはサンゴもたくさん。

 

img_4420

くぐる~。
お二人とも中性浮力がいい!
ファンダイブ2本目とは思えません。

 

img_4426

2本目は透明度がよくなりました。
カスミアジが来た~。

 

img_4430

沈船のアカマダラハタ。
この他にもジャイアントバラクーダやバラクーダ、アカククリなども観察。
H子さん組は、ウミガメやナポレオンも遭遇したそうです。
みんな大満足。
H子さんと店主は波がなくて海に感謝。

皆様、今日は朝早くからありがとうございました!
今日のメンバー、全員明るすぎ。

パダンバイ ファンダイブ

0

ジャカルタのH子さんとサヌールのYさんをパダンバイへご案内しました。
(本日参加のTさんたちは、台風による飛行機の遅れで参加できず)
なので、ベテランガールズDAY。
さすが、準備、エントリー&エキジット等全てが早い!

本日のパダンバイ、海況まだまだよし!
波なし、流れちょっと、うねりちょっと、透明度15m、水温24℃~28℃。

img_4233

LOVE・テンス

img_4241

ツマジロオコゼのペア

 

img_4251

こっちは一人ぽっちのツマジロオコゼ。
全部で4匹。増えて~。

 

img_4258

ヨウジウオの幼魚?ヨタヨタです。

 

img_4274

ガールズは、初対面ですが、水中でも意気投合していました。

 

img_4277

昨日よりちょっと大きめのミナミハコフグ幼魚。
しっかりガンガゼに守られていました。
がっつり60分越えのダイブ。
Hさんは、ネムリブカを見たそうです。

 

img_4284

防寒対策ばっちりでしたが、意外と寒くなかった・・。
久々のウェット5mmで重い・・。

 

img_4287

シラヒゲウニがたくさんいましたが、どれもプラスチックゴミまで身につけてる始末。
悲しいです。

 

img_4289

久々に違う根へ。
こちらもオレンジバンデットが真っ赤な卵を保育。

 

img_4313

さてさて、ガールズは・・・。

 

img_4315

本日、オオウミウマ3匹でした。
この辺で店主のカメラは操作不能に・・・苦笑
深度を上げると操作可能に・・。
カメラは癖がありますね。

 

img_4329

人口密度が高い地区

 

img_4337

TOKYOへ行きますか!
またまたがっつりです。
ガールズ、お疲れ様でした。
H子さん、今日もいろいろでしたね。
Yさん、写真の成果はいかに??
今日はありがとうございました。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

日本の台風!!こちらもわたわたです・・・。
昨日、関空から飛行機が欠航になってしまったFさんたち。
今日、ダイビング参加できず。ってか、まだ来てない。

嘆いていると、先日機体の問題で日本からの出発が遅れて、ダイビングできなかったMさんが日にちを変えて、急遽参加表明。
突然飛び入りで、昨日予約をしてきた素粒子研究のO氏。

前から予約をしていてちゃんと予定通り来れたのは、ブルパラリピーター・ジャカルタのH子さんのみ。

そしてそして、明日のゲストも羽田から出発遅れで明日のダイビングに間に合わない・・とか入ってきました。
ひぃぃ~。頭ぐちゃぐちゃですよー。

パダンバイの海況、よしです。
波小、流れ少し、浅瀬うねり、透明度15m前後、水温22℃~28℃。
ジェプンの水温22℃の層は、水深50cmまで充満していて、逃げ場所あらず。

img_4168

皆さん、一人参加ですが、一緒に潜ります。
素粒子O氏もMさんもスムーズに潜れました。
経験豊富なH子さん、自分で水中を楽しめるタイプ。

 

img_4171

H子さんは、去年マンボウを十分堪能しています。
パダンバイは、もう庭状態。

 

img_4175

オヤビッチャの群れ、ヘコアユの群れもきれいだったな。
ただ、冷たいね。

 

img_4180

体験のお二人にぴったり付いて来るH子さん。

 

img_4182

今日のキンセンフエダイは少なかった!
尻尾がないヤッコエイなんかもいましたね。

 

