オススメ

サヌールでギョサン購入

0

ダイビングの時、必ず履いて出かけるのはギョサン(漁業従事者用のサンダル)。
ってか、店主はバリ島では毎日ギョサン生活。
全てが一体化しているので鼻緒が切れたりしない、濡れているボートやプールでも滑らない、ボート上でもかさばらずコンパクト。
とにかく履き心地がよく、頑丈です。

1ヶ月前にインストラクターたちが集まった送別会でも、ギョサン率の高いこと高いこと。笑
みんなギョサン。

現在履いているギョサンは、数年前リピーターさんがおいていってくれたメタルパープル。
毎日履いていても、全く壊れる気配はありません。恐るべし。
日本に帰国した時に『新しいギョサン買おう』と思いつつ、毎年忘れていたのでした。

ところが、近所にギョサンを売っている日本人T社長がいたのです。
こんな近くに・・・・バイクで1分。
おととい、やっと買っちゃった~。

 

今回はメタルではなく、クリアー・ラメ入りにしてみました。
パープル、イエロー、グリーン、そしてピンクの4足をゲッツ。
透明感がなんともいえません。
もう店主にとって、一生分のギョサンかもしれませんね。

早速、昨日のパダンバイへ新ピンクを履いてゆきました。
気分一新。

 

到着早々、現地レストラン女性スタッフからは、『かわいい~、一足ほしい!』と言われました。
(何もサンダルのことに触れていないのに、すごい観察力だわぁ)
そして、夕方事務所に戻ると、女性スタッフ(ワヤン)が、『いいな~、私も買いたい。どこで買った?』と。

ワヤンにはあげるつもりでいたので、好きなものを選んでもらいました。
彼女は、クリアー・パープルを選びました。
そんなに喜んでくれるんだ・・。

メイドインジャパンの欲しかったギョサンが、こんな近くにあったことがすごい。
T社長ありがとうございます。

 

 

そして

ウブド方面から業務連絡。
今日は運転手が働いています。

昨日潜ったNさんとY子さん。
ライステラスですね。
バリ島を満喫していってください。
ウブド時間はまだまだ続く・・。

 

初のSKTT登録&至福のワッフル

0

期限が迫っている就労ビザ延長のために、また新たな書類が増えてしまいました。
SKTTという住民登録のようなもの。
店主の場合、デンパサール市庁舎のようなところで手続きです。
エージェントに頼むこともできるのですが、それなりの料金。
自分でやれば時間がかかりますが、『本来・無料』なので、がんばってみました。

場所は、デンパサールはずれにある西Gatsu通りのJl. Majapahit というサヌールからは結構遠いところ。
8時から受付開始で、一日400人ほどしか受け付けないというので、7:20にサヌールを出発してみました。
SKTTのプロである友人(日本人)が、わざわざ今回案内してくださることに。
心強い助っ人!

 

これは一部ですが、巨大な建物でした。
8時前に到着しましたが、すでに人がたくさん番号発券機前にむらがっていました。
ああいうの見るだけでも、うんざり。

 

 

中はかなりきれいです。

 

 

あらゆる役所窓口が入っていて、ここで全部、役所事が済みそうな便利な雰囲気。
すごーい!
現在、延長待ちの許可管轄 『生活環境局』があったので試しに質問してみると、『ダイビング業の場合は、バリ州担当なのでレノン地区の本局へ行き確認してください』、と。
そうだよね、やっぱり便利じゃないわっ。

健康保険の窓口もあったので、法人加入について聞いてみると、『Gatsu通り本局へ行ってください』、と。
建物ほどは立派だけど、やはり便利じゃない!

