6月, 2016 のアーカイブ

桟橋 Jetty

0

不安定な天気の中、とりあえずチャンディダサへ出発してみる日曜日早朝。
いつも通り、どこを潜るのか決めぬまま・・・・YH隊長とダイビングだけは決行。
在住歴が長い方は、こういう大枠だけ決めて、内容は臨機応変なところがいいです。

行ってみると、結局海況がよかったので桟橋Jettyで潜ることにしました。

IMG_0821

縁起のよい日が週半ばまで続くバリ島、釣り人は10名程度。
桟橋Jettyはまだ雨が来ていません。
南部の空は真っ黒、マンギス村辺りもこの空だと降ってそうな、ヌサペニダは太陽が降り注いでいました。
全然、天気が違いますね。

Jettyの海況抜群、海水はJettyなのに青く透けてる!
透明度1本目15m、2本目10m
幸せ水温29℃
1本目穏やかすぎ、2本目最初だけ若干流れ
そして、本日網漁はなし。
他のダイバーは、二組ほど。
水中では誰にも会わず!

さて、ワクワク集中タイムの始まり。

IMG_0826

いろんな色のワカヨウジいっぱいいます。

 

IMG_0848

ガンガゼの中にミツボシスズメダイ幼魚たち。
いい隠れ家ですわ。

 

IMG_0850

きれいな色のシマヒメヤマノカミ

 

IMG_0866

桟橋住人オオモンアエルアンコウ黒

 

IMG_0885

あーーー、いた。忙しそう・・。
まだいてくれて良かった。
初めて動画を試みましたが、四苦八苦。

IMG_0916

やっぱ写真で。
先日のカエルアンコウ黄色ちゃんです。
とけそうなほどかわいいよ~。
動き回ってます。

 

IMG_0926

太くて大きくて怖い顔。存在感がありすぎるモヨウタツウミヘビ。この後、砂地に引っ込んでしまいました。

 

IMG_0930

撮らずにはいられないツマジロオコゼ(白ピンク)。
長生きしてね。

 

IMG_0935

隊長も黄色にメロメロです。

 

IMG_0943

これは別の個体!!黄色2号。
バディと喜び拍手。

 

IMG_0980

サザナミヤッコ幼魚・・右側面と左側面の模様が違った。

 

IMG_0996

今日のツバメウオ群れ、すごーい。

 

IMG_1013

正面顔は縦線

 

IMG_1016

きゅっとまとまります。2本目はやや分散でした。

長いこと水中にいましたが、予想に反してエキジットしても、まだ雨は降っておらず。ラッキー!
水面休憩は、持ち寄り豪華スイーツ&コーヒー。
糖分&水分補給はばっちり。
最近、内輪で盛り上がっている日本のドラマ『花咲舞』『民王』。
民王に関しては、スペシャル、スピンオフ、番外編サイコー。
公設第一秘書・貝原さん面白くてかっこよすぎ。
ドラマ総括で、窒素抜きも完了。
じゃ、2ダイブ目いこー。

IMG_1030

シロクラベラ・・・・ベラ類最大だとか。でか~っ。

 

IMG_1066

若干流れていますが、また1号が走ってきた。
活動範囲広いな。

 

IMG_1092

何百匹いるか分からないハリセンボン。

 

IMG_1101

コクテンハギもめちゃめちゃ増えてます。
桟橋の子達はダイバーに寄ってきます。
ヒゲハギも1匹いますが、逃げる逃げる。

 

IMG_1124

アカククリはツバメウオの群れに交わりませんね。
ネズミフグとつるみます。

最後に、釣り糸に引っかかり半径30cmで動けなくなっているトラギスをハサミで切り離してあげました。
生存競争が激しい環境、少しでも生きてね。
この他にも、あまり見ないモバウツボ、バラクーダ群れ、コバンザメ群れなど面白かったです。
YH隊長は、カエルアンコウ赤も見たそうな。

 

IMG_1137

チャンディダサといえば、最近お気に入りのLESEHAN。
ココナツオイルのサンバルマタだけでご飯が進みます。

 

 

IMG_1142

遅いランチ中、スコールがはじまった~。
涼しくて気持ちいいマイナスイオン!
残念、すぐ止んじゃった。

 

IMG_1145

帰路バイパスが一部閉鎖で迂回させられました・・・。
このげんこつマークはバリ人のデモです。
外資による南部ブノア湾埋め立て反対を訴えております。
店主も反対です。

