今日のゲストは、千葉よりお越しのMさんと東京のK氏カップルです。

この数日、突然豪雨だったり天気が不安定なバリ島ですが、パダンバイは晴れていました!

 

K氏は去年、八丈島で体験ダイビング済みとのことですが、耳抜きに少々不安ある状態での参加。

事前に知らせて頂けたので、陸上講習では耳抜きテクニックを重点的に伝授することができました。

 

海況は、残念ながら水面ばたつき気味、水中は若干流れあり、浅瀬はうねりあり、透明度は10-20m、水温25℃ー27℃。

水面での練習もお二人ともスムーズにクリア。

さて、潜行・・・どうなるかな??祈る気持ちの店主。

K氏、意外にも耳に問題なくエントリー成功。

Mさんの方が抜けにくかったですが、自分で落ち着いて対処できていました。冷静!

4,5mゆっくり耳をだましだまし潜行ができて、さて水中ツアーとなった瞬間、MさんのスイッチがONに切り替わりました。

『これ好き』サインの連発。

これには驚きました。

カラフルな魚は全部気に入ったようです。

その後、耳の問題ゼロ。

 

カクレクマノミ、クマノミ、ツノダシ、カラフルブダイ各種、ヘラヤガラ、ヤッコエイ、そしてサメ(ネブリブカ)!!!

仕上げは、『THE 黄色の世界』アカヒメジの群れとヨスジフエダイの群れ。

あ、潜水艦オデッセイ号も2度遭遇。一瞬、クジラに見えます。

 

水面休息

潜れて一安心のMさんとK氏。

途中冷たい潮が上がってくるところがあったので、痩せているMさんは『おいしい』と熱い紅茶を喜んでくれました。

水面休憩中は、身体を温めましょう!

 

2本目、K氏は船からどぼーんとひっくり返るバックロールエントリーに挑戦。

難なく成功。さすがっす。

今回の潜行は、Mさんの耳は問題なくスムーズ、K氏が2mぐらいでブロック。

ですが、やはりロープつたって時間かけて、自分で対処できていました。

水中ツアーが順調にスタートしドロップオフへ突入しましたが、曲がり角でダウン気味の流れにぶつかったので、無理をせず戻ることにしました。

大きなヤッコエイ、セジロクマノミ、モンハナシャコ、ヨウジウオ、ミツボシクロスズメダイ、エンゼルフィッシュなどを見ることができました。

流れとうねりがなければ、もう少しダイビングしたかったのですが荒れそうだったのでロープで安全停止をしてそのまま終了。

それでも40分潜水。

 

『楽しかったです!』の言葉で、疲れがぶっ飛びます。嬉しいっ。

水面、結構な波なんですけど・・。

 

無事終了

無事に体験ダイビング2本を終えたMさんとK氏。

とても礼儀正しいステキなカップルです。

色白の美男美女にはさまれ、店主の黒さが際立ちますね・・笑。

 

 

4月から忙しくなると思いますが、また時間作ってサヌールに遊びにきてください。

今日は一日ありがとうございました。
雨に当らず、ラッキーでした。