img_4187

1ヶ月経ったコブシメの卵を観察し、安全停止に入ります。
お二人ともかなり慣れてきました。

 

img_4194

サツマカサゴが歩く。

 

img_4199

アヤコショウダイたち

 

img_4204

小さなミナミハコフグ。一番かわいい頃。

 

img_4208

あぁぁ~、ここは水温28℃だし天国。

 

img_4211

H子さんは、ゴシキエビを見ていたそうです。

 

img_4212

素粒子O氏より、慶良間より魚影が濃かったとのお言葉あり。
Mさん、2本目はかなり落ち着きました。
ライセンス持っているのですから、この調子でたまに潜ってくださいね。

 

img_4219
皆様、お疲れ様でした。
がっつり潜ってしまいました。
ありがとうございました。
素粒子O氏、到着早々バリ島をバイクで一周しちゃったそうです。
すごーい。気をつけてくださいね。

トランベン ファンダイブ

0

北海道よりお越しのM夫妻の2日目。
リクエストでトランベンです。

途中、すごい大雨でしたが、トランベンへ到着すると快晴。
波もなく、流れなし、透明度15m、水温29℃。
昨日と比較すると、お二人にとっては楽勝の海況。
ブリーフィング終えて、すぐにエントリー。
気持いい!

img_4069

歓迎はガーデンイールから。

 

img_4073

M氏のサイナス、Hさんの耳も問題なし。

 

img_4095

卵の中に、目がキラキラ。
赤ちゃんたちはそろそろハッチアウトのようです。

 

img_4100

腹ペコのウミガメをじっくり観察できました。

 

img_4114

小柄なHさん、ウミガメに乗ってるみたい。

 

img_4125

GO バリ島・ラストダイブ

 

img_4128

怪魚・アカマダラハタ
M氏も偶然、同じ番組を観ていました!

 

img_4129

安定して美しい姿勢で潜るM夫妻。
このまま、ダイビングを楽しまれていってください。

 

img_4140

M氏のリベンジでハダカハオコゼ。
2回目はばっちり撮れてました。

 

img_4147

奥まったところにアカククリ

 

img_4152

ストーカー、小さなコバンザメ。

 

img_4158
安全停止はお魚まみれ。
お疲れ様でした。

2日間ありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています。
故郷・北海道に宜しくお伝えください。

ファンダイブ パダンバイ

0

北海道よりお越しのM夫妻をパダンバイへご案内しました。
帯広は子供の頃に行ったきりですが、同郷です!
実は早朝より、1名ドタキャンでバタバタ・・・。
そのお方は、出発地点で飛行機遅延、しかもマレーシア乗り継ぎで、預け荷物が飛行機に乗ってこなかったためキャンセルとなりました。
身体一つでバリ島入り。
ふーーーっ。
そんな訳で、M夫妻だけのプライベートツアーです。
パダンバイ、一番のりでした。

パダンバイの海況は、見た目GOOOOOD。
波なし、透明度15m~18m、一部冷水、時々流れ、ピンクのクラゲ。

img_3972

心配されていた奥様Hさんの耳もすんなり抜けてスムーズエントリー。

 

img_3973

ヘコアユがキラキラ

 

img_3982

アラレフグ

 

img_3984

で、水温20℃!!
今季一番冷たいぞ。
ってか、9月でこの水温は遅いぞ。
冷たいのは深場だけ。

暖かさを求め、妙に濁っている浅瀬へ移動。
おーーーー、あったか~。
天国だね、と思った瞬間、流れ~~ですよ。
急に始まりました。
浅瀬のブイに鯉のぼり状態でつかまり安全停止終了。
そのうちに、急に流れがほぼ止まったのです。
戻るか進むか迷っていましたが、進むことに。

img_3995

カマスベラが魚食べる。合掌

 

img_4000

キンセンフエダイの群れやチョウハンの群れ観察。
ヨウジウオの幼魚、ハリセンボン、クギベラなども面白かった。

 

