8月, 2016 のアーカイブ

アメッド 日帰り3ダイブ

0

本日はガールズでアメッドへGOGO。
今はジャカルタ在住になったMさん(元ジョグジャで店主の教え子)、8ヶ月ぶりの再来!
そして、近所のYさん水中写真で参加頂きました。
本日のアメッド海況よし。
浅瀬は砂が舞い濁りがありますが、深場は白みがかっても透明度18mほど。
水温28℃。

IMG_2365

1本目は、ウミガメから。
泳いできて、そのまますっとサンゴ下に入ってしまいました。

 

IMG_2370

キンセンフエダイはいつも通り

 

IMG_2380

毎回、耳抜きで苦労するMさんですが、今回は割りと抜きやすかった!
ほどよくドリフトダイビング。

 

IMG_2395

ゴージャス!

 

IMG_2404

スパインチークアネモネフィッシュ、おはよう。

 

IMG_2421

11日ぶりのアカククリ幼魚、成長が見えますね。
体の線が濃くなって広がり始めました。

 

IMG_2425

2本目は竜宮城です。

 

IMG_2444

ホホスジタルミ幼魚に夢中ガールズ。

 

IMG_2452

ゴマモンガラが嬉しそうに泳いできた~っ。
ウニくわえて・・。
良かったね。

 

IMG_2461

竜宮城はそろそろです。
Mさんは、初のMYカメラ、マスク、ブーツ使用。
Yさんは、カメラアームの調整。

 

IMG_2483

アメッド色!!
ピンクの森で群れ群れに癒されました。
小さなウミガメまで遊びに来てました。

 

IMG_2514

ヒメツバメウオがいないと思ったら、今日は発見しにくい中層でした。
群れが大きくなってますね。

3本目は、マクロ・ビーチダイブ。

IMG_2537

ニシキフウライウオのペア

 

IMG_2545

ツバメウオと遊ぶ。

 

IMG_2569

ヤンシーズパイプフィッシュが、漁礁かなり奥に見えた!
近くで見たい。

 

IMG_2572

オイランヨウジのペアあり・・・写真を見直して気づいたのですが、お腹に赤い卵が付いてる!
ってことは、この個体がオス。
もう1匹の小さな個体がメス。

 

IMG_2591

まだまだ小さい7cmのヒメオニオコゼ。
小さくてもすでにヒメオニオコゼ。
浅いところで踏まれないでね。

ガールズ、お疲れ様でした。
がっつり楽しみました(店主も然り)。
予定通りアメッドを出発したのですが、サヌールフェスティバルのせいで、今夜はサヌールが渋滞。
全くメイン通りには入れず、Mさんには、バイパスシンドゥーで降りて頂き歩いて帰ってもらいました。感謝!
明日は、恐怖のバリ・マラソン。
出歩かないのが一番。
トランベン、キンタマーニ経由とか他店でありましたね。
おそろしやー。

ベテランガールズ、今日はありがとうございました。

トランベン&パダンバイ ファンダイブ

0

本日は、新規のゲスト様たちばかり。
東京よりお越しのNSご夫妻とシンガポール在住のMさんをリクエストのトランベンへご案内しました。
皆さん、ビギナーダイバー。
特にMさんは、初ファンダイブになります。

トランベンの海況、波がなくて喜んでいたのですが、2本とも流れ!!!
透明度20m、水温28℃で最高なんですけどね。

IMG_2316

エントリー早々、流れていたため約2名がフィン脱げたり・・・・いろいろありましたが、後半は何とかまとまりました。
奥様Aさんは、終始安定。

 

IMG_2317

船尾、きれいで行きたかったのですが、ここも流れで無理と判断しコースを変えました。
初ファンダイブになったMさん、よく付いてこれました!

