今日はサヌールでレスキューダイバー海洋シナリオダイブでした。

昨日の疲労具合が気になりましたが、3名とも元気!

潮の割とよくなる時間帯を選んで、いつもより遅めのスタート。

・・・のはずでしたが、風の影響で水面はばたつき気味。

水面は結構な流れがずっと続きました。水底は少し。

天気は朝から不安定で、雨が降ったり止んだり、シナリオダイブ中だけは晴れ!

ですが、スタミナある若者たちだったので、多少の流れは平気だったようです。

 

今回の特徴は、生徒が3名だったので、レスキュー役、事故者役、ハンドラー役を全部経験してもらう流れでやりました。

1シナリオは共同作業にしましたが、全員がバランスよくシナリオダイブを経験できるように。

ということで、出入り、器材脱着が必然的に多くなります。

が、3人が3人とも、きびきび動くのでとても進行がスムーズでした。

 

 

 

配置

指定された位置へ移動する、Kちゃん、Yちゃん、Oさん。

実は結構な流れにアゲンスト移動ですが、早い早い!

 

 

水面で反応のないダイバー

『水面で反応のないダイバー』スタート。

 

 

二人が消えた

もろ二人とも浸水。見えません。笑

不運にもスピードボートが偶然通り、その波をもろ受けたレスキュー役Kちゃんと事故者役Oさん。

かわいそうに・・。

 

 

引き上げ前

次は、永遠の悪党コンビ。

30秒空けずに引き上げできるか、ドキドキ。

 

 

祝・レスキューダイバー

お疲れ様です!!

無事にレスキューダイバーのシナリオダイブを終えました。

誰も弱音を吐かず、きびきび動いていたことがとても印象的。

学科試験も終えているので、祝ダイバー。

おめでとうございます。

 

 

レスキューダイバー講習を受けての感想。みなさん100本ダイバー。

 

Kちゃん(29歳)

オープンウォーターダイバーの時は何もこういうことを知らないでいた。

アドバンスダイバーでも知らないでいた。

今回始めて、レスキュー講習でダイビングの違う面を見て、インストラクターたちの大変さが分かった。

 

Yちゃん(28歳)

人を助けることの難しさを知った。振り返ると、メンバー的に危ないツアーもあったな・・・と感じた。

 

Oさん(28歳)

自分ができることには、限界があるということが分かった。

 

こういう感想が聞けて、店主も本望です。

この講習の意図が伝わったことを嬉しく思います。

 

 

バリ犬

おまけ

ビーチにいるバリ犬。

そんなに見つめられたら、何かあげたくなるー。

 

 

本当にお疲れ様でした。

今回、学んだことをいつも忘れずにダイビングを楽しんでください。

Kちゃんとは、またしばらく会えないけど、また再会を楽しみにしています。