ダイビング

パダンバイ 体験ダイビング、テペコン ファンダイブ 

0

大阪よりお越しのYさん&Y子さんをパダンバイへご案内しました。
はじめまして!
そして、ジャワ島スラバヤよりリピーターのK氏&Mさん夫妻。
夫妻で大きなカメラ2台、夫婦で経験本数○千本?のベテラン組は、上級者向けのミンパン、テペコン方面へ。
あっという間に準備をして、弁当を持って、さーっと出てゆきました。はやっ。

店主は、大阪組の体験を担当させて頂きました。
といっても、YさんはCカード保有者。
お友達Y子さんは、人生初の体験ダイビングだったので、じっくり説明させて頂きました。

本日のパダンバイ海況よし。
波少し、流れ2本目、透明度15m~25m、水温29度。
一部漂流ごみがたまっていましたが、透明度がGOOOOOD。
天気もぎらぎら太陽で最高です。

Y子さん、意外と緊張せず、スムーズにエントリーできてしまいました。
すごっ。
身を委ねてくれた感じがはっきり伝わってきました。
Yさんは、さすがダイバー、まったく問題なし。

すぐ気づきました。
店主のカメラ、ストロボが発光しない!
故障ぽいですね。涙

スジモヨウフグはあちこちに寝ています。
クマノミ、ヤッコエイ、ミナミハコフグ幼魚、チョウチョウコショウダイ幼魚、ハナヒゲウツボ幼魚、ウミウシ・・・。
体験のY子さんも生物観察の余裕があり。

 

オヤビッチャが向かってきた!

 

 

Yさんはカメラでがんがん撮っています。

イボクラゲかな?
もうボロボロで崩壊中です。
(発光せずつらいです・・)

キンセンフエダイやヒメフエダイの群れ群れでした。

 

さて、1本目からサプライズ作戦決行です。
今日は、体験Y子さんのお誕生日!!
おめでとうございます。
Yさんの手作りフラッグです。
やさしい・・。
(発光せず、ごめんなさい・・)

フェルト生地ですよ。
ステキ、手がこんでいる!
1本目から、ロングダイブです。

 

2本目、バックロールで入ってもらいます。
このブルー、早く入りたい~。

 

 

太陽が差し込んでいます。

ダイバーYさんは、安定です。
途中からアゲンストで流れが始まりましたが、問題なし。

 

子供ゴマモンガラが、ずっとじゃれあっています。

体験Y子さん、流れていますが落ち着いています。
ホント、体が素直。

 

ヨウジウオ!
(誰かストロボをください)

 

流れの中で安全停止中のガールズ。
この後、K夫妻が3本目で入ったそうですが流れはなかったそうな。

大満足のガールズ。
お疲れ様でしたー。
今日はビーチがきれい。

K氏&Mさんも戻ってきて、記念撮影。
Y子さん、お誕生日&バリ島で初体験ダイビングおめでとうございます。
これは思い出に残りますね。
皆様、ありがとうございました。

K夫妻による海況・・
1本目上級者ポイント・ミンパン流れあり。
2本目上級者ポイント・テペコン穏やかですばらしい透明度だったようです。
3本目ドロップオフ、穏やかでとてもきれいだったそうです。

 

パダンバイ 体験ダイビング

0

東京よりお越しのY氏とY子さんご夫妻、はじめまして。
リクエストでパダンバイへご案内しました。
お二人とも体験ダイビング!

天気が良くて気持ちいい。
ってか、最近かなり暑いです。
本日のパダンバイ、波なし、流れ2本目ちょっとあり、透明度10m、水温28℃。
ちょっと濁りが残念でしたが、そんな日は生物観察をして楽しみましょう。

奥様Y子さん、耳抜きに苦戦しましたが、時間をかければ潜行できるタイプ。
ご主人Y氏、実はCカード保有者でしたが、3年前に講習を受けたきり潜ったことがなかったそうな。
手をつなぐ必要もなく、安定して付いて来てくださいました。

 

立派に成長したハナヒゲウツボ。

 

 

サザナミヤッコの幼魚

 

 

おやすみ~~、ハリセンボン。

 

 

まだ小さなヤッコエイ

 

 

オヤビッチャの群れがすごかった!