img_4013

休憩中にイルカ1匹発見。
普通は群れですが、1匹なんですね。
で、ここから離れない。
近いし、行っちゃおうかな。
マスク付けて水面から覗くと・・・・

 

img_4016

大きなイルカが1匹。
しかも、キーキー鳴いているんですね。
仲間とはぐれちゃったのかな???
会えるといいね。

 

img_4028

2本目、平和な水温29℃。
さっきと9度も差があるし・・・。
ウォールに住むまだ小さめのオオモンカエルアンコウ。
だいぶ成長してますね。

 

img_4030

M氏、Hさん、2本目めちゃめちゃリラックスです。
1本目に比べると楽チンに感じます。

 

img_4033

ランチ食べて3本目行ってきます。
ステキな水温28℃。

 

img_4036

Hさん、急成長!!
北海道在住ですが、いつも沖縄で潜っているご夫妻。

M氏は、サイナススクイズのためちょっと上にいます。

img_4047

パダンバイでよく見るシマウミスズメ。
かわいい~。
なんて、言ってたら、また流れがスタート。
今日は突然だな・・・。苦笑
さんご群生行きを断念し、ゆっくり浅瀬で戻るルート。

 

img_4051

ヒメジたちも、流れのため水底でへばりついています。

 

img_4053

1本目で学んだことを即実践。
流れ対策ばっちりのM夫妻、余裕すら感じます。

 

img_4061
ワニゴチのペア、大迫力!

奥様Hさん、すごく面白い。
芸能人の誰かに似ている気がするのだけど、んーーーわからない・・・。
M氏、Hさん、今日は朝早くからありがとうございました。
急成長のご夫妻でした。

獣医呼ぶ

0

ダイビングがなくて身体を休められぞーと思っていたら、入れ違いに突然DAKOさんが病気に・・。
まるで、この時を待っていたかのように。
まあ、ダイビングの時に病気になられるよりは、店主にとってもよいタイミングでした。
じっくり様子を観察できるし。
火曜日の早朝から、顔を押さえたり、うなって、苦しそうに敷地内を全速力で走り出しました。
その行動は、ただ事でなく、早くて見失い、悪いことに突然の大雨。
基本、家猫のDAKOが消えちゃった。
といっても、絶対に敷地を出ないので、隠れるとしたら天井裏。

全くDAKOの気配ないまま35時間が経過。
やっと足音らしきものが聞こえたので、敷地内のお寺によじ登ってみると・・・

img_5366

生きている姿を確認!
嬉しかった~。
猫は調子が悪くなると、とんでもないところに隠れてしまいますね。

 

 

img_5381

丸2日間何も食べていません。
目がうつろ。
食べたいんだけど、食べた後、口の中が病むようでなかなか食が進みません。

 

歯周病?口内炎?虫歯?

3年前、急に下半身が麻痺して歩けなくなった時は2週間食べなかった経験があるDAKO。
猫的には、2日間なんて心配するほどでないのかもしれませんが・・。

症状が気になるので、3年ぶりに獣医さんを呼ぶことにしました。
『明日木曜日の10時』でアポをとりましたが、また天井に上がってしまいキャンセル。
2回目は、『明日金曜日の9時』でアポをとりましたが、またまた前日から天井に上がってしまいキャンセル。
猫は、そういうのを察知する能力も長けているようです。

そして、今日金曜日の夕方に天井から降りて来たので、その場で3回目の予約 『今、来られますか?』。
全てのドア・窓を締め切り、獣医さんが到着するのを待ちました。

12年ぐらいお世話になっている獣医ケマル氏と再会。
お互い何も変わっていません。
3年ぶり?最後は、DAKOが下半身不随で歩けなくなった時?
もう普通に歩けているDAKOを見て、ケマル氏は驚いていました。
ケマル氏を見ると、怖がりDAKOも堪忍した様子。
店主は『歯周病』を疑っていました。
DAKO自身が口元を気にしているため。

img_3959

まずは、肛門に体温計入れて体温を計ります。
38度で平熱。

 

img_3961

聴診器で心音や呼吸を見てもらいます。

 

img_3962

そして、本題の診てもらいたかった口の中。
歯石だらけなんだろうか。
ドキドキ・・。

 

img_3963

DAKOパニック・・・。
*ケマル氏が見やすいようにライトで照らしています。
歯茎、歯、歯石など、口の中は問題なし。
きれいだそうです。
おおーーーーよかった!

