中部ジャワ在住のN氏と A君親子がやってきてくれました。

A君は11歳なのでジュニアオープンウォーターダイバー、N氏はオープンウォーターダイバーですが、もちろん一緒に講習スタート。

N氏はインドネシア人で奥様は日本人。

N氏は日本語能力は高く(福岡弁)、講習は日本語で行うことになりました。教材だけはイ語版。

 

ゆっくり進めようなんて思っていたのですが、通常通り午前中は3章まで学科が終わりました。

器材のセッティングなどは、親子で飲み込みが早い。

宗教を尋ねたところN氏はバタック人(クリスチャン)だったため、バリ屋台でランチ。

豚肉がOKなのです。

 

午後からのプール講習。これまたスムーズ。

普通の大人よりずっとずっと11歳A君は飲み込みが早い!体も脳みそも柔らかい。どんどんスキルをこなしていけます。N氏も一度も慌てることなく、終始落ち着いています。

新しいスキルを次々と親子で楽しんでいく感じ。

親子ですが、ダイビング中はバディでもあり、そんなことも学んで頂きました。

 

早速A君

「バディ、ファスナー閉めて。」

そうそう、お互いに助け合ってね。

 

器材準備・片付けも要領よく、二人できびきび動きます。

なんて連携とれた素敵な親子なんでしょう!

 

「今日は一日ありがとうございました」と若干11歳に頭を下げられました。

ホント礼儀正しいなぁ。感動&感心の店主でした。

 

N氏は北スマトラ・サモシール島のご出身。

店主は12年ほど前にトバ湖に行ったことを思い出しました。

確か、あそこは東洋のスイス。

水が冷たすぎて泳げませんでした。

スダコやベチャマシーンに乗ったなぁ・・・。

 

明日の海洋ダイブが楽しみです。海況がよいこと祈ります。

 

プール講習