 

 

 

8時過ぎにもらった待ち人番号は、85番ぐらいで1時間半ほどで呼ばれました。
が、完璧にそろえた書類の不備を指摘され、駄々こねましたが出直し命令。

 

 

外国人がSKTTを取得するためには・・・・

・住民登録フォーム(現地で何枚か記入)
・パスポートコピー

・キタス(ビザ)コピー
・IMTA労働許可書コピー
・スポンサーのKTPコピー
・同上スポンサーのKKコピー
・ドミシリ居住地区の住民票(原本)*店主はサヌール村発行
・STM居住地区の警察届出(原本)*店主はサヌール警察発行
・写真 4X6cm 2枚

これらを紙マップにはさんで提出です。

完璧!と思ったですが、

スポンサーKKにサインがないことを指摘されちゃいました。
そんなことまで店主チェックできないよーーー。
サヌールに戻ってる場合じゃないし、とりあえず、もう一度番号札をとると、366番。
あと281人待ってるのか・・・・・時間はたっぷりある。疲
さて、どうしよ・・・近所の屋台で遅い朝食をとりながら、この場切り抜け方法を見つけ366番を待つことに。

 

 

あちこちにある、このソファかなり気持ちいいです。
スマホいじっていても、眠くて眠くて本気で寝てしまいました。
14時ごろ、あと30人ぐらい手前のところまで来ましたが、番号がまったく動かなくなってしまったので、店主突撃しました。
さっきと同じカウンター女性に、『そろったよ!』と遠くから合図。
そして、めでたく366番まで待たずに受け付けてくれたのでした。
こんなことなら、早めに突撃すべきでした。
SKTTプロの友人が、早朝から付き添ってくれたことに感謝です。
一人で行ってたら、ソファで寝たまま起きれなかっただろうし、今日の登録終了はなかったはず。
今日7日に登録し、受け取りは1日おいて9日に受け取れます。
受け取りは、誰が行っても良いそうなのでほっとしました。

 

 

仕事がある夕方まで時間があったので、ワッフル屋さんに寄り道。
よく通る道ですが、気づかなかった。

 

友人が注文したワッフル。
でかーーい。
すごいボリュームです。

 

 


店主が注文したピーナッツバターたっぷりのワッフル。
これまで食べたワッフルで一番おいしいです。
300円ぐらいだったかな。
うれしいことにコーヒーとのセット料金もあります。
食後のデザートには大きすぎるので、ワッフルを食べに行くつもりで。

 

 

BROWN FOX
~ 茶色い狐のワッフルとコーヒー ~

場所はレノン。
日本総領事館を左手にまっすぐ進み、左手にあります。
カーブ手前。

定休日はなく、夜22時までOPENだそうです。
まだOPENして4ヶ月らしいですが、結構、お子様連れ、家族連れ、若者同士など人が入っていました。
店内は日本風でおしゃれ。
これはお勧めワッフルです。

疲れたけど、ワッフルで帳消し。

 

 

 

 

ブルスケッタ移転

0

サヌールにはおいしいイタリアンレストランがたくさんあります。
穴場的に小さなイタリアン屋台まであります。

中でも店主が一番使うのは、有名なマッシーモ。
ゲストの打ち上げリクエストも、マッシーモが多いですしね。
ローカル客が増えていつも満席。
20時台は、予約しないと入れません。
そして、最近、店内全面禁煙になってしまいました。
そしてそして、メンバーカードが1年有効と限定され、しかも年会費がRp.100.000。
半永久的に無料だと思っていた10何年前のカードは使えなくなってしまいました。
でも、満足度高いレストランなので、まだまだお世話になります。

そして、2番目に行くのは、ダナウポソ通りにあるこのブルスケッタ ( La Bruschetta )。
シェフはイタリア人のおっちゃんなので、味は間違いなし。
こちらは新旧スラバヤ在住日本人ダイバーで広まっていますね。
久しぶりにブルスケッタでディナー。

大粒のアンチョビ・・・大好き!
この国では贅沢なワイン。
あぁぁぁ・・・口の中が幸せすぎる。

 

そして、ほかほかフォカッチャ&ガーリックソースもプレゼントで出てきました(写真撮り忘れ)。
店主おっちゃん、ありがとう!!

