5月, 2016 のアーカイブ

ただいま、バリ島

0

日付変わって今日の真夜中、無事にバリ島へ帰ってきました。
直前で大韓航空機エンジンから火が吹くニュースで、ぞーーーーっとしてましたが。
フライトは、すこぶる快適でした。

ぶっちゃけ、やはりこちらの方がほっとする店主です。
札幌にいましたが、28℃で皆さん暑いとこぼしていますが、店主にとっては全く暑くないんですね。
湿度が違うだけで体感温度は全然違います。

IMG_5059

今回、気に入ったもの。
いつもと違うSIMを使ってみました。
データ通信専用SIM(プリペイド)、1GB、30日間有効、2,700円だったかな?
事前にネットで買って実家へ送っておいたので、すぐ使えました。
今まで使っていたのは、開通手続きを電話でしなければならなかったのですが、これは不要!
セッティング等全く要らず、SIM挿入しただけでサクサクつながりました。
もう少し安くなるとありがたいんですが。

日本で税金手続き関係、健康診断などスムーズにことが進んでいたのですが、最後の最後に大きな失態を・・。
昨日、新千歳空港へ向う途中、なんと荷物を一つ最寄のバス停に置き忘れました・・・。
スーツケースはバスの中に入れてもらったのですが、大きな袋を一つを置き去りに。
言い訳すると、JRの快速エアポートに飛び込んだ人(自殺)がいて、JR運休と重なっていた時間帯だったんですね。
もちろん店主はそんなこと知りません。
店主のバス停は始発でなかったため、満席のバスしか通らず・・・・空港へ行けない旅行者がわんさか並びます。
いつも、閑散としたバスなのにおかしい・・・皆さんも焦っている様子。

何台目かのバスが『一人なら補助席で乗れます!』と運転手の声が。
順番的には店主でしたが、後ろのおばさんも手を挙げてる。
そんな日本的な静かな騒然とした感じが繰り広げられ、なんとか店主は最後55人目の補助席ゲット。
急がされスーツケースだけ渡して、もう一つの荷物を置き忘れたのでした。
乗車して20分ぐらいで気付き、車内で運転手にそのことを伝え無線等でやり取りしましたが、結果から言うと搭乗時間までに見つからず。

その中身が辛い・・。
日本で購入した店主の衣類 → これはまだ許せる。
食料品 → これも許せる。
スタッフへのお土産一部 → これも他でカバーできる。
母が朝から作ってくれたお弁当 → これは残念。母には電話で丁重に謝りました。『事故に遭うよりいい』と言ってもらえました。
水中カメラのハウジング → これが凹みます。今回、キャノンでサービス修理してもらったばかり。カメラだけ残ってしまいどうしよう・・。買うにももう販売してないし。

札幌では、あまり人身事故の被害に遭うことがなかったのですが。
今回、こんな感じで大損害です。
飛行機に乗れなかった人もたくさん出たと思います。
なぜ電車に飛び込むという選択肢をするのか、飛行機の中で頭ぐるぐる。

一応できることはしたいので、バス会社2社にメール連絡、札幌の警察にも電子紛失申請というのを初めてしてみました。
ハウジングだけでも戻らんかな~。

それはさておき、
日本で遊んでくださった皆様ありがとうございました。
また不在中、ダイビングでご一緒できなかったゲストの皆様ありがとうございました。
バリ島で潜るぞ!

日本へ一時帰国

0

ちょっと札幌へ里帰りしてきます。
おいしいものたくさん食べて、ぷくぷくに太ってバリ島に戻る予定です。

予約等は通常通り、受け付けています。
不在中、ご一緒できないゲストの皆様、申し訳ありません。

では、行ってきます。

 