 

IMG_2322

陸上は、インドネシアダイビングフォーラムがあるらしく役人がちらほら。
中央のサングラス中年女性が、トランベン村があるカランアサム県知事らしいです。
女性の進出が目立つインドネシアです。

2本目もなぜか流れあり。
でも、1本目ほどではありません。
そして、3名様皆様、もう流れ対策がばっちり。
きれいにエントリー。

IMG_2324

流れている時、チンアナゴはこうなります。

 

IMG_2328

NS夫妻も余裕、Mさんはカメラデビュー!

 

IMG_2329

友達シリーズ

 

IMG_2331

今日は水中スクーターが多かった・・・。
流れあっても平気だもんね。

 

IMG_2333

きれいに揃って船尾到着。やったー。

 

IMG_2338

沈船では、小さなウミガメ。

 

IMG_2340

流れていてもいい感じ。
慣れるとか経験って、やはり大切。

 

IMG_2349

クマノミ卵・・・もうすぐハッチアウトですね。
卵の中に目玉がキラキラ。

 

IMG_2352

流れていても進めます!
きれいだったな~。

 

IMG_2354

ダイバーたちのバブル!

 

IMG_2356

安全停止もきれいに決まりました。
Mさんの中性浮力、急成長中。

 

IMG_2359

最後はメタボ気味なアラレフグ。
皆様、お疲れ様でした。

14101725_527543560774531_708889691_n
トランベンで女子チームでパチリ。
すごいわぁ、このアプリ。

そして、今日はもう一組。
パダンバイでファンダイブをされた東京のNZ夫妻。
1本目でウミガメが見られたと報告がありました。
良かったですね!

皆様、今日も一日ありがとうございました。

マンタポイント&ヌサペニダ ファンダイブ

0

今日は、上級者ばかりでヌサペニダへ。
3日目の千葉夫婦漫才I 夫妻と近所のYさん。
Yさんは、先日ダイブマスターを取得されたそうです。
そして、土壇場で参加できなかったYH隊長は残念でした・・・次回。

出発時間が、干潮で結局1時間近く待つことになってしまいました。
それでも、何とか早く出発出来ました。
E奥様の狙いは『ブラックマンタ』。
4年前、マンタ自体をはずしたリベンジもあります。

マンタポイント、なかなか透明度がよく12mほど。
水温26℃、後半ダイバーがたくさん。
そしてマンタも最初から最後まで、いっぱい来てくれました。

IMG_2143

マンタ様!

 

IMG_2154

最高マンタ5枚連結も・・・。

 

IMG_2166

かっこいい~

 

IMG_2188

後ろからもばんばん来ます。

 

IMG_2192

もう十分見たので安全停止に入ろうとした頃、ついにブラックマンタ1枚登場。
Eさん、おめでとうございます。
じらされたけど、よかった~。

2本目、マンボウを期待せずクリスタルベイへ。
流れもなく穏やか、水温26℃。透明度は25mぐらい。

IMG_2220

I氏、夢見心地

 

IMG_2225

上級者チームなので、今日は安心感。
マンボウは深場も見てきましたが、不在。

 

IMG_2228

大きな根

 

IMG_2229

スカシテンジクダイが上の方にもはみ出てる。

 

IMG_2234

Eさん、撮れたに違いない。

 

IMG_2242

明るくて群れ群れでいいわぁ。

 

IMG_2247

I夫妻に贈る一枚

3本目はトヤパケへ。
流れもなく穏やか、透明度25m、水温28℃(あったか)。

IMG_2268

メンバーが心配なしなので少しドリフトを期待しましたが、癒されダイブになりました。

 

IMG_2282

Yさん、初アームはいかがでしたか??