 

黄色の根に近づいてきて、遠くから謎の陰影が・・見えてきました。
んっ???なんだろ?トラザメがホバリング??それはありえない。

こういうことでした。
すっごい共演

 

コバンザメ2匹に完璧サンドされている大きなネズミフグでした。
ここから全く動かず逃げず。
それにしても、うざいでしょうねー。

 

2本目は、お二人とも余裕です。
Y子さんは、やはり耳抜きに苦戦・・。
無理せず、潜れた水深5mで行くことにコース変更。

 

小さなウミガメちゃんが目の前に・・。
棚からぼた餅は、Y子さんのお陰!!

 

Y氏とウミガメちゃん

 

 

途中から流れがアゲンストで始まりましたが、なんとかブルーラグーンに入れました。
ツマジロオコゼが2匹でらぶらぶ中でした。

 

 

最近、ブルーラグーンの珊瑚はぼろぼろ。
水温だと思います。
生物がそのままなのが救いです。

 

 

チンアナゴたち

Y子さん、結局はこのダイブも耳抜きができました!!
水泳をやっていたので、水は得意でこの美しい姿勢。
是非、ダイビングに挑戦してください。
Y氏も3年ぶりのダイビングでしたが、全く問題なし。
すばらしい。

今日は楽しい一日をありがとうございました。

アメッド ファンダイブ

0

京都よりお越しのMIさんが1年半ぶりにリピートです。
お久しぶりです。
そして、デンパサール在住のMDさんもやっと参加です。
家でマスクが消えるってどういうことー?
お二人とも初アメッド。
サヌールを出発する時には、大きな虹を見ることができて幸先いい感じ。ふふふっ

本日のアメッド、天気もよく気持ちよかったです。
波少し、流れなし、透明度5m~15m(一部白っぽい)、水温28℃

本日のガールズ

 

 

漁礁にはハナダイが群れ群れ

ハダカハオコゼ黄色も・・。

 

流れがなかったせいかキンセンフエダイ群れは、広い範囲に・・。

 

ウミガメがMDさんの方に寄っていきました。

 

MIさん、見えない~。
腹ペコのウミガメちゃん、口のまわりにウミシダが付いてるよー。
この後、浅瀬で別個体2匹見ました。

 

MIさん、後半からだいぶ中性浮力に慣れてきました。
MDさんは、ヌサペニダもデビューしているし安定です。

 

2本目は竜宮城へ。卵ありクマノミ。

 

 

ツムブリ小集団!

 

 

クマザサハナムロはびゅんびゅん

 

 

ヒメツバメウオ

 

 

いつもの場所から少し移動した模様。
ヒメちゃんたち、やっぱかわいい~。

 

 

たくましいガールズは、3本目ビーチです。

 

オイランヨウジやヤンシーズパイプフィッシュも常駐

 

 

一部、透明度が悪く、濁りをよけながらのダイビング。
ツバメウオも7-8枚定位置に。

 

 

オオウミウマは、水深1.5m。
ダイバーに踏まれないようにね。

 

重量を感じながら上がってきました。
水も滴るいいオンナたち、ロングダイブお疲れ様でした。

 

帰り道、アグン山に光の筋が!!
雲のわずかな隙間から、太陽が差し込んでいます。
一点だけ天気なんでしょうね。
朝は虹、夕方は光の筋、得した気分。
今日は楽しい一日をありがとうございました。

私事ですが・・・
皆様、誕生日メッセージありがとうございます。
健康をいたわりながら、ダイビングを続けたいと思います。
一年早いな~。

個人の確定申告 e-filing

0

ただいま、2017年の確定申告シーズンです。
個人の確定申告は3月末までなので、昨日、デンパサールの税務署へ。
毎年ぎりぎりです。

去年と同じく、1枚フォームを書き込んで、所得証明を1枚添付で持っていくだけという簡単なコト。
待ち時間も入れて1時間で終わるだろうなんて思っていたら、また変わった。
毎年、よくこんなにコロコロ変わるなと思います。

まず1階受付で・・・
NPWP(納税番号カード)原本持って来ているか?
パスポート原本は持って来ているか?
えーーーっ、去年そんなもん必要なかっただろ!
e-filing登録済みか(個人用オンライン登録)?
まだよ。