IMG_4933

スーツケース見ると、帰国だと察するダコ。
まだスーツケース見せてないのに、昨夜、気づいてしまったようです。
気配で察するんですね・・・冷汗
動物ってすごい。

トランベン ファンダイブ

0

埼玉I氏と佐賀Eさんの2日目は、トランベンです。
初対面でも2日目ともなると、車中から慣れた感じでリラックス移動。

新郎は、まだ完全に熱が下がらずホテルで安静中だとか。
ウェディングを終え、熱中症と疲れが一気に出たような気がします。
早く回復しますように。

本日のトランベン、波なし、穏やか、水温28℃~30℃。
ただ、透明度が落ちています。
浅瀬はブルーで15mほど、船首側と深場は8mほど。
くっきり分かれた透明度。
深場から濁った冷たい水が上がってきているような。
ちょっと変わった水の動き。

IMG_5084

2日目バディいってみましょう。
エントリー直後にナポレオン!

 

IMG_5103

沈船内に太陽光が・・・幻想的!

 

IMG_5111

子供ロウニンアジが横切ります。
そして、カンムリブダイも1匹。

 

IMG_5119

ムスジコショウダイたちの安全停止。

 

IMG_5127

安定度抜群

 

IMG_5135

2本目というかラストダイブです。

 

IMG_5136

ヤッコエイの目。砂が被っても痛くないんですね。当たり前か。笑

 

IMG_5150

2本目、Eさんカメラ持参です。
Eさんのカメラは水深15mまで。
きちんと深度コントロールしています。

 

 

IMG_5158

アカククリとI氏。
店主のバイクは、I氏が働く会社のメーカー。
しかも、二輪のエンジン担当というから、インドネシアの事情にびっくりされていたI氏。
道端でよく売られている日光浴び浴びの瓶売り燃料。
ありえないそうです。笑
気温33℃越えてる時、あります!

 

IMG_5165

いきなり、小さなウミガメ!

 

IMG_5172

これ、かわいい。
窓際に飾ったフラワーポットみたいです。
すてき!

 

IMG_5190

ジャイアントバラクーダを探しに行きましたが、今日は不在でした。
残念。

 

IMG_5192

エキジット直前に、サメ!
ブラックティップリーフシャークですね。
気持ちが良かったので、ロングダイブになってしまいました。
皆様、お疲れ様です。

 

IMG_5203

途中、棚田で記念撮影。
また、遊びに来てください。
2日間ありがとうございました!
楽しかったです。
新郎M氏&新婦Eさん、またいつの日かお会いしましょう。

パダンバイ ファンダイブ

0

埼玉よりお越しのI氏、佐賀よりお越しのEさん、はじめましてー。
I氏の長女様が昨日バリ島で結婚式をされたのです。
おめでとうございます。
で、本当は今日、新郎新婦がスノーケリングで参加予定でしたが、新郎が39℃の熱でダウン。
残念なことにお会いできず・・・。

Eさんは、半年かけて、東南アジアをまわっている最中のたくましいなでしこ!
この前フィリピンでライセンスを取得され、着々と本数を伸ばしています。

父親のようなI氏と娘のようなEさんが本日のバディ。
店主は、歳の離れたねーちゃんということにしておきましょう。

I氏は、7年ぶりのダイビングとのことですが、会社の潜水サークルでログ100本は超えている方。
Eさんも、フィリピンでしっかりダイビングを習ったのが分かる安定した潜り。
スキルチェックから開始しましたが、全く問題なし。

本日のパダンバイ、簡単な海況ではありませんでした。
終始うねり、所々流れ、水温がちょっと下がり27℃、透明度5-8m、色はよくなりつつありましたがまた緑。
透明度が悪いので、マクロで行くしかないか。

IMG_5005

いつもと違う場所で見たオオウミウマ。

 

IMG_5022

白と茶のハダカハオコゼが、仲良さげでした。いいね~。

 

IMG_5023

しっかりバディを組んでいて店主も安心。
Eさんは、楽しそうに水中写真を撮ります。

 

IMG_5029

2本目GOです。1本目よりずっとずっと余裕が見えます。

 

IMG_5036

ミヤケテグリがあちこち。

 

IMG_5039

根の下にいるハナヒゲウツボ幼魚、今日何本見たかな?

