忙しい週でヘロヘロでしたが、気分転換も兼ねて、店主は今日ラフティングへ行ってきました。

仲のよい友達を集めて総勢9名でサヌールより出発。バリ島にはいろいろな川がありますが、目指すはムランギット川。ん〜、サヌールからたったの40分で到着。道中は田園が広がっていて牧歌的な景色。目に優しい緑の連続。店主は3年前にジャカルタ近郊でラフティングを経験済みですが、その他大勢はバリ在住のくせに「初川くだり」。ムランギット川は石壁に川が囲まれていて、ユニークな川くだり。店主にとってはただ浮かんでいるだけでも、癒される空間。そこをゆっくりと下っていく感じです。やはり段差も各所であって、「キャ〜〜〜」みたいな場面もありーの。ジェットコースターですね。日本語堪能なガイドとともに、1時間半ぐらい笑いぱなしでした。

 

その後、出発地点までトラックで戻り、シャワーを浴びてからレストランでビュッフェランチ。味にうるさい店主ですが、どのおかずもとてもうまい。在住者ばかりの仲間内9名でしたが(実はバリの味付けに飽きている)、みんなおいしいとの感想。大食いでもある店主は、もちろんおかわり・・・胃下垂ではありませんが、よく食べる店主です(笑)。燃費が悪い体?

 

エレファントパーク内にある眺めのよいレストランでゆっくりした後、ぞうさんたち見学へ。園内では十頭飼育されていて、観光客はぞう乗りなどをしていきます。奥にいるいるぞうさんたち。触ったり、えさをやったり、ぞうさんのことをスタッフに聞いたり・・・・動物大好き店主にとっては1日いても飽きない場所。タイでもかなりぞうさんたちと戯れていた店主ですが、バリでは初めて(バリに元々ぞうさんはいません)。9頭はスマトラ島から、1頭はロンボック頭から来ているぞうさんたちです。ぞうに見つめられると、心を全て見透かされている気がするのは店主だけでしょうか。あー、また行きたい。ラフティングとぞうさんで楽しめた日曜日でした。店主大満足。

 

次回の行事は、村上料理隊員をサヌールへ招いて料理を作ってもらう、です。和洋問わずのコックさんなので、どちらにしようか迷いどころです。店主も含めて在住日本人仲間に聞いてみると、「和食よりも本格的な西洋料理を食べたい」という意見が多いのでフレンチにしましょうか・・。