・NPWP持参してない
・e-filing未登録
という付箋をつけられ2階で待たされる。

夕方、20人待ちだったので40分ぐらい待って呼ばれました。
どうやら、店主のe-filingの登録をする様子・・・。
ここ2年ぐらいe-filing登録をするように呼びかけていることは知っていましたが、極力、登録を避けてきた店主。
余計な登録ごとはしないに限る!→これ鉄則
しかし、今年からは、紙のマニュアル式申請を受け付けない方針なんだそうです。
だったら、確定申告用紙を配るなと思いますが。笑

e-filing登録は簡単で、その場でさささとやってくれました。
そして、次はログインして個人確定申告を担当職員と一緒にやります。
確かに簡単。
しかも、これまで必要だった会社発行の所得証明は不要なんですね。
そんな余計な疑問は口にしませんが・・。

 

 

オンラインで確定申告ができるようになると、1月~4月は激混みの税務署もかなり仕事が軽減されますね。

個人確定申告は、e-filingしか受け付けませんが、法人の確定申告はまだマニュアル受付OKだそうですがこちらも変わっていくのかな。
会社の方は、これから手をつけようかと思います。
締め切りは4月末。

 

税務署には、このような宣言があちこちに。
賄賂とか受け取りません、というイメージクリーン作戦。
警察もやってますね。
当たり前なんですけどね。
嗚呼、インドネシア

 

 

 

 

 

 

ヌサペニダ ファンダイブ

0

東京よりお越しのK氏と上海よりお越しのFさん、はじめまして。
バリ島で待ち合わせというインターナショナルなカップルです。
本日は、ヌサペニダへGOです。

Fさんは、まだCカードを取得されたばかりですが、K氏がダイブマスターレベルであるのでお受けいたしました。
他にゲストはいませんし・・。

K氏のリクエストでマンタポイントへ。
マンタポイントの海況はいまいちでした。
波がばたばた、うねりあり、透明度5m~8m、水温27℃。

 

マンタはすぐに出てくれたのですが、浅瀬までうねりと透明度の悪さで行けませんでした。
ほとんどのショップは、15m地点でマンタを待ちます。
ウミガメも通ってゆきます。

 

それでも、マンタは次から次へと1枚、2枚とよく現れてくれましたが、浮遊物が多く写真は撮れません。

 

ダイブマスターK氏は、動画をきれいにとっていました。
透明度はいまいちでしたが、初マンタに大喜び。

 

2本目はクリスタルベイへ。
マンタポイントエキジット後、波酔いになりそうだったFさん。
休憩中に回復。はやっ。
クリスタルは、波なし、流れちょっと、透明度15m、水温25℃。
若干白っぽい濁りあり、ちょっと冷えました。

サザナミヤッコ、クリーニング中。
バラクーダ、イケカツオ2匹、ロウニンアジが通ってゆきます。
きれいなイトヒキベラも!

 

サンゴもスズメダイも群れ群れ。
初心者のFさん、このダイブで急成長!

 

Fさん、中性浮力がとれ始めて、生物観察がじっくりできるように・・。

 

 

私たちのバブルが、根から出てきます。

 

スカシテンジクダイ地区

 

 

2本目はかなり楽にダイビングできたFさん。

 

 

3本目はSDへ。
波なし、流れ後半ちょっと、透明度12m~18m、水温25℃
浅瀬は少し白く濁っています。
ゆるいドリフトを期待しましたが、前半は流れず。

ウツボ

 

 

Fさんは、初ウミガメかな?

 

またウミガメ

 

ヌサペニダはまだまだサンゴがいいですね。

 

またウミガメだ・・このダイブ4匹目かな。
最後は、Fさん、K氏、ウミガメの3ショット。

 

 

エキジットして水面でボート待ちをしている間、顔をつけると群れ!
またエントリーしたくなりますー。

 

 

 

Fさんは、CAさんなんです。
スタイルいいし、美人。
今日の3ダイブでかなりスキルアップしましたね。
これからK氏と一緒にダイビングを楽しんでください。
そして、後から聞いてびっくり、K氏の100本記念ダイブでした。
おめでとうございます。
今日は、ありがとうございました。

 

 

トランベン ファンダイブ

0

明石Kさんの2日目はトランベンへ。
行きも帰りも道路ががらがらで、あっという間にトランベンへ到着。
はやっ。

トランベンは天気よし、海況よしです。
波は少し、流れ2本目ちょっと、透明度12m~18m、水温28℃。

 