 

IMG_2295

もう、うじゃうじゃすぎです。
ロウニンアジ3匹、イソマグロが通ってゆきました。

皆さん、きれいにヌサペニダを終了。
酔う方もなく、セッティング、エントリー&エキジット、水中の動きも素晴らしかったです。

楽しめました!
I氏、Eさん、3日間ありがとうございました。
ブラックマンタ、良かったです。
Yさん、次回はご飯行きましょう。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

今日はみんなでパダンバイへGO。
東京よりお越しのリケジョ3人組MKさん、MYさん、Rさん。
そして、昨日トランベンに参加された二人合計800本ダイバーの I夫妻。
相変わらず、車の中から夫婦漫才やっています・・・。
道中、天気もよく順調でしたが、

 

IMG_2040

パダンバイ手前で渋滞。
火葬ご一行様が先頭を歩いている!!
人間の歩く速さに、車が合わせているわけです。
なんとか約20分遅れで到着。

 

IMG_2043

陸上で体験講習を終えたリケジョたちは、一人ずつ水面で器材を付けて海へ入ります。
一番、ドキドキするところ。

 

IMG_2044

3人揃ってエントリーできました。
耳抜きも問題なし。

 

IMG_2050

シマキンチャクフグが群れ。
本日のパダンバイ、きれい!透明度20~25m。

 

IMG_2055

クモウツボもお散歩中。

 

IMG_2070

だんだん寒くなってきた~~。
最初は水温28℃だったのに、みるみる下がり結局21℃まで落ちました。
ぬくもりを求め浅瀬へ。
きっとリケジョたちも寒いに違いない。
水深5mぐらいで、あったかーーーーーーーっ、と幸せを感じたのも15秒ほど。
アゲンストの流れが急に始まりました。
進むのを諦め引き返すことに。
ってか、周りを見渡すとほとんどのダイバーが戻ってきました。

 

IMG_2076

鯉のぼり状態のリケジョたち。みんなできれいにエキジット。

 

IMG_2079

みんな冷えたので、水面休憩は日光浴。
不意をつかれたような冷水でしたが、これが通常の8月パダンバイ。
今まで温か過ぎて忘れていました。
ファンダイブ組のI氏とEさん夫妻、コブシメ産卵を見に行きましたが終わっていたそうです。
卵だけ見て来たそうです。

IMG_2087

リケジョたちは、今度はボートからどぼんと背中から落ちるバックロールエントリーで入ります。
全然冷たくなくて、水温28℃。
7℃も差があるなんて・・・。

 

IMG_2090

きれい・・・温かいし。

 

IMG_2099

わーーーーー、すごい。

 

IMG_2114

うわぁぁぁ。デバスズメダイの世界。

 

IMG_2117

余裕なリケジョたち。

 

IMG_2120

あっ、合計800本夫妻、ファンダイブ組!
ヒメオニオコゼのペア、しかも2匹ともきれいに鰭を開いた写真をEさんが見せてくださいました。
いいなぁ~。

 

IMG_2123

穏やかすぎる2本目、リケジョたちは落ち着いて水中を楽しんでいます。

 

IMG_2131

最後はちょっと手を離してみました。
この水中浮遊感たまりませんね。
ライセンスをとりたくなったそうです。
潜水時間42分。

 

IMG_2133東京リケジョ組と千葉夫婦漫才組の不思議なコラボ。
これがぴったり合いました。
店主も一日楽しませて頂きました。
皆様、ありがとうございました。

トランベン ファンダイブ

0

今日は、千葉県よりお越しのI夫妻をトランベンへご案内しました。
はじめましてー。
早朝の移動から、夫婦漫才・・・かなり面白いご夫婦です。

 

IMG_1963

朝は順調にトランベン到着。今日もアグン山がくっきり!

 

 

IMG_1971

4年前にバリ島でダイビングされた時、あるアクシデントがあり、トランベンに向う山越え手前で引き返すことになったというご夫妻。
今回はそのリベンジです。

 

IMG_1973

トランベン、波なし、流れ1本目ちょっと、透明度18m、水温28℃と抜群です。
波がなくてよかった。

 

IMG_1981

念願叶って沈船をゆくEさん。

 

IMG_1988

今日もダイバーはたくさんです。

 

IMG_1995

アカヒメジ&ヨメヒメジたち

 

IMG_2003

奥様Eさんは500本ダイバー、ご主人I氏は300本ダイバー。
夫婦合わせて800本ってすごいです。

 

IMG_2009

写真が悪いですが、大きなイソマグロ3匹が深場を行ったり来たり。
わーーーーい!