 

IMG_5042

シラヒゲウニ、今日もステキよっ。
3玉見ました。

 

IMG_5044

今日のウォールはうねりと流れが・・・。
流れは、ほどほどで助かりました。

 

IMG_5050

新しく発見したオオモンカエルアンコウ。
住処がかわいすぎる!!
自分サイズのカイメン見つけてよかったねー。

 

IMG_5052

コクテンハギ3匹は、同じ場所に健在。
近所、桟橋Jettyはうじゃうじゃですが。

 

IMG_5055

グルクマやササムロが行ったり来たり。
でも、透明度が残念。

 

IMG_5062

オレンジバンデッド、根から出る。

 

IMG_5066

安全停止は、動かないタコ。
何してる???

I氏もEさんも、簡単でない海況の中、きちんとダイビングを終了。
透明度はイマイチでしたが、店主は楽しかったです。
陸も水中も!話がたくさん!
今日は一日楽しい時間をありがとうございました。

おまけ・・・・。

 

IMG_5070

新郎新婦のために、実は小さなサプライズを用意していたのです。
サヌール有名チョコレート店で、本格的な味なのです。
なので、キャンセルは悲しかった・・・。
仕方がないので、お父様I氏に託しました。
勝さん、えりなさん、末永くお幸せに!
~ブルパラ一同~

 

 

トランベン ファンダイブ&祝・ダイバー

0

オープンウォーターダイバー講習中のスラウェシ島組N氏&Hさんは、あっという間に最終日。
そして、静岡よりお越しのS氏がファンダイブでブルパラ初参加です。
今日はトランベンへGOです。

トランベンの海況GOOOOOOOD。
波なし、流れなし、水温29℃、透明度20m。
2本目は少しだけ流れあり。
気持ちいい海況となりました。

店主は、講習組を担当させて頂きました。
3日目ともなると、サクサク自主的にセッティング準備を始めるスラウェシ組。

頼もしいわぁぁぁ。
IMG_4911

チンアナゴと一緒にいるヤッコエイ。

スキルも難なく終わり、水中ツアーです。
18mまで行きますよ。
深場での中性浮力のとり方やエア管理・・・。

 

IMG_4916

わおっ、3日目でこの中性浮力!
砂地マクロダイブにお連れできるな。

 

IMG_4941

バタバタしなければ、ムスジコショウダイたちにここまで接近できちゃいます。
いいですよー。
ウミガメの朝ごはん中やナポレオンも観察。

 

IMG_4949

リバティ号とスラウェシ組

早めのランチをとって、2本目へ。
みんな明るい、そして若い!

IMG_4950

初参加のS氏、ファンダイブを満喫しています。
『水中で会いましょう!』

 

IMG_4952

講習組はラストダイブ。
もうダイバーに手が届いています。

 

IMG_4957

沈船前でみんな合流。
『今日の仲間』

 

IMG_4963

ほんといいバディです。

 

IMG_4973

昼ごはん中のウミガメ、ってか、さっきからずっと同じ場所にいる同じ個体です。
相当おいしいものがあるのでしょう。
沈船内では、アカククリ2匹、ミナミハコフグ、ヘラヤガラなどを観察。

 

IMG_4990

バブル中で安全停止。

 

IMG_4992

船体ですが、光が差し込み明るい!

 

IMG_4996

最終学科試験もクリアし、ダイバー認定です。
おめでとうございます。
今回学んだことを忘れず、安全なダイバーでいてくださいね。

初対面にも関わらず、3名の若者はトランベンツアーで意気投合し、夕飯を一緒に摂ることになりました。
旅先での出会い、ステキですね。
今日は、皆様ありがとうございました。
明るい若者パワーをたくさん頂きました。
日本の未来は明るいぞ。

アメッド ファンダイブ&OWD海洋講習

0

本日は、2日目のウイルスバスター組とスラウェシ島組の皆様とアメッドへGO。
パダンバイの予定でしたが、昨日の海況もあり、参加者と話し合い変更しました。

アメッド海況は、まだ絶好調。
穏やか、透明度18m、水温30℃。
ボートダイブのファンダイブ組を見送り、店主はスラウェシ島組のOWD海洋講習を担当させて頂きました。
昨日、日没までがっつりと学科&プール講習を終えたN氏とHさん、基本スキルは問題なし。