えっ、じゃ、何???

『Cat Fluです』 (猫インフルエンザ/猫風邪)

『DAKOは、肺が強くない子です。元々、呼吸に問題がありますね。

一度も予防接種したことはありませんよね?
多分、他の野良猫からウイルスを移されたのでしょう。
口を気にするのも、咳をすると口内が気持ち悪くなるからです』

店主、とても納得できる診断でした。
全部当たってる。
最近、野良猫の出入りが多かったし、DAKOは4年くらい前から喘息みたいな咳込みが1日1回は見られたし。
歴代わんこ達は予防接種をしてましたが、DAKOは家猫なのでやっていませんでした。

 

img_3964

処方されたのは、抗生物質、のどの炎症止め、免疫高めるマルチビタミンの3種類。

 

img_3965

ってことで、注射3本です。
よく、頑張りました!えらい。

元気になるまで、外出禁止にしとこうね。

ケマル氏から店主に対しては、
・サヌールの某ペットショップで、免疫高めてスタミナをつけるジェルを購入し、1日1回与えること。
・DAKOが元気になったら、猫の予防接種をすること。
12歳にもなって今更、猫ワクチンですか???
これは、日本の獣医友達に一度相談してみよう。

 

今日は、原因がわかって安心しました。
歯周病で、食べたくても食べられなくなってしまったら・・・とここ数日不安でした。
口の中がきれいだったことは、本当によかった!!
12歳の中年熟猫なので、何でも好きなものたくさん食べてもらいたいし。
肺・呼吸以外は、健康体だとケマル氏よりお墨付きを頂きました。

 

当たり前だけど、ケマル氏、動物の扱いが上手いなぁ。
さすがプロ。

ジャワのマッサージ&NTT料理

0

今日は、久々の休みモード。
店主リセットDAY。
ダイビングで体が疲れちゃっているので、YH氏お勧めのマッサージ屋さんへ連れていってもらいました。
バリ島に住んでいるのに、7ヶ月ぶりのマッサージ・・・。
サヌールにあったABマッサージがなくなって以来、店主はマッサージ屋難民でした。
どれもこれもそれなりの料金で、それなりの質というか・・・満足できるところがない!
やはり、マッサージは上手じゃないとね。

そして、今日行って来たのは、ジャワ式のマッサージ『WOJO USADHA』。
マッサージは、やはり本場ジャワ人が上手いのです。

img_5356

メニュー&料金表
初めてなので、60分・ボディマッサージ Rp.60.000(480円)を試してみました。
サヌールの半額ですね。
今思うと、90分・Rp.80.000(640円)にすべきでした。

 

img_5357

ローカルな雰囲気がいっぱいですが、個室で受けてきました。
マッサージの後は、温かいジンジャーティー。
バリニーズマッサージに満足できない人は、ジャワ式マッサージを受けてみてください。
すごーーーーーーーーーーく効く。
ほぐれます。
セラピストは全員男性ですが、きちんと東ジャワでマッサージを学んできた方々ばかり。
ジャワ、レベル高しです。

img_5361

ここは2号店でOPENして3年だそうです。
本店は、Sesetan通りにあるらしく25年。

 

img_5362

観光客がここを見つけるのは大変かもしれません。
Jl. Tukad Pakerisan no88 Panjer
ブルパラから15分ぐらいですが、もっと早くたどり着けるように裏道探します。
ここはすごい。気に入りました。

体がほぐれてめちゃめちゃ軽くなったので、そのままランチ。
またまたYH氏のお勧め店。
ここに住んでいるとバリ料理、ジャワ料理、ロンボク料理はよく食べられます。
じゃ、NTT料理屋さんは、見たことがない!
NTTとは、ロンボク島より東の島々の総称。