人生の中で一番おいしかったニョッキ。
食感もパーフェクト、ソースもやさしいトマト。

 

ラビオリのクリーム系を選んでみました。
うまーい。

 

 


イタリアのおっちゃんから、大人のデザートプレゼント!!
甘みゼロの生クリームのような、メレンゲのようなムースでした。
ナッツとチョコチップ入り。
常連さんに連れていって頂くと、こんなありがたいことがあります。
~感謝~

3月、レストランが移転するそうです。
移転先は、サヌールのシンドゥービーチ。
ビーチ沿いになるそうです。
タンブリガン通りにあるラ・タベルナホテルから行けるそうです。
皆様、行ってみてください。

ジャワのマッサージ&NTT料理

0

今日は、久々の休みモード。
店主リセットDAY。
ダイビングで体が疲れちゃっているので、YH氏お勧めのマッサージ屋さんへ連れていってもらいました。
バリ島に住んでいるのに、7ヶ月ぶりのマッサージ・・・。
サヌールにあったABマッサージがなくなって以来、店主はマッサージ屋難民でした。
どれもこれもそれなりの料金で、それなりの質というか・・・満足できるところがない!
やはり、マッサージは上手じゃないとね。

そして、今日行って来たのは、ジャワ式のマッサージ『WOJO USADHA』。
マッサージは、やはり本場ジャワ人が上手いのです。

img_5356

メニュー&料金表
初めてなので、60分・ボディマッサージ Rp.60.000(480円)を試してみました。
サヌールの半額ですね。
今思うと、90分・Rp.80.000(640円)にすべきでした。

 

img_5357

ローカルな雰囲気がいっぱいですが、個室で受けてきました。
マッサージの後は、温かいジンジャーティー。
バリニーズマッサージに満足できない人は、ジャワ式マッサージを受けてみてください。
すごーーーーーーーーーーく効く。
ほぐれます。
セラピストは全員男性ですが、きちんと東ジャワでマッサージを学んできた方々ばかり。
ジャワ、レベル高しです。

img_5361

ここは2号店でOPENして3年だそうです。
本店は、Sesetan通りにあるらしく25年。

 

img_5362

観光客がここを見つけるのは大変かもしれません。
Jl. Tukad Pakerisan no88 Panjer
ブルパラから15分ぐらいですが、もっと早くたどり着けるように裏道探します。
ここはすごい。気に入りました。

体がほぐれてめちゃめちゃ軽くなったので、そのままランチ。
またまたYH氏のお勧め店。
ここに住んでいるとバリ料理、ジャワ料理、ロンボク料理はよく食べられます。
じゃ、NTT料理屋さんは、見たことがない!
NTTとは、ロンボク島より東の島々の総称。

Warung sei babi bu A’an です。
NTTの中でも、回教徒以外なんでしょうね。
このお店は、スモーク豚が売りです。

img_5363

店主は初めてなので、ナシチャンプルを注文してみました。
スープ付きでRp.30.000(240円)
スモーク豚、かなり美味です。
キャッサバの葉っぱとパパヤの花の炒めもの、やばいーーー。
ご飯をもう一つ追加してしまいました。

 

img_5365Jl.Raya Tukad Badung no.9D (中国領事館近く)
Tukad yeh Ayaから入ると右手。
これは、レノンにある税務署に行った帰り道にランチで寄りたいところです。

ジャワの上手なマッサージ1時間受けて、おいしいNTT料理をランチで頂き、チップあげても1000円使ってない。
物価上昇が止まらないインドネシアですが、まだまだ穴場はありますね。
値段が安いだけじゃ駄目!!
やはり、質が伴い、そこに満足感が得られますね。
つかの間のリフレッシュになりました。