天気は雨で不安定。
バリ人は朝から縁起のいい日で海へ。
デモもある。
イスラム教徒の人たちは、ただ今断食中。
日が暮れてモスクからコーランが流れ、お祈りして、ご飯を食べる。
日本とは全然違う景色。

 

IMG_1147

またまた、サウナ&ジャグジーに寄り道。
全身潮抜き。
久々にお湯に漬かり、全身が温まりポカポカ。
リフレッシュ完了、夜は撃沈店主でした。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

札幌よりお越しのT氏とYさんをパダンバイへお連れしました。
はじめましてー。
本日のバリ島はサラスワティ(学問の神様へお祈り)。
バリ人は正装で忙しそうです。

移動中はどんより曇っていましたが、パダンバイへ着くと晴れ。
海況は抜群で、水面も穏やか、流れなし、透明度18m、水温29℃~30℃。
そしてダイバーも少なく、ダイビング日和となりました。

T氏は、ダイバー。
そしてYさんは初めての体験ダイビング。
一緒に潜ります。

IMG_0706

浅場で待たせていたK氏、お待たせしました。
水面でてこずったYさんでしたが、結局は潜れました!
店主、かなり嬉しかったです。
20分間、『恐怖心』との闘い。
簡単にギブアップしなくて良かったですね。

Yさんの粘り勝ち。
入ってしまえば、めちゃめちゃリラックスのYさん。

IMG_0717

チョウチョウコショウダイの幼魚がひらひら。

 

IMG_0720

オヤビッチャの群れ。

 

IMG_0724

キンセンフエダイの群れで魚まみれになりました。
なんと、潜水時間43分。
Yさん、水面の恐怖20分が嘘のよう。
ウツボ、ウミウシ、オニカサゴ、キリンミノ、クマノミなどを観察。

 

IMG_0731

穏やかな海況です。
水も透けてるし・・・いつもこうならいいなぁ。

札幌といえば・・・同郷・・・店主も札幌帰り・・。
先日札幌で店主の身に起こった悲劇話をすると・・・なんと。
T氏は、悲劇のバス停から数百mのところにご在住であることが発覚。
『僕が水中ハウジングを運べばよかったですね』とT氏のありがたいお言葉。
まさか、初めてご予約のお客様にお願いできるはずもなく。
世界は狭いなと思いました。

2本目は、みんなバックロールエントリー(背中からどぼーんと入る)でスムーズ潜行。

IMG_0735

リクエストのナンヨウハギは不在でした。
その代わり、ハナダイの群れ群れ。

 

IMG_0743

今日は体験ダイビングだったので、ゴマモンガラばっかり。
3回は迂回しました。
攻撃はされず。

IMG_0766

サンゴの群生

 

IMG_0774

T氏は、中性浮力もばっちりで見ていて安心できるダイバーでした。

 

IMG_0798

さて、潜水時間48分、そろそろ上がりますよ。
って、その時アオリイカ子供組が群れ!
子供ヤッコエイ、チンアナゴ、ヘラヤガラ、ケショウフグ、ブダイに付くコバンザメなどを観察しました。
水面20分の闘いは何だったのでしょうか、というぐらいがっつりダイブ。
ホント、二人で潜れてよかったです。

 

IMG_0809

お疲れ様でした。THE 道産子チーム。

 

 

IMG_0815

初めて来てくださったのに、なんとなんとお土産を頂いてしまいました。
柿の種・缶バージョンって初めて見ました。
ありがとうございます!
今日は一日ありがとうございました。
楽しかったです。

アメッド 祝ダイバー&ファンダイブ

0

Y氏の講習最終日は、アメッドへ。
今日は、Kさんも一緒に潜ります。

 

IMG_0619

道中ずっとどんよりでしたが、太陽が出てきてアグン山も見えます。

満月ですがアメッドの海況よし。
流れ少し、透明度は深場20m、浅場濁りあり10m、水温29℃。
エントリー場所で、凶暴ゴマモンガラに襲われた店主・・。
まだ準備できてないのに、トホホ。

IMG_0621

やっと、お二人がバディとして一緒に潜ります。
18mまでゆっくり潜行。
下の方はくっきり!
キンセンフエダイの群れがきれいでした。

 

IMG_0628

ちょっと大きくなってきたミナミハコフグ。

 

IMG_0634

根の下にブルースポットスティングレイ。

 

IMG_0639

今日はウミガメに出会えませんでしたが、ホワイトティップリーフシャーク。
Y氏にとっては初サメ。

 

