今日はファンダイブ2組(ビギナー組とアドバンス組)でパダンバイへ行ってきました。

1年前にハワイでライセンスを取ったきりで、初めてのファンダイブで参加のM夫妻。

ログ70本台のA子さん、M子さん、ドイツ人のR氏。R氏はダイブマスターレベル。

店主は、初ファンダイブとなるM氏と奥様Yさんを担当させて頂きました。

 

本日のパダンバイはオダラン1日目。

オダランとは、その地区のお寺の創立記念日。

これが半年に1回ぐらいあります。

パダンバイはお寺に向かう参拝客で朝から大渋滞。

ってか、ボート乗り場までたどり着けず、時間をロスしました。

 

海況は穏やか。透明度は、1本目20m以上、2本目はうねりが入り10m程度。

流れはなかったものの、25℃ー26℃で一部潮が上がってきて冷たいところがありました。

 

M氏とYさんは、1年ぶりのダイビングでしたが、やはりダイバーなので体が覚えています。

簡単なスキルチェックをして、中性浮力を意識したツアー開始です。

1本目後半は、かなり中性浮力がとれるようになってきました。

 

瀕死?

ウォールでゴマモンガラが瀕死!?

まだ生きていましたが、かなり様子がおかしかったです。

寝たふりだったら怖いのであまり近づけず。

 

 

ナポ行く

ブルーラグーンの入り口で、アドバンスファンダイブ組と合流。

ナポレオンがゆきます。 

 

 

みんなと合流

 アドバンスファンダイブ組

 

Aさん

英語ペラペラのA子さんは、カメラに夢中。

 

 

 

M夫妻

M氏、Yさんとエキジット。

初ファンダイブを無事終えて、このスマイル!

 

 

水面休息

水面休憩はブルーラグーン。

太陽じりじりですが、冷えた体に嬉しい。

今日は、R氏がいるので日本語と英語の日。

 

2本目、MさんもYさんもロープなし潜行でも、きれいにエントリー。

ボートダイビングも初めて、バックロールエントリーも初めて、夫妻にとってはアドベンチャーです。

 

美しい

2本目は余裕が出てきて、生物観察。

奥様Yさん、いいですよー。

 

 

急成長

夫婦バディ。 

 

 

ためいきもの

 キンギョハナダイのオス。大好きです。

 

 

こんなステキなところにセグロリュウグウウミウシだー、と思ったら2匹いました!

感動シーンに遭遇。

接近

おーーーーーっ、右側からお互いに交接管をのばしてる。

接近中。

 

くっついたー

そして、くっつきましたーーーーーー!!!!!

交接開始。

 

 

ウミウシは目が見えないのに、こんな大きな海の中から同じ種類を見つけて、よくこういうことができるものですね。

これは奇跡的といえませんか?

交接中のウミウシは見たことがありましたが(交接が長い)、接近からその瞬間を観察できたのは初めて。

いやー、自然界はすごいです。

 

 

エダサンゴ

中性浮力がとてもよくなったので、恒例のエダサンゴツアー。

今日も魚影が濃い!

 

 

お疲れ様です

各自、パダンバイを楽しまれたようでよかったです。

記念撮影。

 

 

オダラン

出店の数、参拝者の数でごった返すパダンバイ。

 

 バランスがよすぎ

このバランス感覚を見習いたいです。

そのせいか、バリ島には背中が曲がった老人がいません。 

 

今日も一日ありがとうございました。

楽しいダイビングでした。

M夫妻、初ファンダイブお疲れ様でした。

これからダイビングを楽しんでいってください。

あんだけ潜れたら、もう大丈夫ですよ。