お祝い事で役員会

0

昨夜、BSTJ (バリ島日系ダイビングショップ組合)の役員会がありました。
最近のバリ島ダイビングは、落ち着いていて、特に急ぎの議題もなく、元々不定期なため集まる理由がなかったというか・・。
そんなところに朗報!
副会長が、バリ島でご入籍されたというではありませんか。
ささやかながら、役員でお祝いしましょうということで久々に集まることに(役員関係者も含め7名)。
場所はヌサドゥア地区、店主久々に走ります。
もちろん、ドキドキしながら海上高速をびゅーん。

一次会は、ヌサドゥアの和食レストラン『和の家 kazunoya』。
昔、タンジュンブノアにある頃、何度か食べたことがあります。
一度閉めて、また新たに和の家として最近OPENしたそうです。
値段も良心的になり、店主にとっては前より入りやすくなりました。

今回は、日本人料理長お任せコース。
いろいろ出てきましたが、一部お見せします。
まずは、副会長と新婦Kさん、おめでとうございます!!

IMG_5205

刺身~、やっぱ幸せな気分になります。

 

IMG_5208

ミニお鍋・・・さっぱりでおいしい。

 

IMG_5209

ラストはミニ牛丼が一人ずつ。
満足!

二次会は、kazunoya近所のBSTJ会計S子イントラ邸へ突撃。
おじゃまします!
改めて、ご結婚おめでとうございますで乾杯。

日本のお酒はなんだかいっぱいあるし・・・。

IMG_5211

ご主人Sイントラの手料理!!
さすが料理長。
大根が面取りしてあるし・・・・すごーい。
これ売れます。

IMG_5212-001そして、またS子イントラご夫妻より、締めはチーズケーキが・・・。
ステキなメッセージ付き。
これって、今、話題のBALIVITA のチーズケーキじゃないですかー。
もう、これ大好きです!!
ふわふわしっとり、口の中で溶けます。
あっという間になくなりました。

楽しく集まりながらも、やはり話題はダイビング、インドネシア事情になります。
皆さん、インドネシア歴が長いので物事の分析も深い。
だから、こういう情報交換は面白くなります。
あららぁ~、また日付が軽く越えてるし・・・冷汗

副会長&Kさん、おめでとうございます。
末永くお幸せに!

妹たちのバリ島滞在

0

日付変わって14日になった瞬間、妹たちHとRが無事にバリ島入り。
真夜中に到着お疲れ様。
何度もバリ島に来ているHと今回2回目のR。

バリ旅行が直前に決まったため、航空券がとれず・・・。
とんでもないルートでやってきました。
新千歳ー関空ー上海ーデンパサール
ANA&中国東方航空・・・
2回トランジットで一人10万円・・・涙。
10万円だったら、大韓航空でしょ。
ですが、本当にチケットがとれなかったようで泣く泣くこれに決めたそうな。
でも、入国時の観光ビザ35ドルがなくなったり、出国時の空港使用料がエア代に含まれていることを知り喜んでいました。
出入国カードもなくなったしね。

で、宿はサヌール。
ハーディーズ近くの店主お勧めホームステイ。
1泊3000円ぐらい。二人で3000円は魅力です。
なんせ7泊ですしね。
最近は、ネットのホテルサイトが充実していて、現地で店主が予約するよりずっとずっと安いのです。

IMG_4697

初日の夕飯はサヌールのサリラサ。
中華風インドネシア料理です。
近所のTK夫妻も来てくださいました。
締めは、JCOドーナツ&コーヒー。
これ、王道ですね。
ただ、まだ寒い札幌から暑いバリ島入りをしたため、Rが若干脱水症状なのかフラフラ。
水分補給はまめに、これ鉄則。
Hは、全然平気なんです。
ってか、何度も来ているHは、これまで一度も体調を崩したことがない。笑
なぜ?