IMG_0641

大きなサンゴにフタスジリュウキュウスズメダイがすごーい。

 

IMG_0643

いつも近くでいいバディ。
Y氏の中性浮力もばっちり。

二人ともエキジットしてすぐに波酔いしてしまうタイプなので、さっと上がってさっとビーチに戻ります。
それでもお二人はぎりぎり・・・。
でも、今日はセーフ。

IMG_0655

2本目も同じ作戦で、さっと行って、さっとエントリーしてしまうことに。
お二人とも水面器材脱着がスムーズ。
水中に入れば、酔いは全く問題なし。

 

IMG_0658

安定していて心配無用のバディです。

 

IMG_0664

イソギンチャクが真っ白!
アメッドは水温が高く、白化しているサンゴやイソギンチャクが目立ちました。涙
折れているイソバナも・・。

 

IMG_0675

それでもまだ竜宮城ポイントは健在。

 

IMG_0680

ここは流れますよ。

 

IMG_0689

Y氏、本日2回目のフロート上げ。
今回は若干入れるエアが少なかったかな???

 

IMG_0695

アメッド名物ヒメツバメウオの群れがここにいた!!
この他にもアカヒメジの群れ、ササムロの群れ、グルクマの群れ、クロユリハゼ、ウツボ、アカマダラハタ、スミレナガハナダイなどを観察。

 

IMG_0702

Y氏、おめでとうございます。
ダイバーの仲間入りです。
Kさん&Y氏、陸も水中もステキなバディでした。
これからお二人で安全に水中世界を楽しんでいってください。
ありがとうございました。

パダンバイ 海洋講習&ファンダイブ

0

本日は、講習2日目のY氏とファンダイブで参加のKさん。
すでにダイバーのKさんは、昨日昼間はサヌール散策済み。
今日はお二人でパダンバイへ。
数日前、ジンベイが2日間出てたというパダンバイ。
今日はラッキーボーイがいるので期待高まります。

店主はY氏の講習担当です。
GOエントリー。
海況ばっちり!流れなし、波なし、透明度18m、水温29℃。
やっと水が透けてきた~~。

IMG_0545

スキルをやって、後半は水中ツアー実践。
1本目からすでにいい感じのY氏。

 

IMG_0550

これも共同ハンティングなのかな??
仲良くずっと一緒でした。

 

IMG_0577

ファンダイブのKさんだ!
プーケットでライセンスをとり、シミランクルーズでアドバンスとファンダイブをしてきたそうな。
いいなぁ。
1年のブランクがあってもこの潜りぷり。
Kさんたちは、この直前にウミガメを見たそうです。

 

IMG_0579

お二人の初水中記念。

 

IMG_0582

いやー、きれいでした!

水面休憩は、カップルで同じ症状が・・。
お二人とも『波酔い&船酔い』でした。
この教訓を次回に活かしましょう!
水中は全く問題なし。

エア切れスキル等を終え、後半は水中ツアーです。
中性浮力、姿勢、フィンキック、エア確認・・・Y氏は淡々とできてしまいます。
ウェイトも少なめで、エア消費も少ない。
センスありますねー。

IMG_0587

ツノハタタテダイまつげちゃん

 

 

 

IMG_0601

カイメンの中で眠る子供ハリセンボン。

 

 

IMG_0604

海洋ダイブ2本目で、この余裕と安定感!
グルクマの群れが通り過ぎてゆきました。

 

IMG_0608

癒しのカクレクマノミ

 

IMG_0612

本日のシラヒゲウニ、笑った~~。
このコスチューム。
今日は木まで付けてる!
軽く触れてみましたが、全然落ちません。
重心が悪いと思うのですが、どうやってくっつけるのでしょうか?
足場悪いと自分が持ち上がっちゃうと思います。

IMG_0616

本日のランチはミーゴレン。
バリ猫に癒されたY氏は、あっという間に酔いから回復したのでした。
あっ、ラッキーボーイがいたのにジンベイならず。

今日は楽しい時間をありがとうございました。
いつもこういう海況だったらいいのに。
海だから仕方ないかっ。

オープンウォーターダイバー講習 初日

0

東京よりお越しのY氏、はじめましてー。
乾季に入ったかと思いきや、また雨季へ逆戻りしたかのようなバリ島。
雨やら、晴れやら空気が変わる変わる。
お連れのKさんは、サヌールをじゃらんじゃらんだとか。
彼女はすでにダイバー。