Warung sei babi bu A’an です。
NTTの中でも、回教徒以外なんでしょうね。
このお店は、スモーク豚が売りです。

img_5363

店主は初めてなので、ナシチャンプルを注文してみました。
スープ付きでRp.30.000(240円)
スモーク豚、かなり美味です。
キャッサバの葉っぱとパパヤの花の炒めもの、やばいーーー。
ご飯をもう一つ追加してしまいました。

 

img_5365Jl.Raya Tukad Badung no.9D (中国領事館近く)
Tukad yeh Ayaから入ると右手。
これは、レノンにある税務署に行った帰り道にランチで寄りたいところです。

ジャワの上手なマッサージ1時間受けて、おいしいNTT料理をランチで頂き、チップあげても1000円使ってない。
物価上昇が止まらないインドネシアですが、まだまだ穴場はありますね。
値段が安いだけじゃ駄目!!
やはり、質が伴い、そこに満足感が得られますね。
つかの間のリフレッシュになりました。

マンタ&ヌサペニダ ファンダイブ

0

本日はヌサペニダへGOです。
ジャカルタからお越しの女子チームとデンパサール在住YH氏。
リピーターのM子さんが、同僚を連れてきてくださいました。
Sさん、Aさん、はじめましてー。
今日のメンバーは、店主含めて5人で潜りますが3人がインストラクター免許保有。

昨日は、大波でマンタポイントまで行けなかったという前情報が入り、一瞬凍りつきました。
とりあえず向って様子見てから決めようと・・・ドキドキ道中・・・。
結果、今日は全く問題なしでした!

本日のマンタポイント、波もなし、うねり少し。
マンタポイントにしては良く透明度10m、水温27℃。
曇り空だったので、太陽が出ていればもう少し明るかったはず。
まだダイバーが一組しかいないマンタポイントへエントリー。

img_3797

入って割りとすぐにマンタ様!
おはよう!

 

img_3801

ジャカルタ組もYH氏も写真が撮れていました。

 

img_3805

M子さんは動画に挑戦。

 

img_3834

また来た~ですよ。
今日はマンタ自体は少なく、3枚ぐらいが行ったり来たりしてくれていました。

 

img_3839

安全停止終わり・・・。
この頃にはダイバーがどんどん増えてました。

 

img_3843

今日は曇り空。
太陽が出ないと寒く感じます。
バイバイ、マンタ様。

 

img_3855

2本目は、マンボウ不在のクリスタルベイへ。
流れなし、水温27℃、透明度若干悪く15m。
めちゃめちゃダイバーがいました。笑

img_3857
Aさん、経験本数よりずっと安定した潜りぷり。

 

img_3863

はしか顔のホシゴンベ。
目が合うと、ほのぼのします。

 

img_3884

安全停止は、大きな根でお魚たちと戯れます。

 

img_3895

あ、少し青空。
約1名、ランチ休憩でモリモリ食べてすこぶる元気に。
酔っても急速な回復。さすが!

 

img_3896

3本目は、トヤパケでドリフトダイビング。
の予定でしたが、流れがゆるーーーーい。
後半は完全に止まり、流れゼロ。

 

img_3910

立つウツボ

 

img_3913

さんご礁をゆるーくドリフト。
ロウニンアジも数匹。

 

img_3925

サンゴも芸術的

 

img_3939

割れずにいつまでも元気でいてほしい・・・。

 

img_3945

流れ止まっちゃった。

 

img_3949

ウミガメの逆立ち。
相当おいしい物が埋まっているのでしょう。

皆様、お疲れ様でした。
難しいヌサペニダダイブが無事終了です。
念願のマンタも果たしました。
(昨日でなくて良かった!)
今日はご一緒させて頂きありがとうございました。