 

IMG_4703

次の日、完全に復活したRが空を飛びたいというので、サヌールビーチへ。
パラセーリングの説明を受けています。

IMG_4704

カメラ準備が出来てないのに、いきなり飛んでった!
ぐいぐい上昇。

IMG_4717

無事に砂地に着陸。
笑った笑った~。
これを見ていたほかの日本人観光客たちが、その後次々と飛んでました。
これ、他人が飛んでいるのを見るのも面白い。
潮が満ちている時間帯をチェックして、ビーチへ行ってみましょう。

二人は、宿近くのマッサージ屋さんにも行ったようです。
足裏マッサージ1時間600円
ボディマッサージ1時間750円
値段が最近上がったとはいえ、町のマッサージ屋さんはまだ安めですね・・。
たまたま上手な人に当たったようで、喜んで帰ってきました。

 

そして、今日はちょっと遠出してみることに。
バリ島観光地は一通り見ているので、観光には興味がない二人。
Rがシデメン村へ行きたいというので、店主も便乗することに。
というか、運転手もスタッフワヤンもみんな一緒にじゃらんじゃらん状態。
店主も2年半ぶりのシデメン村。
Rの目的は、もちろん、あきこさんの手相鑑定。
直前の予約だったにも関わらず、予約がとれました。
店主たちの前にも後にも、日本の方が鑑定でいっぱいいらしてました。
皆さん、バリ島で元気になって帰ってください。
あきこさん、興味深い話をありがとうございました。

 

IMG_4729

あきこ邸で寝る隣のわんこ。
居心地いいんだよね~。

 

IMG_4734

アグン山は見えませんでしたが、やはりエネルギーが満ちている景色。
シデメン村、大好きです。

 

IMG_4737

クルンクンの橋。昔はダイビングへ行く時通る道でした。
今はバイパスが延びたため通りませんが。

 

IMG_4738

ちょっと遅いランチは、ラウォン。

 

次の目的地は、ギャニャール県ぺジェン村。

親友レスタリさんのご自宅。

S__8429582

子供たちも犬もうじゃうじゃ。

 

 

IMG_4743

白いマンゴーと言われているワニとドラゴンフルーツ。
熟してから採っているのでめちゃめちゃ甘い。
ピンクのジャックフルーツは、調べてみるとかなり栄養があるようで美容食。
店主の冷蔵庫、今、ドラゴンフルーツだらけです。

IMG_4765

お土産に庭でなっているフルーツを頂きました。
ワニ、アボガド、マンゴスチン、ドラゴンフルーツ。

IMG_4746

レスタリさん宅は田舎ですが敷地が広く、動物もたくさんいます。
これ、おととい生まれたばかりの子豚たち10匹。
小さすぎて母豚に踏まれそう・・。
かわいすぎです。

 

IMG_4756

動物と話ができるワヤンは、早速、アヒルを抱っこしてました。
さすがっ。
猫だけじゃないんだ・・。

 

IMG_4762

うわーーー、ドリアンが出てきました。
バリ人は子供から大人まで大喜び。
店主は、においでギブ。

 

S__8429586

これもお土産で持たせてくれるといので、車内に持ち込まないことを条件に許可しました。
ドリアンを外に3つ紐でくくる運転手。
落ちなきゃいいけどねぇ。
(このまま無事にサヌールまで到着できました)

 

 

IMG_4774

レスタリさん、お邪魔しましたー。

 

IMG_4775
帰りはバリ人のウパチャラで一部渋滞。
みんな車にぶら下がるドリアンを見て、思いっきり笑ってましたが。

たまに内陸の旅もいいですね。
みんなで満喫。
運転手もワヤンも喜んでたし。
H&Rのバリ島前半戦、かなりディープです。
まだ1回もレストランで食べてないのでは??

