Selamat pagi, Tulamben.

ファンダイブでスタート。
ただ、早朝は大波でした。

旧正月はこうじゃなきゃね・・・苦笑。

 

IMG_2909朝6時のエントリー。朝焼けが美しい日。

 

 

 

 

IMG_2925沖からの大波で、浅場の透明度は駄目。

ですが、ブルパラリピーター様たちご一行はこんなの経験済みなので、上手にエントリーしてゆきます。

カンムリブダイを砂地で遠目に今日は見ることができました。

 

IMG_2938ジャカルタおはるどんと、やっとこさ、バディを組むことができた早朝ダイブ。

年末年始もご一緒できずでした。ついに!!

ベテラン組に混じり、うまく中性浮力がとれずに悩んでいた彼女。

早朝ダイブ後半で、すでに素敵なスタイルになってきました。

今年は、彼女を頼れるダイバーに育てます!!

 

 

IMG_2957クマノミ人口密度が低いイソギンチャク。
全員、ちび。

 

朝食後、若干波がおさまってきました。

TK夫妻、ジャカルタおはるどん、鉄人K氏はファンダイブ2本目。

いってらっしゃーい。皆さん、ピグミーを撮ってきました。行きたかった・・・。今回もチャンスなし。

 

ファンダイブ組を見送った後、店主はレスキューダイバー・海洋シナリオダイブを監督しました。

波が高めだったので、ジャカルタK子さんとO氏に今回無理にしなくてもいいと提案しましたが、O氏の熱い希望でシナリオダイブをやることに。

幸いなのは、少しずつ波がおさまってきていること。

 

2.2-1K子救助者がK子事故者役を曳航中。

この後のゴロタ石の波ありエキジット、どきどき・・・。

 

 

2.2-3胸部圧迫中。

 

 

2.2-4酸素を与えます。

 

(写真提供:Y氏)

 

ものすごく混んでいた今日の沈船。

ギャラリーも多く、迫真の演技に、本当の事故だと思い『お手伝いすることはありますか?』と声をかけてくれる西洋人らもちらほら。

おとといEFR、昨日からのレスキュー講習で、スタミナを使い果たしたO氏とK子さん。

まだ、学科試験は採点していませんが、ナレッジレビューの感じではおそらく合格。

おめでとうございます。

 

 

IMG_2997帰路、またガールズにはさまれ、サヌールに向かうDakoさん。

みんなに愛されていていいねー。

キャットフードのお土産まで!

 

 

IMG_3002車窓より。軽トラってこんなに人が乗れるんですね。

 

講習組にとっては、かなりハードな2日間となったと思われます。

講習総括は、今夜の打ち上げでしますが、いろんなことに気づけるダイバーでいてくださいね。

お疲れ様でした。

海況はいまいちでしたが、楽しいメンバーで笑いが救いの一日。

皆さん、ありがとうございました。