 

IMG_2015

ワヌケヤッコ、美しい。

 

IMG_2021

経験豊富なご夫妻なので、マクロもワイドも自分で楽しめます。

 

IMG_2023
ハダカハオコゼがいいところに正座。Eさん、いい写真撮ってました!

朝は2時間10分で行けた道も、帰りは渋滞がひどく、トランベンからサヌールまで3時間15分・・・涙。
のろのろトラックだらけ、人だらけ、車だらけ、バイクだらけで、店主もうんざりしてしまいました。
インドネシアもそろそろ大量輸送の手段を考えないと道路が限界ですね。

ご主人I氏は立川談志に顔もしゃべり方もそっくり。
タオル巻いて落語やって頂きたいぐらい。
夫婦の会話はまるで漫才・・。
店主、噴出すこと多々アリな一日となりました。
I氏、Eさん、ありがとうございました。

桟橋Jetty&パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

本日は、パダンバイです。
先週に引き続きスラバヤ在住のK夫妻。
おとといトランベンへご案内した茨城S子さんとお孫ヒロキ(9歳)
どうやら、ヒロキはダイビングにはまりそうです・・。はやっ。
すごく楽しみにして参加です。

1本目は桟橋Jettyへ。
流れちょっと、透明度12m、水温27℃。
Jettyにしてはとてもきれい!
店主はファンダイブ組を担当させて頂きましたが・・・・・カメラが作動しないというハプニング。
あぁぁぁぁ、せっかくステキなJettyなのに。
古いバッテリーがいかれちゃったことが原因でした。
オオモンカエルアンコウ2匹、グレーのカエルアンコウ1匹、セミホウボウ、イッポンテグリ、ツマジロオコゼ、ヒメオニオコゼなどなど。
そして桟橋中層をびゅんびゅん行き交う小アジの大群。
ファンダイブ組、がっつりロングダイビング。

9歳ヒロキも、桟橋下で小アジの群れを間近に体験ダイビングできました。
44分間!

IMG_1

水面休憩中の一コマ。
水面でスラバヤのおじちゃんとヒロキ。
ヒロキはただただ泳いでいます。
バッテリー持ちいいなぁ。
遊びながらも、ヒロキは水底に落ちているウェイトを見つけてくれました。
ありがとう!!!

2本目は穏やか、透明度18m、水温28℃。
最高です。

IMG_1831

潜水艦オデッセイ号がまた来た~。
S子さん、逃げます。
昨日から、ダイバーに敵意むき出しの運転・・・怒。
わざとに向って来る気がしますね。

 

IMG_1832

店主も戦いに挑むと、この近さで撮れちゃいました。

 

IMG_1836

叫ぶハナヒゲウツボ

 

IMG_1838

リピーターの皆様、3桁、4桁のログ本数保持者たち。
自分で楽しめます。

 

IMG_1852

ヒロキもきれいに潜ってる。
潜水艦も遠目で見れたようです。
2日間で、プール、リバティ号沈船、桟橋下、サンゴ&潜水艦オデッセイ号・・・・・濃すぎる体験ダイビングですよ。

 

 

IMG_1857

ヒロキ、もっと深く潜りたくてたまりません。苦笑

 

IMG_1860

茨城S子さんとスラバヤMさん。

そしてメインイベントだったコブシメの産卵を撮りに・・・皆様、初めてでワクワク。
昨日とは違うサンゴ(近所)で、産卵が行なわれているところをお邪魔しました。
昨日のサンゴには、もう卵がびっしりで埋めこむ場所なし。

IMG_1875

事前にブリーフィングで観察の注意点をお知らせしていたので、皆様、きれいに写真撮影会。
感動的なシーン。涙

 

IMG_1886

産みたてほやほや卵たち。
一つでも多く孵化しますように。

 