 

 

サヌールのSPA ハーモニー

0

冷えを解消するためにも、店主は昔からマッサージが欠かせません。
なのに、今年は行けてない。
なぜなら、御用達だったABマッサージが2月で無くなってしまったから。
もうショック。
現在はシンガラジャ本店のみの営業らしいです。
遠すぎて行けない。
やっとマッサージへ行く時が来ました。
今年2回目かな?

ダイビングのお客さんたち数名より立て続けに『なかなか良かったです』と聞いていたので、かなり気になっていたところ。
それを確かめに行ってきました。
お客様より『サヌールでお勧めのマッサージ?』と聞かれることが多いですしね。

場所はタンブリンガン通りでマッシーモに近いです。
SUMOレストランの並び。
まだ新しい建物できれい。

__個室は3つぐらいあり、ボディマッサージは個室で行ないます。

外側にはフットマッサージやフェイシャルなど用にマッサージチェアーがだーーーっと並んでおりました。

メニューはいろいろありますが、店主が選びそうなもの
・60分バリニーズマッサージ Rp.   80.000 (約760円)
・90分バリニーズマッサージ Rp. 120.000 (約1,100円)
・60分フットマッサージ         Rp.   70.000(約650円)

店主は90分のバリニーズマッサージを試しました。
・最初にジンジャーティー
・足浴
・全身オイルマッサージ
・シャワー

上手だったので、セラピストさんにチップも少々。

でもでも、このマッサージ、この流れ、受けたことがあるぞ。
そうなんです。
アビアンの系列でした。バイパスサヌールの大きなマッサージ屋さん。
セラピストさんたちは、みんなアビアンで技術を学んで働いていたのでした。

ハーモニーが入っている商業建物、アビアン系列のSUMOレストランは入っているし、全てアビアン。
しかも新しい。
もしかしてボスは買ったの?????
答えは、借りたそうです。60年間も!
さすが、アビアンのボスN氏。
しかも、現在建物裏側にアビアンはホテルを建設中。
9月OPENを目指して建設中。
ただただ、60年に驚いたー。

ハーモニーSPA
9:00~23:00まで営業

アドバンス講習 パダンバイ

0

ジャカルタより鉄人K氏のアドバンス講習です。
今更、なぜ?という感じですが・・・大昔にダイビングを始めたそうでいろいろ諸事情があるようです。
そして、相棒Y氏は、まさかのキャンセル。
体調不良すぎて、昨日ジャカルタを発つことができなかったのです。
航空券・ホテル・ダイビングが全部キャンセル・・・・ホント気の毒です。
昨日も出発を悩んで、ギリギリまで病院で検査したそうですが、病名がはっきりせず。
もう一週間の高熱(今朝も39.5度)ってことは、チフスかなぁぁぁとバリ側では話しています。
デング熱よりチフスの方がきついだろうなぁぁぁ。
このダイビング漬け3日間の日程は、ダイビングが楽しくなってきたY氏がかなり前から予約されていた企画。
本当に残念ですが、今回は仕方ありません。
また時間見つけて講習にチャレンジしてください。

ってことで、店主的に納得いかない鉄人の講習スタート。

本日のパダンバイ濁っています。
緑色ですが、穏やか。
水温は、27℃~28℃。

1本目、納得いかないPPB(中性浮力)→完璧
2本目、必須のディープ→ちょっと窒素酔いの影響経験
3本目、必須ナビゲーション→まさかの直線往復がやり直し。
原因は、なんと磁場がおかしかった!!コンパスがくるう。ブルーラグーンの浅めのほんの一部。
これ、知らなかった・・。
それ以外は、全く問題なく3ダイブ終了。
残っている時間は、水中ツアー。

IMG_1239探していたら、鉄人が見つけてくれたー。
まだいたっ!