Y氏には日本で講習DVDを事前に見て来てもらったので、スムーズな講習初日。
慶良間で体験ダイビング済み、運動神経抜群、耳抜きも問題なしということで進行が早い早い!
後半はウェイト1キロ減らして、中性浮力もわかり始めたところでプールは終了。

IMG_5148

講習なので、最後の最後まで自分で片付けます。
サクサク動くY氏、学科もスキルも楽勝のようでした。
お疲れ様です。

それでもって、今週月曜日から始まったブレーカーが落ちる問題。
おととい、昨日と長いことお世話になっている電気技師が来て配線を全部チェック(屋根裏まで)してもらいましたが、気になるところは補修しても相変わらずブレーカーが落ちる・・。
もうOKなのか確認が難しいのは、技師がいる時にブレーカーが落ちないこと・・・。
特に昨夜はひどく、夜、電気をほぼ消してベッドに入ってから、ブレーカーが落ちる。
寝るから暗くてもいいけど、心配は冷蔵庫だけ。
特に4月より育てているヨーグルトの存在。

ってことで、講習後、ついに24時間動いているPLN(インドネシアの電力会社)123へヘルプ要請。

 

 

IMG_5153期待せずにいると、なんと30分ほどでやってきた電力会社の人たち。
なんて早い対応!!!!
テレコム(電話会社)と大違いで感動。
ブレーカーがおかしいはずだから、取り替えてほしいと願い出ると・・・。
一通り確認したものの、メインのブレーカーも問題なし、配線用遮断機も問題ないというではないですか。
じゃ、なぜブレーカーが落ちるの???
電気技師がいる時はブレーカーが落ちないのに、またみんな帰ると落ち出す。
今はひどくて30分~1時間に一度・・。
疑わしい冷蔵庫を明日買い換えてみようかな。
まだ冷えるのになぁ。

桟橋 Jetty

0

Wifiが金曜日から不通で、やっと使えるようになったと思ったら、今朝から停電。
えっ???
ブレーカーがなぜか落ちていて、上げてもまた落ちちゃう。
これって漏電の可能性あり?
あ~あ~。

昨日、海仲間のYH隊長と桟橋Jettyへ行ってきました。
完全にプライベート。
今回は、なんとなくチャンディダサ発。
ボートに乗ってからもまだ、右(Jetty方面)へ行こうか左(ミンパン)へ行こうか、まだ迷っていましたが結局右折。
潮が良さげだったので、どっちでもよかったのですが・・ミンパンはもうちょっと先にとっておきましょう。

桟橋 Jettyの海況は抜群。
白人の誰かが『3日前は視界3m』などと言っていましたが、透明度は10m以上。
水温29℃~30℃。
2本とも流れなしでラッキー。
ただ、朝は釣り人が100名ほどいたので釣り糸注意。

IMG_0180

ワヌケヤッコ・・・・蛍光ブルーきれい。

    IMG_0193

コブシメ子供たちが2匹。
無事育ってね。
子供たちは、今あちこちいます。

    IMG_0207

かわいいオニカサゴ

    IMG_0208対照的なヒメオニオコゼ

IMG_0273これはかわいすぎる!!
跳ねてやってきました。
目立つわぁぁ。

IMG_0357

もう1匹茶色カエルアンコウやってきた~。
勢いつきすぎて前のめり。

    IMG_0375

黄色の子は、黄緑に一直線でしたね。
なぜ居場所が分かるのかな~、不思議。
3匹並ぶのではないかと辛抱強く待ちましたが、茶色君はすぐそこにいるものの交わりませんでした。

    IMG_0391

2本目、釣り人が減った!
暑いもんね。
因みに今日は流れがなかったせいか網漁をやっていませんでした。
網漁の残骸はあちこち見られましたが。怒
東側のイソバナは壊滅的。

    IMG_0396

モンハナシャコが交尾?攻撃?
絡まっています。

    IMG_0400

Jettyにもいたイソモンガラ。
このブルーいいな。

    IMG_0406

ヘロヘロに疲れているように見えるハリセンボン。
どうしたんだ?

    IMG_0411

イッポンテグリ、珍しく黄色!