 

IMG_4828

落ち着いていて頼もしい!
順調にサクサク進みます。

IMG_4830

スキル講習中、ずっと一緒にいたスジモヨウフグ。
みんなで癒されました。

 

IMG_4832

N氏の近くにいたヒメオニオコゼ!
冷汗でました・・。

 

IMG_4838

ウミヘビにょろにょろ。
危険生物が続きます・・・よく覚えてくださーい。

 

IMG_4842

サンゴの白化があちこち目立ちます。
因みにこれは、ちょっと前にベージュ色でした。
デバスズメダイたちがまだいますけど、減りましたね。
水温が高すぎです・・・

 

IMG_4854

水中ツアーで中性浮力を覚えてゆきます。
砂巻上げないように気をつけ頑張る二人。
姿勢もいいですね!
1本目からロングダイブ。笑

2本目、ウェイトを減らしたりして調整してエントリー。
順調にスキルを終えてゆきます。
後半は、ますます中性浮力がよくなり生物観察をする余裕が出てきました。
もうサンゴの上も行けます。

IMG_4864

N氏が好きと言ってたハナミノカサゴ。

 

IMG_4881

みんなで止まって観察したツバメウオの幼魚。

 

IMG_4888

2本目にして、この姿勢!
ごめんなさい、またロングダイブになってしまいます。

IMG_4900

このキラッキラッスマイル。
店主にとっても至福。

 

IMG_4906

ファンダイブ組もビーチにちょうど戻りました。
皆さん、お疲れ様でした。
アメッド満喫。
今回の店主心残りは、水中でS女史をK氏と一緒にいじれなかったこと・・・。
あ~残念!

パダンバイ 体験&ファンダイブ OWD講習初日

0

本日は、ゲストが総入れ替わり!
ブルパラリピーターのK氏&S女史面白コンビ、待ってました・・・ふふふっ。
そして、広島よりお越しのM夫妻、愛知よりお越しのY氏、はじめまして。
3名様は体験ダイビングで参加。
皆さんでパダンバイへGO。

本日のパダンバイ、太陽ギラギラで暑い。
海況は相変わらず透明度が残念で5m+緑色。
まったくいつになったら回復するのでしょう。
1本目は軽く流れることを想定し、流れてもいいポイントにしましたが、それでも流れすぎ。
水温は29℃であたたか。
店主は、体験組を担当させて頂きました。

 

IMG_4765

皆さん、上手にスムーズエントリー。
Y氏は、体験ダイビングにも関わらず、水中カメラのレンタルです。
M氏と奥様Kさんも落ち着いて入ります。

 

IMG_4771

初めてのダイビングとは思えないこの落ち着きY氏。
アングルとか考えて撮っているのが分かりました。
きっと、写真が好きなはず。

 

IMG_4779

だーーーーっとドリフトダイビングを終え、ロープにつかまり安全停止中、何かがふらふら流されてやってきました。
なんと、準絶滅危惧種というサンゴトラザメ。
夜行性の小型ザメ。
初めて見たので、感動マックス!!
でも、釣り糸が10cmほど口からたれている・・・かわいそうに。

【エキジットして分かった真相】
実はファンダイブ組が先に、このサンゴトラザメが長い釣り糸と共に水底で動けなくなっているのを発見していたそうです。

ガイドKがかわいそうに思い、糸を切りたかったらしいのですが、誰もナイフを持っておらず。
仕方がないので、ガイドKは歯で釣り糸を噛み切ることにしました。
さすがバリ人。
ただ、あの環境の中では簡単なことではありません。
水中ですから、レギュレーターを口から外し、釣り糸を噛み切るKガイド。
簡単に切れず、何度も繰り返したそうです。
しかも激流れ中、留まりながら。
釣り糸を長めに切ると、またサンゴなどに絡まり身動きできなくなる可能性があるので、なるべく短く。
サンゴトラザメの口からは10cmほどの糸が垂れていました。
ってことは、Kガイドはほぼサンゴトラザメと顔が触れ合う距離まで接近。
しかも、サンゴトラザメはパニックになり動き回る。
想像しただけですごい光景。
這いつくばりながら、一部始終を見ていたK氏&S女史面白コンビは感動したそうです。