アメッド 日帰り3ダイブ

0

本日は、ジャカルタ在住の紳士たちをアメッドへご案内しました。
2日目の潜り倒しk氏、鉄人k氏、そしてそして8年ぶりにダイビング再開のRちん。

アメッドは天気も海況もばっちり。
流れなし、波なし、透明度18m、水温27℃。
文句なしのダイビング日和。
Rちんは、ブランクがあるので復習してからエントリー。
心配だった耳抜きも時間がかかっても、ゆっくり潜行ができたので良かった!

img_3584

雲なしアグン山

 

img_3601

突然ものすごい勢いでやってくるクマザサハナムロの大群!!!!!
大きな鉄人K氏が見えない・・・。
カスミアジの小部隊も行ったり来たり。

 

img_3636

ウミガメとRちん。
1ダイブで6匹ぐらい・・・。

 

img_3639

この子は背筋伸ばしてなんやらかたまってる。
この後、浮上。
そして太いウンチを上から落としてゆきました。
今思うと、このかたまりポーズは便意を催しているところなのでしょう。

 

img_3654

紳士たちの2本目は竜宮城ポイント。

 

img_3659

潜り倒しK氏と鉄人K氏は、大きなカメラで小さなタルミちゃんを撮影中。

 

img_3662

Rちん、2本目はエア消費がぐーーーんと減りました。
努力家です。

 

img_3676

竜宮城では、姿勢も美しくなってきたRちん。

 

img_3680

今日も竜宮城は・・・・

 

img_3682

竜宮城色でした。

 

img_3705

ヒメツバメウオの群れ!
一緒に遊ぶと、ホント楽しいいいいいいいい~っ。

 

img_3726

店主、紅一点の楽チンDAY。
力仕事は、全て紳士たち。
ありがとうございます。

 

img_3735

3本目は、まったりマクロダイブ。

 

img_3743

現在、卵保育中のオイランヨウジ・パパを見に行くと・・・・・、

ペアでずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと不思議な行動をしてる。
くるくる回ったり、絡み合ったり。
保育中も求愛ダンスをするとは思えず。
誰かわかる人がいたら教えてください。
調べてもわからず。

 

 

img_3793

小さいけど、もう形はすっかりキリンミノ。
あくびしたし、かわいかった。

 

img_3794
紳士たちロングダイブです。
ジャカルタの疲れを落としていってくださいね。

帰りはなぜか時間がかかり、アメッドからサヌール・タンブリンガン通りを通って事務所までが3時間10分。
今晩は、昨夜よりもっと遅い打ち上げディナー。
腹ペコすぎて参りました。
約1名、寝過ごしてレストランに現れなかった紳士あり。

 

img_5352

サヌールの人気レストランARENA、ご飯は必ずハーブライス!
普段、満席ですが、今日は遅すぎたせいかガラガラ店内。

アメッドの海況ばっちりできれいでした。
K氏とK氏は、いい写真がいっぱい。
Rちん、ダイビング再開おめでとうございます。
皆様、早朝から夜遅くまでありがとうございました。

 

ミンパン・テペコン ファンダイブ

0

昨日たくさんマンタを見たT三姉妹の2日目は、上級者ポイント・ミンパン&テペコンです。
今年はマンボウさんたちほとんど姿を見せませんが、何処にいるのでしょうか。
マンボウが出なくても素晴らしいサンゴを楽しみましょう。
そして、ジャカルタからお一人参加の3名様。
ってか、皆様ベテランのリピーター様!
この前、竜宮城を潜ったばかりのM子さん、正月ダイブ以来の潜り倒しK氏、そして去年マンボウを堪能した鉄人K氏は1年ぶり。
皆様、お久しぶりです。
楽しくなりそう・・・ふふふ~。

