早朝サヌール出発でアメッドへ行ってきました。

スラウェシのKさん、Oさん。
ジャワのMさん。

皆さん初めてお会いしたメンバーですが、移動中ですぐに打ち解けてしまいます。

これぞガールズパワー。

 

アメッドは海況抜群。

とても穏やか。透明度は20m以上、水温28℃、波なし、流れは若干。

今日のガールズは100本前後のベテラン揃い・・激しく流れてもよかったのですが(笑)。

 

エントリー

1本目エントリー、美しいまとまり。

 

 

ウォール

ウォールのアカヒメジ

 

 

ためいきもの

この彩がなんともいえません。

自然は素晴らしい!

 

 

Kさん

サザナミフグになってしまったKさん。

終始ニコニコスマイルが印象的でした。

 

2本目へ出発時に事件勃発

店主のフィンがボートから丸ごと消えたのです。

ゲストのは残っている状態。

1本目が終わり、間違いなくボートにウェイトとフィンを残しました。

マスクとカメラを持って降りました。

事実、毎回、店主がお客様にそう指示するから間違いありません。

 

ボート会社の言い分。

『店主が、どこかに落としただろう』

『店主が、自分のフィンを持って降りたのを見た』

その後(2ダイブ後)、なぜか大きなボートで見つかったらしいのですが、そうすると

『店主自らが、大きなボートにフィンを持っていった』

それでも、そんなことないと言い張ると

『自分の言うことがいつも正しいと思っているんだな』と捨て台詞を浴びました。

 

結局、店主が休憩中に他のゲストを乗せているようで、そのゲストが店主のフィンを勝手に使っていたようなんです。

それを最後まで店主のせいにしようとするわけです。

冤罪の気持ちが分かりました。

とりあえず、フィンが戻ってよかったです。

 

いちゃもんで30分ほどロスタイム。

インドネシア歴が長いゲストの皆様でありがたかったです。

そして、ボート運転手らの中には、店主の肩を持ってくれる人も数名いて(店主は毎回フィンをボートにおいていく)、それが嬉しかったです。

 

 

 

2本目

皆様お待たせしました。

 

 

ガールズ記念

水面記念撮影ガールズ

 

 

ドロップオフ

ザ・ドロップオフ

たくましいガールズたちです。

 

 

ヒメツバメウオ

ヒメツバメウオの群れ、キラキラしています。

 

 

 

祝150本!

祝150本!Oさんおめでとう!!!!

 

 

Mさん

ツバメウオと戯れるMさん。

 

 

戯れるOさん

ツバメウオ幼魚と戯れるOさん。

 

 

 

やっほー

オオウミウマと戯れるガールズ

 

 

ヒゲハギ

かなりレアなヒゲハギ!!

 

もう楽しすぎ。アメッドのシーズン到来です。

ガールズの打ち上げはアリーナ!!

図鑑『日本の海水魚ー山と渓谷社』を4人で、囲んで最初から最後まであーだこーだ。
外から見ると、かなりマニアックで不思議なテーブルだったに違いません。笑
ああ、肉食ガールズ。

Kさん、3日間ありがとうございました。
Mさん、そろそろダイビング自粛ですかね・・。hati2,makasih-
Oさん、DM候補生として3日目お疲れ様です。