朝早くから吉本新喜劇でスタート。ジャワ島より生粋の大阪人K夫妻&神戸のTK夫妻。
皆様、80本~200本台のベテラン様たちでアメッドへ行ってきました。

ダイビング以外にもいろいろなことが起こる一日となりました。一寸先はわからないものです。

 

延び延びとなっていたガソリン代が今日から値上げ。いつものお金で満タンにならないところが悲しいですね。

 

途中、マンギス村で交通事故現場に遭遇。男性の遺体が生々しい状態で道路中央にまだ置かれたままでした。ご冥福をお祈りします。

 

アメッドの海況はよし。透明度は、10m~25mとポイントによってまちまち。

ファンダイブですが、大阪K夫妻のリクエストで「シグナルフロートの使い方を学びたい」というのがあったので、今日の3ダイブ全部フロートを上げてもらいました。夫妻で初めてのフロート上げ。これを機に二人で2つのフロートを新調。フロート上げ1発目は、ほぼ全員うまくいきません。何でもそうですが、経験をすることによって、自分が使いやすいフロートに改良していく必要があります。

出動

 関西4名エントリー

 

 

美しい

TK夫妻、ウォールへ突入

 

ウォール

 関西4名きれいにウォールへ

 

 

すれ違い

 ウミガメ様が目の前ですれ違いました

 

 

フロート上げ

そして初のフロート上げ・・・Aさん

ああ、だめだ。すでにからまり気味。

ご主人K氏は初回にしてはなかなかの出来。

 

 

ソフトコーラル

 

2本目は竜宮城ポイント

地形とソフトコーラルを堪能

 

 

大きなサンゴ

大きなサンゴとY氏

 

 

この数分後、とんでもない聞いたことのない音が全員の体に響き渡りました。もちろん、「どかーん、ばきばきばき」という音と同時に魚たちは一斉にサンゴに入りました。

形容しがたいですが、店主の場合、心臓が重低音のせいで乱れるみたいな。

心臓のリズムが乱され動悸かと思ったほど。とにかく、経験したことのないよく分からない状態になったのです。全員の顔が不安に・・・。ボートのエンジン音とも思えない、爆弾漁のダイナマイト音も全然違う。なんなんだ??見える範囲に異常なし。浮上するにもすぐあがれる深度ではなく、浮上しながらもダイビングを続行することに。

 

 

群れ

 

アオリイカの群れが気を紛らわせてくれました。

 

 

フロート成功

 そして、AさんもK氏も1本目の反省を踏まえフロート上げ成功。

 

陸上に上がって水中で店主たちを襲った音がなんだったのか???が話題に。
陸のバリ人らに聞いてみると、やはり横揺れの地震があったそうな。地球が動く音だったのです。

重低音からして、店主らのかなり近くだったのではないか?と予測。しかし、バリ人らが震源を知るはずもなく・・・。震源地は、あとでネットニュースで調べようということに。

 

3本目は、砂地マクロダイブ。皆さんが好きなまったりダイブ!!

 

カミソリウオ

またまたカミソリウオ

 

 

ツバメウオ

 アメッドは人懐っこいツバメウオで、ダイバーに2,3匹近づいてくることは毎度です。

ですが、今日はY氏に集まる傾向。ぱっと見7匹。きっと引き寄せる何かが働いているのですね。

 

 

引き寄せる男

 笑っちゃうほど。写真の邪魔をする。

 

 

 

近すぎ

 「いいから、私を撮って!私を見て!」と聞こえてきそうです

 

 

 

きらきら

 アメッドでしか見られないヒメツバメウオの群れ。

 

 

砂地ー

 オオウミウマ観察

 

 

オオウミウマ

そして2匹目も発見

名言中の名言「彼らの人生設計はどうなっているのか」(スラバヤ潜水隊Y隊長)

 

最後のフロート上げも上手に終わりました。

お疲れ様でした。

楽しすぎて潜水時間80分。2ダイブ分ですね。ごめんなさい。

大阪夫妻も神戸夫妻も「アメッド、おもしろいーーーーー!」とニコニコエキジット。

店主も楽しかった!

 

時間が時間だったので急いで神戸組と店主は、そのままトランベンへ移動(1泊2日)。

大阪組は日帰りだったのでサヌールへ移動となりました。アメッドでお別れです。

インドネシア秘境ツアーでフロート上げが成功しますように。祈

 

サヌールに到着したK夫妻が、すぐに地震ニュースを調べて送ってくれました。

バリ島時間13:42地震あり。

西ロンボックより14km西の海、深さ10km、マグニチュード5.4

やはりかなり近いところが震源地だったようです。納得。

トランベンで潜っていたガイドによると、西洋人客の中には、すぐにエキジットしたダイバーもいたそうな。

あの轟き音は恐ろしい・・。地球の音はすごい。

 

事件が多い一日でした。