    IMG_0438

ツマジロオコゼはらぶらぶ。
後ろに茶色君。

    IMG_0464さっきのらぶらぶカエルアンコウは、まだ定位置に。
で、踏まれているトゲトゲウミウシ2匹を発見。

不覚にも最近SDカードの整理を怠っていたため、メモリーがいっぱい。
まだ水底にいたかった・・・
時間がない時に限ってこんなことが・・・。お馬鹿さん。
残りの時間は浅瀬で過ごします。

IMG_0489

すごい群れが浅場を行き交う。

    IMG_0490

速いっ

    IMG_0493

うわーっ

    IMG_0499

また来たっ

      IMG_0506

圧倒されました。
網漁に引っかからないようにね。祈

  IMG_0542チャンディダサのLesehanへ。
最近お気に入り店。
締めに、サウナ&ジャグジー。
贅沢な日曜日でした!

パダンバイ 体験・ファンダイブ・スノーケリング

0

バリに戻る日、札幌のバス停で荷物を一つ忘れてきたアホ店主です。
バリ島に戻ってから、警察署に紛失届け(電子申請)をネット上で送信したところ、次の日早朝
『札幌中央警察署にあります』と警察から実家へ連絡あり。

すごいですね~、日本は。
鳥肌立ちまくりでした。
交番に届けてくださった方は、名前も告げず去ったそうです。

かっこいい・・・。

レストランやお店ならともかく道端の荷物ですからね。
インドネシアではありえません
というか、世界で日本だけかもしれません。
そんな訳で、愛用の水中カメラハウジングとまた会える!
それまでは、なかなかいうこと聞かないカメラを使うしかない・・・涙

本日は、パダンバイへGO。
ジャカルタからY子女史、お久しぶりです。
そして、お友達の母YMさんと娘YNちゃん15歳!
はじめましてー。

パダンバイの海況よし。
水温28℃~29℃、透明度午前中18m、午後12m前後。
1本ダウンカレントに当たりましたが、それ以外は穏やか。

Y子さんはラジャンパット遠征前の器材調整ダイブ、YNちゃんは人生2回目となる体験ダイビング、母YMさんはスノーケリング。
店主は水中を担当させて頂きました。
YNちゃん、全く問題なし。

IMG_0025

黄色の群れがすごかった。
そして、網漁のせいでJettyから移動してきたと思われるアジの群れもびゅんびゅん。

魚たちも賢いね。

    IMG_0034

美人さんたち。

 

    IMG_0045

ガールズの水面休憩

 

    IMG_0062

大きいモンダルマガレイが・・・。

 

    IMG_0065

ダイビング開始後10分ぐらいで、ダウンカレントが始まり浅瀬へ移動。
この状態で7~8分ぐらい待つと、かなりましになりました。
指示通りに待つ15歳YNちゃん。
実は、来月ダイバー講習をブルパラで受講されます。

 

    IMG_0067

ヘラヤガラが何か狙ってます。

 

    IMG_0079

Y子女史、2本目はマスクが曇らなくてよかった!!
ラジャンパット報告待ってます。

今日は、イレギュラーで午後からまた新たなゲスト登場です。
さっきバリ島に到着したばかりの神戸よりお越しのN子さん。
はじめまして。
妹様の結婚式が明日でバリ島滞在です。
ただ、今日到着であさって帰国という弾丸すぎる弾丸ステイ。
事情が事情なので、店主も頑張ってしまいました。

    IMG_0083

午後だったので、潜水艦には会えませんでしたが、小さな沈船。

    IMG_0087

イソモンガラ!この子、美しい。逃げちゃったけど。

 

    IMG_0098

子ウミシダの着地

 

    IMG_0107

N子さん、今年2月にサイパンでダイバー認定を受けて、あちこちで着々と本数をのばしています。
初心者とは思えない潜りぷり!

 

    IMG_0119

N子さんも黄色ポイントを喜んでくださいました。
穏やかだったので戯れることができます。

 

    IMG_0121

安全停止はサンゴの上

 

    IMG_0124

ガールズのラストダイブ。
もうほとんどダイバーはいません。

 

    IMG_0130

リクエストだったオオウミウマ。
まだいてくれてありがとう。

 

    IMG_0137

イソギンチャク小さすぎない??

 

    IMG_0155

ハダカハオコゼ

 

 

<

p style=”text-align: center;”>    IMG_0156頭上げると、小さめのハナミノカサゴ。
気をつけましょう。
夕方なので透明度は若干落ちましたが、穏やかで静かな海をまったりマクロダイブ。
N子さん、その調子でダイビングライフを楽しんでいってください。

ジャカルタから、神戸から・・・皆様ありがとうございました。
楽しかった!

ページのトップへ