 

IMG_1243クモウツボが逃げません。

 

IMG_1246今更、ホバリング練習。
病欠のY氏にやらせたかった。

 

 

IMG_1253バリダムゼルとも呼ばれているオレンジダムゼル幼魚

 

IMG_1264クマドリカエルアンコウが目立つところに。

 

IMG_1273セグロリュウグウウミウシ、お休み中。

 

 

 

そして、足早にパダンバイを去ります。
急遽、ある村へ寄り道。
本日の船頭さんのお宅拝見。
この船頭ワヤンさん、かーなーりー面白いんです。
ボート上でも、その存在が笑える。
水面休憩中に、『最近、日本人観光客はココナツオイルを探しているんだよ。日本で人気なんだよ』
なんて話から、『母親が毎日ココナツオイルを作っているから、家に来い』と言われ、即決。すぐ行くことに。
店主もゲストからココナツオイルのことを聞かれても、きちんと答えられずにいたので勉強を兼ねてお邪魔しちゃいました。
ただの社交辞令だったかもしれないけど・・空気読めないニホンジンですみません。

 

 

IMG_1277すぐ近くと言っていたのに、全然近くなかった・・・。
ゴアラワ近くで、海側に入ったところ。
途中で車は入れず、下りてこういう道を歩きます。
昔のサヌールも、道はこんな森の小道風だったそうです(運転手談)。

 

 

こんなところに村があるのか?ってところに小さな集落がありました。
お客さんとして扱われ、バリコーヒーだの、自家製ポップコーンなど出されて恐縮。
家族がめちゃめちゃ多くて、全員紹介されましたが誰が誰だか一切覚えていません。

 

IMG_1285土地がない彼らは、毎日ココナツを25個買って、ココナツオイルを作っているそうです。
バリ島伝統の製法・・・ココナツを削って、煮て、絞って、また煮る。
昔と違って、削る作業が機械になったのでだいぶ楽になったとか。

コールド製法ではありませんが、ケミカルものは一切使われてないのでオーガニック。
1本頂きました!
日本に持って帰ろうと思います。

なぜ、黄色かというと、ウコン(kunyit, ターメリック)を混ぜたそうです。
色をつけた方が、バリ人には売れるんだそうです。

体にいいウコン大好きなので店主は嬉しい。
香りはほんのりココナツ。
こういうのを見ると、現地スーパーで売っている普通の油は使えなくなります(パームだし)。

IMG_1283ココナツオイル製造過程で出る副産物②
ココナツを削って1回目に煮た後に絞ったカス。
これは、豚の餌になるそうです。
食べてみましたが、本当に出涸らしでぱっさぱさっ。

IMG_1282ココナツオイル製造過程で出る副産物②
聞き間違いでなければ、クリンギスと言うそうです。
絞った後、もう一度ココナツ液体を煮て、オイルと分離した固形物。
きめ細やかなおからみたいで、なんかおいしい。
そう、どっかで食べてるなーと思い返すと、ペペス(葉に包まれた魚)につなぎで入っているやつ。
バリ人で、これを嫌いな人はいないそうで、みんなにおいしさ・食べ方を力説されました。
デンパサールなど、町の人でココナツオイルを作っている人はいないので、このクリンギスも見つけるのは大変だとか。
これもくれると言っていましたが、みんなの好物のようだったので断りました(本当は欲しかった)。
この栄養素が知りたい!

 

 

IMG_1291ワヤンと子豚たち。
すごく甘えてくるし人懐っこい!

 

 

IMG_1296このサイズで成長が止まるならペットとして飼いたい(現在60キロ)!
かわいすぎて、とけそうーーーーー。
と、同時にいつも罪悪感の店主。
ごめんね。

 

 

IMG_1311記念撮影!
伝統製法で作られているバリの天然塩(ゴアラワ周辺の塩)も5袋ゲット。
これ全部、日本へのお土産になります。
ありがとうございました。
田舎の人たちは温かいな。