昨日、人生初ファンダイブをばっちり終えたKさん。
今日は、エントリーから魚に囲まれます。

 

船内にはアカククリ

 

 

リバティ号船尾!
先週ダイバーになったKさんにとって、全てが新鮮。

 

すぐにナポレオンが悠々と泳いでゆきます。

 

下を見たら、ウミガメ!わーい独占。
昨日、パダンバイで会えなかったので、ラッキーです。
捕食中で、Kさんのことを全く気にしません。

 

 

船内へ入ります。
ファンダイブ3本目でこのまとまりよう。

 

 

サンゴもいっぱい付いています。

 

気持ち良さげのタルミさん、クリーニング中。

 

ウミウシ好きのKさんにプレゼント。
活発なセグロリュウグウウミウシ。

 

 

頭上げると、おーおーっ、期待していなかったカンムリブダイ。
この子、おでこに傷があってコバンザメが付いています。

 

安全停止は、ムスジコショウダイちびっ子組。
元気に育ってね。

 

 

ラストダイブ、最後まで気を抜かず行ってきまーす。

 

きれいなオニカサゴ

 

 

Kさん、水中世界を満喫中。

 

うひゃーーーー、突然群れ。

 

 

腰ふりふりのイソギンチャクモエビ

 

 

ヒレナガネジリンボウ・・これ以上粘れず。

 


中性浮力がいいので、後半は砂地マクロダイブも体験していただきました。
さくっとロングダイブにお付き合い頂きました。
いやー、トランベンまで足を延ばした甲斐がありました。
Kさんも大満足でした。
これからいろいろな海を経験して、今度はマンタやマンボウを見に行きましょう。
2日間、ありがとうございました。

ファンダイブ パダンバイ

0

明石よりお越しのKさんをパダンバイへご案内しました。
はじめまして!
同期あいちゃんのゼミ生です。
4月から社会人として働くわけですが、その前に夢だったダイバーへ。
先週、Cカードを取得されたばかり、そして初ファンダイブです。
ログブックを見せて頂くと、講習海洋ダイブの最大深度が6mだったので、えっ?と思いましたがゆっくり行きましょう。

本日のパダンバイ、昨日に引き続き海況GOOOOD。
1本目:穏やか、流れなし、透明度18m、そして昨日より若干暖かく水温24℃。

アグン山、くっきり。
初のボートダイブのKさん。

 

 

スキルも問題なさそうなので、沈船がある18mまで潜行。
船内は、アオスジテンジクダイとサザナミヤッコでびっしり。

 

ウミシダがちょうど良いところに寄生。
おしゃれな仏像。

 

 

キンセンフエダイの群れが戻ってきました。
Kさんは、浮きも沈みもせず、バタバタせず、ぴったりくっついて来てくださいました。
潜水時間も50分以上で残圧もたっぷり。
しっかり講習を受けてきたのが分かります。

そして、水温24℃は店主にはまあまあ冷えたのですが、Kさんにとっては大したことなかったようです。
先週、寒い日本で潜っていますからね・・。
小柄ですが、タフだわぁ。

 

 

2本目、行きましょ。
穏やかなのでじっくり楽しめそうです。
ここは水温26℃。

 

 

タコが2匹、交接しそうな感じでしたが逃げてしまいました。
ごめん。

 

 

ピンクスクワットロブスター(サクラコシオリエビ)

 

 

そして、ウベゴン(和名:オオセ)!!!
こう見えてもサメ。扁平でかわいいですね。
最後が去年5月だったので、10ヶ月ぶりに会えました。
わーい。

 

 

立派なオオモンカエルアンコウ(黒)
Kさんに分かってもらうため、怪獣の手と握手したら、Kさんに魚だと伝わりました。

 

 

最大級の大きさでした。

 

 

シライトウミウシ・・・Kさんはウミウシが好きらしい。

 

 

残念ながらウミガメは見つからず。
ファンダイブ2本目ながら、この中性浮力。
美しいです。

 

 