Kガイド、昨日はゲストが落とした水中カメラを回収してきたし、やるなぁ~。
店主の中で評価高まります。

 

 

2本目、流れはかなりなくなり、明るさが増し透明度も10mほどになりました。
色も緑青!?
2本目は皆さん楽に感じたようです。

IMG_4785

体験Y氏と一緒に見たウツボ。

 

IMG_4805

このイソギンチャクかわいい。
いろんなクマノミを撮ってみたY氏、ベストショットがありました。
はじめてのダイビングなのにすごい。

 

IMG_4810

久々のゼブラウツボ!
この後の浅瀬ツバメウオ幼魚の群れもよかった~。

 

IMG_4825

本日のキラキラスマイル。
ドラマありの思い出深い一日となりました。

そして、もう一組のゲストは、スラウェシ島マロス村Nさんとバルー村Hさん。
オープンウォーターダイバー講習がスタート。
夕方、プールを覗いて来ると、お二人ともスクーバで水中を泳ぎまわっていました。
いい感じ~。
明日からの海洋ダイブが楽しみです。

皆さん、ありがとうございました。

アメッド 日帰り3本 ファンダイブ&祝アドバンス

0

今日は皆様で早朝発でアメッドGO。
4日目U夫妻、3日目奈良O氏、2日目広島H氏、アドバンス講習M氏&H子さん、おはようございます。
初登場は、山口I氏。はじめましてー。
アメッドまで、ずーーーーーっと広島弁が炸裂していた車中。
おもしろい!

本日のアメッド、海況GOOD。
透明度が15mほどで助かりました。
水温30℃・・・ちょっと温かすぎかな。

1本目ピラミッドは、まあまあな流れあり。
店主はアドバンスのドリフト講習担当だったので、叶ったりでした!

IMG_4687

まずはチンアナゴたちから。

 

IMG_4689

順調にファンダイブ組は流れていっています。
後尾から撮ってます。

 

IMG_4692

キンセンフエダイの群れうじゃうじゃ。

 

IMG_4694

ドリフトで留まるのは中々大変。
O氏、何撮っているのでしょう。

 

IMG_4702

ドリフト時、先頭のガイドを抜くと見逃すものがいっぱい。
もう戻れないんですよね・・・。残念
距離のコントロールはテクニックの一つです。

2本目ライトウォールは、皆さん穏やかにダイビングを楽しんでいたようです。
きれい!
店主は、ディープダイブ担当。
作業、残圧、カラー、減圧不要限界・・・いろいろやることあります。

IMG_4710

M氏もH子さんも観察したウミウシ。

 

IMG_4714

ファンダイブ組、いいじゃないですか!!

 

IMG_4718

バディとしてもいい感じ。

 

IMG_4722

アメッドのソフトコーラルは、いいなぁ!

 

IMG_4723

オヤビッチャの群れ、この次はアオリイカの群れ。

 

IMG_4732

お二人にとって初のフロート上げ。
(失敗に備え、安全停止後に挑戦)
せっかくだし、やってみよう!

 

IMG_4738

本日のラストダイブ、いってきますー!
~ キラキラスマイル ~

 

IMG_4742

3本目はビーチエントリー、穏やかだーーー。

 

IMG_4745

ファンダイブ組、いってらっしゃい。
アドバンス組、最終はナビゲーション。
穏やかな浅い砂地なので、とてもやりやすかったです。

 

IMG_4747

残り時間は、水中散策しましょ。
ツバメウオらしき影はこの子だけ。
みんなどこ行った??

