池を覆っていた美しいブーゲンビリアの木(パリガタ)が突然なくなり、我が家のドクターフィッシュたちが、前面に出てこない日が続いておりました。
どうやら、隣の家から生えていたブーゲンビリアが壁の向こうで切られたよう。
あっという間に枯れました。怒
太陽が直接当たるのを好まないのか、ドクターフィッシュたちは日が当たらない奥に・・。
日が暮れないと出てこない!
どうにかして日陰を作りたいな・・と思っていたときに、昨日友人からロータスをもらったのでした。
大きな株からロータスを分けてくれるというのです。
ペジェンの妊婦L子もわけてもらってました。
やはり、願うと叶うものです。
感謝。

近所だったので、すぐ戻って池に泥つきロータスを入れてみました。
おーーー、きれいに葉っぱが広がった!
そして、ドクターフィッシュの子供達は早速大喜び。
大人たちは臆病ですから、もう少し時間がかかりそう。
これで日陰ができるし、魚達が食べる藻など食べ物が増えそう。
毎日パンをあげるのが日課になってる店主。
パンを持って池へ向かうと、当たり前のようにネコもついてくる。
うちのネコ、パンが大好物。
魚達にパンあげながら、ネコも隣で『くれ〜〜』とうるさい。
『あんた、ネコのくせになんでパン食べるの??』と怒られる。
でも、食べたいというのでネコにもパン。
店主もパンをつまんで食べる。
これかなり変な光景。

「蓮は泥より出でて泥に染まらず」ということわざ。
んーーーー、美しい。
こうありたいですね。