ウツボが出てる。
この他にもオトヒメウミウシ、キカモヨウウミウシ、アンナウミウシ、チンアナゴ、ヤッコエイ、スジモヨウフグ、

チョウチョウコショウダイ稚魚と幼魚、ハダカハオコゼ、ヨウジウオ、アカヒメジの群れ、ミナミウシノシタなどを観察。

 

 

がっつり潜った後のガールズランチは、ナシチャンプル。
今日も美味しかったです。
初ファンダイブ、お疲れ様でした。
今日はありがとうございました。

 

パダンバイ ファンダイブ

0

ジャカルタよりお越しのO氏、はじめまして!
1月のダイビング問い合わせを頂いていましたが、立ち消えに・・・。
ですが、先日、また連絡を頂きました。
結局、1月はアンボン(マルク)で潜っていたそうな。
店主も12月、アンボンで潜っていたのですよ・・奇遇です。
今回は、週末のバリ島オゴオゴ&ニュピを体験するために、あえてバリ島にいらっしゃったそうです。

本日はパダンバイへ。
くらげも消えて、穏やかです。
透明度15m

アグン山からは、すこーし煙が出ていました。
ニュピ明けのせいか、まだダイバーは少なめでした。

 

小さな沈船

 

 

潜水時間9分で、23℃まで落ちてしまいました。
水面は28℃。さぶいぃ。

 

ヤッコエイさん、見えてます。

 

 

ベテランO氏も、じっくり撮りながら進みます。

 

 

ハナビラクマノミ

 

 

O氏が見つけてくれたハダカハオコゼ黄色。
ちょっと離れてもう1匹黄色。

 

 

キンセンフエダイ・・・今日は群れが分かれていて少なかったです。

 

コショウダイやらハナダイやらうじゃうじゃの根。

 

オレンジダムゼルを撮るO氏。
今日は3匹見られました。

安全停止まで上がってきても、水温はなかなか上がらず冷えました。
去年潜ったヌサペニダが、寒くて嫌いになってしまったというO氏(マンボウは会えずだったそうな)。
1本目は、店主も不意打ち冷却で参りました。

 

ただ、太陽がギラギラだったので、すぐにリカバリー。

2本目は暖かさを求めてドロップオフへ。
こちらもなかなかの海況。
水温は終始28℃!!!

 

O氏のカメラ、潜行後に海水の浸入が少しあるのがわかり、すぐに引き上げました。
残念ですが、カメラはお休み。

ハナミノカサゴの幼魚

 

 

O氏が初めて見たというタテジマキンチャクダイの幼魚。
2匹がつるんで泳いでいました。

 

きれいですー。

 

 

この時期現れ、またいなくなるコクテンハギ。ペアでらぶらぶです。

 

カメラお休みなのが残念。

 

んっ、Facebook?

 

O氏が見つけてくれたクモガニの仲間かな?不明・・。

 

予定時間を越えて、エキジット。
暖かいので最高です。
この他にも、各種ウミウシ、ウツボ、トラフシャコ、ゴシキエビ、クモウツボ、追われるニライカサゴ、グルクマの群れなどを観察。

O氏、今日は1本目冷えちゃったけど楽しかったです。
ありがとうございました。

 

ヌサペニダ ファンダイブ

0

ジャカルタよりお越しのリピーターM女史。
昨日はジャカルタでのお仕事を終え、送別会に参加、そして飛行機に乗って夜中2時にバリ島に到着したそうな・・。
尊敬する公私メリハリ度。
お疲れ様です!

本日はマンタ様に会うためにヌサペニダへ。

順調にサヌールを出発。
アグン山がくっきり見えます。

本日のマンタポイント
波なし、流れなし、うねりなし、透明度12m、水温28℃
潜行開始直後、すぐにマンタがゆきます。
まだ1分経ってない・・・・ラッキー。

ブラックマンタが頭上・・・でかい。

 

M女史、人生初のマンタ様。おめでとうございます。

 

最高3枚連隊でしたが、50分間、たえずマンタが見られました。

 

ブラックマンタにつく大きなコバンザメですね。
大きいのでおスギかと思いました。

 

こんなに見られるんだ~とびっくりのM女史でした。
予想以上だったようです。

 

エキジットしようと浮上開始していたのですが、ヨスジフエダイの群れや・・・・眼下にはまたまたマンタ3枚が遊んでる。
エキジットできない・・。

 

 

2本目はSD
のんびりドリフトダイビングを期待しましたが、流れは最後にちょっと。
透明度は20m、水温30℃。

オヤビッチャとヒメフエダイの群れ群れ。
すぐ近くには小さなウミガメ。

 

流れがないのでゆっくり進みます。
キハダやロウニンアジも通ってゆきました。

 

 

サンゴがびっしり!!!

