東京からお越しのガールズ3名とトランベンへ行って来ました。

体験ダイビング3名と聞いていたのですが、実はEさんはライセンスをお持ちでした。

「みんなで潜りたかった」ので体験で申し込んだそうな。

AさんとMさんは、初の純粋な体験ダイビング。

 

トランベンは波も小さく海況GOOD。「よかった・・。」

水温28度、透明度10m-15m。

風もそれほど強くなく、エキジットしても寒くない!!

 

1本目、Mさんの耳の抜けが悪かったため、5m以内でダイビングを行いました。

EさんとAさんは、すんなり潜れたため普通に行ってしまいました。

リバティー号にはダイバーがたくさん入っており、恒例の「歓迎の舞」も魚達が見せてくれます。

 

ライセンス持ちのEさん「こんなに魚がいるんですねー、びっくり。」と。

あちこち潜ったダイバーなら比較ができるのでわかりますよね。

トランベンのよさ!

 

実はガールズは某保険会社勤務。

みなさん部署が違うそうですが、Eさんは沈船や車など海に沈んだものが専門なんですよね・・。

だからなのか分かりませんが、リクエストが沈船だった!?

リバティー号の歴史など興味津々でした。

 

またMさんには、店主の秘薬「耳が抜ける薬」を飲んで頂きました。

2本目は楽勝エントリー。よかった。

 

記念撮影

ガールズ記念撮影

 

 

記念撮影

みんな一緒に潜れてよかった

 

 

クマノミと

クマノミですよーーーー

 

ここから店主はEさんと純粋なファンダイブを始めさせて頂きました。

 

アカククリ

沈船内にいたアカククリ

 

 

はろー

18mの船内にいたウミガメ様(小さい方でした)

 

さよならー

こんな近くで見たのは初めてだったそうです。

 

 

体験チーム

船内から見つけた体験チーム

 

 

ササムロ

ササムロが向かってきた。

 

 

ニューフェイス

クマノミコロニーに、セジロクマノミ幼魚が1匹いました。

成長を見守りたいと思います。

 

 

安全停止

安全停止中のEさん。

 

Eさんは沈んだもの専門家なので

船首のそろそろ崩れ落ちそうな部分を見てもらったり、リバティー号の船体を触ってもらったりしました。鑑定?笑

「ここが日本軍の魚雷2発が当たった損傷・浸水部分」というサイン(ボディランゲージになってました)をEさんに送ると、わかってくれた!!!

通じるもんですね。笑

 

2本目上がって、みんなきゃーきゃー。

全員ホットレモンを片手に「きれいだった!楽しかった!」を連発してくださいました。

これだからガールズはいいですよね。

 

無事終了

みなさん一緒に潜れてよかったです。

Mさん、耳抜けてよかったですね。

 

車窓

ガールズはおやすみ5分。

店主は珍しく起きてられました。

車窓は、アムラプラに入る手前の田園地帯より。

 

みなさん、今日はありがとうございました!

波がなくてよかったです。