IMG_1899

メスが産卵している間、オスは完璧に見守ります。
他のオスが1匹来ましたが、追い払っていました。
奥の黒く見えるのがオス。

 

IMG_1913

連続だと3分間に1つぐらい産卵してゆきます。
涙ぐましい。

 

IMG_1926

オスとETタッチしたいMさん。

 

IMG_1936

ダイバーなんか気にしません。
こうして200個ぐらい産むといわれています。

 

IMG_1937

コブシメの裏側、乳牛の乳搾り前のオッパイみたい。
乳腺が張っているみたい。
これ見ているだけでも、全身全霊・必死度が伝わってきます。
本当に感動シーンでした。

 

IMG_1952

あーーー、すごかった。

 

IMG_1955

そして、3本目はスラバヤK夫妻だけゆきます。
いってらっしゃーい。
先週に引き続き、目的はホウセキカサゴ&ハナイカ。
先週は見つかりませんでした。
今回は、ハナイカ あり!!!
いろいろ見れたそうで、大満足のK夫妻。
ただ、水温は24℃。つめたいね・・。

 

IMG_1957

ヒロキ9歳とお婆ちゃんS子さん
楽しかったね~。
ボート上で船頭の仕事も手伝ってくれたヒロキ。
いろんな経験したね~。

リピーターの皆様、ありがとうございました。
超・季節限定コブシメの産卵、その感動を共有できてよかった。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

本日は、皆様をパダンバイへご案内です。
偶然ですが、皆さん東京よりお越しです。
父I氏とK君はイケメン大学3年生。
もう一組は、S氏とMさんのカップル。
Mさんは、2年のブランクがあるものの参加者唯一のライセンス保有者。

天気がよくて気持ちいい日です。
風があり水面がバタバタしていますが、パダンバイの海況は抜群。
流れなし、透明度20m、水温28℃。
最高です。

酔い止め飲んで、陸上で体験ダイビングの講習を済ませ、海へGO。
水面練習も問題なし。
IMG_1715

あっ、クマノミ

 

IMG_1723

誰も耳に問題がなく、きれいにエントリー。
落ち着いていて美しい。
今日は透明度がよい!
1本目からさんご礁をスイスイ、潜水時間40分

IMG_1739

2本目GO

 

IMG_1746

シマウミスズメ

 

IMG_1747

たくさんいるスジモヨウフグ

 

IMG_1749

エンケンさん似のお父さんI氏と大学3年生K君

 

IMG_1754

わお、潜水艦がこっちに向ってきた。
向こうはよける気配なし・・・苦笑

 

IMG_1755

K君、楽しそう。

 

IMG_1761

ライセンス保有者Mさんと体験のS氏。
Mさん、1キロ減らしてかなり余裕。

 

IMG_1765

キンセンフエダイの群れ

 

IMG_1774

小さな小さなヤッコエイ

 

IMG_1797

コブシメが何匹かかたまっているーーー。
もしかして・・・

 

IMG_1800

感動・コブシメの産卵でした。
店主は、涙が出そう。
ダイバーなんか気にしてられないんですね~。
必死!!!
ダイバーは、静かに見守りましょう。
もう卵がびっしり。
コブシメの産卵が最後にあったので、予定をオーバーして潜水時間44分。
いやー、貴重なシーンに出会えました。

IMG_1814

バリ人のお葬式がゆきます。

皆さん、今日はありがとうございました。
皆さんそれぞれの分野でご活躍されている方ばかりで話が面白かったです。

 

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

寄せ合わせ家族のようなメンバーでトランベンへ。
東京よりお越しのMさん(中身は神戸)、はじめまして。
そして、リピーターの神戸Y氏。
そしてそして、1年8ヶ月ブランクが空いてしまったリピーター茨城S子さん。
今回、S子さんの念願だった『孫と潜る』を実現!!!!
お孫ちゃんはヒロキ(小4・9歳)。
何年も前からヒロキの話は聞いていましたよー。
やっと会えました。

店主は、一日ヒロキ担当させて頂きました。
通常のブルパラ体験ダイビングは、海で行います。

ヒロキは9歳と年齢が低すぎるので、深度は2mまでになります。
ちょうどトランベンにはプールもあり、とりあえず体験講習。
今日の店主は、学校の先生気分。

 

IMG_1649

ヒロキはすぐに口呼吸ができました~。
水泳をやっているので、水が怖くないのです。
大人と同じように、器材移動などキビキビ手伝ってくれました。
たくましい!