M女史、エア減りません。
お疲れ様でした。
「ラジャンパットよりきれいだった」とのお言葉頂きました。
今日は海況が良くてラッキーです(濁る日もあります)。
M女史にとって、かなり濃厚な2ダイブになったようです。わーい。
M女史、ありがとうございました。
店主もかなり楽しめました。

今日は、バリ島は大晦日なので夜はオゴオゴです(ねぶた祭りのような感じ)。
明日は、新年ニュピです(外出禁止令)。
M女史は、ニュピを体験するためにバリ島にやってきたので、一緒にオゴオゴ見学してきます。
その前に、スーパーで買出ししないと。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

東京よりお越しのMYさん、Mさん、K氏をリクエストでヌサペニダへご案内しました。
はじめまして!
会社の同期だそうです。
事前に聞いていたより、3人ともログ本数がブルパラ基準より10~15本少なく冷汗店主。
(ヌサペニダ&レンボガンは、中上級者ポイントになるので、自分のことは自分でできるレベルの方をご案内させて頂いています)
とりあえず、マンタポイントで潜りぷりを見せて頂いてから、2本目・3本目のポイントを他のガイドたちと相談することに。
なんせ、今日は4ショップでボートシェアですから・・・。

 

1本目マンタポイント
波なし、流れなし、うねりなし、透明度10~15m、水温27℃
マンタポイントにしては、海況抜群。

入ってすぐにマンタ様はいました。

 

悠々と泳ぎでかいです。

 

マンタの根元では、タコが2匹。
多分、交接したいんでしょうけど、みんなに写真撮られてチャンスなし。
タコさん、場所が悪いと思うよ。

 

おーっ、パダンバイのKガイド。
こういうところで会うと嬉しいです。

 

マンタ連隊は見られませんでしたが、待つことなく、1枚、2枚と現れてくれました。
3人同期組は、久しぶりだったり、初カメラだったり、中性浮力に最初は苦戦していました。
っが、中盤からコツをつかみ始め、安定してきました。

同乗していた1ショップですが、深場へマンボウ探しに行きマンボウ1枚ゲッツだったようです。
この時期に、羨ましい!!!

2本目クリスタルベイ
波なし、流れ途中からあり、透明度18m、水温23℃~27℃
1本目の潜りぷりを見せて頂いた上で、各自反省や改善点をアドバイスしてGOエントリー。

2本目は最初からこの団結力。
きれいにまとまりました!いいね~。
さすが同期組ですね。
途中でアゲンストの流れが始まったので、無理せず浅瀬を通り戻ることにしました。

 

サンゴがすごい。

 

 

MYさんがカメラデビューなので、ゆっくり進みます。

 

撮れたでしょうか?

 

 

巻き上げないよう上手に根の下へアプローチ。
皆さん、急成長。

 

 

Mさん、超安定。

 

 

デバスズメダイ幼魚

 

 

皆さん、ヘビだと思ったようですがクモウツボです。

 

同期組、美しい。パーフェクト!!
水面下のクラゲを上手によけながら、ゆっくり慎重にエキジット。

3本目トヤパケ
波なし、流れ途中あり、透明度15m、水温25℃~27℃
潮的に緩いドリフトになる予定でしたが、エントリー時は穏やか。

ワクワクします。

 

ここはサンゴ群生の隙間にクマノミ系がいっぱい。
癒しのニモ。

 

 

途中でアゲンストの流れがあったので、戻ります。
ここはソフトコーラル群生ですが、ウィップフィンフェアリーラス(ベラ)が2匹びゅんびゅん飛んでました。
写真はもちろん撮れず。
背鰭フィラメントがきれいに立つと美しかったです。

 

はい、お疲れ様でした。
同期組、3ダイブで急成長でした。
この調子でこの先潜ってくださいねー。

 

スマワンビーチにてキラキラスマイル記念。
今日はありがとうございました。
素敵な仲間!

 

 

ページのトップへ