N氏と3日目は、リクエストだった上級者ポイントのミンパン&テペコンへ。

ちょっと早めに出ました。

南部は曇り空でしたが、チャンディダサは快晴。

さすがN氏は晴れ男です。

 

チャンディダサ

テペコンとミンパン岩礁 

ボートマンと流れを話し合い、先にテペコンの東側に入ることにしました。

 

 

穏やか

よかった、ここは穏やかでした!

流れもなく穏やか。水温は27℃。透明度は30m。

 

 

アカヒメジ

アカヒメジの群れはあちこちに点在。 

 

 

サンゴ群

元気なサンゴがびっしりです。 

 

 

スズメダイ

デバスズメダイも群れ群れ。 

 

 

他のダイバー

あら、珍しく他のダイバー。 

 

 

圧巻

美しいーーー、このサンゴ群がいつまでも保たれますように。 

 

 

地形

 うねりもなく、岩礁下を楽しめます。

 

ムレハタタテダイ

店主の黄色いフィンに付いてきたムレハタタテダイ1匹だけ!

仲間はどこだい?? 

 

 

太陽光が美しい

浅いところは、ハナダイハナゴイのカラフルさがくっきり。

うねりがないと近づけますね。

 

 

スノーケラー

スノーケラー一家ですが、マスクだけ。

浮き具もフィンもなし。

心配でしたが、泳ぎに自信がある一家のようでした。

 

 

エキジット

N氏とエキジット。

エキジットするといつもキラキラしているN氏です。

 

 

エントリー

2本目、店主が好きなミンパンへ。

少し流れがあるようでしたが、入念にN氏とブリーフィングを終えシャークポイントでエントリー。

 

 

うひゃー

魚まみれですー。 

 

 

うわーー

流れていますが、透明度も素晴らしいー。

 

 

 

吸い込み

根の下にいるホワイトティップリーフシャークを見に行きたいのですが、岩礁間の吸い込みがすごい。

店主が見たかったところへは行けず。涙 

事前に話しておりましたが、一瞬の隙に吸い込まれそうになったN氏。

これ、あっという間なのです。

落ち着いて体勢を整え、匍匐前進で戻ってきてくださいました。

バディ3日目ともなると、戻れると信じていました。

 

順調にコーナーをまわれ、ドロップオフです。

地形がダイナミック!流れはほどほどが続きます。

その次に、大きな縦にえぐれたカットがありますが

今日はアップカレント(下から上に向かう流れ)。

頭が下の鯉のぼりになります。

N氏は店主にぴったりで、同じくしている。

いいですよー。

アップカレントの間隔をみて、素早くカットを抜けました。

 

バディ最高

ドロップオフのN氏。ぴったり付いて来てくれます。

スタミナもばっちりです。

 

ここは難しいダイビングポイントですので、誰でも連れていけませんのであしからず。

 

 

アグン山

 手前は西洋人のロングステイが多いチャンディダサ。

 アグン山が見えました。

 

 

あーーっ、3日間のダイビングが終わってしまいました。

終わってしまうと寂しいものです。

 

 

車中大笑い事件

看板

看板

 

 

 

現在のバリ島は、いたるところにこの手の看板があります。

実はこれ州知事選挙の候補者なんです。

N氏は、これをレストランの宣伝だと思っていたことが判明。

シェフ二人がレストランを宣伝しているように見えたとか。

なるほどーー!!まあ、シェフに見えないこともありませんね。笑

観光客の斬新で素朴な質問に、店主は笑わせて頂いています。

 

偶然同い年だったN氏。

3日間も店主とダイビングしてくださってありがとうございました。

また遊びにきてください。

お互いの人生、応援しあいましょう!

ファイトー。