 

 

IMG_1706

ちょうどいい感じのプール。
このプールでこれまでいろいろな講習をやったなぁぁ。
大体、リピーター様たちですが。

 

本日の海況、波がちょっとあり。
1本目流れあり(その後なし)、透明度18m、水温28℃と水中はGOOD。
中ぐらいの波なのでファンダイブ組は問題ないですが、ヒロキはどうしようかな~。
もう1回プールかな~、波見てびびってるだろうな~と思っていたら、ヒロキ本人より『海で潜りたい』と意志表明アリ。
本人が希望するなら、店主も頑張ります!
『じゃ、行こうか』
祖母S子さんも心配じゃなくて、嬉しそう・・・・。

IMG_1660

記念・寄せ集め家族パチリ

 

IMG_1661

これからみんなでエントリーします。
朝より波がマシになってきました。

 

IMG_1663

水深2mってバブルがすごい。
かなりのダイバーが潜っています。

 

IMG_1675

沈船リバティ号の船体。
ヒロキが反応したオトメベラ。

 

 

IMG_1679

耳大丈夫かな?
終始落ち着いています。

 

IMG_1682

クマノミも上からですが、見ました!
この辺から、ヒロキがもっと下へ潜行したいとサインしてきました。
その気持ちはわかるよ・・・。

IMG_1686

寄り過ぎだっつーの。

 

IMG_1691

たまに上からひいて見るのも新鮮。

 

IMG_1697

ヒロキ、あれお婆ちゃんだね!
がんがん写真を撮っています。
Y氏も久しぶりのトランベン。

 

IMG_1699-001

イケメン9歳だわぁ。

 

IMG_1700

お婆ちゃんと初参加のMさん。
Mさんも水中カメラとダイブコンピュータをレンタルして、海にはまりそうな勢い。

 

IMG_1704

やはり、はまりそうなMさんは3本目にゆきました。
波もだいぶ小さくなりました。
ウミガメや連結ウミウシを撮ってましたね!
ヒロキは、海から上がっても、またプールで遊んでいました。
若者たちはタフだ。

そして、誰も車の中で寝ず。
しゃべる、しゃべる、しゃべる・・・。
寄せ集め家族、万歳。
今日は皆様ありがとうございました。
S子さん、孫ヒロキとついに潜ることができて夢一つ実現です!

 

 

アメッド ファンダイブ

0

アメッド3日目の長野Y一家です。
昨日はマッサージも行けたし、今朝は朝陽も見たし、アメッド滞在を満喫中の一家です。
そして、皆さん元気いっぱい。

アメッド、だんだん波が小さくなってきました。
海況は変わらず抜群で、流れ少し、透明度18m~25m、水温28℃。
今朝、サヌールを出発する時はバイパスでかなり雨に当たったのですが、アメッドで目を覚ますと晴天。
全く天気が違います。

IMG_1488

小さなアウトリガー船で出る、アメッドのダイビングスタイルにもかなり慣れちゃった夫妻。
器材の水面脱着も落ち着いてる。
透明度が良くてワクワクしてしまいます。

 

IMG_1500

ご主人G氏のリクエストで、ドロップオフへ。

 

IMG_1502

ウォールをゆっくり進みます。

 

IMG_1511

ウォールのスカシテンジクダイ・・・幻想的です。

 

IMG_1524

ビニール袋が絡み付いてるし・・・・。
イソバナがかわいそう。

 

IMG_1530

今回2年ぶりの夫妻ですが、忘れないようにタンク交換も積極的に参加。
なんせレスキューダイバーですからね。

 

