3月に入り強風が止みました!

風が止むと、やはりとーてーもー暑く感じるバリ島です。

 

さて、本日はジャカルタよりお越しのW氏とB氏のレスキューダイバー講習です。

W氏は日本人(52歳)、B氏(43歳)はインドネシア人・・・仕事の同僚だそうです。

世界をあちこちまわっているため、W氏は英語もインドネシア語も堪能。

B氏は英語も堪能。ただ、日本語は少しだけ。

さて誰が何語で講習すればいいか・・・。

英語のインストラクターもいますが、お二人にとっては外国語になってしまうし。

大切な講習ですし、100%に近い状態で理解してほしいですし。

ただでさえ、レスキューダイバーは専門用語が多いですし。

 

だったら、店主のつたないインドネシア語で頑張ることにしました。

救いは、ジャカルタで事前にマニュアルを読破してきてくださったこと。

そして事故者役をインドネシア人インストラクターにすることで、よりB氏にとっては母語での補足となります。

(普段、事故者役はインストラクターにお願いしません。)

 

きっちり終わらせてきてくださった事前学習、レスキューダイバーDVDの視覚効果もあり、午前中の学科がスムーズ。

プール講習でも最初は快晴でしたが、夕方は雨に一時ふられました。

しかし、課題を順調にこなしてゆくお二人。

 

さて一連のスキルが入り、通しで繰り返し練習します。

 

レスキュー呼吸

W氏のレスキュー呼吸

 

 

器材はずした

器材はずし終わった!

店主もドキドキの瞬間です。

 

 

成功ー!

大きなB氏を引き揚げ成功!!

お二人とも180cm前後。

ウェイトベルトはずすの忘れちゃいました。

 

 

疲れたね・・。

店主、地味に紅一点の一日でした。

皆さん、へろへろ。笑

 

 

 

パワフル

B氏がW氏を引き揚げーーーー、大迫力。

 

 

胸部圧迫

胸部圧迫、1,2,3,4,5,6……..satu,dua,tiga,empat,lima,enam………..

 

 

何回も何回も練習すればコツが分かってくるし、少し慣れます。

最後はB氏より、sudah capek (もう疲れた)とギブ。→ 正直だわ。

W氏は、体力があって何度でもやりたそうでしたが・・・根性入っていますわ。

 

で、終わりかと思いきや、学科試験をやってみたいとのことで、そのまま突撃。

通常は2日目なのに・・。体も頭もフル回転の一日。

 

W氏、合格率94%で、おめでとうございます。

B氏も多分合格ーー(明日確定)。

 

朝から晩まで、お疲れ様でした。

あとは、明日の海況がよいことを祈るのみです。