店主、突然ですが、シンガポールへ行ってまいりました。この1ヶ月、ほんとに落ち着かない日々。2年ぶりの海外で、浮き足立ちました。やはりたまにインドネシア以外の空気もいいものです。

 

シンガポールは2年ぶりでしたが、気持ちのよい国で店主は好きなんです。住むとまた違うのでしょうが・・。

 

まず、人々が観光客に対して温かいです。空港から地下鉄に乗ろうと思っていると、向こうから「どちらへ行くのですか?」と・・。街中でも、向こうから声をかけられること幾度となくありました。それが押し付けがましくなく、とてもさわやか。これ、バリにありません。人々は声をかけてきますが、100%思惑ありです。

 

それから値段などをぼらない。ま、これは日本では当たり前でしょうけど、インドネシアでは価格体系がいくつもあるので、安心して買い物・食事ができるわけです。こういう当たり前のことに、とても心地よさを感じる店主でした。

 

とにかく町並みは美しく、全てが心地よいのです。先進国ってこんなんだっけ??

 

そんなわけで国民の資質(観光受け入れ)に関しては、負け負けである点を痛感した店主です。資質では負けているバリですが、バリ島には文化・伝統・宗教・自然等ではシンガポールに勝っているとも感じました。

 

頑張れバリ。