IMG_1538

今日8月17日は、インドネシアの独立記念日です。
独立を宣言して、71歳になりました。
まだまだ若い国です。
村の集会所では、盛大なイベントがあってにぎやか。
シーカヤック競争や綱引き大会など・・・音楽も派手でした。
(ルカちゃん、ハル君は右下の二人)

2本目竜宮城ポイントも透明度が3日間で一番いいかも。
美しいブルーでした。
早いもので、ラストダイブになります。

IMG_1552

ハタタテハゼが引っ込まない。

 

IMG_1561

見ていても安心なこのバディ!

 

IMG_1572

おーーーーっと、嬉しい群れの突撃。

 

IMG_1583

クマノミさん、そんなところに卵を産み付けちゃっていいの?

 

IMG_1601

最後は、アメッド色で締めましょう。

 

IMG_1610

いつも軽い流れあるけど、きれいなんだな~ココ。

 

IMG_1619

もう何見ていいかわからないぐらい、群れがあちこちに。

 

IMG_1631
Yファミリー、3日間、ありがとうございました。
ルカちゃんもハル君もたーくさん海で遊びました。

さて、帰路はみんなで南部へ戻ります。
独立記念日の祝日ということもあり、のろのろトラックがほとんどお休み。
一般道路での行進練習も終わったし。
ただ、満月でバリ人たちは忙しそうです。
そんなわけで渋滞がどこもなく、あっという間にサヌール着。
そして、あっという間にY一家はタナロット方面へ移動されました。
いつもこうならいいのに・・。
3日間ありがとうございました。
天気&海況が3日間ともアメッドは良くてラッキーでした。

アメッド ファンダイブ

0

アメッド入りして2日目のY一家。
皆さん、元気です。

 

IMG_1302天気が良くて気持ちいい。

波は昨日より小さくなりました。
流れ一部、透明度15m~20m、水温28℃。

IMG_1319

エントリーしたところに大きなウミガメ!!
偶然、ウミガメの上にボートが止まったようです。

 

IMG_1346

ドロップオフもじっくり見ていきます。地形がいい!

 

IMG_1352

タカサゴの群れが来た~。

 

IMG_1362

店主好みのアカククリの幼魚!!!!
背丈が伸びて、顔に線が入り始めています。

 

IMG_1377

クロユリハゼが大小合わせて10匹ぐらいで群れてます。

 

IMG_1380

Y一家 = ダイバー両親 + 小6 + 小1

 

IMG_1382

これでも昨日より波は小さいのです。
ルカちゃん、ハル君、全然びびりません。
スノーケリングは得意・・・・ってか、小さな時から水遊びしてたしね。

2本目、店主の希望で竜宮城ポイントへ。

IMG_1400

あれ、相棒は?

 

IMG_1403

ジョーフィッシュ、たくさんいます。

 

IMG_1411

ホホスジタルミ幼魚!

 

IMG_1441

今日は見られました~、ヒメツバメウオの群れ。
大きくなっている気がします。
しばし戯れます。
あ~至福。

 

IMG_1454

キラキラ感がかわいいぃ。

 

IMG_1468

昨日のグルクマは不在でしたが、タイワンカマスの群れ。

 

IMG_1471

2匹にクリーニングされるとは、贅沢だ。笑
Y夫妻はナイトロックス使用のため、2ダイブともがっつり潜って頂きました。
海況もよく、癒しのダイブとなりました。

 

IMG_1473
子供たちに気に入られちゃった運転手、UNOゲームをほぼ強制的にさせられていました。笑
でも、日本語を覚えたと喜んでます。
merah = 赤、biru = 青 → あまり使えませんが。
店主が今回アメッドで撮っている魚写真。
小6ルカちゃんの夏休み自由研究に使ってもらえるかもしれない。
わーい。

今日も無事終了。
Yファミリー、ありがとうございました。
竜宮城すごい。

ページのトップへ