1本目ミンパン、海況よし。
穏やか、流れほどほど、うねり一部、透明度15m、水温26℃・・・いつまで温かいのでしょうか?
マンボウの気配はゼロ。

img_3461

ミンパン&テペコンでよく見るタテジマヤッコ。
この線の入り方は、メス。
ツバメウオの大群も通り過ぎます。

 

img_3465

最初はウォールに縦姿勢でへばりついてたウミガメ。

 

img_3470

川の字になってウミガメと泳いでいることに気づいていないT三姉妹。
ほのぼのです。
T三姉妹のウェットスーツは水中で目立つ色でいいなぁ。
名前入りだしかわいい。

 

img_3486

予定通り浅瀬で安全停止が余裕な海況。
まあ、ここは魚影が濃いこと・・・ニセタカサゴが行ったり来たり。

 

img_3505

T三姉妹とジャカルタ組は、すぐに打ち解けちゃいました。
日焼けしたくない人、焼けたい人、もうどうでもいい人・・・座る場所が決まります。
ってか、今日もすごい日差しでした。

 

img_3506

2本目テペコン、美しくエントリー。
流れもなく穏やか、透明度テペコンの割りに若干悪く15m、水温27℃・・・温かすぎ。
ここもマンボウの気配ゼロ。
大きなネズミフグはいましたが。

 

img_3509

ハードとソフトを合わせた《いけばな》天然美

 

img_3515

大迫力ムスジコショウダイだけの群れ。

 

img_3519

カメラなしのT三姉妹がやってきました。

 

img_3521

カメラありのジャカルタ組は、ゆっくりです。

 

img_3523

癒しのミヤケテグリ

 

img_3528

クマザサハナムロの群れがびゅんびゅんですが、1匹興奮している赤い固体が写りこみました。

 

img_3533

先日からカメラデビューしたMさん、今日は積極的に撮ってましたね。

 

img_3549

地形もワイルドなんです。
岸壁の波の打ちつけがすごくて安全停止しにくかった。

 

img_3550

今、人気者のドリー。
成魚も幼魚もいつも1匹ですが、どうやって結婚相手を見つけるのかな?

T三姉妹は、2ダイブで終了。
みんなで一度ビーチへ戻り、ランチ。
そして、お見送り。
2日間ありがとうございました。
ジャカルタ組は、2ダイブで終わるはずもなく、3本目はブルーラグーンでマクロダイブ。
長めのランチ休憩して窒素抜いて、ちょっと深場へある生物を探しに
夕方のブルーラグーンは、波があります。
透明度8m、水温27℃。
目的の二生物、どちらも見つからず・・・・ああ残念。

探し物の最中、ヒレナガネジリンボウやイエロフィンフラッシャーラスなどを観察。
今回の目的じゃないので、そこに時間がかけられず。

img_3577

今日のオレンジバンデッド夫婦。

まだ卵がお腹に付いています。

かなり、どす黒くなってますね。

夕刻エキジットすると、店主たちのボートに関係ない水着姿の西洋人が4名隅に座ってるではないですか(マスクもなし)。
ブルーラグーンビーチで遊んで、無賃乗船で隣の浜に行く気なのでは???とムッとした店主。
ところが、西洋人たち、えらく雰囲気がどんより暗い。
船頭によると、西洋人の一人が溺れかけて、うちのボート船頭がそれを救助したという話なんです。
その溺れかけたという男性の足を見ると、あちこちから出血してる。
浅瀬のサンゴにやられたのでしょう。
そこに、大波だったので、もうパニックですよね。
かわいそうにショック状態の様子。
ガイドを使わずに一人で泳ごうとするにしても、海況と泳ぐ装備を考えましょう。
意外と血だらけになる水着西洋人が多い場所です。

 

img_5349-001

名物:ネギトロ丼

遅い出発だったので、3ダイブすると遅い到着になり、当たり前に遅いディナーになりました。
本日は、用事があって遅いディナーなのにデンパサールのムティアラレストランで打ち上げ。
潜り倒しK氏は、ここのカラスミにはまっていましたが、今回はなんと3キロも購入。
そして、バリ島ブドゥグル産じねんじょ(山芋)をメンバーに頂きました。
バリ島でじねんじょ!ありなんですね。
ムティアラでの遅いディナー、ジャカルタ組も大満足。

皆様、濃い一日をありがとうございました!
サヌールにいるなら、T三姉妹も参加してほしかった。

 

ページのトップへ