アドバンス講習終了です。
おめでとうございます。
ダイビングの幅が広がりますが、今回学んだことを活かしていってください!
皆様、早朝からありがとうございました。
帰路の車中も広島便炸裂でした。笑
皆さん、チームのように明るい。

ヌサペニダ&パダンバイ ファンダイブ&アドバンス

0

本日、マンタ希望だった皆様はヌサペニダGO。
3日目U夫妻、2日目I氏とMさんはファンダイブ続行。
そして、東京よりH子さん、M氏、はじめまして。
店主はお二人のアドバンス講習を担当させて頂きました。

皆さんの希望だったマンタポイントへ。
マンタはたーーーーーくさんいるんですけど、透明度が悪かったのが残念。
緑の層と青い層が入り混じる感じ。
水温は28℃であったか。
うねりは少し。

IMG_4649

多分、この中にマンタ様5枚はいるよう・・。
石垣でマンタ逃しちゃったI氏、とりあえずおめでとうございます。

2本目、クリスタルは濁っていそうだったので、トヤパケへ。
透明度GOOD。
水温28℃(ところどころ冷たい水)
流れ少し。

IMG_4666

1本目のマンタポイントで久々ダイビングの勘を取り戻し、中性浮力のコツも取り戻したM氏とH子さん。
ボートダイブだったので、水中で特にやることはなくゆっくり浮力をコントロールして生物観察。
美しい姿勢!

IMG_4668

戻ってくると思っていたら、やっぱ戻って来たファンダイブ組。
きたきた~。
S子さん、U氏!

IMG_4669

MさんとI氏・・・皆さんきれいに整列。

IMG_4670

サンゴぎっしり。

IMG_4677

アドバンス組、やっほー。
クマノミも歓迎。

IMG_4684

こんなところにサンゴが・・・付いちゃった?

ロウニンアジ、ナポレオン、ミナミイケカツオ2匹。

そして、パダンバイ組は2日目奈良O氏とH氏ははじめまして。
O氏のお写真です。
まだ透明度がぱっとしないようで8m程度。
そして、グリーンが残っていたそうな。
マンタポイントよりはいいかな・・。

S__3997709

すっきり可憐ですね・・。

S__3997715

オランウータンクラブ

S__3997718-001

ごっちゃりスカシテンジクダイ!
お写真ありがとうございました。

 

IMG_4632

本日の紳士たち

皆様、ありがとうございました。
本日も無事終了!

トランベン 体験ダイビング ファンダイブ

0

本日は、トランベンへGOです。
元スラウェシ島のU夫妻2日目、東京よりI氏&Mさんカップル、同じくY子さん&M子さん親子。
そしてリピーター様、奈良O氏。
また日本から飲み物が・・・・ありがとうございました。

波が心配でしたが、到着してみると少し波。
どんどん弱まっていきました。
トランベンの天気は快晴、透明度15m、水温30℃。
あー、今いいわーって感じです。

ファンダイブ組はさくさくと準備してエントリー。
いってらっしゃーい。
1本目、店主は、体験ダイビングで参加の母Y子とM子さんを担当させて頂きました。

IMG_4546

水面の波で『やめる』と一度は言った母Y子さん。
ですが、その後するっと潜れちゃいました。
(Y子さん、がんばりました!)
入ってしまえば、落ち着いてゆっくりダイビング。
M子さんもするっと潜れちゃいました。
祝・水中記念!

 

IMG_4553

すぐそこにいた小さなウミガメ。
捕食中でした。

2本目みんなでGO。

 

IMG_4563

I氏とMさん

 

IMG_4565

U氏、新妻S子さんを手厚くアシスト。らぶらぶです。

 

IMG_4568

途中から、店主は奈良O氏のガイドへ。

 

IMG_4580

ミナミハコフグ、久しぶりに大きいのを見た気がする。

 

IMG_4586

幻想的!

 

IMG_4590

O氏と砂地を這っていると、コガネシマアジ組がずっと付いて来る。笑

 

IMG_4608

ジャイアントバラクーダ!

 

IMG_4623

テンスがらぶらぶ。

 

IMG_4627

皆様、ありがとうございました!
無事終了。

ページのトップへ