大都会在住の鉄人もお付き合いくださりありがとうございました。
3ダイブの後に、うるるん滞在記。

デンパサール タンク屋食堂 こだわりバリコーヒー

0

タンク屋さんがやっている食堂でランチです。
ブルパラはエアチャージをお願いしていて、配達されるためあまり事務所へ行くことがありません。

タンク屋ボス、久しぶりー。元気そう・・。
食堂OPEN時に何度か行ったきり。
ずいぶん昼間から繁盛しているようです。
よかったよかった。

 

IMG_2775

チャイニーズ料理で、少し高めですが、やはりおいしい。
これはエビマヨ。

おいしいー。
カニチャーハンもふんだんにカニが使われていました。

あと2ヶ月はここで営業らしいですが、その後、全て移転らしいです。
といっても、東GATSU地区での移転。
Jl. Sekar Tunjung に移ります。
この食事処は、Depot Hengky (まだJl. Gatot Subroto Timur).
おススメ。

IMG_2776

日本人の感覚からすると、スタッフが多すぎる気がします。
ま、インドネシアだからOKですね。

ずっと気になっていたコーヒー屋 MANGSI にも寄ってみました。
Jl. Hayam Wuruk 通っている人だったら、目に付くこじゃれたコーヒー屋。
最近、ローカル経営のこういうコーヒー屋が増えています。

このMANSI、2004年バリ島ウブン地区で創業。
お医者さん兼芸術家であるバリ人オーナーが始めたらしいです。
こだわりは、バリ島のアラビカ種限定。
エクスポート、空港でも売られているとか。
バリ島への愛情がたくさん綴られていました。

IMG_2777

店主たちがオーダーしたのは、ドリップ。
確かに普通にバリコーヒーを飲むよりはおいしい。
アロマが増します。

 

IMG_2780メニューもたくさんあるのですが、かわいい。あきない。
さすが芸術家という感じです。

MANGSI
Jl. Hayam Wuruk サークルK前
昼間は天気が良すぎて暑かった・・・・。
夜は、人が座りすぎていて入れませんでした。
いつがベスト?

サヌールおすすめレストラン Rib warung steak

0

今日も観光客の気分を味わってきました。

滅多にタンブリガン通り沿いでは食べませんが、ふらっと入ったところがおいしかったのでご報告。
これは当たりだったので、またすぐに行きたい!
名前はワルンですが、レストランです。
中は意外と奥行きがあり広い!
そして、客層は100%西洋人客でテーブルはほぼ埋まっています。

 IMG_1初めてのお店だったので冒険せず、普通にブラックペッパーステーキを注文。
ご飯やポテトを選べますが、マッシュポテトを選びました。
焼き方はミディアム。
Rp.87.000(850円)+10%なり。
もちろん、店主は白いご飯を追加するのですが、ご飯がRp.5.000(48円)。
今時、屋台でRp.5.000払っても、こんなにくれないよなーって感じの大盛り。

肉料理だけでなく、魚料理、インドネシア料理もあります。
そして、本日はPLAGA赤ワインを1本注文。
バリ島ハッテンワインよりおいしくて安いではないか~~。
Rp.195.000(1,900円)+10%
店主は赤ワイン好きですが、ここインドネシアはお酒が高くて普段は飲みません(日本で飲む)。
日本で600円ぐらいで売っているおいしいワインが、ここでは3000円以上。
飲む気が失せます。
インドネシアは酒税や関税が高いため、ここでは日本で安価なワインも高級品になってしまいます。
PLAGAワインは、オーストラリアからブドウを輸入して、インドネシアでワインを作っているため国産品。
そのお陰で、リーズナブルな価格が実現しているそうです。
お肉と一緒に頂いたせいか、とてもおいしく感じたのです。
PLAGA赤ワイン、これはいけます。
バリ島に来たら、PLAGAワインも試してください。

このレストラン、スタッフの対応もよく、店内の造りも落ち着いていて大人向けのレストランです。
また行きたい。

場所は、グリアサントリアンの向い。
プリサディンとKEKEホームステイの間かな。

ページのトップへ